カテゴリー
ACA Brave CF Interview KSW Special ノーマン・パーク ブログ マテウス・ガムロ 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:7月─その参─ガムロ×パーク「あれは死者に鞭を打っている」

【写真】勝ったガムロが、負けたパークにマイクで謝らせる。そしてガムロ陣営が拍手し、パークのセコンドは何とも言えぬ表情を浮かべる。世界観が違う……(C)KSW


過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

背景、技術、格闘技観──青木のMMA論で深く、そして広くMMAを愉しみたい。そんな青木が選んだ7 月の一番、第3弾は11日に開催されたKSW53からマテウス・ガムロ✖ノーマン・パークの一戦を語らおう。


普通にやっても強い

──7月の青木真也が選ぶ、この一番。3試合目は?

「マテウス・ガムロ✖ノーマン・パーク戦です。ただし、パークは体重オーバーでミソをつけちゃいましたね」

──因縁の3連戦ながら2度目の体重オーバーです。

「イっていますよ。そう思いました。計量を何度もミスするって、何かが壊れているってことじゃないかと」

──その分、コンディションも良くなかったです。

「ガムロは1日50分サンドバックを叩いているとか、嘘くさいですよね。でもポーランドはショッピングモールで計量して、人が見に来るくらいだから練習していただろうし」

──英国のパークはそうでなかった可能性は高いです。

「いずれにしても、連敗ですし。ガムロのパンチが普通に強いってことですね」

──と同時にKSWで行われている試合としては、ガムロは以前の方が面白かった。

「ですよね。ATTに行ってから面白くなくなった。アウトに徹して……まぁ、良くあるパターンですよね。打撃もガンガン行って、寝技でクロスヒールを仕掛けていたのが、ATTにいって打撃が強くなり、テイクダウンを切ることができるようになった。そして、普通にやっても強いと。

ノーマン・パークはUFCで中堅の上ぐらい、そこにあの試合ができる。それは強いですよ」

──ノーマン・パークって、個人的にはジョニー・ケースに被ります。

「分かります。そこですよね、UFCでのポジションでは。にししても──ですよ、試合後に『家族に謝れ!』ってヤツ(笑)。面白いですよね」

──性格悪って(笑)。

「本気で嫌いなんでしょうね。アレは文化の違いですかね。家族を侮辱するって、トラッシュトークでも一線を越えるという部分が、国によって違うというか」

──戦い終わってノーサイド……にもならないと。

「いやぁ、でも謝らせる必要は全くないと思いますよ。あれは死者に鞭を打っている。美徳がない。斬ったまでは良いけど、塩を塗っちゃダメでしょって。アレは文化ですね、そうできるというは」

──私がパークのセコンドなら、あそこでまた殴りにいってしまいますね。傷口に塩を塗るような真似をしてきたら。

「勝ったんだから、良いじゃねぇかって。もうそれで良いだろうってことですからね」

──そうなると『青木、あの中指は?』と指摘されそうですが。

「僕はあの時、一切コメントしてないですから。負けた後にトラッシュトークを続けるようなことはしない。だって、試合が終わっているのにトラッシュトークしても仕事にならねぇよって(笑)。そこは、もう執念でやっている北岡さんっぽいなって思いました」

──そのガムロから、青木選手に対戦要求があったみたいですね。

「ハイ、試合後にKSWではあと1試合契約が残っているから、僕と戦いって言ったみたいです」

──凄い展開です。

「ポーランドのメディアから『どう思う?』って意見を求められたので、『ありがとうございます』って答えておきました」

──ONEと契約すればありえますよね。

「でも1試合契約が残っているからってことなので。もう、その先は決めているんでしょうね。だからこそ僕と戦っておきたいという発言でしょうし」

──あぁ、そういうMMA観も持っているのですね、ガムロは。面白です。

「でもガムロ云々ではなくて、1度ポーランドは行っておきたいですね。ロシアとポーランドは。高島さんは今、Brave CFとかUAEウォリアーズとか中東も来ているようだけど、彼らってUFCに行ってしまうじゃないですか。UFCのフィーダーショー的だから、あんまり面白みがなくて。僕は独自な世界……ACAも選手はUFCに行っているけど、KSWと合わせてその世界観に触れてみたいですね。KSWなんて完全に閉ざされた世界だし、ACAも絶対に理解不能なことやっていそうで」

──それは絶対ですよね(笑)。と同時に中東の王族大会って、世が世だけに上を目指す選手が集まってくる可能性があると思うんです。

「あぁロシア系もそうだし、アフリカもいますよね。アラブからどんどん発掘が進むかもしれないですね。対してKSWはLFAとかTitan FCと違って──選手がUFCに行かないから、実力が測れない。その楽しさがあります。ユーロ圏ではない、外籠りの聖地も周囲にある。マーチン・ヘルドを生んだ国ですからね。整備されたリトアニアみたいで、ある意味……KSWは昔の日本のような自分たちの国で自己完結できる世界観があるというのは興味深いです」

カテゴリー
Brave CF other MMA Report エリン・アーベリ ブログ マーリン・ヘルマンソン

【Brave CF38】3週間で2度目のファイト=ヘルマンソン、アーベリのスピーディーな打撃に下る

<56キロ契約/5分3R>
エリン・アーベリ(スウェーデン)
Def.2-1:29-28,29-28.27-30
マーリン・ヘルマンソン(スウェーデン)

7月20日のルーマニア・ブカレスト大会でRNCで勝利したばかりのヘルマンソンが、キック、ムエタイ、散打がベースのアーベリとストライカー対決に挑む。ワンツーフックからローを蹴るアーベリは、さらにパンチから左ミドルを入れる。ヘルマンソンのジャブをバックステップでかわし、ローを蹴ったアーベリは続く左ミドルをキャッチされテイクダウンを許す。

クローズドガードを開き、腰を引いて立ち上がったアーベリが右ハイ、右ローを蹴る。さらにアーベリは左ジャブ、右ミドルもヘルマンソンが組みつきテイクダウン狙いからバックに。太腿にヒザをいれ、崩してから背中に飛び乗りスタンドで両足をフックしたヘルマンソンは四の字フックに取る。手首を取るアーベリにパンチを入れ、右腕をアゴの上から絞めつけたヘルマンソンは寝技に持ち込むが、絞めは外されタイムアップとなった。

2R、アーベリはスピードのある右ローと右前蹴りを連続で蹴り、右ストレートを当てる。打撃では上のアーベリだが、ヘルマンソンはここも蹴り足をキャッチしてテイクダウンすると一気にバックに回りRNCへ。上を向きなおしてエスケープしたアーベリ、ヘルマンソンは大量の鼻血が見られる。アーベリはハーフから立ち上がり、ボディロックで倒しに来たヘルマンソンから逆にトップを取る。鼻血で息が苦しそうなヘルマンソンに対し、スタンドを選択したアーベリがローからワンツーを入れる。

スピードがあり重いローと、ステップジャブ、ボディストレートと打撃では完全にアーベリが試合を支配。ヘルマンソンもダブルのジャブを放つも、このラウンドは取られた可能性もある。

最終回、ヘルマンソンが左ジャブを当て、続くジャブは相打ちに。アーベリは右ストレートを伸ばした直後に左ハイを蹴り込む。動きが鈍ったヘルマンソンに対し、足を使いながら左ミドルを入れたアーベリは、組まれてもヒザ蹴りをボディに突き刺し逆にケージに押し込んでいく。クリンチの攻防はボディロックでテイクダウンを決めたヘルマンソンに軍配。ヘルマンソンは足を一本抜いてパスの圧力を高める。アーベリもフルガードに戻すが、スクランブルには持ち込めない。

残り40秒を切り、ようやく蹴り上げからスタンド戻ったアーベリは、ヘルマンソンのクリンチをタイ・クリンチ風に崩して離れる。ヘルマンソンはアッパーを被弾し、必死に組みついて最後にもう1度テイクダウンし、タイムアップ。スタンドの圧倒ぶりと、テイクダウン──ジャッジは割れ、前者=アーベリが判定勝ちを手にした。

「アンダードッグで戦うのは好きなの。彼女はグレートボクサーだけど、前足が出ているし、前足重心だからスウェイがそれほどじゃない。そこを理解して戦ったの」と勝者は、笑顔を見せながら冷静に勝利を振り返った。


カテゴリー
Brave CF News other MMA ブログ

【Brave CF】Brave CFは7月にルーマニア・ブカレストの巨大ビアホールで2連続大会で、活動リスタート

【写真】昨年11月のブカレスト大会のメインで勝利したNZのブレウィン。ケージにはReal Xtreme Fightingという文字も確認できる (C) BRAVE CF

18日(木・現地時間)、中東バーレーンに本拠地を置き、グローバルにイベント展開するBrave CFが、7月20日(月・同)と27日(月・同)にルーマニアの首都ブレカレスとでイベントを再開することを明らかにした。

今月13日(土・同)にSNS上で「BRAVE is BACK」という発表を行ったブレイブCFの活動再開はルーマニアから、そしてUFCもそうだがLFAにも見られたように同一会場で複数回のイベントを行うというスタイルが取られた。


ブレイブCFにとって1月19日のスロヴェニア大会以来、半年ぶりのイベントはブレカレストのベラリアHという巨大ビアホールで行われることとなった。現状、ルーマニアのコロナ感染状況は国全体で感染者数は23000人、死者は1400人でブカレストの感染者は2500、都市ごとの死者数は発表されていない。当然、活動再開に向けてブレイブでも選手やスタッフの健康を第一とするという旨を発している。

ブレイブCFでは昨年11月4日に初のヨーロッパ大会をブカレストで開いており、その時も会場は同じで、現地のMMAプロモーションであるReal Xtreme Fightingとの共催で行われた。実質の現地の仕切りはRXFという形で、7月の2連戦も実施されることが予想される。そのRXFにとっては昨年12月以来7カ月振りの大会となり、前回のブカレスト大会では13試合中、9試合にルーマニア人選手が出場し、5試合は同朋対決だった。

またBrave28にはZSTなどで戦う森山壱政が出場しているが、もちろん現状で日本人選手の海外遠征はないだろう。今回の2連戦に向け、ブレイブCFでは『誰の試合が見たい?』とSNSで謳っているが、前回のブカレスト大会のメインでポーランドのマチェク・ジェルシェフスキに腕十字で快勝しているジョン・ブレウィンはニュージーランド人選手──現状、NZや豪州は最も海外への渡航がしやすい国といえるが──果たして……。

カテゴリー
Brave CF News other MMA ブログ

【Brave CF】砂漠の王様系プロモーション=BRAVE CFもSNSでリスタート宣言

【写真】日時・場所ともアナウンスはないが、とにかく活動再開に動き出した(C) BRAVE CF

13日(土・現地時間)、中東バーレーンの王族で同国の青少年スポーツ最高評議会の議長を務めるシェイフ・ハリド・ビン・ハマド・アール・ハリーファ王子が興したBrave Combat Federationが公式SNSで「BRAVE is BACK」という発表を行った。

3月14日にモハメッド・シャヒドBrave CF代表が「衝動に駆られて行動するのではなく、この問題を解決する方向を模索したい。安全を第一に考え、WHOや開催地の地方自治体と話し合いを続けていく」と発言し、16日に3月28日のブラジル・バウネアーリオ・コンボリウー大会、4月13日のルーマニア・ブカレスト大会、同18日のスウェーデン・ストックホルム大会の延期に踏み切った。

あれから2カ月半を経て、活動再開宣言を行ったブレイブCF。海外シーンではUFC、韓国のRoad FC、米国のフィーダーショー=Titan FCが既にイベントを行い、7月にはInvicta FCとLFAも動き出す。さらに同じ中東の王族系大会ではUAE Warriorが12日にリスタートを切った。

ブレイブCFは日時、場所ともにアナウンスをしておらず、SNSの投稿に「ブレイブ・ネーション、我々は戻ってきた。偉大なるブレイブCFのレガシーを目撃する準備はできているか」という文字が添えられている。グローバルに活動するブレイブCFの活動再開、その詳細及び続報を待ちたい。