カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#07 ブログ 大塚隆史 安藤達也

【Shooto2020#07】2020年11月23日、大塚隆史──修斗初参戦で安藤達也と対戦。「喧嘩を売り来ました」

【写真】マッチアップとしても楽しみなファイトだ(C)MMAPLANET

19日(月)、Sustainより11月23日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2020#07のインパクト大──な、追加カード発表があった。

既に清水が清隆✖平良達郎、石橋佳大✖論田愛空隆、杉本恵✖SRAMIという刺激的なマッチアップが明らかとなっている同大会だが、本日アナウンスされたのは安藤達也✖大塚隆史の当日計量・フェザー級マッチだ。


群雄割拠の修斗バンタム級戦にさらなる爆弾が投下された。2度のDEEPバンタム級王者で2006年のMMAデビューからDREAMやRIZINという大舞台以外ではほぼキャリアを通しDEEPで活動してきた大塚が、突然の修斗参戦だ。

プレスリリースで大塚は「修斗バンタム級に喧嘩を売り来ました元DEEP王者の大塚です。修斗のベルトを貰いに来ました。バンタム級の皆さん、どうぞこの喧嘩、勝ってください。以上!」というコメントを寄せている。

そんな大塚の喧嘩を買ったのは、現環太平洋バンタム級チャンピオンの安藤だ。両者揃ってレスリングベースで、打撃を使いこなす。大きな一発は安藤だが、大塚のパンチはよりテイクダウンと融合している。ケージレスリング&スクランブルという展開にならない安藤と、しっかりとスクランブルゲームでドミネイトする大塚は対照的なレスラーといえる。

正規&暫定の両世界王者の不在というエアポケットを埋めることさえできる大塚の修斗初参戦は、キャリア14年&45戦目の新たなる──あるいは最後の挑戦と捉えることでき、見逃すことはできない。

The post 【Shooto2020#07】2020年11月23日、大塚隆史──修斗初参戦で安藤達也と対戦。「喧嘩を売り来ました」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase320 ブログ 上田将竜 八田亮 村山暁洋 菊入正行

【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田

【写真】菊入はウェルター級転向後、そして2020年を3連勝で締めくくることができるか(C)MMAPLANET

15日(木)、パンクラスより12月13日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase320のカード第一弾が発表された。

3月、4月、5月とイベント中止、7月に日程変更し活動再開も、8月大会は開場10分前の中止決定、9月は団体初の無観客大会と世界中のMMAプロモーションが影響を受けるなか、激動の日々を送ってきたパンクラスの2020年最終興行8試合が決まった。


今回はウェルター級の元KOP村山暁洋✖菊入正行、ライト級は冨樫健一郎✖金田一孝介、バンタム級の花レメ紋次郎TK✖土肥潤、女子バンタム級は東陽子と直DATEの再戦、さらにフライ級は上田将竜 ✖杉山廣平と荻窪祐輔✖中村龍之の2試合、ストロー級も八田亮✖尾崎龍紀、リトル✖佑勢乃花が明らかとなった。

海外から入国の条件緩和が11月から始まるが、2カ月後の感染状況は読みようがない。現状では、国内対決を組むのはJ-MMAに共通している。活動再開後2大会連続で出場し中村勇太、高木健太を破った菊入が、村山に挑む一番は要注目だ。行き過ぎる試合を経て、貰わないが慎重すぎた試合を経験した菊入が、ウェルター級転向後に──いやライト級時代から実戦で積んできた経験をいかにぶつけることができるか。

さらに筑豊からの巻き返しなるか──暫定王座決定戦に敗北後、神酒龍一戦も落とした上田。ばかりか荻久保✖中村と揃って崖っぷちのフライ級戦線。

渋すぎる花レメ✖聖帝、GTFでのグラップリング戦からケージに戻ってきた八田亮、それぞれが決して忘れることがない時を過ごした2020年、その戦い収めのファイト、気持ちが入った試合が見られそうだ。

The post 【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#08 キャプテン☆アフリカ ブログ 林RICE陽太 田中有 西川大和

【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと

【写真】今度は環太平洋戦が組まれることに(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN & KEISUKE TAKAZAWA

14日(水)、12月20日(日)に大阪市淀川区の大阪メルパルクホールでプロ修斗公式戦、2020年の最終興行=Shooto2020#08が開催され、2試合の発表があった。

同大会は昼の部としてTTF Challenge09が午後1時スタート、夕方の部として修斗が午後4時から開始される2部制興行だ。


そんな大阪大会でまず組まれたカードは田中有✖キャプテン☆アフリカのライト級環太平洋王座決定戦、そして73キロ契約の2回戦=林RICE陽太✖西川大和の2試合だ。

アフリカはパンデミック後初めて有観客で行われた7月の大阪大会で、世界ライト級王座決定戦で川名雄生に敗れた。その再起戦が再び環太平洋のベルトが掛った一戦となる。対する田中はMMA戦績5勝2敗、修斗では5勝1敗で4試合がKO勝ちだ。

勝っても負けもバチバチファイトと展開する田中に対し、打撃の成長を確かめたいグラップラーのアフリカがどのような戦い方で挑むのかが鍵となりそうだ。

そして2020年のブレークスルーファイター=西川大和が18歳になって初めての試合を林と戦う。4月のRoad to ONEでムエタイで出場したのをきっかけに5月、9月と修斗で木下タケアキ、椿飛鳥を連破した西川が修斗3戦目で現在3連勝中、負傷TKOを含む3試合連続フィニッシュと上り調子にある林と戦う。

北海道在住、ハングリーな姿勢で巡ってきた機会に食らいついてきた西川だが、気になるのはこの試合の73キロという体重だ。現状、修斗ではコロナ禍の特別対策としてドライアウトを禁じ、当日計量を採用することで従来より1階級上の階級で試合を組んでいる。

よって西川はフェザー級でありながら、ライト級というクラスで同じくフェザー級の選手と戦ってきた。しかし、林は元はライト級で現状はウェルター級で試合をしている1階級上の選手だ。よって73キロというキャッチウェイトは、体格差が生じるのかどうか。ここは気になるところだ。

The post 【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto TTFC09 ブログ 中蔵隆志 長南亮

【TTFC09】中蔵隆志と長南亮が握手。TTFCが初めて関西大会をプロ修斗公式戦とのダブルヘッダーで開催

【写真】7月にプロ修斗公式戦が行われたメルパルクホールが、TTFC初の関西での大会の舞台だ(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

8日(木)にTRIBE TOKYO MMAとBLOWSより、12月20日(日)に大阪市淀川区の大阪メルパルクホールでTTF Challenge09が開催されることが発表された。

若い選手の人材育成大会として、長南亮氏が東京で主催してきたTTFCが9度目の開催で関西進出が決まった。今大会は若手の経験の場という大会コンセプトそのままに8試合のMMAマッチが、関西在住の選手が関東のファイターを迎え撃つという形式が今回は取られるという。


コロナ禍の今、イベントの数の減少に留まらず、感染症予防対策を敷く関係で1大会における試合数も少なくなっている。結果、首都圏以外のキャリアの少ない選手が実戦の場を得ることは例年以上に困難になっている。そのようななか、長南氏が旧知の仲であるBLOWSの中蔵隆志代表にイベント主催を呼びかけ、大会主催経験のない中蔵代表がまずはTTFCを長南氏とともに手を取り合い開くことになった。関西の選手達に実戦の場を創る──中蔵氏は今回の狙いを以下のように話してくれた。

怖い顔だが、真剣にMMAの将来を考えている中蔵氏(C)MMAPLANET

中蔵隆志
「現状、他の地方在住の選手と同様に関西の選手も試合に出場する機会が減っています。

この状況でモチベーションを保てというのも酷なことであり、長南の呼びかけもあり動きだします。ただし、自分には大会開催のノウハウがないので長南の協力を得て、TTFCを大阪で開くことになりました。

基本は関西✖関東という対戦になると思います。そこでは個々の強さ云々ではなく、MMA IQというべきMMAへの理解度が関西と東京では確実に存在することを、関西の選手や関係者が知ることができ、さらに努力をしていけるきっかけにしたいと思います。そういう気付きのある大会にしたいです」

今大会は昼にTTFC、夜にサステインがプロ修斗公式戦を行うことになっており、大阪市の作成したガイドラインに従い有観客大会として開かれる。マッチマイク、そして選手や関係者の安全対策もこれから発表されるとのこと。

関西初のTTFC、そしてプロ修斗公式戦とのダブルヘッダー。確実にJ-MMAは動いている。

The post 【TTFC09】中蔵隆志と長南亮が握手。TTFCが初めて関西大会をプロ修斗公式戦とのダブルヘッダーで開催 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP98 DEEP99 J-CAGE News ブログ 神田コウヤ 鬼山斑猫

【DEEP98&DEEP99】神田コウヤ✖鬼山斑猫とキックマッチ=我謝真人✖ラックチャイ・GTジムが98から99へ

【写真】神田コウヤは8カ月振りのDEEP出場が98から99に変わった (C)MMAPLANET

7日(火)、11月1日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催されるダブルヘッダー=DEEP98 & DEEP99で、98大会で組まれていた2試合が99大会に組み直されたことが発表された。

その2試合とはフェザー級2回戦の神田コウヤ✖鬼山斑猫、キックルールの我謝真人✖ラックチャイ・GTジムの2試合だ。この変更によりDEEP98ではウェルター級佐藤洋一郎✖阿部大治、ミドル級の水野竜也✖ジョアォン・バチスタ・ヨシムラなどアマチュアを含め8試合、DEEP99ではバンタム級の元谷友貴✖米山千隼戦を筆頭に9試合が組まれることとなった。


The post 【DEEP98&DEEP99】神田コウヤ✖鬼山斑猫とキックマッチ=我謝真人✖ラックチャイ・GTジムが98から99へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News WARDOG26 ダニエル・ゴメス ブログ レアンドロ・クサノ 八木敬志

【WARDOG26】ダニエル・シウバ✖八木敬志が暫定ウェルター級王座を賭けて対戦。レアンドロ・クサノも

【写真】このベルトをきっかけに飛躍を果たすことがあるのか。暫定王座決定戦に出場するゴメスと八木(C) WARDOG

25日(日)、大阪市港区の弁天町世界館で開催されるWardog26の全容が明らかとなっており、興味深い暫定王座決定戦が組まれている。

同大会でダニエル・ゴメス・ダ・シウバ✖八木敬志の間でWardog暫定ウェルター級王座決定戦が行われる。今回暫定王座決定戦が組まれるのは、柿原勇気代表によると「正規王者チョモランマ1/2選手が世の中の情勢を含め、県独自の発令した注意警報により福井県外で試合をすることが困難なため、当人やジムの代表と協議をかさねた結果、暫定王者を冠することに決定」したとのこと。

新型コロナウィルス感染状況が終息といわずとも、一定の見通しが立てば今回の試合で勝利した暫定王者と統一戦を戦うことになる見込みだ。


ダニエル・ゴメスはMMA戦績9勝6敗1分で、ブラジルはサンパウロ出身のファイターだ。Costa Combatという大会で2階級を制し、9つの勝利のうち7試合が一本勝ちのゴメスは、チーム・ダニエル・ピッチブルという自らのチームを持ち、当時はアンデウソン・シウバ デミアン・マイア、ヴィクトー・ベウフォートらと練習したこともあったという。

日系ブラジリアンの夫人とともに来日し、当初が静岡のカルロス・トヨタ門下=ハードノックスに所属していたが、仕事の都合で滋賀県に引っ越すとブラジリアン・コミュニティは当地にも存在していたが、MMAの練習場がなかなか確保できなかったという。

そこでゴメスは元Wardogバンタム級チャンピオンの神野翼の下を尋ね、ブラザーフッド滋賀チームを甲賀市に起ち上げ、現在は日本人とブラジル人を合わせたチームを引っ張っている。

昨年3月の「GRACHAN 44 x BRAVE FIGHT 22」でエドモンド金子に判定負けを喫しているが、ゴメスは「92キロから72キロまで落として、体調不良だった。あれが自分の実力だとは思わないでほしい」と言っている。

「八木選手についてはリスペクトはしているけど、キャリアが違うので私が勝つ」と言い切ったゴメス。対する八木は、ラグビープレイヤーとして中学時代に京都府代表になり、後に地下格闘技とボディメイクの大会に並行して出場、THE OUTSIDERで活躍してきた。

今回の暫定王座決定戦に関して「対戦相手のダニエル選手に対しては、何の感情もないです。試合に勝つだけです」と言っているという。

また今大会にはウェルター級2回戦で草野レアンドロが出場し、輝也と対戦する試合も注目だ。小川柔術時代から活躍し、自らの城=草野道場を立ち上げてからも2016年にJBJJF主催第1回全日本マスター柔術オープンで二階級制覇を成し遂げ、アジアでミディアムヘビー級3位。2017年にはジャパニーズ・ナショナル無差別級3位、ムンジアルに出場。昨年の全日本マスターオープンのマスター1無差別級を制しているクサノは、Wardogではグラップリング戦に出場し腕十字で完勝している。

WardogでのMMA出場は初めてとなる38歳、関西の小径ケージ大会から本格的にMMAにチャレンジしていくのか。楽しみなクサノの参戦だ。

The post 【WARDOG26】ダニエル・シウバ✖八木敬志が暫定ウェルター級王座を賭けて対戦。レアンドロ・クサノも first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE アキラ ジェイク・ムラタ ブログ 上迫博仁 岩﨑大河 春日井たけし 松本光史 田中半蔵 田村一聖 神田周一 近藤有己

【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始

【写真】パンクラスも10月からPPV配信を開始する (C)MMAPLANET

6日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319でPPV配信を行うことを発表した。

同大会では上迫博仁✖松本光史、春日井“寒天”たけし✖TSUNE、田村一聖✖アキラ、田中半蔵✖透暉鷹、神田T800 周一✖ジェイク・ムラタ、近藤有己✖小林裕、滝田J太郎✖Ryo、宮澤雄大✖井島裕彰などがメインカードで、プレリミでは岩﨑大河✖川和真を筆頭に3試合、このほかネオブラッドTが組まれている。


PPV視聴に関しては、視聴料金は税及びシステム使用料抜きで4000円。本日・6日からイベント終了時まで購入可能となっている。

またライブ配信は途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、ライブ中の再生はできず、配信終了後にチケット購入者はアーカイブ配信を視聴できる。アーカイブ視聴はイベント終了後1週間となっている。

The post 【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto Okinawa03 ブログ 松根良太

【Shooto Okinawa03】11月29日、沖縄でケージ修斗が今年も開催!! 松根良太「今の自分の責務」

【写真】昨年11月の初のケージ大会。集合写真にすら、松根代表は裏方に徹し集合写真ですら姿を見せることはなかった(C)MMAPLANET

11月23日、Sustainのよる後楽園ホール大会が再開し、12月13日には闘裸男が四国初のケージ大会でリスタートを切るプロ修斗公式戦。9月29日にはTheパラエストラ沖縄主催の沖縄大会「THE SHOOTO OKINAWA vol.3」の開催を発表している。

松根良太率いるプロ修斗沖縄大会は11月29日(日)に、沖縄市のミュージックタウン音市場で開かれることが決まった。昨年11月に同所で初めてケージ大会を主催、本来3度目のイベントは4月にリング使用で行われることになっていたが、新型コロナウィルス感染拡大により中止となっていた。

当初の予定では、今回のケージ使用大会は11月8日に予定されていたが、日本修斗協会の検査体制の骨子が固まりつつある中、29日に変更されて開かれることになった。


対戦カードはまだ発表されていないが、2回戦を中心に7試合が組まれる予定だという今大会。感染予防としては、アマ修斗のガイドラインに則して出場選手は1週間前に抗体検査を行い、陽性が出た場合は4日前までに抗原検査もしくはPCR検査で陰性となった場合は出場が可能となる。

沖縄県では現状も希望者が医療機関でPCR検査を行える状態でないという他の多くの地域と同じ状況であり、医療機関で検査ができない選手には抗体検査キットの配布も行われるとのこと。

もちろん同大会開催までの感染状況は変化することもあり、状況に応じて臨機応変に対応がなされる。

沖縄では活動が再開されたBリーグ──琉球ゴールデンキングスが、10月10日に新潟アルビレックスBBを迎えて、コザ・ミュージックタウンから1.5キロほど離れた沖縄市体育館でリーグ戦が実施される。

とはいえ県内のプロスポーツの雄、琉球ゴールデンキングスのホームゲームですら、現状ではキャパの50パーセントの集客のみが可能で、実質1000人程度にとどまる見込みだ。またチケット発売もBリーグ会員を対象とした会員抽選販売のみで、一般のファンへの販売はない。

Bリーグという母体を持つ、県下ナンバーワン・プロスポーツのバスケットボールですら、このような現状のなか──観客席もより制限され、ビジネスとして厳しい局面でのプロ修斗公式戦の実施。これは「選手に試合の場を提供することが今の自分の責務であり、変わる事のない目標である沖縄から強い選手を育てるべく、選手の為に尽力する」という松根代表の強い想いがあってのことだ。

The post 【Shooto Okinawa03】11月29日、沖縄でケージ修斗が今年も開催!! 松根良太「今の自分の責務」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News SARAMI Shooto2020#07 ブログ 平良達郎 杉本恵 清水清隆 石橋佳大 論田愛空隆

【Shooto2020#07】Finally──清水清隆✖平良達郎、8カ月遅れで実現!! SARAMIは修斗初出場で杉本恵と

【写真】平良が清水に対し、勝負に持ち込むことができるのか(C)MMAPLANET

2日(金)、Sustainより11月23日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2020#07のカード第一弾の発表があった。

9月大会を後楽園ホールからO-EASTに移して行われたサステイン興行だが、11月は聖地に戻ることとなった。


そして明らかとなったカード第1弾、まず注目はバンタム級=清水清隆✖平良達郎の一戦だ。この両者は本来、中止となった3月大会でABEMAのAOKI PROJECTとして決定していた顔合わせだ。その後も清水は5月の無観客大会で小堀貴広と戦い、7月にはZSTのグラップリング・トーナメント=GTFにも参戦と、アクティブに活動してきた。

一方の平良は家族に医療重視者がいるということで、コロナ禍においては練習を取りやめいた時期とがあったという話も伝わってくるが、、8カ月遅れで目標であったTRIBE勢、そして清水との対戦が決まったことになる。

9月大会の工藤諒司✖野瀬翔平戦に限らず、古くは朴光哲✖ウエタ・ユウ、ケージ時代を迎えても青井人、覇彌斗(※石井逸人)、田丸匠、箕輪ひろば等の若い注目株がキャリアピークの実力者に挑み、完敗を喫するという歴史を修斗は繰り返してきた。果たして沖縄の超新星が、フライ級のパイオニアの牙城にどこまで迫ることができるのか。

今回の発表では石橋佳大と論田愛空隆というフェザー級戦、杉本恵とSRAMIの女子51キロ契約マッチで、ONE Warrior Seriesと契約下にあるファイターのプロ修斗公式戦出場も決まった。論田はもともと修斗で戦っており、バチバチファイトで元環太平洋王者に挑むこととなる。

同じONEウォリアー組でもSARAMIは海外ではRoad FCとPXCに参戦経験があるが、国内では一貫してDEEPとJEWELSで戦ってきたため、これが修斗初出場となる。

ウォリアーの活動再開が見えないなかでのワイルドカード的な参戦となるだろうが、初代スーパーアトム級王座決定Tで大いに成長した杉本とのマッチアップを経て、その修斗クイーンの黒部三奈との3度目はあるのか。いずれにせよ、ONEウォリアー組は本戦出場というキャリアップのために自身の価値を守る必要がある修斗参戦となる。

さらにバンタム級からフェザー級だけでなく、2020も2020~2021へと名称変更が必要となってくるだろうインフィニティリーグ戦。サバイバル・ラウンドロビン戦はよしずみ✖一條貴洋が11月の後楽園で組まれることも決まっている。

The post 【Shooto2020#07】Finally──清水清隆✖平良達郎、8カ月遅れで実現!! SARAMIは修斗初出場で杉本恵と first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
FORCE J-CAGE News Torao ブログ 宇田悠斗 安芸柊斗 宮城友一 旭那拳

【Torao】高松で闘裸男✖FORCEをケージで開催。宇田✖宮城、安芸✖旭那など四国連合✖沖縄対抗戦!!

【写真】中核都市、高松でのMMA大会の開催。TORAOを歩みを止めない!!(C)MMAPLANET

2日(金)、プロ修斗公式戦を中国・四国、九州地方で開催するTORAO NATION STATEが、12月13日(日)に香川県高松市の高松シンボルタワー展示場で闘裸男✖FORCEの開催を発表した。

同時に11月1日(日)に予定していたアクロス福岡大会=Torao27の延期も明らかとなっている。TNSでは今年になり、リングMMA大会であるForce13=3月29日(日)の高松大会と、ケージMMAとして5月24日(日)に山口県周南市で開催予定だったTorao26が延期となっていた。


今年から自前のケージを用意することとなったTNSだがコロナ禍で3大会の実現を見送り、これまでFORCEとしてリングでプロ修斗公式戦を行ってきた高松大会で「今年の活躍を集約させる」(山本陽一代表)こととなり、ケージ投入が決まった。

今回の発表で明らかとなったのはクラスA=3回戦が1試合で、クラスB=2回戦が4試合。2回戦でいずれも四国在住の選手と、関西より西のジムに所属しているシューターの対決となる。

3回戦のバンタム級は愛媛の宇田悠斗と沖縄の宮城友一、宮城はZSTで組まれたNEXUSフライ級王者=駒杵嵩大との試合で腕十字により一本負け、讃岐で再起戦を迎える。沖縄からは宮城以外にフライ級で旭那拳が安芸柊斗と、Lyo,oが高岡宏気とバンタム級で戦うことになっており、今大会はさながら四国✖沖縄の対抗戦の様相を呈している。

また、発表された階級では分かるように今大会も現状の修斗公式戦と同じように本来の階級より1階級重いクラスで、当日計量というフォーマットを用いるようだ。

なお同大会のコロナ感染予防対策に関しては、かつて広島・福山のBurstに在籍し、現在は京都で医師として活躍しているプロシューター児玉卓也の協力の下、プロ修斗のプロモーター=サステインやパンクラスの実施例を参考に、そして会場サイドの指示に則したガイドラインを作成中とのこと。

児玉氏は7月のプロ修斗大阪大会でも意志の立場からアドバイスし、大会の無事を支えている。またTNSでは今大会に向けてクラウドファンディングも実施しており、「やると決めた以上、できる限りの対策をして選手とお客様を迎えたいと思います」と山本代表から決意のほどがMMAPLANETに伝えられている。

The post 【Torao】高松で闘裸男✖FORCEをケージで開催。宇田✖宮城、安芸✖旭那など四国連合✖沖縄対抗戦!! first appeared on MMAPLANET.