カテゴリー
EMC06 News other MMA ケリム・エンジゼク スティペ・ブルチッチ フセイン・カジマゴマエフ ブラッド・カトーナ ブログ ロステム・アクマン

【EMC06】ドイツから欧州~中央アジアを掘り起こす。メインのバンタム級戦でTUF27ウィナーが挑戦

【写真】EMCバンタム級王者ブルチッチにTUF27ウィナーのカトーナが挑戦。ある意味、凄い時代になってきた (C) EMC&Zuffa/UFC

9月に石井慧が不可解な判定負けでヘビー級王座の獲得とならなかったEMC=Elite MMA Championshipの第6回大会が、10月31日(土・現地時間)にドイツ・デュッセルドルフのUFDジムで開催され、カードもほぼ固まっている。

EMCはUFDジムのオーナーで、マネージメントも行うドイツ在住クロアチア人のイヴァン&トミ・ディヤコビッチ兄弟がプロモートする大会で2017年2月に活動を開始し、全開大会よりスケールアップしてきた。


今大会のメインはEMC05で準決勝が行われたEMCウェルター級王座決定トーナメント決勝=イズミール・ヌルディエフ✖アミラン・ゴゴラゼが予定されていたが、前者の負傷欠場でEMCバンタム級選手権試合=王者スティペ・ブルチッチ✖挑戦者ブラッド・カトーナの一戦が組まれた。

ブルチッチは2月のEMC04でワンナイト4人制王座決定トーナメントを制して、同ベルトを獲得。対するカトーナはTUF27を制し、オクタゴン2勝2敗ながらリリースとなり、欧州に新天地を求めたカナダ人選手だ。

現在8連勝中で、うち6試合がKO勝ち。豪快なファイトでドイツ国内での人気も高いエンジゼク

カトーナ以外にも今大会にはUFCベテランのスウェーデン人ファイターのロステム・アクマンが参戦し、ドイツ在住のトルコ人選手ケリム・エンジゼクと戦うウェルター級の一番も組まれている。拳の届く距離でのボクシングファイトを得意とし、ドイツの老舗GMCでウェルター級王者に君臨したエンジゼクのEMC初陣、見逃すことはできない。

さらに8月のBrave40でドイツのスヴェンフォルエンバッハーを破り、プロ&アマMMA通算25連勝(※プロでは7勝0敗)のフセイン・カジマゴマエフが、同じくBrave CF39での勝利でレコードを7勝1敗としたトビラス・ハリラと戦うマッチアップも楽しみだ。

加えてタジキスタン人選手で8勝0敗のベイクティア・アブドゥラエフが、EMC05で僅か56秒ギロチンで勝利しデビュー以来の連勝を5に伸ばしたパルカル・ヒンツェンと戦う試合も注目したい。ドイツから欧州各地、中央アジアまで掘り起こし始めたEMC、非常に興味深い面子が揃った大会といえる。

The post 【EMC06】ドイツから欧州~中央アジアを掘り起こす。メインのバンタム級戦でTUF27ウィナーが挑戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Inside the Matrix ONE113 ブログ

【ONE113】10月30日、シンガポール大会が超限定・250枚のチケット発売=有観客大会に。抗原検査も

【写真】このような入場を選手、ファンが楽しめる日に向けて一歩ずつ進んでいく世界のMMAだ(C) MMAPLANET

23日(金・現地時間)、ONE Championshipが10月30日(金・同)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催するONE113「Inside the Matrix」で、250枚のSuperfanチケットを発売することを発表した。

10月9日にCOVID19パンデミック後、初のシンガポール大会を開いたONEにとって限定とはいえ有観客大会は2月7日のインドネシア大会以来となる。


日本でも政府や自治体のガイドラインに則して、7月よりMMAは有観客を開いてきたが、現状のMMA界で観客を入れて開催されているのはACAやKSW、EMCなど非常に限られている。今回、1万2000人収容できるインドアスタジアムにおいて250人のファンの数というのは占有率でいえば2.08パーセントで、さらにこのチケット購買者も抗原検査が行われるという。

現状シンガポールでは新規感染者が一桁台で死者も出ていない。5人までのグループなら外食も可能になっていることを考えると、相当な予防対策といえるONEの限定・有観客大会だ。

■ONE Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】10月30日、シンガポール大会が超限定・250枚のチケット発売=有観客大会に。抗原検査も first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News other MMA PFL オリヴィエ・オバメルシエ ケイラ・ハリソン ジョニー・ケース バッバ・ジェンキンス ブログ レイ・クーパーIII ローリー・マクドナルド

【PFL】2021年4月、シーズン開幕。ハリソン、ブラダボーイ、ケースら出場もランス・パーマーは離脱??

【写真】オクタゴンからリングで活躍したジョニー・ケースのデカゴン登場は来年の4月に!!(C)MMAPLANET

20日(火・現地時間)、PFLが2021年レギュラーシーズン前半戦を4月23日(金・同)、同29日(木・同)、5月6日(木・同)、後半戦を6月10日(木・同)、同17日(木・同)、同25日(金・同)に行うことを発表した。

4月に5月21日に開幕する予定だった2020年シーズンを2021年春に春に延期する──つまりは、2020年シーズンは中止という発表を行っていたPFL。一部で噂されたワンマッチ大会の開催もないまま活動再開は2021年4月に決定した。


レギュラーシーズン→プレーオフ→ファイナルというフォーマットを持つPFLは、2020年シーズンは女子ライト級、フェザー級、ライト級、ウェルター級、ライトヘビー級、ヘビー級の6階級が行われる予定だったが、2021年は今回の発表で公表された出場選手により女子ライト級、ウェルター級、ライト級、そしてフェザー級の4階級は確定の模様だ。

前半戦と後半戦に分けた狙いは、スタートダッシュとプレーオフ進出への生き残りを明確に色分けする狙いがあるようだ。

今回のアナウンスでPFL2021参戦が明白となっているのが、昨年の女子ライト級王者ケイラ・ハリソン、ウェルター級では219年覇者のブラダボーイことレイ・クーパー3世と元Bellator世界ウェルター級王者ローリー・マクドナルド、ライト級はUFC&RIZINベテランのジョニー・ケースとUFCから戦場を移すオリヴィエ・オバメルシェ、そしてフェザー級はBrave Cを制したバッバ・ジェンキンスの6選手だ。

気になるのはフェザー級を2連覇したランス・パーマーの名前が無くなっていることだ。パーマーは7月の終わりにイベント開催がないPFLに対してリリースを要求し、その後も法廷に持ち込む姿勢を示していた。彼の今後に関しては、WSOF時代の僚友のジャスティン・ゲイジーも「すぐに試合が決まることを願っている」などツイートをしている。

結果、今回の発表でパーマーの名前が見られなかったことで、WSOF時代からPFLのフェザー級をリードしてきた彼の離脱は確定的かもしれない。PFL2021シーズンは2020年に出場が見込まれていたジェイソン・ソアレス、マルチン・ヘルドらの出場はあるのだろうか──まだまだ先の開幕に向けて、出場メンバーの発表を待ちたい。

なおPFLではレギュラーシーズンの会場、プレーオフ及びファイナルの日程は近々明らかにするとしている。

The post 【PFL】2021年4月、シーズン開幕。ハリソン、ブラダボーイ、ケースら出場もランス・パーマーは離脱?? first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#07 ブログ 大塚隆史 安藤達也

【Shooto2020#07】2020年11月23日、大塚隆史──修斗初参戦で安藤達也と対戦。「喧嘩を売り来ました」

【写真】マッチアップとしても楽しみなファイトだ(C)MMAPLANET

19日(月)、Sustainより11月23日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2020#07のインパクト大──な、追加カード発表があった。

既に清水が清隆✖平良達郎、石橋佳大✖論田愛空隆、杉本恵✖SRAMIという刺激的なマッチアップが明らかとなっている同大会だが、本日アナウンスされたのは安藤達也✖大塚隆史の当日計量・フェザー級マッチだ。


群雄割拠の修斗バンタム級戦にさらなる爆弾が投下された。2度のDEEPバンタム級王者で2006年のMMAデビューからDREAMやRIZINという大舞台以外ではほぼキャリアを通しDEEPで活動してきた大塚が、突然の修斗参戦だ。

プレスリリースで大塚は「修斗バンタム級に喧嘩を売り来ました元DEEP王者の大塚です。修斗のベルトを貰いに来ました。バンタム級の皆さん、どうぞこの喧嘩、勝ってください。以上!」というコメントを寄せている。

そんな大塚の喧嘩を買ったのは、現環太平洋バンタム級チャンピオンの安藤だ。両者揃ってレスリングベースで、打撃を使いこなす。大きな一発は安藤だが、大塚のパンチはよりテイクダウンと融合している。ケージレスリング&スクランブルという展開にならない安藤と、しっかりとスクランブルゲームでドミネイトする大塚は対照的なレスラーといえる。

正規&暫定の両世界王者の不在というエアポケットを埋めることさえできる大塚の修斗初参戦は、キャリア14年&45戦目の新たなる──あるいは最後の挑戦と捉えることでき、見逃すことはできない。

The post 【Shooto2020#07】2020年11月23日、大塚隆史──修斗初参戦で安藤達也と対戦。「喧嘩を売り来ました」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFN ESPN+38 UFN180 グラム・クタエラデス ジョン・チャンソン ブライアン・オルテガ ブログ マテウス・ガムロ

【UFN180】計量終了 オルテガ✖コリアンゾンビの前に、見逃せないマテウス・ガムロのUFCデビュー戦

【写真】マスク姿ではほとんど分からないが、左がガムロで右がクタテラデス(C) Zuffa/UFC

16日(金・現地時間)、18日(日・現地時間)にUAEはアブダビのヤス島=UFC Fight Island で開催されるUFN180:UFN on ESPN+38「Ortega vs Korean Zombie」の計量が行われた。

メインでブライアン・オルテガ✖ジョン・チャンソンのフェザー級戦が組まれた今大会、プレリミメインでマテウス・ガムロがUFC初陣を迎える。Bellator世界ライト級王者マイケル・チャンドラーのUFC参戦は大きな話題になったが、コア・ファンにとってはガムロのオクタゴン挑戦も非常に注目されている。


デビュー以来のMMA戦績は17勝0敗、これはカビブ・ヌルマゴメドフの28連勝、ヤースラフ・アモソフの24連勝、イスラエル・アデサニャとクセイン・アスカボフの20連勝に続き、バレンティ・ベニシェフと並び世界5位タイの無敗の連勝記録だ。

2012年のプロMMAデビューから4戦目から東欧ナンバーワンMMAプロモーション=KSWを主戦場にし、2016年には後のRoad FCライト級$100万トーナメントを制したマンスール・ベルナウイを破りライト級王座を獲得すると、今年の8月までに5度目の防衛に成功していた。この間に2018年12月にはクレベル・コイケを下し、フェザー級チャンピオンになっており、2冠王に君臨しているミスターKSWだ。

ガムロはADCCに出場経験があり、当時のKSWウェルター級ボリス・マンコフスキーとのグラップリングマッチでドローになるなど、下地がしっかりとしている組技師だ。KSWがスクランブルゲームよりも、テイクダウン後は上と下で寝技を展開するというスタイルが主流だったこともあり、ガムロも背中をつけての寝技や足関節で活躍を続けた。

とはいえグラップラーといってもガムロは、荒々しく喧嘩上等の一面も持ち続けてきた。スタンドでの粗い打撃の応酬にも応じ、その打撃がATTでトレーニングをするようになり急激に進化。テイクダウンを切り、寝技に重点の置くことがないスタイルに変わり、ノーマン・パークとの因縁もほぼ打撃戦で決着をつけている。

上記にあるように8月のKSW45でマリアン・ジュコフスキを下しライト級王座防衛に成功するとKSWとの契約を終え、ガムロはUFCを次なる戦場に選んだ。下になることを厭わないフットロッカーからキックボクシング&スクランブルの北米MMAによってきたガムロだが、王道スタイルの猛者が集うUFCだからこそ、以前のような組技師の一面──しかも、強化されたグラップラーとしての技量が、世界の最高峰で生き残るには欠かせないはずだ。

今回はマゴメド・ムスタファエフと対戦予定だったが、同じくUFCデビュー戦となるグラム・クタテラデスに変更された。Brave CFからステップアップとなるクタテラデスは、ジョージア生まれでスウェーデン在住のファイターだ。

古流柔術、極真空手、ムエタイをベースにレスリングやサンボなど──本人がいうのは600戦以上の実戦経験を持つ。MMAは11勝2敗で6つのKO勝ちを数えており、前蹴り、近距離での上段回し蹴りは確実にフルコンタクトの流れをくんでいる。上段回り蹴りから後ろ回し蹴りというコンビネーションも注意が必要だが、パンチでも接近戦の距離でハイキックを使いこなすので、その前後のパンチにはよりガムロもより警戒が必要になるだろう。

ポーランドの現代MMAに目覚めたグラップラーと、バイキングの異名を持つロシアン武芸百般のマッチアップ、非常に楽しみだ。

またオープニングマッチには8月に予定されていたUFC初戦をコロナウィルス陽性で欠場を余儀なくされた世田谷育ちのフィリピン人ファイター=マーク・ストリーグルが、サイド・ヌルマゴメドフという超難敵と対峙する。

アジア・太平洋のMMAを追ってきたファンには見逃せない試合といえるだろう。

■視聴方法(予定)
10月18日(日・日本時間)
午前5時~UFC FIGHT PASS

■UFN179対戦カード

<フェザー級/5分5R>
ブライアン・オルテガ: 146ポンド(66.22キロ)
ジョン・チャンソン: 146ポンド(66.22キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジェシカ・アンドレジ: 126ポンド(57.15キロ)
ケイトリン・チューケイギアン: 126ポンド(57.15キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
モデスタス・ブカウスカス: 206ポンド(93.44キロ)
ジミー・クルート: 206ポンド(93.44キロ)

<ウェルター級/5分3R>
クラウジオ・シウバ: 171ポンド(77.56キロ)
ジェイムス・クラウス: 171ポンド(77.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
トーマス・アルメイダ: 146ポンド(66.22キロ)
ジョナサン・マルチネス: 146ポンド(66.22キロ)

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ: 156ポンド(70.76キロ)
グラム・クタテラデス: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジリアン・ロバートソン: 125.5ポンド(56.92キロ)
ポリアナ・ボテーリョ: 125ポンド(56.7キロ)

<ミドル級/5分3R>
パク・ジュンヨン: 185ポンド(83.91キロ)
ジョン・フィリップス: 186ポンド(84.37キロ)

<ライト級/5分3R>
フェレス・ジアム: 156ポンド(70.76キロ)
ジェイミー・マラーキー: 156ポンド(70.76キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
カジムラッド・アンデグロフ: 206ポンド(93.44キロ)
マクシム・グリシン: 205.5ポンド(93.21キロ)

<バンタム級/5分3R>
サイド・ヌルマゴメドフ: 136ポンド(61.69キロ)
マーク・ストリーグル: 136ポンド(61.69キロ)

The post 【UFN180】計量終了 オルテガ✖コリアンゾンビの前に、見逃せないマテウス・ガムロのUFCデビュー戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Reign of Dynasties II ONE112 II ケアヌ・スッバ ブログ ミャオ・リータオ 澤田龍人

【ONE112 II】計量&ハイドレーション結果 コロナ第二派のマレーシアからスッパ、復活の狼煙あげられるか

【写真】マレーシアに活気を与えることができるのか。ケアヌ・スッバ(C)MMAPLANET

本日16日(金・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されたONE112「Reign of Dynasties II」の中継が行われ、その最終計量及びハイドレーション結果がONEより発表されている。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


本拠地シンガポールで活動を再開したONE。今夜中継されるONE112「Reign of Dynasties II」ではシンガポール在住の澤田龍人が注目のミャオ・リータオと対戦するストロー級と、マレーシアのケアヌ・スッバが同じくタン・カイと戦う2試合のMMAマッチが組まれている。

新型コロナウィルス感染を封じ込め、国内での旅行も行われていたが、結果的に第2派が起こり──まさに2日前からスランゴール州とクアラルンプール及びプトラジャヤで条件付き活動制限令が再度実施され、中間窓口も閉鎖されたマレーシアから参戦しているケアヌ・スッバ。高橋遼伍戦では負傷TKO負けとなったが、それまでは間合いを制するなど力を見せていたスッバが、外界の喧騒をよそにケージで復活の一歩を記すことができるか、注目だ。

ハイドレーションと計量結果は以下の通りとなっている。
※赤字の選手の名前をクリックするとインタビューに跳びます

■ONE Reign of Dynasties II対戦カード

<キックボクシング・バンタム級/3分3R>
秋元皓貴:65.35キロ/1.0099
ジャン・チェンロン:65.55キロ/1.0087

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
サゲッダーオ・ペットパヤータイ:69.05キロ/1.0053
ジャン・チュンユ:69.9キロ/1.0061

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ケアヌ・スッバ:69.9キロ/1.0061
タン・カイ:69.85キロ/1.0061

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
アズワン・チェウィル:61.0キロ/1.0036
ワン・ウェンフェン:61.0キロ/1.0070

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
澤田龍人:56.4キロ/ 1.0061
ミャオ・リータオ:56.6キロ/1.0116

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
モハメド・ビン・マムード:65.8キロ/1.0229
ハン・ズーハオ:65.6キロ/1.0099

The post 【ONE112 II】計量&ハイドレーション結果 コロナ第二派のマレーシアからスッパ、復活の狼煙あげられるか first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA93 News other MMA アンドレ・ペトロスキー アーロン・ジェフリー サム・ヒューズ ブログ

【LFA93】計量終了 メインはレスラー=ペトロスキー✖ストライカー=ジェフリー。サム・ヒューズが再起

【写真】テイクダウンに優れたレスラー=ペトロスキー✖ストライカー=ジェフリー (C)LFA

16日(金・現地時間)にカンザス州パークシティのハートマン・アリーナで開催されるLFA93「Petroski vs Jeffery」の計量が、15日(木・同)に行われた。

10月は2週毎に同地で3大会が行われるLFA、その2大会目のプレリミはアマMMAを含め2試合、メインカードが7試合組まれ、メインはミドル級のアンドレ・ペトロスキー✖アーロン・ジェフリーというマッチアップだ。


ペトロスキーはMMA戦績5勝0敗で全試合がフィニッシュというレスリングベースのファイターだ。ハイスクール時代にペンシルバニア州でメダリストに3度輝き、カレッジではD1とD2で活躍──自身もテイクダウンには絶対の自信を持っている。

対するジェフリーはカナダのストライカーで8勝2敗、カナダ人初のコンテンダーシリーズ出場選手で、判定勝ちは1試合だけで高いKO率を誇っているフィニシャーだ。「アイツはレスリング能力が欠けている」というペトロスキーに対し、ジェフリーは「打撃に自信がないから、そういうことを言うんだ。テイクダウンを切って殴ることはずっとやってきた」と反論している。レスラー✖ストライカー、得意分野から不得意分野を引き算したときに、残った数字が大きな方が勝利に近づく。

セミでは7月に初代LFA女子ストロー級王座決定戦で敗れたサム・ヒューズが再起戦をダニエル・ヒンドリーと戦う。打撃とクリンチ戦でヴァネッサ・デモパウロスをリードしながらリバーストライアングルで逆転負けを喫したヒューズだが、これは10度戦って1度あるかというホームランを打たれたと捉えることができる。

パワフルなキックボクシングの使い手ヒューズは、コンテンダーシリーズで敗れLFAに戻ってくる王者(※30日にルピタ・ゴディネスの挑戦を受ける)へのリベンジを果たすために、勝ち方も問われる一戦となる。

なお8月のLFA89でヒザからパンチで86秒KO勝ちでプロモーションデビュー戦を飾ったジョシュア・フレムドとミドル級で戦う──Bellatorリリースから再生を試みるアントニオ・ジョーンズは、8ポンドの大幅計量オーバーとなっている。

■視聴方法(予定)
10月17 日(土・日本時間)、
午前10時~UFC Fight Pass

■ LFA93計量結果

<ミドル級/5分3R>
アンドレ・ペトロスキー: 185.8ポンド(84.27キロ)
アーロン・ジェフリー: 185.2ポンド(84.0キロ)

<120ポンド契約/5分3R>
サム・ヒューズ: 119.2ポンド(54.06キロ)
ダニエル・ヒンドリー: 119.6ポンド(54.24キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョシュア・フレムド: 185.2ポンド(84.0キロ)
アントニオ・ジョーンズ: 193ポンド(87.54キロ)

<フェザー級/5分3R>
エリジャウ・ジョンズ: 145.8ポンド(66.13キロ)
ルーク・フォルターサック: 145.6ポンド(66.04キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
ジャスティン・ウェッツェル: 139.8ポンド(63.41キロ)
テシェイ・ゴウスロー: 139.6ポンド(63.32キロ)

<フライ級/5分3R>
トレバー・ウェルズ: 125.8ポンド(57.06キロ)
カーロス・ヘルナンデス: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョシュア・ダシルヴェイラ: 203.4ポンド(92.26キロ)
フェルナンド・アルヴァラド: 204.8ポンド(92.89キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
ジョン・ファム: 140ポンド(63.5キロ)
クリスチャン・ロドリゲス: 139.4ポンド(63.23キロ)

The post 【LFA93】計量終了 メインはレスラー=ペトロスキー✖ストライカー=ジェフリー。サム・ヒューズが再起 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase320 ブログ 上田将竜 八田亮 村山暁洋 菊入正行

【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田

【写真】菊入はウェルター級転向後、そして2020年を3連勝で締めくくることができるか(C)MMAPLANET

15日(木)、パンクラスより12月13日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase320のカード第一弾が発表された。

3月、4月、5月とイベント中止、7月に日程変更し活動再開も、8月大会は開場10分前の中止決定、9月は団体初の無観客大会と世界中のMMAプロモーションが影響を受けるなか、激動の日々を送ってきたパンクラスの2020年最終興行8試合が決まった。


今回はウェルター級の元KOP村山暁洋✖菊入正行、ライト級は冨樫健一郎✖金田一孝介、バンタム級の花レメ紋次郎TK✖土肥潤、女子バンタム級は東陽子と直DATEの再戦、さらにフライ級は上田将竜 ✖杉山廣平と荻窪祐輔✖中村龍之の2試合、ストロー級も八田亮✖尾崎龍紀、リトル✖佑勢乃花が明らかとなった。

海外から入国の条件緩和が11月から始まるが、2カ月後の感染状況は読みようがない。現状では、国内対決を組むのはJ-MMAに共通している。活動再開後2大会連続で出場し中村勇太、高木健太を破った菊入が、村山に挑む一番は要注目だ。行き過ぎる試合を経て、貰わないが慎重すぎた試合を経験した菊入が、ウェルター級転向後に──いやライト級時代から実戦で積んできた経験をいかにぶつけることができるか。

さらに筑豊からの巻き返しなるか──暫定王座決定戦に敗北後、神酒龍一戦も落とした上田。ばかりか荻久保✖中村と揃って崖っぷちのフライ級戦線。

渋すぎる花レメ✖聖帝、GTFでのグラップリング戦からケージに戻ってきた八田亮、それぞれが決して忘れることがない時を過ごした2020年、その戦い収めのファイト、気持ちが入った試合が見られそうだ。

The post 【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator249 News アビブ・ゴザリ アーリーン・ブレンコウ クリス・サイボーグ ジャリール・ウィリス パトリッキー・フレイレ ブログ リッキー・バンデハス レアンドロ・イーゴ

【Bellator249】計量終了 サイボーグはブラジルカラーのアイメイク。ウィリス&イーゴが計量失敗

【写真】今からすると、よくバンタム級で戦っていたと思える──フェザー級でもかなり追い込んでいるサイボーグだ(C) BELLATOR

14日(水・現地時間)、15日(木・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催するBellator249「Cyborg vs Blencowe」の計量が行われた。

メインでBellator世界女子フェザー級のベルトを賭けて戦うクリス・サイボーグとアーリーン・ブレンコウの両者は問題なくクリア。

サイボーグはパンデミック以前のようにブラジル国旗を連想させるペインティングを施すことなく、アイシャドーにそれらリサを残しブラジル国旗のヘアバンドを着用してモック計量及びフェイスオフを済ませた。


セミではパトリッキー・フレイレと対戦する──注目のジャリール・ウィリスは4ポンドのオーバーに。

フェイスオフでパトリッキーが計量台に乗って向かい合う一面もあったが、彼の頭頂部がウィリスの目の高さという身長差、体重を落としきらず体調をキープしてリカバリーを行うとなると当日の体格差はかなりのハンデとなることも考えられる。

またバンタム級のレアンドロ・イーゴも4ポンド超過で、ベラトールで戦うようになり6戦目で2回目の減量失敗となった。

前回の計量失敗時は、明らかに試合当日のコンディションに影響が出ていたイーゴだが、果たしてどのような体調とメンタルでリッキー・バンテハスと向き合うことになるのか。

なおプレリミに出場するアビブ・ゴザリはイスラエル国旗を掲げ、ピンクとゴールドのバスローブのような衣装でモック計量を終えている。キャリア2戦目のローガン・ニールとの育成マッチ、勝利はもとよりパフォーマンスに注目が集まるゴザリだ。

なお全選手の計量結果は以下の通りだ。

■視聴方法(予定)
10月16日(金・日本時間)
午前8時15分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前11時00分~DAZN

■ Bellator249「Cyborg vs Blencowe」対戦カード

<Bellator世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]クリス・サイボーグ: 145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者] アーリーン・ブレンコウ: 144.5ポンド(65.54キロ)

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ジャリール・ウィリス: 159 ポンド(72.12キロ)

<バンタム級/5分3R>
リッキー・バンデハス: 136ポンド(61.69キロ)
レアンドロ・イーゴ: 139ポンド(63.04キロ)

<ライト級/5分3R>
サヤッド・アワッド: 155.5ポンド(70.53キロ)
マンデル・ネーロ: 155.9ポンド(70.71キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ショーン・ティード: 255.4ポンド(115.84キロ)
スティーブ・モウリー: 250.5ポンド(113.62キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョセフ・クレア: 183.3ポンド(83.14キロ)
アンドリュー・キャペル: 183.8ポンド(83.41キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・クラッチマー: 170.2ポンド(77.2キロ)
ケムラン・ラチノフ: 170.2ポンド(77.2キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
クリスチャン・エドワーズ: 204.5ポンド(92.76キロ)
ハムザ・サリーム: 204.2ポンド(92.62キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
デイモン・ブラックシェアー: 140ポンド(63.5キロ)
マイク・キンベル: 139.2ポンド(63.14キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アビブ・ゴザリ: 168.8ポンド(76.5キロ)
ローガン・ニール: 169.3ポンド(76.79キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アルバート・ゴンザレス: 169.5ポンド(76.88キロ)
キャストリット・ジェマ: 169.7ポンド(76.97キロ)

The post 【Bellator249】計量終了 サイボーグはブラジルカラーのアイメイク。ウィリス&イーゴが計量失敗 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#08 キャプテン☆アフリカ ブログ 林RICE陽太 田中有 西川大和

【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと

【写真】今度は環太平洋戦が組まれることに(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN & KEISUKE TAKAZAWA

14日(水)、12月20日(日)に大阪市淀川区の大阪メルパルクホールでプロ修斗公式戦、2020年の最終興行=Shooto2020#08が開催され、2試合の発表があった。

同大会は昼の部としてTTF Challenge09が午後1時スタート、夕方の部として修斗が午後4時から開始される2部制興行だ。


そんな大阪大会でまず組まれたカードは田中有✖キャプテン☆アフリカのライト級環太平洋王座決定戦、そして73キロ契約の2回戦=林RICE陽太✖西川大和の2試合だ。

アフリカはパンデミック後初めて有観客で行われた7月の大阪大会で、世界ライト級王座決定戦で川名雄生に敗れた。その再起戦が再び環太平洋のベルトが掛った一戦となる。対する田中はMMA戦績5勝2敗、修斗では5勝1敗で4試合がKO勝ちだ。

勝っても負けもバチバチファイトと展開する田中に対し、打撃の成長を確かめたいグラップラーのアフリカがどのような戦い方で挑むのかが鍵となりそうだ。

そして2020年のブレークスルーファイター=西川大和が18歳になって初めての試合を林と戦う。4月のRoad to ONEでムエタイで出場したのをきっかけに5月、9月と修斗で木下タケアキ、椿飛鳥を連破した西川が修斗3戦目で現在3連勝中、負傷TKOを含む3試合連続フィニッシュと上り調子にある林と戦う。

北海道在住、ハングリーな姿勢で巡ってきた機会に食らいついてきた西川だが、気になるのはこの試合の73キロという体重だ。現状、修斗ではコロナ禍の特別対策としてドライアウトを禁じ、当日計量を採用することで従来より1階級上の階級で試合を組んでいる。

よって西川はフェザー級でありながら、ライト級というクラスで同じくフェザー級の選手と戦ってきた。しかし、林は元はライト級で現状はウェルター級で試合をしている1階級上の選手だ。よって73キロというキャッチウェイトは、体格差が生じるのかどうか。ここは気になるところだ。

The post 【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと first appeared on MMAPLANET.