妹がワキガなんだが

...

The post 妹がワキガなんだが first appeared on 暇つぶしアンテナ.

カテゴリー
未分類

Oumar Sy po zdemolowaniu Adama Tomasika na KSW 64

カテゴリー
未分類

KSW 64: Szczęsliwy Oumar Sy i załamany Adam Tomasik po pierwszej walce na KSW 64 [KULISY]

カテゴリー
MMA UFC UFN196 ジョナサン・マルチネス ズヴァイアド・ラジシュビリ ブログ

【UFN196】学士ファイター=ズヴァイアド・ラジシュビリ、UFC初戦でマルチネスに14戦目の初黒星

<バンタム級/5分3R>
ジョナサン・マルチネス(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.292-8
ズヴァイアド・ラジシュビリ(ジョージア)

マルチネスが左ローを2発入れ、ワンツーに左を合わせようとする。左ローを続けるマルチネスに組みついたラジシュビリがシングルでケージに押し込む。アンクルピックを切ったマルチネスに対し、ラジシュビリは大内刈りから右腕を差しあげる。ダブルレッグもマルチネスが耐え、ラジシュビリは離れ際に左を当てる。姿勢を乱したマルチネスだが、すぐに立ち上がり左ローを続ける。三日月、ローと左で蹴るマルチネスは左右のローから右ミドルを返すラジシュビリに、左ミドルを蹴っていく。

左カーフを蹴られ右フックを見せたラジシュビリが右ミドル、そして右ストレートを伸ばす。ラジシュビリは右前蹴り、右ストレートと打撃戦を続ける。それでもマルチネスは右ジャブから左ストレート、最後にテンカオを繰り出した。

2R、マルチネスの右手を叩き、右前蹴り、右ストレートを繰り出すラジシュビリが右ローを蹴られる。外から蹴られると、内側からローを返したラジシュビリが踏み込んで右ミドルを蹴り、蹴り足を掴んでアッパーを繰り出す。ラジシュビリの前進に左エルボーを狙ったマルチネスは腹への蹴りをやや効かされたか。左ローから右を振るったラジシュビリが目を気にする。

マルチネスの左ハイをブロックして右を見せたラジシュビリが、右前蹴り、そして左ローを蹴る。右ミドル&右のラジシュビリ、マルチネスも右を返し、左のカウンターを当てる。左三日月を入れたマルチネスが左ハイを狙い、ラジシュビリがガードをしたところで時間となった。

最終回、マルチネスが右カーフを2発。右を被弾するも、すぐに左を打ち返したマルチネスが左カーフを入れる。ラジシュビリはローを返し、右ミドルも2Rに続き組みにはいかない。左ミドルを蹴ったラジシュビリだが、左ストレートを被弾する。続いて右ジャブを当てたマルチネスは左フックにダブルレッグを合わされたが、しっかりとスプロールする。

このダブルを切られたラジシュビリは勢いが落ちたか、右ジャブ&エルボーを被弾し距離を詰められなくなる。動いてジャブを伸ばし、ローと腹と蹴りで距離を支配するマルチネスは、3Rはほぼラジシュビリを完封しワンツーを打ち込む。左前蹴り、ハイとラジシュビリを入れさせなかったマルチネスは試合終了とともに笑顔を見せ、ラジシュビリは観念したように拍手を送った。

初回にフラッシュ気味のダウンを奪ったが、2Rと3Rと間を制されたラジシュビリはUFCデビュー戦で初黒星を喫した。


The post 【UFN196】学士ファイター=ズヴァイアド・ラジシュビリ、UFC初戦でマルチネスに14戦目の初黒星 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
INVICTA UFC アマンダ・レモス 村田夏南子

UFC on ESPN+54:第2試合・リヴィア・ヘナタ・ソウザ vs. ランダ・マルコス

女子ストロー級

元ランカーのソウザだが、前戦で魅津希に勝利したアマンダ・レモスに1RKO負けし、ここまで3勝2敗。Invicta時代には当時アトム級から階級を上げてきた浜崎朱加と対戦し勝利している。柔術黒帯。

ランダ・マルコスはこの試合でUFC女子ストロー級最多タイ(もう一人はアンジェラ・ヒル)となる18戦目。しかし6勝10敗1分けと負け越している。昨年11月に村田夏南子に判定負け、前回はグラウンド状態の顔面膝で反則負けとなり、これで4連敗中。さすがにリリースがかかる一戦。

間合いを詰めるソウザ。ステップしてジャブを入れる。詰めたマルコス。そのままケージに押し込んだ。押し込みつつ殴るが、ソウザ入れ替えてクラッチ。さらに入れ替えるマルコス。パンチを入れて離れた。ソウザ組み付くと首投げ。袈裟固めからVクロスアームロック。やや浅い。そのまま押さえ込んでパウンドを入れるソウザだが、マルコスケージを蹴ってうつ伏せになり脱出。ハーフバックにしたソウザ。チョーク。マルコス正対して外した。残り1分。マルコス脇を差して立つと肘を打ち込む。また押し込むマルコス。離れ際に膝。距離を取ろうとするソウザを追いかけてパンチを打ち込むマルコス。ソウザなんと引き込み。マルコス密着したままコツコツ殴る。ホーン。

1Rソウザ。しかし最後の引き込みはいただけない。

2R。マルコスクリンチアッパー。ソウザケージに押し込むとダブルレッグへ。テイクダウン。下からハーフネルソンを極めるマルコスだが外れた。ハーフ。マルコス脇を差すとスイープして上に。ハーフからパウンドを落とすマルコス。下が長くなっているソウザ。パスを防いでいるが下の展開が続く。フルガードに戻したソウザが腕十字を狙うがディフェンスしているマルコス。下から足関を仕掛けようとしたが読まれている。ホーン。

2Rマルコス。ソウザ、下になってから抜け出せず。

カテゴリー
LFA MMA UFC

UFC on ESPN+54:第1試合・ジョナサン・マルチネス vs. ズビアド・ラジシュビリ

バンタム級

UFC4勝3敗のマルチネス。テコンドーバックボーンのストライカーで、UFCでも2KOしている。当初組まれていたカードはアーロン・フィリップスvsクリス・モウティーニョだったが、モウティーニョが欠場となりマルチネスが代役に。さらにフィリップスが3日前に急病により欠場。LFAバンタム級王者のラジシュビリが急遽UFCデビューを決めた。

ジョージアのラジシュビリはジョージアローカルで10連勝。その後は大学で学ぶためにMMAからは離れたが、約4年のブランクを経てLFAで復帰すると、先月のLFA2戦目でバンタム級王座を獲得。ここまで無敗だが、LFA時代の相手のレベルは不明。バックボーンは空手だが、戦いぶりはグラップラー

パンチ・ミドルをヒットさせるマルチネス。前進したラジシュビリがタックルでケージに押し込んだ。シングルレッグからボディロックに切り替え、テイクダウンを狙いつつ膝を入れる。投げを放つラジシュビリだがケージでこらえるマルチネス。離れ際にラジシュビリの右がヒットしマルチネススリップダウン。すぐ立った。インローを蹴るマルチネス。ラジシュビリは前蹴り。右がヒット。残り1分。また前蹴りを入れるラジシュビリ。ここまで大きな差はない。マルチネス詰める。しかし両者出ない。ジャブからワンツーを入れたマルチネス。ホーン。

ほぼ差がないだけに、終盤手数を増やしたマルチネスのラウンドか。

2R。両者ローやミドルの蹴り合い。ラジシュビリが踏み込んでパンチを打ち込むとマルチネスは膝。それをキャッチしたラジシュビリだが放した。1Rより手数を増やしてきているラジシュビリ。残り1分を切ってまた手数を増やしてきたマルチネス。前に出てミドル・ワンツーを入れる。左ハイ。ホーン。

このラウンドはほぼ五分。

3R。両者とも勝っている確信がない上体。マルチネスジャブの手数を増やしてきた。2Rからは組み付かなくなったラジシュビリだが、パンチをかいくぐってタックル。しかし切ったマルチネス。ラジシュビリ出るがそこに肘・ミドルを合わせるマルチネス。ジャブで顔から出血しているラジシュビリ。出ていけない。マルチネスがひたすら手数で押す。パンチから前蹴り。タイムアップ。

30-27×2、29-28の3-0でマルチネス勝利。

微妙な展開から最後に勝負をかけたのはマルチネス。ラジシュビリは攻めに行けなかった。3日前の緊急出場でMMA初黒星。

カテゴリー
未分類

FULL MATCH – Batista vs. Eddie Guerrero – World Heavyweight Title Match: WWE No Mercy 2005

カテゴリー
時事ニュース 稼げるまとめ速報

【衆院選】麻生太郎氏「アベノミクスで株価が上がり、年金が80兆円増えた。一部の人だけが儲かったといういい加減な記事は読むな」

このサイトの記事を見る

The post 【衆院選】麻生太郎氏「アベノミクスで株価が上がり、年金が80兆円増えた。一部の人だけが儲かったといういい加減な記事は読むな」 first appeared on 仮想通貨最新情報.

カテゴリー
未分類

UFC on ESPN+54:リアルタイム速報

2時開始。

カテゴリー
時事ニュース 稼げるまとめ速報

Youtuber安倍晋三氏、カツ丼を紹介する動画をアップwwwww

このサイトの記事を見る

The post Youtuber安倍晋三氏、カツ丼を紹介する動画をアップwwwww first appeared on 仮想通貨最新情報.