カテゴリー
DEEP Interview J-CAGE Special ブログ 佐伯繁

【Special】WithコロナのJ-MMA─01─佐伯繁DEEP代表に訊く<後編>「ここに感染者がいるという気持ち」

【写真】DEEP97の計量後も予防対策について、選手に注意点を挙げて説明し、注意喚起を促していた(C)MMAPLANET

COVID19のパンデミック、地球はニューノーマルの時代を迎えた。日本でも4月と5月の緊急事態宣言を経て、6月から経済活動が再開も、事態が終息することはない。

それでもJ-MMA界はどのスポーツと比較しても、活動を持続し──正解がないなかで予防対策を各々が施してイベントを開催してきた。

今回はDEEP佐伯繁代表のコロナと共生するインタビュー、後編をお届けする。

<佐伯繁代表インタビューPart.01はコチラから>


──そして、どこまでの関わりのある人の検査を実施するのかという部分でも関係してきます。

「レフェリーとジャッジの検査は前日の人間もいれば、当日と人もいます。で、そこで陽性者が出ると外れてもらう。もちろん、濃厚接触者が出る以前にチェックをします。でも、そこでレフェリーやジャッジに複数の陽性者がいると、陰性の人だけで回せるのかという問題もあります。

そういうことまで考える必要になってきて。それは何も競技運営陣だけでなく、スタッフも同じですよね。興行という回さないといけないモノに関わっていると、当日検査のリスクもあります」

──ハイ。野球、サッカー、プロレス、全員が全員、当日に検査をしているわけでもないしですし。おのずと限界もあります。

「その通りなんです。実際に人数を減らしてお客さんにきてもらっている。ならお客さんの検査をするるのか、と。そこを検査しないと、絶対はないですから」

──それはもう、不可能といって良いかと。

「ハイ。これはね、選手、関係者、メディア、お客さん、皆が『ここに感染者がいる』という気持ちでソーシャルディスタンスを取り、手指消毒を徹底し、マクスを外さない。手を口、鼻、目に持っていかない。そういうことを徹底するしかないんです。トイレや控室も、そうです。

実際、会場からも厳しく指導が入りますからね。設営の子が暑くてマスクを外す。これだけで注意されます。だからセコンドでマウスを外したり、客席にいる選手が大声で指示を出すなどは、もうご法度なんですよ」

──その通りですね。そこが個人の自覚という部分で。

「もう選手の会場入りから、全て密にならないよう気を使う必要があるんです。抗体検査、抗原検査、PCR、実施日、色々とできることは違いますが、やって意味がないことはないです。その時点でも、無症状の感染者を見つけることに通じますし。

だから格闘技大会を開くうえで、僕らも抗体検査をして陽性になった人がPCR検査を受けるということはやらないといけないと思っています。専門家は10日に1度PCR検査をすべきだと言いますけど、そんなことは今の日本では無理です。

それでも社会活動を再開したのだから、格闘技イベントを開くには抗体検査を複数回し、誤陰性や誤陽性があったとしても、回を重ねること。そうやって誤差を減らしていく。今では抗体キットもありますし、最低限のこととして大会を続けることで抗体はやっていく。でも、それで防げるのかといえば、確率を下げるだけです。

マスクを会場で絶対にする。飛沫を飛ばさないことがどれだけ大切かということです」

──飲食店でお客さんに抗体検査を──とまでは言わずとも、従業員に抗体検査をしているところがどれだけあるのか。じゃぁメディアは取材をするのに、何かしらの検査を受けているのか。そういうことになります、今の社会活動は。

「もう格闘技のジムも、フィットネスジムも開いているわけですしね。お金があれば隔離をして、大会が終わってから検査をすれば、そこから感染者が出たとしても拡大は防ぐことができます。でも……」

──誰がそこまでできるのか、ということですね。

「そうなんです。お客さんを入れる時点で、もう感染リスクは高まるわけです。中止という事態を起こさない。感染者を出さない。出た時は拡大を防ぐ。それだけの準備をしていないといけなくて。でも絶対はない。ここに感染者はいる。そこをね、頭の片隅をおく。ましてや自分が陽性かもしれないわけです。答えはないですけど、お客さんが入っているという事実を考えて予防対策をするしかない。

そうやっている間にPCR検査の身近になるのか、ワクチンが開発されるのか。そこまで、ベストを尽くすしかないんです。状況は1カ月ごと変わりますしね、計量、試合数、スタッフの数から気を引き締めてやる必要があります。

と同時に選手も、もう少し新型コロナウィルスに関しては勉強してほしいですね、ここは」

──選手に限らず、イィ年をして抗原をPCRと勘違いしている現場の人間もいました。

「いや、抗体検査をPCRと書くマスコミもいましたからね。もっと勉強してほしいです。そして予防対策をすることは当然で、それでも今、会場内に感染者はいるという気持ちで、緩めてはいけないということなんです。

これは一つ一つの団体の問題じゃない。だから、何かあったことは真実を伝えてもらって、共通認識にしていきたい。そいう気持ちもあります……本音を言えば、ですね」

The post 【Special】WithコロナのJ-MMA─01─佐伯繁DEEP代表に訊く<後編>「ここに感染者がいるという気持ち」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP ブログ

【DEEP】牛久絢太郎が弥益ドミネーター聡志を判定で下しフェザー級新王者に

3746444

79: 実況厳禁@名無しの格闘家 2020/09/20(日) 20:11:21.37 ID:oJDBpLdf0
牛久くんにオファーや榊原
DEEP事務局 格闘技イベント『skyticket presents DEEP 97 IMPACT』 2020年9月20日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 第7試合 

DEEPフェザー級タイトルマッチ 5分3R

●弥益ドミネーター聡志(team SOS/王者)

判定1-4 ※28-28(マスト判定:牛久)、29-28、28-29×3

牛久絢太郎(K-Clann/挑戦者) ※牛久が新王者に  

(中略)

判定は28-28(マスト判定:牛久)、29-28で弥益、29-28で牛久、29-28で牛久、29-28で牛久と4-1で牛久。

激闘を制し、新王者となった。  

マイクを取った牛久は観客と対戦相手の弥益に感謝し、「横田先生が巻いていたベルトをK-Clannに持ち帰ることができて本当に嬉しく思います。
横田先生の伝統を受け継ぐことができるようもっと練習して強くなるのでよろしくお願いします」と喜びを語り、師匠でセコンドを務めた横田代表とともにベルト姿で写真に納まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e6f1de8da4e9abf0baff6fb23a90e20e6e572a



続きを読む
カテゴリー
DEEP ブログ

【DEEP】前日計量で1.50kgオーバーのKINGレイナ、熊谷麻理奈とキックルールで対戦して判定負け

スクリーンショット (2091)

1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/20(日) 08:59:37.90 ID:CAP_USER9
2020年9月20日(日)東京・後楽園ホール『skyticket Presents DEEP 97 IMPACT』の前日計量が、19日(土)都内にて12:30より行われた。

第4試合のキックボクシングルールで対戦する、熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)は62.50kgでリミットの63.0kgをパスしたが、KINGレイナ(K-Clann)は64.90kgで1.90kgオーバー。

水色のビキニで秤の上に乗ったKINGは首を傾げ、オーバーしていることが告げられると顔をかくような仕草。 (中略)

3時間後、佐伯代表と競技運営が立ち合いの元で再計量が行われ、KINGレイナは1.50kgオーバーでクリアーならず。

DEEPルールに則り、KINGレイナは減点2とイエローカードが2枚提示された状態からの試合開始、熊谷が勝利した場合のみ公式記録に残り、KINGレイナが勝ってもノーコンテストとなる。 (全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b2718a54df5438815a37e0e7bec1c1fe120c3dc

続きを読む
カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:メインイベント・弥益ドミネーター聡志 vs. 牛久絢太郎

フェザー級タイトルマッチ5分3R。

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:セミファイナル・にっせー vs. 大島沙緒里

女子ミクロ級王座決定戦。

組んだ大島がオーバーフック払腰で投げてハーフ。マウントになるがハーフに戻したにっせー。袈裟固めに移行しVクロスアームロックで固めながらパウンド連打。動けず殴られ続けるにっせー。ケージを蹴ってなんとか移動しようとしているにっせーだが固められて動けず。レフェリー止めた。

一方的。

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:第5試合・中村大介 vs. 長倉立尚

ライト級5分3R。

ジャブを入れていく長倉。中村の左ハイがヒット。効いた?崩れた長倉だが、グラウンドに持ち込もうとする中村をひk剥がして立った。ジャブを入れていく長倉。長倉の右がヒット。効いている中村。崩れたところにサカボを入れる長倉だが中村立った。が、ふらついている。組んでいく中村だが引き剥がした長倉。ジャブ、ワンツーがヒットしている。タックルに入る中村だが切られる。中村のワンツーが入り長倉が効いた。中村追い打ちのパンチからアームロック狙い。長倉シングルレッグで凌ぐ。ゴング。

1R長倉か。

2R。前に出た中村の右フックがドンピシャで入り長倉失神ダウン!KO!

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:第4試合・KINGレイナ vs. 熊谷麻理奈

キックルール63kg契約。

KINGレイナが1.9kgオーバーしたため、KINGレイナがKOした場合はノーコンテスト、それ以外はすべて熊谷の勝利となる条件での試合となる。真偽不明の一部の情報によれば、KINGは前日まで順調に体重が落ちていたものの、計量前日の夜に夢遊病で食事を摂ってしまったとのこと。さらに減点からスタート。

パンチを入れていく熊谷。KING大振りのパンチを打ち込むがどんどん出る熊谷。熊谷のワンツーがヒット。前蹴り。右ストレートからテンカオ。KINGのワンツー。手数では熊谷。右ストレートがヒットしKINGの首がのけぞる。残りわずかで蹴り足をキャッチしたKINGが前に出てパンチのラッシュ。ゴング。

2R。ジャブ、インローを入れる熊谷。KINGもロー。熊谷ワンツー。熊谷右ボディ。ワンツー。右からテンカオ。KING前に出るがかわされる。ワンツーを入れる熊谷。ゴング。

3R。ローを蹴る熊谷。KINGのオーバーハンドは不発。押し込むKING。ブレイク。また押し込みからブレイクになりホールディング注意が両者に出る。パンチを入れる熊谷。ワンツー。KINGも手を出しているがヒット数では明らかに熊谷。押し込んだKING。そのままパンチを打ち込む。タイムアップ。

減点込みで30-26、30-25、30-26の3-0で熊谷勝利。

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:第3試合・ランボー宏輔 vs. 藤田大和

フライ級5分2R。

パンチを打ち込む藤田だがランボー組んで押し込むとボディを殴る。ブレイク。フジタがパンチで出るが、ランボー組み止めてまた押し込み。またブレイク。フジタのパンチが入りランボーダウン。ダメージはそれほどでもなさそうだが上を取った藤田。ランボー立つがバックを取られている。キムラを取るランボーだが外れた。しかし立って離れる。藤田のワンツーがヒット。ランボータックルに入るが切られた。藤田バックに回りチョーク。体を伸ばしているが外れた。しかしマウント。また亀になったランボーからバックマウント。ゴング。

1R藤田。

2R。スタンドで出る藤田。左がヒットしランボーダウン。パウンドに行ったところでレフェリー止めた。

藤田KO勝ち。

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:第2試合・米田奈央 vs. 泰斗

ウェルター級5分2R。

泰斗のミドルをキャッチしてテイクダウンした米田。かつぎパス。サイド。泰斗立つが投げて寝かせる米田。亀になった泰斗。後ろから押さえてバックキープしていた米田だが立たれた。しかしすぐまた投げてテイクダウン。バックキープし殴る米田。肘。チョーク。ハーフバックで絞めるが顎の上で外れた。ゴング。

1R米田。

ミドルを入れた泰斗だが、キャッチしてタックルに入る米田。ブラウン肘を入れる泰斗だが、米田タックルで倒してハーフで固める。固めながらコツコツ肘。泰斗動けず。クォーターマウントに。足が抜けてマウント。アメリカーナを狙うがブリッジして股下を抜けて立つ泰斗。が、米田すぐにタックルで倒すとまたハーフからコツコツ。残り1分。タイムアップまで密着して固めて殴る米田。

判定3-0で米田勝利。

カテゴリー
DEEP ブログ

DEEP97:第1試合・原虎徹 vs. 日比野“エビ中”純也

バンタム級5分2R。

日比野がタックル。がぶる原。また日比野が組み付くが、受け止めた原がケージに押し込む。ブレイク。出てくる日比野にパンチを合わせる原。またタックルに入った日比野。尻もちをつかせる。ハーフレッグマウント。肘を入れるとたったがバックを取られている原。またテイクダウンを狙う、バックに回って大外刈りで倒したが寝かせられない。ゴング。

1R日比野か。

2R。また日比野タックル。切った原。またタックル。切って背中に乗った原。チョークを狙う。腕を掴んでディフェンスする日比野を背中に乗ったまま殴る。倒れ込んだ。バックキープする原。日比野ようやく反転。逆にバックを狙うが原正対。日比野シングルレッグ。切ってハーフバックに。日比野上になるが原が立って四つにお互いパンチを入れたところでタイムアップ。

1R日比野、2R原でマスト判定か?

19-19マスト原、20-18原×2の3-0で原勝利。