カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン

【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─01─「ずっと研究してきた」

【写真】LFA暫定フェザー級王者だったタン・リーの挑戦は、ONE世界王者の強さを図るスケールとなる(C)MMAPLANET

30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」がシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催される。

4階級の世界戦が組まれている同大会。その一つに日本で最も注目度が高いといっても過言でないのが、ONE世界フェザー級選手権試合=王者マーチン・ウェン✖タン・リーの顔合わせだ。

シンガポール入国後に宿泊ホテルで、大会ガイドラインに則した隔離状態になるファイターたちは、従来のイベントと違い現地入りも早い。多くのファイターが今週の木曜日か金曜日にシンガポールへ到着するというスケジュールのなか、米国を離れる直前のタン・リーに電話取材を行った。


──来週の金曜日にマーチン・ウェンの持つONE世界フェザー級王座に挑戦します。今の調子を教えてください。

「凄く良い調子だよ。明日、シンガポールに向けて米国を出るんだけど、キャンプは完璧だった。体重も問題なく、作戦もバッチリ立てることができている。何も文句のつけようがない状態さ」

──今年は全てのMMAファイターが新型コロナウィルスの影響を受けたかと思います。タンもロックダウンを経験していると思いますが、調整という部分で問題はなかったですか。

「ロックダウンや隔離政策の影響を僕自身はそれほど受けたとは思っていない。さっきも言ったけどトレーニング・キャンプは完璧だったし、逆にいつもよりも時間があってしっかりと調整できたと思っている。ゲームプランも最高なモノを用意することができたし、同時に僕の技術力も上がっている。体に切れもあるし、より強くなれている。

トレーニングに関しては父、兄弟、義理の兄弟としっかりと詰めたから本当に何も問題なかったんだ。少人数でトレーニングすることで、マーチン・ウェンとの試合だけに絞った、僕のための練習を続けることができたからね」

──それは3月や4月のロックダウンの頃もですか。ルイジアナ州は2月に恒例のマルディグラ(謝肉祭)のカーニバルがあり、150万に近い観光客が集まっていたことで米国でも最も早く感染拡大が広まった州ですが。

「そうだね。ロックダウン中は劇場、映画館、レストランと同様にジムも閉めないといけなくなった。父が創り、僕が指導しているムーンカレッジ・テコンドーはニューオリンズ郊外のマテリーにあるんだけど、自分のジムだからいつでも使うことができたんだ。

兄弟を中心に少人数で、ロックダウンの間もトレーニングは続けていたよ。ベルトを獲るために練習をストップすることはできなかったからね」

──米国では練習をしていると警察が回ってきて、解散させられるという話を聞いたことがありました。

「そういうことは全米で起こっていたよ。でも、僕らはラッキーだった。小さなジムで、行き来が自由にできた。ムーンカレッジ・テコンドーもニューオリンズに持っているMMAジムもクローズ状態だったから、ジム・メンバーへの指導という部分ではビジネスはできなくなっていたけど、マットスペースで自分の練習は続けることができたからね」

──ジムの再開と、堂々とトレーニングができるようになったのはいつからですか。

「指導を再開したのは9月になってからだよ。クラスもほぼレギュラースケジュールで行うようになった」

──MMAやマーシャルアーツはソーシャルディスタンスが取れないですし、色々と大変な状況が続けているのではないでしょうか。

「今、一般クラスでの指導はまだストライキングに限定されているんだ。そして、皆がしっかりと他の人との距離を取って練習している。それでもフットワークとミット打ちをしていると、生徒たちも成長できるからね」

──日本ではロックダウンはなかったのですが、政府や自治体の要請のという形でジムを閉める道場が4月と5月と多かったです。ただし、プロ選手は練習を続けることもありました。その練習をしていると周辺住民から非難の電話があったり、自粛警察と呼ばれた取り締まりを行う一般の人間がジムに手紙を送ってきたりしたんです。

「そういうことは僕のジムでは起こっていないよ。でも、日本でファイターがこの間に堂々と練習をしていたということが驚きだよ」

──なるほど、そういう風に感じられるのですね。ところタンはマーチン・ウェンへの挑戦はパンデミック前に決定していました。1人の対戦相手のことを考える時間が、半年以上もあるというのはキャリアでも初めてのことではないでしょうか。

「そうだね。最初は4月17日に組まれていた試合だからね。でも、僕の調子が良いようにこれだけの時間ができたことは、本当に良かったと思っている。マーチン対策は完璧になり、僕はより強くなれた。

確かにパンデミックが起こって、こういう状況になったのは特別なことだろう。でも、僕はONEで戦うことが決まってから、ずっとマーチンのことを研究してきた。もちろん、試合前に対戦相手のことを考えて練習していたけど、常にゴールはこの階級のベストガイと戦い、勝利してベルトを巻くことだったから。

マーチンがベルトを持っているのだから、彼がベストガイだ。つまり彼と戦うことをずっと想定してきていたんだ」

<この項、続く>

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─01─「ずっと研究してきた」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE113 ノウ・スレイ・ポブ ブログ リトゥ・フォーガット

【ONE113】10月30日大会はシンガポールに正式決定。追加出場選手はナマステ、リトゥ・フォーガット!!

【写真】世界戦以外の正式発表第2弾──フォラヤンに続き、出場がアナウンスされたのはインドのリトゥ・フォーガットだ (C) MMAPLANET

13日(火・現地時間)、ONE Championshipが10月30日(金・同)に開催されるONE113「Inside the Matrix」の追加カードと、開催場所がシンガポール・インドアスタジアムであることを発表した。

何を開催場所の決定程度で大騒ぎするな──とはいうなかれ。誰もが同大会はシンガポールで開かれることは想像できていたが、10月9日大会の運営状況を同国政府が判断するまで会場を公表することができなかった。つまり、前回大会が不合格だと、同大会の開催が無理だったという状況だったのだ。そして、今回の正式発表により同イベントはよほどの感染状況の悪化がない限り、開催が間違いなくなった。つまり、ONEの歴史をもっても最大の会場決定アナウンスというわけだ。


晴れて政府より開催が認められた同大会では、これまでにONE世界ミドル級選手権試合=オンラ・ンサン✖ライニア・デリダー、ONE世界ライト級選手権試合=クリスチャン・リー✖ユーリ・ラピクス、ONE世界フェザー級選手権試合=マーチン・ウェン✖タン・リー、ONE世界女子ストロー級選手権試合=シィオン・ヂィンナン✖ティファニー・テオという4階級の世界戦に加え、ライト級のエドゥアルド・フォラヤン✖アントニオ・カルーゾが組まれることが明らとなっている。

今回のこれらの対戦カードに加わったのは、女子アトム級のリトゥ・フォーガット✖ノウ・スレイ・ポブの一戦だ。

Evolve MMA所属のフォーガットはインドの国民的な女子レスリング一家出身で、姉ギータ・フォーガットと父マハヴィル・シン・フォーガットの物語は「ダンガル きっと、つよくなる」という映画で社会現象にもなった。リトゥはロンドン五輪出場のギータ、リオ五輪出場のバビータ・クマリの実妹で自身もコモンウェルズ・ゲームで金メダル、そしてアジア大会で銅メダルを獲得している。いってみればONEが中国に続き、市場開拓を狙うインド進出のキーパーソンだ。

リトゥと対戦するカンボジアのノウ・スレイ・ポブはラウェイ経験者で、気の強いストライカー。とはいえポブの打撃と、リトゥのテイクダウン。これはもう後者のデモンストレーションマッチといっても良い試合になる可能性が高い。

世界戦4試合に続きフィリピンのフォラヤン、インドのフォーガットの試合が発表された。大会まで17日、日本勢出場発表のGoサインはいつだ?!

■ONE Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】10月30日大会はシンガポールに正式決定。追加出場選手はナマステ、リトゥ・フォーガット!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE112 Reign of Dynasties ONE113 エドゥアルド・フォラヤン チャトリ・シットヨートン ブログ

【ONE】チャトリ・シットヨートンCEOがバーチャル会見で10月30日大会にフォラヤンの出場を明言

【写真】30日の大会に関して、タイトル戦以外でまずエドゥアルド・フォラヤンの出場と、アントニオ・カルーゾとの対戦が発表された(C) MMAPLANET

6日(火・現地時間)、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長がテレカンファレンスを行った。

自らのSNSで10月30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」を開催し、4つの世界タイトル戦を組むことを発表したチャトリCEOの「9日のReign of Dynastiesの開催地を今週になって発表できた。シンガポール政府とヒザとヒザをつき合わせて話し合ってきた結果だよ。シンガポール政府だけでなく、他の国の政府とも話し合いを続け、未だに国境が封鎖されている状態で今回のインターナショナルショーを主催できる。昨夜発表した10月30日の大会もまだロケーションは明言できないけどインターナショナルなイベントになる」という言葉で会見は始まり、質疑応答に移った。

ここではチャトリCEOの発言から気になったモノをピックアップしたい(要約)。


「30日の大会については来週に詳細を話すことになる。今は4つの世界戦以外のことは話せない。ただしチーム・ラカイのフィリピ人選手は戦うことになる……エドゥアルド・フォラヤンだ。彼は豪州のアントニオ・カルーゾとメインカードで対戦する」

「DJとエディ・アルバレスは少しでも早くシンガポールで試合をしてもらう」

「女子アトム級GPは1月からスタートし、優勝者はアンジェラ・リー(妊娠を発表)が戻ってきたときに挑戦する」

「今、2021年も含めスケジュールを調整している。現在、話し合いが続いている国、政府があり、それがどうまとまっていくか。今年の残りのイベント、来年のスケジュールについても近いうちに発表できれば良いと思っている。まだアジアは観光客が行き来できる状況にないし、そのなかでシンガポール政府がONEの開催をサポートしてくれた。ONEチャンピオンシップがスポーツ、音楽、エンターテイメントのなかで最初にインターナショナル・イベントを開くことができる。空港からホテルの移動など細心の注意を払い、会場でも部署ごとにゾーニングする。一つのセクションに50人以上は集めない。会場の外にテントも用意する。非常に厳格な予防対策を採るから、私も9日と30日の大会ではケージサイドに立ち寄れない、アプレンティスの製作が26日から始まるからね。まだ30日の大会のロケーションは発表できないけど26日からアプレンディスの製作が始まるんだ。だから私もバブル(小さなコミュニティ)の中にいないといけない」

「ヘビー級GPではブランドン・ヴェラとアルジャン・ブラーは戦うことに同意している。契約も終えているはずだ。この試合に続くカードも発表する。ヘビー級ファイター達と契約してきたことは知っているだろう? ヘビー級とライトヘビー級が拡充に向けて残された階級だからね」

■現時点でのONE Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

The post 【ONE】チャトリ・シットヨートンCEOがバーチャル会見で10月30日大会にフォラヤンの出場を明言 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE113 オンラ・ンサン クリスチャン・リー シィォン・ヂィンナン タン・リー ティファニー・テオ ブログ マーチン・ウェン ユーリ・ラピクス ライニア・デリダー

【ONE113】ONEがついに10月30日のスーパー・メガショーを公式発表。まずはMMA世界戦4試合から!!

【写真】ついにパンデミック以前の規模のイベントを本拠地シンガポールで行うONE Championship (C)KEISUKE TAKAZAWA & MMAPLANET

5日(月・現地時間)、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長が自らのSNSで10月30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」を開催し、4つの世界タイトル戦を組むことを明らかにしている。

ONEもいよいよCovid19パンデミックによる活動休止期間以前の規模のイベントを実施、いやそれ以上のスーパー・メガイベントが行われることがCEOのSNSに続き、6日(火・同)にオフィシャルオームページで明らかとなった。


10月のビッグショーはかねてからONE周辺で話は伝わっており、日本では9月のRoad to ONE03後に青木真也が「これで出られないと嘘でしょ」という発言もしていた。一部では10月9日のONE112「Reign of Dynasties」によって、シンガポール政府のGoサインが出るか否かの決を下すという情報もあったが、ここを待つまでもなく許可が下りたと捉えることができる──今回の発表だ。

日本人戦出場選手を含め、大会の全容はまだ見えてこないものの、4つの世界戦が組まれることでONEがどれだけ30日のシンガポール大会に力を入れているのかは容易に想像がつく。

そして今回発表されたMMA4階級の世界戦は以下の通りだ。

<ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

王者ンサンはミャンマーの国民的ヒーロー。

2017年6月に同級王者となり、今回が3度目の防衛戦で、この間にライトヘビー級王座にも就き、ヘビー級世界王者ブランドン・ヴェラの挑戦を退けている。現状ではONEのMMAで唯一のチャンプ・チャンプだ。

デリダーは昨年1月からONEに参戦を始め、3連勝中。今年の2月にレオナルド・アタイジに勝利し王座挑戦権を手にしていたが負傷により、この機会を他者に譲ることになっていた。

その後のパンデミックでONEもリスケが必要となり、今回の挑戦が現実のものとなった。

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

クリスチャン・リーは昨年5月に青木真也から同王座を奪取し、10月の日本大会では決勝から出場となったONEライト級GPでダギことザイード・フセイン・アサラナリエフをTKOで下し優勝。

ライト級でもトップファイターであることを世に知らせしめている。

対するラピクスはジョルジオ・ペトロシアンと同門のイタリア在住モルドバ人ファイターで、キャリア12連勝でONEと契約。

2戦目となった今年2月のインドネシア大会で元フェザー級世界王者マラット・ガフロフを払い腰で投げてRNCで秒殺し、次期タイトルチャレンジャーの座を手にしていた。

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

ベトナム系豪州人世界王者のウェンは2017年4月にフェザー級王座を獲得し、クリスチャン・リー、ジャダンバ・ナラントンガラグ、そして松嶋こよみを破り3度の王座防衛に成功している。

その一方で、同級王座獲得の7カ月後にライト級王者も奪取。ONE史上初の同時3階級制覇を狙いバンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデスに挑戦も敗れる。この敗北によりフェザー級のベルトを守ることに専念することになったウェンは、サンフォードMMAの同門ンサンとともに、キャリアのピークを迎えようとしているONEを代表するチャンピオンだ。

ついに北米トップ級の力を持ったファイターがONE世界王座に挑む。

ベトナム系米国人のタン・リーは、ニューオリンズで競技でなく武道としてテコンドー道を邁進してきた選手でTUF出場、コンテンダーシリーズでKO勝ち、LFAではフェザー級暫定王者にもなった。グラスルーツからUFCに進出してもおかしくない力の持ち主が、ONEと契約しユーサップ・サーデュラエフ、朴光哲、高橋遼伍をKOで仕留め──ベトナム人同士の世界戦に臨む。

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

パンダことヂィンナンは2018年1月に今回の挑戦者ティファニー・テオを下した初代同級チャンピオンの座に輝くと、これまでアンジェラ・リーを含め3度の王座防衛を果たしている。

昨年10月に階級を下げてアンジェラの持つ女子アトム級王座に挑戦も、減量の影響は大きくRNCで敗れ、ストロー級こそ彼女の階級であることが立証された。現在はシンガポールのEvolve MMAの所属選手となっており、ホームで4度目の王座防衛を迎えることとなった。

他方テオはヂィンナンとの世界王座決定戦で初黒星を喫してからは、柔術界の女帝ミッシャル・ニコリニと日本の三浦彩佳を破り連勝中。

ニコリニに寝技を防ぎ、三浦の首投げにも対処して打撃からパウンドで仕留めたテオは、王座決定戦出場時より評価を高めている選手だ。在籍チームではなく、国籍としてもシンガポールが母国のテオが2月に続き無観客大会を戦う。

超豪華なMMA世戦4試合──過去にONEのMMA戦線では、Super Series導入以前の2014年8月のUAEドバイ大会でフェザー級からミドル級まで4階級の世界戦を予定していたが、ミドル級が実現せずに3階級のみが実施された過去がある。30日大会は立ち技の世界戦や日本勢も含めONEの総力戦になることが予想されるだけに、その全容が気になるところだ。

The post 【ONE113】ONEがついに10月30日のスーパー・メガショーを公式発表。まずはMMA世界戦4試合から!! first appeared on MMAPLANET.