カテゴリー
Finish05 Flash ブログ 上久保周哉 和田竜光 寒河江寿泰 橋本知之 石橋佳大 竹浦正起

【Finish05】速報 橋本知之が和田竜光を内ヒールで破る。上久保✖寒河江、石橋✖竹浦は時間切れドロー

【写真】IBJJF柔術では禁じられている攻撃もしっかりと身につけている橋本が、2分30秒弱で和田を仕留めた(C)MMAPLANET

13日(日)、東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオでFINISH05が開催された。アマチュアの人材育成及び競技人口の裾野を広げるという目標を掲げるFINISH。今大会ではスペシャルマッチとして、グラップリングの3試合も行われた。


石橋佳大✖竹浦正起と、ガードの竹浦がワキをさし、腕を狙う形を石橋が遮断するという展開に。石橋も側転パスなどを狙うが、竹浦のガードを越すには至らず、5分✖3Rの神経戦は時間切れに。

上久保周哉と赤尾セイジの代役で急遽出場が決まった寒河江寿泰の試合もタイムアップの痛み分けとなった。

座った寒河江に対し、足を懐に入り込ませないために頭を低く起き、ヒザ裏、足首に触れてパスや押し込みの圧力をかける。

ただし、上久保が近づき過ぎてスペースを殺すところまでくると、寒河江も足を跳ね上げてスープを狙うなど動きが出る。

隙あらば組みながら倒してパス、あるいはパスガードを狙う上久保と、カウンターの仕掛けを虎視眈々と伺った寒河江のグラップリングはリバーサル✖パスの醍醐味が見られた。

スペシャルマッチ最後の1戦は日本最強柔術、橋本知之と和田竜光の刺激的な顔合わせで、座った橋本に和田は果敢に踏み込み、仕掛けられると遮断を試みる。両者の距離が攻め合いとなると、それは橋本の庭だ。敢えてそこで勝負した和田だが、サドルから内ヒールを極められてタップした。

※この3試合の詳細は後日、お届けします。

カテゴリー
Flash J-CAGE Shooto2020#04 キャプテン☆アフリカ ブログ 前田吉朗 川名雄生 福田龍彌

【Shooto2020#04】速報 川名雄生がキャプテン☆アフリカを倒しライト級王者に。暫定フライは福田に凱歌

12日(日)、大阪市淀川区のメルパルクホールOSAKAでShooto2020#04が開催され、川名雄生が修斗世界ライト級王者、福田龍彌が暫定世界フライ級チャンピオンに輝いている。

大阪へ、コブラ会へ、ベルトをというキャプテン☆アフリカの想いは届かず。地元で王座奪取のお膳立てのできた大会で、川名が意地を見せた。試合はキャプテン☆アフリカが打撃で先制するが、打ち返した川名がぐらついたところにパンチを纏めてKO勝ちし第13世界ライト級王者に。

セミでは福田が前田吉朗を相手にアップセット。黒いO REI do SHOOTOをその腰に巻きいた福田、次はシルバーのベルトを狙う。

※今大会の詳細は後日、掲載します。
             
■試合結果

<修斗世界ライト級王座決定戦/5分5R>
川名雄生(日本)
Def.1R3分48秒by KO
キャプテン☆アフリカ(日本)

<修斗暫定世界フライ級王座決定戦/5分5R>
福田龍彌(日本)
Def.3R4分57秒by TKO
前田吉朗(日本)

<フライ級/5分3R>
本田良介(日本)
Def.1R4分51秒by RNC
小巻洋平(日本)

<フェザー級/5分3R>
服部賢大(日本)
Def.1R2分48秒by KO
南出剛(日本)

<ライト級/5分2R>
山本健斗デリカット(日本)
Def.1R2分48秒by TKO
ムテカツ(日本)

<バンタム級/5分2R>
宇田悠斗(日本)
Draw 1-0
西村大地(日本)

<ライト級/5分2R>
鍵山onion雄介(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.20-17
青柳洸志(日本)

<ウェルター級/5分2R>
林RICE陽太(日本)
Def.1R5分00秒by TKO
石田拓穂(日本)