カテゴリー
2024#02 45 BELLATOR Bellator CS2024#02 MMA MMAPLANET o ベラトール ボクシング マンスール・ベルナウイ 矢地祐介

【Bellator CS2024#02】開始直後のヒジでペースを奪われた矢地、ベルナウイのダースチョークで一本負け

<ライト級/5分3R>
マンスール・ベルナウイ(フランス)
Def.1R4分08秒 by ダースチョーク
矢地祐介(日本)

ベルナウイがジャブと右フック。矢地が左ミドルとインロー、左ボディストレートから右フックにつなげる。ここから距離を詰めて組んだ矢地だが、ベルナウイが首相撲のような形でヒジを連打する。これを受けた矢地が引き込むように下になる。

矢地はハーフガードからベルナウイの脇をくぐるように身体を起こし、右腕を差して立ち上がる。ケージを背負いながらも矢地がヒザ蹴りを入れて離れる。ベルナウイが右の前蹴りと左フック、矢地が左ミドルを蹴ってワンツーから組みつく。ベルナウイは左腕を差して矢地をケージに押し込み、右腕で足をすくようにしてテイクダウンする。

サイドを奪われた矢地がケージを蹴ってポジションを返そうとするが、ベルナウイはサイドポジションでトップキープしてヒジを落とす。矢地が左腕を差して体を起こすと、ベルナウイがダースチョークへ。これががっちりと極まって矢地がタップ。矢地のベラトール初参戦は無念の一本負けに終わった。そして勝者は「作戦は単に対戦相手に合わせて、ボクシングでもグラップリングでも戦うことだった。そしてグラップリングできたから~、そこで戦った。次はチャンピオンと戦ってチャンピオンになりたい」と話した。


The post 【Bellator CS2024#02】開始直後のヒジでペースを奪われた矢地、ベルナウイのダースチョークで一本負け first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
BELLATOR MMA o マンスール・ベルナウイ 矢地祐介

【べラトール】速報中!Bellator Champions Series Paris 矢地祐介出場!

IMG_9248



【ライト級】
○マンスール・ベルナウイ
(1R ダースチョーク)
×矢地祐介
1R、開始と同時に間合いを詰める矢地。ハイを放つなど果敢に攻める。さらに組みつく矢地。しかしベルナウイは至近距離での肘を連打。これが効いたか矢地は崩れるところでテイクダウンしたベルナウイ。矢地はケージを背にしてなんとか立ち上がる。差し合いから突き放して脱出。矢地はパンチの連打から組み付く。しかし逆にベルナウイがリフトしてテイクダウンしてサイドを奪取。上から矢地をコントロールしてダースチョーク。これがガッチリ極まると矢地はタップ!ベルナウイが一本勝ち。べラトール初戦の矢地は無念の敗退。
カテゴリー
AB BELLATOR MMA News o RIZIN   矢地祐介

『Bellator Champions Series Paris: Mix vs. Magomedov 2』速報

【No.27 矢地祐介】 RIZINウエハース


Bellator Champions Series Paris Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

 上記を参照。以下、速報です。続きを読む・・・
カテゴリー
45 AB BELLATOR F1 MIKE MMA o ONE YouTube   矢地祐介

『Bellator Champions Series Paris: Mix vs. Magomedov 2』前日計量動画

サラシア ダイエットサプリ 約1ヶ月分 ショップオブザイヤー受賞店舗 総合賞8位  送料無料 健康 サプリメント サプリ ダイエット サラシア 糖分 炭水化物 【2020diet】【seedcoms_DEAL4】/D0818【SDW4】


MAIN CARD (Max, 3 p.m. ET)

・Champ Patchy Mix (135) vs. Magomed Magomedov (135) – for bantamweight title
・Cedric Doumbe (175.5) vs. Jaleel Willis (174.6)
・Gregory Babene (185.7) vs. Costello van Steenis (185.8)
・Jonas Bilharinho (145.9) vs. Yves Landu (145.4)
・Archie Colgan (154.9) vs. Thibault Gouti (157.7)*
・Louis Sutherland (265.9) vs. Slim Trabelsi (239.5)

PRELIMINARY CARD (Max, noon ET)

・Mansour Barnaoui (153.7) vs. Yusuke Yachi (155.3)
・Steven Hill (184.3) vs. Mike Shipman (185.9)
・Aspen Ladd (145.8) vs. Katerina Shakalova (144.2)
・Asael Adjoudj (145.9) vs. Bruno Fontes (145.4)

 『Bellator Champions Series Paris: Mix vs. Magomedov 2』前日計量結果。チバウト・グーチが157.7ポンドと1.7ポンドオーバー。出場給の一部を譲渡し試合は行われます。矢地祐介は155.3ポンドでパスしています。



 前日計量動画。続きを読む・・・
カテゴリー
AB BELLATOR o RIZIN   矢地祐介

『Bellator Champions Series Paris: Mix vs. Magomedov 2』オッズ/視聴方法/見どころ

【No.27 矢地祐介】 RIZINウエハース


 BetOnlineの『Bellator Champions Series Paris: Mix vs. Magomedov 2』のオッズを紹介。続きを読む・・・
カテゴリー
2024#02 45 AB BELLATOR Bellator CS2024#02 MMA MMAPLANET o PFL RIZIN ROAD FC Road to UFC UFC アレックス・ヴォルカノフスキー ブレント・プリマス マンスール・ベルナウイ 海外 矢地祐介 金原正徳

【Bellator CS2024#02】待望の海外進出=パリでベルナウイ戦、矢地祐介「近い距離の方が安全じゃん」

【写真】終始楽しそうだった矢地。ベルナウイを相手に、見て、殴ることができるか(C)MMAPLANET

17日(金・現地時間)、フランスはパリのアコー・アリーナで開催されるBellator Champions Series 2024#02に矢地祐介が出場し、マンスール・ベルナウイと対戦する。
Text by Manabu Takashima

RIZINで日本中に認知されるファイターとなった矢地だが、PXCからUFCを目指した若き日々があった。前UFC世界フェザー級王者アレックス・ヴォルカノフスキーに敗れ、その道を断たれた矢地だが、9年を経てなそ北米の強豪との対戦という想いを持ち続けてきた。

Road to UFCの選考に漏れ、3連敗や2度の連敗もRIZINで経験している矢地は、現在3練習中でベルナウイの地元パリでBellator CSに出場が叶った。33歳、今もMMAが楽しくてしょうがなく、成長過程にある矢地の海外進出、国際戦への拘りと勝利を手にするための悪癖の克服について尋ねた。


──試合まで10日を切りました(※取材は8日に行われた)。まず、このタイミングでPFL傘下のBellator Champions Seriesで戦うことを決めた背景には、どのような想いがあったのでしょうか。

「北米に挑戦にしたいというのはRIZINの方にも、2年ぐらい前から言っていて。RIZINはBellatorと仲が良いからBellatorの選手とRIZINで戦いたい。機会があれば、米国で戦いたいとずっと伝えていました。でも、俺の結果が振るわない時期もあり、なかなかそういうチャンスがなかったんですけど、ここ最近の結果とか色々とタイミングが重なった形でオファーを頂いた時は、もう二つ返事でした」

──今のMMA界の構造にあってRIZINとBellatorと掛け持ち云々という言葉を聞くと、大抵の選手に対しては『そんな立場じゃないだろ』というのが自分の本音でした。Bellatorのビジネスに役立たないとチャンスはないわけで。なら向うでの戦いに専念して名前をあげる気概がないと、勝ち残ることができるかと。

「う~ん(苦笑)」

──ただ矢地選手に関しては、Road to UFCを狙って実現しなかった過去があります。純粋に強さを求めているなかで、パリでマンスール・ベルナウイと戦う。アッパレだと感じます。

「北米メジャーに出たいとずっと思っていました。僕の階級では強いヤツがゴロゴロいるので。最近、自分自身で実力もついてきたと思っているし。本当に良いタイミングだったと思います」

──実力がついてきた。これはもう、矢地選手の試合前のインタビューで恒例となっている言葉のようにも感じられますが(苦笑)。

「アハハハハ。ちょっとぉ……でもケージやリングでは『アレ?』ってなるって、言いたいんですよね(笑)」

──その通りです(笑)。

「絶対にそう言われると思いましたよ。まぁ、そうなんですけどね(笑)」

──2月のLANDMARK佐賀大会では、解説の金原正徳選手がダメだしのオンパレードでした。矢地選手のこと、丸裸にしていましたね。

「ハハハハ。前回の試合で学んだことって大きいです。打撃の面では。皆が知っているように体を傾けて、顔を背けて打つ癖だとか──そこがやっぱり出てしまって。でも、1Rの途中から修正できました。現場のリアルななかで、感覚を得ることができた。それは凄く良かったと思います」

──相手の攻撃が見えるようになった。そこから如何に攻撃に出るのか。相手が見えるようになると、まず身を守る。だから攻撃に出られない。そういうこともMMAではあるかと思います。

「そこはねぇ……。見えて反応ができることで手が出ない。なんて、俺はビビりなんだろうって思った時期もありました。あの白川ダーク陸斗戦でも、そこがあったような無かったような。曖昧な感覚でしたね。前回の試合は自分の反応の良さがあって、そのなかで悪い癖をだしちゃいけないという部分で、『やればできんじゃん』という自信にはなりました。

試合でもちょっと勇気を出して……じゃないけど、頑張ってじっと見つめれば、『パンチって見えるじゃん』みたいな。そこの壁を、ポンと飛び越えることができました。試合というプレッシャーのなかで、特に相手は捨て身でやってくる。パンチに自信がある選手だし、なかなかの圧力でした。でも、そういう選手の攻撃を見ることができた。『できるじゃん』ってなれたのは、デカいです」

──その自信は持続できているのでしょうか。

「それが、この1、2カ月で自分の目の良さがディフェンスとか、打撃の攻防において凄く生きるじゃんって思えるようになったんですよ。それこそ2月の試合の経験が生きて、練習でも落ち着いて対処できるようになったし、何よりも近い距離って安心して良いじゃんって。自分のなかでの常識がひっくり返って『近い距離の方が安全じゃん』ってなりました」

──おぉ。

「それぐらいまで、来ることができているんで。もちろん、あの距離に入ったらパンチを貰うし、危ないです。気を張らないといけない。今までは、その前段階で嫌がって下がり、心地良い距離を保とうとした結果、詰められてバランスを崩す。そして、相手の一番良い距離でパンチを被弾しちゃう。その思い切り受けていたパンチも、ちょっと前に出ると……貰うのは良くないのですが、こんな感じなんだと自分のなかの常識がポーンとひっくり返って。

下がらないで、前に出た方が良い。俺は最近、組みに自信を持っているので、なおさら前に出た方が良いという風に今はなれています」

──それにしても、嬉しそうに話しますね(笑)。

「いや、楽しいです。今は本当にMMAをやっていて楽しい。ゲームをやっている感覚なんです。どんどんアイテムをゲットできている。そんな感覚がずっと続いているから」

──ベルナウイと戦う上で、その感覚がどう生きるのか。どのような印象を持っていますか。

「ある程度トータルファイターで、手足が長い。昔の方がイケイケだったと思います。Road FCで戦っていた時とか。最近は打撃の方は、そんなに勢いがないですよね。でも下からのスイープには自信を持っている。あのジョンウェイン・スイープってやつですね。それでも全体的に粗めかなぁ、組み技も」

──おお。別名ギグラー・スイープの名手も、組み技が粗いと。

「八隅(孝平)さんとも研究しているのですが、そのスイープにしても手札は多くない。そこを封じ込むことができる相手、ブレント・プリマスとかには勝てなかったじゃないですか」

──ハイ。さきほど組みに自信がついたと言われていましたが、テイクダウンを取ると相手の土俵になるかと。

「まぁ、大半の選手が彼のスタイルが分かっていても、あのスイープの餌食になっていますよね。だから触ってみないと分からない。そこに関しては、現場合わせです。手足が長いから、想定以上に包み込まれているのだろうと思います。でも、そこのところは正直分からないです。

だから住村(竜一朗)さん、イゴール(タナベ)とかサイズがベルナウイに近い選手と練習をして。背が高い選手と戦うと、アジャストが必要になります。テイクダウンを狙っても腰の位置が違う。四つの展開でも、肩の位置が違う。その辺りの感覚の違いの擦り合わせはやってきました。

もちろんスイープをされないことは大切ですけど、された時の準備もしているので」

──そういう相手に、どのように戦うつもりでいますか。

「何があろうと、最近の僕の戦いをぶつけるだけです。打撃の攻防をして、テイクダウンして絞める。そういうプランは一応あります」

──では、ベルナウイ戦後の青写真は?

「ここを越えたら、継続参戦をしたいです。やっぱり憧れが強いんで。それにまだ本国、米国の試合じゃない。米国の地で戦いたい。なので、この試合に勝って継続参戦をしたいです。とにかくベルナウイに勝たないと始まらないので」

──勝敗でいえば勝利が絶対。と同時に成長した姿を見せて欲しいです。

「そういう意味では前回ズッコケた分、今回は出したいです。誰よりも僕自身が練習してきたことを出して、成長を試合で見せたい。ホントに。最初の10秒、見逃さないでください。『あっ!!』ってなると思うんで(笑)。そこで『変わったぞ』となるのか、『また始まったぞ』となるのか」

──アハハハ、自分で言っちゃいますか(笑)。

「確実に1ミリずつ成長していますから」

──1ミリで間に合いますか。目標に?

「ホントだ、1センチぐらいは(笑)。でも1ミリの成長を見届けて欲しいです。深夜になっちゃうと思いますけど、ライブで視て欲しい。今回のテーマは根性と魂。そういう部分を見てもらえたら嬉しいです。

あと金原さんに解説をしてもらって、今度はお褒めの言葉を貰えるように戦います」

■視聴方法(予定)
5月18日(土)
午前0時30分~U-NEXT

The post 【Bellator CS2024#02】待望の海外進出=パリでベルナウイ戦、矢地祐介「近い距離の方が安全じゃん」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA o ONE RIZIN YouTube   チャンネル ブログ 矢地祐介

【超RIZIN.3】朝倉未来vs平本蓮【矢地の思い】

撮影協力:カルぺディエム広尾
https://hiroo.carpediembjj.tokyo/

矢地祐介のアパレルブランド eightone
オンラインショップ:https://viiii.stores.jp
インスタグラム:https://www.instagram.com/eightone_stores/

ヤッチくんチャンネル インスタグラム
https://www.instagram.com/yatchkun_channel/

矢地祐介 インスタグラム
https://www.instagram.com/usk_yachi/

矢地祐介 アメーバブログ
https://ameblo.jp/usk-0513/

YOUTUBEのお仕事のご依頼はこちらのメールアドレスまでお願いします!
yachikunchannel9@gmail.com

#矢地祐介#ヤッチくんチャンネル#RIZIN#バキ#MMA#格闘技

カテゴリー
BELLATOR F1 o RIZIN ベラトール マンスール・ベルナウイ 矢地祐介

【朗報】BELLATORパリ大会に矢地が参戦 強豪ベルナウイと対戦

90: 実況厳禁@名無しの格闘家 2024/03/07(木) 06:57:05.42 ID:wLIKGLt+0
矢地ベラトールパリとかもうよくわかんねぇな
ベラ側から選手貸してって言われたんだろうけど


続きを読む
カテゴリー
AB BELLATOR F1 MMA o ONE RIZIN   ウスマン・ヌルマゴメドフ パッチー・ミックス マゴメド・マゴメドフ 矢地祐介

Bellatorが2024年の大会スケジュールを発表/12月31日(会場未定)はRIZINとの合同興行か

KAMINOGE 147


5.17『Bellator 303』でウスマン・ヌルマゴメドフ vs. アレクサンドル・シャブリー、パッチー・ミックス vs. マゴメド・マゴメドフ、マンスール・バルナウイ vs. 矢地祐介(2024年03月07日)

 こちらの続報。


 Bellator MMAが2024年の6月以降の大会スケジュールを発表。

6月22日 アイルランド・ダブリン スリー・アリーナ
9月7日 カリフォルニア州サンディエゴ ペチャンガ・アリーナ
9月14日 イングランド・ロンドン OVOウェンブリー
10月12日 イリノイ州シカゴ ウィントラスト・アリーナ
11月16日 フランス・パリ アディダス・アリーナ
12月31日 会場未定


 12月31日の会場未定は、さいたまスーパーアリーナでRIZINとの合同興行になると見られています。

Bellator 309 - Japan(Sherdog)

 Sherdogのスケジュールにはすでにそう書かれています。続きを読む・・・
カテゴリー
45 BELLATOR MMA o RIZIN ベラトール マンスール・ベルナウイ 榊原信行 海外 矢地祐介

【ベラトール】矢地祐介 5.17Bellatorパリ大会参戦決定!

IMG_7537
川口春奈との破局が報じられたばかりの矢地祐介に吉報が!?5月17日にパリで開催されるBellator Champions Series PARISに参戦しる事が発表されました。試合はライト級で地元フランスのマンスール・ベルナウイと対戦します。

先日のRIZIN佐賀大会の直後に榊原信行CEOから海外挑戦が発表されていた矢地。こんなにも早く、しかもベラトールに参戦が決まるとは、スピード感の速さにいささか驚いています。

対戦相手のベルナウイは知名度こそ低いものの、英国「BAMMA」、韓国「ROAD FC」、ロシア「Mー1 Global」の3団体のベルトを獲得した猛者というじゃありませんか。

立って良し寝て良しのオールラウンダー。20勝のうち19フィニッシュというから実績に偽りなしという事か。いきなりガチの難敵と対峙する矢地の結末やいかに!?詳細は追って!