カテゴリー
MIKE MMA MMAPLANET WNO12 WNO13 アンディ・ヴェレラ オーランド・サンチェス クレイグ・ジョーンズ ジャンカルロ・ボドニ スティーブ・モウリー タイ・ルオトロ タリソン・ソアレス ニック・ロドリゲス ハイサム・リダ ハンター・コルヴィン ブリアナ・ステマリー ペドロ・マリーニョ リーヴァイ・ジョーンズレアリー ロベルト・ヒメネス ヴィニシウス・フェヘイラ

【WNO13】ハイサム・リダがジェイコブ・カウチと!! ニック・ロッド、コンバット2冠のステマリーも出場

【写真】ハイサムにとってもADCCイヤーが始まる (C)MIKE CALIMBAS

21日(金・現地時間)にテキサス州フリスコにあるスポーツ・アカデミー・アット・ザ・スターで開催されるWNO13の追加対戦カードが続々と発表されている。

WNOライトヘビー級王座決定戦=クレイグ・ジョーンズ×ペドロ・マリーニョ、WNOミドル級選手権試合=王者タイ・ルオトロ×挑戦者リーヴァイ・ジョーンズレアリーという2つのタイトル戦が組まれている同大会で、ハイサム・リダの出場とジェイコブ・カウチとの対戦が決まった。


ハイサムは9月のWNOヘビー級王座決定トーナメントでは初戦でティム・ブルックスに敗れたものの敗者復活戦に回りオーランド・サンチェス、ジャンカルロ・ボドニに勝利して3位入賞を果たした。

一躍世界中から注目を集める存在となったものの、その後はノーギワールズでは2回戦でヴィニシウス・フェヘイラに0‐7、SUGでアンディ・ヴェレラにOTで遅れを取るなど――ノーマークの存在でなくなった洗礼を浴びている。

(C)MIKE CALIMBAS

対するカウチはミドル級王座決定トーナメントに代役出場。

初戦で優勝候補のロベルト・ヒメネスをヒールで下したことで、ハイサムと同様に存在感を増したグラップラーだ。同トーナメントでは柔術の神の子ミカ・ガルバォンに敗れたが、連続参戦となったWNO12でハンター・コルヴィンをストレートアームバーで一蹴している。

ADCC北米予選では88キロ級に出場したカウチは、優勝したボドニに準決勝で遅れを取った。ボドニを軸に考えると、ハイサム有利という見方も成り立つもののグラップリングに三段論法は通じない。

ライトヘビー級で実施されるこのカード。ヒール、ストレートフットロックという尖端系から、三角絞め系の体のコアを制するサブミッションの持ち主に対し、ハイサムはスピードと反応、どちらも遅れを取ることができないタフファイトとなる。

またムンジアルではタリソン・ソアレスにエゼキエル・チョークで敗れたが、ノーギワールズ・ルースター級優勝& ADCC北米予選66キロ級3位とグラップリング界最軽量級のブレイクスルー・ファイター=エステファン・マルチネスが、バンタム級でジョン・カレスティンと戦う試合も見逃すことはできない。フィニッシュ率72パーセントを誇るマルチネスのパスガードとサブミッションに要・注目だ。

さらにFury Pro Gralling03でスティーブ・モウリーをRNCで一蹴したニック・ロッドことニック・ロドリゲスが、ADCC予選88キロ級準優勝のエルダー・クルーズと相対する一戦。加えて女子マッチではトビー・アレキンとコンバット柔術ストロー級及びバンタム級の世界王者ブリアナ・ステマリーのマッチアップと、粒揃いのカードが揃っている。

ADCCイヤーとなる2022年、WNOを追うことで世界の情勢が見えてくることは間違いない。

The post 【WNO13】ハイサム・リダがジェイコブ・カウチと!! ニック・ロッド、コンバット2冠のステマリーも出場 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA ONE WNO12 ジェイコブ・カウチ. ハンター・コルヴィン ブログ

【WNO12】お蔵入り厳禁 キレッキレ。カウチがコルヴィンを三角&ストレートアームバーで一蹴

【写真】見た目は正直パッとしないが、その動きから目が離せなくなる(C)CLAYTON JONES/FLOGRAPPLING

10月20日(水・現地時間)、テキサス州オースチンでWNO12「Return of Gordon Ryan」が開催された。同大会にWNO Championship=ミドル級Tで本命ロベルト・ヒメネスをヒールで下し、一躍名を挙げたジェイコブ・カウチがこれも代役出場でハンター・コルヴィンと対戦した。
Text by Isamu Horiuchi

廃コインランドリーの建物にマットを敷いただけの粗末な道場に寝泊りし組み技を磨く、グラップリング界のカルト集団=デイジー・フレッシュの新鋭が、またも強さを見せつけた。


<ライトヘビー級/15分1R>
ジェイコブ・カウチ(米国)
Def.7分28秒 by 腕ひしぎ腕固め
ハンター・コルヴィン(米国)

代打出場したWNOチャンピオンシップで大ブレイク──初戦で優勝候補筆頭のロベルト・ヒメネスをヒールで秒殺するという大アップセットを引き起こし、さらにF2W新世代のトップランナーであるウィリアム・タケットに競り勝って3位入賞──を果たし、一夜にしてその名を世界に轟かせたカウチ。

今回はまたしても代打出場で、対戦相手はMMAプロ3戦3勝の戦績を誇る、エレベーション・ファイトチーム所属のコルヴィンだ。しばらくスタンドレスリングの攻防があった後、カウチは飛びついてクローズドガードへ。胸を張ろうとするコルヴィンに対し、カウチはハイガードからアングルを作り左腕に腕十字狙いへ。

すぐにコルヴィンが腕を抜くと、それを予期していたようにカウチはすぐさま右足に絡んで50/50を作る。流れるような上半身から下半身への攻撃の連携だ。

ここから必殺のヒールを狙おうとするカウチだが、コルヴィンも反応して足を抜いた。

再びガードを取ったカウチはバタフライからシッティング、左足に絡むハーフと体勢を変えると、下からコルヴィンの右足を内側から抱え、再び50/50へ。

インサイドヒールを狙うが、コルヴィンは回転してエスケープ。それでも攻撃の手を休めないカウチは、改めて足を絡めてまたしても50/50へ。相手に一度防がれてもしつこく攻撃を続けるこのカウチの姿勢こそが、先月のヒメネス戦の番狂わせを引き起こした最大の要因だろう。

ここもコルヴィンが距離を作って逃げると、カウチは上に。コルヴィンは足を利かせてから内回りを仕掛けるが、カウチが距離を取って試合はスタンドから再開となった。

再びカウチはジャンピングガード。すぐにコルヴィンの右腕をオーバーフックで捕らえたカウチは、右足で、コルヴィンの左腕を素早く超えて三角絞めのフックをロックオン。

そこから右腕を腕ひしぎ腕がためで伸ばすと、コルヴィンはすぐにタップした。

先月に続きサブミッションを次々と繰り出し続け、その真骨頂を発揮して勝利したカウチは「ファンは柔術を見たがっているから、極めにいったんだ。最後のやつは得意なんだ。三角からのいいコンボだよね。今後は、まずはADCCトライアルに集中したい。ADCC世界王者になるのが、当初からの僕の夢だからね。その後はちょっとギでも来て、世界大会で楽しもうかなと思っているよ。今後も代打のチャンスがあればいつでも出るよ。あ、もう一つ言いたいことがあるよ。ガビ、俺と夕食でも行くのはどうだい? フログラップリングに領収書出してもらってさ」と面白アピール。

ヒルビリー・ハマーというニックネーム通り、いかにも田舎の元気で気の良い兄ちゃんという雰囲気を持ったカウチは、あっという間にグラップリング界の人気者となったようだ。

The post 【WNO12】お蔵入り厳禁 キレッキレ。カウチがコルヴィンを三角&ストレートアームバーで一蹴 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA ONE UNRIVALED WNO12   リーヴァイ・ジョーンズレアリー

【WNO12】お蔵入り厳禁 リーヴァイ・ジョーンズレアリー、脱いでも強い→ノーギに本格的に参戦??

【写真】魅力的な柔術家が、WNOウェルター級戦線に参入してきた(C)CLAYTON JONES/FLOGRAPPLING

10月20日(水・現地時間)、テキサス州オースチンでWNO12「Return of Gordon Ryan」が開催され、リーヴァイ・ジョーンズレアリーが出場し、Unrivaledが招聘を模索していたオリヴァー・タザと対戦している。
Text by Isamu Horiuchi

パンデミック後はF2W系のSubversivに出場して以来、実に1年2カ月振りの実戦、そしてWNO初参戦となったジョーンズレアリー、本格的のノーギ戦線に参戦してくるのか。お蔵入り厳禁、注目の一番をお伝えしたい。


<ウェルター級/15分1R>
リーヴァイ・ジョーンズレアリー(豪州)
Def. 3-0
オリヴァー・タザ(カナダ)

一昨年のヨーロピアン決勝にて、絶対王者ルーカス・レプリを下して世界を驚かせた新世代のベリンボロの名手リーヴァイは、試合開始後すぐにシッティング。そのまま前に出てゆく。

対するタザは上からステップを踏みつつ、足を絡めてインサイドサンカクの形を狙う。

が、リーヴァイはここで素早く横回転。タザの背中とマットの間に体を潜り込ませてのバック狙いへ。エビの要領で懸命に距離を取ろうとするタザだが、リーヴァイはその体を引き寄せて4の字ロックを完成。たった1分でバックを奪ってみせた。

そこからチョークを狙うリーヴァイだが、エスケープ力は天下一品のタザは体をずらし続ける。リーヴァイはマウントに移行するが、タザはさらに動いて隙間を作って距離を取ることに成功する。

立ち上がったタザに対し、リーヴァイは再びオープンガードを作った。

タザはパスのフェイントから必殺のヒールを狙ってゆくが、その狙いを十分に承知しているリーヴァイは素早く距離をとってニーラインをクリアし、足を絡ませない。さらに横にパスを仕掛けるタザだが、リーヴァイはインヴァーテッドを作って対応。逆に再び下からバックを狙いのそぶりをみせると、タザは警戒して距離を取る。

リードしているリーヴァイは、鉄壁のオープンガードと必殺のベリンボロの脅しを使って安全運転の様子だ。

逆に序盤にビッグポイントを奪われてしまったタザとしては、なんとか挽回したいところ。が、その後も攻めあぐねる展開──タザが上から足を絡めようと試みるがリーヴァイの素早い反応に防がれ、またリーヴァイの下からのバック狙いを警戒してパスも仕掛けきれない──が延々と続き、試合は終盤に。

残り40秒。インヴァーテッドを作ったリーヴァイに対し、攻めなくてはならないタザは体重を低くかけてのボディロックを試みる。が、柔軟性を誇るリーヴァイは右足をタザの腰にこじ入れて、左足と交差させる。

そのまま勢いを作って煽り、タザのバランスを崩しながらシットアップしてマウント奪取に成功した。すかさず動いて脱出してみせたタザたが、最後に決定的な攻勢点を許して試合が終了した。

3-0で文句なしの判定勝利を得たリーヴァイは「バックを取ったのに極められなかったのは残念だ。タザのディフェンスは見事だった。最初にバックを取った時に力を使ってしまい、その後はスタミナを温存せざるを得なくなったんだ」とコメント。

これまでもっぱら道着着用ルールで戦ってきたリーヴァイだが、足関節への高い対応能力があること、そして必殺のベリンボロの切れ味はノーギの世界でも脅威であることを今回まざまざと見せつけた。まだ王座が設けられていないウェルター級、ルオトロ兄弟やミカ・ガルヴァオンとの新世代対決もぜひ見てみたいところだ。

The post 【WNO12】お蔵入り厳禁 リーヴァイ・ジョーンズレアリー、脱いでも強い→ノーギに本格的に参戦?? first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA ONE WNO12   マイキー・ムスメシ リチャード・アラルコン

【WNO12】ワキの下でなく、首の窪みで使う足関=マイキーロックで、ムスメシがバンタム級王者に

【写真】普段の練習の足のコントロールから、極め技を創造する。素晴らし過ぎる(C)CLAYTON JONES/FLOGRAPPLING

20日(水・現地時間)、テキサス州オースチンでWNO12「Return of Gordon Ryan」が開催された。サブオンリー・グラップリング最高峰のプロイベントに君臨するWho’s Number Oneでは9月に5階級の王座決定戦を行った。その後も2021年グラップリング界の頂点を決めるトーナメントでチャンピオンが誕生した以外の階級でも、ワンマッチの王座決定戦が男女で組まれている。
Text by Isamu Horiuchi

ここではライト級トーナメントでまさかの初戦敗退を喫したマキシー・ムスメシが、コンバット柔術バンタム級ワールドを制したリチャード・アラルコンと戦ったWNOバンタム級王座決定戦の模様をお届けしたい。


<WNOバンタム級王座決定戦/15分1R>
マイキー・ムスメシ(米国)
Def.0分56秒 by マイキーロック
リチャード・アラルコン(米国)

試合後すぐに寝転んだムスメシに対し、アラルコンは左右に動きながらその足を捌きにかかる。ムスメシはアラルコンの右手首を両手でキャッチし、クローズドガードに引きずり込むことに成功した。

ムスメシは、やることは決まっているとばかりにすぐにアラルコンの右足を内側から抱えて横回転し、50/50を作る。そこからアラルコンの左足を伸ばして捕獲したムスメシは、自ら頭をマットにつけるような格好をとりながら、アラルコンの左足のカカトと爪先を両手で掴んで捻りあげると、アラルコンはすぐにタップ。

僅か56秒、先月のトーナメントのまさかの敗戦から1カ月、ムスメシが新たな足関節技とともに見事な復活を果たした。

ベルトを得て放送席にやってきたムスメシは、「試合前に予告していたミステリーサブミッションは、これだったのかい?」との司会者の質問に対し「そうさ! マイキーロックっていうんだ。通常のヒールフックのようにアームピット(ワキの下)を用いるんじゃなく、ネックピット(首の窪み)を使って極めるんだよ。(ヒールフックと)インサイドトーホルドとのハイブリッドみたいな技で、足首にもヒザにもプレッシャーがかかるんだ。練習ではもういつもこれで極めているんだよ」と新必殺技について説明した。

さらにムスメシは「僕は6週間前にコロナにかかってしまい、その後も予後の後遺症に悩まされていて筋肉、腕、足がまだ通常の状態に戻ってはいないんだ。前の試合から2週間はベッドの中で全く動けない状態だったんだよ。それでも今回2週間前に練習を開始したんだ」と状況を説明。

さらに控室でのインタビューでは、体調が悪くなったのは先月のWNOの1週間前からだと述べており、トーナメント敗戦と無関係ではないという見方と、それで出場したのかという疑問も残るカミングアウトだった……。

続いてマイキーロックについて尋ねられると「カウンターがさんざん発達しているヒールフックと違い、現在この技のカウンターは存在しない。だからグラップリング界に革命を起こす技となるはずだ。今日は単にお披露目したにすぎないよ。練習中、相手の足をコントロールするために自分の首を使っていた時、ここからサブミッションができるぞと思い至ったんだ。僕が今まで学んだ中でもっとも強力なサブミッションだ。そして僕が引退してからもみんなこの技を使い続けるだろうね。そんな技の創設者となれて光栄さ!」とコメントしたマイキー。

今回から所属をデイジー・フレッシュことペディゴ・サブミッション・ファイティングに代えたことで、自分と同じテンションで毎日練習に没頭する仲間に囲まれて最高だとも述べた。やはりこの選手からは、今後も目が離せない──

The post 【WNO12】ワキの下でなく、首の窪みで使う足関=マイキーロックで、ムスメシがバンタム級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ONE UFC WNO12   オリバー・タザ ゴードン・ライアン ビア・メスキータ フィリップ・ロウ リチャード・アラルコン リーヴァイ・ジョーンズレアリー 青木真也

【WNO12】引退撤回ゴードン・ライアンがUFCファイターと勝敗つかずのエキシビションに出場

【写真】ちょっとなぁ、実戦で良いだろうというのは誰もが思うところ (C)SATOSHI NARITA

20日(水・現地時間)、テキサス州オースチンでWNO12が開催され、エキシビションながらゴードン・ライアンが出場する。

2019年ADCC無差別級&99キロ級二冠王、その前年にはノーギワールズでも二冠達成とグラップリング界の頂点にあったライアンはONEと契約し、青木真也と8月27日(※イベント自体がロックダウンの影響でその後、キャンセルとなった)にケージグラップリングマッチを行うことが決まっていたが、胃不全麻痺により競技生活から退くことを5月に発表した。


その後、来年のADCCでアンドレ・ガルバォンと試合で復帰することを早々に明言したライアンは、今回ビア・メスキータ✖ルイサ・モンテリオ=女子バンタム級王座決定戦、フリオン・デイヴィー✖ナサリエ・ヒベイロ=女子フライ級王座決定戦、リーヴァイ・ジョーンズレアリー✖オリバー・タザ、そしてマキシー・ムスメシ✖リチャード・アラルコン=バンタム級王座決定戦を従え、非公式戦ながら最終試合に登場する。

真剣勝負、勝敗無しのエキシビションは15分1R制で終了まで、どれだけタップがあっても続けられるとのこと。そんなエキシでライアンの相手を務めるのは、UFCファイターのフィリップ・ロウだ。

柔術ベースとはいえ茶帯で、WNOやSUG出場も結果が残せていないロウ。何といってもUFCではウェルター級で戦っており、ライアンとの体格差は明らかだ。引退発言から復活はともかく、今回の実戦形式のエキシ出場にはさすがのグラップリングファンもブーイングを送っている。

大会記者会見でライアンは「復帰までのことを考えると、今回のエキシはベストの選択だ。現状でも世界のトップと戦える自信はある。ただし、自分の100パーセントで戦えない状態で試合をするのはプロ失格だ」と話している。

(C)Zuffa/UFC

対してロウが「なぜ、俺がこのエキシを受けたか?  世界最強のグラップラーと相対することができるのに、断るわけはないだろう」とコメントした。

勝敗抜き、勝敗がつくほうが話題にならなかったかもしれない今回のエキシ、ライアンにしてやられている感はあるがやはり気になる。

■視聴方法(予定)
10月21日(木・日本時間)
午前9時00分~FLOGRAPPLING

The post 【WNO12】引退撤回ゴードン・ライアンがUFCファイターと勝敗つかずのエキシビションに出場 first appeared on MMAPLANET.