カテゴリー
ONE PRIDE RIZIN キック 住村竜市朗 昇侍 木下憂朔 萩原京平

【RIZIN】踏みつけとサッカーボールキックの是非を考える

RIZIN TRIGGER 1stの中で衝撃的なシーンと言えば、木下憂朔(パンクラス大阪稲垣組)が住村竜市朗(TEAM ONE)に対して放った踏みつけ攻撃でしょう。パンチの交差からダウンした住村に対して木下は躊躇なく踏みつけ。住村が完全に意識を失って大の字で失神する姿に思わず目を背けたファンもいるのではないでしょうか。

しかし試合後に事態は一変。一度は木下のTKO勝ちが告げられたものの、フィニッシュに繋がった踏みつけの際に金網を掴むという反則行為があった事を審判団が指摘。これにより木下は失格という裁定が下りました。

その余波はメインにも。昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)からパンチの連打でダウンを奪った萩原京平(SMOKER GYM)。追撃のサッカーボールキックを放った瞬間、ケージに手が掛かっていた事で、木下と同じく反則なのではないかという声があがりました。最終的に裁定が覆る事はありませんでしたが、踏みつけとサカボキックが反則と表裏一体である事が改めて浮き彫りになっています。

ただでさえ殺傷能力の高い踏みつけとサカボキック。それがケージやロープを掴んだ状態で仕掛けると、支点が出来る事で力の入り方も威力も段違い。試合を終わらせるどころか、選手生命にも影響する重大なダメージや事故も繋がる危険性もあります。

それだけに踏みつけ、サカボキックの是非を改めて検討する良い機会なのではないかなと。踏みつけるインパクトの瞬間に目の前にケージやロープがあれば無意識に掴んでしまうのは人間の本能的なものかもしれません。反則とわかっていても掴んでしまい、その時の攻撃が致命傷になるのであればいっそのこと禁止にした方がいいのではないかとすら思えてきます。

もちろん、踏みつけとサカボキックがある事で試合に緊張感が出て、スリリングな展開になる事も見逃せない事実。寝技で膠着した状態も踏みつけで一変したり、ぐちゃぐちゃしたスクランブルの展開からどさくさ紛れのサカボキックで逆転するといった動きには正直ゾクゾクさせられます。

その危険性が指摘されつつも、PRIDE時代からこだわってきたルール、アイデンティティの1つなだけに取捨選択は本当に難しい判断。安全とエンターテイメントの狭間でどうやってバランスを取っていくのか。今後の動きに注目です。
カテゴリー
PRIDE RIZIN ブログ

【RIZIN】榊原信行CEO 2022年の展望を語る

昨日開催されたRIZIN TRIGGER 1stの大会終了後の記者会見でRIZIN榊原信行CEOが2022年の大会スケジュールについて言及しました。要旨は次の通り。

・ナンバーシリーズは年間7大会程度
・タイトルマッチやGP中心に行う
・GPもジャパンGPのようなものではなく世界規模に戻したい
・配信をメインにしたLANDMARKシリーズは年間5大会程度
・TRIGGERシリーズは5~6大会程度
・再生と回帰、育成と普及、地域活性がテーマ

3つのシリーズを合計すると年間で18大会。RIZINファンとしては大会が増える事は願ったり叶ったりでしょう。一方で気になるのは各シリーズのコンセプト。しっかりと差別化を図って棲み分け出来るかどうか。思い返すと沖縄出身者が大挙出場したRIZIN.32はもはやTRIGGER沖縄大会だし、LANDMARKも配信限定でなければならない明確な理由とそれを具現化するカードがあったかどうかは甚だ疑問です。せめてローソン、100円ローソン、ナチュラルローソンくらいの差別化はほしいところ。

思い浮かぶのはPRIDE時代にナンバーシリーズからスピンアウトしたPRIDE武士道。開始当初はコンセプトが定まらず紆余曲折の迷走状態。ミルコ・クロコップが参戦したかと思えば、グレイシーやシュートボクセと対抗戦をしたり、紆余曲折を繰り返していました。そこから五味隆典というスターが生まれた事で一気に中軽量級路線にシフトチェンジ。これが功を奏してヘビー級中心のナンバーシリーズとの棲み分けに成功しています。

RIZINもそんなにスッといかないとは思いますが、タイトルマッチとGPを中心としたナンバーシリーズを軸にLANDMARKとTRIGGERをどう差配していくか主催者の腕の見せ所。コロナ禍で反転攻勢をかけてきたRIZINの2022年はさらに目が離せなくなりそうです。
カテゴリー
PRIDE RIZIN ブログ

【RIZIN】大晦日出たい発言とダイキ・ライトイヤーのマイクアピール

年末に向かって興行ラッシュのRIZIN。10月末のRIZIN.31に先週のRIZIN.32。そして昨日のRIZIN TRIGGER 1st。どの大会も激戦の連続でしたが、その中で目についたのがRIZIN大晦日大会に出たい、出してほしいというマイクアピール。プロとしてより大きな舞台に立ちたいと思う事は当然の話。存在感を示すためにアピールする事は大事だし、否定するつもりもありません。

でも試合が終わる度に「大晦日」「大晦日」と連呼されるとさすがにげんなり。もう「大晦日」という単語を禁止にしてほしいと思うほど。それくらい多くの選手が大晦日参戦をアピールしていました。

中にはRIZIN初参戦で1勝しただで、大晦日参戦はおろか現役王者との対戦をぶち上げた猛者もいるからげんなりどころかガッカリたです。大晦日のさいたまスーパーアリーナに立つという事は、フジロックのグリーンステージやM-1の決勝の舞台に立つのと同じくらいのステータスや価値がある。それだけにおいそれと口には出来ない舞台であってほしい。PRIDE時代を知るオールドファンとしてはそう思うのです。

そんな中、清々しいマイクが印象的だったのはダイキ・ライトイヤー(修斗ジム神戸)。釜谷真を相手にカウンターの膝蹴り一発でKO勝ちを飾るとマイクを持って次のように語りました。

「RIZINファンのみなさん、修斗のファイターどうですか? いいでしょ、修斗。快く送り出してくれてありがとうございます。まだまだ修斗がメインですが、また機会があればよろしくお願いします」

大晦日出たい宣言とは一線を画す潔さ。自身の立場と大事にしているものをしっかり理解したコメントは非常に好感が持てます。そうですよ、大晦日のRIZINだけが格闘技じゃないですもん。衝撃的なKO勝ちでぶち上がりたくなる場面でも、修斗に対するリスペクトを忘れない姿勢に思わず顔が綻んでしまいました。RIZINの裾野が広がった事で上ばかり見る選手が増えてきましたが、時には地に足をつける選手がいてもいいじゃない。逆に目立ちますよ。
カテゴリー
DEEP PRIDE UFC ブログ

【MMA】なんでUFCはPRIDEを買収したの?

スクリーンショット (971)

33: 実況厳禁@名無しの格闘家 2021/11/17(水) 16:18:46.06 ID:fFClI6FK0
榊原がPRIDEの権利をUFCに売ったとか言ってたけど、これ具体的に権利を買うとUFCにどんなメリットがあるの?
 2007年3月27日、東京・六本木ヒルズアリーナで記者会見が行われ、DSEはアメリカの総合格闘技イベントUFCおよび同イベントを主催するズッファ社のオーナーであるロレンゾ・フェティータに興行権を譲渡するとともに、本社を米・デラウェア州に置く新会社「PRIDE FC WORLDWIDE (Pride FC Worldwide Holdings, LLC)」の設立が発表された。

4月8日の「PRIDE.34」がDSE体制として最後の興行となった。だが、2007年5月に開催予定だったライト級グランプリは準備不足のため夏に延期になるなど、新体制発足後は興行開催の目途が全く立たない先行き不透明の状態が続いた。
そのため提携先のUFCやDEEP、さらに最大のライバル団体であったHERO'Sへと選手が流出した。

また、2007年4月17日にDSEが開いた臨時株主総会で法人解散を決議したことが官報に公示された。 2007年10月4日、PRIDE FC WORLDWIDE日本事務所の解散と運営スタッフの解雇がなされたことが報じられ、PRIDEは事実上消滅した。これについてPRIDE FC WORLDWIDE側は、事務所の解散およびスタッフの解雇は日本でのイベント開催が不可能になったことに起因するもので、それらは旧DSEの元役員の協力不足によるものであるとする声明を発表した。

PRIDE (格闘技イベント)


続きを読む
カテゴリー
PRIDE ブログ

【朗報】「影の寝技王」と呼ばれた高瀬大樹がTwitterを始める

3457635756

887: 実況厳禁@名無しの格闘家 2021/05/03(月) 15:36:55.55 ID:OSGHaoDQ0
高瀬さんピアノ上手すぎだろw
つーか都内住みの格闘技ファンなら高瀬さんに町中で一回は遭遇してる説あるよなw



続きを読む
カテゴリー
PRIDE ブログ

【PRIDE】ヴァンダレイ・シウバが息子トールとキックボクシングのスパーを行っている映像が話題に

4658564

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/13(火) 07:11:35.76 ID:CAP_USER9
 元PRIDEミドル級王者のヴァンダレイ・シウバ(44=ブラジル)が、実の息子とキックボクシングのスパーを行っている映像が話題となっている。(中略)

 ヴァンダレイとトール君の二人が7日、それぞれのSNSで投稿した映像では、二人が自宅のガレージらしき場所でキックボクシングのスパーリングを敢行。

 軽めのライトスパーのようだが、約10分間、休みなしで永遠と殴り蹴り続ける二人。

時間が経つにつれ、お互いがだんだんとヒートアップし、ヴァンダレイがトール君をボコボコに殴る場面も。
一方のトール君も負けじと、父親に似たステップと打ち方で、パンチを返す場面があった。(全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/77db9541ecb9e3587271043a50b19029a6c03657

続きを読む
カテゴリー
PRIDE ブログ

UFCがPRIDEの名勝負を期間限定配信中





 UFCが最後のPRIDE開催から13年ということで『PRIDE.21』ドン・フライ vs. 高山善廣、『PRIDE.10』桜庭和志 vs. ヘンゾ・グレイシーを期間限定で配信しています。続きを読む・・・