カテゴリー
Grachan49 Interview J-CAGE ブログ 手塚基伸 竹本啓哉

【Grachan49】手塚基伸に競り負けた竹本啓哉「土肥選手でも釜谷選手でもやります。プロしてノーはない」

【写真】 終始、申し訳なさ悔しさが言葉から滲み出ていた試合後の竹本だが、色々なルールに挑戦したいと話した時だけは声が1オクターブ上がっていた(C)MMAPLANET

8日(日)に大阪府豊中市の176boxで Grachan49が開催されGladiatorバンタム級王者の竹本啓哉が、手塚基伸と対戦し判定負けを喫した。

グラップリング主体の個性的な戦い方をする竹本は、スタイルだけでなく人としても個性的だ。その彼が今回の試合で敗れたことで、今まで目を瞑ってきた弱点の克服に乗り出すと明言した。


──結果として1Rは優勢で、2Rと3Rを落として手塚選手に敗れました。

「そうですね……1Rが良かったから、同じことをしようとしてしまいました。後半は得意なところも、ことごとく防がれて最後は、ポイントを取られて……悔しいです。本当に悔しいです。

負けたこと自体も悔しいですし、負けたことで何が足りていなかったのかが気付き、その足りていなかった存在が悔しいです。周囲の人からは指摘してもらっていたのですけど、『これで勝てているから良いじゃん』という風にしっかりと自分を見つめることができていなかったです」

──その足りていなかった部分とは?

「技術を追求するのが好きで、そこはしっかりと練習してきたのですが、アスリートとしての能力が足りていないです。それと好きなことばかりやっていました。打撃だって、もっと試合で使えば良かったです。

2Rと3Rに粘ることなく下になって、しかも下で作ることができなかった。この自分の弱さと向き合わないといけないです。やらないといけないことを無視してきたので」

──竹本選手は人間もファイトスタイルも個性的です。その尖がっている部分を周囲も大切にしてくれていたのでしょうね。

「ハイ、MMAとして必要な全てにおいて平均点があってこその尖った部分だと思います……。本当に……これから、たくさんのことを修正していかないといけないと自覚できました。負けて……こんなことを言ってはいけないのですが、勝てない試合ではなかったです。今日の時点では手塚選手の方が試合をコントロールするのが上手くて負けたけど……それが手塚選手の方が強いということなのですが……悔しいです」

──レッツ豪太選手もKO負けし、Gladiatorの王者がGrachanで2敗しました。

「本当に櫻井代表に申し訳ないです……。それでも負けた後に『悪い試合ではなかったです』という風に励ましてくださいました。気を遣わせてしまって、もっと強いチャンピオンにならないといけないです」

──Gladiatorの6月大会で土肥潤選手が挑戦をアピール。そして京都に戻った釜谷真選手も竹本選手のベルトをターゲットとしているという話も伝わってきました。

「釜谷さん……僕のことを好きな人多いですよね。組まれるなら、やります。弱い部分を修正して……今日の試合が成長する良い機会になれば良いと思っています。そうですね……土肥選手でも釜谷選手でも櫻井代表が組んだ相手と戦います」

──9月にはGladiatorが、ここ176BOXで大会を開きます。

「えぇと……時間が余りないのは確かです。でも、プロとして頂いた仕事に関して、ノーということはありません。本当は休みたいですけど、櫻井代表から話が正式にあれば戦います」

──でも『本当は休みたい』わけですよね(笑)。

「それで負けるなら、それだけの選手です。仕事を断ることはできないです」

──なるほどぉ。竹本選手もそういう考えの選手だったのですね。ところでグラップリングを主武器にしてMMAを戦う竹本選手ですが、ピュアグラップリングや柔術、コンバット柔術などの試合に出るということはないのですか。

「凄く出たいです。今日、MMAの試合で負けていて──こんなことを言うのはどうかと思うのですが、僕はどんなルールの試合でも挑戦してみたいんです。だからグラップリングでも、掌底のコンバット柔術でもトライしたい。もっと言えばキックだってやってみたいです。自分がこれから先、格闘を続けていても、いつか引退する日がやってきます。

その時がくる前に、できるだけ色んなルールの戦いを経験しておきたいんです。結果を出すことに拘るだけでなく、色々とやってみたい。挑戦できる機会があるならグラップリングでも、コンバット柔術でも戦いたいと思っています」

The post 【Grachan49】手塚基伸に競り負けた竹本啓哉「土肥選手でも釜谷選手でもやります。プロしてノーはない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan49 MMA YouTube   タクミ 日沖発

【Grachan49】日沖発&タクミ──試合直後、同時インタビュー「ラバー狙いでしたよね?」、「その通り」

【写真】試合後に戦った両者同時インタビューは、MMAPLANETでも初めての試み。グラップリングならではの話が聞かれた (C)MMAPLANET

8日(日)に大阪府豊中市の176boxで開催されたGrachan49で組まれたグラップリングマッチ=日沖発✖タクミは時間切れドローとなった。

攻める日沖、凌ぐタクミ。一見、このように映った試合の裏でどのような駆け引き、判断が見られたのか。

日沖はタイトな抑えからのパスは見せず、草刈りスイープを食らった。

タクミは上半身は裸でロングスパッツを着用していた。

大会終了直後、戦った当人に同時に──彼らしか分からない水面下の精神戦、駆け引きを深堀りしてもらった。


──見どころの多い試合でした。

タクミ ありがとうございます。練習ではもうチョット極めることができているんですけどね(笑)。発君のぐらいのレベルになると、早々仕掛けることはできなかったです。極めはおろか……。

──それでも負けない。攻め込まれないという試合ができました。日沖選手は1Rはトップからパスを中心に攻めましたが、足を越えることができなかったです。

日沖 あそこ動いていて、途中で気づいたんです。タクミさん、クローズド狙いでしたよね?

タクミ ハイ、そうです(笑)。

日沖 僕はパスでは密着系のパスが得意なんですけど、距離を取ってのパスになって……。あの時、スイープ狙いとかよりもガードのテンションと、クローズドに入れてラバーガードを狙っているなって気付いたんです。

タクミ その通りです。まさにその通り(笑)。

日沖 だから途中でポジショニングよりも、足系に切り替えました。一度、僕の足が揃って草刈りスイープを仕掛けられた時があったじゃないですか? 

アレは実は久米と立てた作戦の1つで。展開が止まったら、わざとスイープをされながらマウントとか取りに来るタイミングで、スクランブルを作ろうかなとも思ったんです。

タクミ それ、僕も気づいたんで行かなかったんです(笑)。上に行ったら、バクって何かやられそうな気がして。

──いやぁ、そんな精神戦。騙し合いが行われていたのですね。

日沖 動きを創る展開にさせてもらえなかったです。

──自分がタクミ選手の敵陣営だったら、長袖ラッシュを着てくださいと主催者に要望を出します(笑)。タクミ選手の新陳代謝は半端ないですからね。

日沖 ハハハハ。

タクミ 今日もめちゃくちゃ汗が出ました(笑)。で、ラバーを取る作戦だからロングスパッツを履いたんです。

練習通りにはいかなかったですけど(笑)。

日沖 ルールミーティングが当日で、どういう服装で戦うのか分かっていなかったので、僕も上から下までロングタイツ、ショート、ラッシュと揃えていたんです。

裸なのかどうかも、分かっていなかったので。結果、特に規定がなかったので滑らないようにラッシュを着て、下も履きました。

勝負を賭けようと思いました。でタクミさんを見たら、ロングタイツだったので作戦を考えてきているなって(笑)。

──してやったりでしたね。それにキム・スーチョルとグラップリングで戦った時より、ずっと動きも良かったです。

タクミ レスリングやスクランブル、あれこれ全部を練習しても発君には追い付けないと思いました。だから下の一点突破、クローズドからラバーもしくは下からヒールで一発を狙う。そのどっちかだけとしぼって、そればっかりを練習してきました。全部、防がれてしまいましたけどね(笑)。

──足関節を仕掛けられた時の反応も良くて。50/50やサドルを組ませることなく対処していたじゃないですか。

タクミ 来たらサッと回転して逃げる。そこも……僕から行くことも考えていたんですけど、怖かったです。

日沖 一度、右足をタクミさんのワキの下において、誘ってみたんですけど乗ってくれなかったです(笑)。

──アハハハ。最後の最後に日沖選手がバックを取るという動きが見えました。

タクミ あれは……僕的には時間的にバックマウントから絞めが来ても耐えることができると思って。その動きで足関節を狙おうと思いました。

バックをとられながら、カウンターで足関節にいく。だから、行かせたというとアレですけど、流れを使おうかと思いました。もう時間もないし、一本決着のルールだったので。

──一見、攻めているのは日沖選手。でも譲らない妙を見せたのはタクミ選手のようにも見えました。

タクミ そういう風に見える試合だったかもしれないです。

日沖 この試合用に作ってこられましたよね?

タクミ そうですね。それはセコンドに就いてくださった岩崎(正寛)さんに指導をしてもらってきました。僕だけでなく、関西中のパラエストラ勢がお世話になっています。いつも練習後に細かいアドバイスをしてもらえて。それが凄くありがたいです。

──岩崎さんからすると、この勝負はどのように見ていたのですか。

岩崎 やっぱり全体で考えたときに、不利ではあるので。最初に崩されると、徹底される。だから最初をしっかりと守る。それを徹底してもらいました。

日沖選手は凄く丁寧に攻撃されることは分かっていたので。それと同じぐらい丁寧にしないと、攻め込まれて危ないよということを伝えて、作戦を立てたんです。

──日沖選手、最後は悔しさを露わにしていました。

日沖 最後は行きたかったですね。行きたかったけど、入る感じのところまでは持っていけなかったです。

──試合直後に戦った当人を同時に、しかもセコンドの岩崎さんも試合を振り返っていただきありがとうございました。より2人の試合が楽しめるので、ここで聞いた話を頭にいれて後日アップされる予定のYouTubeを楽しみたいと思います。

The post 【Grachan49】日沖発&タクミ──試合直後、同時インタビュー「ラバー狙いでしたよね?」、「その通り」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP Grachan49 MMA RIZIN タクミ ボクシング レッツ豪太 修斗 岩﨑ヒロユキ 川中孝浩 手塚基伸 日沖発 植田豊 漆間將生 竹本啓哉

【Grachan49】初の単独大阪大会、岩﨑ヒロユキ代表に訊く「大阪に足らなかった部分に力を入れたい」

【写真】グラチャンらしさという部分で、突き抜けた感のある千葉・幕張大会も9月5日に行うこととなった岩﨑ヒロユキ代表 (C)MMAPLANET

8日(日)、豊中市176boでGrachan49が開催される。同大会はでグラチャンにとって初の大阪での単独イベントとなる。

なぜ、このタイミングで大阪大会なのか。そして、このカードなのかをグラチャン岩﨑ヒロユキ代表に訊いた。


──このタイミングで大阪で初の単独イベントを開催する。その意図はどこにあったのでしょうか。

「選手から大阪大会を開いてほしいと、ずっと言われてきました。東京の大会に出たいという気持ちが強い選手が多くて、東京とつながりがあるグラチャンを開いてほしいと。何年越しかで言われてきました。

あとアマチュア大会がアマ修斗しかなくて、プロデビューできる実力があっても試合機会がないという声もありましたし、アマチュアのグラチャンチャレンジと一緒にやろうかと思いました。

それと……獅庵がRIZINが決まる前にもう辞めるという話になったことあって。『ちょっと待て、お前が希望していた大阪大会をやるつもりで、俺はこうやってタクミさんと話をしているんだ』という話になりました。タクミさんも『お前、ここまで岩﨑さんが言ってくれているんだぞ』って。そうしたらRIZINの話が持ち上がってきたんです。

そんな風ないろいろな理由があって、どう考えても赤字になるだろうけど……人肌脱ぐかっていう、変な漢気を見せてしまいました」

──それがこのタイミングであったと。

「五輪期間中は緊急事態宣言はないだろうという勝手な見込みでした(笑)。でも大変ですねぇ、リングアナの確保から……地方の自主興行って本当に大変で。サステインさんって、改めて凄いなって思いました。

それでもGLADIATORの櫻井さんとは結構話し合いをしてきました。あとはDEEPの佐伯さん、サステインの坂本さんには報告させてもらって。大阪の場を荒らさないように大会開催に至りました」

──場を荒らさないマッチメイクということですか。

「手塚はグラジエイターに出ないだろうし、竹本君には名前を挙げるチャンスです。竹本君にとっておいしい試合という形で、櫻井さんと組んだ試合です。手塚にしても、坂本さんからは『岩﨑君のところに出るのだったら、また修斗に出てもらえるようにできる』と言ってもらっています」

──選手の今後も考えてのマッチメイクということですね。

「ハイ、そこは選手を守って試合機会を与えたいと思っています。関西の選手はグラチャンから修斗に出て、回れば良いという風にも坂本さんは言ってくれていますしね」

──グラジからはレッツ豪太選手も出場します。

「レッツも連敗中で、このまま埋もれるのは惜しい。だからラストチャンスのつもりで戦ってほしいです」

──グラジとすればチャンピオン2人が潰される可能性もある勝負の場でもあります。

「それが格闘技じゃないですか(笑)。櫻井さんも選手を育てるということで、片意地を張らずに興行に向き合っていますし、そういう彼に背中を見せたいという気持ちもあります。それを櫻井さんもわかってくれています。

先人たちとも付き合い、あとに続いてくれる人とも協力してやっていく。櫻井さんも選手の試合出場を創ってくれてありがたいと言ってくれています」

──そんななかグラップリングも楽しみです。

「日沖さん、RIZINの名古屋大会で目が合ったんです。その時にジム経営も上手くいっているし、ありなんじゃないかと思いました。日沖さんには試合感覚を取り戻すためにもグラップリングはありじゃないかと。それでALIVEの鈴木(ヨーイチ)さんに伝えると、『発が乗り気です』という返事をもらって」

──つまりは日沖選手にはMMAも、いずれ戦ってもらうという腹積もりなのですか。

「それはグラチャンではないです。どこかふさわしい舞台で、最後に1試合だと僕は思っています。中途半端にウチで試合をする意味合いはないですから、それは考えてはいないです。それと以前から日沖さんとタクミさんは練習をしていたこともあったようで、その信頼関係も実現した大きな要因ではあります」

──今回の大阪大会、東京での大会にも線としてつながっていってほしいです。そうでないと奉仕で終わってしまいます。

「今回、アマチュアが凄く集まりました。夢と希望を持っています。若い選手たちのモチベーションが高まっていると手塚と獅庵から聞きました。パーソナルまで受ける選手がいるそうです。ここが大阪に足らなかった。なので、ここにはしっかりと向き合っていきたいです。

若い選手が上に出てくるという部分を活性化させたいのは、東京でも同じですね。9月5日は幕張ベイパークアリーナで初めて大会を開きます。ニューピアを予定していたのですが、ワクチン接種会場になってしまって……、そうしたら今回の会場を紹介していただいて。

ここも若手中心のカードとアマチュア大会になります。20歳の藤村がメインで、DEEPで戦ってきた小川道的選手と対戦します。山本琢也はフェザー級でやっていくことになるでしょうし、ライト級の今後を睨んだカードですね」

──そのほか、若い選手というのは?

「2019年の全日本レスリング選手権フリー70キロ級優勝の原口伸がプロデビューを戦います」

──おおBRAVEの原口選手はアマ・マッチですが、EXFIGHTで漆間將生選手をテイクダウンとパウンドで圧倒した試合を見ました。

「そうなんですか。もう既に十分に強いかと。それと全日本空手道連盟の全日本組み手の部で5位という野村駿太もBRAVEからデビューします。鶴屋さんのパラエストラ柏からはボクシングで国体3位の松井斗輝もプロMMAデビューとなります」

──思い切った舵取りで、独自性がありますね。

「先輩方と同じことをやっても、しょうがないです。だから色は創っていかないといけないと思っています。それでいえばヘビー級ですね。今、ヘビー級はDEEPさんのメガトン級とグラチャンでしか組まれていないですが、うちはヘビー級もアマチュアから育てているので、ここも力を入れていきます。

大阪大会に関しては配信もしません。この状況で配信をすると、ネガティブな反応があるからもしれないです。『この時期に何やっているんだ』と言われないようにと思ってのことです。

先輩方が引っ張ってくれた格闘技界の足を引っ張りたくない。だから検査もしかり、当日計量もアマチュアの選手は会場を別にしました。そこを意識しながら、グラチャンらしい大会を大阪、そして東京と開いていきます」

■ GRACHAN 49対戦カード

<Grandウェルター級挑戦者決定戦/5分3R>
レッツ豪太(日本)
川中孝浩(日本)

<バンタム級/5分3R>
手塚基伸(日本)
竹本啓哉(日本)

<フェザー級/5分2R>
小島勝志(日本)
村田俊(日本)

<グラップリング70キロ契約/4分2R>
TAKUMI(日本)
日沖発(日本)

<ライト級/5分2R>
植田豊(日本)
林 RICE 陽太(日本)

<無差別級/5分2R>
荒東”怪獣キラー”英貴(日本)
田馬場貴裕(日本)

<バンタム級/5分2R>
高橋謙斗(日本)
上田祐起(日本)

The post 【Grachan49】初の単独大阪大会、岩﨑ヒロユキ代表に訊く「大阪に足らなかった部分に力を入れたい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan49 Interview J-CAGE ブログ 手塚基伸 竹本啓哉

【Grachan49】竹本啓哉と対戦──手塚基伸─02─「塩になるか、動かされるか。どっちでも良いけど塩かな」

【写真】4月のパンクラス大阪大会では、リングで土肥潤に勝利している手塚。ねちっこいファイトで、竹本と相対する (C)FREAKS

8日(日)に豊中市176boxで開催されるGrachan49で、竹本啓哉と対戦する手塚基伸インタビュー後編。

一見してグラップラー対決となる今回の一戦だが、手塚によると両者はタイプが違うという。

GrachanながらDEEPな組技MMAの世界へ。手塚に竹本の印象と、そのスタイルについて訊いた。

<手塚基伸インタビューPart.01はコチラから>


──そのような状態での竹本選手との対戦です。グラップラー同士のMMAになりますね。

「グラップラーはグラップラーやと思うんですけど、飄々とやっていますよね。スタンドも飄々とやりながら、ソツなくはできるんかなとは思います。極め力が強いのか、バックテイクが強いのか──実際に早く組んでみたい気がします。

あとはフィジカルとかがどうなのか。よく動くと思いますけど、こっちは漬けてボロを出すのを待っているようなタイプなので。塩になるのか、結構動かされる展開になるのか。どっちかの試合展開になるんじゃないですかね」

──手塚選手としては、自分の戦いを貫きたいと。

「どっちでも良いんですけど、やっぱり塩ですかねぇ。ヘヘヘヘ」

──なるほどぉ(笑)。

「漬けて、削って。気持ちが折れたところを最後にフィニッシュみたいな感じになるのが、理想といえば理想です」

──3R、疲れた方が圧倒的に不利になるかと思われるのですか。

「ハイ。その辺りは……結構、僕も疲れる方なんで。1Rはだいたい取って、2Rは取られて。で3Rに取り返すというのが最近は多かったので……う~ん、まぁ……疲れる試合になるとは思います」

──土肥選手はともかく、修斗で戦った試合は倒されない、倒されても立つというタイプの対戦相手が多かったので、倒して抑えるということに力を使ってきたということはあるかと思います。ただし、今回の試合は組みの展開、寝技の展開の主導権争いになる。そうなると、また違ったスタミナの浪費になるかと予想されます。

「向うのレベルが低かったら、余裕でしょうけど(笑)。そのレベルという部分で、自分では『俺は負けることはない』と信じてやっているんですけど。そこで相手の方が強いとどうなるのか。まぁ……そういう感じですかね」

──対策練習として、グラップラーと練習してきたというのはありますか。

「対策という対策はそんなにしていないです。パラエストラ東大阪さん、自分のジムに鍵山(雄介)さんに来てもらったり。金太郎、獅庵君とスパーリングをしてきた感じですね」

──金太郎選手と獅庵選手、全く竹本選手とタイプは違うじゃないですか。

「ヘヘヘヘヘ。そういうことですよね。対策練習ではないですよね(笑)。タイミング的には金太郎と獅庵君がRIZINに出るので、(中村)優作さんとか一緒に練習してきた感じで。みんな、組まないですね(笑)。でも、そういう組みを拒否する選手とやっていると体力もつきますし、言うたら向うの対策練習を僕がしてきた感じですね(笑)」

──アハハハ。興味深い竹本戦ですが、この先を見ることはありますか。

「やっぱりRIZINには行きたいと思いますけどね。選手が揃ってきていますからね。目標としてはONEに出たかったんで、修斗に出たんですけど……そうですよね」

──どちらも分かりやすい試合が求められます。

「ホント、そうなんですけど……そういうタイプではないから。その色気を出すと、自分の戦いが崩れてしまいます」

──クレベル、サトシ効果で寝技に注目が集まっているかと思いますが。

「まぁ、あの2人は神憑っているので何とも言えないです(苦笑)。クレベルは前に練習させてもらったことがあって、やばいほど強かったです。これまで海外とかでも練習したことがあるんですけど、信じられないほど極められました。だいぶ強いかあら……ああいう風にできるんやろうなって」

──クレベルやサトシにはなれなくても、これが手塚基伸の試合だということを一言お願いします。

「とにかく勝たないと意味がないと思っているので。勝ちを追求するスタイルのなかで、練り上げてきたモノを持っているつもりです。そこで通用するモノをピックして、勝つ──そういうことですかね。

今回はジムで練習している子が3人、Grachan Challengeっていうアマチュアの試合に出るんですよ。ジムを立ち上げてからMMAを始めた経験も1年ぐらいの子なんですけど、あの子たちも自分と同じ日に試合をするということで、気合が入っています。なかなかエェ感じなんで、練り上げてきたモノで勝つところを見せたいです。

イチから教えた、まだ若い子たち……自分の生徒と同じ舞台に上がることができる機会はそんなにあるもんじゃないだろうし、そういう姿を見せたいなと思います」

■ GRACHAN 49対戦カード

<Grandウェルター級挑戦者決定戦/5分3R>
レッツ豪太(日本)
川中孝浩(日本)

<バンタム級/5分3R>
手塚基伸(日本)
竹本啓哉(日本)

<フェザー級/5分2R>
小島勝志(日本)
村田俊(日本)

<グラップリング70キロ契約/4分2R>
TAKUMI(日本)
日沖発(日本)

<ライト級/5分2R>
植田豊(日本)
林 RICE 陽太(日本)

<無差別級/5分2R>
荒東”怪獣キラー”英貴(日本)
田馬場貴裕(日本)

<バンタム級/5分2R>
今村豊(日本)
池田貴一(日本)

<バンタム級/5分2R>
高橋謙斗(日本)
上田祐起(日本)

The post 【Grachan49】竹本啓哉と対戦──手塚基伸─02─「塩になるか、動かされるか。どっちでも良いけど塩かな」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan49 MMA RIZIN UFC YouTube タクミ ブラジリアン柔術 レッツ豪太 川中孝浩 手塚基伸 日沖発 植田豊 竹本啓哉

【Grachan49】タクミと組み技戦、突然カムバックの日沖発「顔見せとか、エキシという気持ちは全くない」

【写真】stArtもJAPANとesteemと2カ所でジム展開しており、多忙な日沖はジムを持つ前より痩せたという(C)MMAPLANET

8日(日)に大阪府豊中市の176boxで開催されるGrachan49で日沖発が、タクミとグラップリング戦に臨む。

2019年7月にブラジリアン柔術の試合に出て以来、プロという場は2018年8月のRIZINでの朝倉未来戦が最後になっていた日沖が、まさかのGrachan出場だ。

今回の組技戦に向けてインタビューを行うと、日沖発というMMAファイターの戦う目線は一切変わりないことが伝わってきた。


──2019年6月に全日本マスターオープンに出場して以来、2年振りに実戦の場に復帰する日沖です。いやグラチャンで、しかもグラップリングということで驚きました。

「なぜですかね(笑)。まぁ、話を貰ったからなんですけど。条件とかで出るというわけではないですよね」

──道場を開いて3年半が過ぎ、最後の実戦から2年。この間、日沖選手自身の練習をすることはあったのですか。

「自分の練習というか、選手達との練習は続けてきました。それにこの試合に向けては、しっかりと準備してきました。勝つための練習です。顔見せとか、エキシビションとかっていう気持ちは全くないです。

正直にいえば、回りの空気やノリはそんな風に感じられることもあります。客観的に見て、そう風に感じることはありましたね。でも、勝負だし──勝負は勝つためにやります」

──ならば、しっかりと日沖発を見せてほしいです。

「そうですね……ジムで一般の人たち、あとは選手練習、それと以前からプライベートレッスンで、パンクラスに出ている透暉鷹選手とやってきたことを出したいですね」

──透暉鷹選手と、ですか。

「ハイ。石綱MMAの林代表にお願いされて2年ぐらい一緒にやってきたんです。彼が相当に力をつけてきているので、良い練習ができました。彼はまだ世界レベルでは厳しいですが、頑張っています。今回の試合に向けても週に1度ですが、しっかりとスパーリングの相手をしてくれました」

──了解しました。ところで盟友・久米鷹介選手の名前が出てこないですが……。

「昨日の夜も久米と作戦会議もしていましたよ(笑)。やってきたことを出せれば……出すために、試合中に気を付けて指示してほしいことも伝えました。その通りに進めば良いですね」

──久米選手と……完全にガチモードじゃないですか。

「ノーポイントで、サブオンリーなので、ある程度のキャリアがあると守ることだけなら、それほど難しくなくなります。逆に極めに行くとフィジカル的にも厳しくなる。でも、せっかくの試合ですから守りに入らず、極めにいきたいですからね。取られるリスクはあっても、試合に出るなら斬るか、斬られるかをやらないと意味はないと思っています」

──MMAグラップリング、サブオンリーのグラップリング。日沖選手はどちらもできると思いますが、タクミ選手を相手にどちらを見せてくれるのか。

「それをここで言っちゃあ、対策されてしまうじゃないですか(笑)」

──ではリバース・デラヒーバからのベリンボロを期待しています。

「アハハハ。それもあるかもしれないです。とにかく攻めます。ただし、タクミ選手だって狙ってくるはずです。やはり展開を創って戦いたいですね」

──実戦前の昂ぶり、緊張感はありますか。

「試合前という空気はあります。ただMMAではないですし、ピリピリはしていないです」

──今大会ではALIVE時代の後輩、竹本啓哉選手も出場して手塚基伸選手と試合をします。

「タケとも一緒に練習をしていますよ。対策とか、何か特別なことをするということはないですが、一緒にやっていて。タケも強くなっています。ホント、吹上にALIVEがあった頃と比べると随分と強くなりました」

──そりゃそうでないと(苦笑)。

「そうですよね(笑)。タケはのんびり屋でマイペース。風変わりですけど、頑張っています」

──アハハハ。確かに個性的ですね(笑)。ところで日沖選手、ケージでグラップリング、またMMAを戦うということを視野に入れていると考えても良いのでしょうか。

「MMAは……そうですね、区切りをつけたいというのはあります。ちゃんと引退したわけではないので。どこで戦うとか、そういうことは何も決まっていないですけど、以前のようにMMAに取り組むことはできないのは明白ですからね」

──だから区切りのファイトと?

「自分が強くなることだけ考えて、それだけのために練習して生きていくという人生ではなくなったので。生徒もいますし、違った責任が出てきていますから。それでも自分が成長したい、強くなりたいという気持ちはまだいっぱいあります。火が消えていない部分も少しあります」

──強くなりたいという想いが、今も。

「強くなりたいですよ。ただし、僕が今からUFCで戦うとかいっても、現実にそぐわないことで。若い選手と同じような舞台を考えているわけではないですが、強くなりたいとは思っています。そういう場が創れれば、やりたいという気持ちは残っています」

──その気持ちがあるから、今回のケージでのグラップリングの試合を受けたということは?

「言ってみれば、その気持ちだけですね。あとは頑張っている生徒に見せたいのと。今はもう、自己顕示欲的な部分で試合に出るというところはないです」

──なるほどぉ。でも、以前から自己顕示欲があったようには見えなかったですが……。

「まぁ、そうですね(笑)」

──では日沖選手、日曜日の試合はYouTubeで後日公開になるそうですが、長い間応援してきてくれたファンに一言お願いします。

「守りに入らない試合をします。応援、宜しくお願いします」

──そこは三角極めます──で、お願いしますよ(笑)。

「そんなの、もう誰も知らないですよ(笑)」

■ GRACHAN 49対戦カード

<Grandウェルター級挑戦者決定戦/5分3R>
レッツ豪太(日本)
川中孝浩(日本)

<バンタム級/5分3R>
手塚基伸(日本)
竹本啓哉(日本)

<フェザー級/5分2R>
小島勝志(日本)
村田俊(日本)

<グラップリング70キロ契約/4分2R>
タクミ(日本)
日沖発(日本)

<ライト級/5分2R>
植田豊(日本)
林 RICE 陽太(日本)

<無差別級/5分2R>
荒東”怪獣キラー”英貴(日本)
田馬場貴裕(日本)

<バンタム級/5分2R>
今村豊(日本)
池田貴一(日本)

<バンタム級/5分2R>
高橋謙斗(日本)
上田祐起(日本)

The post 【Grachan49】タクミと組み技戦、突然カムバックの日沖発「顔見せとか、エキシという気持ちは全くない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan49 MMA RIZIN 修斗 土肥潤 安藤達也 手塚基伸 竹本啓哉

【Grachan49】3年振りのグラチャン出場、コロナ禍の手塚基伸─01─「良い時間を知らないで、ここまで」

【写真】修斗では3連勝、4月のパンクラス大阪大会で土肥潤を破っており現在4連勝中の手塚だ (C)MMAPLANET

グラチャンにとって8日(日)に行われる豊中市176box大会は初の大阪での単独イベントとなる。そのGrachan49で手塚基伸が竹本啓哉と対戦する。

2018年9月以来、実に3年振りのグラチャン出場となる元バンタム級チャンピオンに、このタイミングでのグラチャン復帰の理由を尋ねた。

コロナ禍を生きるMMAファイター、そしてシークレットベース・ドミネイトという自分の経営者として、手塚基伸という人間が時代と世の中の変化に翻弄されながらも、その試合スタイルと同様にしぶとく生き抜いている姿が浮き彫りとなった。


──今回、Grachanに約3年振りに出場することになりました。このタイミングでグラチャンで再び戦うというのは?

「堀(友彦)に負けた時、子供が生まれたタイミングでもあったので、一旦区切りにしよう……引退しようと思ったんです。それでパーソナル・トレーナーになり、とあるジムに就職もしました。

そこで働いていて1年ぐらい続けたときに、独立しようと決めました。ただ、この7月まではパーソナルの仕事も続けていて、先月から自分のジムに専念するようになったんです。まぁ成り立っているかと言われると、ギリギリですけど。それまでは働いていた分を、ジムの運営に回していた感じでした(苦笑)」

──ではパーソナル・トレーナーとして就職をしていた時代に、修斗で戦うようになったということですね。

「ハイ。生活が落ち着いてきたら、またMMAで別の舞台を見てみたいと思うようになり、修斗に参戦しました。一応、3連勝したのでベルトまで行こうと考えていたのですが、コロナのこともありタイミングが合わなくなってしまって……」

──昨年3月に安藤達也選手との試合が決まっていましたが、コロナの影響で大会が中止になりました。そこで修斗参戦が途絶えてしまいました。

「無観客でやるという話が、やっぱりないとかギリギリのタイミングで……あそこでちょっとモチベーションが落ちたということはありました。次に5月でという話はあったのですが、まだコロナの時期でしたし2回も流れて作り直すのは無理やと思いました」

──まだ緊急事態宣言が非常に重かった時ですしね。

「無観客ということが分かっていなくて、また中止になったりだとか考えましたね。それと2月の終わりにジムを開いた時でもあったので、あのタイミングで東京へ行くのはどうなのかとか考えて、結果的に断らせてもらいました」

──致し方ないことかと思います。

「その後に安藤と田丸がタイトルマッチをやったんですけど、そこから試合が組まれなくなったので4月にパンクラスの大阪大会に出たんです。

僕がグラチャンを離れてからバンタム級で活躍していた獅庵君や伊藤空也とかがRIZINに出場するようになったタイミングで、岩﨑(ヒロユキ代表)さんに話を貰って参戦することになりました。岩﨑さんは『いつでも戻ってきて』という風に言ってくれていたんです」

──ちょうどご自身のジムに専念するというタイミングでの試合というのは躊躇しなかったでしょうか。

「う~ん、自分のジムを開いてからもパーソナルを続けていたことで、道場生の募集にそれほど力を入れるでもなく中途半端な状態でした。自分でも区切りをつけないといけないとは思っていたんです。

で、3回目ですかね……緊急事態宣言が明けたこともあって会員さんが増えてきて、ジムを開いてからでいえば一番良いタイミングだから、試合をするのも『ここだ』と思いました」

──そうしたら、また緊急事態宣言が発出されてしまいました。このところの感染者数の増え方を見ていると、ジムを閉鎖しないといけないとか、試合前にも関わらず不安材料とならないでしょうか。

「まぁ、こういうとアレなんですけど、ジムを開いてから1カ月もしたら、緊急事態宣言が始まって。言うと、良い時間というのを知らないでここまできました。ずっとこんな感じでやってきているので……今、思っていることは試合だけはなくならんとってほしいということですね」

──なるほどぉ、タフな時代です。

「ハイ、もう本当にそんな感じですね(笑)」

──ここまでくると(※取材は8月1日に行われた)、さすがにあると思うのですが、手塚選手からすると去年の3月のことがトラウマになっているということですね。

「ハハハハ。ハイ、もう本当に試合は流れてほしくないです。でも、こればかりは大会当日まで分からないですからね」

<この項、続く>

The post 【Grachan49】3年振りのグラチャン出場、コロナ禍の手塚基伸─01─「良い時間を知らないで、ここまで」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
AJ・マッキー BELLATOR Bellator263 Brave CF Grachan49 MMA PFL UFC YouTube   イスラム・マメドフ ウスマン・ヌルマゴメドフ カサン・マゴメドシャリポフ ガジヒ・ラバダノフ クリス・ゴンザレス ゴイチ・ヤマウチ パトリシオ・フレイレ ブレント・プリマス ベラトール

【Bellator263】計量終了 フレイレ✖マッキー大会──見逃せないヌルマゴ鷹軍団の大挙襲来!!

【写真】BRAVE CF、Gorilla FC、UAE Warriorsらで12勝を挙げているウスマン・ヌルマゴメドフ (C)BELLATOR

30日(金・現地時間)、31日(土・現地時間)にカリフォルニア州ロサンゼルスのザ・フォーラムで開催されるBellator263「Pitbull vs McKee」の計量が行われた。

先の記者会見でのフェイスオフでは小競り合いが見られたパトリシオ・フレイレとAJ・マッキーは、今回は体が触れることなくインタビューへ。

何が最も自信になっているかを尋ねられたAJは「思考だよ。22年間、この瞬間の為にビルドアップしてきた。これは運命なんだ。トーナメントが始まって、2人とも3試合勝ってきた。ベストが勝つんだ」と静かに話した。

一方、チャンピオンは「See you tomorrow。これまで口にしてきたことの代償をすべて支払わせる」とヒリヒリするようなコメントを残している。


今大会はこの両者が戦うメインのBellator世界フェザー級選手権試合に注目が集約されるかのようなイベントであるが、カビブ・ヌルマゴメドフの従弟でキャリア12勝0敗のウスマン・ヌルマゴメドフを筆頭に、イスラム・マメドフ、ガジヒ・ラバダノフ、カサン・マゴメドシャリポフと全11試合で4人のロシア人ファイターが参戦しているのも気になることころだ。

この4者、その背景にはウスマン以外もヌルマゴの影響が感じられる。そのヌルマゴはロシアのGorilla FCを買収し、Eagle FCと名称を変更──プロモーターとなり、ロシア人ファイターをワールドステージに送り出すという役割を担っている。

プレリミ出場のマゴメドシャリポフはUFCフェザー級を無双するザビットの実弟で、デビュー戦をゴリラFCで戦っている。僅か6戦目で世界第2位のステージ進出を果たした。

またラバダノフはゴリラFCでライト級王者に君臨も、イーグルFCになりベルトを手放している。

PFLで活躍したマメドフは、ヌルマゴ率いるイーグルFCが提携し合同イベントをアブダビで開いたUAE Warriorsを経て、ベラトールと契約を果たした。

ウスマンが12勝0敗、マメドフは19勝1敗1分、ラバダノフは15勝4敗2分、マゴメドシャリポフ弟は5勝0敗、4人の戦績を合わせると実に51勝5敗3分という驚異的なレコードになる。

もはやロシアでもダゲスタンでもなく、ヌルマゴ・イーグル軍団と形容しても良い──MMA界に強烈なパワーハウスが誕生したといえる彼らのベラトール進出だが、ウスマン、ラバダノフ、マゴメドシャリポフの対戦相手が、それほど綺麗な戦績でない。

対してマメドフのみ、対戦相手は元ベラトール世界ライト級王者のブレント・プリマスとのマッチアップとなった。

ヌルマゴ鷹軍団の一大デモンストレーションとなりそうななかで、冷静に彼らの力を見極めるスケールとなるのは、マメドフ✖プリマスになりそうだ。

■視聴方法(予定)
8月1日(日・日本時間)
午前8時00分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前11時~Main Card: Bellator MMA YouTube Channel

■ Bellator263計量結果

<Bellator世界フェザー級選手権試合&フェザー級ワールドGP決勝/5分5R>
[王者]パトリシオ・フレイレ: 144.5ポンド(65.54キロ)
[挑戦者]AJ・マッキーJr: 145ポンド(65.77キロ)

<フェザー級/5分3R>
マス・ブーネル: 145.5ポンド(66.0キロ)
エマニュエル・サンチェス: 145.3ポンド(65.9キロ)

<ライト級/5分3R>
ウスマン・ヌルマゴメドフ: 155.3ポンド(70.44キロ)
マニー・ムロ: 156ポンド(70.76キロ)

<ライト級/5分3R>
イスラム・マメドフ: 154.9ポンド(70.26キロ)
ブレント・プリマス: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ライト級/5分3R>
クリス・ゴンザレス: 155ポンド(70.31キロ)
ゴイチ・ヤマウチ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴェネッサ・ポルト: 125.6ポンド(56.97キロ)
イララ・ジョアニ: 125.2 ポンド(56.78キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
ガジヒ・ラバダノフ: 149ポンド(57.59キロ)
ダニエル・コーリー: 149.1ポンド(67.63キロ)

<フェザー級/5分3R>
カサン・マゴメドシャリポフ: 144.6ポンド(65.58キロ)
ヨナタン・キロス: 146ポンド(66.22キロ)

<180ポンド契約/5分3R>
ジョニー・シスネロス: 179.6ポンド(81.46キロ)
ジョシュア・ジョーンズ: 179.2ポンド(81.28キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョージ―・カラキャニャン: 155.6ポンド(70.57キロ)
キーファー・クロズビー: 155.9ポンド(70.71キロ)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・ムーア: 135.8ポンド(61.59キロ)
ジョーダン・ウィンスキー: 134.7ポンド(61.09キロ)

The post 【Bellator263】計量終了 フレイレ✖マッキー大会──見逃せないヌルマゴ鷹軍団の大挙襲来!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan49 MMA RIZIN UFC レッツ豪太 中山巧 修斗 岸本泰昭 川中孝浩 手塚基伸 日沖発 林RICE陽太 植田豊 竹本啓哉

【Grachan49】Grachan Invasion、グラジ&関西勢の正念場。ガチンコ大会で日沖発が組み技戦出場へ

【写真】岸本欠場は残念だが、日沖のグラップリングは素直に楽しみだ(C)MMAPLANET

3 日(土)、Grachanが8月8日(日)に豊中市の176boxで初の大阪での単独イベントとなるGrachan49の対戦カードの変更と新たなカードを発表している。

手塚基伸✖竹本啓哉、レッツ豪太✖川中孝浩、林RICE陽太✖植田豊、荒東”怪獣キラー”英貴✖田馬場貴裕と並んで組まれていてグラップリングマッチ=中山巧と岸本泰昭の一戦が、契約体重がまとまらず中山が日沖発と相対することになった。


TKO、修斗、SRCのフェザー級王者からUFCに参戦した日本を代表するMMAファイターが、プロ興行では2018年8月のRIZIN以来、3年振りに出場を果たす。

またグラップリングとはいえ、日沖のケージでのファイトは2017年10月の髙谷裕之戦以来となる。2019年7月には全日本マスターオープン柔術では、色帯時代以来道着の試合を経験しているが、ノーギのワンマッチ出場は非常に興味深い。

中山もKOTCライト級王者、パンクラスでは暫定フェザー級キング・オブ・パンクラシストとなっている往年の日本を代表する実力者だ。47歳の中山と37歳の日沖──10歳違いだがプロMMAデビューは2年ほどしか違わない。それでも中山が70キロで戦っている期間が長かったため、2人が修斗や他のリングで拳を交えることはなかった。そんな両者が、時を経て手を合わせる非常に興味深い。

また今回のリリースによると、岸本も引き続き組み技で出場予定だったが、見合う相手が見つからず今大会は欠場となるとのこと。

MMAではBRAVE所属、無敗の高橋謙斗がreliableの上田祐起と対戦するバンタム級マッチも決まっている。上田はキャリア3勝3敗ながら、Gladiatorで3連勝中と調子を上げている選手だ。

グラチャン初の大阪大会はアママッチ=グラチャン・チャレンジの実施など、関西のMMAの揺り起こし的な意味合いがあるものの、プロマッチに関しては完全に関西、いやグラジ侵攻といえる。このGrachan Invasionに対しては、新体制から15度のイベント開催を経たグラジ&関西勢の真価が問われる大会となる。そんなガチンコ・バトルにあって、一服の清涼剤となる組み技戦だ。

The post 【Grachan49】Grachan Invasion、グラジ&関西勢の正念場。ガチンコ大会で日沖発が組み技戦出場へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator014 Grachan48 Grachan49 News ブログ レッツ豪太 中山巧 岸本泰昭 川中孝浩 手塚基伸 林RICE陽太 植田豊 竹本啓哉

【Grachan49】日曜日に大田区大会控えるグラチャンが、8月に大阪単独興行。手塚✖竹本が決定!!

【写真】これは楽しみなMMAグラップラー対決 (C)MMAPLANET

16日(水)、20日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOでGRACHAN48を開催するGrachanが、8月8日(日)の大坂で初の単独イベントとなるGrachan49開催を発表した。

コロナ・パンデミック以前は1月にWARDOGと合同で大阪大会を開いてきたグラチャンが、豊中市の176boxで単独興行へ。そして元Grachanバンタム級チャンピオンの手塚基伸が修斗、パンクラス大阪大会を経て2年11カ月ぶりの参戦も決まった。


その手塚の相手は同じく大阪を拠点とし、9月に大会が控えているGladiatorバンタム級王者の竹本啓哉だ。ストライカーを柔術で倒すカタルシスを持つ竹本だが、初のグラチャン出場で過去最強のMMAグラップラーとの対戦が決まった。

手塚も竹本も揃って4連勝中で、2回戦で戦うのが勿体ないマッチアップだ。またGladiatorからはウェルター級王者のレッツ豪太の出場も決まった。20日に桜井隆多と長岡弘樹が王座統一戦で戦うGLANDウェルター級王座の挑戦権が懸けられた一番でレッツは、川中孝浩と相対する。

さらに修斗を主戦場としてきた林RICE陽太が、植田豊とライト級マッチ。タイからの凱旋ヘビー級ファイター=荒東”怪獣キラー”英貴は、田馬場貴裕との無差別級戦も決まっている。

この他、中山巧と岸本泰昭のグラップリング、75キロ契約で戦うことも決まった。

Grachan初の単独大阪大会は、バラエティに富んだラインナップになりそうだ。グラチャンが単独でイベントを開催することで、これから関西MMA界にどのような影響があるのか楽しみだ。

■ Grachan48対戦カード

<Grandウェルター級王座統一戦/5分3R>
[正規王者]桜井隆多(日本)
[暫定王者]長岡弘樹(日本)

<ライト級/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
笹川JP(日本)

<フェザー級/5分2R>
小島勝志(日本)
村田俊(日本)

<ライト級/5分2R>
藤村健吾(日本)
篠原アンジェロ(日本)

<フェザー級/5分2R>
阿仁鬼(日本)
和田健太郎(日本)

<バンタム級/5分2R>
松本尚大(日本)
上妻慎治(日本)

<フライ級/5分2R>
三好真大(日本)
田中智也(日本)

The post 【Grachan49】日曜日に大田区大会控えるグラチャンが、8月に大阪単独興行。手塚✖竹本が決定!! first appeared on MMAPLANET.