カテゴリー
MMA UFC UFC267 YouTube

Calabasas Fight Companion: UFC 268 & Canelo vs Plant w/ Chris D’Elia, Bryan Callen and Josh Thomson

Brendan Schaub is joined by Josh Thomson, Bryan Callen and Chris D’Elia to watch UFC 268 & Canelo vs Plant.

All Thiccc boys tonight get 20% OFF and FREE Shipping by going to https://Manscaped.com/CFC

#ufc #ChrisDelia #BrendanSchaub #BryanCallen #ufc267 #blachowicz #tiexeira #Thicccboy #calabasasfightcompanion #mma #JoshThomson

カテゴリー
HIME MMA UFC UFC267   イスラム・マカチェフ ダン・フッカー

『UFC 267』イスラム・マカチェフ vs. ダン・フッカーを見たファイター・関係者の反応


 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』イスラム・マカチェフ vs. ダン・フッカーを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA ONE UFC UFC267   ピョートル・ヤン

『UFC 267』ピョートル・ヤン vs. コリー・サンドヘイゲンを見たファイター・関係者の反応



 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』ピョートル・ヤン vs. コリー・サンドヘイゲンを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA ONE UFC UFC267 ブログ

『UFC 267』ヤン・ブラホヴィッチ vs. グローヴァー・テイシェイラを見たファイター・関係者の反応




 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』ヤン・ブラホヴィッチ vs. グローヴァー・テイシェイラを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA News ONE UFC UFC267 YouTube

Jon Jones RIPS Israel Adesanya! Chuck Liddell GOES CRAZY for Glover (FOOTAGE!) Li Jingliang on LOSS

Subscribe to Full Mount MMA for daily UFC & MMA Content
► https://www.youtube.com/FullMountMMA?sub_confirmation=1

SOCIAL MEDIA:
Twitter ► https://twitter.com/MMAFullMount
Facebook ► https://www.facebook.com/MMAFullMount
Instagram ► https://www.instagram.com/MMAFullMount

00:00 – Jan Blachowicz upset at UFC 267 performance but not discouraged
00:51 – Chuck Liddell’s live reaction to Glover Teixiera winning the title last night
01:01 – Li Jingliang reacts following first-round stoppage loss to Khamzat Chimaev at UFC 267
01:14 – Jon Jones and Israel Adesanya react to Glover Teixeira’s UFC 267 win
02:06 – Khamzat Chimaev sends message to Diaz, Masvidal after UFC 267 win: ‘Let’s see who is real gangster’
02:39 – BJ Penn uploads some sparring footage to his Instagram
03:05 – Bruce Buffer opens up on his experience with Covid-19
03:48 – Dana White had some words for Jake Paul over this back and forth with Claressa Shields
06:20 – Henry Cejudo gives his technique of the week while joined by Deiveson Figueiredo
07:09 – Top Comments

Music:
Video Song – https://www.youtube.com/watch?v=-B2IYK7gYNc

Sources:
https://www.instagram.com/p/CVq8GrFBPRy/
https://www.bjpenn.com/mma-news/ufc/li-jingliang-reacts-following-first-round-stoppage-loss-to-khamzat-chimaev-at-ufc-267/



https://www.instagram.com/tv/CVlvmvFDZGO/?
https://mmajunkie.usatoday.com/2021/10/bruce-buffer-covid-ufc-announcer-details-experience-recovery
https://www.bjpenn.com/mma-news/ufc/dana-white-blasts-jake-paul-following-critical-comments-of-claressa-shields-he-better-be-careful-she-might-knock-him-out/
https://www.instagram.com/p/CVnbWrWAEAH/
https://www.instagram.com/p/CVla3mHJp_G/?

#UFC #MMA #UFC267

カテゴリー
MMA News UFC UFC267  

『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』スプリットデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点


Tagir Ulanbekov defeats Allan Nascimento(MMA Decisions)

 タギル・ウランベコフ vs. アラン・ナシメントのジャッジの採点。Vito PaolilloとDarryl Ransomが1,3Rウランベコフ、2Rナシメントで29-28ウランベコフ勝利。Ben Cartlidgeが1,2Rナシメント、3Rウランベコフで29-28ナシメント勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28ウランベコフ支持13人、29-28ナシメント支持1人でした。続きを読む・・・
カテゴリー
MIKE MMA UFC UFC267   ファブリシオ・ヴェウドゥム ヤン・ブラホヴィッチ

グローヴァー・テイシェイラ「夢をあきらめるな」「ネガティブな声に耳を貸さず自分を信じろ」


 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』のメインイベントでヤン・ブラホヴィッチに2Rリアネイキッドチョークで勝利しライトヘビー級新チャンピオンになったグローヴァー・テイシェイラが以下のコメント。

「俺はあなた(デイナ・ホワイト)に言いたいことをたくさん考えていた。自分が何を言うべきかいろいろ考えたが、それが無かった。私は常識破りなことをしている。42歳でそれらの常識を破り続けるつもりだ」

「ヤンはとんでもないチャンピオンだ。ハードワーキングマンだ。彼のことは大好きだし、彼へのリスペクトは永遠だ」

「俺はこれが大好きだ。ここが俺のホームだ。以前もここに来たことがある(タイトルに挑戦したことがある)。どんな人も夢をあきらめるな。ネガティブな声に耳を貸さず自分を信じろ」


 ヤン・ブラホヴィッチは以下のコメント。

「全てが上手く行かなかった。伝説のポーランドパワーをホテルの部屋に置いてきたようだ。これでストーリーが終わったわけじゃない。この本は閉じられていない。俺は辞めたわけじゃない。俺はどこにも行かない。必ず戻って来る」


 グローヴァー・テイシェイラは42歳と2日でUFC王座初戴冠。これは歴代最年長記録でこれまで最年長だったファブリシオ・ヴェウドゥム(37歳と318日)の記録を大幅に更新しています。UFC王座を保持したのはランディ・クートゥアの45歳が歴代最年長ですが、テイシェイラは2位になりました。続きを読む・・・
カテゴリー
UFC UFC267 YouTube

UFC 267: Dana White Post-Fight Reaction

UFC President Dana White shares his thoughts on what went down at UFC 267: Blacowicz vs Teixeira with the media at his post-fight press conference following the event.

Subscribe to get all the latest UFC content: http://bit.ly/2uJRzRR

Experience UFC live with UFC FIGHT PASS, the digital subscription service of the UFC. Visit https://ufcfightpass.com/

To order UFC Pay-Per-Views on ESPN+, visit https://bit.ly/2vNIBE8 (U.S. only)

To order UFC Pay-Per-Views, visit http://welcome.ufcfightpass.com/#PPV (Non U.S.)

Shop official UFC gear, visit https://ufcstore.com/

Connect with UFC online and on Social:
🔴 Website: http://www.ufc.com
🔵 Twitter: http://www.twitter.com/ufc
🔵 Facebook: http://www.facebook.com/ufc
🔴 Instagram: http://www.instagram.com/ufc
🟡 Snapchat: UFC
🟣 Twitch: https://www.twitch.tv/ufc

Connect with UFC FIGHT PASS on Social:
🔵 Twitter: http://www.twitter.com/ufcfightpass
🔵 Facebook: http://www.facebook.com/ufcfightpass
🔴 Instagram: http://www.instagram.com/ufcfightpass

#UFC #UFC267

カテゴリー
MMA UFC UFC267   イリー・プロハースカ グローバー・テイシェイラ

【UFC267】グローバー・テイシェイラ、42歳と2日の栄冠。次は「5月に」イリー・プロハースカと?!

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
Def.2R3分02秒by RNC
ヤン・ブラボヴィッチ(ポーランド)

まず右ローを蹴ったブラボヴィッチ。ジャブからローを続けるチャンピオンに対し、テイシェイラはステップインで距離を取らせた直後にハイクロッチからダブルに移行し、早々にテイクダウンを奪う。ブラボヴィッチはクローズドガードを取り、テイシェイラはワキ腹に細かいパンチを入れる。ヒジをこするように打ち込むテイシェイラに対し、ブラボヴィッチも5Rの長丁場を考えてか多く動くことはない。

腰を上げたテイシェイラが左ヒジ、そして右ヒジを入れる。ガードの中からのネックロックという嫌がらせからエルボーの数が増えてきたブラボヴィッチが右のパンチを落とす。ブラボヴィッチはクローズドガードを取り続け、初回を捨てたファイトでダメージを最小限に努める。残り15秒ほど、クラシックなネックロックを執拗に仕掛けた挑戦者が初回を取った。

2R、ボディから左を伸ばしたブラボヴィッチに対し、テイシェイラがシングルレッグへ。これを切ったチャンピオンがワンツーを入れる。テイシェイラも左を見せるが、ブラボヴィッチが右アッパーを打っていく。組んだテイシェイラ、すぐにブラボヴィッチがケージに押し込み返す。ブラボヴィッチは離れ、左アッパーから左ジャブを入れ、テイクダウン狙いを切る。

右を見せて前に出たテイシェイラは左に左フックを合わせ、ブラボヴィッチがふらつく。ここからパンチをまとめたブラボヴィッチは、テイシェイラのシングルレッグにキムラを仕掛けるが、アンクルピックで倒される。一気にマウントを取ったテイシェイラは、スクランブル狙いのブラボヴィッチのバックを制し、すぐに両足をフックして背中を伸ばす。左のパンチを入れた直後のパームトゥパームでRNCをセットアップすると、ブラボヴィッチがあっさりタップ。

グローバー・テイシェイラは42歳でUFC世界ライトヘビー級に就き、「20年だよ、ベイビー。言いたいことはたくさんある。本当に色々とあるんだ。でも、今は何を言って良いか分からない。42歳になってどう成長してきたか? ここは僕の家なんだよ。このマットの血と一緒に居続けてきた。このチャンスを逃すことはできなかった。彼は偉大なチャンピオンだ。アデサニャや皆を倒してきた。僕は彼のことを尊敬している。家にベルトを持って帰るよ。約束は守った」と話した。

そしてダニエル・コーミエの「イリー・プロハースカがバックアップで控えていた。次は誰と?」という問いには「彼がここに来たことを尊敬している。イリー、こっちに来いよ。君と次に戦う。数カ月オフを取って、5月に戦おう」と断言した。


The post 【UFC267】グローバー・テイシェイラ、42歳と2日の栄冠。次は「5月に」イリー・プロハースカと?! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA UFC UFC267   コリー・サンドハーゲン ピョートル・ヤン

【UFC267】UFC暫定世界バンタム級王者はピョートル・ヤン。サンドハーゲンに3-0の判定勝利

<UFC世界暫定バンタム級王座決定戦/5分5R>
ピョートル・ヤン(ロシア)
Def.3-0:49-46.49-46.49-46
コリー・サンドハーゲン(米国)

すぐにサウスポーからオーソに構えたサンドハーゲンが右ローを蹴る。ローを返すヤンをピョートル・ヤン・チャントが後押しする。スイッチし右リードフックを伸ばしたサンドハーゲンが、オーソで右前蹴りを腹に突き刺していく。ジャブを放つヤンを右ローで蹴るサンドハーゲンは左右に回りながらジャブを伸ばす。奥足をローで蹴ったヤンに対し、サンドハーゲンがボディフックを打ちこむ。

ヤンは左ミドル、さらに腹を殴るサンドハーゲンが左ローを蹴る。右ローを返したヤンに左リードフックを2発入れたサンドハーゲンがダブルレッグで組みつきバックに回る。ケージに追い込みヒザを入れて離れたサンドハーゲンに、ヤンが右ミドルを蹴り込む。ヤンもスイッチして右ミドル、そして左フックを振るう。サンドハーゲンは左を伸ばして距離を詰め、ヤンもフックで迎え撃つ。ミドルレンジから接近戦と両者が激しくやりあうなかで、遠めの距離はサンドハーゲンのものか。左ボディフックから右を入れ、シングルに出たサンドハーゲンはリリースしてヒジを狙う。

ローにも飛びヒザ返したサンドハーゲンのパンチの距離が蹴りの距離だったヤンを上回ったか。

2R、左右のジャブ、左右のローと攻撃を散らすサンドハーゲンに対し、しっかりとミドルを蹴っていくヤン。やや目を気にした素振りもあるがボディを伸ばす。サンドハーゲンも左ボディフックを繰り出すが、ヤンは右ミドルからワンツーにつなげる。ボディを続け、上につなげるサンドハーゲンがジャブを連続で見せ、右ハイへ。ヤンは左ミドルを返すが、右を受けてパンチの後で姿勢を乱す。直後にヤンが右を返し、サンドハーゲンのステップインに左を合わせる。

左の相打ちから圧を高めたサンドハーゲンが打ち合いの中で左を決める。続いて左ボディフック、ヤンはスピニングバックフィストから左フックを繰り出す。互いに空振り、ガードの上からパンチを見せるなかでサンドハーゲンがシングルレッグへ。切ったヤンがエルボーを放つ。サンドハーゲンのジャンピングニーをブロックしたヤンは右オーバーハンドを空振りする。サンドハーゲンの右に左を入れたヤン、直後にローを蹴られラウンドが終了した。

3R、左ジャブから構えを変えて左ストレートを繰り出すサンドハーゲン。ヤンの踏み込みに左ジャブを当て、姿勢を乱させる。ヤンは後ろ回し蹴り、観客は沸くが当たりは浅い。小刻みに構えを変え、ローから左を伸ばすサンドハーゲンはヤンの動きをカットするように斜めに移動する場面も。

動くが手数は減ったなか、ヤンが連打で前に出るとサンドハーゲンも同じようにコンビネーションを駆使して前進する。パンチをブロックしようとするヤンが、ワンツー。右ハイは空振りも、手数でサンドハーゲンを上回る。ヤンはミドルから左フック、続いて左をもう一発打ち込むと、右を見せたサンドハーゲンに対してワンツーで右を当てる。サンドハーゲンのコンビをウェービングでかわしたヤンは、右ボディショットに左打ち返し、直後に右スピニングバックフィスト、フォローの左フックをテンプルに当ててダウンを奪う。

パウンドを落とすヤンに対し、足を取ってスクランブルを狙ったサンドハーゲンがバックを許すが、足のフックが無く胸を合わせて立っていく。ヤンはさらにスイッチからバックに回り、サンドハーゲンは正対して立ち上がる。凄まじいグラウンドの攻防から立ち上がったサンドハーゲンは、ダメージが残っているのは明白だったがタイムアップとなった。

4R、左リードフックのヤンは、跳びヒザをかわす。ボディを入れ、ローを蹴ったサンドハーゲンは右フック、そこにヤンが左を合わせようとする。左ロングフックを伸ばすヤンは、近い距離で左をヒットさせる。ワンツーから右ミドル、そしてワンツーと優勢のヤンはダブルレッグでテイクダウンを取られるが、何と外ヒールを仕掛けすぐにリバーサル狙いへ。

即反応しスタンドに戻ったサンドハーゲン、ヤンもスタンドに戻っており試合は打撃戦へ。サンドハーゲンがパンチをまとめたと思った直後に、ヤンがえげつないボディショットを入れ、離れたサンドハーゲンにワンツー、スピニングバックフィストは空振りし、ヒジを被弾しそうになる。それでも拳の圧力で上回るヤンは、サンドハーゲンのダブルレッグからスクランブル戦を振り切り、スタンドで正対する。残り10秒で打撃戦でも手数は元チャンピオンの方が多かった。

最終回、左右に回るサンドハーゲンに対し、ワンツーで前に出る出るヤンはローを受けても圧を掛けていく。ミドルはさすがに勢いが落ちているが、サンドハーゲンは足を使うばかりで手数が少ない。3Rにダウンを喫し、4Rも劣性だったサンドハーゲンのサークリング戦法は理解に苦しむ。と、ヤンはダブルレッグをしけて切ったサンドハーゲンが左を振るう。

ジャブを見せて動くサンドハーゲンに対し、ヤンが左フック。続いてワンツーで前に出ると、ようやくサンドハーゲンがワンツーを打ち返す。逆転にカウンターの一点狙いなのか、またも左右に回り続けるサンドハーゲンが、ジャブをダブルで見せる。ヤンは左フックからアッパー、スピニングバックフィストを空振りするとサンドハーゲンがヒザを入れる。さらに跳びヒザを見せたサンドハーゲンだが、ヤンの後ろ回し蹴りが顔面をかすめる。最後にジャンピングニーをもう1度繰り返したサンドハーゲンだが、5Rの動きは本当に解せなかった。

ロシア国旗を羽織り、勝利を確信するヤンが3-0で判定をモノにし暫定王座のベルトを巻いた。「彼が動きを多くする作戦で来ることは分かっていた。そこに対し、僕は圧力を掛けて殴るというゲームプランだったんだ。アブダビで2度目のタイトル奪取、僕のホームのようなものだ。アルジャメインに一言? 皆、僕が本当のチャンピオンだと知っている。誰とでも戦う」とヤンは話した。


The post 【UFC267】UFC暫定世界バンタム級王者はピョートル・ヤン。サンドハーゲンに3-0の判定勝利 first appeared on MMAPLANET.