カテゴリー
Grachan52 Interview J-CAGE ブログ 伊藤空也 手塚基伸

【Grachan52】手塚基伸の挑戦を受ける伊藤空也「ここで負けるようだとそれまでの選手と思われます」

【写真】随分と失礼なことを尋ねてしまっていますが、しっかりと答えてくれました(C)MMAPLANET

12月19日(日)に千葉市美浜区の幕張ベイパークアリーナで開催されるGrachan52でGrachanバンタム級チャンピオン伊藤空也が、手塚基伸の挑戦を受ける。

RIZINバンタム級GP出場を経て、古巣での凱旋防衛戦に向けて、伊藤は何を想うのか。10月25日に渋谷区の恵比寿カルフールSTUDIOで行われた記者会見後に、訊いた伊藤空也の声を届けしたい。


──グラチャン出場は1年3カ月、そしてバンタム級王座の初防衛戦になります。

「正式に発表されたし、逃げられないです。あとはもう作っていくだけで、ホントにやるだけです」

──この間、RIZINで戦った経験というのはキャリアのなかで、どのように捉えていますか。

「自分、2度目(✖渡部修斗)戦はコロナで陽性になり欠場したのですが、1回目(✖金太郎)は会場も当然デカいし、演出とかあの規模のお客さんの前で試合をするのは初めてでした。当然相手も強かったんで、ね。キャリアも僕より全然上だったので、あの状況下でああいう相手と試合ができたことで僕自身、殻を破れたかと思います。

あの試合に向けて、いつも通りの練習じゃ絶対に無理だと思っていたから、試合に対してやれることを全部やっていきました。だからこそ、成長を出来たと思います」

──私は正直、伊藤選手がバンタム級GPに出場することに対して、あのトーナメントに出場していなくても修斗、DEEP、パンクラスには伊藤選手だけでなく、獅庵選手、渡部修斗選手より強いバンタム級のファイターがいる。そういう見方をしていました。グラチャンのチャンピオンになる、それはステップアップをしていく道程ですが、いきなりRIZINというのは違うだろうと。

「もちろん、そう思われるのは当然です。僕もRIZINが全てだと思っていないです。でも世間では、なかなかそうは思ってくれない。当然、Grachanって何?っていう人が多いです。

パンクラス、修斗、DEEPからRIZINに行くモノじゃないのかと、格闘技界のなかで思わるのも分かります。あのトーナメントに出場するのに、僕は相応しくないと最初は思っていました。そのなかで声が掛った。なら、そこに何か意味があるはずだし」

──オファーがあって、「No」という必要な全くありません。

「だから勝てば良いんだろうって(笑)。見せてやれば良いんだろうっていう気持ちで、やっていました」

──それが殻を破ることに繋がったと。だからこそ、その成果を見せるにはしっかりと手塚選手と戦う必要がありますね。それにグラチャンとしても、チャンピオンが戻ってタイトル防衛戦をすることがRIZIN参戦効果だと思います。

「RIZINに出る選手って、もともと出ていた大会に出ない人が多いじゃないですか。僕はそれはちょっと違うんじゃないかなって思っています。正直、手塚選手とのタイトルマッチのオファーが来た時も、気持ちが上がりました。グラチャンで戦うこともそうですけど、手塚選手が相手だって聞いて断る理由はないですからね。もう2度とないチャンスだし、勝てば僕の力を証明できる試合になります。

僕にとって格闘技を始めた原点はプロレスで、プロレスラーは会場を選ばないです。小さな会場でもリングに立つと、やることは同じです。大谷晋二郎さんとか、絶対にそうですし」

──う~ん、スミマセン。その例えは分からないのですが、言われている言葉は格好良いです。

「アハハハ。会場の大小に関係なく、やるべきことをやる。僕もそうありたいと思っていますし、そのつもりでMMAを戦っています」

──幕張ベイパークアリーナでの試合にも、モチベーションが下がることがないと?

「ないですね。言うと、もっと魅せる試合をするつもりです。そこは変わんないです。だからこそ、負けられないです」

──強さを見せる試合と、負けられない試合では感じるプレッシャーも違うかと。

「ベルトを防衛するのもそうですし、RIZINに出て何だかんだと以前よりも注目されるようになりました。でも、ここで負けるようだとそれまでの選手と思われます。UFCに出てHEATとグラチャンのベルトを巻いた手塚選手に、どこまでできるのか。これは自分が試されている試合です。ここで勝つことができれば、僕自身を証明できる」

──大きな舞台を経験して自信がついたのか、口ぶりも変わりましたね。

「(囁くように)その振りです。自信は全然ないです。強気で言っているだけなんです。人間が変わったということはないので、大丈夫です」

──以前の伊藤選手に一気に戻りましたね(笑)。

「場慣れ……とか、分からないです。インタビューは緊張しているままですし(苦笑)」

──では12月19日、どのような試合……いや試合ではないですね。どのような伊藤空也を見せたいですか。

「そうっスね。マジの選手を相手にして、グラップラーだとかレスラーとかは関係なく勝てる……そういうMMAの強さを見せたいッスよね。このベルトを防衛できるだけ、防衛し続けたいです」

The post 【Grachan52】手塚基伸の挑戦を受ける伊藤空也「ここで負けるようだとそれまでの選手と思われます」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Grachan51 Grachan52 MMA NEXUS25 伊藤空也 修斗 手塚基伸 藤村健悟 鈴木崇矢 長野将大

【GRACHN51】長野将大が、初出場。グラチャン、ネクサス、修斗にEXFIGHT12月19日はJ-MMA Day

【写真】選手はいつも負けられないが、8月に続き本当に負けられない一戦に長野が挑む (C)MMAPLANET

16日(火)、GRACHANより12月19日(日)に千葉市美浜区の幕張ベイパークアリーナで開催される二部興行=Grachan51&52に長野将大が出場し、佐々木歩夢と対戦することが発表された。

長野にとっては、8月にEXFIGHTで16歳の鈴木崇矢にKO負けからの再起戦──後がない状態でのグラチャン初出場となる。


所英雄のDNAを持つ長野はMMAだけでなく、ZSTでKOKルールやIREでコンバット柔術なども経験しており、常に動き続けることが信条のファイターだ。鈴木戦という危ない賭けに出て、敗れたこ事実は残るが、あのファイトに挑んだことこそ、長野の逃げない姿勢を表している。

今大会では長野✖佐々木以外に藤村健悟✖林 RICE 陽太のライト級戦、さらにはヨコヤマクレガー✖田馬場貴裕のヘビー級、さらにはミランダ亜廉✖中嶋紳乃介、寺石恭平✖上田賢人の育成枠マッチと、グラチャンの特性が出たマッチアップが揃っており、伊藤空也✖手塚基伸というバンタム級戦がメインで組まれた夕方からのGrachan52にバトンをつなぐことになっている。

千葉でGrachan51&52、東京ではNEXUS25とEXFIGHT03、そして大阪ではプロ修斗と、12月19日はクリスマス前のJ-MMA Dayとなっている……。

The post 【GRACHN51】長野将大が、初出場。グラチャン、ネクサス、修斗にEXFIGHT12月19日はJ-MMA Day first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
DEEP Grachan52 K-1 MMA RIZIN   上田幹雄 伊藤空也 手塚基伸

【Grachan51&52】極真世界王者から、MMAへ。上田幹雄「顔面パンチ? 空手本来の部分が好きなので」

【写真】この拳、どのような突きがMMAで見られるのか楽しみ (C)MMAPLANET

25日(月)に東京都渋谷区の恵比寿カルフールSTUDIOでGrachan51及びGrachan52、そして上田幹雄の極真会館大会&MMA転向決意表明会見が行われた。

Grachan51&52は11月28日(日)に千葉市美浜区の幕張ベイパークアリーナで昼・夕2部制で開催される。その夕方の部=Grachan52ではメインでGrachanバンタム級選手権試合=王者・伊藤空也✖挑戦者・手塚基伸の間で組まれ、伊藤が会見に出席した。

伊藤のバンタム級王座防衛戦に関する質疑応答の後、第50回全日本空手道選手権及び第12回全世界空手道選手権大会優勝の上田のMMA転向会見に場が引き継がれた。


「4年前に極真の全日本を取った時以来、どうすれば空手の強さを広められるのかを考えてきて、大晦日の試合とか見ていると自分がやるべきことはそこ。MMAで戦うことだと自然と思うようになりました。もともと小学生の時にK-1の選手になりたいと思い、ああいう大舞台で戦いたいという気持ちがあった」と質疑応答で上田はMMA転向理由を話した。

「日本の重量級なら今でも勝てる」と上田を指導する宮田和幸BRAVE代表は言い、さらに「レスリングを今やらせていますが、柔道をしていたので組みに対するアレルギーはないです。レスリングと空手はMMAに生かせるので活躍できる」と太鼓判を押している。

柔道だけでなく相撲の経験もある上田は「抑え込みの基礎やどういう体の状態が抑え込まれやすいのか。レスリングというか相撲ですが、組み合いで何が悪い状態かは頭の中にはあるので、今は心と頭を一致させる作業をしている」という風に組み技対策の現状を話した。

その上田本人はデビューの時期は周囲に任せると言い、グラチャンの岩﨑ヒロユキ代表は「国内でやるならヘビー級ということもありグラチャン、DEEP、RIZINしかないですが、世界に行くための過程なので、一発目で世界のローカル団体かもしれないですし、グラチャンかもしれない。他の2つの団体かもしれない。僕はグラチャンに拘っているわけでなく、純粋に世界で戦える人を応援したい。そういうつもりでやっていて、そのなかでグラチャンは経験を積む場になる」とのことだった。

ここからは顔面直接打撃に関する上田と宮田への質疑応答を抜粋して再現したい。

──MMAでは顔面パンチという要素が大きいと思いますが、フルコンタクト空手出身の選手は蹴りが非常に綺麗ですが、この顔面パンチという部分で慣れが必要になるかと。

宮田 うちの川中(孝浩)というKO勝ちもしている打撃の強い選手がいますが、パンチでも普通にやれています。100パーセント、ガチのスパーリングではないですけど、ほとんどのパンチが見えていると思うし、BRAVE以外の打撃の選手もみていますが、特殊な……見えない角度からの蹴りもあって、皆ビックリすると思います。

上田 そこが一番心配される部分ですが、自分自身はそれほど違和感……ヤバイな、怖いなという意識はないです。空手ではルール上は顔面パンチはないですけど、型とかで常に顔面への意識をしていますから。ルールに依存していると、そういうこともあるかもしれないですが、自分自身は空手本来の部分が好きなので、そこは意識してやってきたので、恐怖心もなく、そこには自信があります。

──MMAグローブの方が、ボクシンググローブより素手に殴る感覚に近いということはありますか。

上田 そこは凄く感じました。ボクシンググローブの方が自分は難しい。そのグローブテクニックというのか、それは素手でやってきたのでないですし。そういう意味でいえば、MMAグローブの方が攻撃的な部分ではやりやすいです。防御的な部分でいえば、それほど変わりないかと思うんですが、大きさもあるので今後、続けていくと違いを感じることもあるかと思います。とにかく攻撃面でいえばMMAグローブは変わりないです。練習ではMMAグローブをつけてきたので。

The post 【Grachan51&52】極真世界王者から、MMAへ。上田幹雄「顔面パンチ? 空手本来の部分が好きなので」 first appeared on MMAPLANET.