カテゴリー
MMA ONE UNRIVALED WNO12   リーヴァイ・ジョーンズレアリー

【WNO12】お蔵入り厳禁 リーヴァイ・ジョーンズレアリー、脱いでも強い→ノーギに本格的に参戦??

【写真】魅力的な柔術家が、WNOウェルター級戦線に参入してきた(C)CLAYTON JONES/FLOGRAPPLING

10月20日(水・現地時間)、テキサス州オースチンでWNO12「Return of Gordon Ryan」が開催され、リーヴァイ・ジョーンズレアリーが出場し、Unrivaledが招聘を模索していたオリヴァー・タザと対戦している。
Text by Isamu Horiuchi

パンデミック後はF2W系のSubversivに出場して以来、実に1年2カ月振りの実戦、そしてWNO初参戦となったジョーンズレアリー、本格的のノーギ戦線に参戦してくるのか。お蔵入り厳禁、注目の一番をお伝えしたい。


<ウェルター級/15分1R>
リーヴァイ・ジョーンズレアリー(豪州)
Def. 3-0
オリヴァー・タザ(カナダ)

一昨年のヨーロピアン決勝にて、絶対王者ルーカス・レプリを下して世界を驚かせた新世代のベリンボロの名手リーヴァイは、試合開始後すぐにシッティング。そのまま前に出てゆく。

対するタザは上からステップを踏みつつ、足を絡めてインサイドサンカクの形を狙う。

が、リーヴァイはここで素早く横回転。タザの背中とマットの間に体を潜り込ませてのバック狙いへ。エビの要領で懸命に距離を取ろうとするタザだが、リーヴァイはその体を引き寄せて4の字ロックを完成。たった1分でバックを奪ってみせた。

そこからチョークを狙うリーヴァイだが、エスケープ力は天下一品のタザは体をずらし続ける。リーヴァイはマウントに移行するが、タザはさらに動いて隙間を作って距離を取ることに成功する。

立ち上がったタザに対し、リーヴァイは再びオープンガードを作った。

タザはパスのフェイントから必殺のヒールを狙ってゆくが、その狙いを十分に承知しているリーヴァイは素早く距離をとってニーラインをクリアし、足を絡ませない。さらに横にパスを仕掛けるタザだが、リーヴァイはインヴァーテッドを作って対応。逆に再び下からバックを狙いのそぶりをみせると、タザは警戒して距離を取る。

リードしているリーヴァイは、鉄壁のオープンガードと必殺のベリンボロの脅しを使って安全運転の様子だ。

逆に序盤にビッグポイントを奪われてしまったタザとしては、なんとか挽回したいところ。が、その後も攻めあぐねる展開──タザが上から足を絡めようと試みるがリーヴァイの素早い反応に防がれ、またリーヴァイの下からのバック狙いを警戒してパスも仕掛けきれない──が延々と続き、試合は終盤に。

残り40秒。インヴァーテッドを作ったリーヴァイに対し、攻めなくてはならないタザは体重を低くかけてのボディロックを試みる。が、柔軟性を誇るリーヴァイは右足をタザの腰にこじ入れて、左足と交差させる。

そのまま勢いを作って煽り、タザのバランスを崩しながらシットアップしてマウント奪取に成功した。すかさず動いて脱出してみせたタザたが、最後に決定的な攻勢点を許して試合が終了した。

3-0で文句なしの判定勝利を得たリーヴァイは「バックを取ったのに極められなかったのは残念だ。タザのディフェンスは見事だった。最初にバックを取った時に力を使ってしまい、その後はスタミナを温存せざるを得なくなったんだ」とコメント。

これまでもっぱら道着着用ルールで戦ってきたリーヴァイだが、足関節への高い対応能力があること、そして必殺のベリンボロの切れ味はノーギの世界でも脅威であることを今回まざまざと見せつけた。まだ王座が設けられていないウェルター級、ルオトロ兄弟やミカ・ガルヴァオンとの新世代対決もぜひ見てみたいところだ。

The post 【WNO12】お蔵入り厳禁 リーヴァイ・ジョーンズレアリー、脱いでも強い→ノーギに本格的に参戦?? first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
ABEMA ARAMI MMA SARAMI Shooto Shooto2021#07 UNRIVALED VTJ VTJ2021   アルフレド・ムアイアド チャンネル 中村未来 仲山貴志 佐藤将光 修斗 原口伸 原口央 宇佐美正パトリック 宇野薫 山内渉 岡澤弘太 岩本健汰 平良達郎 椿飛鳥 河村泰博 海外 清水洸志 猿丸ジュンジ 結城大樹 菅原和政 西川大和 野村駿太 黒澤亮平 黒部三奈

【Shooto2021#07】結城大樹戦へ。レーダーチャートばらつきまくりの岩本健汰「打撃もチョットできるぞ」

【写真】まるで個性派俳優のような岩本。別に俳優などつけなくても、個性派ということで良いのだが…… (C)MMAPLANET

6日(土)、東京都江東区のスタジオコーストで行われるShooto2021#07で、グラップリング国内最強と言われるようになり久しい岩本健汰が、9月に続きMMA2戦目を結城大樹相手に行う。

初陣=椿飛鳥戦では打撃を被弾することなく、ケージに押し込みテイクダウン。組みの展開になると圧倒的な力の差を見せた。とはいえ今回戦う結城は、環太平洋王者だった仲山貴志と7月に分け、修斗戦績は4勝1敗3分とMMAの経験値は岩本とは明白に差がある。

打撃はルーキー、寝技は国内最強。ケージレスリングの強さを折り紙付きという──レーダーチャートが極端にばらつくルーキーは、MMAとしてどのような打・倒・極の回転を見せることができるのか。MMA初戦を振り返り、結城戦について自信のほどを尋ねた。


──修斗2戦目というか、MMAの2試合目が今週末に迫ってきました(※取材は11月2日に行われた)。デビュー戦後に話を聞かせてもらおうと思ったら、さっさと帰宅されてしまったようで(笑)。

「試合は最後まで見たのですが、すぐに帰りました(笑)」

──もう40日前ですが、初めてのMMAの手応えは?

「自分で思っていたよりもスムーズにいきました。もう少し、打撃の洗礼とか受けるかと思っていたので。ケガもなくて終わったので良かったといえば良かったですが、経験という点では本当のMMAの打撃の攻防がなかったので、そこは足らなかったかと思います」

──スタンドで殴られることなく組んでケージへ。その前に蹴りを使っていましたね。

「対峙した時の緊張感が、こういうものかと感触があって。それほど恐怖心はなかったです」

──岩本選手の組みの圧力が、椿選手の打の圧力より上だったかと。椿選手が振りまわす様な無軌道なパンチを振るってくる方が嫌だった?

「そこは……どうですかね。前に出てくる方が、組みやすいといえば組みやすいかもしれないです。凄くプレッシャーを掛けられていたら別ですけど。前にガムシャラに出てくるのなら、組みつくだけなので問題なかったと思います」

──実戦のなかでケージレスリングを初めて行ったかと。その辺りについては?

「グラップリングに関しては、ケージで試合をしたのも過去に1回で相手が引き込むという試合内容でした。でも、グラップリングやケージレスリングに関しては心配はなかったです」

──組みのなかの打撃も互いに少なかったです。

「一応、寝かしたときにチョコチョコ殴ったのですが、効かせたとかはなかったですね」

──それよりも鼻がもげるんじゃないかというチョークの仕掛けを見て、モッティはえげつない絞め方をすんだと思いました(笑)。

「えげつない……ハハハハ、ありがとうございます!! けっこう、無理やりに入れることが多いです」

──そして、すぐに今回の試合が決まりました。

「11月は実はUnrivaledが明日(※3日)にあるじゃないですが、そこに出る予定でいました。だけど1週間ほど考えて、MMAに出たいと伝えました。Unrivaledでは海外の選手を呼ぶと言ってくれていたのですが、それができない状態だったのでUnrivaled側もそこは理解してくれました。

僕自身、グラップリングで日本人選手と戦うなら、今はMMAの経験を積むべきだと考えました。練習もMMAが中心というか、MMAを優先していますし」

──前日計量の65.8キロというのは、2年前のアブダビの66キロ以下級以来ではないでしょうか。

「アブダビの時も水抜きをしましたけど、知識は今の方があるので大丈夫だと思います。前の試合の前から、ずっと試合があるかどうかということで体重を抑えてきて、それほど落とし幅もないですし」

──対戦相手の結城大樹についての印象は?

「試合映像を見ましたが、結城選手も打撃を振るうとすぐに組みつくタイプの選手だったので、僕と戦うときはどうするのかチョット楽しみです。もしかしたら打撃を続けるかもしれないけど、すぐにテイクダウンに来るかもしれないし」

──ジャブで突き放し、徹底して組みを拒否する戦いになると一番厄介でしょうか。

「そうしたら、僕が打撃でプレッシャーをかけます」

──おお!! 

「デビュー戦の時よりも、打撃も成長しています。前回の試合を比較すると、良くなっています。練習していた、どの部分が試合で出すことができるのか分からないですけど怖さも前よりないですし、良くなっていると思います。打撃でプレッシャーを掛けることもできるんじゃないかと思います」

──グラップリングのトップ選手として、西川大和選手のように下から殴って来る戦術をどのように思いますか。

「上を取ったから殴られないとか、危なくないというのは全くないと思います。上を取っても頭の位置とか気を付けないといけないし。だから上を取るだけでなく、ポジショニングが大事だと思います。だから、西川選手のようなスタイルの相手がいればまずは足を一本抜いてハーフに行きます。僕自身はパウンドとかは、ちゃんとポジションを取ってからの方が良いという考えです」

──西川選手ほど上手く使えなくても、あの試合を見て真似る選手は出てくるかと思います。

「下から殴る人は出てくるかもしれないですね。ただ、僕としては簡単に下になってくれる方が楽です」

──なるほど。では、今回の試合ではMMAファイターとして成長した姿を見せるとすると、どこに注目してほしいですか。

「戦い方は相手次第になると思います。ただ打撃もちょっとはできるぞというのは、見せられるんじゃないかと思います」

──不敵な笑みを浮かべていますね。

「アハハハ。打撃に関しては、ここ最近になって以前より見えるようになってきていますし、結城選手が打撃で突っ込んで来ても、見て距離を取る準備をしているので大丈夫だと思います。

それに打撃をもらったとしても気持ちが折れることはないと思います。とにかく負けたくないので、僕の気持ちを折ることはできないです」

■視聴方法(予定)
11月6日(土)
午後1時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■Shooto2021#07対戦カード
             
<修斗世界女子スーパーアトム級選手権試合/5分5R>
[王者] 黒部三奈(日本)
[挑戦者] SARAMI(日本)

<修斗暫定世界ストロー級王座決定戦/5分5R>
猿丸ジュンジ(日本)
黒澤亮平(日本)

<フェザー級/5分2R>
結城大樹(日本)
岩本健汰(日本)

<インフィニティリーグ2022女子アトム級/5分2R>
中村未来(日本)
澤田千優(日本

<フライ級/5分2R>
高橋SUBMISSION雄己(日本)
山内渉(日本)

<ミドル級/5分2R>
岩崎大河(日本)
清水洸志(日本)

■VTJ2021視聴方法(予定)
11月6日(土)
午後4時30分~ ABEMA格闘チャンネル

■VTJ2021対戦カード

<58.5キロ契約/5分3R>
平良達郎(日本)
アルフレド・ムアイアド(チリ)

<フェザー級/5分3R>
宇野薫(日本)
原口央(日本)

<ライト級/5分3R>
西川大和(日本)
菅原和政(日本)

<63キロ契約/5分3R>
佐藤将光(日本)
河村泰博(日本)

<ライト級/5分3R>
原口伸(日本)
岡澤弘太(日本)

<ライト級/5分3R>
宇佐美正パトリック(日本)
野村駿太(日本)

The post 【Shooto2021#07】結城大樹戦へ。レーダーチャートばらつきまくりの岩本健汰「打撃もチョットできるぞ」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA UNRIVALED 吉永力 寒河江寿泰 山北渓人 本間祐輔 朴光哲 水垣偉弥 河名マスト 清水清隆 石井逸人 竹浦正起 米倉大貴 門脇英基 須藤拓真

【UNRIVALED】速報中!UNRIVALED 1

9ae8c321-ad0c-40e7-abb7-543315f047c4

さてさて今日はUNRIVALED 1。まだ耳馴染のない方も多いと思いますが、あらゆる組み技のエキスパートが集うグラップリング大会。レスリング、柔道、サンボ、柔術などの特性を生かしたルールとポイント制を用いて試合が行われます。参戦する選手は石井逸人、山北渓人、朴光哲、清水清隆、小谷直之、水垣偉弥などMMAでもおなじみの面々。ルールもよく理解していませんが、PPV配信を見つつ電波と充電の続く限り速報します。


【第1試合】
×寒河江寿泰
(-2対1)
○石井逸人
寒河江が足を掛けて体勢を崩すとそのままバックに回って腕十字を狙う。石井も身体を反転してディフェンス。だが寒河江は下になって腕を離さない。石井はリフトして堪えるが寒河江は三角に移行。時折腕十字に移行して果敢に攻める。だが石井は長時間耐えてスタンドに戻る。石井は何度かタックルを狙うがテイクダウン出来ない。ジリジリした展開が続く。すると寒河江が下に引き込んで腕十字を狙うが不発。引き込んで下になったことで石井にマイナス2点。石井は下から仕掛ける展開が続くがやや膠着。終盤になって寒河江は腕十字、横三角を狙うが石井のディフェンスは固い。石井は最後まで凌ぎ切ってポイント-2対1で石井の勝利です。


【第2試合】
×山北渓人
(ヒールフック)
○吉永力
1R、吉永が自ら下になってマイナス2点。下からしつこく足を狙う。山北はしっかりと対応して上をキープして抑え込む。しかし一瞬の隙を突いて吉永が下からヒールフック!これがガッチリ極まって山北はタップ!吉永が鮮やかに極めた!


【第3試合】
×飯塚優
(アームバー)
○小林潤矢
立ちレスリングから飯塚が素早く足に飛びついて足関節を狙う。しかし小林は素早く対応してスタンドに戻る。しばらく立ちレスリングから飯塚がテイクダウンして上になるが小林は下から腕を狙うが不発。この時点で飯塚に2ポイント。立ちレスリングに戻ると逆に上になったのは小林。時間をかけてマウントに移行。上からアームバーを極めると飯塚はタップ!小林が快勝です。


【第4試合】
○河名マスト
(2対-2)
×村山大介
1R、グラウンドに引き込んだ村山。マイナス2ポイント。下から仕掛けたい村山と上から抑え込もうとする河名の展開。小手投げの状態が長らく続く。時間が経過すると再び村山が下から仕掛ける展開。しかし一瞬の隙をついて河名がガブリからネルソンの体勢で固定するが村山は脱出に成功。しかしその後も河名がガブって村山を亀の状態に固定。最後は河名がバックに回って2点を追加し判定勝利。


【第5試合】
×朴光哲
(-6対8)
○坂本将典
開始直後に坂本が片足タックルでテイクダウンに成功。2ポイント先取。しかし朴もすぐに立ち上がって立ちレスリングが続く。そこから坂本がまたもタックルでテイクダウンして2ポイント追加。だがすぐにスタンドに戻る展開が続く。これで坂本は8ポイント。朴は引き込みを取られたのか-6ポイントと大差がついて残り5分。このままスタンドの立ちレスリングから決定的な場面なく試合終了。ポイント差で坂本に軍配。


【第6試合】
○清水清隆
(0対-2)
×竹浦正起
開始直後にすぐに下になる竹浦。マイナス2点上等。下から仕掛けていくが清水のディフェンスも固い。竹浦は猪木アリ状態の下から背中に飛びつくようなトリッキーな動きや足関節を狙うなど矢継ぎ早に狙う。その流れで足関節をトリガーにバックに回るが清水は脱出。その後も竹浦は尻餅をついた状態で立っている清水を追いかける。するとバッティングしたのか清水の右目尻が出血。ドクターチェックが入って再開。残り3分でやっと竹浦はクローズドガードで清水を捕獲。終了間際に下から三角を狙うが不発。ポイント差で清水の勝利。


【第7試合】
○須藤拓真
(ヒールフック)
×北田俊亮
開始直後に須藤は自ら下になる。時間をかけて下から三角。かわされても足関節を狙うが北田は脱出。それでも須藤はしつこく下から試合を進める。するとまたしても須藤は足関節!北田は何度も身体を反転させて脱出を図るが最後は須藤がヒールフックで試合を極めた!


【第8試合】
×小谷直之
(腕十字)
○樋口翔己
テイクダウンを奪った小谷が2ポイント先取。しかし樋口はすぐに立ち上がって立ちレスリングが続く。身体が離れると小谷の豪快な片足タックルでまたもテイクダウンして2ポイント追加。長らく小谷が上をキープしていたが樋口が下から片足タックル。テイクダウンしかけたかに見えたが、小谷は下からギロチンを狙う。だが樋口は首を抜くとテイクダウンが認められて2点を獲得。上から試合を進めるが大きな展開なし。スタンドに戻ると小谷が豪快なタックルでテイクダウン。しかし樋口もスイープを決めて2点を取り返す。すかさず強引にバックに回ると腕十字!これが極まって樋口の一本勝ち!残り1分を切ったところで樋口が極めた!


【第9試合】
×萩原匡平
(ニーバー)
○福島聖也
下になった萩原が足を効かせて攻めているかみ見えたが、なんと萩原がタップ。福島がニーバーを極めて一本勝ち!たまげた極め方見たぜ。


【第10試合】
○野村優眞
(一本勝ち)
×宮川太暉
長いスタンドの展開から野村がタックルでテイクダウンに成功。パスガードを狙いつつ長らく上をキープする。もつれて場外に落ちそうになり待てがかかる。再開するとまたも野村がタックルでテイクダウン。さらにマウントになった事で合計10ポイント獲得。そのまま肩固め仕掛ける。しかし宮がはスイープ!2点を返すが野村はすぐに脱出に成功。スタンドに戻る。後がない宮川は投げで一本を狙う戦略。しかし野村が逆に押し倒すように投げを打つと宮川が背中をついて一本!野村が完勝です。


【第11試合】
○水垣偉弥
(2対0)
×本間祐輔
序盤は互いに様子を見合う立ちレスリング。しかし警戒しているのかなかなか手が合わなずにこの状態が長らく続く。3分過ぎに水垣のタックルが決まってテイクダウン。2点を獲得。長らく上をキープしていたが本間のディフェンスが固く攻めきれない。それでも水垣は上からダースチョークを狙うなど攻勢。本間は防戦一方。このまま試合が終了しポイント差で水垣が勝利です。


【第12試合】
×門脇英基
(ヒールフック)
○米倉大貴
米倉はスライディングするように下になる。すかさず足関節を狙う。門脇は回転して場外に脱出?再開するとまたも米倉は下になる。2回下になった事でポイントはマイナス4点。完全に一本狙いか。米倉は矢継ぎ早に足関節を仕掛ける。これがとにかくスピードが速い。何度もしつこく仕掛けるとついにヒールフックが極まり門脇がタップ!米倉が鮮やかに仕留めた!
カテゴリー
MMA RIZIN UNRIVALED UNRIVALED01 ブログ 吉永力 寒河江寿泰 山北渓人 石井逸人

【UNRIVALED01】パンクラシスト山北渓人が、吉永力と。シューター石井逸人は、寒河江寿泰戦決定!!

【写真】吉永✖山北は、ポイント制と相まって非常に楽しみな試合だ。技術とポイント、より動けるのはどちらになるか(C)SATOSHI NARITA &MMAPLANET

27日(水)、UNRIVALED実行委員会より11月3日(水・祝)に東京都板橋区の新河岸に設置されるUNRIVALED特設会場で開催されるUNRIVALED01の追加カードが発表されている。

門脇英基✖米倉大貴、水垣偉弥✖本間祐輔、須藤拓真✖北田俊亮、朴光哲✖坂本将典、河名マスト✖村山大介など柔術、グラップリング、MMAファイターという畑の違うファイターが、一つのルールの下で戦う興味深いカードが既出となっていた同大会で、追加カード4試合が明らかとなり、プロマッチ12試合が出揃った。


今回決まったカードは道着ルールでJBJJF茶帯ライトフェザー級優勝、パンクラスでMMA経験もある野村優眞が、宮川太暉と対戦。RIZINグラップリングでテイクダウンと盤石の抑える強さを見せ、アンライバルドルールに相当に適していると思われる小谷直之は、樋口翔己を相対する。

さらにノーギも柔術の一つ派でコンバット柔術もこなす寒河江寿泰は、柔道ベースのプロシューター=石井逸人とのマッチアップが決まった。全日本ノーギで須藤に遅れを取った寒河江が、引き込みが減点のアンライバルドルールで如何に極めの強さを見せるか注目だ。

シューター=石井に対し、パンクラシスト山北渓人の参戦を決まった。今やMMA界を接戦しつつある専修大OB軍の1人である山北は、フリースタイルレスリングをベースに柔術を融合させデカゴンで、サブミッションレスラー的なファイトスタイルで6連勝中、ストロー級の頂点が見えてきた地位にある。

そんな山北の対戦相手は吉永力、日本柔術界のルースター級を代表をする実力者だ。山北はこれまで下になってはならない戦いのなかで、そのレスリング力を武器に勝利を手にしてきた。

対して、吉永は減点覚悟で引き込みも持さないグラップリングで勝負してくるだろうが、道着でギロチンを極める技術力の高さは、山北のテイクダウンへの抑止力になることは絶対だ。ポイント制の妙が、一本への扉を広げるのか、隙を埋めていくのか楽しみなマッチアップだ。

The post 【UNRIVALED01】パンクラシスト山北渓人が、吉永力と。シューター石井逸人は、寒河江寿泰戦決定!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA UNRIVALED UNRIVALED01 本間祐輔 水垣偉弥

【UNRIVALED01】本間祐輔とグラップリングマッチ、水垣偉弥「今、デキるベストを尽くして」

【写真】世界の最高峰でバチバチの試合をしてきたファイターとは思えないほど、普通の人化している(もとからケージの外はそうだった)水垣。アンライバルドはポイント制だが、数字とカタカナは苦手なので感性で動く試合になりそうだ(C)MMAPLANET

11月3日(水・祝)に東京都板橋区新河岸のUNRIVALED特設会場にいて開催されるUNRIVALED01に、水垣偉弥が出場する。

MMAで世界を知る水垣のグラップリング初挑戦の相手は、グラップリングで世界を知る本間祐輔だ。昨年6月に現役引退発表、実際は一昨年中にプロフェッショナルファイター人生に区切りをつけていた水垣は、今年の9月に横浜市港南区にオープンしたBELVAでの指導など、第2の人生を着実に歩んでいる。


日本人として規格外、世界のトップと殴り合って来た彼が、このタイミングで組み技に挑戦する。今回の試合に向けて、水垣から抱負が届いたので、お伝えしたい。

水垣偉弥
「今回アンライバルドに出場することになりました。自分にプログラップリングの大会からオファーがあるとは思ってもいませんでしたし、自分自身の練習がどこまでできるか不安もあったので、実はオファーを頂いた時はお断りしようと考えていました。

ただグラップリングや柔術などこれから組技の試合には出ていきたいとと思っていましたし、MMAのときのような試合に向けての取り組みというのは、この先の人生を考えてもう出来ないなと考えた時に、今、デキるベストを尽くしてこの頂いたチャンスに挑戦したいという思いに変わりました。

久しぶりの実戦に少しワクワクしているのと、どこまでやれるかという不安の両方がありますが、やるからには勝利に向けて全力尽くしたいと思います。

本間選手は組み技競技で素晴らしい実績のある選手です。本間選手に挑戦するという気持ちで臨みたいと思います」

The post 【UNRIVALED01】本間祐輔とグラップリングマッチ、水垣偉弥「今、デキるベストを尽くして」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ONE UNRIVALED UNRIVALED01 今成正和 本間祐輔 朴光哲 水垣偉弥 河名マスト 清水清隆 竹浦正起 米倉大貴 須藤拓真

【UNRAIVALED01】正式船出、アンライバルドに河名マスト、須藤拓真、朴光哲、そして水垣偉弥参戦

【写真】須藤、川名とRoad to ONEで良い勝ち方をしたばかりの選手がタイムリーな出場を果たす(C)MMAPLANET

11日(月)、UNRIVALED実行委員会より11月3日(水・祝)に東京都板橋区の新河岸に設置されたUNRIVALED特設会場にいて、UNRIVALED01の開催と対戦カードの発表があった。

アンライバルドはポイント制グラップリング大会で、組み技系のあらゆる競技者が力を発揮しやすいルール設定を心掛け、昨年12月の準備大会、5月のアマ大会=UNRIVLED ALTANAを開いてきた。

今回はプロ10~11試合と、アマ大会の共催となり、観客クローズド=TIGETでのライブ配信大会として行われる。本日の発表では道着マッチ1試合を含むプロ8試合、非常に興味深いマッチアップが明らかとなった。


テイクダウンP有りのルールは、河名に適しているか

まず目につくのが5日のRoad to ONEに出場し、それぞれ一本勝ちを収めた河名マストと須藤拓真の出場だ。

グレコU23世界王者の河名の相手は、マスタージャパン所属の村山大介が務める。

引き込みはマイナスというのも興味深い

またMMA出場4試合、全てが足関節で一本勝ちの須藤は、月のIBJJF全日本ノーギ・エキスパート・フェザー級優勝している柔術家でギロチンマスターの北田俊亮と対戦する。

北田とTribeの同門といって良い清水清隆は、MMAで戦う時と比較すると9キロ重いフェザー級で竹浦正起と戦う。

竹浦は今年のJBJJF全日本柔術選手権黒帯ライトフェザー級3位の新世代柔術家だ。

また須藤と同様に全日本ノーギ・ライトフェザー級優勝の米倉大貴は、フェザー級(65.8キロ)で大ベテランの門脇映基とのマッチアップが決まった。

昨年のZST GTFの60キロ級Tを制した米倉と、宇宙を語る腹固めマスター=教祖はグラップリング異次元対決だ。

北田、門脇と並びMMAベテランズからは朴光哲が8月のIREのコンバット柔術=✖今成正和戦に続き、グラップリングに挑戦。

SKレスリングアカデミー所属、世界ベテランズレスリング選手権フリースタイル70キロ級優勝の坂本将典と戦う。カンチョルの掟破りのビクトル投げからのヒザ十字が極まるか、注目だ。

10年前には10thPlanetでエディ・ブラボーと稽古をしている水垣

さらにMMA界のビッグネーム、水垣偉弥の出場も決定した。

完全ストライカー、組み技は徹底してスプロールでテイクダウンを拒否していた水垣は昨年にMMAから引退し、驚きの組技戦挑戦となった。

世界の水垣の相手を務めるのが、柔術で世界を知る本間祐輔だ。本間は08年と09年のムンジアル黒帯ルースター級準優勝、カルペディエム所属時代には2015年のノーギワールズ黒帯ルースター級で世界2位となっている。

この他3試合が予定されており、まだとっておきのビッグネームの参戦もありそうなアンライバルドの正式旗揚げ戦、追加カードの発表も待ちたい。

The post 【UNRAIVALED01】正式船出、アンライバルドに河名マスト、須藤拓真、朴光哲、そして水垣偉弥参戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP IRE05 MMA UNRIVALED YouTube タツノスケ 今成正和 寒河江寿泰 朴光哲 村田卓実

【IRE05】コンバット柔術で今成✖朴光哲。村田と寒河江は同門でどこまで掌底を落とせるのか?!

【写真】なんだか、今世の対決とは思えない顔合わせだ(C)MMAPLANET

14日(土)、東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオにて、今成柔術主催のIRE(Imanari Roll Extasy)05が開催される。

サブオンリールールでEBIならぬIREオーバータイム制ではシートベルトとスパイダーウェブでなく、50/50とサドルを選択するという足関スペシャリストらしいルール設定の同大会。

今回は今成正和が自らコンバット柔術に出場し、MMAは昨年限りで引退した朴光哲と対戦する。


コンバット柔術もエディ・ブラボーが創作・主催してきた掌底ありのノーギグラップリングだが、ここでも延長になると50/50かサドルを選択するという今成流儀で実施される。

今回の目玉は今成✖朴だけでなく、コンバット柔術の70キロトーナメントだ。その出場者は村田卓実、寒河江寿泰という今成柔術のメンバーに加え、DEEPでMMAを戦う小林博幸、UNRIVALEDのトップ重視ポイントグラップリングで村田を破っているカルペディエム芦屋の所属のタツノスケ。

さらに今成柔術から第3、第4の参加となるジャッキー、高橋秀彰、インファイト柔術から勅使河原稜太が出場する。

サブオンリーだけに引き込むことは可能だが、やはり掌底があると躊躇することは十分に起こりえる。そうしたケースで、今大会はマットでなくケージ使用ということで、壁レスの対応も勝負のカギを握ることになるか。

いわば掌底を落とされる覚悟をもって下になることができれば、動きを限定できるケージすら見方にできる。

そういう意味で、壁レスをやりこみ、上にも下になれるMMAベテランの村田が本命視されるが、70キロという階級も従来のグラップリングより大きなファクターだ。

対抗は昨年、コンバット柔術ルールでMMAファイターの清水俊一をヒールで破っている寒河江か。さらにいえば、この同門が対戦した場合、どこまで非情に掌底が打てるのか……。この両者に如何にタツノスケ、そして小林が絡んでいけるか。

今成✖朴に関していえば、朴が掌底勝負に出ると、そこは今成が足を絡ませる機会を与えることになる。朴がいかなる勝算ももってケージに入るのか、斜め上から楽しみたい一戦だ。

掌底&壁レスの要素が加わるサブオンリー・グラップリング──ケージ際に注目したい。なお今大会の模様はYouTube、ImanariTVで配信される予定だ。

The post 【IRE05】コンバット柔術で今成✖朴光哲。村田と寒河江は同門でどこまで掌底を落とせるのか?! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP Tokyo Impact MMA UFC UNRIVALED ブランドン・モレノ 平田直樹 海外 神田コウヤ

【DEEP Tokyo Imapact】神田コウヤ戦へ。平田直樹─02 ─「絢太郎さんが王者の間に力をつけたい」

【写真】しっかりと計量もクリアした平田直樹 (C)DEEP

明日19日(土)、東京都港区のニューピアホールで開催されるDEEP TOKYO IMPACT2021~ 2nd ROUND~のメインで神田コウヤと対戦する平田直樹インタビュー後編。

グラップリングの練習をすることで組み技マッチでも腕試しをしたいという平田は、DEEPフェザー級チャンピオン牛久絢太郎を先輩に持つ。

J-MMAの5年後を支える候補、平田直樹は牛久がチャンピオンである間に力をつけ、先輩のステップアップ後のベルトを虎視眈々と狙っている。

<平田直樹インタビューPart.01はコチラから>


──それだけグラップリングの練習をしていると、MMAの試合期間が空いたときに組み技の試合に出てみたいと思うことはありますか。

「あります。グラップリングも柔術も出たいです。練習していると、試合に出て試したくなります。柔術も出たこともありますし。MMAに重ならないなら、出てみたいです。

こないだUnrivaledで道着マッチで勝った宮川太暉選手は僕の先輩なんです。道着でもノーギでも面白そうですし、どっちでも戦ってみたいです」

──その機会があれば、楽しみです。ところで今回の神田選手との試合は、挑戦権が近づく試合になることは間違いないです。

「タイトルに絡めた嬉しいですけど、もっと色々な経験がしたいです。だからこの試合に勝って、タイトル戦線というのはあまり考えていないです。先輩の牛久絢太郎選手がチャンピオンですし、絢太郎さんに大きな舞台にいってもらってから考えたいですね」

──今回の神田選手だけでなく、あとからデビューした同世代の山本歩夢選手などフェザー級も若くて楽しみな選手が増えてきました。

「特に他の選手のことは気にしていないです。試合が決まったら戦うだけで」

──平田選手は海外の試合もよくチェックしているそうですね。

「試合も見るのはUFCとかが多いですし。ブランドン・モレノがチャンピオンになったフライ級世界戦とか、凄かったです。

階級を問わず、自分に似たようなタイプの選手の試合を視て、技術を参考にして取り入れてみようとか思います。そうやってフィニッシュへの意識を高めています。やっぱりフィニッシュはしたいですからね」

──そういう点も踏まえ、またタイトル戦線も考慮して目指したいところは?

「ここを勝って……絢太郎さんが上の舞台に行き、自分はDEEPのタイトルを取る。そして海外へ行きたいという気持ちは今も変わらないです。もし国内でベルトを取るのに時間が掛かるようなら、いつ行ける状態になるのか分からないですけど、自分は外に行くつもりでいます。

でも、できるならDEEPのタイトルを取って、国内で実績を残して挑戦したいというのはあります。何よりも、その前に米国で練習してみたいですね。絢太郎さんが次のステップに行くまでに、自分がしっかりと強くなり、絢太郎さんが返上したら、直ぐに取りにいけるように準備しておきたいです。

神田選手との試合に勝って、2週間後には絢太郎さんの防衛戦があるので、しっかりと協力できるようにしたいです。絢太郎さんには、ちゃんと勝ってほしいので」

──今回は2日間で、CORO選手を始め多くの練習仲間が試合に出ます。

「ハイ、アマチュアを含めると19日と20日で8、9人出るんじゃないですかね。皆の調整期間が同じだったので、お互い刺激しあえました。個人的には色々な調整の仕方があるから、それを見ているのも興味深かったです」

──5年後のJ-MMAのために、どのような試合をしたいでしょうか。

「もちろんKO、フィニッシュ……一本を狙って、次につながる勝ち方をしたいです。仕上がりは過去最高なので、皆の期待に応えてメインイベンターらしい試合をします」

■視聴方法(予定)
6月19日(日・日本時間)
午後5時15分~PPV SPWN

■DEEP Tokyo Impact 計量結果

<フェザー級/5分3R>
神田コウヤ: 66.05キロ
平田直樹: 66.25キロ

<フェザー級/5分2R>
オーロラユーキ: 65.85キロ
小川顕広: 66.15キロ

<バンタム級/5分2R>
力也: 61.65キロ
伊澤カズト: 61.45キロ

<フェザー級/5分2R>
鬼山班猫: 66.0キロ
高塩竜司: 66.15キロ

<女子58キロ契約/5分2R>
熊谷麻里奈: 57.8キロ
村山多笑: 57.6キロ

<フライ級/5分2R>
RYOGA : 56.9キロ
風我: 56.85キロ

<ストロー級/5分2R>
竜己: 52.15キロ
キンタ・ジ・エンド: 52.65キ

The post 【DEEP Tokyo Imapact】神田コウヤ戦へ。平田直樹─02 ─「絢太郎さんが王者の間に力をつけたい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Report UNRIVALED タツノスケ ブログ 山田海南江 村田卓実 藤野恵実

【UNRIVALED】藤野恵実、総合組み技戦で山田海南江に敗れる。異種組み技から総合組み技への一歩

【写真】立ちの攻防をスポイルさせないポイント制のアンライバルドだからこそ、スイープとスクランブルの攻防が重要になり手に汗握る攻防になる(C)MMAPLANET

22日(土)、東京都新宿区のGENスポーツパレスで「UNRIVALED ALTANA」が開催され藤野恵実が山田海南江に1-6で敗れた。

アンライバルドは最近の潮流にあるノーポイント&サブオンリーではなく、ポイント制を用いている。背中から落とした投げに一本、引き込みがマイナス2P、抑え込みと一部のサブミッションに捕らえられた状態からエスケープして立ち上がり、正対するとリカバリーの1Pが与えられる。

立ち技をスポイルしないことで、柔道、サンボ、MMAファイターにも門戸を開くトータルグラップリングの確立を目指す大会だ。そんなアンライバルドのアマチュア大会にクィーン・オブ・パンクラシスト藤野が出場し、トップレスラーから柔術に転じ、このルールに最も適していると思われるスタイルの山田と対戦した。


<グラップリング59キロ/10分1R>
山田海南江(日本)
Def.6-1
藤野恵実(日本)

フィジカルで上回る藤野だが、彼女のテイクダウンは打撃があってのテイクダウンであり、グラップリングでは受けのファイトにならざるを得ない。

そんな立ちレスの状態で山田が見事なニータップ気味の朽木倒しでテイクダウンを奪うと、スタンドに戻ることなく寝技勝負を挑んだ。

ハーフの藤野からパスを決め、しっかりと抑える山田。足を戻せない藤野は、腹ばいになりシングルに出るも、がぶった山田がバックに回り両足をフック、ポイントを6-0とする。

足を開かせ、腰をずらして胸を合わせたい藤野だったが、このタイミングで山田が巧みにトップをキープし肩固めの要領で抑える。

藤野はフレームを作って解除し、背中を預けてスクランブルへ。ここも立ち切れず、山田がワンフックのバックから再びトップを取りにいく。

このタイミングで足を引き、柔術立ちした藤野のリカバリーに1Pが入る。

ただし時間は殆ど残っておらず、立ちレスの攻防で時間となり山田が藤野を6-1で破った。

テイクダウン→パス→バックグラブでポイントを重ね、藤野がスクランブルで1Pを挽回。この試合はサブミッション・アテンプトがあればアンライバルドの目指す総合組み技戦=トータルグラップリングを体現しているファイトであったといえよう。

その点でいえば最終試合もアンライバルドらしい、試合展開であった。

<グラップリング65キロ級/10分1R>
タツノスケ(日本)
Def.2-0
村田卓実(日本)

タツノスケが立ちレスでテイクダウンを狙い、スタンドで圧力をかける。

村田はマイナス覚悟で引き込みを続け、下からフィニッシュを狙いつつ、とり切れないと判断するとリバーサルでマイナス分を取り戻す。

さらに上からキムラの狙いの村田に対し、タツノスケがハーフでブリッジしたスイープは、彼がカルペディエム芦屋所属ということを考えると、攻防で魅せる部分では大会ハイライトといえよう。

結果的に上を取り切ったタツノスケが2-0でポイント勝利となった一戦は、同じ意志を持つ同種格闘技のなかで互いが攻防を見せたノーギグラップリング、そして大会ベストバウトだった。

対して山田✖藤野は異種の格闘家が、トータル組み技能力を競い合った対戦であった。

総合組み技力を問うアンライバルドだが、現状は異種組み技戦という要素が強い。特に道着の2試合は引き込みを選択した相手の土俵に、上の選手が足を踏み入れないよう戦う時間が多かった。それでも果敢にパスを狙うシーンも見られ、また結果的に自分のフィールドに持ち込んで足関決着もあり出場選手のチャレンジ精神は十分に伝わってきた。ともあれ引き込んで減点された相手に対し、上の選手が寝技に応じない点において柔術的な見方をすれば、不満が残るのも事実だろう。

と同時に総合的な組技を目指すのであれば、マイナス覚悟でも十分な形で引き込むことも重要視される。現状、ルールセットは総合組み技戦、マインドセットは異種組み技戦のアンライバルドだけに、山田✖藤野が異種ながら総合組み技戦となった──いや山田がそう戦ったことが光った。ルールセットの設定は試行錯誤があっても容易い。その一方でマインドセットの浸透は勝負が掛かっているのだから、簡単ではない。総合でなくても、出場選手は勝ちたい。結果的に総合力がないと勝てないよ──という状況まで、試合内容を昇華させることが、総合組み技戦=アンライバルドにとって不可欠。長い旅ははじまったばかりだ。

■その他の試合結果

<グラップリング無差別級/10分1R>
アンディコング(日本)
Def.18-6
谷口実(日本)

<グラップリング80キロ/10分1R>
高橋快人(日本)
Def.3分56秒by ストレートフットロック
ヨシイノウエ(日本)

<道着60キロ級/10分1R>
宮川太暉(日本)
Def.2- -2
堤宏太(日本)

<道着80キロ級/10分1R>
下前快喜(日本)
Def.5分03秒by トーホールド
深沢新(日本)

The post 【UNRIVALED】藤野恵実、総合組み技戦で山田海南江に敗れる。異種組み技から総合組み技への一歩 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview JJ Globo UNRIVALED ブログ 山田海南江 藤野恵実

【UNRIVALED】「まだ生きているよ」藤野藤野恵実が組み技戦で、天皇杯3位の紫帯・山田海南江と対戦

【写真】がぶっても、これはダメ!! 上攻め重視のアンライバルドで藤野がどのようなMMAグラップリングを見せるか (C)KEISUKE TAKAZAWA

明日22日日(土)、東京都新宿区のGENスポーツパレスで開催されるグラップリング大会「UNRIVALED ALTANA」で、藤野恵実が出場しエキスパート59キロ級で山田海南江と対戦する

MMAは一昨年12月以来、試合機会が巡って来ないQOP藤野は、3月のQuintetに続きグラップリングで戦うことを決めた。エントリー費用を納めて、試合をする──純然たるアマチュア組み技戦への出場に関して、「ひっそり試合がしたかった」と何度も言葉を重ねる藤野が、試合前日にインタビューに応じてくれた。

Unrivaled(アンライバルド)はグラップリングながら、最近流行りのノーポイント&サブオンリーではなく、またIBJJFノーギ柔術とも違う。柔道、サンボ、MMAグラップリング、柔術の技術をスポイルしない総合組み技格闘技を実践するために独自のポイント制を用いている。

テイクダウンは2P、引き込むと-2P、リバーサルで上を取れば2P、さらにマウント、サイド、バックマウントにも各2Pが与えられ、抑え込みとサブミッションからエスケープして立ち上がり、向き合うとエスケープで1Pが入るのも大きな特徴だ(サブミッションに関しては、下からの腕十字や三角、足関節を上の選手が逃げて立ち上がってもポイントとはならない。あくまでも下でサブミッションの態勢に入られたり、バックチョークなどの攻撃を受けている選手が技を解き、立ち上がってエスケープすることで加点される)。

もちろんサブミッションによるフィニッシュ、加えて投げ技でも背中から落とせば一本が認められている。そんなアンライバルドで藤野が対戦する山田海南江は2016年レスリング天皇杯48キロ級3位、社会人選手権でも上位入賞を繰り返したレスラーで、柔術ではTriforceからIglooに籍を移し紫帯を巻く。

柔術に偏らないためのグラップリング=アンライバルド・ルールにもっと適した山田との対戦を翌日に控え、藤野に話を訊いた。


──アンライバルドの対戦カードに藤野選手の名前を見つけて、正直驚かされました。

「ひっそりと出たかったのですが、SNSでプロマッチのように紹介されてしまって(苦笑)。ちょっと待ってよ……と。参加費払って出る試合なのにって」

──ともあれ、このタイミングでグラップリングマッチに出場するというのは?

「MMAの試合がなかなかなくて、相手やタイミングが合わないということで。もう1年半戦っていないですからね。ただケガもあって、ヒザの調子もあってMMAは難しいという時にQuintetの話を頂いて。それを機に出られる試合はどんどん出たいと思うようになりました。

それに立ち技でプロMMA選手がアマチュアの試合に出るというのも難しいのですが、グラップリングはプロやアマチュアという区切りはないので、出てみようと思いました」

──ではヒザの具合は?

「日常生活はできないけど、スパーリングはデキるという感じです」

──どういうことでしょうか(苦笑)、逆じゃないですか。普通は!!

「慣れているので、練習はアドレナリンと気を抜かないでいると大丈夫なんです。でも、日常生活は気を張っていないので……」

──なるほど、そういうことですか。ではアンライバルドですが、組み技といっても柔術家がすぐに座るケースが多いノーポイント&サブオンリーとも、IBJJFのノーギとも一線を画したポイント制を用いています。

「ルールに関しては、そんなこだわりはないです。ただアンライバルドの下重視では組み技ルールというのは、出ようと思ったきっかけにはなっています。あくまでも一番戦いたいのいはMMAですし、アンライバルドのルールだとMMAグラップリングでも戦えると思いました」

──それが……対戦相手はレスリングで実績を残している山田選手になりました。

「ほんと引き込まないだろうし、テイクダウンを取られるかもしれないですし。アンライバルド・ルールの利点が、こっちにない。だからひっそりと試合をしたかったです(苦笑)」

──これまで練習で顔を合わせたことなどは?

「私はIGLOOの女子練習に参加したことがあったのですが、その時には一緒ではなかったです。結局、時間的に合わなかったので、1度しかIGLOOの女子練に参加できていないのですが、あの後に彼女は入会したようです。

でも、このクラスのレスラーと組める機会もないので、これまでやってきたことを出したいです。相手ありきの出場ではないですし、エントリーシートを見て山田選手と戦うことを知りました。それこそ勝って当たり前の試合だと意味がないですし、強い相手で良かった……かな?(笑)」

──アハハハハ。59キロは藤野選手の体重ですよね。

「ハイ。試合が組まれるかどうか、一昨日まで分からなかったです。きっと体重を合わせてくれたのでしょうね。10キロも違いはないでしょうが、私の方が大きいです」

──では上を取ることが重視されたグラップリングで、どのような試合をしたいですか。

「正直な話、プロの試合は結果とチケットを買ってくれた人達のために面白い試合をしないといけないですけど、今回は完全に自分の練習と勉強のため。だから、試合内容はどうだろうが勝つことだけ考えて、自分ができることで一番得意なことをぶつけます」

──この試合をMMAに生かす、その気持ちは?

「もちろんあります。逆にもうMMAがないなら、この試合も出ていないです。まだ生きているよって、見せたいです」

The post 【UNRIVALED】「まだ生きているよ」藤野藤野恵実が組み技戦で、天皇杯3位の紫帯・山田海南江と対戦 first appeared on MMAPLANET.