カテゴリー
LFA103 other MMA Report スパイク・カーライル バットスムベレル・ダグワドルジ ブログ

【LFA103】ボディを効かされたカーライルが、ワンTDからバックを制してRNCでダグワドルジを破る

<ライト級/5分3R>
スパイク・カーライル(米国)
Def.1R4分00秒by RNC
バットスムベレル・ダグワドルジ(モンゴル)

フェザー級から階級を上げてきたカーライルと、ウェルター級から下げたダグワドルジ。恐ろしいことに全く遜色ない体格のカーライルが右ハイを見せる。右フックを当てたカーライルに対し、ダグワドルジは左ストレートを伸ばす。距離を詰めアッパーを打ってきたカーライルに組みついたダグワドルジが、テイクダウン狙う。

ダグワドルジが差し替える際に、離れたカーライルだが首相撲からヒザをボディに受け、さらに左ボディショットを打ち抜かれる。カーライルはケージ際を回るようになり、街の姿勢に。ダグワドルジは左ボディをもう一発入れて、クリンチからテイクダウンを狙う。耐えるカーライルにアッパーを見せたダグワドルジが、さらに左フックを入れる。直後にカーライルがダブルレッグでテイクダウンに成功する。

両足を束ねて抑えるカーライルが、立ち上がろうとしたダグワドルジの背中に乗って両足をフック。RNCをセットし仰向けで絞めあげる。ダグワドルジが観念してタップ、カーライルがLFAで再生の一歩を踏み出した。


The post 【LFA103】ボディを効かされたカーライルが、ワンTDからバックを制してRNCでダグワドルジを破る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA103 other MMA Preview  フェルニー・ガルシア シンシア・アーセオ スパイク・カーライル バットスムベレル・ダグワドルジ ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA103】メインは意外性の男カーライル✖魂のファイト=ダグワドルジのライト級。セミに松濤館女子出場

【写真】メインで対戦するカーライルとダグワドルジ (C)LFA

26日(金・現地時間)、オクラホマ州ショーニーのグランドカジノ・ホテル&リゾートでLFA103「Carlyle vs Dagvadori」が開催される。

メインはUFCを1勝2敗でリリースされたスパイク・カーライルが、ウェルター級王座に挑戦も魂のファイトの末に敗北を喫したバットスムベレル・ダグワドルジと対戦する。


カーライルはズバリ意外性のファイターだ。打撃で劣勢になり、走って逃れながらスピニングアックフィストでKO勝ちしたり、ケージに押し込まれた状態でエルボーの頭部に連打し、ダウンを奪ってマウントからパウンドアウトするなど、過去の試合で見せてきた。

手足は決して長くないカーライルは、テイクダウン&パウンド、スクランブルでポジション奪取という平均的な試合を全力で動いてモノにしてきた。対するダグワドルジはオーバーハンドとフックのファイターで、根性のファイトが判定に反映されるために、打撃後に組まれて倒されることを警戒したい。

セミでは初代LFA女子ストロー級王者ヴァネッサ・デモパウロスが、シンシア・アーセオとの対戦で再起をかける。

昨年7月の王座を奪取したデモパウロスは、8月のコンテンダーシリーズで敗北しUFCにステップアップを果たせず、2カ月後にはルピタ・ゴディエネスに敗れベルトも失ってしまった。

3連敗は再浮上の芽を摘まれるために許されないデモパウロスと戦うアーセオはユナイテッド松濤館空手協会出身、ヘッドギアとグローブ着用で顔面への直接殴打が認められたポイント制ルールなどで活躍してきた。

とはいえ、蹴りが届く距離でピョンピョン飛び跳ね重心の高い構えの打撃は、MMAへ応用するのは難しい。Invicta FCで跳ねることができなかったアーセオにとっても、正念場のLFA初陣&前王者との対戦となる。

またイザヤ・バティン・ゴンザレスと対戦するフェルニー・ガルシアは、LFA初陣でスプリット判定負けをして以来、現在3連勝──うち2つがスプリット判定勝ちという接戦男だ。

4連勝できれば、王座挑戦が見えてくるだけに大切なゴンザレス戦となる。

■視聴方法(予定)
3月27 日(土・日本時間)、
午前10時00分~UFC Fight Pass

■ LFA103対戦カード

<ライト級/5分3R>
スパイク・カーライル(ブラジル)
バットスムベレル・ダグワドルジ(モンゴル)

<女子ストロー級/5分3R>
ヴァネッサ・デモパウロス(米国)
シンシア・アーセオ(米国)

<ライト級/5分3R>
アブドゥルカリーム・アルセルワディ(米国)
ジェイク・セバスチャン(米国)

<バンタム級/5分3R>
フェルニー・ガルシア(米国)
イザヤ・バティン・ゴンザレス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・クィンラン(米国)
ダラス・ジェニングス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ケンドリック・ラッチマン(米国)
ルシアノ・ラモス(アルゼンチン)

<ライト級/5分3R>
ジャコビー・ジョーンズ(米国)
キャメロン・アンセル(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ジオヴァナ・カヌート(ブラジル)
アマンダポ・ボーグ(米国)

The post 【LFA103】メインは意外性の男カーライル✖魂のファイト=ダグワドルジのライト級。セミに松濤館女子出場 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN09 スパイク・カーライル ビリー・クゥアンティロ ブログ

【UFC ESPN09】これがUFC……。クォアンティロがカーライルとの超高度スクランブル戦を勝ち切る

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
スパイク・カーライル(米国)

開始と同時にダッシュで距離をつめ前蹴りを繰り出したカーライル。これをクゥアンティロがキャッチしてテイクダウンへ。手をついてすぐに上体を起こしたカーライルが、テイクダウン狙いで姿勢が低くなったクゥアンティロのバックに回る。前転してハーフから潜ろうとしたクゥアンティロだが、カーライルは立ち上がって鉄槌を落とす。クローズドのクゥアンティロをリフトアップしたカーライルがスラム。

クゥアンティロは同時に腰を切って腕十字を狙うも、カーライルが察知して腕を即引き抜く。スクランブルに切り替えたクゥアンティロの背中をもう一度制したカーライルは、両足をフックして寝技へ。マウントに移行して殴るカーライルに対し、クゥアンティロはもう一度背中を見せて前方に落としていく。背中をキープしたカーライルが思い切り左右のパンチを落とし、上を向いたところでエルボー打ち込む。ケージキックから後転したクゥアンティロを腕十字に捕えたカーライルだが、腕を抜かれて下にされる。ここまで2分、ノンストップで動き続けた両者が、呼吸を整える。

ケージに寄り立ち上がるとしたカーライルだが、逆にバックグラブを許してしまう。それでも手首を掴んで、頭を入れたカーライルが胸を合わることに成功する。クゥアンティロはクローズドを取り、腕十字やヒザ十字を狙うが防いだカーライルが重いパンチを打ちつける。残り10秒を切りパンチを落としていたカーライルは、なぜかパンチをやめて歩いてコーナーに戻ろうと背中を見せる。すかさずクゥアンティロは追いかけて後方から思い切りパンチを打ち込んだ。

必要ないパンチをテンプルに受けて倒れたカーライルは2Rに入ると、左エルボーでダウンを奪う。起き上りつつ組んだクゥアンティロがバックを制して両足をフック。前転にも背中に乗り続けたクゥアンティロは、サイドバックに移行してから自ら背中をつけてグラウンドへ。その刹那、胸を合わせたカーライルがパンチを落とす。

クゥアンティロが立ち上がろうとするとカーライルは、ダブルレッグでソレを許さない。ケージキックからクローズドに戻したクゥアンティロが下からエルボーも、カーライルが勢いのある左を連打する。たまらず立ち上がろうとしたクゥアンティロのバックを取り、両足をフックしたカーライル、試合はスクランブルからスタンドへ。

ワキを潜ったクゥアンティロがバックに回ろうとし、正面を向いたカーライルのボディに思い切りヒザを入れる。これが効いたカーライルは、テイクダウンを奪われるが、すぐにスクランブルに持ち込む。離れたカーライルはスタミナが切れかかっているが、必死にシングルからテイクダウンを決める。クゥアンティロは三角に入ると、2度組み変えて腕十字へ。腕を抜いたカーライルは、ラウンド終了と同時に両手を挙げたがスタミナが切れかかっているのは明白だ。

最終回、クゥアンティロの右に組みついたカーライルがテイクダウンを狙う。バックに回ったカーライルに対し、キムラから胸を合わせたクゥアンティロが、今度はウィザーでバックを許さない。と、カーライルが反り投げを仕掛けるが、すぐに立ち上がったクゥアンティロがトップを取る。

パス狙いのクゥアンティロだが、スクランブルで下にされると動きが一気に落ちる。蹴って距離をとったクゥアンティロが立ち上がろうとすると、カーライルはダブルレッグへ。ケージを背に立ち上がったクゥアンティロは、バックを許さずヒザを入れる。逆にバックに回ったクゥアンティロ、カーライルはヒザをつき両足をフックされる。ワキの下からパンチを入れるクゥアンティロは、右のパンチからRNCを狙う。

自ら後方に倒れ込みポジションをキープするクゥアンティロ。肩ヒザをついて亀に戻ろうとしたカーライルは、もう一度仰向けにされると胸を合わせつつスタンドへ。スタミナが切れた両者、最後の10秒は足を止めての魂の打ち合いに。ここでも攻勢だったのはクゥアンティロだが、ジャッジはどのように判断するか。ファイト・オブ・ザ・ナイト確定といえる激闘は、29-28で3票を集めたクゥアンティロが逆転判定勝ちを収めた。

日本ではほぼ無名の両者の異様にレベルの高い、スクランブルMMA──恐ろしくなる試合内容だった。