カテゴリー
DEEP MMA RIZIN RIZIN TRIGGER01 キック ストラッサー起一 ダイキライトイヤー 住村竜市朗 修斗 山本空良 川中孝浩 昇侍 木下憂朔 松場貴志 榊原信行 獅庵 竹本啓哉 萩原京平 釜谷真 魚井フルスイング

【RIZIN TRIGGER01】追加MMマッチ8試合発表。引退撤回の釜谷真「高校卒業から20年目の甲子園出場」

【写真】9月のGladiatorで体重オーバーでタイトルを剥奪された竹本啓哉と同プロモーションの変則バンタム級選手権試合を戦い、敗北を喫した釜谷は引退宣言──からの一発逆転のRIZIN出場となった。とにかくやり切って欲しい (C)MMAPLANET

3 日(水・祝)、 28日(日)に神戸市中央区の神戸ワールド記念ホールで開催されるRIZINの新ブランド=ケージ使用大会RIZIN TRIGGER01の追加カードが発表された。

昇侍✖萩原京平に続くマッチアップは、ストラッサー起一✖木下憂朔、住村竜市朗✖木下憂朔、ダイキライトイヤー✖釜谷真、竿本樹生✖松場貴志などMMAで8試合、主に関西勢の出場となる。


「年内を走り切りたい」と冒頭で挨拶した榊原信行代表は来年から本戦、ランドマーク、トリガーの3つのシリーズの違いを明確にしたいという意向を話し、トリガーは改めて地方でコンパクト化したイベントを積極的に開く、年間5大会の開催を予定していることを明らかとした。

榊原代表によるとRIZINはリングに拘るとする一方で、トリガーシリーズは基本はケージを使用することで選手のレベルアップになるという説明があり、トリガー01はワールド記念ホールのキャパの半分4500枚ほどのチケットが販売されるとのこと。

引き続き12試合対戦カードの発表という運びとなり、キック4試合に続き、MMAは8試合──加藤ケンジ✖藤原克也=61キロ、奥田啓介✖グラント・ボグダノフ=73キロ、釜谷真✖ダイキライトイヤー=61キロ、住村竜市朗✖木下憂朔=77キロ、ストラッサー起一✖川中孝浩=77キロ、鈴木千裕✖山本空良=66キロ、竿本樹生✖松場貴志=57キロ、獅庵✖魚井フルスイング=61キロ、そして堀江圭功の出場が榊原の口から伝えられた。

さらに出場選手の中から以下の3選手のコメントが笹原圭一広報により読み上げられた。

釜谷真
「僕は高校野球をしていたのですが、学校が甲子園に出た時にアルプススタンドで応援をしていて、その悔しさを晴らすべく格闘技を始めた部分はあります。RIZINは僕の甲子園です。高校を卒業して20年が過ぎ、21世紀枠ですが僕の甲子園出場が叶いました。ここで勝ってはじめて自分を認めることができると思います。死に物狂いで勝ちます」

竿本樹生
「お待たせしました。BRAVEのエース竿本樹生です。前回の試合から1年が経ちました。年内に試合が決まらないかと心配してきましたが、無事に決まりファンの皆様に試合を見ていただけること嬉しく思います。どんなスポーツでもピンチの場面はエースに託されます。今、BRAVEはRIZIN4連敗で風向きが良くないですが、エースはこういうピンチの時こそ力を発揮して、流れを変えるので皆さま楽しみにしてください。対戦相手について特に思うことはありません」

魚井フルスイング
「この度は大舞台での試合の機会を頂き、ありがとうございます。たくさんのお客さんの前で試合をさせていただくことがとても嬉しいです。11月28日に向け、必死に準備して備えます。お客様方に来て良かった、見て良かったと思われる試合をします。11月28日、RIZINトリガーへは各線三ノ宮駅でポートライナーに乗り換え5駅目で降りてください。すぐ近くに神戸ワールド記念ホールがあります。イベント前後に時間のある方はモトコー(元町高架下)やサンチカ(三宮地下街)を覗いたりしてください。車でお越しの方はKiss(FM)をかけて神戸感を高めてください」

パンクラス、DEEP、修斗、Grachanと関係する関西系ファイターが勢揃いするトリガー01、この大会で結果を残した選手が本戦、ランドマーク、そして他プロモーションとどのように結びついていくのか──2022年の予定されている5つの地方都市大会の行方を占う上でも興味深い。

The post 【RIZIN TRIGGER01】追加MMマッチ8試合発表。引退撤回の釜谷真「高校卒業から20年目の甲子園出場」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
DEEP Gladiator015 MIKE MMA   原口伸 原口央 竹本啓哉

お蔵入り厳禁【Gladiator015】新フェザー級王者・原口央「どこでも戦えるぞという気持ちはあります」

【写真】そろそろ次戦が決まったという話もチラホラ聞こえてい来るグラジエイター・フェザー級チャンピオン原口央(C)MMAPLANET

9月26日(日)も大阪府豊中市の176boxで開催されたGladiator015で、原口央がMIKEを2R0分11秒でパウンドアウトし、フェザー級のベルトを巻いた

今年2月に自らのローがMIKEの下腹部に当たり、NCとなった一戦を経て完全勝利で原口がチャンピオンに。これまでグラジのベルト保持者は最東端で愛知の竹本啓哉だったが、首都圏にグラジのチャンピオンが誕生した。

9月には実弟の伸がフリースタイルレスリング全日本王者の実績を引っ提げ、GrachanでMMAデビューを飾っている。何かと比較されるであろう弟の存在を「特に気にしない」という新チャンピオン。

お蔵入り厳禁、タイトル奪取直後に訊いた原口央の声をお届けしたい。


──タイトル奪取おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

「率直に嬉しいです」

──首都圏に基盤のある選手が、Gladiatorのベルトを巻く。関西、沖縄から愛知までの箱根はおろか、天竜川を越えたチャンピオン誕生は初めてのことです。

「僕自身、2月に初参戦させていただいた時にタイトルマッチが組まれて、それまでは出場していたDEEPなどでキャリアを積んでいきたいと思っていたのですが、そういうチャンスを得られたことで本気でグラジエイターのベルトを獲るつもりでやってきました。2月にああいう結果に終わってしまって、そのこともあって本気度が上がりました」

──今後に関しては、どのようにキャリアを積んでいきたいと考えていますか。

「チャンピオンになったからにはベルトを防衛戦するのは当然ですが、色々な団体で強い選手と戦っていきたいというのはあります。自分はまだMMAを始めて3年程度で、初心者レベルです。まだまだ学ぶことだらけですし、しっかりと練習をしてどんどん強い人と戦っていきたいです。今後、勝って……勝っていくと、強い人と試合をすることは当然になってきますし、組まれた試合は全部勝つつもりで戦います」

──グラジ以外でプロモーションは?

「どこか……そういう拘りはないですが、使ってくれるところでしたら、どこでも戦えるぞという気持ちはあります」

──実弟の伸選手のインタビューをMMAPLANETで掲載させていただいた際、ツイッターに竿本樹生選手が『あっという間にアニキを追い抜いた』というようなことを潰されていましたが……。

「それは……僕は何も感じないです(笑)」

原口伸 ふざけて書いているだけなので(苦笑)。

──実際に弟さんがレスリングの実績を引っ提げて、デビュー戦から注目を浴びている状況は兄として、また同じMMAファイターとして発奮材料になりますか。

「コイツがレスリングが強いのは知っていますし、僕は僕で頑張って。弟のことは、特に気にすることはないです。ライバル心を持っているわけでもなく……」

原口伸 本当にそういうのはないんですよ。

「今日のタイトルマッチにしても、伸がメチャクチャ協力してくれましたし。今、BRAVEには内弟子が13人ほどいるのですが、やっぱり兄弟だと気を遣うこともないし、互いを助け合って強くなっていればと思っています」

──MMAPLANETの読者の皆さんも、この勝利で原口央選手により注目するようになると思います。自身がどのようなファイターが、アピールをしていただけますか。

原口伸 人間臭さだよ(笑)。

「人間臭さ? 」

原口伸 ナヨナヨしていて。

──そういう意味ですか、人間臭さって(笑)。

「いや、でも本当に性格的にはナヨナヨしているんです。けっこう人見知りですし……」

原口伸 格闘家っぽくはないよね。

「格闘家っぽくないですし、空気を読まないところもあります。試合も空気を読まないので(笑)、そういうところを見てくれればと思います。これからも空気を読まない試合をします」

The post お蔵入り厳禁【Gladiator015】新フェザー級王者・原口央「どこでも戦えるぞという気持ちはあります」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MMA 竹本啓哉 釜谷真

【Gladiator015】ベルト剥奪の竹本啓哉が、釜谷真をRNCで落としてバンタム級王座は空位のままに

【写真】減量失敗はいただけないが、このバックグラブ奪取は絶妙だった(C)MMAPLANET

26日(日)、大阪府豊中市の176box でGLADIATOR015が開催された。

ここでは4階級のタイトル戦から、Gladiatorバンタム級王座決定戦の模様をレポートしたい。

<Gladiatorバンタム級王座決定戦/5分3R>
竹本啓哉(日本)
NC ※1R3分24秒by RNC
釜谷真(日本)

計量ミスで竹本が王座剥奪となり、本来は挑戦者だった釜谷が勝利した場合のみ新王者が誕生するという変則王座決定戦は、ラウンドマストの合計点から竹本が2Pマイナスという状況下で実施された。

開始早々に前に出て左オーバーハンドを振るう竹本が、右ボディストレートを伸ばす。竹本の左フックに対し、釜谷が右を返すが後方に姿勢を乱す。昨年、関西に里帰りしラスチャンスに賭ける釜谷は2年振りのファイトの影響か動きが固い。踏み込んでから右&左も当たりは浅く、竹本に圧をかけることができない。

ケージ中央でのクリンチから、釜谷をケージに押し込んだ竹本は、そのまま左手で釜谷の左足ヒザ裏、右手は腰を抱える。釜谷はウィザーでなく、首相撲狙いだったのか頭を抱えてしまっており、竹本は持ちあげて右足を既にフック。

ここから自らが下になり仰向けでグラウンドに持ち込んだ時には、両足のフックを完成させる巧妙な攻撃を見せた。そして──手首を掴んで絞めを防ぐ釜谷だが、上体を起こしに行ったところで右腕を喉下に通され、RNCクラッチを組まれる。タップこそしなかった釜谷が、落とされ試合終了。規定により、竹本の勝利はなくNCという記録が残ることになった。

控室に戻った釜谷は「引退します。これからは元プロ格闘家のジム経営者です」とグローブを置くことを明言した。


The post 【Gladiator015】ベルト剥奪の竹本啓哉が、釜谷真をRNCで落としてバンタム級王座は空位のままに first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MIKE MMA NavE 一慶 原口央 天草ストロンガー四郎 宮城友一 竹本啓哉 藤井章太 釜谷真

【Gladiator015】釜谷真、RNCで敗れ引退。バンタム級は空位。原口&NavE、藤井がタイトル戦の勝者に

【写真】4つのベルトを賭けた戦い、それぞれも悲喜こもごもが見られた(C)MMAPLANET

26日(日)、大阪府豊中市の176box でGLADIATOR015が開催された。

バンタム級王者の竹本啓哉が計量失敗で、タイトル剥奪→釜谷真が勝利した場合のみ王者誕生という変則王座決定戦がメインで組まれ、セミでフェザー級、さらにフライ級とミドル級と4つのタイトル戦が行われた。


メインのバンタム級変則王座決定戦は、初回に竹本が釜谷をRNCで落とし一本勝ち、規定によりノーコンストとなりグラジエイター・バンタム級王座は空位のままに。

そして試合後に釜谷は引退する意向を明らかとした。

フェザー級選手権試合は、初回から原口央がMIKEをテイクダウン&バックからの攻撃で圧倒すると、2R開始早々ヒザ蹴りに姿勢を乱したチャンピオンに思い切りパウンドを打ちつけた原口がそのままパウンドの連打でTKO勝ちし、新チャンピオンに。

MIKEもまた今後について「柔術でもやろうかな」とMMAから撤退するように感じられる言葉を残している。

大会ベストバウトとなったフライ級選手権試合は、初回にダウンを喫した王者NavEが、宮城友一のカーフで右足を相当に痛めながらも2Rにテイクダウンからバック奪取し五分の展開に持ち込む。

そして勝負の最終回も勝負どころでテイクダウン&トップで競り勝ち王座防衛に成功した。

ミドル級選手試合は初回に一慶が小外刈りからマウントを奪うなどリードしたが、2R開始まもなくに藤井章太左フック一発でKOし、6年半ぶりのグラジエイター出場で王座初防衛に成功した。

※Gladiator015の詳細は後日アップします。

■Gladiator015試合結果

<Gladiatorバンタム級王座決定戦/5分3R>
竹本啓哉(日本)
NC ※1R3分24秒by RNC
釜谷真(日本)

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
原口央(日本)
Def.2R0分11秒by TKO
MIKE(日本)

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
NavE(日本)
Def.3-0
宮城友一(日本)

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
藤井章太(日本)
Def.2R0分29秒by KO
一慶(日本)

<バンタム級/5分2R>
神田T-800周一(日本)
Def.3-0
上田祐起(日本)

<フェザー級/5分2R>
チハヤフル・ズッキーニョス(日本)
Def.1R3分50秒by RNC
天草ストロンガー四郎(日本)

<ライト級/5分2R>
石田拓穂(日本)
Def.1R1分57秒by TKO
中園健太(日本)

<バンタム級/5分2R>
左海清之(日本)
Def.1R0分52秒by腕十字
田中スネ夫ハヤト(日本)

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI(日本)
Def. 2R2分23秒by Technical judgement 3-0
塩津良介(日本)

<フライ級/5分2R>
松原聖也(日本)
Def.3-0
丸山幹太(日本)

<フライ級/5分2R>
杉岡トキア(日本)
Def.1R2分08秒by RNC
谷口武(日本)

The post 【Gladiator015】釜谷真、RNCで敗れ引退。バンタム級は空位。原口&NavE、藤井がタイトル戦の勝者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MIKE MMA NavE 一慶 修斗 原口央 天草ストロンガー四郎 宮城友一 竹本啓哉 藤井章太 釜谷真

【Gladiator015】宮城友一の挑戦受けるNavE「僕の作戦はいつも決まっていて、頑張ること」

【写真】チャンプチャンプ対決、グラジの顔とグラジ愛を賭けた一戦へ (C)MMAPLANET

いよいよ本日26日(日)、大阪府豊中市の176boxで開催されるGladiator015で、Gladiatorフライ級王者NavEがGladiatorライトフライ級チャンピオン宮城友一の挑戦を受ける。

今大会では自らが昨年、三重県名張市にオープンしたN TRUSTから伊賀ゴリがデビューするNavEは、違った意味でも特別な時を刻む大会を控え、「選手は自分のために戦う」と言い切った。

計量直後に行ったNavEインタビューをお送りしたい。


──計量とフェイスオフを終えた直後ですが、今の気持ちは?

「また試合が来たなっていう気持ちですね。

フライ級は2年ぶりで減量がなかなか……当日の1階級上の方が楽は楽ですけど、こっちの方が試合やっていう感覚ですかね。水抜きしたほうが、気合も入るんでしょうかね」

──宮城選手は修斗と並行して戦い、この間も試合数を積んできたのに対し、NavE選手はそれこそ2年で2試合目です。

「2月の時は明らかに試合勘を失っていました。コロナになって初めての試合で、ジムもオープンしたばかり、手術明けでもあって色々なことが重なって全てが悪い方向に重なっていたので、勝てたことがホントに幸いでした。負けなくて良かった」

──それから7カ月、今回の調整の方は?

「もうジムの方が落ち着いたので、格闘家人生で過去最大に練習できたと思います。毎日、強度は強弱があっても毎日動くという行為はジムを開いてから初めて可能になったので。プロ練習はM3FITでMIKE選手と週一でしたけど、そこでガツガツとやってきました。僕も30歳越えて、スパーリングを週に何度もやると逆に疲労が凄かったので、ガチガチの練習は週に1度にして、それでもN TRUSTにも柔道で全国大会に出た者とか、90キロある人間がいるので、普通に四つ組をしても部分で強度の高さはありますし、補強もかねた練習はできました」

──今大会ではN TRUSTから伊賀ゴリ選手がデビューしますね。

「ウチのジムで一生懸命やっていた子が、デビューを迎えるのは感慨深いです。名張在住として、隣の伊賀市からMMA選手が生まれることは本当に嬉しいです」

──ではタイトルマッチの日にセコンドも?

「いえ、就かないです。自分の試合になると、自分ことで精いっぱいなので。今月はフィジカルとかのパーソナルもお断りをさせてもらって……やっぱり、試合ってそんなに甘くないので」

──明日の試合、どのような試合になると予想していますか。

「宮城選手は申し訳ない言い方やけど、地味強です。何が強いというのではなくて、削ってきますよね。ほとんどが判定勝ちで、フィニッシュ力はないと思います。だから自分が負けるなら削られて、ズルズルと判定で負けるんかなって。フィニッシュ決着になるなら、僕の方がフィニッシュ力もあると思います。

そこも宮城選手も対策していると思うので。でも、分かられていても極めてしまうのが技やと思っているので、自分の試合をやり通します。僕も投げ技や極め技を持っているので、そこは警戒してくるでしょうけど、その上でぶち投げてやろうという気持ちはあります。しっかりとワキを差して切ってくるタイプやと思いますけど、そこの勝負ですね」

──今回4つのタイトルマッチ、チャンピオンの覇権争いという見方もできます。

「う~ん、そうですね。チャンピオンにならせてもらって長いですし、グラジエイターの顔とまでは言えないですけど……自分がグラジエイターの顔といえる選手になれれば良いですね」

──そのために作戦ということではなく、どのような試合をしたいですか。

「僕の作戦はいつも決まっていて、頑張ることです(笑)」

──良い言葉です。

「本当にそれだけです。頑張れなかったときに負けているので、頑張ることです。頑張り切れたときは、競り勝てます」

──頑張る理由に、ジムのため、会員さんのためという部分も出てきますか。

「まぁ、基本は自分のためです。僕が負けても皆は応援してくれるやろうし、勝ったら喜んでくれる。だから選手であるときは、自分のために頑張ります」

■Gladiator015計量結果

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 竹本啓哉:62.65キロ→62.1キロ
[挑戦者] 釜谷真:61.0キロ

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE:65.75キロ
[挑戦者] 原口央:65.45キロ

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
[王者] NavE:56.55キロ
[挑戦者] 宮城友一:56.50キロ

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤井章太:83.8キロ
[挑戦者] 一慶:83.5キロ

<バンタム級/5分2R>
上田祐起:61.1キロ
神田T-800周一:61.15キロ

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎:66.75キロ→65.8
チハヤフル・ズッキーニョス:65.65キロ

<ライト級/5分2R>
石田拓穂:71.0キロ
中園健太:69.95キロ

<バンタム級/5分2R>
田中スネ夫ハヤト:60.95キロ
左海清之:61.2キロ

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI:65.15キロ
塩津良介:64.65キロ

<フライ級/5分2R>
丸山幹太:56.4キロ
松原聖也:56.4キロ

<フライ級/5分2R>
谷口武:60.7キロ
杉岡トキア:61.0キロ

The post 【Gladiator015】宮城友一の挑戦受けるNavE「僕の作戦はいつも決まっていて、頑張ること」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MIKE MMA NavE   ブログ 一慶 原口央 宮城友一 竹本啓哉 藤井章太 釜谷真

【Gladiator015】計量終了 竹本啓哉が計量ミスで王座剥奪。釜谷真戦は変則バンタム級王座決定戦に

【写真】計量後のタイトル戦出場選手の記念撮影に竹本の姿はなかった (C)MMAPLANET

明日26日(日)に大阪府豊中市の176box で開催されるGLADIATOR015の計量が、25日(金)に同市のスモーカージムで行われた。

ミドル級、フライ級、フェザー級、バンタム級の4階級のタイトル戦が組まれた今大会、メインで釜谷真の挑戦を受ける予定だった竹本啓哉が計量失敗で、タイトル剥奪→釜谷が勝利した場合のみ王者誕生という変則王座決定戦が実施されることに。


今朝、名古屋を発つ時点で1.5キロオーバーという話が伝わっていた竹本は厳しい表情で計量会場に到着し、抗原検査を終えると計量台へ。

結果は62.65キロと1.45キロオーバーで、2時間後の再計量に挑むこととなった。タイトル戦出場選手の記念撮影も欠席し、サウナに向かった竹本だが再計量でも900グラムオーバー、規定の1キロ以内だと試合を行うことが可能な体重まで落としたが、タイトルは剥奪となった。

明日の試合は3Rのラウンドマストの合計点から2Pを減点される状態で竹本は変則王座決定戦に挑み、彼が勝利すると試合はノーコンテスト→王座は空位に。釜谷が勝利した場合のみ新チャンピオンが生まれる。

竹本といえば、本計量で失敗するが再計量では落としきる印象が強かったが、今回はそこがクリアできなかった。他のタイトル戦出場選手は、全員クリアしており、4大タイトル戦は少々形式と趣向が変わったが、4試合実行される。

なおライト級でチハヤフル・ズッキーニョスと戦う天草ストロンガー四郎も66.75キロで本計量でクリアできなかったが、再軽量は65.8キロで無事パスしている。

■Gladiator015計量結果

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 竹本啓哉:62.65キロ→62.1キロ
[挑戦者] 釜谷真:61.0キロ

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE:65.75キロ
[挑戦者] 原口央:65.45キロ

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
[王者] NavE:56.55キロ
[挑戦者] 宮城友一:56.50キロ

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤井章太:83.8キロ
[挑戦者] 一慶:83.5キロ

<バンタム級/5分2R>
上田祐起:61.1キロ
神田T-800周一:61.15キロ

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎:66.75キロ→65.8
チハヤフル・ズッキーニョス:65.65キロ

<ライト級/5分2R>
石田拓穂:71.0キロ
中園健太:69.95キロ

<バンタム級/5分2R>
田中スネ夫ハヤト:60.95キロ
左海清之:61.2キロ

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI:65.15キロ
塩津良介:64.65キロ

<フライ級/5分2R>
丸山幹太:56.4キロ
松原聖也:56.4キロ

<フライ級/5分2R>
谷口武:60.7キロ
杉岡トキア:61.0キロ

The post 【Gladiator015】計量終了 竹本啓哉が計量ミスで王座剥奪。釜谷真戦は変則バンタム級王座決定戦に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 Interview J-CAGE ブログ 竹本啓哉 釜谷真

【Gladiator015】竹本啓哉に挑戦、釜谷真─02─「どういう想いでいようと、何をしゃべろうが結果は出ます」

【写真】成蹊館で初めて取材をしてから、もう13年が経った──アホなところは変わらず、良い具合に大人になった(C)MMAPLANET

26日(日)、大阪府豊中市の176boxで開催されるGladiator015でGladiatorバンタム級チャンピオン竹本啓哉に挑戦する釜谷真インタビュー後編。

より良い練習環境を求め、東京で10年以上に渡り生活をしていた彼は、生まれ故郷である京都に戻り、「これから」を目指して新たな環境でトレーニングを積んできた。生まれ変わったというわけではないが、釜谷の言葉はこれまでよりフレッシュな印象を受けた。

とはいえ、ファイターは結果を出してナンボのモノ。「これで負けたら、恥さらし」という釜谷の維持とプライドの詰まった言葉を可視化した。

<釜谷真インタビューPart.01はコチラから>


──若い選手を関西で強くしたい、と。

「大阪とかは、まぁいるので。僕は京都でっていう想いが強いです。選手が東京に行くのはしょうがないです。僕もそうやったし。なんか……口に出して引き留めることは絶対にしたくなくて。若い子が満足できる現状を創ることで、こっちで練習し続ける。そういう環境を創りたいですね。

そのために今回の試合でも、自分の背中を見せないといけないですし。これで僕が竹本君に負けたら、このインタビューなんてホンマにただの恥さらしですよ」

──口にすることは、大変だと思います。無難に済ますのではなくて。

「それは、でも試合も同じで。1週間後には分かる話で。僕がどういう想いでいようと、何をしゃべろうが結果は出ます。僕もプロの端くれやから、自分がどういう人間か最低限分かってもらったうえで試合を見てもらった方が、伝わるモノって絶対にあると思います」

──いやぁ、今日の釜谷選手は深いですねえぇ。そういうなかでチャンピオン竹本選手に対して、どのような印象を持っていますか。

「全然侮っていないです。今の時代にしては珍しく偏っている選手ですけど。MMAを六角形で表すと、僕の方が六角形に近くなります。でも彼は一つが突出していて、そこでは敵わない。でも、やりようによっては彼の突出している部分で勝てるのもMMAです。そこでやられるのもMMAだし。それはやってみなければ分からないけど、まぁ自信はあります」

──戦ってきた相手が違うというのはありますか。

「めっちゃあります。めちゃくちゃあります。僕にちゃんと勝っている人って、大体めっちゃ強いというか、ホンマのトップの人やと思います。RIZINのトップとか、それこそ僕に勝った韓国人なんてUFCに行ってますし、ROAD FCでめっちゃ強かったりしています。まぁ、勝っていないことを偉そうにいうてもしょうがないのですが、そこはちゃうぞっていうのはあります。でも、そこも違うと思っていても、結果を出さなければ違うことにはならないので。だから、何があろうが今の自分で勝つしかないです」

──今回の試合に向けて東京での練習は?

「全くしていないです。大阪には週一にいって、柴田(モンキー有哉)選手や金太郎君、川原波輝君、スタイルズの瀧口(脩生)君とアマチュアの子たちとグラップリングの練習はしていました。そりゃ、こっちの選手と東京の選手と比べて、どっちがボコボコにされるかっていうたら東京の選手に、です。でも、十分に良い練習はできています。

練習って結局、強い選手と当たるだけじゃないって、この環境になって気付けたんです。今の自分のベストといえる練習が出来ました。こっちで大丈夫って思える練習を見つけないと、選手生活を送るのはしんどいですからね。

エダ(塾長こうすけ)君や柴田君とやっていて、それと土曜日には土肥(聖帝・潤)君も来てくれて、彼らと週に1回ずつやらせてもらって、残りの半分はウチの子らとやる。若い子はスパーリングのつもりですけど、僕は打ち込みの感覚でやっていて。その練習で手順をしっかり踏んで、要所を大切にする。そういうことを繰り返していたら、僕的には少なくとも強くなっている感覚はあります。

東京では普通に環境が整っていたから、ここまで考えてやることはなかったです。京都に戻って来てから、めっちゃ考えて練習するようになりました。練習もほぼ映像に撮って、気になったところは組み技やと東京の上久保(周哉)君や和田(竜光)君、それと濱ちゃん(濱村健)に動画を送ってアドバイスをしてもらっています。今回はスパーの動画は濱ちゃん、打撃でいえば臼井(和史)さんに助言してもらいましたね」

──これまでも当然のように釜谷選手はベストを尽くしてやってきたと思いますが、京都に戻ったことで新たな発見があり、新しい挑戦が始まったように見えます。

「めちゃくちゃそうですね。なんせ、新しくするしかなかったですから」

──勝負は勝負ですが、やり切れることを願っています。

「今回は勝ってインタビューしてもらいますよ。僕ね、高島さんに取材してもらった試合で勝ったことないんちゃうなかって……」

──DJ.taiki戦はドローだったじゃないですか!!!!!

「ちゃいますよ。あれはドローやったから、インタビューしてもらったんですよ。逆ですよ、逆」

──アレっ……そうでしたっけ。ただ、それって記者として気にしてしまう部分ではあるんです。本音をいえば。

「何度目の正直か分からないですけど、今回はやりますよ。勝ちます。どんな内容だろうが、勝たないと本当に意味はないです。やってきたプロセスは変わらないですけど、結果でこの先は絶対に変わってきます。同じことをやっても、負けると僕の望んでいる先はやってこない。もう勝つしかないと。それしかないし、そのためにここまでやってきたので」

■ Gladiator015対戦カード

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 竹本啓哉(日本)
[挑戦者] 釜谷真(日本)

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE(日本)
[挑戦者] 原口央(日本)

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
[王者] NavE(日本)
[挑戦者] 宮城友一(日本)

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤井章太(日本)
[挑戦者] 一慶(日本)

<バンタム級/5分2R>
上田祐起(日本)
神田T-800周一(日本)

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎(日本)
チハヤフル・ズッキーニョス(日本)

<ライト級/5分2R>
石田拓穂(日本)
井上啓太(日本)

<バンタム級/5分2R>
田中スネ夫ハヤト(日本)
左海清之(日本)

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI(日本)
梶原大悟(日本)

<フライ級/5分2R>
丸山幹太(日本)
松原聖也(日本)

<フライ級/5分2R>
谷口武(日本)
杉岡トキア(日本)

The post 【Gladiator015】竹本啓哉に挑戦、釜谷真─02─「どういう想いでいようと、何をしゃべろうが結果は出ます」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MIKE MMA NavE 一慶 井上啓太 修斗 原口央 天草ストロンガー四郎 宮城友一 竹本啓哉 藤井章太 釜谷真

【Gladiator015】フライ級王者NavEとチャンプチャンプ対決、宮城友一─01─「砂辺さんが自信を」

【写真】アスファルトへの根を張るガジュマルが大好きだという宮城。ガジュマルのように力強いファイター人生を送ることができるか。大切な一戦だ(C)MMAPLANET

26日(日)、大阪府豊中市の176boxで開催されるGladiator015でGladiatorライトフライ級チャンピオンの宮城友一が、Gladiatorフライ級王者NavEに挑む。

コロナ禍でグラジエイターが活動を停止していた間、ZSTや修斗でも積極的に試合をしてきた宮城は、手痛い連敗も経験した。自分への自信を創れなかった2試合を経て、今年4月に地元・沖縄の修斗公式戦で西村大地に勝利した宮城をインタビュー。

西村戦を経て、宮城は組みという部分でも、NavEとのチャンプチャンプ対決に自信を持って挑めるようになっていた。


──1週間後にNavE選手の持つGladiatorフライ級王座に挑戦します(※取材は9月19日に行われた)。大阪でグラジに出場するのは、2019年4月以来になります。

「そうですね。東京ではGrachanとの合同興行でグラジエイターに出たのですが、大阪は横溝選手と戦った時以来ですね。大阪と和歌山で6試合ぐらいグラジエイターに連続で試合を組んでもらって、大阪に行くのが普通になり、好きになっていたので、この間は寂しかったですね。大阪でグラジエイターの試合に出るのは、凄く嬉しいです」

──グラジエイターが去年の2月大会から、今年の2月までコロナの影響で大会を開いていませんでした。そして2月と6月に2大会があったのですが、宮城選手の出場はなかったです。

「ハイ、4月に沖縄で松根さんが修斗の大会を開き、そこに自分が出ることはかなり前から決まっていたので、年に2回の沖縄での修斗は沖縄の人に試合を見てもらえるので貴重な機会だと思っています。それもあって、今年は4月の大会を優先しましたけど、グラジエイターのタイミングはいつも意識はしていました」

──グラジエイター愛が強い宮城選手ですから。

「多分、もの凄く強いのですが、それを何度もインタビューで話すのもどうかと(笑)」

──ただ、今回はそれだけグラジへの想いがある宮城選手が、コロナ禍の昨年の8月にZSTでNEXUSのフライ級王者だった駒杵崇大選手に敗れ、12月にも修斗の高松大会でも新鋭の宇田悠斗選手に敗れた。グラジのベルトを持つ身として、この2敗をどのように捉えていますか。

「自分個人としても、足踏み……後退をしまったと思っています。同時に僕は勝手にですが、グラジエイターの看板を背負っているつもりで戦っていたので、あそこで負けたのはグラジエイターに申し訳ないです」

──駒杵選手にしても、宇田選手にしてもグラジエイターで戦ってきた相手よりも、力がある選手だと自分は思っています。あそこで勝っていると、個人として評価が違って来たかと。

「この2戦は相手が強くて負けてしまいましたが、自分自身を信じ切ることができなかったという後悔があります。相手が強いという評価を僕のなかでしてしまっていて、自分の自信を創り切れなかった」

──特に宇田選手との試合では、成長してきたMMAの打撃と組みのコンビネーションがなかったです。

「相手のスピードやパワーというものに対し、大丈夫だ、一方的にやられないんだと確認できるまでに時間が掛かってしまう。そういうところが、僕にはあります。それがこの歳になるまで、なかなか勝てなかった原因だと自分では分析しているんです。

自分に自信を持つのに時間が掛かります。砂辺(光久)さんとも宇田君との試合のあとに話をしました。1Rが終わってインターバル中に砂辺さんから『もう分かっただろ。行けるよね』という指示がありました。そこで僕は『大丈夫です』と答えたのに、何もせずにまたインターバルを迎えてしまって。砂辺さんも、そこが理解できなかったはずです」

──砂辺選手自身は自分に自信を持って戦っているのではなくて、練習をしてきた松根さんや、コーナーについている勝村さんの言葉を信じて戦っている。なぜ、宮城選手は自分の言葉を信じてくれないんだということ気持ちなのではないでしょうか。

「あっ……。本当にそうですね。それは……今、その通りだと思って合点がいきました。あぁ、そうだ。本当に」

──とはいえ4月の修斗で西村大地選手という、宮城選手にとっては嫌な組手をする選手に3-0の判定勝ちを収めることができました。

(C)TOYOSATO TAKEAKI

「西村選手は僕にとっては、難しい相手だと思っていました」

──ハイ、彼のMMA観にあって組みつくことが正義で、宗教です。そこに一心不乱になれる選手はストライカーの宮城選手は嫌な相手です。

「あの試合も砂辺さんと話をして、松根さん選手も『大丈夫なんだよ』と言ってくれて。西村選手の組みに対して、丁寧に対応できたのは砂辺さんが僕の自信を創ってくれたからなんです。僕は投げられまくって、倒されまくるイメージを払拭できないでいたんです。あのイメージのまま試合を迎えていたらマズかったですけど、練習で対策して、大丈夫なんだってことを刷り込んでくれました」

──レスリングをやるわけではなく、宮城選手のタイクリンチを生かした組技で対抗し、自らもテイクダウンが取れていました。

「打撃を捨てて組んでくる相手に、あの対処ができて自分がテイクダウンができたことは、凄く自信になりました。NavE選手もそういう選手だし、この自信を持ったまま行けるので、打撃の方ももう1回しっかりと踏み込めると思います」

<この項、続く>

■ Gladiator015対戦カード

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 竹本啓哉(日本)
[挑戦者] 釜谷真(日本)

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE(日本)
[挑戦者] 原口央(日本)

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
[王者] NavE(日本)
[挑戦者] 宮城友一(日本)

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤井章太(日本)
[挑戦者] 一慶(日本)

<バンタム級/5分2R>
上田祐起(日本)
神田T-800周一(日本)

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎(日本)
チハヤフル・ズッキーニョス(日本)

<ライト級/5分2R>
石田拓穂(日本)
井上啓太(日本)

<バンタム級/5分2R>
田中スネ夫ハヤト(日本)
左海清之(日本)

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI(日本)
梶原大悟(日本)

<フライ級/5分2R>
丸山幹太(日本)
松原聖也(日本)

<フライ級/5分2R>
谷口武(日本)
杉岡トキア(日本)

The post 【Gladiator015】フライ級王者NavEとチャンプチャンプ対決、宮城友一─01─「砂辺さんが自信を」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP Gladiator015 MIKE ブログ 竹本啓哉 釜谷真

【Gladiator015】竹本啓哉に挑戦、釜谷真─01─「自分のため。グラジのため。関西のMMAのため」

【写真】長いキャリアになった。真面目な部分でのひた向きさは変わりない(C)MMAPLANET

26日(日)、大阪府豊中市の176boxで開催されるGladiator015で釜谷真がGladiatorバンタム級チャンピオン竹本啓哉に挑戦する。

京都でMMAを始めて、16年。10年以上に及んだ東京での生活を切り上げ、地元京都にSWAG GYM KYOTOを開いた。関西に戻ってきたことで、釜谷はグラジエイターへの印象が変わったという。

目標とするRIZIN出場は、自身の夢を実現するためであり、グラジエイターのため、そして関西のMMAのため──とキャリア50戦以上のベテランは、ベルト奪取を断言した。


──1週間後にGladiatorバンタム級王座に挑戦します。今の体調はいかがですか。

「こまごまとしたケガみたいなもんは、ないことはないですけど。大きいケガもなく、考えられる最高の準備はしたつもりです」

──今回からGladiatorも前日計量に戻りますが、釜谷選手は2019年10月以来の試合なのでコロナ禍計量というべき当日、1階級上の体重というものは経験していないですね。

「やってないですね」

──では2年振りの減量はいかがでしたか。

「実は僕、5月に大阪でRIZINが予定されていた時に勝手に準備していたんです」

──えっ? 勝手にというのは?

「絶対に自分の階級の選手がコロナとか怪我とか、計量失敗で試合ができへんようになるやろうって思って、体重を創っていたんです。結局、緊急事態宣言で大阪大会が6月の終わりに延期されたから、8週間……過去最長の減量期間でしたよ」

──それはどのような状態までの減量だったのですか。

「水抜き前の体重まで落としました。RIZINの計量の日の3日前からは、これまでやったことのなかった塩抜きもして。トーナメントやし、追加カードとか代役があるやろうって賭けていたんですね。でも代役を狙うって、そこまで準備しておくべきやろうし」

──一縷の望みを託している状態で、体を創っていくって厳しくないですか。

「いやぁ、しんどいですね。もちろん、体重だけでなく試合ができるコンディションでいるために、練習も追い込みまでやっていて。疲労はエグイし、『なんのために』って思うことも多々あって、あんなに辛いことはなかったですね。でも、なんのためにって思っても自分のため──っていう答えに辿り着くだけで」

──辛いですね……。結果、出場がなく減量を止めたと。

「ハイ、6月の26日やったと思いますけど、土曜日の指導中に全員計量クリアっていう記事を見て、昼飯を死ぬほど食いに行きました(笑)。そうしたら北方(大地)君が体調不良で欠場っていうのを見て、これ前日になっていたら相手は中村(優作)君やから、俺と60キロぐらいでやってくれたんちゃうんかって。60キロとかやったら、1キロぐらい水抜くしって……」

──他の選手なら気の毒でしょうがない話ですが、釜谷選手だと笑けてきます。

「アハハハ。笑ってもらう方が、逆に有難いです。なんで減量は2年振りでもないし、問題なくきています。もう水抜き圏内です。僕も年齢を重ねてきたので、水抜きの量は少なければ少ない方が良いと思っています。あと1週間で疲れを抜きながら、どこまで落としていくかですね」

──RIZIN出場が叶わなくて、次がGladiator。傍から見ると規模的にも、ギャップが大きく感じられるかと。

「めちゃくちゃ、やる気に満ちていますよ。RIZINに出たいって気持ちは持ち続けていますし、そこに繋げるためにグラジエイターのベルトを絶対に獲りたいと思っています」

──DEEPでなかったのは?

「DEEPはまた新しい選手が出てきているけど、やっぱり僕のなかでは一回りしたっていうのはあって。それにグラジエイターは関西を拠点にしているじゃないですか。京都に戻ってきてジムを出してから、僕は誰に試合を見てほしいかって言うたら会員さんなんです。

僕自身、自分に期待できるという試合を皆に見てほしくて。だから関西でやっているグラジで戦おうって思ったんです。DEEPの大阪大会があっても、やっぱりDEEPの本場は東京で。それと関西でやっているグラジエイターは、ちょっと今の僕にとっては違う感じなんですよね」

──それは東京から、京都に帰ってきたからこそ感じることなのでしょうね。

「ホンマ、そうです。それにこっちに来て、会って、話をして櫻井(雄一郎Gladiator代表)さんの本気度が分かったんです。櫻井さん、めっちゃ格闘技のことを好きやし。愛がめちゃくちゃあります。煽りVの撮影にも立ち会って、僕の話を聞いてくれたり。撮影も京都っぽいところでやりましょうって、東寺の五重塔まで行ったんですよ。

そういうのは東京にいたら分からんことじゃないですか。だから東京にいた時のグラジエイターと、関西に戻って来てからのグラジエイターの印象は凄く違いますよ。RIZINへの切符にしたいベルトですけど、そこまで一生懸命にMMAをやってくれている櫻井さんの大会のベルトが欲しいっていう気持ちになりました。

僕が練習しているBIBUROの若い選手とかでも、他でも戦えるのにグラジを見て、グラジで戦っていきたいって言っている子もいますからね。それに……NEXUSとか悪くいうってことじゃないですけど、NEXUSとGRACHANのチャンピオンがRIZINのバンタム級GPに出ているのに、グラジエイターのチャンピオンには声が掛からんかったじゃないですか」

──ハイ。

「RIZINには僕自身のために出たいし、こういうと恩着せがましいですけど……グラジエイターのため、関西の格闘技のためにっていう想いもあります」

──関西のため、ですか。

「もうこっちでやって行くと決めたし、関西のMMAをもっと大きくしたいです。やっぱり東京と比較すると、MMAをやろうという若い子の数が違い過ぎて……。ウチにいる若い子は才能豊かですけど、東京に行ってしまう子がほとんどかと。関西、西日本でも頑張って、やることやっていたら、UFCとまでは僕は言わないですけど、国内のトップを目指す過程にはおれるというのを見せたいです。

そういう朴を見て、MMAが関西でもできるって思った子らが増えると、そこからUFCで戦おうっていう子だって出てくるやろうし。今はそういう気持ちが大きいので、グラジエイターのベルトは絶対に獲りたいです」

<この項、続く>

■ Gladiator015対戦カード

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 竹本啓哉(日本)
[挑戦者] 釜谷真(日本)

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE(日本)
[挑戦者] 原口央(日本)

<Gladiatorフライ級選手権試合/5分3R>
[王者] NavE(日本)
[挑戦者] 宮城友一(日本)

<Gladiatorミドル級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤井章太(日本)
[挑戦者] 一慶(日本)

<バンタム級/5分2R>
上田祐起(日本)
神田T-800周一(日本)

<フェザー級/5分2R>
天草ストロンガー四郎(日本)
チハヤフル・ズッキーニョス(日本)

<ライト級/5分2R>
石田拓穂(日本)
井上啓太(日本)

<バンタム級/5分2R>
田中スネ夫ハヤト(日本)
左海清之(日本)

<フェザー級/5分2R>
伊賀GORI(日本)
梶原大悟(日本)

<フライ級/5分2R>
丸山幹太(日本)
松原聖也(日本)

<フライ級/5分2R>
谷口武(日本)
杉岡トキア(日本)

The post 【Gladiator015】竹本啓哉に挑戦、釜谷真─01─「自分のため。グラジのため。関西のMMAのため」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator015 MIKE MMA NavE 一慶 井上啓太 修斗 八木敬志 原口央 宮城友一 手塚基伸 竹本啓哉 藤井章太 釜谷真

【Gladiator015】釜谷真が竹本啓哉の持つバンタム級王座挑戦。藤井章太は7年振りの出場

【写真】これは楽しみなタイトル戦だ (C)MMAPLANET

30日(月)、GLADIAOTRから9月26日(日)に大阪府豊中市の176boxで開催されるGLADIATOR015を追加カードが発表された。

既にフェザー級選手権試合=王者MIKE✖チャレンジャー原口央、フライ級選手権試合=王者NavE✖宮城友一が組まれることが決まっている同大会で、さらに2つのタイトルマッチ──バンタム級とミドル級のベルトを賭けた対戦が決まった。


バンタム級は今大会のメインとなり、チャンピオン竹本啓哉に釜谷真が挑戦し、ミドル級は藤井章太に一慶がチャレンジする。

竹本は8月のGladiator49で手塚基伸に敗れたばかりだが、2度目の王座防衛戦が再起戦となった。釜谷にとっては2019年10月の昇侍戦以来、1年11カ月振りの実戦復帰だ。この間、10年以上拠点としていた東京から故郷の京都に戻り、SWAG GYM KYOTOという自らのジムを開いた釜谷にとって、ジムでの活動を勢いづけるためにもベルトを巻きたいところだ。

またフィジカルと並び、打撃が課題とされる竹本ではあるが、実のところグラップラー対決よりも、ストライカーとの対戦に燃えるという思考の持ち主だ。打撃系ファイターに対し、『柔術で勝つ』という異種格闘技的MMAを要望してきた竹本。グラップラーやスクランブラーとの対戦が続いたため、ここは燃える防衛戦となろう。

とはいっても、釜谷は十分に組み技も積み上げてきたものがある。大きな夢を持つ、小さな男は「そんなもん、ギロチン極めたるわ」という意気込みで、地元・関西でのベルト奪取に勢いづいているに違いない。38歳、キャリア55戦目の釜谷は経験値、対戦相手の質のどちらも竹本を上回る。とはいっても、ケージのなかは1✖1で2021年9月26日の強さが勝敗を決める場だ──釜谷がこれからの先の皮算用は忘れ、目の前に相手に集中しないと、足元をすくわれる、いや背中を取られ続ける可能性も十分にある。

ミドル級チャンピオンの藤井は、その王座奪取は2015年2月で旧体制時代のこと。新生Gladiatorには初出場となる藤井は、山口での初めての修斗公式戦=闘裸男22を最後に、3年間ケージに上がっていなかった。

対して一慶は2年2カ月振りのグラジ出場で、ベルトに挑むこととなった。一慶もその後パンクラスで1試合を挟み、実戦から遠ざかっており、コロナパンデミック以降は初めての試合となる。両者とも、この間のつもりに積もった想いをケージの上でぶつける試合となるに違いない。

またグラジから8月のグラチャンに出場し、高橋譲斗に敗れた上田祐起の仕切り直しは、これもグラジ&パンクラスで3連敗中、1年7カ月ぶりのグラジ参戦となる神田T-800周一との対戦に決まった。両者揃って背水の陣、これ以上相手の勝ち名乗りは聞いていられないマッチアップとなった。

IBJJF競技柔術で実績を残しながら、MMAでも戦い6月大会でDREAMERS出演、八木敬志をヒールで一蹴した井上啓太が連続参戦、石田拓穂と対戦する一番も楽しみだ。

The post 【Gladiator015】釜谷真が竹本啓哉の持つバンタム級王座挑戦。藤井章太は7年振りの出場 first appeared on MMAPLANET.