カテゴリー
ONE RIZIN ブログ

【RIZIN】フィギュアスケート グランプリファイナル 外国人選手を招聘出来ず中止!

12月9日に大阪で開催される予定だったフィギュアスケートのグランプリファイナルがオミクロン株の感染拡大抑止のため外国人の新規入国が一時停止された影響により、中止される事が発表されました。

格闘技界にとってこれはもう対岸の火事ではなく一大事。村田諒太と対戦する予定だったゲンナジー・ゴロフキン、大晦日のRIZIN.33に出場する予定だった外国人選手も全て来日するのは難しいでしょう。そうなると大晦日のRIZINは日本人オールスター的なマッチメイクに舵を切らざるを得なくなります。そんな中で朝倉未来は怪我の状況が思わしくない模様。一体どうなるのやら。。。

個人的には日本一心的な意味合いでONEに出場中の青木真也を筆頭に、いまだRIZINに参戦していない沖縄の至宝・平良達郎、修斗ライト級チャンピオン西川大和など、いわゆる非RIZIN系の日本人選手が総結集してくれたらと淡い期待をしています。事情を分からない無責任な外野の叫び。。。大目に見てください。
カテゴリー
BELLATOR Bellator272 MIKE MMA ブログ

『Bellator 272: Pettis vs. Horiguchi』前日計量動画


MAIN CARD (Showtime, 10 p.m. ET)

・Champ Sergio Pettis (134) vs. Kyoji Horiguchi (134.5) – for bantamweight title
・Jeremy Kennedy (145.75) vs. Emmanuel Sanchez (145.25)
・Josh Hill (135.75) vs. Jared Scoggins (140)*
・Johnny Eblen (185) vs. Collin Huckbody (185)

PRELIMINARY CARD (MMA Junkie, 7 p.m. ET)

・Bobby King (156) vs. Alexander Shabliy (155.4)
・John DeJesus (145.6) vs. Kai Kamaka III (146)
・Levan Chokheli (170.8) vs. Vinicius de Jesus (169.6)
・Jacob Bohn (154.8) vs. Justin Montalvo (154.8)
・Mike Hamel (155.8) vs. Killys Mota (155.2)
・Spike Carlyle (159) vs. Dan Moret (159.6)
・Kyle Crutchmer (171) vs. Oliver Enkamp (170)

 『Bellator 272: Pettis vs. Horiguchi』前日計量結果。ジョシュ・ヒルと対戦するジャレッド・スコッギンスが140ポンドと4ポンドオーバー。出場給の一部を譲渡し試合は行われます。




 前日計量動画。


 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・セルジオ・ペティス vs. 堀口恭司はペティス支持2人、堀口支持11人。

・エマニュエル・サンチェス vs. ジェレミー・ケネディはサンチェス支持10人、ケネディ支持3人。

・ジョシュ・ヒル vs. ジャレッド・スコッギンスはヒル支持9人、スコッギンス支持4人。

・ジョニー・エブレン vs. コリン・ハックボディは13人全員エブレン支持。続きを読む・・・
カテゴリー
YouTube YUKI ブログ

半年でボクシングが激変

長岡Twitter

長岡インスタ
@takanenagaoka

矢斬Twitter

Music provided by NoCopyrightSounds.
Watch: https://youtu.be/HV7mLcsUp5U
Free Download / Stream: http://ncs.io/GetUp

【長濱陸とは】
https://riku-nagahama.xyz/about-me
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SNSでも情報を発信しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ブログ】
ブログはYouTbeでは話さない高度な話から少し踏み込んだ話をしています。
長濱説がたくさん紹介しています。
https://riku-nagahama.xyz/

【Twitter】

【Instagram】
https://www.instagram.com/r.npugilist

【Facebook】
https://www.facebook.com/rnpugilist/

【LINE】
ID: 『@493warfx』 で検索

カテゴリー
BELLATOR Bellator272 News セルジオ・ペティス ブログ マウロ・レナーロ 堀口恭司

【Bellator272】計量終了 ペティス&堀口、問題なし。レナーロ・アナは磁場が狂い??「ク〇クルパー」発言

【写真】フェイスオフ、全く小競り合いもなく、口も開かず。トラッシュトークはファイトウィークを通じて全くなかった (C)MMAPLANET

2日(木・現地時間)、3日(金・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator272「Pettis vs Horiguchi」の計量が行われた。

煽り映像後に元Bellator世界バンタム級王者、現RIZINバンタム級王者──キョージ・カラテキッド・ホリグチというコールを受けて登壇した堀口恭司。

続いて計量台に乗ったセルジオ・ペティスとフェイスオフへ。両者しっかりと目を合わせ、握手をすることなく別れインタビューへ。


なぜ、いつもそんなに自信があるのかと尋ねられた堀口は「いつもハードトレーニングをしているから」と英語で答え、この試合の鍵に何になるかという問いには「ベルトを取り戻すこと」という言葉を2度繰り返し、笑顔を見せた。

ここでインタビュアーのマウロ・レナーロは相当に興奮しているのか、「アリガトゴザイマス。私は33度も日本に行っているんだけど、この言葉しか知らないんだ。クル〇ルパー」と日本では放送規制が入るコメントを発する。

続いて、そのレナーロはチャンピオンに『この試合は過去最高のタフな挑戦になるか』と尋ね、ペティスは「ここにはタフなただタフな試合をするためだけにやってきた。過去に経験していないタフなファイトになる。派手な打ち合いを期待しているけど、ホリグチがやってくるなら僕も応えるよ」とクールに答える。

そして堀口のような相手に勝つために必要なことはいう質問には「戦い辛い精神状態にならないこと。感情を抑えて戦う。うん、フ〇ッキンウォーになる」と最後にFワードを使った。

なお本戦とプレリミ合わせて11試合、全22人の出場選手中、 メインカードのバンタム級でジョシュ・ヒルと対戦する──サークルケージ初登場のジャレッド・スコッギンスが140ポンドで唯一の体重オーバーに。キャッチウェイト戦を戦うこととなっている。

■視聴方法(予定)
12月4日(土)
午前8時00分~ U-NEXT

■ Bellator274計量結果

<Bellator世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]セルジオ・ペティス: 134ポンド(60.78キロ)
[挑戦者] 堀口恭司: 134.5ポンド(61.0キロ)

<フェザー級/5分3R>
エマニュエル・サンチェス: 145.25ポンド(65.88キロ)
ジェレミー・ケネディ: 145.75ポンド(66.11キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョシュ・ヒル: 134.75ポンド(61.12キロ)
ジャレッド・スコッギンス: 140ポンド(63.5キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョニー・エブレン: 185ポンド(83.91キロ)
コリン・ハックボディ: 185ポンド(83.91キロ)

<ライト級/5分3R>
アレクサンデル・シャブリー: 155.4ポンド(70.48キロ)
ボビー・キング: 156ポンド(70.76キロ)

<フェザー級/5分3R>
カイ・カマカ3世: 146ポンド(66.22キロ)
ジョン・デ・ジーサス: 145.6ポンド(66.04キロ)

<ライト級/5分3R>
マイク・ハメル: 155.8ポンド(70.66キロ)
キリズ・モタ: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィニシウス・ジュゼズウ: 169.6ポンド(76.92キロ)
レヴァン・チョクヒリ: 170.8ポンド(77.47キロ)

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・モンタルヴォ: 154.8ポンド(70.21キロ)
ジェイコブ・ボーン: 154.8ポンド(70.21キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
スパイク・カーライル: 159 ポンド(72.12キロ)
ダン・モレット: 159.6 ポンド(72.39キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・クラッチマー: 171ポンド(77.56キロ)
オリバー・エンカンプ: 170ポンド(77.11キロ)

The post 【Bellator272】計量終了 ペティス&堀口、問題なし。レナーロ・アナは磁場が狂い??「ク〇クルパー」発言 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
ブログ

【RIZIN】誰か堀江圭功の文章を解読してくれ

スクリーンショット (3149)

628: 実況厳禁@名無しの格闘家 2021/12/02(木) 20:20:57.66 ID:9Z/wWD0N0
誰か通訳頼む

4570



続きを読む
カテゴリー
BELLATOR Bellator272 Interview セルジオ・ペティス ブログ 堀口恭司 平本蓮

【Bellator272】セルジオ・ペティス in リモート会見。「対戦相手の中でフォント、セフード、堀口がTOP3」

【写真】素晴らしく落ち着き払っているセルジオ・ペティス、まだ28歳だ (C)MMAPLANET

3日(金・現地時間)、コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator272「Pettis vs Horiguchi」のリモート会見が1日(水・同)に行われた。

ここではセルジオ・ペティスの会見の模様を抜粋してお届けしたい。

「アンソニーは185ポンドぐらいあるから、以前のように一緒に練習はしていない。クリスチャン・ロドリゲス、エマニュエル・サンチェス、レン・ヒラモト、少人数で必要なことをやってきた」という言葉を始め、言及されなくとも平本蓮に触れたセルジオからは、改めて両者の間の信頼を感じることができた。


──リーチアドバンテージがありますが、柔術を生かすために寝技に持ち込みたいですか。それもとスタンドでも、どちらでも勝てるところを見せたいでしょうか。

「まず僕の長所は打撃だ。リーチの長さもあり、打撃でもアドバンテージはある。しっかりレンジを意識して、冷静に戦いたい」

──COVID19の影響を皆が受けるなか、ファイトキャンプは普段と比べて難しい面はありましたか。

「最初の頃にCOVIDの影響は受けたけど、今回のキャンプではチームはより強化されたよ。日本からK-1キックボクサーのレン・ヒラモトが来てくれたおかげで、ゲームの詳細を固めることができた」

──金曜日にキョージを倒せば、RIZINバンタム級王座を狙いたいですか。他のプロモーションで戦いたいという希望は?

「ベラトールがホームだ。ここでベルトを獲った。今はホリグチとの対戦にフォーカスしているから、それからのことは考えていない。そこを乗り越えてから、どうするのか──だよ」

──ブランドン・モレノ、ヘンリー・セフード、ジェセフ・ベナビデスらと戦ってきましたが、キョージはどれぐらいのランクのファイターだと思っていますか。

「彼はトップ3に入っているよ。そうだね、今のところロブ・フォント、セフード、そしてホリグチは絶対的にトップ3に入る。ランクをつけるのは難しいけど」

──モヒガンサン・アリーナという慣れ親しんだ場所で戦うことはアドバンテージになるだろうか。

「そうは思わないよ。今、僕は右肩上がりにある。28歳で4連勝中、キャリアの序盤は自分自身や自分の技術をそんなに信じることはできなかった。でも今は考え方も技術もシャープになって、全てが一体化しているよ」

──以前はヘビーなスパーリングをするジムが多かったけど、今はより技術的な練習をすることが増えている。体のことを考えて、ヘビーなスパーリングは減っていることをどう思いますか。

「僕は今でもヘビー・スパーリングは必要だと思っているよ。ジムではタフな相手にハードなスパーをしているしね。もちろん、そういう日とテクニック重視の日があるけど、毎日ハードにやっているよ」

──同じ週末にジョゼ・アルドとロブ・フォントが戦います、どういう予想をしていますか。

「興味深いファイトだ。ロブ・フォントは距離が遠くて、パワフルなボクシングができる。アルドはこのスポーツのレジェンドだけど、まぁロブ・フォントかな。この試合はロブ・フォントが勝つと思う」

──平本選手による、一番のアドバイスは何でしたか。そして英会話能力は十分でない彼にコーナーを頼んだ理由は?

「ここで彼のアドバイスの内容を明かすことはできない。ゲームプランに関係してくるからね。ただ彼は素晴らしい戦略家だよ。過去3カ月、僕の知らない殴り方を教えてくれた。型にはまらない独特のヴィジョンを持っていて、本当に助けてもらった。彼が教えてくれた技を試合で使うことが楽しみでならないよ」

■視聴方法(予定)
12月4日(土)
午前9時00分~ U-NEXT

■ Bellator274対戦カード

<Bellator世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]セルジオ・ペティス(米国)
[挑戦者] 堀口恭司(日本)

<フェザー級/5分3R>
エマニュエル・サンチェス(米国)
ジェレミー・ケネディ(カナダ)

<バンタム級/5分3R>
ジョシュ・ヒル(カナダ)
ジャレッド・スコッギンス(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジョニー・エブレン(米国)
コリン・ハックボディ(米国)

<ライト級/5分3R>
アレクサンデル・シャブリー(ロシア)
ボビー・キング(米国)

<フェザー級/5分3R>
カイ・カマカ3世(米国)
ジョン・デ・ジーサス(米国)

<ミドル級/5分3R>
ヴィニシウス・ジュゼズウ(ブラジル)
レヴァン・チョクヒリ(ジョージア)

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・モンタルヴォ(米国)
ジェイコブ・ボーン(米国)

<ライト級/5分3R>
マイク・ハメル(米国)
キリズ・モタ(ブラジル)

<160ポンド契約/5分3R>
スパイク・カーライル(米国)
ダン・モレット(米国)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・クラッチマー(米国)
オリバー・エンカンプ(スウェーデン)

The post 【Bellator272】セルジオ・ペティス in リモート会見。「対戦相手の中でフォント、セフード、堀口がTOP3」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
UFC ブログ

2.26『UFC Fight Night』でミーシャ・サークノフとマフムド・ムラドフが対戦


 UFCが2月26日に開催するFight Nightシリーズの大会(会場未定)でミーシャ・サークノフ vs. マフムド・ムラドフのミドル級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 サークノフは10月の『UFC Fight Night 193: Santos vs. Walker』でクリストフ・ジョッコに判定負けして以来の試合で現在2連敗中。

 ムラドフは8月の『UFC on ESPN 30: Barboza vs. Chikadze』でジェラルド・マーシャートに2Rリアネイキッドチョークで敗れて以来の試合。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA UFC   ブログ

デイナ・ホワイトと家族に新型コロナウイルスの陽性反応も「陰性になれば『UFC on ESPN 31』には出席したい」


 デイナ・ホワイトと家族に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことから現在隔離中とのこと。サンクスギビングデー(感謝祭・今年は11月25日)のためにメイン州にある自宅で家族と過ごしたところ、全員に陽性反応が出たそうです。デイナ・ホワイトは以下のコメント。

「我々はメイン州にある自宅に行った。感謝祭はそこに行くのが慣習になってるが、誰かがそれを持っていて、全員に陽性反応が出てしまった」

「土曜日にはネバダ州に戻っていたが、日曜日から水風呂と蒸し風呂に交互に入っている。ユーカリのスプレーをしたのに匂いが無かったので、どういうことか気がついてジョー・ローガンに電話した」

「月曜日の午前9時に検査をしたが、彼はできるだけ早くモノクローナル抗体を作れと言ったので、その通りにした。そしてNADの点滴をするようにも言われたので直後に行った。日曜日の午後8時には味覚も嗅覚もなかったが、火曜日に髭を剃るためにカミソリを洗うとアルコールの匂いがした。11時には味と匂いが戻っていた。その後イベルメクチンを服用した。昨日はビタミン剤の点滴をして今日はまたNADの点滴をしている。今までになく気分が良いし、100万ドルの気分だ。コロナに感染してからの10日間は1日2回のワークアウトをして隔離されているが、24時間以内に嗅覚と味覚が戻った」

「私はプロトコルを実行している。10日間は自宅待機で他の人と接触しないようにしている。だが私はローガンが学んだ方法で、非常に頭の良い人たちと一緒にこの問題に取り組んでいる。陰性になるまで2日おきに検査をしてすぐに仕事に復帰するつもりだ。土曜日の『UFC on ESPN 31』に出席できることを願っている。陰性だったら絶対に出席する。想定されているプロトコルを正確に実行し、クリーンな状態にして、またみんなのそばに行けるようにしたいと思ってる」
続きを読む・・・
カテゴリー
キック ブログ

コロナ禍で赤字転落

新型コロナウイルスの騒動は3年かかる、と私は覚悟しています。ウンザリではあります。しかし、自分の人生で、最も異常な世の中を耐え抜いていることは、困難な人生を生き抜く上でも、貴重な経験になっています。業績は、プロキックボクサー引退以来、初の赤字に陥りました。しかし、まとまった時間ができたおかげで、有意義な時間を過ごせたのも事実。何年もかけて勉強することならば、その情熱を小出しにして、習慣づけるのが良いでしょう。しかし、一つのジャンルを掘り下げて、短期間で勉強するならば、まとまった時間が必要です。仕事のない日には、自室に閉じこもり、デザインの基礎を勉強し、仕事にも活かしています。良い形となって、早晩数字にも現れるでしょう。前期の赤字は恥ずべきことです。銀行や国がお金を貸してくれたのは、利益を出していたからです。赤字経営者である私の金融機関からの続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

カテゴリー
BELLATOR MMA RIZIN UFC UFC ESPN31   ウィリアム・ナイト オーデ・オズボーン ザルガス・ズマグロフ セルジオ・ペティス ブログ マネル・ケイプ 堀口恭司

【UFC ESPN31】オクタゴン4戦目、マネル・ケイプ「ロシアで戦っている時と別人」&「キョージが勝つ」

【写真】静かな口調で、言いたいことを忖度なく話してくれたケイプ。自信と好調ぶりが伺えた(C)MMAPLANET

4日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN31「Font vs Aldo」でマネル・ケイプがオクタゴン4戦目を戦う。

過去1勝2敗も前回の試合では、見事な跳びヒザ蹴りでKO勝ちを手にした。今回はカザフスタン人ファイター、ザルガス・ズマグロフに関して『ロシアで戦う時とは別人。ロシアで使っていたドラッグをUFCでは一切使えない』と言い切った。

そして自らの試合の前夜にBellator世界バンタム級王座に挑む、堀口恭司に関して言及してもらった。


──ザルガス・ズマグロフ戦が4日後に迫ってきました。今の心境を教えてください。

「最高だよ。しっかりとファイトキャンプで調子を上げることができた。この試合に向けて色々なことを試し、毎日が最高のシェイプで、最高のパフォーマンスを続けることができたんだ」

──今回のキャンプはどこで?

「ラスベガスだよ。エクストリーム・クートゥアーでキャンプをして、UFC PIでもトレーニングをしてきた」

──フライ級で戦うマネルに見合ったサイズのファイターが、エクストリーム・クートゥアーにも所属しているのですね。

「う~ん、だいたいフライ級からフェザー級、そしてライト級の選手たちかな」

──ライト級だと3階級も上になりますね。

「でも、ずっとライト級ぐらいの選手とは練習してきたからね。練習相手は僕より重いことは、何も特別なことじゃないよ。全く問題ない。全くないよ。アメージングな準備ができた」

──8月のオーデ・オズボーン戦で、ようやくマネルのクリスチアーノ・ロナウド風ポーズをオクタゴンの中で見ることができました。

「ハハハハ」

──日本のファンもホッとしたと思いますが、マネル自身が最も安堵したのではないでしょうか。

「そうだね。安心したよ。良い試合、短時間でのフィニッシュ勝利が必要だった。ミスをせず、前に出続けることが命題だったんだ。あの勝利は色々な意味でも大きい。前から考えていた高見に僕を再び連れて行ってくれることになる……そんな勝利だったよ。なんといっても、結果が全てだからね」

──跳びヒザでのKO勝ちにより、その前の接戦での敗戦は誰も忘れるようなインパクトを残したはずです。

「100パーセント、その通りだね」

──そして今回は、UFCで1勝2敗と戦績的には同等のズマグロフと戦います。

「ズマグロフと自分が同じ評価だとは思っていない。それに僕は1勝2敗じゃない、パントージャ戦はともかく、マテウス・ニコラウ戦は負けていない。試合を見た人なら、誰もが分かっているだろう。僕の戦績は2勝1敗だと思っている。

ズマグロフに関してはロシアで戦っていた時の方が、印象深い試合をしていた。ボクシングが強くて、テイクダウンもできていた。今では、ロシアで戦っている時とは別人だ。ロシアで戦うのとUFCで戦うのは違う。パフォーマンスは下降する一方だ。33歳か34歳(※実際は33歳)になって、年を取った。エネルギーも感じられない。

まぁ、ロシアで使っていたドラッグをUFCでは一切使えないということだよ。UFCは自分の力で戦わないといけない。パフォーマンス向上のアイテムは使えないからね。そりゃあ、動きは悪くなるよ。UFCではクリーンな状態で戦わないといけないんだ。

確かに前の試合では勝っているけど、何も特別な試合じゃなかった。対戦相手も大して強くなかったしね。今回の試合はUFCでの過去の試合と比較すると、もっともイージーなファイトになることは間違いないよ」

──パンチ力がありますが、テクニカルではない。レスラーのようで、テイクダウンも奪われる。UFCではマネルの言った通り、コレといったストロングポイントのない印象の薄いファイトをしてきました。

「クリスマスを過ごすには、最高の相手さ(笑)」

──では日本のファンは、マネルからのギフトを期待しないといけないですね(笑)。その日本のファンだけでなく、世界のMMAファンに何を見せようと思っていますか。

「世界中のファンに、素晴らしいギフトを贈るよ。2Rで勝つ。100パーセント、そうなるから期待してほしい。KOか一本はどちらでも構わない。とにかく2Rでフィニッシュする」

──つまり初回はズマグロフの動きを観察するというわけですね。

「そうだよ。彼の動きをチェックして、2Rに終らせる」

──もちろんマネルはこのズマグロフ戦に集中しないといけないですが、1日前に堀口恭司選手がBellator世界バンタム級王者セルジオ・ペティスに挑戦します。この試合に関して、コメントをもらうことは可能でしょうか。

「キョージが勝つよ。キョージは打撃もグラップリングも、セルジオ・ペティスを上回っている。良い試合になるだろう。でも勝つのはキョージだ。100パーセント、キョージが勝つ。断言するよ」

──なるほど。かつてのライバルはUFCでなくBellatorを選択しました。返上したベルトを取り戻し、しっかりと仕事をするのが先決だと堀口選手は言っていました。Bellatorでやるべきことをやり終えると、UFCにやって来るかもしれないです。

「来れば良いよ。僕はRIZINで戦っていた時は違う。あの頃は何もサポートがなく、アフリカで1人のパートナーと練習するだけだった。その状態で、僕はカイ・アサクラに敗れる前までのキョージのキャリアで、最も厳しい試合をした。キョージも、ソレは分かっているはずだ。今の僕は全てが揃っている。UFCに来るという判断をキョージがするなら、それは間違いだ。でも来たいなら、来れば良い」

──凄い自信ですね。では、最後に日本のファンに一言お願いします。

「僕のオールドファンたち、アリガトウゴザイマス。今も日本のファンからのツイートにエネルギーを貰っている。僕の身の内にある日本のファンに、次の試合も100パーセント勝つことを約束するよ。この試合の勝利は、2022年に飛躍するための踏み台になる。いつも、応援ありがとう」

■視聴方法(予定)
12月4日(日・日本時間)
午前9時00分~UFC FIGHT PASS

■ UFC EPSN31対戦カード

<フェザー級/5分5R>
ロブ・フォント(米国)
ジョセ・アルド(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ラファエル・フィジエフ(キルギス)
ブラッド・リデル(ニュージーランド)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国)
レオナルド・サントス(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジミー・クルート(豪州)
ジャマール・ヒル(米国)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・アレン(米国)
クリス・カーティス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ブライアン・バルベレナ(米国)
ダリアン・ウィークス(米国)

<ミドル級/5分3R>
マキ・ピトロ(米国)
ドゥスコ・トドロビッチ(セルビア)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイク・マシューズ(豪州)
ジェレマイア・ウェルス(米国)

<フライ級/5分3R>
ザルガス・ズマグロフ(カザフスタン)
マネル・ケイプ(アンゴラ)

<女子ストロー級/5分3R>
マロリー・マーチン(米国)
シャイアン・ヴリスマス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
アロンゾ・メニフィールド(米国)
ウィリアム・ナイト(米国)

<ライト級/5分3R>
クラウジオ・プエレス(ペルー)
クリス・グラッツマーカー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アザマット・ムルザハノフ(ロシア)
ジャレッド・ヴァンデラ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・モロノ(米国)
ミッキー・ガル(米国)

<バンタム級/5分3R>
ルイス・スモルカ(ペルー)
ヴィンス・モラレス(米国)

The post 【UFC ESPN31】オクタゴン4戦目、マネル・ケイプ「ロシアで戦っている時と別人」&「キョージが勝つ」 first appeared on MMAPLANET.