カテゴリー
PANCRASE RIZIN ジェイク・ムラタ 中島太一 井村塁 海外

【パンクラス】井村塁×中島太一 バンタム暫定王者決定戦!

パンクラス
12月12日に新木場USEN STUDIO COASTで開催されるPANCRASE 325井村塁(Nexusense)×中島太一(ロータス世田谷)のバンタム暫定王者決定戦が行われる事が発表されました。コロナ禍において正規王者のハファエル・シウバの来日の目途が立たない事によるもの。

井村は6戦全勝。全ての試合でフィニッシュしている決めの強さが際立つ21歳の新鋭。先日行われたPANCRASE 324ではZST王者のジェイク・ムラタを秒殺。テイクダウンを許すも下からの三角絞めであっと言う間に一本を取りました。

しぶとい寝技が持ち味のジェイクに苦戦するかと思いきや、あっさりと極める姿には正直戦慄を覚えたました。このクラスに圧勝したとなるといよいよホンモノ。パンクラスのスケールを飛び越えてRIZINに飛び級する可能性も十分にあり得ます。

しかし対する中島の実績はこれまで対戦してきた相手とはひと味違う。海外での試合経験もあり、外国人選手との対戦経験も十分。さらに1階級重いフェザー級では今やRIZINのライジングスターとして頭角を表してきた堀江圭功をスプリットの判定で下した試合は特筆モノです。

以前は後ろ回し蹴りでKOするなど派手なファイトスタイルでしたが、最近では落ち着いた試合運びにシフトチェンジ。立っても寝ても安定感があるだけに、井村にとっては過去最大級の難敵と見て間違いありません。終わってみれば中島が完封という可能性も。。。井村が一気に飲み込むか、中島がベテランの妙味を魅せるか。この試合は会場で見るしかない!
カテゴリー
ABEMA Brave CF ISAO MMA PANCRASE Pancrase324 Pancrase325 RIZIN ジェイク・ムラタ ボクシング 中島太一 井村塁 修斗 松岡嵩志 松本光史 林源平 海外 秋葉太樹 花レメ紋次郎TK 西川大和 風間敏臣

【Pancrase325】暫定バンタム級KOPCで、平均3分20秒で6試合連続フィニッシュの井村塁が中島太一と対戦

【写真】井村にとって文字通り、ずば抜けて過去最強の相手=中島を迎えることとなる (C)MMAPLANET

20日(水・現地時間)、パンクラスより12月12日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrase325で暫定バンタム級王座決定戦、井村塁✖中島太一戦が組まれることが発表されている。

王者ハファエル・シウバはコロナ禍以前の2019年7月からパンクラスで戦っておらず、2020年3月にはパンデミックでイベントが中止されたBRAVE CF35でガブリエル・ミランダと対戦予定だった。そんななか組まれたバンタム級暫定王座決定戦──井村は17日のPancrase324大会でジェイク・ムラタを三角絞めで破り、デビュー以来の連勝及びフィニッシュ記録を6に伸ばしたばかりだ。


4つの一本勝ちと1つのTKO勝ちは5勝が1R、残る1勝が2Rと井村は未だに3Rを戦ったことがない──ばかりか、6試合の平均試合タイムは3分20秒弱でしかない。

対する中島は5月にフェザー級KOPのISAOに挑戦し熱闘の末、判定負けを喫して以来の再起戦が4年3カ月振りのバンタム級で、しかも暫定ながら選手権試合となる。

強い選手は元から強い──ある意味、格闘技の真理である。確かにボクシングなど、世界王者になるようなボクサーはデビュー直後から、勝負勘や肉体的な資質が抜きんでていることは少なくない。

一方でMMAはキャリアを積むことで力をつけていくという側面があり、デビュー直後からワールドクラスの実力を有しているという例は非常に少ない。そして日本のMMAの歴史でいえばパンクラスのネオブラT優勝者や修斗新人王が、そのプロモーションの30歳前後のトップどころと戦った場合、力の差は明白でこっぴどい敗北を喫するというケースは多々見られてきた。

とはいえ現状、日本のMMA界はベルトを巻いた選手が海外やRIZINにステップアップするだけでなく、コロナ禍においてその下に位置する選手もRIZINを主戦場するケースが増えてきている。パンクラスのバンタム級戦線でいえば井村塁はランキング1位、中島も階級変更と同時に2位につけているが、瀧澤謙太、金太郎、アラン・ヒロヤマニハ、春日井たけしらと競り合って来たわけではない。

このような現象はパンクラスだけでなく、修斗の西川大和にも当てはまる事例で、現状の日本の老舗MMAプロモーション全体のフィーダーショー化が進んでいる表れでもある。

とはいえ上記に挙げた選手たちがパンクラスにいない現実のなかで、井村とすれば中島がバンタム級に落としてこなければ、易々と暫定王座につけていた公算が高い。それゆえにタイトル戦の説得力を持たせる意味でも、井村✖中島はパンクラス・バンタム級戦線で唯一絶対のチャンピオン候補同士のマッチアップといえる。

なお同大会では既にストロー級KOPC=北方大地✖宮澤雄大、ライト級=金田一孝介✖林源平、同じくライト級で松岡嵩志✖松本光史、フライ級=秋葉太樹✖聡-S DATE、バンタム級=花レメ紋次郎TK ✖風間敏臣、ミドル級=内藤由良✖フェルナンド・マツキなどが決まっており、ラスト・スタジオコーストはコロナ禍のパンクラス実戦部隊の総出のファイナルバトルの様相を呈している。

The post 【Pancrase325】暫定バンタム級KOPCで、平均3分20秒で6試合連続フィニッシュの井村塁が中島太一と対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA PANCRASE Pancrase324 ジェイク・ムラタ 井村塁

【Pancrase324】井村塁がジェイク・ムラタに三角絞めを極めて、タイトルマッチ出場をアピール

<バンタム級/5分3R>
井村塁(日本)
Def.1R2分11秒 by 三角絞め
ジェイク・ムラタ(日本)

開始早々、ジェイクが左ジャブを当てる。井村は前に出てくるジェイクに右ストレートをヒット。直撃を受けたジェイクは真っ直ぐ後ろに下がってしまい、井村の追撃を食らってしまう。井村はさらに右ストレートでダウンを奪うと、トップを奪いに行くがジェイクがリバーサルでトップに。しかし井村は下からジェイクの右腕を取って腕十字へ。ケージ際で相手の体をずらしていった井村は、三角で組み直す。

ジェイクは三角で捕らえられながらリフトアップし、井村をスラムで叩きつける。井村は足のクラッチを外すことなく、そのまま三角絞めでタップを奪った。

これでプロデビュー以来6試合連続の一本またはKO勝ちとなった井村は「次は暫定タイトルマッチ、どうでしょうか?」とアピールした。


The post 【Pancrase324】井村塁がジェイク・ムラタに三角絞めを極めて、タイトルマッチ出場をアピール first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA NØRI ONE PANCRASE Pancrase324 Pancrse324   ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 内村洋次郎 小川徹 山北渓人 村山暁洋 狩野優 端貴代 菊入正行 藤田大和 透暉鷹 野田遼介

【Pancrase324】タイトル挑戦権獲得に向け、野田遼介戦直前の山北渓人「僕には攻め疲れはない」

【写真】闘志が身の内の溜まる両者 (C)PANCRASE

17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrse324で、山北渓人が野田遼介と戦う。

2021年は勝利を重ねるだけでなく、インパクトのある勝ち方で存在感を高めた山北が、ストロー級王座挑戦に向けランキングで3位──自身より上位の野田と戦う。その前日、計量を終えリカバリー中の山北の心境とは。


山北渓人
「計量の方はバッチリでした。野田選手は練習をしたこともあるし、リラックスして過ごせています。オラオラした人と戦う時はけっこう緊張してしまうのですが、野田選手は純粋に格闘技をしている人なので、緊張しなくて済みます。もちろん、試合が始まると関係なくなるのですが、試合前まではヤンキーとかは怖くて……。地元には結構多いのですが、今も街でそういう人を見ると避けたくなります。オラオラした人が怖いのが、自分の弱点かもしれないです。
 野田選手はグチャグチャした試合になれば有利になると思っているかもしれないですが、実際は僕も強いところはそこなので。そこで頑張れるのが自分の強みだと思っていますし、噛み合って面白い試合になると思います。
 以前は極めようとして、それがならなくて抑えるという戦い方になっていたのですが、今年は極める力が少しずつついてきて技のバリエーションも増えました。結果、抑えることしかできなかったポジションで一本が取れるようになってきました。明日の試合でもフィニッシュを狙って行きたいです。
 前回の一本勝ちは、練習した通りの動きでした。やっぱり練習したことしか試合で出ないです。普段の練習が如何に大切かが分かったので、練習では特に動いて一本を取るようにしてきました。藤田大和選手と練習をする時も狙って、逃げられてもそこからが練習になるので。時には強引なぐらいに、極めに行こうと練習していました。
テイクダウンすると抑えたくなりますが、普段から極めに行くという姿勢を練習で出していれば、力もついていくと思います。それに大和さんのこないだの試合とか見ていると、楽をしたいところで、厳しい方を選ぶことができる力を与えてくれたような気がします。
 ここで勝つだけでなく、タイトル挑戦を手にするため一本、KOを狙います。グラウンドでのTKO勝ちはRoad to ONEであったのですが、KOがないのでそこも狙って行きます。とにかく今回の試合は判定にはしたくないし、攻め続けます。
野田選手は受けが強いですが、僕は攻め疲れをすることはないので、守りに来てもお構いなしに攻め続けます。
 レスラーはテイクダウンするけど、極められないというイメージを持たれているかもしれないですが、柔術やグラップリングの練習もしてきて極めがあるレスラーに成長したところを見てほしいです。
 自分は左ハイで勝てるようなカリスマ性はないですけど、僕なりのやり方でフィニッシュして見劣りしないよう……先輩に追いつかれないように戦います。特別な人間でなくても勝てるのがMMAの良いところなので。MMAは悪い言い方をすると、逃げ方はたくさんあります。だから自分の苦手なところを捨て、得意なところで勝負する。どういう風にそれを試合のなかで判断するのかが勝負になると思います」

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

■ Pancrase324計量結果

<フライ級暫定KOPC/5分5R>
[王者]小川徹:56.5キロ
[挑戦者]上田将竜:56.7キロ

<暫定女子フライ級王座決定戦/5分5R>
NØRI:55.7キロ
端貴代:56.3キロ

<暫定ウェルター級王座決定戦/5分5R>
菊入正行:76.5キロ
村山暁洋:76.85キロ

<ストロー級/5分3R>
野田遼介:54.2キロ
山北渓人:52.45キロ

<フェザー級/5分3R>
透暉鷹:66.2キロ
内村洋次郎:66.15キロ

<バンタム級/5分3R>
井村塁:60.95キロ
ジェイク・ムラタ:61.45キロ

<フェザー級/5分3R>
名田英平:66.05キロ
狩野優:65.25キロ

<ライト級/5分3R>
高橋“Bancho”良明:70.2キロ
平信一:70.5キロ

<女子ストロー級/5分3R>
KAREN:51.55キロ
新谷琴美:52.1キロ

<ストロー級/5分3R>
高島俊哉:52.35キロ
リトル:52.3キロ

<フライ級/5分3R>
井島裕彰:56.85キロ
谷村泰嘉:56.35キロ

The post 【Pancrase324】タイトル挑戦権獲得に向け、野田遼介戦直前の山北渓人「僕には攻め疲れはない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA HEAT49 MMA NØRI PANCRASE Pancrase324 Pancrse324   ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 内村洋次郎 小川徹 山北渓人 村山暁洋 狩野優 端貴代 菊入正行 透暉鷹 野田遼介

【Pancrase324】計量終了 タイトルマッチ3試合を始め、出場全選手が一回目の計量でパス

【写真】トリプルクラウンが揃って暫定王座というのは、過去に例があるのだろうか (C)PANCRASE

明日、17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrse324の計量が行われた。

フライ級暫定KOPC=チャンピオン小川徹✖上田将竜、暫定女子フライ級王座決定戦=NØRI✖端貴代、暫定ウェルター級王座決定戦=菊入正行✖村山暁洋ら3階級のタイトル戦に出場する6選手を始め、メインカード出場の22選手の全員が1度目の計量でパスした。

メインカードの出場選手の計量結果は以下の通りだ。

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

■ Pancrase324計量結果

<フライ級暫定KOPC/5分5R>
[王者]小川徹:56.5キロ
[挑戦者]上田将竜:56.7キロ

<暫定女子フライ級王座決定戦/5分5R>
NØRI:55.7キロ
端貴代:56.3キロ

<暫定ウェルター級王座決定戦/5分5R>
菊入正行:76.5キロ
村山暁洋:76.85キロ

<ストロー級/5分3R>
野田遼介:54.2キロ
山北渓人:52.45キロ

<フェザー級/5分3R>
透暉鷹:66.2キロ
内村洋次郎:66.15キロ

<バンタム級/5分3R>
井村塁:60.95キロ
ジェイク・ムラタ:61.45キロ

<フェザー級/5分3R>
名田英平:66.05キロ
狩野優:65.25キロ

<ライト級/5分3R>
高橋“Bancho”良明:70.2キロ
平信一:70.5キロ

<女子ストロー級/5分3R>
KAREN:51.55キロ
新谷琴美:52.1キロ

<ストロー級/5分3R>
高島俊哉:52.35キロ
リトル:52.3キロ

<フライ級/5分3R>
井島裕彰:56.85キロ
谷村泰嘉:56.35キロ

The post 【Pancrase324】計量終了 タイトルマッチ3試合を始め、出場全選手が一回目の計量でパス first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview J-CAGE Pancrase324 ジェイク・ムラタ ブログ 井村塁

【Pancrase324】井村塁戦へ、ジェイク・ムラタ─02─「オレが負ける言った人! クタバレ!!と言いたいです」

【写真】真っ直ぐなのか、屈折しているのか。とにかく個性爆発のジェイクだった (C) MMAPLANET

17日(日)、東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase324で、井村塁と対戦するジェイク・ムラタのインタビュー後編。
Text by Shojiro Kameike

前編ではリングネームの由来ともなったジェイク・シールズへの愛を語ったムラタが、ここではパンクラスで戦ううえで目指すものを語ってくれた。
パンクラス愛、そして自身のキャリアを創ってきてくれたネクサスへの愛を掲げ、ジェイク・ムラタがスーパールーキー井村塁に挑む。

<ジェイク・ムラタ・インタビューPart.01はコチラから>


――ジェイク・ムラタ選手は、柔術から格闘技をスタートしたのですか。

「はい。17歳の時、地元の福岡県の柔術道場に入りました。もともと柔道をやっていたんですけど、高校の柔道部を辞めてしまった後、何かやりたいなと思っていたんですよ。バンドをやろうにもリズム感がないし(笑)、もともとヤンチャとは真逆の暗い人間で、何をやろうかなと思っていて……」

――そして柔術にたどりついたと。

「いえ、最初からMMAをやりたかったんです。当時、UFCのゲームをやっていて、MMAに興味を持ったんです。そこで総合格闘技もやれると書かれていた柔術道場に入ったんですけど、地元の大学を卒業して東京に出るまでは柔術だけやっていました」

――では、MMAの練習を始めたのは上京してからなのですね。

「いろんなジムでお世話になりながらプロデビューすることができたんですが、最初はそこまでプロでやっていこうという気持ちが強いわけではなかったんです。でもデビュー戦でライダーヒロ選手に負けて(2014年2月、ツイスターで一本負け)、このままでは辞めることができない、と思いまして。

そこから、いま所属しているパラエストラTBに移り、プロ2戦目で高野優樹選手に勝つことができたんです(同年8月に判定勝ち)。その頃に新卒で入社していた会社は辞めていたので、これからはフリーターで世界を目指そうと思いました。でも一度は格闘技から離れて就職して……結構ブレながら生きているところはありますね(苦笑)」

――それでもリングネームを変えて、MMAに戻ってきました。完全にブレているというわけではないように思います……少なくとも、格闘技に対しては。

「……周りの人の影響ですかね。いま思うと、純粋に格闘技が好きなんだと思います。ずっと『この試合で終わりにしよう』と思いながら、試合を続けていました。でもジムへ練習に行くと、周りの人たちが頑張っている。それを見ると、また自分も試合がしたいって思うようになる。だから、そんな人たちに僕から見せられるような、何か形になるものが欲しいですね」

――形になるもの、とは?

「パンクラスのベルトが欲しいです」

――キッパリ言い切りましたね。

「この前、ネクサスで森山選手に負けたじゃないですか(昨年12月、森山壱政に一本負け)。試合後、これから何を目指していこうかと考えたんです。その時、デビュー後の数年はパンクラスで勝ったり負けたりだったことを思い出したんですよ。それでも今、こうやって試合を組んでくれるところで頑張らないと、引退する時に後悔するだろうなって」

――……。

「修斗やDEEPがチャンスをくれなかった、という意味ではないです。修斗もDEEPもチャンスをくれたのに、僕がそのチャンスを生かせなかっただけで。そんななか、前回ネクサスで負けている僕の試合を、パンクラスが組んでくれた。

だから次は、パンクラスのベルトを目指したいと思ったんです。パンクラスのベルトを獲って海外で勝負したいという気持ちもあるし、パンクラスのチャンピオンになってネクサスに出て、ネクサスという場所で強くなれたことを証明したいです」

――ジェイク・ムラタ選手はこれまで、ネクサスで6試合を経験しています。今の言葉からも、ジェイク・シールズ愛に続きネクサス愛も感じられます。

「ネクサス愛というか、山田代表愛ですね」

――山田代表愛ですか!

「僕というファイターは、ネクサスの山田峻平代表のマッチメイクで育てもらいました。そんな山田代表に砂をかけて行動するようなことは、格闘家というか人として終わりだと思っています。実は僕がパンクラスに出たいと言って、パンクラスに連絡してくれたのは山田代表なんですよ。そんなこと普通、大会のプロモーターができないじゃないですか」

――まず自分の大会のマッチメイクを考えるのが当然でしょうね。

「そうなんです。山田代表は常々『選手の物語が見たい』と言っているんですよね。ジェイク・ムラタという物語は、山田代表が創ってくれた物語だと思っています。だから――パンクラスのベルトを獲ったら、ネクサスのチャンピオンと試合がしたいです。そう決めたのに、ここで強敵を引き当てる、僕の運のなさですよ」

――良い話から、いきなり自虐的ですね(苦笑)。

「試合が決まって井村選手のことを調べていたら、次が6戦目なのにネオブラで優勝して一気にメインカードに出ているじゃないですか。どれだけ駆け上がるスピードが速いんだよって(笑)」

――確かに、パンクラスのみならず国内MMAで最も注目を集めているファイターの1人だと思います。

「すごく勢いのある選手ですよね。でも今回、自分も決意を持って試合に臨むと決めました。この試合で負けたら今後を考えないといけない、それぐらいの気持ちで準備しています」

――井村選手は現在ランキング4位ですし、勝てば一気に王座挑戦への道も見えてくるでしょう。

「正直、相手がアップのカードじゃないですか。そこで勝って、『オレが負ける言った人! クタバレ!!』と言いたいです」

――ずっとジェイク・シールズ愛や山田代表愛を語ってきたのに、最後にエンセン井上さんのセリフは……ブレていませんか(笑)。

「アハハハ。そういえば、パンクラスってKOか一本じゃないと、試合後にマイクを持たせてくれないんですかね?」

――その基準は分からないですね。

「井村選手との相性で言えば、僕が勝つなら判定で競り勝つ形だと思うんですよね。もしKOか一本でないとマイクが持てないなら、マイクなしで叫びながら退場します(笑)」

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

The post 【Pancrase324】井村塁戦へ、ジェイク・ムラタ─02─「オレが負ける言った人! クタバレ!!と言いたいです」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview Pancrase324 ジェイク・シールズ ジェイク・ムラタ ブログ 井村塁

【Pancrase324】井村塁と対戦、ジェイク・ムラタ─01─ほとばしるジェイク・シールズ愛

【写真】なぜ シールズ康大ではなく、ジェイク・ムラタとなったのか──は、マイケル・ジャクソンをマイケルと呼んで、ジャクソンとは呼ばないのと同じ理屈か? (C)PFL&MMAPLANET

17日(日)、東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase324で、ZSTバンタム級王者のジェイク・ムラタが井村塁と対戦する。

2014年にパンクラスでプロデビューしたジェイク・ムラタは、修斗、DEEP、ネクサス、そしてZSTなど様々な舞台を渡り歩いてきた。当初は本名の村田康大として戦っていたが、2017年10月のDEEP名古屋大会から現在のジェイク・ムラタに改名。リングネームの由来は、憧れのファイターであるジェイク・シールズだ。

インタビューの中でも、ほとばしるジェイク・シールズ愛――そこに、ジェイク・ムラタの格闘技観が存在した。


――試合を1週間後に控えてのインタビューとなりますが、ムラタ選手はツイッターの更新頻度が高いですね。

「アハハハ。主に試合の宣伝のためですね。プロモーターさんがいて、僕たちの試合があるわけじゃないですか。だから今回の試合が決まってからですけど、ちゃんと仕事として意識していこうと思いました。毎日1回は必ず、練習で写真を撮ってツイートしようと」

――夜の練習時間以外でもツイートがありますが、昼は別のお仕事をされているのですか。

「昼間は会社員として働いています。仕事の隙間時間にツイートしていますね」

――そうだったのですね。朝や昼に練習風景がツイートされているので、どんな勤務体系なのだろうかと、ふと思いました(苦笑)。

「平日の日中は会社の仕事があるので、昼間の出稽古は土日だけですね。最近はZEEKジムさんにお世話になっています」

――ZEEKジムというと、石橋佳大選手が所属しているジムですね。

「ここ3~4年、石橋さんにはお世話になっています。練習を通じて、すごく刺激を受けていますね。石橋さんが試合で勝つと、自分が試合で勝ったかのように嬉しいですし。僕が勝った時は、石橋さんも自分のことのように喜んでいる――と表情を見て、そう勝手に思っています(笑)」

――なるほど(笑)。話をムラタ選手に戻しますが、ジェイク・ムラタというリングネームは、ジェイク・シールズにあやかっているのですか。

「はい。リングネームについては……まず大学を卒業してから東京で就職したんですが、その会社はすぐに辞めてしまって、アルバイトしながら、本名の『村田康大』で試合に出ていました。でも勝ったり負けたりで、一度見切りをつけて就職したんです。それが就職した会社では思ったより残業も少なくて、格闘技を続けられる環境だったので、心機一転リングネームを変えて試合に出ようと」

――そこでリングネームをジェイク・ムラタにするほど、ジェイク・シールズのファンだったのですね。

(C)EXC

「ジェイク・シールズ歴は長いですよ。17歳で格闘技を始めた頃からなので、もう10年になります。

最初はYouTubeの動画で見ました。ELITE XCのポール・デイリー戦とか、よく見ていましたね」

――ジェイク・シールズのどのようなところが好きなのですか。

「ジェイク・シールズはレスリングベースですけど、自分も柔術では潜るタイプだったので、動きがとても参考になりました。今のファイトスタイルはジェイクっぽくないねって言われますけど……」

――そうなのですか。

「僕は今、テイクダウンしてから抑え込みではなく、バックテイクを狙うんですよ。それでも今、昔の試合を見ても参考になりますね。当時は分からなかったことが、今見ると気づくことも多くて。当時は単にシングルで組んでいたものかと思っていたら、しっかりハイクロッチで倒していたりとか。……ジェイク・シールズって、もう試合はしないのでしょうか?」

――2018年10月、PFLでのレイ・クーパー3世との試合を最後に、MMAでは戦っていません。

「ジェイク・シールズのSNSを見ていても、もう試合はなさそうですよね」

――今もジェイク・シールズのSNSをチェックしているのですか! 完全にファンですね。

「もちろん英語で書かれているんですけど、だいたいの雰囲気で感じ取っています。あぁジェイクが女性ファンと絡むんだ、とか(笑)」

――では、ジェイク・シールズの個人的ベストマッチは何でしょうか。

「……それは、ファイターとしてのベストマッチですか? それともジェイク・シールズという物語に関するものですか?」

――「ジェイク・シールズという物語」という表現に、とても興味がわきます(笑)。その前に、まずはファイターとしてのベストマッチからお願いします。

(C)DAVE MANDELL

「ベストマッチは、ジェイソン・メイヘム・ミラー戦ですね(2009年11月、ストライクフォースでジェイク・シールズが判定勝ち)。

ああいうグラップリングマッチが好きです」

――そして、「ジェイク・シールズという物語」という見地からベストバウトを語ると……。

(C)NAOKI FUKUDA/WOWOW

「ジェイク・シールズという物語でいえば、UFC2戦目でGSPと戦った時ですね」

――2011年4月、GSPが判定勝ちで6度目の王座防衛を果たした試合ですね。

「UFCがメインストリームとなってからも、ジェイク・シールズは別の大会に出ていて、勝ち続けることで『GSPに勝てるのはコイツしかいないのでは?』と言われていた。そしてUFC初戦でマーティン・カンプマンに勝ち、2戦目でGSPに挑戦する。ジェイク・シールズは『GSPに対して秘策がある』と言っていたけど、結果はジャブを突かれて潰され、判定で負けました。そんな展開まで含めて、ジェイク・シールズって美しいな、と思うんです」

――……。

「あとレイ・クーパーに勝って修斗のベルトを獲得していましたけど、(2004年7月)、十数年後にレイ・クーパーの息子(レイ・クーパー3世)に負ける。そういうストーリーも好きなんです」

――とにかくジェイク・シールズ愛が凄いですね。

「僕もMMAをやるうえで、『海外で戦いたい』という目標があります。ジェイク・シールズがUFCに出る時、『最後の大物』と言われたように、僕も『最強の外国人選手』みたいな形で」

<この項、続く>

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

The post 【Pancrase324】井村塁と対戦、ジェイク・ムラタ─01─ほとばしるジェイク・シールズ愛 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ISAO MMA NØRI PANCRASE Pancrse324 RIZIN キック ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 小川徹 村山暁洋 猿飛流 秋葉太樹 端貴代 菊入正行 透暉鷹

【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦

【写真】井村✖ジェイク。ジェイクのジェイク・シールズ地獄に対し、井村の柔術ベースの寝技という組技の構図は楽しみだ (C)MMAPLANET

26日(木)、パンクラスが10月17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催するPancrse324の追加カードとして井村塁✖ジェイク・ムラタのバンタム級の一戦を発表した。

暫定フライ級クィーン・オブ・パンクラシスト・チャンピオンシップ=NØRI✖端貴代、ウェルター級暫定王座決定戦=菊入正行と村山暁洋に続き、フライ級でも暫定王者に認定された小川徹が、上田将竜の挑戦を受けることも決まるなど、連日のように新たなカードが明らかとなっている同大会。


5月の暫定王座決定トーナメント準決勝で小川は秋葉太樹に勝利し、上田は猿飛流に判定負けしていた。ところが王座決定戦に挑む予定だった猿飛流が負傷したため、パンクラスでは小川のトーナメント決勝を不戦勝とし、暫定王者に認定した。

その小川が暫定王座防衛戦として、過去0勝2敗(※1戦目は2017年8月にスプリット判定負け。2度目は2018年12月にハイキックでKO負け)の上田を相手に3度目の正直を目指す。

また上田としてもタイトル挑戦は先の決定トーナメント、2019年7月に暫定王座決定戦で翔兵に敗れており、これが3度目の正直となる。

さらに内村洋二郎が昨年11月のRIZIN参戦以来11カ月振りも実戦で透暉鷹と対戦するカードも決まっている。内村のパンクラス参戦は昨年2月──パンデミック前、1年8カ月振りの参戦となる。対する透暉鷹は、5月のRYO戦で十中八九勝利を手にしておきながら、残り1秒でギロチンにより、大逆転負けを喫して以来の再起戦となる。

今やJ-MMAにおいて、決して多くない王座防衛戦を行うISAOという座標軸があるパンクラス・フェザー級戦線だけに、上を目指すうえでベテラン相手に、遅れを取ることは許されない透暉鷹だ。

そして今日発表された井村とジェイクの一戦は、マニアックファン垂涎の一戦だろう。井村はデビュー以来、5試合連続フィニッシュ勝利中の期待の新鋭。対してジェイクはパンクラスでは昨年10月に、神田周一に通好みの渋い試合で勝利したものの、2カ月後にはNEXUSで森山壱政に敗れている。ジェイクとしては、寝技勝負ができる相手だけに意地を見せたい戦い。井村としてもジェイクのようなねちっこい、しぶとさのある相手と戦うことで、そのフィニッシュ力という部分で真価が問われる一戦となる。

The post 【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE Nexus20 Report ジェイク・ムラタ ブログ 森山壱政

【Nexus20】森山壱政、ピチピチとハマった時の強さを見せつけジェイク・ムラタをRNCで一蹴!!

【写真】ジェイク戦 の勝利は、森山にとってステップアップの材料ととなるはずだ (C)MMAPLANET

27日(日)に東京都新宿区のGENスポーツパレスで開催されたNEXUS20。そのメインでZSTバンタム級王者として、Road to ONEやパンクラスで戦績を積んできたジェイク・ムラタに、森山壱政が挑んだ。

既にBRAVE CFで2度戦った経験があるものの、国内ではキャリア最強となるジェイク戦で、森山は鯖のようなピチピチ・ファイトを展開できたか。

<フェザー級/5分2R>
森山壱政(日本)
Def.1R2分42秒by RNC
ジェイク・ムラタ(日本)

左ローを蹴ったジェイク。組みついてケージ際に移動するが、逆に森山が押し込み返しバックを取ってテイクダウン。そのままマウントを奪う。背中を向けたジェイクは一度はRNCを腰をずらして防いだが、森山はもう一度バックを取りなす。フックされた左腕で、左足をリフトし、胸を合わせつつジェイクがスクランブルに持ち込んで立ち上がる。

直後にダブルレッグに出たジェイクだったが、森山がポジションを入れ替える。その後、1度ずつ態勢を変え、ボディロックに取った森山がワキを潜ってバックへ。

そのままテイクダウンし両足をフック、今度は左足を持ち上げられずに背中に乗り続けて四の字フックを完成させる。

そして──右腕を喉下に差し込んだ森山が一気にタップを奪った。

ハマった時の強さを見せた森山は「最後に試合をさせてもらってありがとうございます。ZSTのバンタムのベルトを持っている人に勝ったので、俺もネクサスのベルトをフェザーで狙っていきたいと思います。そういう機会を創ってくれたら、有難いです。これからも一生懸命練習をするので、また試合待っています」とマイクで話した。


The post 【Nexus20】森山壱政、ピチピチとハマった時の強さを見せつけジェイク・ムラタをRNCで一蹴!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview J-CAGE Nexus20 ジェイク・ムラタ ブログ 森山壱政

【Nexus20】ジェイク・ムラタと対戦する新鋭=Who is 森山壱政?? 「普通通りにやれば大丈夫」

【写真】1997年5月15年生まれの23歳。会社員をしながら格闘家生活を続けている (C)MMAPLANET

27日(日)東京都新宿のGENスポーツパレスでNEXUS SPROUT、NEXUS20、NEXUS21✖PFC24というNEXUS3部構成大会が開催される。

第2部のNEXUS20のメインでZSTバンタム級王者ジェイク・ムラタと対戦するのが、森山壱政だ。既にBRAVE CFで2度試合経験がある、23歳のファイター=森山壱政とは、どのような選手なのか、インタビューした。


──ジェイク・ムラタ戦が控えている森山選手、MMAPLANETでは初インタビューとなります。宜しくお願いします。当日計量の65.8キロということですが、森山選手にとっては1階級上の体重ではないですよね。

「そうですね。普段からフェザー級なので、当日にその体重で出る形です。ムラタ選手はバンタム級で戦っているので、通常体重だと思います」

──つまり当日計量で体重を落とす必要があるということですね。

「僕自身は65キロで試合をするための減量が厳しいわけではないので、当日に少し落とすという形ですね。水抜き有りの時は最後に2.5 キロほどドライアウトしているのですが、今回は74キロから時間をかけて8キロほど落としていきました」

──それはなかなか大変ですね。

「前回、10月に試合をして。その時も当日の65キロでやっていますし、リカバリーをほぼほぼなく戦うような感じです」

──う~ん、色々とコロナになってから試合前の準備が変わってきます。では、森山選手がどのようなMMAファイターなのか読者に知ってもらうために、いくつか質問させてください。

「ハイ」

──もともとMMAを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

「大した理由はなく、友達に誘われてソニックスクワッドに通うようになりました。ただ、やるからにはプロでやっていきたかったので、志望動機には『プロになりたい』と書きました。

そして先輩の関(鉄矢)選手がZSTに出ていて、ZSTのプレステージからキャリアを始めました。アマ修斗やアマパンクラスとかも、当時は知らなかったので」

──森山選手は今注目の中東のMMA王国=BRAVE CFで2度ほど試合をしていますね。

「実はプロとして試合をしたのは、BRAVEが初めてでした」

──つまりプロデビューがサウジアラビアと!!

「ハイ。話を頂いて、凄く嬉しかったです。『こんな俺で良いのか』って、試合をさせてもらえるなら必死でやろうと思いました。大会規模も僕が国内で経験してきた場とは段違いで『こんなところに俺が出ても良いのか』と。

結果はロシア人(ウスマン・ヌルマゴメドフ)にゴリゴリにやられました──残り1分ないぐらいまでパウンドを落とされてTKO負けです。ただ、この試合に向けて相当に追い込んだ練習もして、自分も変われたと思います。」

──その後もBRAVEのルーマニア大会にも出場しています。

「そこもゴリゴリにやられましたけど(笑)。2試合とも完敗でしたね。ルーマニアはBRAVEといっても、現地のプロモーションが運営をしていてサウジアラビアの大会とはかなり違っていて、進行とかもグダグダでした。

セコンドで一緒に行ってくれた水垣(偉弥)さんが『これはヤバイな』って。その水垣さんはタクシーでボッタくられていましたし」

──アハハハ。それは人生として良い経験ですね。

「あの2つの国で試合をさせてもらったことは、本当に良い経験になっています。本当に有難いことです」

──BRAVEでの試合を除けば、ジェイク・ムラタ選手はキャリア最強の相手ではないでしょうか。

「自分は失うモノもないですし、思う存分やれば良いと思っています。対戦相手候補が3人いたのですが、僕が喰えば一番だと感じたのがジェイクだったので、『ジェイクとやらせてください』とお願いしました」

──なるほどぉ。あの粘っこい組み技に対しての自信の程を教えてください。

「これでやられるとか、特に相手が優っているという部分はないので。練習通り、普通通りにやれば大丈夫だと思っています。何かを警戒するとかはないです」

──私どもも森山選手がどのような選手が分からないのが正直なところでして、指導されている安田けん選手に『森山壱政とはどのような選手なのでしょうか』と尋ねたら、興味深い回答がありました。まず、『動きが鯖みたいな子です』と。

「さ、鯖ですか? アハハハハ。鯖……鯖ってどういう動きなのでしょうか……」

──ピチピチしていると。

「……。そうですね……練習だと、ひたすら動いている感じなので」

──さらに『組みは技術というよりも、体のバネで動いている感じですが、井上直樹選手たちとも普通にスパーリングをしていて弱くはない』──とのことです。

「アハハハ。まぁ反射的にやっているというか……。うちの関選手、井上選手、パンクラスの雑賀ヤン坊達也選手、修斗の倉本(一真)選手とか、普段から強い方と色々と練習させてもらっているので、体にしみ込んでいるかと思います。あと佐々木憂流迦選手とも少しやらせてもらいました」

──錚々たるメンバーですね。日本のトップどころと練習することで手応えを感じるということはありますか。

「いやぁ……さすがだなって感じですけど、やらせてもらって自分も成長しているとは思います」

──ではMMAファイターとして森山壱政の一番の武器は?

「武器は……できない部分がない。こういう局面になると厳しいということはあんまりないです。全て対応できるとは思っています」

──そんななか安田選手は『打撃の当て勘は今一つですが、ピチピチ当たります』と。ピチピチ当たるという意味が、分からないのですが(笑)──どういうことだと思いますか。

「う~ん、ガツンっていうのは当たらないということですかね(笑)」

──あぁ、確かに『かなり当たるのですが、倒せません』ともありました(笑)。

「アハハハハ」

──そして気になるのが『気持ちは弱いです』と、ボロンチョなことが書いてあります。

「そこは分かっています(笑)。強気に出られないんです。もう始めた当初から、ずっと色々な人にしごかれて、強い人に怒られて練習してきたので、『俺は強いんだ』という気持ちは一切ないです。

ただ相手に対しては自信がないなんて言っていられないですし、試合が始まったらやるだけです」

──最終的には『上手くハマったときは凄い良いです。そこができれば化ける、ポテンシャルはかなり高い』という言葉で締められています。

「あぁ、嬉しいです。練習でしてきたことを出し切ることが理想なのですが、いつも不完全燃焼で終わってしまいます。だから、スパーリングをやっているような感じの力を出せればと思います。そこが課題です」

──喰えば一番のジェイク選手との試合後に関しては?

「そうですね、試合間隔を空けずにコツコツと組んでもらった試合を全て勝っていって、名前を知ってもらいたいです。最終的にはRIZINとかで試合をしたり、それとBRAVEでリベンジしたいという気持ちは、とてもあるので──。まずはNEXUSのフェザー級トーナメントで優勝した人と戦いたい。本来は、日曜日の試合に勝たないと言えないことですが、そういう気持ちでいます」

──では最後にMMAPLANETの読者に、ジェイク・ムラタ戦を通してどのようなところを見てほしいか一言お願いします。

「まだまだこの先、上を目指してやってくので。打撃が凄く強い選手、寝技の選手、どのような選手が相手であってもしっかりと倒していける──全てが武器になるようなファイターになるので、宜しくお願いします」

The post 【Nexus20】ジェイク・ムラタと対戦する新鋭=Who is 森山壱政?? 「普通通りにやれば大丈夫」 first appeared on MMAPLANET.