カテゴリー
MMA UFC   カムザット・チマエフ ニック・ディアス レオン・エドワーズ

12.11『UFC 269』ホルヘ・マスヴィダルの代打でレオン・エドワーズ戦をアピールするカムザット・チマエフにニック・ディアスが割って入る「俺にやらせろ」

無念! 12.11『UFC 269』ホルヘ・マスヴィダルがレオン・エドワーズ戦を負傷欠場/カムザット・チマエフらが代打をアピール(2021年11月11日)

 こちらの続報。


 ESPNのブレット・オカモト記者がインスタグラムで「これはかなり衝撃的になると思うが、カムザット・チマエフは12月11日にレオン・エドワーズとの対戦を望んでいる。その可能性があるかどうか、レオンが望んでいるかどうかは分からないが、チマエフはそれを望んでいる」とコメント。

 それに対してニック・ディアスが「俺にやらせろ」とコメントしています。続きを読む・・・
カテゴリー
MIKE MMA News UFC   スティーブン・トンプソン デミアン・マイア レオン・エドワーズ

12.18『UFC Fight Night 199』でベラル・ムハマドとスティーブン・トンプソンが対戦


 UFCが12月18日にラスベガスのUFC APEXで開催する『UFC Fight Night 199: Lewis vs. Daukaus』でベラル・ムハマド vs. スティーブン・トンプソンのウェルター級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ムハマドは6月の『UFC 263: Adesanya vs. Vettori 2』でデミアン・マイアに判定勝ちして以来の試合で1つの無効試合を挟んで現在5連勝中。最近は『UFC 269: Oliveira vs. Poirier』を負傷欠場するホルヘ・マスヴィダルの代打でレオン・エドワーズとの対戦をアピールしていましたが、トンプソン戦になりました。

 トンプソンは7月の『UFC 264: Poirier vs. McGregor 3』でギルバート・バーンズに判定負けして以来の試合。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA ONE UFC   カマル・ウスマン カムザット・チマエフ レオン・エドワーズ

無念! 12.11『UFC 269』ホルヘ・マスヴィダルがレオン・エドワーズ戦を負傷欠場/カムザット・チマエフらが代打をアピール

12.11『UFC 269』でホルヘ・マスヴィダルとレオン・エドワーズの遺恨試合が実現(2021年10月12日)

 こちらの続報。


 12月11日にラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催する『UFC 269: Oliveira vs. Poirier』でレオン・エドワーズと対戦予定だったホルヘ・マスヴィダルが負傷欠場することをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。マスヴィダルのケガの詳細は不明。




 これに対しカムザット・チマエフ、ベラル・ムハマド、ギルバート・バーンズがレオン・エドワーズ戦に名乗りを上げています。


 レオン・エドワーズはツイッターで以下のコメント。

「がっかりしたが、正直言ってこの詐欺野郎はどうせ俺とは戦う気はないと思っていた。彼はタイトルへの道のりの通過点でしかなかった。俺の目標は変わってない。今は家族との時間が必要だ。カマル・ウスマンよ、近いうちに会おう」

 というわけで、『UFC 269: Oliveira vs. Poirier』には出場せずダイレクトにウスマンのタイトルに挑戦することを希望しています。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA Report UFC レオン・エドワーズ

カムザット・チマエフが遂に復帰、10.30『UFC 267』でリー・ジンリャンと対戦


 UFCが10月30日にアブダビのファイトアイランドで開催する『UFC 267』でリー・ジンリャン vs. カムザット・チマエフのウェルター級マッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 リーは『UFC on ABC 1: Holloway vs. Kattar』でサンチアゴ・ポンジニービオに1R KO勝ちして以来の試合。

 チマエフは昨年9月の『UFC Fight Night 178: Covington vs. Woodley』でジェラルド・マーシャートに1R KO勝ちして以来の試合で現在9勝0敗(UFC 3勝0敗)。『UFC Fight Night 183』でレオン・エドワーズと対戦予定だったものの新型コロナウィルスに感染したことから2度延期されましたが、後遺症に悩まされたことから結局中止されており、チマエフもSNSで引退を示唆したことがありました。その後すぐに引退を撤回し復帰に向けてトレーニングをしていました。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA News UFC ネイト・ディアス レオン・エドワーズ

デイナ・ホワイトがレオン・エドワーズ vs. ホルヘ・マスヴィダルを示唆

Dana White thinks Leon Edwards should stay active: Jorge Masvidal 'probably the fight to make'(MMAJunkie)

 デイナ・ホワイトが『UFC 263: Adesanya vs. Vettori 2』でネイト・ディアスに判定勝ちしたレオン・エドワーズについて以下のコメント。

「ウェルター級のナンバー1コンテンダーはコルビー・コヴィントンだし、タイトル挑戦まで待つのは断じて良い考えではない。待ったことで失敗した例はたくさんある。このスポーツは人生と同じだ。保証がない。ここに来て試合をするべきだ。そしてファンを魅了して『レオンにタイトル挑戦させるべきだ』と言わせなきゃいけない。彼には(新型コロナウィルスによるロンドン大会中止やカムザット・チマエフ戦の度重なる延期など)不運なことがあったし、出来る限り試合をするべきだ」

「ホルヘ・マスヴィダルと対戦したら面白い。今後組まれるべき試合としては大正解だ。おそらくやるべきだろう」

 ホルヘ・マスヴィダルとレオン・エドワーズは2019年3月の『UFC Fight Night 147: Till vs. Masvidal』のバックステージで乱闘事件を起こしており、エドワーズが左目の下をカットした遺恨があります。

Jorge Masvidal targets fall UFC return, says Leon Edwards 'not a fighter'(MMAJunkie)

 ホルヘ・マスヴィダルは以下のコメント。

「(レオン・エドワーズ vs. ネイト・ディアスは)良いパフォーマンスだったんじゃないか。レオンは自分のやるべきことをやった。彼はファイトマネーとか好条件を要求しているが、俺に言わせりゃ彼はフィニッシャーでもなければファイターでもない。勝って喜んでいたが、リスクを取ってまでフィニッシュを狙わないからなりたいポジションに立ててないんだ。彼は毎分毎秒を大事にしていない。スキルは高いがトップコンテンダーを倒そうという気概がない」
続きを読む・・・
カテゴリー
MMA Special UFC UFC263 デミアン・マイア ネイト・ディアス ベラル・モハメッド レオン・エドワーズ 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:6月─その弐─モハメッド✖マイア後編「ネイトには乗れない」

【写真】マイアのMMAファイター人生と比較して、青木はネイト・ディアスには乗れないという発言をした(C)Zuffa/UFC

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

2021年6月の一番、第ニ弾は12日に行われたUFC263よりベラル・モハメッド✖デミアン・アイア戦について、ネイト・ディアス論を経て──引き続き語らおう。

<青木真也が選ぶ6月の一番─その弐─前編はコチラから>


──NCを挟んで5連勝中、通算で10勝3敗という戦績なのですね……モハメッドは。

「そこに43歳のデミアン・マイアが組まれる。これはちょっと凄いッスね」

──レジェンドファイトでないですし。

「デミアン・マイアが、この歳でこういう試合が組まれることはビジネスとしてタレント性が落ちるということなんですかね?」

──あぁ、だから逆にレジェンドファイトではないと。そういえばUFCは歳を重ねたからレジェンドファイト枠ということでもないような気がしますね。

「スター性、チケットの売り上げ、PPV売り上げという部分でトップではないから、レジェンドファイトにならないという見方はできますよ」

──なるほど、そういうことですね。

「だから鎬を削るファイトになるのかなって」

──そう考えると、レジェンドファイトとはどういうものなのでしょうね。青木選手はネイト・ディアスとレオン・エドワーズの試合とか、どう思いましたか。

「ワンツー入れて客がわくんだから、ネイトは絶対もう辞めないじゃんって思いました(笑)」

──アハハハハ。

「負けてもワンツーを届かせると、ファンが喜ぶ」

──この試合は世界戦でもメインイベントでもなく5分✖5Rでした。メインだから5回戦というのが、そもそも論としておかしな話ですが、それでなくても5回戦になる。ネイトの知名度がそうさせるっていうのは、異常な世界です(笑)。

「そうなるのは、ワンツー当てるだけで褒められる選手だからですよ(笑)。だからデミアン・マイアには、そのタレント性がないということですよね。そこまではないから、勝負論のあるカードを組まれる。まだ、やれる──という試合が組まれています」

──ネイトは勝とうが負けようが安泰で、デミアンの場合は彼に勝った選手が、その功績を持っていく。そういう試合で。

「だから勝負論のある現役なんです。マイアはこの試合の内容でMMAを続けるどうかって言っているけど、ネイト・ディアスは少し間を空けて、またやるわけじゃないですか。そういうのは、僕はあんま乗れないですよね」

──自分、シュガー・レイ・レナードの終盤はタイトル奪取→返上、また違うタイトル戦という大一番ばかりを戦い、ひたすら戦い続けていたトーマス・ハーンズの方が格好良いと思っていたんです。そういう点でもデミアン・マイアは格好良いですよね。

「レナードのことが透けて見えてしまったんですね。高島さんはそう思っても、ファンの人気はレナードなんですよね?」

──そうだったと思います。

「そうなるんですよね。でもワンツー当てているネイト・ディアスより、シングルレッグを懸命に狙うマイアの方が格好良いですよね。やっぱ、そうなんだよな。今回のマイアは色々と深いです」

──そのデミアンがMMAを引退したら、グラップリングや柔術を戦いたい。並行してはできないということを言っていました。

「練習にレスラーを呼んだり、柔術家がMMAに集中するために凄く試行錯誤していたように思います。ミッシェル・ニコリニがマイアのところで練習したりして、強い柔術家がMMAで戦いやすくなる練習環境を創れていたのでしょうね。でも、MMAを引退してから、グラップリングやりますかね。好きそうですけどね。

とにかくUFCで戦い続けてきたのは、格好良いですよ。だいたいマイアなんてTシャツを着てMMAを戦っていた世代なんですから。滑り止めだって(笑)。もしかしたら、PRIDEに来るんじゃないかって。

そういう人がUFCで2007年から14年間もやってきた。バケモノだと思います。本当に格好良かったです。僕らのようなグラップラーは、凄く影響を受けました。試合もそうだし、練習の動画からなんかも。まだ終わりとは明言していないと思いますけど、お疲れ様でした──感はありますね」

The post 【Special】月刊、青木真也のこの一番:6月─その弐─モハメッド✖マイア後編「ネイトには乗れない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
UFC Result UFC263 イスラエル・アデサニャ テレンス・マッキニー ブランドン・モレノ ブログ ベラル・モハメッド レオン・エドワーズ

【UFC263】試合結果 アデサニャ防衛。フライ級はモレノが新王者に。マッキニー07秒初陣V

【写真】メキシコ生まれメキシコ育ちのメキシコ人として、初めてUFCの頂点に立ったブランドン・モレノ(C)Zuffa/UFC

12日(土・現地時間)、アリゾナ州グレンデールのヒラ・リバー・アリーナで有観客大会としてUFC263「Adesanya vs Vettori 2」が開催された。

メインのUFC世界ミドル級選手権試合は王者イスラエル・アデサニャが、マーヴィン・ヴェットーリを相手に完勝で防衛に成功。UFC初のイタリア人世界王者の誕生とはならなかった。

一方で、コメインのUFC世界フライ級選手権試合ではブランドン・モレノが前回の挑戦ではドローだったデイヴィソン・フィゲイレドを打から組みで圧倒し、最後はRNCを決めて新チャンピオンに輝いた。

注目のウェルター級の2試合はレオン・エドワーズが、最後の1分以外はネイト・ディアスをほぼほぼ完封している。またベラル・モハメッドは許したテイクダウンは1度のみで、デミアン・マイアに柔術をさせず完勝。マイアの動向が気になるところだ。

プレリミでは8日前にLFAで試合をしたばかりのテレンス・マッキニーが、UFC初陣でマット・フレヴォラを07秒で衝撃のTKO勝ちを収めている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ブラッド・リデル✖ドリュー・ドパー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ブランドン・モレノ、ポール・クレイグ

UFC263「Adesanya vs Vettori 2」
<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
○イスラエル・アデサニャ(ニュージーランド)5R
判定
詳細はコチラ
×マーヴィン・ヴェットーリ(イタリア)
<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
○ブランドン・モレノ(メキシコ)3R2分26秒
RNC
詳細はコチラ
×デイヴィソン・フィゲイレド(ブラジル)
<ウェルター級/5分5R>
○レオン・エドワーズ(英国)5R
判定
詳細はコチラ
×ネイト・ディアス(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ベラル・モハメッド(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×デミアン・マイア(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ポール・クレイグ(米国)1R1分59秒
TKO
×ジャマハル・ヒル(米国)
<ライト級/5分3R>
○ブラッド・リデル(ニュージーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ドリュー・ドバー(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○エリク・アンダース(米国)3R
判定
×ダレン・スチュアート(英国)
<女子フライ級/5分3R>
○ローレン・マーフィー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ジョアン・カルダーウッド(英国)
<フェザー級/5分3R>
○モフサル・エフロエフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ハキーム・ダラドゥ(カナダ)
<女子バンタム級/5分3R>
○パニー・キアンザド(スウェーデン)3R
判定
×アレクシス・デイヴィス(カナダ)
<ライト級/5分3R>
○テレンス・マッキニー(米国)1R0分07秒
TKO
詳細はコチラ
×マット・フレヴォラ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○スティーブン・パターソン(米国)3R
判定
×チェイス・フーパー(米国)
<ライト級/5分3R>
○フェレス・ジアム(フランス)3R
判定
×ルイジ・ヴェンドラミニ(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○カルロス・フィリッピ(ブラジル)3R
判定
×ジェイク・コリアー(米国)

The post 【UFC263】試合結果 アデサニャ防衛。フライ級はモレノが新王者に。マッキニー07秒初陣V first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA Report UFC UFC263 ネイト・ディアス レオン・エドワーズ

【UFC263】エドワーズに完敗も。最後=1/25分で商品価値を守ってしまうネイト、アッパレ

<ウェルター級/5分5R>
レオン・エドワーズ(英国)
Def.3-0:49-46.49-46.49-46
ネイト・ディアス(米国)

1年7カ月振りのファイトとなるネイト、1年10カ月振りの勝利を目指す。サウスポーからオーソに構えを変えたエドワーズに対し、ネイトは距離を取り背中を見せる。ここから一気に飛び込む動きを見せるが、エドワーズは慌てずローを蹴っていく。レッツゴー・ディアスの大チャントの下、左ローで前足を蹴られたネイトは一瞬、オーソに。すぐに右手前の構えに戻し、ケージの前から踏み込むネイトだが、エドワーズが左ストレートから左ローを蹴る。

ネイトのトリプルのジャブに観客がわき、直後に右をヒットさせる。続く組みの展開でネイトはバックを許すと、意外にもエドワーズが簡単に寝技に持ち込み、ワンフックからスクランブルでバックを制す。ロールを止められパンチを被弾するディアスが、ガードを取る。ネイトはエドワーズに続き立ち上がり、左カーフを蹴られて初回が終わった。

2Rに入っても背中を向けて、明後日の方向に歩くという動きを見せたネイトは左足は真っ赤になっており、オーソで構える時間が多くなる。ヒザに手をつき、背中を見せた状態から右を伸ばすが、こういう動きにエドワーズは動じない。右フックに右フックを合わせたエドワーズはパンチの交換から組みつくと、ワキを潜ってバックに。ボディロックテイクダウンで倒されたネイトは、ヒールを狙うが足を抜かスタンドに。

左足を蹴られ動きが止まったネイトは、またも背中を見せる。荒いフックで前に出て、逆にパンチを被弾したネイトが、組んでケージにエドワーズを押し込む。体を入れ替えたエドワーズがスピニングバックエルボーを繰り出し、ラウンド終了に。

3R、近い距離でヒジを当て、左ストレートをエドワーズがヒットさせる。サウスポーになると左カーフを入れるエドワーズは、組まれてケージに押し込まれるが回って離れる。残り3分、逆に組んでケージにネイトを押し込んだエドワーズが、ここでもワキを潜りバックに。ネイトのキムラからの引き込みも、腕を抜いたエドワーズがトップを取りエルボーを打ちつける。左目尻、右側頭部をカットしたネイトは、立ち上がったエドワーズに続きスタンドに戻る。

そしてカーフを蹴られ、左を伸ばしても組まれてバックを許す。得意の払い腰も出ず、マットに手をついてヒザを防ぐネイトは、下になって足を狙う。足を抜いたエドワーズは、背中を見せたままのネイトのバックを取り、ワンフックから上へ。ここで両者が立ち上がり、エドワーズがスピニングバックエルボーを放つ。直後に距離は離れると、時間となった。

メインでもタイトル戦でもないが5R戦のこの試合。逆にこの設定がネイトに酷にも感じられる4Rが始まった。エドワーズが右ミドルを入れ、ネイトがワンツーで左を伸ばす。直後にカーフで前足を蹴ったエドワーズに対し、ネイトがオーソに構える。サウスポーに戻し左フックを被弾したネイトは、攻め手が見つからない。と、足払いでネイトを転がしたエドワーズが、スタンドで待ち受ける。

カーフを蹴られ、効いていないと指を振るネイトはワンツーで左をヒッさせる。ここで組んだネイトは、離れ際にも左を振るっていく。エドワーズは近距離で左エルボーを当て、なかなか距離を詰めることができないネイトに対し、攻勢のまま最終回を迎えることになった。

5R開始直後、ワンツーを入れ足払いを決めたエドワーズ。ネイトが左を見せてクリンチも、直ぐに離れる。と左ストレートに左フックを合わされたネイトは、相変わらずのタフさは見せるが、逆転への反撃に移ることはできない。それでも左、そしてワンツーで左を当てたネイトだったが、残り3分を切りクリンチを選択する。50秒後に離れたエドワーズが右ミドルを蹴る。

さらに左フック、ショートアッパー、さらに左ショートフックをエドワーズが打ち込む。ネイトは左を空振りし、直後に右の掌底から左をクリーンヒットさせる。エドワーズは足が泳ぎ下がる。そこに左を当て追いかけたネイトは、右フックを入れたがエドワーズが組みつく。ここでもフックを当てて離れたネイト、タイムアップに。当然3-0で敗れたネイトだが、最後の最後1/25分で自分の価値を守ってしまうのは大したものだった。


The post 【UFC263】エドワーズに完敗も。最後=1/25分で商品価値を守ってしまうネイト、アッパレ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC263 イスラエル・アデサニャ テレンス・マッキニー デイヴィソン・フィゲイレド ネイト・ディアス ブランドン・モレノ ブログ マット・フレヴォラ マーヴィン・ヴェットーリ レオン・エドワーズ

【UFC263】計量終了 アデサニャ✖ヴェットーリ&フィゲイレド✖モレノ II。先週戦ったマッキニーに注目

【写真】ファンの前でフェイスオフし、激しく言葉を交換したアデサニャとヴェットーリ(C) Zuffa/UFC

12日(土・現地時間)にアリゾナ州グレンデールのヒラ・リバー・アリーナで開催されるUFC263「Adesanya vs Vettori 2」。その計量が11日(金・同)に行われた。

UFC世界ミドル級選手権試合=イスラエル・アデサニャ✖ 挑戦者マーヴィン・ヴェットーリ、UFC世界フライ級選手権試合=王者デイヴィソン・フィゲイレド✖挑戦者ブランドン・モレノという2つの世界戦が、観客が集まった会場で組まれている今大会。この2つの世界戦とも再戦だ。


世界ライトヘビー級王座挑戦失敗から3カ月、アデサニャは本来の階級でヴェットーリの挑戦を受ける。チャンピオンにとってヴェットーリは、2018年4月のオクタゴン2戦目で戦った相手で、その時はスプリット判定勝ちというきわどい勝負になっていた。その後、ヴェットーリは3年間で5試合しかこなしていない(※キャンセルが7試合)が、5連勝で今回の王座挑戦に辿り着いた。

フェイスオフで何やら言い合った両者。ヴェットーリは「イタリア人初のUFCチャンピオンになる。どんな代償を支払おうとも、構わない」とインタビューに答え、アデサニャは「この瞬間が大好きだ。ヤツはプレッシャーについて話していたけど、誰もが俺が感じるようなところまで到達できるわけじゃない。俺はそういうものを背負ってきたんだ。それを解き放つとき、その瞬間が大好きなんだ」と話した。

またコ・メインのフライ級の頂点を争う一番は、記憶に新しい昨年12月に歴史に残るような大激闘の末に痛み分けとなった試合の再戦となる。アリゾナのファンは、その土地柄もありサングラスを掛けて登壇した王者フィゲイレドに大きなブーイングを送り、メキシコ人のモレノを大いにサポートした。

モレノは終始笑顔を浮かべ、「あまり前の試合のことは話したくないけど、あの試合から今日まで人生はジェットコースターのようなモノだった。この試合で夢が現実になる。ただベストになりたい。今日、凄くサポート受けている。レッツゴー」と最後は絶叫した。対してチャンピオンは再びブーイングの下で、人を喰ったように「皆、愛している。メキシコ、愛している。皆に良い試合を見せるよ。1RでKOする。そして僕のことを好きになってくれ」と言い切り、さらに大きなブーイングを浴びた。

客入れして行われた──当然だが──パブリックウェイインで、一番の歓声を受けたのはネイト・ディアス。フェイスオフでは下あごを突き出すようにレオン・エドワーズをネイトは睨めつけた。

PPV大会のプレリミで注目はテレンス・マッキニーだ。1週間前のLFA109で、マイケル・イリザーリをパウンドアウトしたばかりマッキニーがマット・フレヴォラを相手に、どのようなパフォーマンスを見せるか。スタミナ、コンディションに関しても、LFAで戦う選手ならスクランブル発進を頭に入れて戦っており問題ないはずだ。

■視聴方法(予定)
6月13日(日・日本時間)
午前7時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWプライム

■UFC263計量結果

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者] イスラエル・アデサニャ: 183.5ポンド(83.23キロ)
[挑戦者] マーヴィン・ヴェットーリ: 184.5ポンド(83.68キロ)

<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
[王者] デイヴィソン・フィゲイレド: 125ポンド(56.7キロ)
[挑戦者] ブランドン・モレノ: 125ポンド(56.7キロ)

<ウェルター級/5分5R>
レオン・エドワーズ: 170.4ポンド(77.29キロ)
ネイト・ディアス: 170ポンド(77.11キロ)

<ウェルター級/5分3R>
デミアン・マイア: 170.4ポンド(77.29キロ)
ベラル・モハメッド: 170.4ポンド(77.29キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ポール・クレイグ: 204.5ポンド(92.76キロ)
ジャマハル・ヒル: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ライト級/5分3R>
ドリュー・ドバー: 154ポンド(69.85キロ)
ブラッド・リデル: 155ポンド(70.31キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
エリク・アンダース: 205ポンド(92.99キロ)
ダレン・スチュアート: 204.5ポンド(92.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ローレン・マーフィー: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジョアン・カルダーウッド: 125ポンド(56.7キロ)

<フェザー級/5分3R>
ハキーム・ダラドゥ: 145.5ポンド(66.0キロ)
モフサル・エフロエフ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
パニー・キアンザド: 135.5ポンド(61.46キロ)
アレクシス・デイヴィス: 134.5ポンド(61.0キロ)

<ライト級/5分3R>
マット・フレヴォラ: 155ポンド(70.31キロ)
テレンス・マッキニー: 155.5ポンド(70.53キロ)

<フェザー級/5分3R>
スティーブン・パターソン: 148.5ポンド(67.35キロ)
チェイス・フーパー: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ライト級/5分3R>
フェレス・ジアム: 156ポンド(70.76キロ)
ルイジ・ヴェンドラミニ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<ヘビー級/5分3R>
カルロス・フィリッピ: 262.5ポンド(119.06キロ)
ジェイク・コリアー: 264.5ポンド(119.97キロ)

The post 【UFC263】計量終了 アデサニャ✖ヴェットーリ&フィゲイレド✖モレノ II。先週戦ったマッキニーに注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+45 UFN187 ブログ ベラル・モハメッド レオン・エドワーズ

【UFN187】エドワーズのアイポークで、涙を見せたベラル・モハメッドが続行不能=ノーコンテストに

<ウェルター級/5分5R>
レオン・エドワーズ(英国)
NC.2R0分18秒
ベラル・モハメッド(米国)

サウスポーのエドワーズに対し、モハメッドは左に回る。左ハイから左ミドルを蹴ったエドワーズが、左フックを繰り出す。モハメッドも左ジャブを当てるが、逆に左を被弾する。組みついたエドワーズはケージ際のクリンチでダブルレッグにレベルチェンジ。直ちに左を差して体を入れ替えたモハメッドが離れる。

エドワーズは左ストレートから間をおいて、左ハイキックを蹴る。右側頭部に当てられ、動きが落ちたモハメッドだが、距離が近づくと組んでケージにエドワーズを押し込む。離れたモハメッドが右ミドル、直後にアイポークがあったアピールし試合が中断される。即座に再開されると、エドワーズが圧力を高めワンツーで左をヒットさせる。さらに左フックを入れたエドワーズは、モハメッドの右ハイをキャッチもテイクダウンは狙わず初回が終わった。

2R、ジャブの差し合いからエドワーズが左ミドル、そのタイミングでアイポークがあったようでモハメッドが左目を抑えて、しゃがみ込む。Fワードを口走り、涙を見せるモハメッドは試合続行は無理か──。レフェリーは試合終了を宣言、ノーコンテストに。メインカードで2試合目のNCとなった。


The post 【UFN187】エドワーズのアイポークで、涙を見せたベラル・モハメッドが続行不能=ノーコンテストに first appeared on MMAPLANET.