カテゴリー
JP・ベイス Report UFC UFC ESPN21 ブログ モントセラト・カネホ

【UFC ESPN21】UFCでも見られた──一味違う、首投げ→袈裟の攻防。ベイス夫妻は揃って敗北デビューに

<女子ストロー級/5分3R>
モントセラ・カネホ(メキシコ)
Def.3-0:29-27.29-28.29-28
シャイアン・ベイス(米国)

第1試合でKO負けをしたJPがセコンドに就くシャイアン・ベイス。前に出てくるカネホにワンツーを決めるベイスは、組まれても体を入れ替えてバックにつく。ベイスが前方に崩していくと、首投げ気味に上を取ったカネホがヘッドロックを続ける。クラッチを組んで足をフックしつつ頭を抜いていこうとするベイスだが、カネホが許さない。

スカーフホールド狙いに、力の方向を合致させ後方回転を狙ったベイス。ここも袈裟に戻したカネホはワンフックのままで頭を抜かせない。起き上りかかったベイスを潰したカネホがパンチを入れる。残り1分、ワンフックのままで抑えられたベイスは、最後の最後に技を解いて向き合ってきたカネホのバックに回り時間に。

2R、左を入れたベイスは、腕で頭を巻こうとしたカネホにパンチを連続で打ち込んで離れる。さらに踏み込んで右を当てたベイスは、強引に組んできたカネホの首投げに再び捉えられそうになる。一度は頭を入れて耐えたベイスだが、カネホが首投げを決める。下で暴れるベイスは腹ばいになるが、袈裟から逃れることができない。ここでクラッチが切れたバイスは、キーロックを極められそうになるが、足を頭に絡ませさらに腹ばいになってスクランブルで離れる。

それでもまたも首投げで上を取ったカネホだったが、抑えるだけの力は残っていなかったか早々に袈裟から逃れたベイスが上を取りマウントへ。パンチを落としたところで、5分を迎えた。

最終回、右ストレートを入れたベイスは、距離を取るカネホに来いと挑発する。2Rを取ったと判断していておかしくないカネホは無理をしない。ベイスはワンツーで試合を組み立て、前蹴りを入れる。右ストレートから左ミドルを入れたベイスは、組んでヒザをボディに突き刺す。

さらにカネホの前進にカウンターを入れ、首投げを押し返す。それでもクリンチに持ち込んだカネホが、この試合4度目の首投げに成功する。このまま固めて時間の経過を待ったカネホだが、ベイスはロールから頭を抜いてサイドバックからカーフスライサーを狙う。カネホが上を取るが、ベイスは下から思い切りパンチを入れ蹴り上げから腕を取っていったところで試合終了に。

直後に何やら言葉を発したカネホに対し、ベイスが怒りを爆発させる。これに対し、カネホは中指を立てる。結果、カネホが3-0で判定勝ちし、ベイス夫妻は揃って黒星を喫した。UFCでも見られた首投げ&袈裟固めでの勝利だが、そこで見られた攻防は一味違っていた。


The post 【UFC ESPN21】UFCでも見られた──一味違う、首投げ→袈裟の攻防。ベイス夫妻は揃って敗北デビューに first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JP・ベイス Report UFC UFC ESPN21 ブルーノ・シウバ ブログ

【UFC ESPN21】夫婦揃ってUFC初陣のJP・ベイス、ブルーノ・シウバの右オーバーハンド、右クロスに敗れる

<フライ級/5分3R>
ブルーノ・シウバ(ブラジル)
Def.2R2分56秒by TKO
JP・ベイス(南アフリカ)

ワンツーから左ローを蹴ったシウバ、これが急所に入り試合が中断される。再開後、踏み込んで右ローを蹴るシウバはJPのジャブに対し、アイポークを犯してしまう。2度目のリスタート直後、右オーバーハンドを決めたシウバに対し、JPもオーバーハンドを当てる。跳び蹴りのような形で姿勢を乱したJPが下になり、スイープ狙いで煽ってクローズドガードに。シウバがパンチを落とし、足を一本抜いていく。一気にパスを狙ったシウバは、ギロチンを防ぐと同時にフルガードに戻される。

JPのシャオリン・スイープを潰したシウバは、スクランブルでバックを取ると前方にスラム。JPはキムラを狙うも、腕を抜かれて胸を合わせる。シウバはカーフに右アッパーを合わせて組みへ。ケージにJPを押し込み、離れてローにスピニングバックフィスト。JPは終了と同時にダウンを喫した。

2R、JPはハイキックでまたもスリップしてガードを強いられる。フルガードでワキをすくって左腕をしぼっていき、カンヌキからバタフライガードへ。シウバはリリースして立ち上がらせてハイキックを狙う。JPはワンツーで前に出ると、動きが鈍ったように見えたシウバが右ストレートを当てる。クリンチからエルボーを入れたJPのステップインにシウバが右を合わせてダウンを奪う。前転から立ち上がったJPにアッパーを突き上げダウンを奪ったシウバはパウンドを続ける。

JPも殴られながら立ち上がって拳を振るっていく。一旦間合を取ったシウバは左ジャブに右クロスを合わせ、勝負を決めた。夫婦揃ってUFCデビューのJPだが、シャイアンに良い形でバトンを渡すことはできなかった。


The post 【UFC ESPN21】夫婦揃ってUFC初陣のJP・ベイス、ブルーノ・シウバの右オーバーハンド、右クロスに敗れる first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview JP・ベイス UFC UFC ESPN21 シャイアン・ベイス ブログ ボカン・マスンヤネ

【UFC ESPN21】夫婦揃ってUFCデビュー戦へ、JP・ベイス「ボカン・マスンヤネは僕の親友だよ」

【写真】ルサンド・ビコも含め、意外にもフライ級やストロー級で南アフリカ勢が台頭するか! (C)Zuffa/UFC

20日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでUFC ESPN21「Brunzon vs Holland」が開催される。同大会では南アフリカ人ファイターのJP・ベイスが、ブルーノ・シウバとオクタゴン初陣を戦う。

南アフリカの超軽量級ファイターといえば、ボカン・マスンヤネ。そのボカンの親友でパンクラス来日時に、JPはセコンドに就いたいたことが今回のインタビューで分かった。

妻シャイアンと同日に戦う、JPにUFCに辿り着いた軌跡と夫婦同時ファイトの心境を尋ねた。


──JP、初めまして。実は1年ほど前にLFAのエド・ソアレス代表に注目のファイターを尋ねたところ、JPの名前を挙げていて、ようやくインタビューが実現しました。

「おお、サンキュー」

──そのLFAからコンテンダーシリーズを経て、UFCデビュー戦を迎えます。今の気持ちを教えてください。

「本当に長い旅を経て、ここまでやってきたよ。2017年にコンテンダーシリーズで負けて、南アフリカに戻ってEFCに出出た。BRAVE CFではパキスタンで戦った。それからLFA、そして去年のコンテンダーシリーズではビザの関係で8月と9月に試合ができなかった。この時はさすがに心が折れかけたけど、自分でコントロールできないことに悲観してもしょうがないって思い、気持ちを持ち直して練習に戻ったんだ。

ようやく11月にコンテンダーシリーズで勝利を得ることができて、UFCと契約できた。この試合は2月に決まったんだけど、本当にエキサイトして過ごしてきたよ」

──南アフリカで生まれ育ったJPはなぜ、MMAに興味を持ったのでしょうか。

「僕も子供の頃は国技であるラグビーのプロプレイヤーになりたいと思っていた。と同時に祖父、叔父、従弟たちに兄弟、皆がレスリングをやっているレスリングファミリーだったんだ。

僕もラグビーを続けながら、レスリングもやっていた。14歳の時に、ラグビーチームで一番細かったから何か、特別な練習をして体を鍛えラグビーに活かしたいと考えたんだ。その時からラグビーに役立てようとレスリングの練習を真剣にやり、試合にも出た。

そうしたら個人戦の楽しさを知り、結果もラグビー以上に残せるようになったんだ。18歳までレスリングに没頭してカデットでナショナル王者、アフリカ大陸王者になり、2013年に世界選手権にも出場した。アフリカ王者はグレコでなったけど、フリースタイルにも出場していたよ。

ただ南アフリカにいると、フルタイムでレスラーとして活躍して、五輪王者にできるような環境はなかった。だから、レスリングの為に今度はMMAの練習をするようになったんだ。そうしたらMMAに夢中になり、人生を賭けてトレーニングするようになったんだよ」

──南アフリカのレスリング出身のMMAファイターと言えば、日本ではボカン・マスンヤネが最も有名かと思います。同じ軽量級のレスラーとして、ボカンとは親交はあったのでしょうか。

「ボカンは僕は親友だよ。彼がパンクラスで戦った時、僕はコーナーマンだったよ」

──本当ですか!!

「僕らは同じチームで、ボカンは僕の家に住んでいたこともある。僕らはアマチュアからプロと同じようにキャリアを重ねてきたんだ。僕は今は米国に住まいを移したけど、ボカンとはリチャード・クァンの下で一緒に練習していた。

ボカンは僕にとって血のつながってない兄弟のような存在さ」

──Wow。そして今やJPはUFCで戦い、ボカンはONEでトップを目指している。洋の東西に別れて切磋琢磨する、素敵な話です。

「その通りだね(笑)」

──ところで奥方であるシャイアンと同じ夜に試合をします。UFCで夫婦が同じ大会で試合をするのは初めてのことだと思います。

「トレーニング・キャンプ中、ダイエットも一緒にやって来られて良かったよ。僕が疲れた時、同じ状況にある彼女を見て頑張ることができるし、互いをプッシュしてやって来られたからね。僕が南アフリカに戻らないといけなくなった時も、彼女は南アフリカまで来てくれた。そして、2人でテキサスに移住したんだ。

彼女はワイフなだけでなく、ベストフレンドであり、練習仲間でもある。毎日、一緒に練習をして、試合も一緒に戦う。まぁ、減量中とか互いにイライラして言い合いをしたりもするけどね(笑)」

──それも含めて夫婦です(笑)。

「そうだね。それにUFCでは初めてだけど、LFAでは僕らは同じ日に戦っているから、今回が2度目なんだ。前回は2人とも勝利できたけど、あの時は僕はバンタム級で戦ったから減量はそれほど大変じゃなかった。

今回はフライ級で、僕の方はちょっとしことで声を荒らげたりしているのは事実だ(笑)。少し難しいけど、これも一度は経験したことだからなんとかなるだろう。それにラスベガスに入っても、僕と彼女はPCRチェック後も一緒にいることができている。一緒に飛行機に乗り、チェクをして、今も一緒にいる。ファイトウィークも2人でいられるから、他の選手とは違っているね」

──UFCデビュー戦、本当に大切な試合になってきます。

「僕が本当の意味で、ウェルラウンダーなマーシャルアーチストだと証明したい。五輪レベルのレスリングと、茶帯の柔術の腕で過去のほとんどの試合で対戦相手をサブミットかTKOしてきた。ブラジリアンを相手にしても、寝技は100パーセント自身がある。でも、今回は最も得意なグラウンドだけでない部分も成長しているから、どの局面でも勝負にいきたい。

この試合が終われば、日本のMMAファンも僕のことをもっと注目してもらって、僕とボカンがUFCとONEで成功するところをフォローしてほしい(笑)。

ホント、ボカンと一緒に東京にいた時は日本の人々には良くしてもらったし、最高のスシを食べることができた。今度はスシ以外にもチャレンジしたいよ」

■視聴方法(予定)
3月14日(日・日本時間)
午前8時30分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN21対戦カード

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
ケビン・ホランド(米国)

<ライト級/5分3R>
グレゴール・ギレスピー(米国)
ブラッド・リデル(ニュージーランド)

<女子ストロー級/5分3R>
シャイアン・バイス(米国)
モントセラ・ルイス(メキシコ)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネツ(米国)
グスタヴォ・ロペス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マックス・グリフィン(米国)
ソン・ケナン(中国)

<ヘビー級/5分3R>
タイ・ツイバサ(豪州)
ヘンリー・ハンサカー(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
マリオン・ルノー(米国)
メイシー・チアソン(米国)

<ライト級/5分3R>
グラント・ドーソン(米国)
レオ・サントス(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
トレヴィン・ジレス(米国)
ロマン・デリツ(ジョージア)

<バンタム級/5分3R>
モンテル・ジャクソン(米国)
ジェシー・ストレーダー(米国)

<フライ級/5分3R>
JP・ベイス(米国)
ブルーノ・シウバ(ブラジル)

The post 【UFC ESPN21】夫婦揃ってUFCデビュー戦へ、JP・ベイス「ボカン・マスンヤネは僕の親友だよ」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWTNCS S04 Ep10 JP・ベイス Report UFC ジェイコブ・シルバ ブログ

【DWTNCS S04 Ep10】JP・ベイス、見事なグラウンドを披露。2020年は37人の勝者がUFCと契約!!

<フライ級/5分3R>
JP・ベイス(南アフリカ)
Def.1R4分54秒by ギロチンチョーク
ジェイコブ・シルバ(米国)

右ストレート、右ローから見事なタイミングでダブルレッグを決めたベイス。ケージ中央で背中をマットにつけたシルバは、足を一本抜く。ベイスは肩固めを狙いつつ、ヒザを押してマウントを狙う。マウントでなくパスでサイドを取ったベイスは、ここからニーイン→マウントへ。

そのタイミングでブリッジから上を取ろうとしたシルバは左腕を差すが、背中を伸ばされバックマウントを許す。見事な動きでシルバを制したベイスはハンマーフィストを打つつけ、襷からシルバを抑え肩固めに入る。このままバックに移行し、鉄槌、パンチ、ヒジを思い切り落とす。ケージ際に移動し、立ち上がろうとしたシルバに対し、ベイスはギロチンにスイッチ。残り20秒、思い切り絞める。動きが止まったシルバを見てレフェリーが試合をストップするが、「俺は落ちていない」と猛烈に抗議する。

裁定は覆らず、いずれにせよバイスのグラウンドのトランジッションは見事な一言──素晴らしいパフォーマンスを見せた。

「彼はタフだった。体が強かった。ただパーフェクトの形で、いびきみたいな音が聞こえてきたよ。五輪レスラーやハイレベルのグラップラーと準備してきたから、凄く簡単に戦えた。あそこで終わらなくても、勝てていたと思っている。最後は僕はどうしようもなかった。UFCで戦う機会を与えてくれるなら、とても嬉しい」とベイスは話した。

2020年コンテンダーシリーズ・フィナーレ、ダナ・ホワイトは「ビクトリアの対戦相手は、立ち技は素晴らしかったけどワンディメンショナルだった。テイクダウンから立ち上がることができなかった。でも、それはビクトリアの責任じゃない。彼女はフィニッシュしたし……ビクトリア、UFCに来てくれ。

タッカー、フィニッシュすると約束したけど、このスポーツがいかにタフかが分かったね(笑)。11連勝、こちらの要望に応え戻ってきた。そしてコンテンダーで無敗だ。試合をしてもらうよ。

グロリア、何もいうことはない。ワールドクラスの柔道家と戦い、最初は豪快に叩きつけられたけど、2度と食らわなかった。全てを止めて、長らく視ることができなかった美しいシュートボクセ・スタイルを披露してくれた。彼女は特別だと思う。グロリア、UFCにようこそ。

ニックはCovid19の影響でミドル級なのに、264ポンドの相手と戦った。22歳で、6勝0敗。今、病院に移動中でここにいないけど──彼をアルティメット・ファイターに呼びたいと思う。彼が合意することを願っているよ。

ジェイコブ・シルバをここに連れ戻したのは、タフで肉弾戦もお構いないしで、絶対に諦めないからだ。レフェリーは完全にミスジャッジだった。足はだらんとしていたし、落ちたと思ったんだろうな。不注意だ。でも、ファイトはどうだった? (と、インタビュアーのローラ・サンコに尋ね、彼女が「ほとんど1Rで終わらせていたわ」と答える) そうだろう、1RでJP・バイスは本当に多くのことを見せてくれた。クリーンで素晴らしかった。色々とあったけど、こっちに来い!!」と合否の発表を行い、シーズン4を以下のように総括した。

「30人以上が契約したんじゃないかと思う。過去最多だね。試された彼らに、とにかく機会を与えたい。でも、ノーと言わないといけないこともある。この場所ではね。それはしょうがないことで……でも、また来年の夏を楽しみにしている。シーズン5がいつになるか、まだ確定していないけど──。今、世界中で小規模の大会が立ち行かなくなっていることが本当に気掛かりだ。だから、ファイトパスで契約するスモールショーを増やして経営が成り立つようにしたい。タレントをクリエイトするために資金が必要だから」

DWTNCS S04は48人の勝者が誕生し、37人のファイターがUFCと契約した。


The post 【DWTNCS S04 Ep10】JP・ベイス、見事なグラウンドを披露。2020年は37人の勝者がUFCと契約!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWTNCS S04 Ep10 JP・ベイス News UFC ジェイコブ・シルバ ブログ

【DWTNCS S04 Ep10】計量終了 2020年コンテンダーシリーズ最終戦で夫婦UFCファイター誕生するか

【写真】夫婦円満の秘訣は揃ってUFCとの契約だ?! (C) LFA

17日(火・現地時間)、Dana White’s Contender Series2020第10週がネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催され、16日(月・同)に計量が行われた。

現在のUFCの台所事情もあるが、大豊作となっているシーズン04最終戦も5試合が組まれている。


メインは第3週にUFCとの契約を果たしたシャイアン・ベイスとの夫であるJP・ベイスが出場し、ジェイコブ・シルバと対戦する。ベイスは9月の大会に出場予定だったが労働ビザの問題で出場取りやめとなり、仕切り直しの挑戦となる。LFAではバンタム級王者候補と言われていた南アフリカ人ファイターのベイス、夫婦そろってオクタゴンで戦う夢を実現するためのハードルは、シルバは第4週に続き、登場するハードパンチャーだ。

パンチ力ならモリーナを上回っていたー(C)Zuffa/UFC

シルバはジェフ・モリナと激しい打撃戦を繰り広げた結果、判定負けとなったがセカンドチャンスが与えられたことになる。

今回、第2試合のライト級で戦うシェラード・ブラックレッジとタッカー・ルッツも揃って2度目の出場で、前者はキェメロン・チャーチに、後者はチェイス・ギブソンに判定勝ちを収めている。いってみれば、勝って契約がならなかった──今シーズンでいえば少数派のブラックレッジとルッツにとってラストチャンスといえる。

■視聴方法(予定)
11月18日(水・日本時間)
午前10時~UFC FIGHT PASS

■DWTNCS S04 Ep10計量結果

<フライ級/5分3R>
JP・ベイス: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジェイコブ・シルバ: 125ポンド(56.7キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ニック・マクシモフ: 209ポンド(94.8キロ)
オルカル・コタ: 263.5ポンド(119.52キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ポーリーン・マチアス: 115ポンド(52.16キロ)
グロリア・ジ・パウラ: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
シェラード・ブラックレッジ: 155ポンド(70.31キロ)
タッカー・ルッツ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子フライ級/5分3R>
チェルシー・ハケット: 126ポンド(57.15キロ)
ヴィクトリア・レオナード: 125ポンド(56.7キロ)

The post 【DWTNCS S04 Ep10】計量終了 2020年コンテンダーシリーズ最終戦で夫婦UFCファイター誕生するか first appeared on MMAPLANET.