カテゴリー
BELLATOR Cage Warriors CJ・ヴェルガラ GLORY LFA MMA UFC UFC268 アレックス・ポアタン・ペレイラ イアン・ギャリー カマル・ウスマン コルビー・コビントン ジャスティン・ゲイジー ジャン・ウェイリ フランキー・エドガー ブルーノ・ソウザ ブログ マイケル・チャンドラー マルロン・ヴェラ ローズ・ナマジュナス

【UFC268】計量終了 2つの世界戦にゲイジー✖チャンドラーのメガショー。敢えて注目はペレイラ&ギャリー

【写真】公開計量でも色々と口やかましかったコビントンと王者ウスマン(C)Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ニューヨーク州ニューヨークのマジソン・クスエア・ガーデンで開催されるUFC268「Usman vs Covington2」の計量が5日(金・同)に行われた。

最高のカードが並んだMSG大会のメインはUFC世界ウェルター級選手権試合。カマル・ウスマンにコルビー・コビントンが挑む一戦だ。両者は1年11カ月前に戦っており、その時は最終回にウスマンがコビントンをKOしている。


コメインはUFC世界女子ストロー級選手権試合=王者ローズ・ナマジュナス✖ 挑戦者ジャン・ウェイリ戦。ウェイリが笑顔で右手を差し出すと、王者はその手を握り返したものの表情に感情は見られなかった。

「MSGが私の力を見せる機会を与えられて、とても嬉しい」と元王者は話し、ナマジュナスは「天の父にただ感謝している。父無くして、何もできていなかった。ウェイリ、UFC、NYCの人々に感謝している。皆はもっともタフで私をインうパイアしてくれた。私がベストと尽くした時、神は私がベストなのは神の意志だから」と話した。

フランキー・エドガーと対戦するマルロン・ヴェラにNYのファンはブーイングを送り、エドガーにはこの日一番といっても過言でない大きな声援が送られた。

激闘必至のライト級マッチ=ジャスティン・ゲイジー✖マイケル・チャンドラー、WSOFとBellatorの世界ライト級王者対決は、両者揃ってタイトル戦で敗れてからの再起戦となる。大一番を前にして、フェイスオフでは両者揃って余裕の笑みを浮かべ大物ぶりを見せつけていた。

Fight Night大会なら全てがメインといえるタイトルマッチ以外のワンマッチが並んだメインカード。対してプレリミにも注目のニューカマーが出場する。

プレリミメインでアンドレアス・メケイリディスと対戦するのはアレックス・ポアタン・ペレイラは、元GLORY世界二冠王で、キック時代にイスラエル・アデサニャから2勝を挙げている。Gloryと契約中にLFAでも戦っていたペレイラは、9月に世界ライトヘビー級王座を失ったことで、UFCとサインし今大会でのデビューが決まった。

MMAでは3勝1敗だが、MSGという大舞台が似合った大物ルーキーは非常に落ち着いた表情で、メケイリディスの目から視線を外すことはなかった。

もう1人の注目選手はジョーダン・ウィリアムスと戦うイアン・ギャリーだ。ギャリーはCage Warriorsウェルター級王者からUFCにステップアップを果たした。

ボクシング歴10年のギャリーはワンツーの右、左リードフックに絶対的な破壊力を持ち、左ハイキックでKOもできる。組みでもスクランブルでフロント系チョークを得意としており、柔道流の投げや抑えも強い。その一方で、技を散らしすぎて器用貧乏的な状態に陥ることもあるが、それも有り余る才能を持っている証といえる。

そのギャリー、フェイスオフではしっかりとウィリアムスと握手を交わし、何か目立ったアクション=スタンドプレーに走ることなくステージを下りた。

またマルシック・バクダサリアンと戦う、LFAフェザー級王者でシンゾー・マチダの愛弟子ブルーノ・ソウザも今回がオクタゴン初陣となる。そのソウザ、計量では148.4ポンドと1ポンド・オーバー規定よりもさらに2.4ポンド重く、キャッチウェイト戦を戦うことになっている。

■視聴方法(予定)
11月7日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWライブ

■UFC268計量結果

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者] カマル・ウスマン: 169ポンド(76.66キロ)
[挑戦者]コルビー・コビントン: 169.4ポンド(76.83キロ)

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
[王者] ローズ・ナマジュナス: 115ポンド(52.16キロ)
[挑戦者]ジャン・ウェイリ: 115ポンド(52.16キロ)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・エドガー: 135.6ポンド(61.5キロ)
マルロン・ヴェラ: 135ポンド(61.24キロ)

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス: 145.6ポンド(66.04キロ)
ビリー・クゥアンティロ: 145.4ポンド(65.95キロ)

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・ゲイジー: 155.6ポンド(70.57キロ)
マイケル・チャンドラー: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンドレアス・メケイリディス: 185ポンド(83.91キロ)
アレックス・ペレイラ: 185.8ポンド(84.27キロ)

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ: 155.8ポンド(70.66キロ)
ボビー・グリーン: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ミドル級/5分3R>
フィル・ホーズ: 185.4ポンド(84.09キロ)
クリス・カーティス: 186ポンド(84.37キロ)

<ミドル級/5分3R>
エドマン・シャバジアン: 185.5ポンド(84.14キロ)
ナソーディン・イマボフ: 184.6ポンド(83.73キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・ウィリアムス: 170.6ポンド(77.38キロ)
イアン・ギャリー: 169.6ポンド(76.92キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジャン・ヴィランテ: 260.6ポンド(118.2キロ)
クリス・バーネット: 263.8ポンド(119.65キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ダスティン・ジャコビー: 203.6ポンド(92.35キロ)
ジョン・アラン: 205ポンド(92.99キロ)

<フェザー級/5分3R>
マルシック・バクダサリアン: 145.4ポンド(65.95キロ)
ブルーノ・ソウザ: 148.4ポンド(67.31キロ)

<ヘビー級/5分3R>
CJ・ヴェルガラ: 127.4ポンド(57.78キロ)
オード・オズボーン: 125.2 ポンド(56.78キロ)

The post 【UFC268】計量終了 2つの世界戦にゲイジー✖チャンドラーのメガショー。敢えて注目はペレイラ&ギャリー first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
CJ・ヴェルガラ DWCS S05 Ep02 MMA UFC サイモン・オリベイラ ジョシュ・クィンラン チディ・ンジョグアニ チャド・アンヘリガー ブログ

【DWCS S05 Ep02】47秒KO勝ちのジョシュ・クィンラン以下、5人の勝者が全員UFCへステップアップ

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・クィンラン(米国)
Def.1R0分47秒by KO
ローガン・アーバン(米国)

3日前に試合を受けたアーバンがローとミドルの交換のあと、ローに右ストレート一閃。この一発でローガンの足が泳ぎ、頭が揺れる。懸命にケージを背負って立ち続けるアーバンだが、左右のパンチをクィンランが打ち込む。組みにいったローガンに右オーバーハンドを連打したクィンランは、ヒザをついたローガンに続き右の連打、そして左ストレートを打ち込み、勝負を決めた。

デビュー以来6連勝、6連続フィニッシュ勝利としたクィンランは「対戦相手が変わったけど、ここまでのハードワーク、規律を守った練習をしたことで、神がこの結果をもたらしてくれた。距離とレンジに注意して戦い、いけると思った時に動いた。一発ではまだ組んでリカバリーしようとしていたから、勝利が決まるまで攻め続けたんだ。これからもハードに練習を続けるよ」と非常に物静かに話した。

そして審判の時──ダナ・ホワイトは「アンヘリガーはもっと体を使って、もう少し激しく動くべきだった。ただし、これで9連勝だ。そして1-5のアンダードッグだったんだ。そこを見ないといけない。チャド、君は合格だ」とまず、チャド・アンヘリガーとの契約を宣言した。

続いて「CJ、5連勝で5KO勝ち。本当の強者を完全にKOした彼も、アンダードッグだった。今夜、彼以上に印象を残した選手はいない。彼は世界のトップへの道を歩み始めた。カモン、CJ」と続いてCJ・ヴェルガラもUFCへのステップアップが決まった。

「完全な肉弾戦だった。30歳、18勝3敗──凄い試合だった」とサイモン・オリベイラ、「パーフェクトだった。スーザは打撃で上だと言っていたけど、焦せってテイクダウンを狙った。それでもしっかりとスイープし完璧な試合だった。俺はナイジェリア人のバッドアスが必要なんだ」とチディ・ンジョグアニもUFC入りに確定。

さらに「ジョシュについては……Holly Shitだ。Holly Shit、公平に見てローガンはショートノーティスでこの試合を受けた。そしてジョシュはそこをしっかりと理解して、素晴らしいデビュー戦を戦った」とジョシュ・クィンランともサインすることとなり、5人の勝者全員がUFCへのステップアップを果たすことになった。


The post 【DWCS S05 Ep02】47秒KO勝ちのジョシュ・クィンラン以下、5人の勝者が全員UFCへステップアップ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
CJ・ヴェルガラ DWCS S05 Ep02 MMA UFC ブルーノ・コヘア

【DWCS S05 Ep02】ヴェルガラも番狂わせ、41秒で元UFCファイターのコヘアをヒザでKO

<フライ級/5分3R>
CJ・ヴェルガラ(米国)
Def.1R0分41秒by TKO
ブルーノ・コヘア(ブラジル)

ワンツーで前に出るヴェルガラに対し、コヘアは左を返すが右を被弾する。さらにジャブを受けたコヘアの跳びヒザは空振りに、後ろ回し蹴りにも前に出たヴェルガラが首相撲からヒザの直後に右フックを打ち込む。腰が落ちたコヘアは、コヘアの起き上り際をがぶってヒザを頭に入れる。コヘアが体を起こしたところで、ヒザヒザをボディに突き刺したヴェルガラが元UFCファイタで、返り咲きを狙うコヘアを一蹴した。

5連勝、5連続KO勝ちのヴェルガラは「今朝、起きた時めちゃくちゃナーバスだったんだ。A PEXに来てからも、俺はここにくるだけの価値があるんだって言い聞かせていた。別に審判の日じゃない、自分を出そうって。彼は優れたカウンターファイターだから、僕はカウンター狙いでなくて……テコンドーとかの蹴りがあっても、ケージから離れて前に出てジャブを素早く入れるようコーチからも指示を受けていた。彼に触れた時、直ぐにパワーが分かって、右が見えた。ギロチンを狙おうかって思ったけど、ヒザにした。ローラ、契約はどこだよ」と希望に満ち溢れた表情で、2試合連続でアップセットを起こしたヴェルガラは話した。


The post 【DWCS S05 Ep02】ヴェルガラも番狂わせ、41秒で元UFCファイターのコヘアをヒザでKO first appeared on MMAPLANET.