カテゴリー
Interview J-CAGE LDH FBA S01 ONE ブログ 中村倫也 八木敬志 宇佐美正パトリック 岡見勇信 漆間將生 髙谷裕之

【LDH FBA S01】格闘DREAMERSを終えて、岡見勇信─02─「良い意味で僕は追い詰められています」

【写真】大役を担った髙谷裕之と共に良い笑顔を見せる岡見。次は現役として、ONEミドル級での存在感を示して欲しい (C)MMAPLANET

15日(土)に最終話が中継されたABEMAで格闘オーディション番組「格闘DREAMERS」。LDH martial artsとの契約を賭けた最終オーディション参加者を厳しくリードして、温かく導いて岡見勇信インタビュー後編。

4月26日(月)、都内某所で開かれた最終選考大会を終えた直後に安堵の表情を浮かべ、充実さと疲労感を同時に漂わせていた岡見にオーディションを終え、これからの現役生活に与える心理的影響を尋ねた。

<岡見勇信インタビューPart.01はコチラから>


──シーズン2の発表もありましたが、契約内容を公開してこれだけの環境で練習できるとアピールしないと、この厳しい練習や試合をみて参加者が集まりますかね(笑)。

「アハハハハ。ねぇ、これめっちゃキツイですよ。僕らも最初だから、どこまでゴーサインを出して良いのか、ストップの見極めとか難しかったところがあります。初めての経験だったので。

でも、選手と常に接していることで行ける、ダメだというのは分かってきました。ただし、求めているモノは高いので……生半可の気持ちの人間には、それは厳しくなるでしょうね……シーズン1を視てしまうとね。

今日の試合だって運任せじゃないですけど、どう着地できるのかなって……。僕らとしても彼らの練習、コンディション、格闘技に向き合う気持ちを創るために最善を尽くしたつもりですが、試合はやってみないと分からないものなので。本当にどうなっちゃうんだろうなって不安でした。

漆間も厳しい試合でしたけど、30-27が2人もいるのかって……。

1人は29-28で漆間だったじゃないですか、でも30-27がつくんだって驚きました。そういう気持ちになることが、冷静じゃなかったんだなって。

吉村選手はアマ・パンクラスとDEEPのフューチャーキングTで7試合連続KO勝ちしている選手だけあった、本当に強かった。もう少しテイクダウンを取って背中をつけさせる時間が欲しかったですね」

──これから期待できる選手、情が移った選手も契約するか否ということを考えると不合格にせざるを得なかった。

「……。そうですね……」

──そして2人のLDH martial artsファイターが誕生としました。中村倫也選手に関しては既に所属していたのですが、抜群の資質があり志も高い。宇佐美正パトリック選手、あのボクシングを見てもポテンシャルの高さは間違いないです。

「倫也はもうある程度の力があります。

もちろん、UFCで戦うという彼の目標を考えると、色々とやらないことはありますが。

パトは左手をケガしているから使うなといっていても、『僕は左の選手なので、打ちます』って言い切って。

でも、次からはケガをしていると使わせません」

──次世代を育て、日本のMMAのマイルストーンになるやもしれないオーディションが終わりました。ここからは指導者でなく、業界のリーダーでもなく、がけっぷちの現役選手としての活動再開です。

「アハハハハ。いやいや、もちろん最後までやり切ります。彼らの姿を見てもそうですけど、僕自身を着地させないといけないですからね。それはもう忘れていないです。彼らを指導しながらも、自分が強くなるといことを考えてコンディションも創ってきています」

(取材の横で関係者と立ち話をしていた)髙谷裕之 岡見はそんなこと言っているけど、番組の打ち合わせとか全部に僕に任せて、自分の練習ばっかりやってきたので、そこは問題ないですよ(笑)。俺に任せすぎだろうって。

「いやいやいや、髙谷さん!! そこはホラ、役割というものがあるじゃないですか(苦笑)」

──『格闘DREAMERSでアレだけ言ってんだから、お前、もっと出ろよ』という意見が試合を見て出てくるからもしれないですね(笑)。

「いやいやいや、本当にソレ辞めてください(苦笑)。それはもう、偉そうに言うのが僕の役割ですから……。でも、そういうこと言われるんだろうなぁ……それが現役兼指導者の辛いところですよ(笑)。

とはいっても、背中を見せないといけないというのはあります。僕自身、コレを経験したことで強くなっていないと」

──ということで次戦の予定というのは?

「(小声になって)まだ決まらないんですよ」

──なぜ小声に(笑)。

「アハハハ。本当ですね。まぁ、この間にちょっとしたケガも直せたというのは良かったのですが、体調も良いので試合をしたいですね」

──現役として強い岡見勇信を期待するという点は、なんら変わりないのでお願いします。

「もちろんです。さっきも言いましたけど、コレを経験して自分も情けない、弱い姿を見せることはできないです。彼らとこうやって接してきたわけだし。

彼らに指導し、偉そうなことを言ってきたのだから、あの頑張りを見ていると自分だってやらないといけないという気持ちになります。試合で情けない姿は見せられない。引けないです。

八木君とかに偉そうに、酷いこと言ってきましたからね(苦笑)。

でも彼はこっちが言ったことをしっかりとやりきった。それだけ覚悟があって戦っていたということですよね。

格闘DREAMERSを経験して、良い意味で僕は追い詰められています」

■格闘DREAMERS最終オーディション試合結果

<バンタム級/5分3R>
中村倫也(日本)
Def.1R0分42秒 by TKO
新井拓己(日本)

<72 キロ契約/5分3R>
宇佐美正パトリック(日本)
Def.2R2分06秒by TKO
日高健太郎(日本)

<バンタム級/5分3R>
田嶋涼(日本)
Def.2R3分46秒by 腕十字
斎藤奨司(日本)

<フェザー級/5分3R>
吉村海渡(日本)
Def.2-1
漆間將生(日本)

<ライト級/5分3R>
八木敬志(日本)
Def.1R0分18秒by TKO
高木オーディン祥多(日本)

<フェザー級/5分3R>
柳田龍彌(日本)
Def.1R0分29秒by TKO
岡田達磨(日本)

<バンタム級/5分3R>
山内渉(日本)
Def.3-0
安永吏成(日本)

<63キロ契約/5分3R>
鈴木崇矢(日本)
Def.2R5分00秒by TKO
平本丈(日本)

The post 【LDH FBA S01】格闘DREAMERSを終えて、岡見勇信─02─「良い意味で僕は追い詰められています」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Fight&Life Interview J-CAGE ブログ 高木オーディン祥多 髙谷裕之 齋藤奨司

【Fight&Life】格闘DREAMERS/髙谷裕之「目標はUFCに追いつき、追い越せというイベントを創ること」

【写真】厳しさと優しさをオーディション参加者に見せる髙谷。これぞ彼のMMAへの想いの深さと感じた(C)MMAPLANET

明後日23日(金)発売のFight&Life#84にLDH格闘家育成プロジェクトをスタートさせ、その一端として現在ABEMAで配信中の格闘DREAMERSでLDH martial arts所属選手のオーディションを行っている髙谷裕之のインタビューが掲載されている。

MMA人気を根づかせるために、格闘技の本質を曲げない。何より人生育成が欠かせないという髙谷。格闘DREAMERSは、国内でUFCに負けないイベントを再び行うために彼らが練る、10年~20年越しの計画の第一歩だ。

本誌で掲載しきれなかったオーディション合否の背景について語った髙谷の言葉をここでお届けしたい。


──LDH martial artsの格闘家育成プロジェクト。その一端として始まった「格闘DREAMERS」のオーディションには200人の応募があり、書類選考で52名までしぼりました。その判断基準はどういうものだったのですか。

「本当はたくさんの人に集まってもらってオーディションをしたかったのですが、コロナでそれはできなくなったので書類選考という形を採らざるをえなかったです。重視したのは世界を獲れるような可能性を感じさせるスポーツの実績や熱意です。世界で闘える選手を発掘するオーディションなので、そのような基準で選手を選びました」

──書類選考で落とされ、実際に見て判断してほしいと言ってきた応募者はいましたか。

「1人、2人はいたかもしれないですけど、そういうことは僕の耳には入って来なかったです。逆に来てほしかったですけどね」

──第一次オーディションで52人から一気に19人まで篩に掛けられました。

「人数の上限を決めていたわけではないです。打撃とグラップリングのスパーを見て、動きの良かった人間だけ選ぶと19人という数になりました」

──そこで落とされた人から、泣きの一回を実施してほしいというような要求は?

「1人もいなかったですね。僕自身は何か言ってくる奴とかいるだろうなって思って……ガチンコ・ファイトクラブみたいに『お前が相手しろよ』みたいな奴がなかには含まれているのかと。そこそこの準備はしていたんですけど(笑)」

──アハハハハ。売られた喧嘩を買うつもりでオーディションに向かっていたということですね。ガチすぎます。

「結果、格闘技をやっている人間なんで──落とされた自分と受かった人間の違いが分かったのでしょうね」

──合格者のなかでも2選手が辞退しました。

「合宿を行ったので仕事の都合が合わなかったのか。1人はスパーリングでダウンを喫したことで自信がなくなったのかもしれないですね。もう1人の選手も、所属ジムの兼ね合いや『歌やファッションも好きだし、格闘技一本じゃない』と言っていたので、空気が違うと捉えたのかもしれないです。僕らはフルタイム・ファイターを求めているので」

──第2次オーディションのための合宿は、いつ行われたのですか。

「12月ですね。番組では割愛された部分も相当にあって(笑)。本当に厳しかったと思います」

──輪になってスクワット。慧舟會の補強を思い出しました。

「久保さんの合宿は腕立て伏せ2010回とかだったので(笑)。あれと比較するとインターバルの時間もありますし、回復の時間も測ってスケジュールを組んでいたので、非科学的に見えても多少は科学的にやっていました。

生き物として強いヤツしか生き残れない。そういう合宿になったと思います」

──打撃の上手い選手が多いです。

「そうですね。僕が選ぶということが影響したのが、参加した選手の8割ぐらいは打撃系でしたね」

──そんななか落選した選手に、山本歩夢選手が含まれていました。

「う~ん、彼は話せば分かる部分はあるかと思いますが、格闘技もこのオーディションもビジネスにつなげることに重点を置いていたように感じました。自分で会社も経営しているみたいですしね。

僕たちが必要なのは格闘技一本でやっていこうという人間です。格闘技だけでなく他のことと一緒にやりたい人もいるし、『僕の人生は格闘技だけじゃない』という選手もいるでしょう。それぞれ生き方という部分では正解も間違いのないのですが、僕らが欲しい選手は格闘技一本でやっていくという気持ちの選手なんです。

同じように会社を興した人間がいます。高木オーディン祥多の場合は格闘技をやるため──自分の練習時間を確保するために経営者になっています。

格闘技のために荷揚げなのか、運送会社をやっています。彼の場合は僕らが欲しいと思う向き合い方だったんです。

ただし、凄いなと思う反面、そこが精神的な甘さに通じることもあるとも思います。

齋藤奨司なんかは会社を辞めて退路を完全に断っている。弱いところを見せようがないと思いますね、彼に関しては」

※23日発売のFight & Life#84は、オーディション最終選考となる実戦の2週間前にパウンド有りのアマ大会を開き、選手たちに試合をさせて理由、オーディション終了後のLDH自主興行や契約選手の育成方法などが掲載されています。

The post 【Fight&Life】格闘DREAMERS/髙谷裕之「目標はUFCに追いつき、追い越せというイベントを創ること」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA DREAMERS J-CAGE LDH martial arts News ブログ 岡見勇信 髙谷裕之

【DREAMERS】LDH martial arts「格闘家育成プロジェクト」とABEMAが融合。『格闘DREMERS』の配信決定

【写真】岡見勇信、髙谷裕之、 GENERATIONS from EXILE TRIBEやTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEからのナビゲーターの目が光るなか、ドリーマーズのふるい落としは始まっている (C)ABEMA

8日(月)、ABEMAより──まだなにものでもない若者たちの格闘家人生を追う格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』が13日(土)より配信されることが発表された。

J-MMA界でいえば格闘代理戦争で次世代の格闘家は発掘し、世に送り出した実績を持つABEMA。その新リアリティTVショー=全10話は、今月3日(水)に明らかとなったLDH「格闘家育成プロジェクト」の一端として、ドリーマーズと呼ばれる出演者がLDH martial artsとの契約を勝ち取るまでを完全密着するモノになるという。


200名を超える参加希望者から実技審査や面接を経て決定した──「世界チャンピオンになる」という大志を抱き、プロの格闘家として大成することを夢見る、まだなにものでもないドリーマーズのなかにはレスリングで東京五輪代表の出場枠を争った者、高校ボクシングで6冠を掴んだ者、「花園」で優勝を果たしたアスリートらが含まれているという。

また同番組ではナビゲーター兼サポーターとして、GENERATIONS from EXILE TRIBEより数原龍友、白濱亜嵐、関口メンディーの3名、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEよりRIKU、LIKIYA、陣、神谷健太、武知海青という5名の出演も決定している。

オープニング・テーマ曲としてはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「TOP OF THE TOP」を、エンディング・テーマ曲はGENERATIONS from EXILE TRIBEの「DREAMERS」を起用。参加メンバーたちの背中を押すような応援ソングが番組をさらに盛り上げる。

ONEとの契約が懸けられた格闘代理戦争の参加者は、既存のMMAプロモーションでも選手活動を続けているなか、既報の通りLDH「格闘家育成プロジェクト」ではイベント開催も視野に入れている。エンターテイメントワールドのビッゲスト・パワーハウス=LDHの参入と、既にJ-MMA界の一翼を担う活動をしているABEMAの融合は、日本のMMA界の新たな潮流を生む可能性もあり、要注目だ。

The post 【DREAMERS】LDH martial arts「格闘家育成プロジェクト」とABEMAが融合。『格闘DREMERS』の配信決定 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
EXILE HIRO J-CAGE News ブログ 岡見勇信 髙谷裕之

【LDH】LDHが仕切り直しの格闘家育成プロジェクト始動。EXILE HIRO「世界に羽ばたく選手を発掘・育成」

【写真】髙谷CEO、LDH WORLDチーフ・クリエイティブ・オフィサー=EXILE HIRO氏、そして岡見勇信がどのような日本の格闘技の未来を切り開いているのか(C)LDH

3日(水)、LDHよりLDH martial artsが「格闘家育成プロジェクト」を始動することを発表している。

EXILEや三代目 J SOUL BRTOTHERSという国民の誰もが知るアーティストが所属するLDHでは過去にもアーティスト発掘のオーディションをはじめ、小学生のフットサル大会「EXILE CUP」や小中学生のダンス大会「DANCE CUP」など、若者の夢を応援することを目的とした様々なプロジェクトを立ち上げ実施してきた。


EXFIGHTを始め、トレーニングジムの展開や格闘技イベントを手掛けるLDH martial artsによる格闘技関連の企画といえば、昨年1月にスタートを切ったLDH所属格闘家の育成プロジェクトを思い浮かべるファンも多いはずだ。既に選手の募集が始まり、3月には東京と大阪でオーディション、合格者の育成状況をABEMAがリアリティTVショーで配信するとプロジェクトは、新型コロナ感染拡大の第1波の到来で延期されていた。

今回、リリースのなかで「LDHのチーフ・クリエイティブ・ディレクターとして、数多くのプロジェクトを手掛けてきたEXILE HIROが発起人となり、LDH所属の総合格闘家で元DREAMフェザー級世界王座の髙谷裕之、世界最高峰の総合格闘技団体UFCでタイトル挑戦の実績を持つ岡見勇信が中心となり、世界の頂点を夢見るダイヤの原石を発掘し世界トップレベルを知る髙谷や岡見らが育成をしていきます」と書き記されている──仕切り直しとなった格闘家育成プロジェクトが、動き始めていた昨年の企画とどう関連性があるのか、気になるところだ。

また昨年の時点でも髙谷CEOを明言していたイベントの開催に関しても、「LDHが培ってきたエンターテインメントを格闘技と融合させ、格闘技ファンのみならず幅広い世代を視野に入れたイベントなども計画しております」とリリースには明記されている。

LDHアーティストもプロジェクトに参画予定で、新たな格闘技エンタテインメントを創造しながら「世界の頂点を目指す日本人格闘家を輩出すること」を目的に掲げたプロジェクト──その裏には、第一線を退いた格闘家が指導者やイベントプロデュースといった新たなステージに挑戦し活躍できる環境を開拓するという第二の目的も存在している。

リリースにあったEXILE HIRO氏の今回のプロジェクトに関する抱負は以下の通りだ。

EXILE HIRO
「これまでもLDHでは、夢を持った若者たちや子供たちを応援したいという想いから、アーティストのオーディションをはじめ、小学生のフットサル大会や小中学生のダンス大会などを開催してきました。

そして今回、LDHに所属する格闘家の髙谷選手や岡見選手と話をしていく中で、2人の今後の目標や将来の夢を応援することによって、夢を持った若い格闘家の皆さんや日本の格闘技界の未来にも繋がっていくのではないかという思いから、プロジェクトを始動いたしました。

昔から僕自身も格闘技の大ファンでしたが、表現の仕方や見え方は違えど、見ている方に夢や感動、熱狂や興奮を与えるという点では、格闘技もエンターテイメントも通ずるものがあると感じています。

プロの第一線で活躍してきた髙谷選手をはじめ、世界で活躍する岡見選手や今回のプロジェクトに賛同してくれた日本を代表するプロ格闘家の方々と共に、世界に羽ばたいていけるようなスター選手を発掘・育成すると同時に、エンターテイメント業界の中で僕が培ってきたこれまでの経験を活かし、格闘家の皆さんの夢やセカンドキャリア、そして格闘技界の未来に貢献できたら嬉しい限りです」

The post 【LDH】LDHが仕切り直しの格闘家育成プロジェクト始動。EXILE HIRO「世界に羽ばたく選手を発掘・育成」 first appeared on MMAPLANET.