カテゴリー
MMA Shooto ボクシング 当真佳直 金内サイダー雄哉

【The Shooto Okinawa06】ダーティボクシングから右を効かせた当真が、金内サイダーをパウンドアウト

<ストロー級/5分2R>
当真佳直(日本)
Def.1R2分34秒by TKO
金内サイダー雄哉(日本)

いきなり右を被弾した当真が、一瞬間をおいて尻もちをつく。すぐに立ち上がった当真は組みつく、サイダーをケージに押し込みテイクダウンを奪う。ハーフで抑えた当真は、肩固め狙いか。腕をつけてねじ込ませなかったサイダーだが、背中がついた状態が続く。30分30秒でブレイクとなり、サイダーが右ローから右を伸ばす。当真は右前蹴り、続くオーバーハンドは空振りとなり、サイダーは左フックで前に出る。ダーティーボクシングを効かされ、ケージまで下がったサイダーに右を打たれ崩れる。頭を抑えてパンチを続けた当真がTKO勝ちで、3連敗を免れた。


The post 【The Shooto Okinawa06】ダーティボクシングから右を効かせた当真が、金内サイダーをパウンドアウト first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
J-CAGE Report Shooto Okinawa03 ブログ 若山達也 金内サイダー雄哉

【Shooto OKINAWA03】金内サイダー雄哉が、若山達也に組みで粘り勝ち──修斗では10年5カ月ぶりの勝利

<バンタム級/5分2R>
金内サイダー雄哉(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.20-18
若山達也(日本)

笑いワンツーで前に出たサイダー、下がった若山に組みついてケージに押し込んでいく。若山はヒザを放ち離れると、再びサイダーが組んでいく。ここは即距離を取った両者、右を当てたサイダーが蹴りも見せてクリンチへ。ロングスパッツの若山が押し返して離れる。

ワンツーから左振るっていくサイダー、間合を外した若山だが左から右、そして右を被弾して組まれるとスタンドでバックを許す。後方からパンチ、ヒザを狙うサイダーに対し、若山が体を入れ替えるもブレイクが命じられる。直後にフックで距離を詰めたサイダーが、ここもケージにクリンチで押し込み初回が終わった。

2R、大きなフック、蹴りと初回と同じ攻めを見せて組んだサイダーがバックに回る。そのまま右を大きく振り上げて、腹固めに取るような形でサイダーが寝技に持ち込む。サイダーは仰向けの若山にエルボーを打ちつけ、若山はシングルを狙うが腹固めが解除できないで時間が進む。若山は右腕を取られたまま上を取り返すが、腕はなかなか抜けない。ニーインベリーに取った若山は、腕を抜くと同時に腕十字へ。ヒジを抜いたサイダーが立ち上がり、残り10秒での打撃戦のなかでサイダーはダブルレッグでテイクダウンを決め、最後はバックに回りタイムアップを迎えた。

結果、サイダーが3-0で判定勝ちを収め、MMAでは5年振り、修斗では10年振りの勝利を挙げた。


The post 【Shooto OKINAWA03】金内サイダー雄哉が、若山達也に組みで粘り勝ち──修斗では10年5カ月ぶりの勝利 first appeared on MMAPLANET.