カテゴリー
ABEMA Brave CF ISAO MMA PANCRASE Pancrase324 Pancrase325 RIZIN ジェイク・ムラタ ボクシング 中島太一 井村塁 修斗 松岡嵩志 松本光史 林源平 海外 秋葉太樹 花レメ紋次郎TK 西川大和 風間敏臣

【Pancrase325】暫定バンタム級KOPCで、平均3分20秒で6試合連続フィニッシュの井村塁が中島太一と対戦

【写真】井村にとって文字通り、ずば抜けて過去最強の相手=中島を迎えることとなる (C)MMAPLANET

20日(水・現地時間)、パンクラスより12月12日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrase325で暫定バンタム級王座決定戦、井村塁✖中島太一戦が組まれることが発表されている。

王者ハファエル・シウバはコロナ禍以前の2019年7月からパンクラスで戦っておらず、2020年3月にはパンデミックでイベントが中止されたBRAVE CF35でガブリエル・ミランダと対戦予定だった。そんななか組まれたバンタム級暫定王座決定戦──井村は17日のPancrase324大会でジェイク・ムラタを三角絞めで破り、デビュー以来の連勝及びフィニッシュ記録を6に伸ばしたばかりだ。


4つの一本勝ちと1つのTKO勝ちは5勝が1R、残る1勝が2Rと井村は未だに3Rを戦ったことがない──ばかりか、6試合の平均試合タイムは3分20秒弱でしかない。

対する中島は5月にフェザー級KOPのISAOに挑戦し熱闘の末、判定負けを喫して以来の再起戦が4年3カ月振りのバンタム級で、しかも暫定ながら選手権試合となる。

強い選手は元から強い──ある意味、格闘技の真理である。確かにボクシングなど、世界王者になるようなボクサーはデビュー直後から、勝負勘や肉体的な資質が抜きんでていることは少なくない。

一方でMMAはキャリアを積むことで力をつけていくという側面があり、デビュー直後からワールドクラスの実力を有しているという例は非常に少ない。そして日本のMMAの歴史でいえばパンクラスのネオブラT優勝者や修斗新人王が、そのプロモーションの30歳前後のトップどころと戦った場合、力の差は明白でこっぴどい敗北を喫するというケースは多々見られてきた。

とはいえ現状、日本のMMA界はベルトを巻いた選手が海外やRIZINにステップアップするだけでなく、コロナ禍においてその下に位置する選手もRIZINを主戦場するケースが増えてきている。パンクラスのバンタム級戦線でいえば井村塁はランキング1位、中島も階級変更と同時に2位につけているが、瀧澤謙太、金太郎、アラン・ヒロヤマニハ、春日井たけしらと競り合って来たわけではない。

このような現象はパンクラスだけでなく、修斗の西川大和にも当てはまる事例で、現状の日本の老舗MMAプロモーション全体のフィーダーショー化が進んでいる表れでもある。

とはいえ上記に挙げた選手たちがパンクラスにいない現実のなかで、井村とすれば中島がバンタム級に落としてこなければ、易々と暫定王座につけていた公算が高い。それゆえにタイトル戦の説得力を持たせる意味でも、井村✖中島はパンクラス・バンタム級戦線で唯一絶対のチャンピオン候補同士のマッチアップといえる。

なお同大会では既にストロー級KOPC=北方大地✖宮澤雄大、ライト級=金田一孝介✖林源平、同じくライト級で松岡嵩志✖松本光史、フライ級=秋葉太樹✖聡-S DATE、バンタム級=花レメ紋次郎TK ✖風間敏臣、ミドル級=内藤由良✖フェルナンド・マツキなどが決まっており、ラスト・スタジオコーストはコロナ禍のパンクラス実戦部隊の総出のファイナルバトルの様相を呈している。

The post 【Pancrase325】暫定バンタム級KOPCで、平均3分20秒で6試合連続フィニッシュの井村塁が中島太一と対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ISAO MMA NØRI PANCRASE Pancrse324 RIZIN キック ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 小川徹 村山暁洋 猿飛流 秋葉太樹 端貴代 菊入正行 透暉鷹

【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦

【写真】井村✖ジェイク。ジェイクのジェイク・シールズ地獄に対し、井村の柔術ベースの寝技という組技の構図は楽しみだ (C)MMAPLANET

26日(木)、パンクラスが10月17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催するPancrse324の追加カードとして井村塁✖ジェイク・ムラタのバンタム級の一戦を発表した。

暫定フライ級クィーン・オブ・パンクラシスト・チャンピオンシップ=NØRI✖端貴代、ウェルター級暫定王座決定戦=菊入正行と村山暁洋に続き、フライ級でも暫定王者に認定された小川徹が、上田将竜の挑戦を受けることも決まるなど、連日のように新たなカードが明らかとなっている同大会。


5月の暫定王座決定トーナメント準決勝で小川は秋葉太樹に勝利し、上田は猿飛流に判定負けしていた。ところが王座決定戦に挑む予定だった猿飛流が負傷したため、パンクラスでは小川のトーナメント決勝を不戦勝とし、暫定王者に認定した。

その小川が暫定王座防衛戦として、過去0勝2敗(※1戦目は2017年8月にスプリット判定負け。2度目は2018年12月にハイキックでKO負け)の上田を相手に3度目の正直を目指す。

また上田としてもタイトル挑戦は先の決定トーナメント、2019年7月に暫定王座決定戦で翔兵に敗れており、これが3度目の正直となる。

さらに内村洋二郎が昨年11月のRIZIN参戦以来11カ月振りも実戦で透暉鷹と対戦するカードも決まっている。内村のパンクラス参戦は昨年2月──パンデミック前、1年8カ月振りの参戦となる。対する透暉鷹は、5月のRYO戦で十中八九勝利を手にしておきながら、残り1秒でギロチンにより、大逆転負けを喫して以来の再起戦となる。

今やJ-MMAにおいて、決して多くない王座防衛戦を行うISAOという座標軸があるパンクラス・フェザー級戦線だけに、上を目指すうえでベテラン相手に、遅れを取ることは許されない透暉鷹だ。

そして今日発表された井村とジェイクの一戦は、マニアックファン垂涎の一戦だろう。井村はデビュー以来、5試合連続フィニッシュ勝利中の期待の新鋭。対してジェイクはパンクラスでは昨年10月に、神田周一に通好みの渋い試合で勝利したものの、2カ月後にはNEXUSで森山壱政に敗れている。ジェイクとしては、寝技勝負ができる相手だけに意地を見せたい戦い。井村としてもジェイクのようなねちっこい、しぶとさのある相手と戦うことで、そのフィニッシュ力という部分で真価が問われる一戦となる。

The post 【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE MMAPLANET Pancrase321 Report 小川徹 秋葉太樹

【Pancrase321】小川徹がグラウンドコントロールで秋葉大樹に判定勝利、フライ級暫定王座決定戦へ

<フライ級暫定王座決定トーナメント準決勝/5分3R>小川徹(…

このサイトの記事を見る

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase321 ブログ ライカ 上田将竜 井村塁 小川徹 平岡将英 平田丈二 未分類 法DATE 猿飛流 福島啓太 秋葉太樹 翔兵 近藤有己 鈴木淑徳

【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!!

【写真】あのライリー・ドゥトロに勝利している翔兵。J-MMAにあって間違いなくフライ級のトップ中のトップの実力者。返上以上に、彼が万全でないことは残念だ(C)MMAPLANET

5月30日(日)に東京都江東区のスタジオコースト2021年初イベントとなるPancrase321を開催するパンクラス。同大会のカードがここ1週間で続々と決まっている。時系列で決定カードを纏めてみたい。

まず11日(木)に不動心・近藤有己✖鈴木淑徳のウェルター級マッチが発表されている。デビュー25周年を迎えた近藤に対し、鈴木はNEXUSフェザー級王座決定T出場から2階級上げてレジェンドに挑むこととなった。

続いて12日(金)、その明るい人柄からレジェンドの雰囲気を全くさせない──ばかりか格闘ジャンキーの異名をとるライカの10カ月振りのMMAも発表された。近藤と同じ1975年生まれで学年は1学年上、46歳になったライカのMMA転向から7年目の初戦の相手は法DATEだ。


週が明け15日(月)にはストロー級KOP北方大地への挑戦権を賭けて八田亮が、宮澤雄大と戦うことも決まった。下になることを厭わない八田はキャリア22戦目、宮澤は9戦目のパンクラス王座挑戦を目指し相対する。

翌16日(火)にはパンクラス版Young Guns=バンタム級の平岡将英×井村塁が発表されている。2019年のネオブラ優勝の平岡は、矢地祐介、田村一聖、横山恭典と行動を共にし、技術の見直しを含めて力を蓄えてきた。

対して昨年ネオブラMVPの井村は、2021年を飛躍の年とするために、連続フィニッシュ勝利を5に伸ばしたいところだ。

そして17日(水)にはビッグニュースがあった。フェザー級暫定王者の翔平がヒザの負傷によりコンディションの調整が困難となり、タイトルを返上。小川徹×秋葉太樹、上田将竜 ✖ 猿飛流の間で暫定王座決定トーナメント準決勝が組まれることとなった。

Road to ONEを経験した小川、DEEPで安谷屋智弘に勝利と他団体を経験してきた秋葉。この4人のなかで唯一ベルトに絡んだことがある上田と15カ月振りの実戦が、王座決定トーナメントとなる猿飛流という2つの準決勝──勝者は8月大会で決勝を戦う。なお、翔兵の返上に関するコメントは以下の通りだ。

翔兵
「パンクラス関係者の皆様、ご無沙汰しております。この度、パンクラスフライ級暫定王者のベルトを返上させて頂く事になりました。理由は柔道時代からの古傷である膝の故障によりコンディションを作りにくくなったからです。性格上練習が始まってしまうと100パーセントの力を出してしまう為、この1年間は治っては再発を繰り返してきました。試合をしていないのにベルトを持っているのはキングオブパンクラシストとして相応しく無い事だと思います。そこで今回の決断に至りました。しばらくは自分の身体と相談しながら今後を考えて行こうと思います。皆様、今後とも宜しくお願い致します」

また正規王者で現在はONEストロー級で戦う仙三選手が暫定王座決定トーナメントの実施に関し「いつかは日本で、パンクラスで防衛戦をしたいという気持ちにブレは有りません。その日まで暫定王者に待ってもらう事になりますが、最強の暫定王者を期待しています」というコメントを寄せている。

ISAO✖中島太一のフェザー級KOPT、上記にあるストロー級挑戦者決定戦、さらにフライ級暫定王座決定トーナメントなど、約半年振りに活動再開となる同大会、現状では本日18(木)発表となったバンタム級戦=平田丈二×福島啓太まで8試合が確定した。

4月の大阪大会でなく、5月の東京大会出場となった平田に対する福島はNEXUSで5連勝中で4試合でフィニッシュという勢いを駆ってパンクラス初陣に臨む。

The post 【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ ライリー・ドゥトロ 上迫博仁 中島太一 堀江圭功 秋葉太樹 粕谷優介

【Pancrase318】上迫博仁✖粕谷優介&ドゥトロ✖秋葉太樹 OUT。中島太一✖堀江圭功&前山✖尾崎 IN

【写真】残念だが致し方ない粕谷とドゥトロの欠場だ(C) MMAPLANET

3日(水)、当日計量とテンポラリー階級を用いることが発表されたばかりのPancrase318のカード変更が明らかとなった。

27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催されるPancrase318では77.1キロ以下で暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源治と共に組まれていて、ライト級の上迫博仁✖粕谷優介と、フライ級の国際戦=ライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹が取りやめとなり、フェザー級次期挑戦者決定戦=中島太一✖堀江圭功、ストロー級の前山哲兵✖尾崎龍紀戦が追加された。


ライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹はコロナ禍の影響で米国は未だに入局拒否対象地域であることからドゥトロの来日は困難で、取りやめざるをえない状況に。また上迫博仁✖粕谷優介は後者がコロナ禍を考慮して出場辞退した。粕谷は一社会人として高校卒業時から一企業に務めており、8月大会の中止などもあり企業人として判断せざるを得なかったことが推測される。

そして今回追加された2試合=中島✖堀江と前山✖尾崎は中止されたPancarse317からスライドされ、実施されることとなった。なお上迫、秋葉に代役が用意されるのかは、現時点では明らかとなっていない。

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ ライリー・ドゥトロ 上迫博仁 林源平 秋葉太樹 粕谷優介 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】上迫✖粕谷に続き、暫定ライト級KOP決定戦=雑賀✖林、ドゥトロ✖秋葉も9月に

Saika vs Hayash【写真】上迫✖粕谷、ドゥトロ✖秋葉ととも暫定ライト級王座は決定戦も9月に行われる。ところで正規王者のネクストマッチは?(C)MMAPLANET

13日(水)、パンクラスより9月27日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase318のカードが発表された。

今回明らかとなったのは、7月大会からのスライドが既に伝えられていたライト級=上迫博仁✖粕谷優介に加え、暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平、そしてライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹のフライ級戦という3試合だ。

雑賀✖林とドゥトロ✖秋葉は3月から4月、そして5月と延期が続いたことで、今回が4度目の対戦発表となる。6月も大会の中止発表が続くなか、選手としては格闘技イベント再開の目途が立つのか予想ができない7月よりも、さらに2カ月後の9月というタイミングの方が、頭も気持ちもリセットしやすいかもしれない。