カテゴリー
MMA NEXUS23 RIZIN YouTube 修斗 河村泰博 福島啓太

【NEXUS23】新バンタム級王者は、寝技派=河村泰博「色んな団体のチャンピオンを倒していきたい」

【写真】右に倣えの業界にあって川村の考え方は個性的で面白い。ぜひ実現させてほしいものだ (C)NEXUS

25日(日)に東京都新宿区のGENスポーツパレスでNEXUS23が開催された。試合レポート最終回はメインで組まれたNEXUSバンタム級王座決定戦の模様をお伝えしたい。


<NEXUSバンタム級王座決定戦/5分2R+ExR>
河村泰博(日本)
Def.2R4分25秒by 三角絞め
福島啓太(日本)

互いに間合を測るなか、福島がロー、川村が左ジャブを伸ばす。ジャブを受ける福島はワンツーを返し、カニハサミ狙いのように組んできた川村をケージに押し込む。引き込んだ川村は、腕を狙いつつクローズドから、腰を切って腕十字を狙う。右腕を取りかかった川村は姿勢が悪くなるとトップを取る判断し、がぶっていく。

体重をかけられ、厳しい状態の福島は横三角に入られるが、クラッチが解けるとシングルを狙う。川村はフロント系のチョークを狙いつつ、座った福島に体重をかける。動きが止まった両者、川村はヒザを腿に入れ、福島を抱えた状態で時間を迎えた。

2R、川村は左ジャブ、福島が右ローを蹴る。ノーガード、首を振って挑発する川村がスイッチして飛び蹴りを見せる。福島は左ミドルを入れ、続いて左ハイを狙う。さらにワンツーの右を打ち込むと、続く右に川村が飛び込んで引き込むようにマットに背中をつけると、右手で福島の右足を抱える。

ここから横三角を狙うが、頭を抜いた福島がパンチを落とす。川村は正対してクローズドから腰を切り、足をすくっていく。正対した福島は、右手首を取られ糸通しの態勢を作られそうになる。

ここから三角を狙った川村は、パンチを落とされると足を抱えられて、サドルを作っていく。背中を向けて立ち上がろうとした福島のバックに回った川村は、ワンフック&シートベルトへ。ここから四の字フックに移行された福島は、手首を掴んで後方へのパンチを狙う。

RNCを防ぎ、腰をずらした福島が正対すると当時に、川村が三角絞めに入る。担ごうとした福島の頭を引き寄せた川村がタップを奪い、渡部修斗が返上したNexusバンタム級のベルトを巻いた。

新チャンピオンは「いっこ言いたいのは、今、でっかい団体でバンタム級のチャンピオンを決めるトーナメントとかしているじゃないですか。日本人でもっと面白い寝技をする選手、ネクサスでもいると証明したくてチャンピオンベルトを獲りました。今、解説席にいる渡部修斗君もネクサスのチャンピオンとして、RIZINで凄い活躍していたんで、僕もRIZINに出たいけど、色んな団体のチャンピオンを倒していきたいと思っているんで。あんまり強くないチャンピオンがたくさんいるんで、俺がかたっぱしから倒していこうと思います。どこの団体のチャンピオンと見たいか、ちょっと募集して山田さんに試合組んでもらおうかなと思います」と話した。

ネクサス・バンタム級チャンピオン──河村泰博、面白い視点を持つ選手が台頭してくるか、興味深い。

The post 【NEXUS23】新バンタム級王者は、寝技派=河村泰博「色んな団体のチャンピオンを倒していきたい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase321 ブログ ライカ 上田将竜 井村塁 小川徹 平岡将英 平田丈二 未分類 法DATE 猿飛流 福島啓太 秋葉太樹 翔兵 近藤有己 鈴木淑徳

【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!!

【写真】あのライリー・ドゥトロに勝利している翔兵。J-MMAにあって間違いなくフライ級のトップ中のトップの実力者。返上以上に、彼が万全でないことは残念だ(C)MMAPLANET

5月30日(日)に東京都江東区のスタジオコースト2021年初イベントとなるPancrase321を開催するパンクラス。同大会のカードがここ1週間で続々と決まっている。時系列で決定カードを纏めてみたい。

まず11日(木)に不動心・近藤有己✖鈴木淑徳のウェルター級マッチが発表されている。デビュー25周年を迎えた近藤に対し、鈴木はNEXUSフェザー級王座決定T出場から2階級上げてレジェンドに挑むこととなった。

続いて12日(金)、その明るい人柄からレジェンドの雰囲気を全くさせない──ばかりか格闘ジャンキーの異名をとるライカの10カ月振りのMMAも発表された。近藤と同じ1975年生まれで学年は1学年上、46歳になったライカのMMA転向から7年目の初戦の相手は法DATEだ。


週が明け15日(月)にはストロー級KOP北方大地への挑戦権を賭けて八田亮が、宮澤雄大と戦うことも決まった。下になることを厭わない八田はキャリア22戦目、宮澤は9戦目のパンクラス王座挑戦を目指し相対する。

翌16日(火)にはパンクラス版Young Guns=バンタム級の平岡将英×井村塁が発表されている。2019年のネオブラ優勝の平岡は、矢地祐介、田村一聖、横山恭典と行動を共にし、技術の見直しを含めて力を蓄えてきた。

対して昨年ネオブラMVPの井村は、2021年を飛躍の年とするために、連続フィニッシュ勝利を5に伸ばしたいところだ。

そして17日(水)にはビッグニュースがあった。フェザー級暫定王者の翔平がヒザの負傷によりコンディションの調整が困難となり、タイトルを返上。小川徹×秋葉太樹、上田将竜 ✖ 猿飛流の間で暫定王座決定トーナメント準決勝が組まれることとなった。

Road to ONEを経験した小川、DEEPで安谷屋智弘に勝利と他団体を経験してきた秋葉。この4人のなかで唯一ベルトに絡んだことがある上田と15カ月振りの実戦が、王座決定トーナメントとなる猿飛流という2つの準決勝──勝者は8月大会で決勝を戦う。なお、翔兵の返上に関するコメントは以下の通りだ。

翔兵
「パンクラス関係者の皆様、ご無沙汰しております。この度、パンクラスフライ級暫定王者のベルトを返上させて頂く事になりました。理由は柔道時代からの古傷である膝の故障によりコンディションを作りにくくなったからです。性格上練習が始まってしまうと100パーセントの力を出してしまう為、この1年間は治っては再発を繰り返してきました。試合をしていないのにベルトを持っているのはキングオブパンクラシストとして相応しく無い事だと思います。そこで今回の決断に至りました。しばらくは自分の身体と相談しながら今後を考えて行こうと思います。皆様、今後とも宜しくお願い致します」

また正規王者で現在はONEストロー級で戦う仙三選手が暫定王座決定トーナメントの実施に関し「いつかは日本で、パンクラスで防衛戦をしたいという気持ちにブレは有りません。その日まで暫定王者に待ってもらう事になりますが、最強の暫定王者を期待しています」というコメントを寄せている。

ISAO✖中島太一のフェザー級KOPT、上記にあるストロー級挑戦者決定戦、さらにフライ級暫定王座決定トーナメントなど、約半年振りに活動再開となる同大会、現状では本日18(木)発表となったバンタム級戦=平田丈二×福島啓太まで8試合が確定した。

4月の大阪大会でなく、5月の東京大会出場となった平田に対する福島はNEXUSで5連勝中で4試合でフィニッシュという勢いを駆ってパンクラス初陣に臨む。

The post 【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News NEXUS22 ブログ 佐々木郁也 山本空良 村田純也 橋本薫汰 渡部修斗 滝田J太郎 福島啓太 須貝秋彦

【NEXUS22】2021年のネクサスは4月4日から。フェザー級T準決勝、渡部修斗が返上=バンタム級王座決定戦

【写真】渡辺修斗がバンタム級タイトル返上を発表 (C)MMAPLANET

27日(水)、Fighting NEXUSより4月4日(日)の次回大会=NEXUS22の開催及び対戦カード、そしてバンタム級チャンピオン渡部修斗の王座返上が発表されている。

「2018年12月から2年以上、一緒に闘ってきたこのベルトは自分にとってやっと出逢えた相棒のような存在でした。これからは自分が先に進むために、Nexusバンタム級王座を返上させて頂きます。ベルトと離れる寂しさはありますが、自分が大きな舞台で活躍することが今まで一緒に闘ってくれた相棒への恩返しだと思っています。変わらず日々精進して、マジカルチョークと共に頑張っていきますのでこれからも応援して頂けたら嬉しいです。宜しくお願い致します」

上記のようにリリース上でタイトル返上に関してコメントを渡部は寄せている。彼が返上したベルトは早速、新宿区GENスポーツパレスで開かれる次回大会で福島啓太と後日発表となる対戦相手の間で、王座決定戦が行われる。


(C)NOBU YASUMURA

また同大会では初代フェザー級王座決定トーナメント準決勝の2試合=山本空良✖佐々木郁也、須貝秋彦✖滝田J太郎、駒杵嵩大の持つフライ級王座への挑戦権を掛けて村田純也と橋本薫汰が相対することも明らかとなった。

佐々木と山本は1回戦から1年2カ月を経て準決勝へ。滝田はこの間、パンクラスでRYOに敗れており、再起と決勝進出を目指す。須貝は12月大会で準々決勝を戦う予定だった鈴木淑徳が体重オーバーで準決勝進出を決めたものの、契約体重ワンマッチで判定負けという複雑な試合を経て、今回の滝田戦に臨むこととなる。

裁定問題、コロナ禍による参戦の断念、体重オーバーと紆余曲折を経て初代フェザー級王座への道がいよいよ黙視できるようになってきた。

The post 【NEXUS22】2021年のネクサスは4月4日から。フェザー級T準決勝、渡部修斗が返上=バンタム級王座決定戦 first appeared on MMAPLANET.