カテゴリー
MMA ONE Torao Torao26 キシシ ブログ 奇天烈 森戸新士 田村ヒビキ 神田周一 野瀬翔平

【TORAO26】12月の広島大会で野瀬✖奇天烈。神田✖キシシ。寝試合で森戸新士が田村ヒビキと対戦

【写真】国内競技柔術最強といっても過言でない森戸の闘裸男出場は嬉しい限りだ (C)MMAPLANET

13日(水)、TORAO NATION STATEより12月5日(日)に広島市南区のBULE LIVE HIROSHIMAで開催される闘裸男26と、闘裸男GIG03の対戦カードが発表された。

6月13日の博多大会に代わり、晴れて闘裸男26と闘裸男GIG03というナンバリングが打たれた今大会、博多大会と同様に2部制──そして当日計量で行われることが決まった。

今回発表されたのはGIGで2022年修斗新人王トーナメントが4試合、闘裸男26で修斗公式戦4試合とグラップリングマッチ=闘裸男・寝試合の5つのカードだ。


3回戦では6月の博多大会で流れた野瀬翔平✖奇天烈戦が、広島で再度組まれた。奇天烈は2月のRoad to ONEで上野光と対戦予定も負傷欠場、野瀬が代役で出場し判定負けを喫したという因縁がある。

7月に格上の齋藤翼を相手に判定勝ちを収め、3連敗を免れた野瀬は承知の通り、今月17日にHEAT名古屋大会で土肥潤との対戦が決まっており、1カ月半後に奇天烈戦というハードな日程となっている。

また広島在住の神田周一は京都のキシシと2回戦で戦う。神田は9月のGladiatorで1年10カ月振りの勝利を挙げ、2年1カ月振りの闘裸男参戦となる。

現状、奇天烈とキシシ、キシシの同門で新人王T出場の丸山幹太が闘裸男圏外というべき中国・四国および九州地方以外からの出場という同大会では、競技柔術日本最高峰にある森戸新士が75キロ契約&5分✖2R戦のグラップリングマッチで、田村ヒビキと対戦することが決まった。

山口県岩国市在住の森戸は8月のJBJJF全日本ブラジリアン柔術選手権でアダルト黒帯を制し、パンデミック前にJBJJFランキング1位に輝くなど、日本国内で最強といえる存在だ。ノーギにも果敢にチャレンジしている森戸だが、ケージという舞台がどのように彼の柔術を左右するか。もちろんグラップリングだから引き込んだり、スクートすればケージレスリングをする必要はない。

何より経験値として田村の方が上回るとはいえ、森戸は2012年に旧グラジ、カナダ留学時代にMMAを経験している点に注目したい。その経験が即、壁の存在が体に入っているのか否か。ケージの戦い熟知している田村は、体でどこに金網があるかを察知して森戸の動きに制限を加えることができるだけに、金網際の攻防が大きな見所となりそうだ。

いずれにせよ、このタイミングでの森戸の出場により中国地方のMMA&柔術のコロナ禍での決起集会、団結が強く印象つけられる。地域格闘技の雄、闘裸男ならでは──といえよう。

The post 【TORAO26】12月の広島大会で野瀬✖奇天烈。神田✖キシシ。寝試合で森戸新士が田村ヒビキと対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE Pancrase319 Report ジェイク・ムラタ ブログ 神田周一

【Pancrase319】ワンフックのサイドバック=コブラツイスト・ポジションでムラタが神田から判定勝ち

【写真】組んで、そして下からもこの形=トラックポジションに帰結させたジェイクが神田を封じ込めた(C)KEISUKE TAKAZAWA

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ジェイク・ムラタ(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
神田T800周一(日本)

ZSTバンタム級王者ジェイクに対し、神田が後回し蹴りを見せる。左ローに組みいったジェイクは、ケージ際でボディロックからバックに回る。右足を入れてスタンドのワンフックのジェイク。そのクラッチを神田が剥がしに掛かる。乗り過ぎの状態から、下になっても背中を取ろうとするジェイクだが、神田は体を反転させトップへ。ジェイクはスクランブルに盛り込み、ボディロック&バックを狙い──一度は胸を合わされそうになっても、ボディロックを利かして背中を取り続ける。

自ら亀になり前方に落とそうとした神田は、ついにスクランブルに持ちこむと、離れて左を2発当てラウンド終了。ジェイクが2票を取った。

2R、すぐに組んだジェイク、離れた神田の左が入る。組んで引き込んだジェイクはハーフからワキを差して立ち上がり、神田を倒してリバーサルへ。落とされると同時に、その勢いで回転しトップを狙った神田だったが、ここもスクランブルでバックを許してしまう。ワンフックで体を捩じるように背中に回ったジェイクを前方に落とした神田が、エルボーとパンチを入れる。

ここもハーフから腕を差して起き上がったジェイクが、バックコントロールへ。胸を合わせた神田がケージにジェイクを押し込む。ジェイクも体を入れ替え、ワキをすくってバックに回る。神田は前方に落とすことができず、この回もジャッジ2人がジェイクを支持した。

最終回、右を当てた神田が左を伸ばす。ここでジェイクが組みにいくが、離れた神田が左を2発ヒットさせる。パンチを振るって前に出てきたジェイクを首相撲に捕らえた神田だったが、離れたジェイクにまたもバックを譲ってしまう。ワンフック&クォーターのスタンド・トラックポジションというべき形で背中に張り付くジェイクに対し、神田は手をつき前方に落とそうとする。残り2分を切って上を取った神田だが、ハーフのジェイクは潜って、二重絡みをしないエレクトリックチェアー的スイープに成功する。立ち上がってもバックを取られたままの神田は、時間を迎え0-3でジェイクにリベンジを許した。


The post 【Pancrase319】ワンフックのサイドバック=コブラツイスト・ポジションでムラタが神田から判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE アキラ ジェイク・ムラタ ブログ 上迫博仁 岩﨑大河 春日井たけし 松本光史 田中半蔵 田村一聖 神田周一 近藤有己

【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始

【写真】パンクラスも10月からPPV配信を開始する (C)MMAPLANET

6日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319でPPV配信を行うことを発表した。

同大会では上迫博仁✖松本光史、春日井“寒天”たけし✖TSUNE、田村一聖✖アキラ、田中半蔵✖透暉鷹、神田T800 周一✖ジェイク・ムラタ、近藤有己✖小林裕、滝田J太郎✖Ryo、宮澤雄大✖井島裕彰などがメインカードで、プレリミでは岩﨑大河✖川和真を筆頭に3試合、このほかネオブラッドTが組まれている。


PPV視聴に関しては、視聴料金は税及びシステム使用料抜きで4000円。本日・6日からイベント終了時まで購入可能となっている。

またライブ配信は途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、ライブ中の再生はできず、配信終了後にチケット購入者はアーカイブ配信を視聴できる。アーカイブ視聴はイベント終了後1週間となっている。

The post 【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 ジェイク・ムラタ ブログ 田中半蔵 神田周一 透暉鷹

【Pancrase319】ぞわッ!! 神田T800周一✖ジェイク・ムラタの組みMMA!! 半蔵は14歳年下の透暉鷹と

【写真】神田✖ジェイク。より自分を貫けるのと同時に、相手のペースに付き合うことができるか、許容範囲が問われるMMAグラップラー対決(C)MMAPLANET

30日(水)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319の追加カードが発表された。

ライト級で上迫博仁✖松本光史、ウェルター級の近藤有己✖小林裕、バンタム級の春日井“寒天”たけし✖TSUNE、そしてストロー級の宮澤雄大✖井島裕彰に続き、メインとプレリミ及びネオブラと合わせ6試合が有観客大会に加わった。


メインカードではフェザー級で田中半蔵✖透暉鷹を筆頭にバンタム級で神田T800周一✖ジェイク・ムラタ、同じくバンタム級で平岡将英✖関原翔の3試合が決まった。

筑豊から今やベテランと呼んでも過言でない半蔵が、昨年11月以来11カ月振りの実戦復帰となる。下の世代からの突き上げをスプリット判定で切り抜けて、4連敗の危機を切り抜けた半蔵に対するは、尾張から14歳年下の透暉鷹だ。

キャリア6戦ながら、既にDEEP、GRANSSLAM、NUXUS、修斗、そしてパンクラスと5つのプロモーションを経験している透暉鷹は、今年1月に2019年のプロ修斗新人王(フェザー級)に輝いている。半蔵の修斗新人王トーナメント出場は14年前、透暉鷹が10歳の時だ。

さらなる下からの突き上げに対し、半蔵がどのようなファイトで待ち受けるか。当日計量でのフィジカルも気になる一戦だ。

バンタム級の神田✖ジェイク、通好みの一戦も見逃せない。パンクラスでプロデビュー後、地元・広島にUターンしたのを機に修斗、GLADIATORで戦績を積み後者ではバンタム級王座決定戦を戦った神田にとって、パンクラス参戦は2年8カ月振りとなる。

一方、ZSTバンタム級王者ジェイクもプロデビューはパンクラスで、今回の試合が実に4年7カ月ぶりのデカゴン再登場となる。ジェイクは昨年10月の渋谷で行われたONE Warrior Series以来の実戦、ソン・ミンジョンのフィジカルに押し切られた感もある一戦を糧に、進化したジェイク・スタイルを見せることができるか。

一方の神田も2月のグラジエイター・バンタム級王座決定戦で竹本啓哉とのグラップリングMMAで競り負けており、タイプは違うとはいえどもMMAグラップラーにこれ以上遅れを取ることはできない。ともにスクランブルのなかで勝機を見出すが、動いて勝機を掴みたい神田と動かさないで仕留めたいジェイク──ケージ際の攻防が要注目のマッチアップといえる。

The post 【Pancrase319】ぞわッ!! 神田T800周一✖ジェイク・ムラタの組みMMA!! 半蔵は14歳年下の透暉鷹と first appeared on MMAPLANET.