カテゴリー
IRE05 MMA UFC ブログ 生田誠 長野将大

【IRE05】所英男DNA=コンバット柔術に適した長野将大✖IBJJF競技柔術家=生田誠が大会ベストバスト!!

【写真】異種格闘技的という意味でも、最高のコンバット柔術。コンバット柔術の可能性を見た一戦となった (C)MMAPLANET

14日(土)に東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。ここでは掌底有りのコンバット柔術65キロワンマッチ=長野将大✖生田誠の一戦の模様をお届けしたい。

<コンバット柔65キロ契約/7分1R>
長野将大(日本)
Def.OT
生田誠(日本

2008年ムンジアル黒帯ライトフェザー級ベスト8、全日本選手でも優勝経験があるなどIBJJF競技柔術で確かな実績を持ち、生涯柔術家的でもある生田誠。

ホイス・グレイシーに影響を受けた世代の彼はこの日、IREルール2試合を経て、コンバット柔術への出場となった。

対して長野はコンバット柔術で既に橋本圭右と戦い、掌底を被弾し続けた対戦相手がオーバータイム延長を拒否するという怖い結果を見せている。

所英男のDNAを持ち、ZSTでKOKルールも経験している長野。動いて掌底で攻め、一瞬の隙をついて関節技を狙う彼のスタイルは、コンバット柔術ルール下で戦う柔術家とは、明らかに別物だ。

だからこそ生田の競技柔術との応酬が期待された一戦は、すぐに直ぐに引き込んだ生田に対し、長野がすかさず左の掌底を打ってスタートした。その後もパスをするためではなく、相手を反応させるためのパスガードを駆使しつつ、隙を見ては掌底を落としていく。

生田はリバースデラも、当然のように掌底が待ち受けている。それでも足を絡ませつつ起き上った生田が、バックを伺う。長野に続き立ち上がった生田はすぐにシッティング、右足を長野の右足に内側から絡ませる。離れた長野は、両足首を掴んで左右に動き、ハーフのなかで正座するとトーホールドを取りつつ、掌底を打ちつける。

生田も下から掌底を打っていくが、ヒザを立ててシールドを作ったうえでの攻撃になるので、自身の体を起こす必要がなり、運動量も増える。そして上と下からの打撃では、圧倒的に上が有利であることは間違いなく、長野の掌底が次々と生田の顔面を襲う。

足関節の防御ができることで、長野は威力のある掌底を落とす距離にステイできる。

その長野の動きに合わせ、デラからクラブライドを狙いつつ、そのまま回転を続けた生田はMMAではまず見られないリバーサルでトップを取る。

正統派競技柔術家はここからパスを狙っていきたいが、長野は前転から50/50を作りトーホールドへ。この攻撃は自称「バカ足になっている」生田には効かず、下になった長野が逆に掌底を頭に受ける。

長野は左腕を差して、立ち上がるとハイタッチから試合は仕切り直しに。

残り3分20秒、座った生田に対して、長野はリバースデラを捌いて叩く。

長野のパス、生田が足を戻すという流れのなかで両者は上下から掌底を放ち、長野の限りなく真上から打ち下ろす掌底が生田に決まる。

それでも生田は右足を取って、内回しでリバーサルに成功する。さらに生田はパス狙いから、スクランブルを仕掛けた長野のバックを取り両足をフック。

仰向けにされた長野が、腰をずらして胸を合わせようとしたところで、腕十字へ。

体を起こした長野が胸を張ってハイガードを解除すると、思い切り左の掌底を振り下ろした。ここから長野の左の掌打が、連続で生田の顔面を捕える。明らかに効いた掌底攻撃に、生田の足のききが弱くなる。

リバースデラの生田は、内側から掛けた足をヒザで潰され、強烈な勢いの右の掌底で複数回、顔面を痛打される。

長野は左の掌底も入れて立ち上がると、生田の内回しに反応してヒザ十字へ。

一瞬左足が伸びかかったが、すぐに生田もずらして上をむく。すると長野は足関節に固執せず、上体を起こして再び掌底の連打で生田を追い込んでいく。

口を開き、頭が揺れる生田は残り10秒で懸命に足をきかせ、トーホールドも察知して時間切れに持ち込むものの、オーバータイムのためにケージ中央に移動する際に、足がふらついているようにも見えた。

OTでは先攻の長野はサドルを選択し、挟んでない方の右足を引き寄せてクロスヒール、ここから左足を取ってヒザ十字というアンドレイ・コピロフ張りの動きを見せる。腹ばいから上を向いた時にルーズになっていたが、長野は50/50から内ヒールにスイッチ。これを生田が抜いたところでエスケープとなった。

後攻の生田は50/50を選択も、長野は瞬時にして足を抜いてOTエスケーピング・タイムで勝利。その瞬間、生田は笑顔を見せた長野をハグした。

IBJJFの頂点を目指すアダルト世代の柔術家からすると、コンバット柔術へのチャレンジは必要ないだろう。その一方で、ホイス・グレイシーのUFCで柔術を多感な時期に知った世代の生田が何かを探求し、いや忘れ物を取りに行くように……身を削る姿勢には頭が下がる。大いに感じるものがあるチャレンジ──そして、この日のベストバウトだった。


The post 【IRE05】所英男DNA=コンバット柔術に適した長野将大✖IBJJF競技柔術家=生田誠が大会ベストバスト!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
IRE05 MMA   今成正和 朴光哲 生田誠

【IRE05】今成正和に完敗、朴光哲の「掌底の方がグーよりムカつく」──「For Life」な格闘技

【写真】カンチョルは本当に良い笑顔をしている(C)MMAPLANET

14日(土)、東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオ開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。

同大会の最終試合のコンバット柔術マッチに朴光哲が出場も、66秒で今成正和のトーホールドに斬って落とされた。MMA引退から9カ月、掌底有り、ヒール有りの戦いを『For Life』と言い切ってしまう朴の話を試合終了直後に訊いた。

人生を豊かにする、健全な格闘技Lifeとは──。


──お疲れ様です。

「疲れてないッスよ。でも、音がしていたし明日になったらめっちゃ痛いやつッスね。来るのも分かっているし、ヒールの対処をするとアンクル、王道のパターンです」

──そもそも、この試合に出ようと思ったのは?

「新しいチャレンジですよね。引退してからKIZUNA BASEジムでパーソナルをやりつつ、体はちゃんと動かしているんで。MMAはもうダメージが蓄積しているんでできないですけど、こういうのはやってみたかったので。思い切り張り手を食らっちゃいましたけど(笑)」

──掌底を落とすのが、朴選手の方だとばかり思っていました。

「ですよね(笑)。掌底とか全く頭にないんです。僕らMMAグローブつけて殴っていたから、逆に全くそういう発想がない。意識がないというか」

──そういうものなのですね。意外です。

「それにグーで殴るよりも、掌底だから殴れるシチュエーションがあったということも学べました。でも……」

──でも……?

「掌底の方がグーよりムカつく。それで熱くなったところで、冷たい一刺しみたいな足関節が来て(笑)。まぁ、良い文化なんじゃないスかね。

今成さんの空気というか、掌底は危ないのに見ている人たちが笑っている。日本もこういうクレージーな文化が育っていけば、面白くなりますよ(笑)。練習仲間で張り手をかましあっていますからね(苦笑)。掌底でストレス発散になるんじゃないですか」

──本当ですか? 友人の顔を張って?

「アハハハハ、まぁ僕としては実際に試合をやって、こういう感じかと分かればノビシロはあるかと思います」

──つまりは、コンペティションには挑み続けていきたいと?

「アハハハハ。やっていきたいですよね。足関節もそうだし、かなりヤバイ掌底を使っている子もいた。ちゃんと対策を練ってやっていかないとな……。それに掌底のないグラップリングも出たいし、柔術もビジネス・ブラックベルトを目指したいですしね(笑)」

──アハハハハ。ネットワークに入れば、ありうる話かと。

「そうなんですか(笑)。ビジネス茶ぐらいまでは、取りたいです。でも試合があると、生活に張りが出てきますね。だからFor Lifeッスよ」

──散々、MMAを戦ってきてFor Lifeで掌底で殴られ、足をパキっと鳴らされますか。普通じゃないです(笑)。

「アハハハハハ。海でも行って、波でも眺めた方が良いッスか(笑)。ホント、人前で殴られて、タップしてさらし者になって(笑)。でもハードなことをしないと満足できない体になってしまっているんでしょうね」

──変なSEXするより、安心できます。

「またぁ、そういうことを言う(笑)。でも、そっちの方がヤバイっスよね。密室で、色々と病気も怖いし。何だかんだって、殴り合っている方が精神的に健全ッスよ」

──掌底でガンガン殴られていた柔術黒帯で確かな実績があり、道場も経営されている44歳の生田誠選手が、対戦相手に『ホントに強い』って言いながら笑ってハグをしていて。これは逆に凄いわと思いました。

「MMAだとボコボコに殴られた試合後に、そんな空気にはならないですからね。ホラ、健全なんですよ。女子も笑いながら、掌底を打っていまし」

──健全なんでしょうか(笑)。

「アハハハハ。凄いっすよ。まぁ、皆が参加費を払って殴って、殴られているから。お金払って、殴って殴られるのも勿論、気持ち良いんでしょうが……これが殴って、殴られてお金を貰えるようになるよう、この戦いもステップアップはしてほしいッスね。

いやぁ、でも悔しいッスよ。家に帰ったら、もう泣いていますよ。ツイッターとかでも宣伝して、友達も視てくれていたわけだし」

──悔しい。それが健全さを最も表しているのかもしれないですね。

「また今成さんと、やりたい。このままじゃ終われないです。ちょっと時間を創って、もう1回練り直します。色々と気付きがありました」

The post 【IRE05】今成正和に完敗、朴光哲の「掌底の方がグーよりムカつく」──「For Life」な格闘技 first appeared on MMAPLANET.