カテゴリー
EXFIGHT02 MMA 水戸邉荘大 鈴木崇矢

【EXFIGHT02】水戸邉に組みで上回られ試合後は反省しきり--しかし打撃を当てた鈴木崇矢が判定勝利

【写真】勝利したものの鈴木は「自分の中では負け」と反省しきりだった(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分2R>
鈴木崇矢(日本)
Def.3-0:20-18.20-18.19-19.
水戸邉荘大(日本)
※19-19のジャッジ1名は鈴木に優勢ポイント

サウスポーの鈴木がプレッシャーをかけ、水戸邉をケージまで下がらせる。鈴木の蹴りをキャッチしてテイクダウンを狙う水戸邉だが、鈴木はそれをカット。水戸邉は相手の左ミドルをキャッチするも、鈴木はそれを潰して鉄槌を落とす。立ち上がり足を抜いた鈴木に組み付き、ダブルレッグでケージに押し込んでいく水戸邉。しかし鈴木は右のオーバーフックからテイクダウンを許さない。

ケージ際で、ボディロックでクラッチしたままの水戸邉が足技でテイクダウンを仕掛けるも、ディフェンスする鈴木。水戸邉はクラッチを組んだままケージから離れてグラウンドに持ち込んだ。フルガードの鈴木は、下から三角絞めを狙う。すぐに両者が立ち上がり、水戸邉はまたもダブルレッグで鈴木をケージに押し込む。水戸邉はリフトアップからテイクダウンに成功。残り30秒、鈴木は下になりながらケージまで下がっていった。

最終回、前に出た鈴木が右ロー。蹴りのフェイントを繰り出す鈴木に対し、水戸邉の右がヒットする。水戸邉は蹴りのキャッチを狙いながら、鈴木がパンチを出したところに合わせて組み付き、そのまま相手をケージに押し込む。相手のクラッチを切って脱出しようと試みる鈴木だが、水戸邉はクラッチしたまま離さない。鈴木は下がってケージ際から離れて、試合をスタンドの打撃戦に戻す。

左ローを当てて、相手との距離を保つ鈴木。水戸邉の右に合わせて左ストレートを繰り出す。水戸邉が強引に組み付いていくも、カットした鈴木は足を使いながら左ローで相手をコントロールし始めた。残り1分となったところで、鈴木が左ミドルをヒット。そして相手のパンチをかわしながら、ダブルレッグでテイクダウンを狙う。しかし、立ち上がった水戸邉が逆にグラウンドに持ち込み、鈴木をケージに押し込みながらパンチを打ち込んでいった。

ジャッジは2人が鈴木にフルマークをつけ、1人はドローも鈴木に優勢ポイントをつけた。
結果はユナニマスで鈴木の勝利。
勝者は試合後に反省の弁とともに「自分の中では負けだと思っている」と語ったが、テイクダウンでは上回るも組んでから殴れない水戸邉よりも、しっかりパンチを当てた鈴木が評価された形となった。


The post 【EXFIGHT02】水戸邉に組みで上回られ試合後は反省しきり--しかし打撃を当てた鈴木崇矢が判定勝利 first appeared on MMAPLANET.