カテゴリー
Gladiator014 MMA N.O.V RIZIN ゆうと ブログ 櫻井雄一郎

【Gladiator014】「上を目指す選手たちに試合機会を」、「悔いなく戦ってほしい」櫻井雄一郎グラジ代表

【写真】関西にGladiatorあり、長引くコロナ禍でそういう認識が根付いたかのような今大会だ(C)MMAPLANET

明日27日(日)、大阪府豊中市の176boxでGLADIATOR014が開催される。今大会にはLDHとの契約を掛かったオーディション番組=「格闘DREAMERS」に出演していた八木敬志が出場し、井上啓太と対戦対戦する。

柔術黒帯、MMAでも活躍する井上戦を前にDREAMERS後の八木はどのような想いでいるのかと──尋ねた。


──2月大会から4カ月。まさかRIZIN大阪大会と重なりました。

「やはり客足には影響が出たと思います。ただ日程を変えるとか、そういうことは考えていなかったです。選手はこの日を目指して練習してくれていますからね。特に今回大会は戦績がそれほど多くない選手、いってみれば3年後、5年後を考えたマッチメイクでもあったので。

これまでタイトルマッチを1試合でも組もうというところがあったのですが、アマチュアからプロになり、そして上を目指す選手たちに試合機会を与えるべき、人材育成大会も開くべきだと思いました。

そういう選手を応援してくれる人たちもいますし。そんなところから関西のMMAを盛り上げていきたいです」

──Gladiatorといえば関西以外の選手の出場も多かったですが、今大会は関西勢かつ老舗ジム所属選手の名前が目立ちます。

「MMAという競技にあって、頑張っている選手。ただ、そこだけなんです。そういう選手に試合機会を与えるのもGladiatorの役割であると思っています。

もちろん関西以外の選手も、これからも出てもらいます。今回は年間で4大会を開催するうえで、今回のような大会がたまたまこのタイミングになったということですね。

9月大会はまた他の地方の選手、Gladiatorを必要としてくれるジム、選手たちの期待にできる限り応えたいと思います。次回大会はタイトルマッチも組む予定ですし、大会ごとにメリハリをつけることも大切かと思います」

──ところで8月にGrachanが初の大阪単独興行を行う。そこにバンタム級王者の竹本啓哉選手、ウェルター級王者のレッツ豪太選手が出場します。

「他団体でもしっかりと勝ってほしい。そういうつもりで、送り出しています。今回、Grchanさんからは関西大会だからこそGladiatorのチャンピオンを出場してほしいということで声を掛けていただいたと思っているので、しっかりとGrachanを盛り上げる試合をして、強さを見せて勝利してほしいです。ベルトを巻いている選手なので、差を見せて勝ってほしい。それぐらいの気持ちです」

──今回、このような試みだからこそ目立つことができる。そういう状況です。だからこそ、今大会に出場する選手に求めることはないですか。

「プロモーターとして、えこひいきなしにカードを組んでいます。だからこそ、うちの道場の選手にも言っているのですが、余力を残さず戦ってほしいです。そして、やはり決着をつけるという意気込みで戦ってもらいたいです。

その結果、判定になることもあるでしょうし、それが勝負です。だけど選手たちには格闘技として戦ってほしいですね。もちろん防御も大切です。そのうえで、攻撃する姿勢を持って戦う。そこを求めます。練習してきたことを全力で出し、悔いなく戦ってほしいですね」

■GLADIATOR014対戦カード

<フェザー級/5分2R>
土井”聖帝”潤(日本)
中村公彦(日本)

<ライト級/5分2R>
天草ストロンガー四郎(日本)
DJマルコ(日本)

<フェザー級/5分2R>
上田祐樹(日本)
ゆうと(日本)

<バンタム級/5分2R>
井口翔太(日本)
丸山幹太(日本)

<フライ級/5分2R>
N.O.V(日本)
木村旬志(日本)

<ライト級/5分2R>
チハヤフル・ズッキーニョス(日本)
稲葉祥真(日本)

<バンタム級/5分2R>
坪内一将(日本)
道端正司(日本)

<ウェルター級/5分2R>
井上啓太(日本)
八木敬志(日本)

<フェザー級/5分2R>
延命そら(日本)
木村総一郎(日本)

<ライト級/5分2R>
宋鬼子(日本)
谷口軍曹(日本)

The post 【Gladiator014】「上を目指す選手たちに試合機会を」、「悔いなく戦ってほしい」櫻井雄一郎グラジ代表 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator013 Interview J-CAGE  ソン・ソンウォン ブログ 櫻井雄一郎

【Gladiator013】活動再開に際し、櫻井雄一郎代表に訊く「選手と一緒に生きていく上での責務と使命」

【写真】昨年2月25日以来、11カ月と2週間ぶりにグラジエイターが開催される(C)MMAPLANET

明日7日(日)に大阪府豊中市の176boxで開催されるGLADIATOR 013。約1年振りの活動再開に向け、櫻井雄一郎代表に話を訊いた。

コロナ禍での活動再開、今、目の前に起こっていることを受け止めたうえでの、プロモーターの役割とは何かを考え、波抜いたうえでの明日の大会を迎える。


──約1年振りにグラジエイターが開かれます。今の心境をお教えください。

「一言で申しますと、非常に重い責任感と使命感を感じています。プロモーターとして団体を運営していくうえで、定期的に大会を開いていく必要があります。その一方で新型コロナウィルス感染拡大という状況で、選手やスタッフの安全を守らないといけない。

コロナ以前もイベントを行うとうことで肩に重荷を背負っている部分はありましたが、今回は特に重い責務が存在しています」

──櫻井代表はそこまでコロナに関して重く受けとめて下さっているので、何か起こってもコロナ感染は社会事象として、ご自身が何もかも背負わない下さいという気持ちです。

「ありがとうございます。そこを重視しない人であっても、その自分と接触した方を死に至らせる可能性があるウィルスですから。社会生活をしている人間として、軽い気落ちで格闘技イベントを開くことはできないです。我々は1人で生きているわけではないですからね。この状況でも大会を継続していく。それも選手と一緒に生きていく上での責務であり、使命であります」

──他のプロモーションは活動を持続したり、再開も早かったところが多いです。そのなかでグラジエイターは1年近い間を置いたのといのは。

「そこはウィルスが未知のモノで、特効薬が存在していなかったからです。それぞれの団体はバックボーンが違っており、活動をほぼほぼ止めることなく無観客大会を開くことができるプロモーションもありますし、限定の有観客大会にして大会を開く団体もあります。

そのなかでグラジエイターはコロナが収束しないなかで、できるうる感染予防策をこうじてイベントを行うまで時間を要しました。昨年も6月、9月と会場は抑えていましたが、キャンセルしました。ただし、活動を辞めるという方向で動いたことはなかったです。

感染は避ける、そこだけを考えると大会は開かないのが正解です。ただし、グラジエイターで戦いたいと言ってくれる選手がいます。チャンピオンになったことで、人生の転機を迎えた選手もいます。ならば、やはり感染リスクを抑えてイベントを行わなければならないです。

どうすれば再開できるのか。そこを考えると、予防対策で運営費も増すのが事実ですが、予防対策に関して目安をつけずに大会を開くこともできなかったです。と同時に費用が高騰するから大会を開かないのも、それはプロモーターとして無責任だという気持ちはずっとありました」

──今回、予防対策としては?

「選手は10日前と前日に抗原検査をし、スタッフはリスク管理を徹底する上で大会当日に会場の外で抗原検査を行います。取材してくださるメディアも抗原検査キットを送らせていただき、選手やセコンドと同じように検査結果を知らせてもらうようにしています」

──私の場合は大会12日前にPCR検査を行ったということで、前日に抗原検査をするようにさせていただきました。試合順もメインから逆に進行するというのはJ-MMAの於いて初めてのことかと思われます。

「大阪では予約が半年前に必要なのですが、176boxさんはその辺りもフレキシブルで──活動停止が1年にならないタイミングで大会を開くことができました。

グラジエイターを代表するベルトを持った──出場が可能な選手と、新しい風といいますか初出場になる選手、グラジエイターのこれまでとこれからが融合した、今が分かるイベントにしようと思いました。

選手がワクワクし、ファンが楽しみにできるカードを組み、また出たいと言ってくれる選手の期待に応えようと思ったカード編成です。

しかしイベント開催を決めてから、また感染者数は増えてしまいました。ただ走り始めたので止めることはできないです。だから、実行できる感染対策をしていこうということでこのような試合順にしました」

──第1試合になったメインでは暫定ライト級王座を賭けて佐々木信治選手と植田豊選手が対戦します。

「佐々木選手には以前からグラジエイターに出ていただきたいということは伝えていました。佐々木選手が出たいと思ってくださるイベントにグラジエイターがなっているのであれば──と。でも、まさか復帰戦の舞台に選んでくれるとは思っていなかったです。

植田選手もそうですね。本当に力強い選手です。佐々木選手とともに、日本のライト級のトップにある力を見せてほしいです」

──WARDOGからチャンピオンが2人出場します。

「これは懇意にさせていただいているWARDOGの柿原代表からの推薦もありましたし、同じ関西の団体からチャンピオンが出てくる──これはグラジエイターにとっても良いことですしね。互いの想いが一致した結果です。

結果を残してもらえば、タイトル戦線に絡んでくることは十分にありえる選手たちだと思っています」

──2021年の活動としては、どのように考えられていますか。

「現状、最低でも4、もしくは5回の開催をしたいです。ただし、状況が状況ですので会場の予約も1大会毎とし、一つ、一つを積み重ねていく所存です。

次は春、そして夏、秋と年末と季節の変わり目ごとにイベントを開催して、タイトル戦とタイトルに絡む選手たちの試合を組む。グラジエイターのストーリーを展開させていきたいと思っています。日本のMMA業界の一員として、MMAという競技の発展と普及を常に想い活動していきたいです。宜しくお願いします」

■視聴方法(予定)
2月7日(日)
午後2時~ Twit Casting LIVE

■Gladiator013対戦カード

<フェザー級/5分2R>
上嶋佑紀(日本)
ゆうと(日本)

<フライ級/5分2R>
吉村友菊(日本)
木村旬志(日本)

<フェザー級/5分2R>
上田祐樹(日本)
延命そら(日本)

<バンタム級/5分2R>
坪内一将(日本)
植木新(日本)

<ウェルター級/5分2R>
石田拓穂(日本)
鈴木一史(日本)

<ライト級/5分2R>
國頭武(日本)
天草ストロンガー四郎(日本)

<ライトフライ級/5分2R>
いちょう”Snufkin”ともなが(日本)
ウレタ・チェステル(フィリピン)

<バンタム級/5分2R>
NavE(日本)
藤田健吾(日本)

<Gladiatorフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] MIKE(日本)
[挑戦者] 原口央(日本)

<Gladiatorバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]竹本啓哉(日本)
[挑戦者]清水俊一(日本)

<Gladiator暫定ライト級王座決定戦/5分3R>
佐々木信治(日本)
植田豊(日本)

The post 【Gladiator013】活動再開に際し、櫻井雄一郎代表に訊く「選手と一緒に生きていく上での責務と使命」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator Special The Fight Must Go On ブログ 宮城友一 横溝和也 櫻井雄一郎

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─05─

Miyagi vs Yokomizo【写真】打撃で圧を掛け、踏み込みに見事なダブルレッグを合わせた(C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第32弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から、5試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、3試合目は2019年4月14日に行われた宮城友一✖横溝和也 の一戦だ。

新生グラジエイターは過去4年間の活動で12度のイベントを開催し、スーパーフライ級王者の宮城は実に8大会に出場している。MMAから故あり身を引き、キックボクシングで経て再びMMAに戻ってきた宮城が、MMAファイターとして完成度の高さを見せた横溝との1戦だった。

櫻井雄一郎のMust Watch 05、宮城✖横溝の選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
「宮城選手は人間味とグラジエイターへの愛が溢れています。パンクラスさんで結果が残せなかったときに砂辺(光久)さんから、『良ければ試合を組んでもらえないでしょうか』と尋ねられ、そこで旗揚げ戦で戦ってもらうと、ずっとそのことを想っていてくれるようで。この試合では一発のある横溝選手に対して、キックボクシングの代表でもある宮城選手は左ジャブでリードしていました。

Miyagi vs Yokomizo 02このまま打撃戦かと思われたのですが、横溝選手の踏み込みに見事なタイミングでテイクダウンを合わせましたね。

そのまま寝技に移行した宮城選手がマウントからバックを制し、意地でもタップしない横溝選手をRNCで落としました。本当にMMAらしい流れのなかでの一本勝ちでした。この試合はノンタイトル戦だったのですが。『ベルトを持っている選手が、ベルトのない選手には負けられない』という言葉からも、宮城選手へのグラジエイター愛が伝わってきました。私の中では宮城選手はミスター・グラジエイターです」

カテゴリー
Gladiator Special The Fight Must Go On ブログ レッツ豪太 中村勇太 櫻井雄一郎

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─04─

Gladiator001【写真】この日、5つのタイトルマッチが行われ、今もベルトを保持しているのはレッツだけだ(C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第31弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から、4試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、3試合目は2016年6月19日の新生Gladiator旗挙げ大会で行われたレッツ豪太✖中村勇太の一戦だ。

2004年7月に韓国で産声を上げたグラジエイターは、その後CMAによって日本国内で10年以上に渡り地方都市、プロレスやキックの試合も組んで大会を継続してきた。そのグラジエイター和歌山大会をサポートした創道塾の櫻井代表が買い取り、純粋MMA大会として再スタートを切った大会のメインイベントがこの一戦だった。

櫻井雄一郎のMust Watch 04、レッツ✖中村の選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
Let's vs Nakamura「この試合は新体制グラジエイターの第1回大会のメイン、記念すべき試合でした。

ウェルター級という重いクラスで見応えもありました。あの風貌でパワフルな中村選手に対し、この時のレッツ選手はかなりアグレッシブな姿勢で戦っていましたね。レッツ選手は低迷期でもあって、そこから這い出す試合で。

Let's vs Nakamura 02しかも彼をサポートしているボディメーカーさんが大会の冠スポンサーでもある大会。彼の必死さが伝わってくる戦いでした。

試合後も中村選手の『参った』という表情がまた清々しくて。お互いが判定結果に納得している、熱戦でした。私にとっても旗揚げ大会、素晴らしいフィナーレとなりましたね。グラジエイターのベルトを巻く選手、大会をリードする選手としての仕事をレッツ選手がしてくれました」

カテゴリー
Gladiator Grachan Interview J-CAGE Special The Fight Must Go On ウィル・チョープ ブログ 櫻井雄一郎 長岡弘樹

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─03─

Nagaoka vs Chope【写真】やるべきことをやり抜いた、ド根性ファイト(C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第30弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から、3試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、3試合目は2019年12月22日にGrachanとの合同大会で行われた長岡弘樹✖ウィル・チョープの一戦だ。

恒例となったグラチャンとの合同大会で、グラジエイターとグラチャン──2つの山の頂点ともいえる王座=GRANDウェルター級王座への挑戦権を賭けて組まれた一戦。チャンピオンを既にRNCで下している──MMA放浪記=チョープに対し、長岡が汗っかきファイトの真骨頂を発揮した力戦だ。

櫻井雄一郎のMust Watch 03、長岡✖チョープの選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
「長岡選手が必死でテイクダウンして、コントロールした試合。疲れることをやり抜いたことが凄く印象に残っています。

Nagaoka vs Chope 02長岡選手は厳しい言い方をすると、全盛期は過ぎたと捉えられても致しかたない状況でした。対して元UFCファイターのチョープは、既に王者ルクク・ダリに勝っている。そんな相手に精いっぱい戦う姿勢を見せてくれ、最終回に下にされた時にチョープは心が折れた瞬間が伝わってきました。

プロとして技術としては当然として、ファンを魅了するという要素は必要です。それがプロの仕事です。判定とはいえ、強豪の心を折った。しっかりと魅せてくれました。そして、あの勝利で沸いた人達を見ると、長岡選手の人柄が分かりました。あの根性ファイトなら、判定だろうがずっと見ていたい戦いでした」

GladiatorオフィシャルYouTubeチャンネルで視られる──動画はコチラから

カテゴリー
Gladiator Interview J-CAGE Special The Fight Must Go On じゅん ブログ 中沢伸悟 櫻井雄一郎

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─02─

Jun vs Nakazawa【写真】打ち合い上等ファイトに館内は沸きに沸いた (C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第29弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

今回から和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から、2試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、2試合目は2018年6月3日に行われたじゅん✖中沢伸悟の一戦だ。

神戸のreliable代表じゅんがDemolition代表として、Gladiator代表の中沢と空位となっていたバンタム級王座を賭けて戦った試合。多くの応援団と教え子たちの大声援をバックに、殴り合い上等ファイトを仕掛けたじゅん。受けた中沢、会場の盛り上がり方はグラジエイター史上一番といっても過言でない殴り合いとなった。

櫻井雄一郎のMust Watch 02、じゅん✖中沢の選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
「両者とも関西を代表する選手とまでは言わないのですが、試合内容で注目される選手同士の対戦でした。10年ぐらいに前にアマ修斗で戦い、その時は中沢選手が勝っています。リベンジを果たしたいじゅん選手も、中沢選手も相手を殴り倒したいという気持ちを煽り映像の時から出してくれていました。MMAとしては『違う』という見方があるのは理解していますが、ゴングと同時に2人とも言葉通りに前に出て殴り合い、会場のボルテージも最高でした。

お客さんの盛り上がりは過去最高でした。じゅん選手はリライアブルの代表で、実績として彼を上回る選手も育てている。でも、そんな教え子や応援してくれる人達にしっかりと背中を見せてくれました。最後にケージの中で涙を流したじゅん選手を見て、この試合を組んで凄く良かったと自分も思えたんです。お互い全てを出し切った、そして観客を魅了した一戦でした」

GladiatorオフィシャルYouTubeチャンネルで視られる──動画はコチラから

カテゴリー
Gladiator Interview J-CAGE Special The Fight Must Go On ブログ 南出剛 土肥潤 櫻井雄一郎

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─01─

Minamide vs Doi【写真】現時点で和歌山で開催された最後のGladiatorのメインで南出と土肥が戦った (C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第28弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

今回から和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から、最初の1番を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、1試合目は2017年8月13日に行われた南出剛✖土肥潤の一戦だ。

和歌山・創道塾のエースが打✖組という異種格闘技的な一戦に挑んだ一戦は、櫻井代表にとってプロモーターとして、そしてジムの代表としての2つの目を持って見ていた両者の特徴が出た好勝負だった。

櫻井雄一郎のMust Watch 01、南出✖土肥戦の選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
Minamide vs Doi 02「この大会で南出をメインに抜擢したのは、2カ月前に修斗大阪大会に急遽オファーを受けたのですが、減量中に脱水症状で病院に運ばれ試合に穴を開けてしまったことも関係していました。

そのことで本人の気持ちも落ち気味だったので、それなら地元・和歌山で戦って再起を目指せば良いやろうと。MIBUROのウエタ・ユウ代表に電話をすると、その時横にいた土肥選手が即答で『やりたい』って言ってくれました。

Minamide vs Doi 03土肥選手は南出が苦手とするグラップラーで、自分の持ち味を出して勝てるのか、それとも相手の得意なところで戦って負けるのか。1Rは組まれて寝技に持ち込まれ、何とかラウンド終了まで堪えましたが圧倒されました。

この試合は2回戦だったのですが、南出は組みを嫌がって下がらず、前に出て勝負を賭けました。そして打ち勝った。結果的に両者の良いところが出たうえで、剛が地元に錦を飾ることができた良い試合でした」

BellatorオフィシャルYouTubeチャンネルで視られる──動画はコチラから