カテゴリー
IRE05 MMA 勅使河原稜太 村田卓実

【IRE05】下になれる村田卓実が勅使河原の掌底しのぎ、スクランブルからバック奪取でRNC極める

【写真】下になれるMMAグラップリング、もしくはスクランブル・ブラップリングという戦い方から村田がしっかりと一本を決めた (C)MMAPLANET

14日(土)に東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。ここでは掌底有りのコンバット柔術70キロ級トーナメント準決勝第2試合──村田卓実✖勅使河原稜太戦の模様をお届けしたい。

<コンバット柔術70キロT準決勝/10分1R>
村田卓実(日本)
Def.6分03秒by RNC
勅使河原稜太(日本)

立ちレスで勅使河原が、ダックアンダーでバックに回る。村田は引き込んでガードを取り、勅使河原が掌底を落とす。足を捌いて掌底を狙う勅使河原に対し、村田は一瞬だが全く無謀に背中を見せると再びガードへ。足をきかせて、殴らせない村田がレッスルアップからシングルで勅使河原をケージに押し込む。

ここで村田が引き込むと同時に勅使河原が離れ、村田が立ち上がってきたところでケージに押し込んでいく。勅使河原のダブルレッグにギロチンをセットした村田だが、背中に金網があり動きを制限される。リバーサルに切り替え、勅使河原のスクランブルに対し、村田ががぶり再びギロチンスイープへ。

ここでも勅使河原がすぐにスクランブルに持ち込んだところで、村田がバックに回り襷で座る状態に。足はフックされていない勅使河原は、後方に掌底を見せる。村田は右手を喉下に差し込み、勅使河原の左肩を掴む。RNグリップを取らせないよう勅使河原が、村田の手首を掴むが、立ち上がりながら左手を抜き、背中乗り直してRNCへ。体を捻って、逃れた勅使河原が立ち上がる。

村田は跳びつきギロチンも、頭を抜いた勅使河原が村田を前方に押し出す。続く立ちレスの展開で、村田が前転して足を狙うが、察知して取らせなかった勅使河原が立った状態で掌底を狙う。

クローズドの中に入りつつ、左右のコンビで頬を張った勅使河原は、村田のハイガード&掌底で頭を叩かれる。続いてハーフバタフライから腹を蹴り上げる村田に対し、勅使河原の掌底の回転数が上がる。勅使河原がガードの中に収まるが、村田がギロチンスイープを決める。

立ち上がろうとする勅使河原の後ろから掌底を入れた村田は、横回転で寝技に持ち込み、ここはしっかりとワンフックに取る。村田は掌底を入れつつRNCの機会を伺い、自らが左手で勅使河原の左手首を掴んで、万全の状態に。RNクリップをセットした村田がタップを奪い──寒河江との同門決勝を決めた。


The post 【IRE05】下になれる村田卓実が勅使河原の掌底しのぎ、スクランブルからバック奪取でRNC極める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
IRE05 JJ Globo Report タツノスケ ブログ 村田卓実

【IRE05】タツノスケの掌底に、頭が揺れた村田卓実。OTでヒールを極め、壮絶な戦いを制し準決勝へ

【写真】 (C)MMAPLANET

14日(土)に東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。ここでは掌底有りのコンバット柔術70キロ級トーナメント準々決勝最終試合──5月のポイント制グラップリング=Unrivaledでタツノスケのスイープポイントで敗れた村田卓実がリベンジに挑む一戦──激しい掌底が見られた試合の模様をお届けしたい。

<コンバット柔術70キロT準々決勝/10分1R>
村田卓実(日本)
Def.OT
タツノスケ(日本)

村田の投げにバックに回ったタツノスケが、寝技に持ち込むが、背中を取られている村田は真後ろを取らせず掌底を入れ、ガードを取るとパス狙いのタツノスケにさらに掌底を続ける。

上のタツノスケは両ヒザ立ちで左右の掌底を連打すると、村田は内ヒールへ。

仰向けになったタツノスケが左の掌底を放っていくが、体を起こした村田が上を取り、リバースハーフで抑える。ここから跨いで左の掌底を連打する村田、タツノスケも下から掌底を振るっていく。

このタイミングでパスを決めた村田がサイドからキムラを仕掛けつつ、クルスフィックスから村田が掌底で削り、腕を狙う。

立ち上がってアームロックを防ごうとしたタツノスケだが、ネルソンに捕えられ再びガードを強いられる。ここでも村田はハーフで頬を張っていく。

足を抜いてマウントに入った村田は、タツノスケのディープハーフ狙いに後ろ三角の状態になりつつ、絞めよりも掌底で攻める。

腹ばいになったタツノスケが頭を抜くと、ガードの中から横移動のビンタのような掌底でなくパウンドに近い手根──というよりも、手首の骨の部分で掌底を打ちつける。痛さや嫌がらせではなく、明らかに効かされた村田は続く掌底5連打に頭が揺れて危ない状況に。

それでも場内から飲み会で宴会芸を見ているような笑い声が挙がるという異様な空気のなか、村田はシッティングからロックアップを狙う。

と、今度は腰の回転を生かしたタツノスケの左右の掌底を被弾する。立ち上がったタツノスケは、飛び込むように直線の動きの掌底を落とし、村田は横を向いて頭を覆って連打を打たれる。

ハーフを取るが、足を効かすことができない村田は、抑えてこないタツノスケを相手に足を引いて立ち上がることもない。

スクランブル全盛のMMAファイターでなく、背中をつけて一本を狙うグラップラーの性が出てしまったような状況で、村田は掌底を打たれ続ける。

レフェリーが村田の後頭部側から顔が見える方に回り、いよいよストップがかかるかと思われた刹那、なんとタツノスケが打ち疲れて抑えにいってしまう。

組みと殴りの融合が普段はなく、鋭い掌底攻撃で余計に疲れてしまったか。仮にカルペ芦屋の師・岩﨑正寛がセコンドに就いていれば、最後の一押しをプッシュしただろうが、そのような声がないタツノスケは村田にひと呼吸以上の息を整え、ダメージを回復する時間を与えてしまった。

息を吹き返した村田は下からの掌底、さらにギロチンで頭を抱えると後方回転でリバーサルへ。

ここで足を抱え合った両者、上体を起こして上になったタツノスケとマットに背中をつけて下になった村田が、ビンタになった掌底を振るい合う。

村田も体を起こし、掌底を額で受けるようにして自らの右の掌底で頬を叩いていく。タツノスケの反撃に、足を抜いた村田がスタンドに戻る。立ちレスからタツノスケがダブルレッグを決める。ここは足をきかせて、掌底をガードした村田はタツノスケの飛び込みを跳ね上げる。

サイドスタンドに戻った両者、残り30秒となりタツノスケがダックアンダーからバックに回り、ワンフックでグラウンドへ持ち込もうとしたが下になってしまい、最後は村田が右の掌底を纏めて時間となった。

壮絶な掌底合戦の結末は──OTで先攻の村田が50/50から3秒で内ヒールを極めると、同じく50/50を選択したタツノスケに3秒以内で極めさせることなく、勝利を手にし準決勝へ。

これだけ頭部へのダメージがあるのであれば、試合毎にドクターチェックが必要と思われる一戦だった。


The post 【IRE05】タツノスケの掌底に、頭が揺れた村田卓実。OTでヒールを極め、壮絶な戦いを制し準決勝へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP IRE05 MMA UNRIVALED YouTube タツノスケ 今成正和 寒河江寿泰 朴光哲 村田卓実

【IRE05】コンバット柔術で今成✖朴光哲。村田と寒河江は同門でどこまで掌底を落とせるのか?!

【写真】なんだか、今世の対決とは思えない顔合わせだ(C)MMAPLANET

14日(土)、東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオにて、今成柔術主催のIRE(Imanari Roll Extasy)05が開催される。

サブオンリールールでEBIならぬIREオーバータイム制ではシートベルトとスパイダーウェブでなく、50/50とサドルを選択するという足関スペシャリストらしいルール設定の同大会。

今回は今成正和が自らコンバット柔術に出場し、MMAは昨年限りで引退した朴光哲と対戦する。


コンバット柔術もエディ・ブラボーが創作・主催してきた掌底ありのノーギグラップリングだが、ここでも延長になると50/50かサドルを選択するという今成流儀で実施される。

今回の目玉は今成✖朴だけでなく、コンバット柔術の70キロトーナメントだ。その出場者は村田卓実、寒河江寿泰という今成柔術のメンバーに加え、DEEPでMMAを戦う小林博幸、UNRIVALEDのトップ重視ポイントグラップリングで村田を破っているカルペディエム芦屋の所属のタツノスケ。

さらに今成柔術から第3、第4の参加となるジャッキー、高橋秀彰、インファイト柔術から勅使河原稜太が出場する。

サブオンリーだけに引き込むことは可能だが、やはり掌底があると躊躇することは十分に起こりえる。そうしたケースで、今大会はマットでなくケージ使用ということで、壁レスの対応も勝負のカギを握ることになるか。

いわば掌底を落とされる覚悟をもって下になることができれば、動きを限定できるケージすら見方にできる。

そういう意味で、壁レスをやりこみ、上にも下になれるMMAベテランの村田が本命視されるが、70キロという階級も従来のグラップリングより大きなファクターだ。

対抗は昨年、コンバット柔術ルールでMMAファイターの清水俊一をヒールで破っている寒河江か。さらにいえば、この同門が対戦した場合、どこまで非情に掌底が打てるのか……。この両者に如何にタツノスケ、そして小林が絡んでいけるか。

今成✖朴に関していえば、朴が掌底勝負に出ると、そこは今成が足を絡ませる機会を与えることになる。朴がいかなる勝算ももってケージに入るのか、斜め上から楽しみたい一戦だ。

掌底&壁レスの要素が加わるサブオンリー・グラップリング──ケージ際に注目したい。なお今大会の模様はYouTube、ImanariTVで配信される予定だ。

The post 【IRE05】コンバット柔術で今成✖朴光哲。村田と寒河江は同門でどこまで掌底を落とせるのか?! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Report UNRIVALED タツノスケ ブログ 山田海南江 村田卓実 藤野恵実

【UNRIVALED】藤野恵実、総合組み技戦で山田海南江に敗れる。異種組み技から総合組み技への一歩

【写真】立ちの攻防をスポイルさせないポイント制のアンライバルドだからこそ、スイープとスクランブルの攻防が重要になり手に汗握る攻防になる(C)MMAPLANET

22日(土)、東京都新宿区のGENスポーツパレスで「UNRIVALED ALTANA」が開催され藤野恵実が山田海南江に1-6で敗れた。

アンライバルドは最近の潮流にあるノーポイント&サブオンリーではなく、ポイント制を用いている。背中から落とした投げに一本、引き込みがマイナス2P、抑え込みと一部のサブミッションに捕らえられた状態からエスケープして立ち上がり、正対するとリカバリーの1Pが与えられる。

立ち技をスポイルしないことで、柔道、サンボ、MMAファイターにも門戸を開くトータルグラップリングの確立を目指す大会だ。そんなアンライバルドのアマチュア大会にクィーン・オブ・パンクラシスト藤野が出場し、トップレスラーから柔術に転じ、このルールに最も適していると思われるスタイルの山田と対戦した。


<グラップリング59キロ/10分1R>
山田海南江(日本)
Def.6-1
藤野恵実(日本)

フィジカルで上回る藤野だが、彼女のテイクダウンは打撃があってのテイクダウンであり、グラップリングでは受けのファイトにならざるを得ない。

そんな立ちレスの状態で山田が見事なニータップ気味の朽木倒しでテイクダウンを奪うと、スタンドに戻ることなく寝技勝負を挑んだ。

ハーフの藤野からパスを決め、しっかりと抑える山田。足を戻せない藤野は、腹ばいになりシングルに出るも、がぶった山田がバックに回り両足をフック、ポイントを6-0とする。

足を開かせ、腰をずらして胸を合わせたい藤野だったが、このタイミングで山田が巧みにトップをキープし肩固めの要領で抑える。

藤野はフレームを作って解除し、背中を預けてスクランブルへ。ここも立ち切れず、山田がワンフックのバックから再びトップを取りにいく。

このタイミングで足を引き、柔術立ちした藤野のリカバリーに1Pが入る。

ただし時間は殆ど残っておらず、立ちレスの攻防で時間となり山田が藤野を6-1で破った。

テイクダウン→パス→バックグラブでポイントを重ね、藤野がスクランブルで1Pを挽回。この試合はサブミッション・アテンプトがあればアンライバルドの目指す総合組み技戦=トータルグラップリングを体現しているファイトであったといえよう。

その点でいえば最終試合もアンライバルドらしい、試合展開であった。

<グラップリング65キロ級/10分1R>
タツノスケ(日本)
Def.2-0
村田卓実(日本)

タツノスケが立ちレスでテイクダウンを狙い、スタンドで圧力をかける。

村田はマイナス覚悟で引き込みを続け、下からフィニッシュを狙いつつ、とり切れないと判断するとリバーサルでマイナス分を取り戻す。

さらに上からキムラの狙いの村田に対し、タツノスケがハーフでブリッジしたスイープは、彼がカルペディエム芦屋所属ということを考えると、攻防で魅せる部分では大会ハイライトといえよう。

結果的に上を取り切ったタツノスケが2-0でポイント勝利となった一戦は、同じ意志を持つ同種格闘技のなかで互いが攻防を見せたノーギグラップリング、そして大会ベストバウトだった。

対して山田✖藤野は異種の格闘家が、トータル組み技能力を競い合った対戦であった。

総合組み技力を問うアンライバルドだが、現状は異種組み技戦という要素が強い。特に道着の2試合は引き込みを選択した相手の土俵に、上の選手が足を踏み入れないよう戦う時間が多かった。それでも果敢にパスを狙うシーンも見られ、また結果的に自分のフィールドに持ち込んで足関決着もあり出場選手のチャレンジ精神は十分に伝わってきた。ともあれ引き込んで減点された相手に対し、上の選手が寝技に応じない点において柔術的な見方をすれば、不満が残るのも事実だろう。

と同時に総合的な組技を目指すのであれば、マイナス覚悟でも十分な形で引き込むことも重要視される。現状、ルールセットは総合組み技戦、マインドセットは異種組み技戦のアンライバルドだけに、山田✖藤野が異種ながら総合組み技戦となった──いや山田がそう戦ったことが光った。ルールセットの設定は試行錯誤があっても容易い。その一方でマインドセットの浸透は勝負が掛かっているのだから、簡単ではない。総合でなくても、出場選手は勝ちたい。結果的に総合力がないと勝てないよ──という状況まで、試合内容を昇華させることが、総合組み技戦=アンライバルドにとって不可欠。長い旅ははじまったばかりだ。

■その他の試合結果

<グラップリング無差別級/10分1R>
アンディコング(日本)
Def.18-6
谷口実(日本)

<グラップリング80キロ/10分1R>
高橋快人(日本)
Def.3分56秒by ストレートフットロック
ヨシイノウエ(日本)

<道着60キロ級/10分1R>
宮川太暉(日本)
Def.2- -2
堤宏太(日本)

<道着80キロ級/10分1R>
下前快喜(日本)
Def.5分03秒by トーホールド
深沢新(日本)

The post 【UNRIVALED】藤野恵実、総合組み技戦で山田海南江に敗れる。異種組み技から総合組み技への一歩 first appeared on MMAPLANET.