カテゴリー
Grachan49 MMA RIZIN UFC レッツ豪太 中山巧 修斗 岸本泰昭 川中孝浩 手塚基伸 日沖発 林RICE陽太 植田豊 竹本啓哉

【Grachan49】Grachan Invasion、グラジ&関西勢の正念場。ガチンコ大会で日沖発が組み技戦出場へ

【写真】岸本欠場は残念だが、日沖のグラップリングは素直に楽しみだ(C)MMAPLANET

3 日(土)、Grachanが8月8日(日)に豊中市の176boxで初の大阪での単独イベントとなるGrachan49の対戦カードの変更と新たなカードを発表している。

手塚基伸✖竹本啓哉、レッツ豪太✖川中孝浩、林RICE陽太✖植田豊、荒東”怪獣キラー”英貴✖田馬場貴裕と並んで組まれていてグラップリングマッチ=中山巧と岸本泰昭の一戦が、契約体重がまとまらず中山が日沖発と相対することになった。


TKO、修斗、SRCのフェザー級王者からUFCに参戦した日本を代表するMMAファイターが、プロ興行では2018年8月のRIZIN以来、3年振りに出場を果たす。

またグラップリングとはいえ、日沖のケージでのファイトは2017年10月の髙谷裕之戦以来となる。2019年7月には全日本マスターオープン柔術では、色帯時代以来道着の試合を経験しているが、ノーギのワンマッチ出場は非常に興味深い。

中山もKOTCライト級王者、パンクラスでは暫定フェザー級キング・オブ・パンクラシストとなっている往年の日本を代表する実力者だ。47歳の中山と37歳の日沖──10歳違いだがプロMMAデビューは2年ほどしか違わない。それでも中山が70キロで戦っている期間が長かったため、2人が修斗や他のリングで拳を交えることはなかった。そんな両者が、時を経て手を合わせる非常に興味深い。

また今回のリリースによると、岸本も引き続き組み技で出場予定だったが、見合う相手が見つからず今大会は欠場となるとのこと。

MMAではBRAVE所属、無敗の高橋謙斗がreliableの上田祐起と対戦するバンタム級マッチも決まっている。上田はキャリア3勝3敗ながら、Gladiatorで3連勝中と調子を上げている選手だ。

グラチャン初の大阪大会はアママッチ=グラチャン・チャレンジの実施など、関西のMMAの揺り起こし的な意味合いがあるものの、プロマッチに関しては完全に関西、いやグラジ侵攻といえる。このGrachan Invasionに対しては、新体制から15度のイベント開催を経たグラジ&関西勢の真価が問われる大会となる。そんなガチンコ・バトルにあって、一服の清涼剤となる組み技戦だ。

The post 【Grachan49】Grachan Invasion、グラジ&関西勢の正念場。ガチンコ大会で日沖発が組み技戦出場へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator014 Grachan48 Grachan49 News ブログ レッツ豪太 中山巧 岸本泰昭 川中孝浩 手塚基伸 林RICE陽太 植田豊 竹本啓哉

【Grachan49】日曜日に大田区大会控えるグラチャンが、8月に大阪単独興行。手塚✖竹本が決定!!

【写真】これは楽しみなMMAグラップラー対決 (C)MMAPLANET

16日(水)、20日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOでGRACHAN48を開催するGrachanが、8月8日(日)の大坂で初の単独イベントとなるGrachan49開催を発表した。

コロナ・パンデミック以前は1月にWARDOGと合同で大阪大会を開いてきたグラチャンが、豊中市の176boxで単独興行へ。そして元Grachanバンタム級チャンピオンの手塚基伸が修斗、パンクラス大阪大会を経て2年11カ月ぶりの参戦も決まった。


その手塚の相手は同じく大阪を拠点とし、9月に大会が控えているGladiatorバンタム級王者の竹本啓哉だ。ストライカーを柔術で倒すカタルシスを持つ竹本だが、初のグラチャン出場で過去最強のMMAグラップラーとの対戦が決まった。

手塚も竹本も揃って4連勝中で、2回戦で戦うのが勿体ないマッチアップだ。またGladiatorからはウェルター級王者のレッツ豪太の出場も決まった。20日に桜井隆多と長岡弘樹が王座統一戦で戦うGLANDウェルター級王座の挑戦権が懸けられた一番でレッツは、川中孝浩と相対する。

さらに修斗を主戦場としてきた林RICE陽太が、植田豊とライト級マッチ。タイからの凱旋ヘビー級ファイター=荒東”怪獣キラー”英貴は、田馬場貴裕との無差別級戦も決まっている。

この他、中山巧と岸本泰昭のグラップリング、75キロ契約で戦うことも決まった。

Grachan初の単独大阪大会は、バラエティに富んだラインナップになりそうだ。グラチャンが単独でイベントを開催することで、これから関西MMA界にどのような影響があるのか楽しみだ。

■ Grachan48対戦カード

<Grandウェルター級王座統一戦/5分3R>
[正規王者]桜井隆多(日本)
[暫定王者]長岡弘樹(日本)

<ライト級/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
笹川JP(日本)

<フェザー級/5分2R>
小島勝志(日本)
村田俊(日本)

<ライト級/5分2R>
藤村健吾(日本)
篠原アンジェロ(日本)

<フェザー級/5分2R>
阿仁鬼(日本)
和田健太郎(日本)

<バンタム級/5分2R>
松本尚大(日本)
上妻慎治(日本)

<フライ級/5分2R>
三好真大(日本)
田中智也(日本)

The post 【Grachan49】日曜日に大田区大会控えるグラチャンが、8月に大阪単独興行。手塚✖竹本が決定!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Gladiator Special The Fight Must Go On キ・ウォンビン ブログ 岸本泰昭

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 櫻井雄一郎のおススメ、Gladiatorを知るための5番勝負─06─

Kishimoto vs Ki【写真】スロエフ・ロックまで見せた岸本(C)MMAPLANET

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第32弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

和歌山発、関西でMMAの普及に努めるGLADIATORの櫻井雄一郎代表が選ぶ、Gladiator編。櫻井代表が「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」から……本来は既に5試合の紹介を終了しているが、櫻井代表より『なんとかこの試合も加えてもらえないですか』という要望を受け──番外、6試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


櫻井代表が選んだ「Gladiatorで頑張っている選手をもっと知って欲しいために選んだ5番勝負」、番外6試合目は2016年11月23日に行われた岸本泰昭✖キ・ウォンビン の一戦だ。

DEEPからHEAT、そしてGladiatorという選択でキャリア再浮上を目指した岸本と、韓国Road FCでも期待されたライト級の新鋭キ・ウォンビンが、ライト級挑戦者決定戦で相対した。右の圧力が半端ないキ・ウォンビンとのテイクダウン&スクランブルゲームで、気持ちを切らすことなく戦い切った岸本にとって、キャリア最高の試合の一つに挙げられる1戦であった。

櫻井雄一郎のMust Watch 06、岸本✖キ・ウォンビンの選択理由は以下の通りだ。

櫻井雄一郎
Kishimoto vs KI 02「この試合は関西ローカルではなかなか見られない世界レベルの試合だったと思います。グラジエイター初出場の岸本選手は関西トップ、日本のライト級でもトップの1人です。

その岸本選手がスコア以上に厳しい試合を強いられた。キ・ウォンビン選手は決して試合経験の多い選手ではなかったですが、日本のトップと渡り合える力の持ち主でした。

正直なところ、岸本選手があそこまで苦戦するとは思っていなかったです。それでも勝ち切ったということで、勝者も敗者も良いところがでた好勝負でした。関東のファンでも納得する試合だと思います。一発KOとかでなく、ギリギリの攻防でここ一番を制して勝った。しっかりとした勝利、当時のMMAの最前線を行く試合でした」