カテゴリー
MMA PANCRASE Pancrase324 上田将竜 小川徹

【Pancrase324】打撃が単発で続かない上田に組み勝った小川徹が、判定3-0で暫定フライ級王座を防衛

<フライ級暫定KOPC/5分5R>
小川徹(日本)
Def.3-0:49-46.49-46.48-47.
上田将竜(日本)

サウスポーの小川に対し、上田がケージを背にしながらパンチとローを出す。フェイントを見せる小川へ、上田が右ハイ。それをかわした小川は左ローを当てる。上田の右ハイをパーリングでかわす小川、上田はケージから離れて右の三日月蹴りを見せる。上田の右ボディストレートをバックステップでかわした小川は、いきなり距離を詰めて左ボディストレートから右フックを当てた。一瞬バランスを崩した上田は、体勢を戻して右ローを放つ。

互いにフェイントを見せるなか、上田が右を出す動きを見せると、小川が左右のフックを振って相手を下がらせ、組み付いて上田をケージに押し込む。右腕を差し上げ、相手の右手首を抑えた小川に対し、上田も体勢を入れ替えようと試みる。小川は相手の右足へのシングルに切り替えて、押し込んだまま初回を終えた。

このラウンドは、ジャッジ3者とも10-9で小川を支持。

2R、上田の左右ローがヒット。しかし小川もプレッシャーをかけて、上田にケージを背負わせる。そして組み付いた小川は、1Rと同じく右腕を差しいれて上田をケージに押し込んでいく。上田も左のオーバーフックで体勢を維持しながら、右ヒザを小川のボディに突き刺す。対する小川は、押し込みながら細かく左ヒザを上田の足に当てる。上田の左足に右足を絡めた小川だが、倒すことができず。さらに左右へ揺さぶりをかけるも、上田をグラウンドに引きづりこむことはできない。

ここでダブルに切り替える動きを見せた小川だが、上田もディフェンスして体勢は変わらず。こかされても立ち上がった上田、しかし終始、小川がケージに押し込んでおり、ジャッジ2名が小川の10-9に。1人は上田の10-9としている。

3R、上田が右ローを当てるも、後続打がない。小川は左ミドルで上田をケージ際に追い込む。相手の右ハイをかわした小川が距離を縮めようとすると、上田も動いて詰めさせない。小川が右の関節蹴りから、左ミドルハイ。お互いにローを出し合う展開が続くなか、小川が1Rと同じく左ボディストレートから右フックに繋げ、組み付いて上田をケージに押し込む。同様に、上田が左のオーバーフックでディフェンスする展開に。しかし小川は体勢を低くして上田に尻もちを着かせたあと、相手が立ち上がっても揺さぶっていった。

3Rもジャッジ3者とも小川の10-9とつけた。

4R、小川の左ボディストレートがヒット。上田も蹴りを見せるが、単発に終わる。上田の右ハイをかわした小川は、自分の距離をキープし、上田の蹴りも届かない。上田のワンツーをかわした小川が左ストレートを当てる。距離が近くなると小川が組み付いて、ケージに押し込む展開に。ボディロックからテイクダウンした小川に対し、上田はハーフガードに。ケージを蹴って離れようとする上田を、小川はしっかりと抑え込む。右腕を抜いた小川は、右のパウンドを顔面へ、右ヒザを相手のボディに突き刺していった。ジャッジも3者が小川の10-9とつけている。

最終回、上田の右ローをかわす小川。上田はステップインで距離を詰めるが、バッティングが発生して試合は中断される。再開後、左ローや右ハイをを放つ上田だが、ここでも単発に。小川も左ミドルハイを返す。フェイントをかけ合う両者だが、上田の手が出ない。上田のスーパーマンパンチも届かず、右ローも後が続かない。小川は左ボディストレートを当て、左ミドルもヒット。上田は飛び込むも、小川に右フックを合わされてしまう。

残り1分で組み付いてきた小川に対し、両腕を差し上げてケージ際へ持っていく上田。しかしボディロックからテイクダウンすることはできず、そのまま試合を終えた。

結果は小川がユナニマスの判定勝ち。これまで2度敗れている上田にリベンジを果たすとともに暫定フライ級王座の初防衛に成功した。


The post 【Pancrase324】打撃が単発で続かない上田に組み勝った小川徹が、判定3-0で暫定フライ級王座を防衛 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA NØRI ONE PANCRASE Pancrase324 Pancrse324   ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 内村洋次郎 小川徹 山北渓人 村山暁洋 狩野優 端貴代 菊入正行 藤田大和 透暉鷹 野田遼介

【Pancrase324】タイトル挑戦権獲得に向け、野田遼介戦直前の山北渓人「僕には攻め疲れはない」

【写真】闘志が身の内の溜まる両者 (C)PANCRASE

17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrse324で、山北渓人が野田遼介と戦う。

2021年は勝利を重ねるだけでなく、インパクトのある勝ち方で存在感を高めた山北が、ストロー級王座挑戦に向けランキングで3位──自身より上位の野田と戦う。その前日、計量を終えリカバリー中の山北の心境とは。


山北渓人
「計量の方はバッチリでした。野田選手は練習をしたこともあるし、リラックスして過ごせています。オラオラした人と戦う時はけっこう緊張してしまうのですが、野田選手は純粋に格闘技をしている人なので、緊張しなくて済みます。もちろん、試合が始まると関係なくなるのですが、試合前まではヤンキーとかは怖くて……。地元には結構多いのですが、今も街でそういう人を見ると避けたくなります。オラオラした人が怖いのが、自分の弱点かもしれないです。
 野田選手はグチャグチャした試合になれば有利になると思っているかもしれないですが、実際は僕も強いところはそこなので。そこで頑張れるのが自分の強みだと思っていますし、噛み合って面白い試合になると思います。
 以前は極めようとして、それがならなくて抑えるという戦い方になっていたのですが、今年は極める力が少しずつついてきて技のバリエーションも増えました。結果、抑えることしかできなかったポジションで一本が取れるようになってきました。明日の試合でもフィニッシュを狙って行きたいです。
 前回の一本勝ちは、練習した通りの動きでした。やっぱり練習したことしか試合で出ないです。普段の練習が如何に大切かが分かったので、練習では特に動いて一本を取るようにしてきました。藤田大和選手と練習をする時も狙って、逃げられてもそこからが練習になるので。時には強引なぐらいに、極めに行こうと練習していました。
テイクダウンすると抑えたくなりますが、普段から極めに行くという姿勢を練習で出していれば、力もついていくと思います。それに大和さんのこないだの試合とか見ていると、楽をしたいところで、厳しい方を選ぶことができる力を与えてくれたような気がします。
 ここで勝つだけでなく、タイトル挑戦を手にするため一本、KOを狙います。グラウンドでのTKO勝ちはRoad to ONEであったのですが、KOがないのでそこも狙って行きます。とにかく今回の試合は判定にはしたくないし、攻め続けます。
野田選手は受けが強いですが、僕は攻め疲れをすることはないので、守りに来てもお構いなしに攻め続けます。
 レスラーはテイクダウンするけど、極められないというイメージを持たれているかもしれないですが、柔術やグラップリングの練習もしてきて極めがあるレスラーに成長したところを見てほしいです。
 自分は左ハイで勝てるようなカリスマ性はないですけど、僕なりのやり方でフィニッシュして見劣りしないよう……先輩に追いつかれないように戦います。特別な人間でなくても勝てるのがMMAの良いところなので。MMAは悪い言い方をすると、逃げ方はたくさんあります。だから自分の苦手なところを捨て、得意なところで勝負する。どういう風にそれを試合のなかで判断するのかが勝負になると思います」

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

■ Pancrase324計量結果

<フライ級暫定KOPC/5分5R>
[王者]小川徹:56.5キロ
[挑戦者]上田将竜:56.7キロ

<暫定女子フライ級王座決定戦/5分5R>
NØRI:55.7キロ
端貴代:56.3キロ

<暫定ウェルター級王座決定戦/5分5R>
菊入正行:76.5キロ
村山暁洋:76.85キロ

<ストロー級/5分3R>
野田遼介:54.2キロ
山北渓人:52.45キロ

<フェザー級/5分3R>
透暉鷹:66.2キロ
内村洋次郎:66.15キロ

<バンタム級/5分3R>
井村塁:60.95キロ
ジェイク・ムラタ:61.45キロ

<フェザー級/5分3R>
名田英平:66.05キロ
狩野優:65.25キロ

<ライト級/5分3R>
高橋“Bancho”良明:70.2キロ
平信一:70.5キロ

<女子ストロー級/5分3R>
KAREN:51.55キロ
新谷琴美:52.1キロ

<ストロー級/5分3R>
高島俊哉:52.35キロ
リトル:52.3キロ

<フライ級/5分3R>
井島裕彰:56.85キロ
谷村泰嘉:56.35キロ

The post 【Pancrase324】タイトル挑戦権獲得に向け、野田遼介戦直前の山北渓人「僕には攻め疲れはない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA HEAT49 MMA NØRI PANCRASE Pancrase324 Pancrse324   ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 内村洋次郎 小川徹 山北渓人 村山暁洋 狩野優 端貴代 菊入正行 透暉鷹 野田遼介

【Pancrase324】計量終了 タイトルマッチ3試合を始め、出場全選手が一回目の計量でパス

【写真】トリプルクラウンが揃って暫定王座というのは、過去に例があるのだろうか (C)PANCRASE

明日、17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるPancrse324の計量が行われた。

フライ級暫定KOPC=チャンピオン小川徹✖上田将竜、暫定女子フライ級王座決定戦=NØRI✖端貴代、暫定ウェルター級王座決定戦=菊入正行✖村山暁洋ら3階級のタイトル戦に出場する6選手を始め、メインカード出場の22選手の全員が1度目の計量でパスした。

メインカードの出場選手の計量結果は以下の通りだ。

■視聴方法(予定)
10月17日
午後1時00分~ TIGET LIVE
午後1時00分~ ABEMA PPV ONLINE LIVE

■ Pancrase324計量結果

<フライ級暫定KOPC/5分5R>
[王者]小川徹:56.5キロ
[挑戦者]上田将竜:56.7キロ

<暫定女子フライ級王座決定戦/5分5R>
NØRI:55.7キロ
端貴代:56.3キロ

<暫定ウェルター級王座決定戦/5分5R>
菊入正行:76.5キロ
村山暁洋:76.85キロ

<ストロー級/5分3R>
野田遼介:54.2キロ
山北渓人:52.45キロ

<フェザー級/5分3R>
透暉鷹:66.2キロ
内村洋次郎:66.15キロ

<バンタム級/5分3R>
井村塁:60.95キロ
ジェイク・ムラタ:61.45キロ

<フェザー級/5分3R>
名田英平:66.05キロ
狩野優:65.25キロ

<ライト級/5分3R>
高橋“Bancho”良明:70.2キロ
平信一:70.5キロ

<女子ストロー級/5分3R>
KAREN:51.55キロ
新谷琴美:52.1キロ

<ストロー級/5分3R>
高島俊哉:52.35キロ
リトル:52.3キロ

<フライ級/5分3R>
井島裕彰:56.85キロ
谷村泰嘉:56.35キロ

The post 【Pancrase324】計量終了 タイトルマッチ3試合を始め、出場全選手が一回目の計量でパス first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ISAO MMA NØRI PANCRASE Pancrse324 RIZIN キック ジェイク・ムラタ 上田将竜 井村塁 小川徹 村山暁洋 猿飛流 秋葉太樹 端貴代 菊入正行 透暉鷹

【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦

【写真】井村✖ジェイク。ジェイクのジェイク・シールズ地獄に対し、井村の柔術ベースの寝技という組技の構図は楽しみだ (C)MMAPLANET

26日(木)、パンクラスが10月17日(日)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催するPancrse324の追加カードとして井村塁✖ジェイク・ムラタのバンタム級の一戦を発表した。

暫定フライ級クィーン・オブ・パンクラシスト・チャンピオンシップ=NØRI✖端貴代、ウェルター級暫定王座決定戦=菊入正行と村山暁洋に続き、フライ級でも暫定王者に認定された小川徹が、上田将竜の挑戦を受けることも決まるなど、連日のように新たなカードが明らかとなっている同大会。


5月の暫定王座決定トーナメント準決勝で小川は秋葉太樹に勝利し、上田は猿飛流に判定負けしていた。ところが王座決定戦に挑む予定だった猿飛流が負傷したため、パンクラスでは小川のトーナメント決勝を不戦勝とし、暫定王者に認定した。

その小川が暫定王座防衛戦として、過去0勝2敗(※1戦目は2017年8月にスプリット判定負け。2度目は2018年12月にハイキックでKO負け)の上田を相手に3度目の正直を目指す。

また上田としてもタイトル挑戦は先の決定トーナメント、2019年7月に暫定王座決定戦で翔兵に敗れており、これが3度目の正直となる。

さらに内村洋二郎が昨年11月のRIZIN参戦以来11カ月振りも実戦で透暉鷹と対戦するカードも決まっている。内村のパンクラス参戦は昨年2月──パンデミック前、1年8カ月振りの参戦となる。対する透暉鷹は、5月のRYO戦で十中八九勝利を手にしておきながら、残り1秒でギロチンにより、大逆転負けを喫して以来の再起戦となる。

今やJ-MMAにおいて、決して多くない王座防衛戦を行うISAOという座標軸があるパンクラス・フェザー級戦線だけに、上を目指すうえでベテラン相手に、遅れを取ることは許されない透暉鷹だ。

そして今日発表された井村とジェイクの一戦は、マニアックファン垂涎の一戦だろう。井村はデビュー以来、5試合連続フィニッシュ勝利中の期待の新鋭。対してジェイクはパンクラスでは昨年10月に、神田周一に通好みの渋い試合で勝利したものの、2カ月後にはNEXUSで森山壱政に敗れている。ジェイクとしては、寝技勝負ができる相手だけに意地を見せたい戦い。井村としてもジェイクのようなねちっこい、しぶとさのある相手と戦うことで、そのフィニッシュ力という部分で真価が問われる一戦となる。

The post 【Pancrase324】続々、カード発表。暫定王者=小川✖上田トリロジー。井村はジェイクと真価問われる一戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE MMAPLANET Pancrase321 Report 小川徹 秋葉太樹

【Pancrase321】小川徹がグラウンドコントロールで秋葉大樹に判定勝利、フライ級暫定王座決定戦へ

<フライ級暫定王座決定トーナメント準決勝/5分3R>小川徹(…

このサイトの記事を見る

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase321 ブログ ライカ 上田将竜 井村塁 小川徹 平岡将英 平田丈二 未分類 法DATE 猿飛流 福島啓太 秋葉太樹 翔兵 近藤有己 鈴木淑徳

【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!!

【写真】あのライリー・ドゥトロに勝利している翔兵。J-MMAにあって間違いなくフライ級のトップ中のトップの実力者。返上以上に、彼が万全でないことは残念だ(C)MMAPLANET

5月30日(日)に東京都江東区のスタジオコースト2021年初イベントとなるPancrase321を開催するパンクラス。同大会のカードがここ1週間で続々と決まっている。時系列で決定カードを纏めてみたい。

まず11日(木)に不動心・近藤有己✖鈴木淑徳のウェルター級マッチが発表されている。デビュー25周年を迎えた近藤に対し、鈴木はNEXUSフェザー級王座決定T出場から2階級上げてレジェンドに挑むこととなった。

続いて12日(金)、その明るい人柄からレジェンドの雰囲気を全くさせない──ばかりか格闘ジャンキーの異名をとるライカの10カ月振りのMMAも発表された。近藤と同じ1975年生まれで学年は1学年上、46歳になったライカのMMA転向から7年目の初戦の相手は法DATEだ。


週が明け15日(月)にはストロー級KOP北方大地への挑戦権を賭けて八田亮が、宮澤雄大と戦うことも決まった。下になることを厭わない八田はキャリア22戦目、宮澤は9戦目のパンクラス王座挑戦を目指し相対する。

翌16日(火)にはパンクラス版Young Guns=バンタム級の平岡将英×井村塁が発表されている。2019年のネオブラ優勝の平岡は、矢地祐介、田村一聖、横山恭典と行動を共にし、技術の見直しを含めて力を蓄えてきた。

対して昨年ネオブラMVPの井村は、2021年を飛躍の年とするために、連続フィニッシュ勝利を5に伸ばしたいところだ。

そして17日(水)にはビッグニュースがあった。フェザー級暫定王者の翔平がヒザの負傷によりコンディションの調整が困難となり、タイトルを返上。小川徹×秋葉太樹、上田将竜 ✖ 猿飛流の間で暫定王座決定トーナメント準決勝が組まれることとなった。

Road to ONEを経験した小川、DEEPで安谷屋智弘に勝利と他団体を経験してきた秋葉。この4人のなかで唯一ベルトに絡んだことがある上田と15カ月振りの実戦が、王座決定トーナメントとなる猿飛流という2つの準決勝──勝者は8月大会で決勝を戦う。なお、翔兵の返上に関するコメントは以下の通りだ。

翔兵
「パンクラス関係者の皆様、ご無沙汰しております。この度、パンクラスフライ級暫定王者のベルトを返上させて頂く事になりました。理由は柔道時代からの古傷である膝の故障によりコンディションを作りにくくなったからです。性格上練習が始まってしまうと100パーセントの力を出してしまう為、この1年間は治っては再発を繰り返してきました。試合をしていないのにベルトを持っているのはキングオブパンクラシストとして相応しく無い事だと思います。そこで今回の決断に至りました。しばらくは自分の身体と相談しながら今後を考えて行こうと思います。皆様、今後とも宜しくお願い致します」

また正規王者で現在はONEストロー級で戦う仙三選手が暫定王座決定トーナメントの実施に関し「いつかは日本で、パンクラスで防衛戦をしたいという気持ちにブレは有りません。その日まで暫定王者に待ってもらう事になりますが、最強の暫定王者を期待しています」というコメントを寄せている。

ISAO✖中島太一のフェザー級KOPT、上記にあるストロー級挑戦者決定戦、さらにフライ級暫定王座決定トーナメントなど、約半年振りに活動再開となる同大会、現状では本日18(木)発表となったバンタム級戦=平田丈二×福島啓太まで8試合が確定した。

4月の大阪大会でなく、5月の東京大会出場となった平田に対する福島はNEXUSで5連勝中で4試合でフィニッシュという勢いを駆ってパンクラス初陣に臨む。

The post 【Pancrase321】続々とカード決定。翔兵、暫定フライ級王座返上→決定T。注目、平岡将英×井村塁!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News ONE Road to ONE04 ブログ リトル 中村未来 吉野光 奇天烈 安芸柊斗 小川徹 平田樹 田上こゆる 長田拓也

【Road to ONE04】「ガキには未来しかない」5年後のJ-MMAのために。Road to ONEがYoung Guns大会

【写真】ONE本戦契約中の平田、Warrior Seriesと契約している吉野、修斗から安芸、バラエティに富んだ若い力が揃うイベントとなりそうだ (C)MMAPLANET

テーマは「ガキには、未来しかない」──2日(火)、ONE Championshipより22日(月)に東京都渋谷区のTSUTAYA O-EASTでRoad to ONE04「Young Guns」が開催されることが発表され、メインに平田樹が出場することが明らかとなった。

2019年9月に修斗✖パンクラス対抗戦、昨年4月は緊急事態宣言下での無観客&会場非公開の配信大会、そして9月はONE国際大会再開プレ大会的に青木真也がメインで戦うというイベントをRoad to ONEは開いてきた。

今回は5年後の日本の格闘技界を考える──ということをメインテーマに、10代と20代の選手が中心となったYoung Guns大会が行われることになった。


当初、MMAでの参戦は許可が下りないためキックボクシングで若松佑弥が出場という話も聞かれたが、彼の出場がなくなったことは次戦が決まったと捉えて良いはず。ここはONE本隊のアナウンスを待ちたい。

そんな同大会のメインを任されるのは、昨年2月のONEジャカルタ大会以降、試合がなかなか確定しなかった平田樹となった。さらにイベントテーマも彼女が豊富のなかで話した『ガキには、未来しかない!』というもの。

コロナ禍下においてMMAイベントの開催数、試合数とも減少傾向にあり、その影響を多く受けているのが若くキャリアの少ない選手たちだ。結果、今大会はONEという冠を抱く一方でONEへの路という面ではなく、平田の言葉にあるように日本のMMAの未来を見据えたマッチメイクとなった。

18歳の田上こゆるが、35歳のリトルと対戦

ONE WARRIOR契約下の長田拓也、吉野光。

修斗勢では四国は徳島の安芸柊冬、関西発ティーンエイジ・シューターの田上こゆる、奇天烈。

2021年の大会開催の発表がないパンクラスを主戦場にしている小川徹、前田浩平、リトル、岩本達彦らの参戦も決まった。

若手、地方、再生、TTFC的なテイストが詰まったRoad to ONE第4弾に向け、メインで戦う両選手の今回の試合に向けて抱負は以下の通りだ。

平田樹
「ONE本戦での試合を待ち望んでいましたが、何度か決まりかけたカードが流れたりして、気がつけば1年の間隔が空きました。先々の見通しが不透明な中で、日本で、東京で戦える……と聞き、迷わず志願しました。試合することを許可してくれたチャトリCEO、マット・ヒュームさんに感謝しています。そして試合のない時期もずっと声援を送ってくれるファンの皆さん、お待たせしました。2月22日は、圧倒的な試合をします。『ガキには、未来しかない!』」

中村未来
「平田選手は柔道というしっかりとしたバックボーンがあって、気持ちも強く全てにおいて勢いのある選手だと思います。

試合を受けてくれてありがたいのですが、自分は失うものがないので、得意の打撃で、全力で倒しに行くので、よろしくお願いします」

また今大会は選手、セコンドのみならず運営スタッフ及び放送関係者の全てがPCR検査を行い陰性状態であることを確認したうえで、午後8時終了予定の有観客興行として行われる一方で、中継スタッフ等も都内の別スタジオからのリモート中継を導入するなど、感染予防対策に関して最新かつ実験的な視察も含めた大会運営となるとのことだ。

■視聴方法(予定)
2月22日(月)
午後5時~ ABEMA格闘チャンネル

■ Road to ONE04対戦カード

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
平田樹(日本)
中村未来(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
田上こゆる(日本)
リトル(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
安芸柊冬(日本)
山北渓人(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
小川徹(日本)
山中拳治(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
風間敏臣(日本)
前田浩平(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
吉野光(日本)
奇天烈(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
岩本達彦(日本)
中田大貴(日本)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
長田拓也(日本)
葛西和希(日本)

<キックボクシング54キロ契約/3分3R>
有井渚海(日本)
平松侑(日本)

The post 【Road to ONE04】「ガキには未来しかない」5年後のJ-MMAのために。Road to ONEがYoung Guns大会 first appeared on MMAPLANET.