カテゴリー
MMA RIZIN YouTube にっせー 安谷屋智弘 宮城友一 越智晴雄

🔴【LIVE配信】Yogibo presents RIZIN.32 生放送 無料 [MMA 沖縄アリーナ](沖縄アリーナ) 2021年11月20日(土) #RIZIN_32

Yogibo presents RIZIN.32 生放送 テレビ放送 🔴👇👇👇
🔴Live ⭕➤ https://nextsportslive.com/rizin32-live/

#RIZIN_32
大会URL▶️ http://nextsportslive.com/rizin-32/

Yogibo presents RIZIN.32 生放送 無料 [MMA 沖縄アリーナ](沖縄アリーナ) 2021年11月20日(土)
RIZIN 32 生放送 生中継 生放送 テレビ放送 無料 MMA 沖縄アリーナ(沖縄アリーナ) 土曜日,

Yogibo presents RIZIN 32, Yogibo presents RIZIN.32 生放送,RIZIN.32 生放送 テレビ放送,RIZIN.32 生放送,
rizin.32 live stream
山本美憂 VS RENA 生放送,
皇治 VS 祖根寿麻,ロクク・ダリ VS “ブラックパンサー”ベイノア,
砂辺光久 VS 前田吉朗 ,ボビー・オロゴン VS 北村克哉 ,
北村克哉 VS ボビー・オロゴン
生中継,

にっせー VS 古賀愛蘭 ,
曹 竜也 VS 越智晴雄,
安谷屋智弘 VS 宮城友一 ,
宮城寛克 VS ロペス薩摩 ,
TARKER VS 関原翔 生放送 ,
寺山遼冴 VS 弘樹 生放送 ,
熊澤伸哉 VS タナー・ロレンツォ ,
🔴Live ⭕➤ https://nextsportslive.com/rizin32-live/

#RIZIN32
#YogibopresentsRIZIN32
#山本美憂-VS-RENA
#生放送
#Live

カテゴリー
RIZIN YouTube   チャンネル 安谷屋智弘 宮城友一

10月29日13時より11.20『RIZIN.32』の追加カード発表会見/YouTubeでライブ配信


 10月29日(金)13:00より、Yogibo presents RIZIN.32沖縄大会の追加対戦カード発表記者会見を行うことが決定したぞ!この会見の様子はYouTubeでLIVE配信される。

 一体どんな対戦カードが発表されるのか?!ライブ配信で会見の様子をチェックしよう!

 RIZIN FF公式Youtubeのチャンネル登録をしてリマインダー設定をしておくと、LIVE配信開始の通知を受け取ることができるぞ!この機会に是非、RIZIN FF公式Youtubeチャンネルを登録しよう!


▼NEXT EVENT
「Yogibo presents RIZIN.32」
沖縄アリーナ
2021年11月20日(土)
https://jp.rizinff.com/_ct/17486684

▼UPCOMING EVENT
「RIZIN TRIGGER 1st」
神戸ワールド記念ホール
2021年11月28日(日)12:30開場(予定)/ 14:00開始(予定)
https://jp.rizinff.com/_ct/17488002

 今のところ『RIZIN.32』で決定しているのはRENA vs. 山本美憂、砂辺光久 vs. 村元友太郎、安谷屋智弘 vs. 宮城友一の3試合のみ。いつの間にか大会まであと3週間余りになってますし、ここでほとんどのカードを発表することになると思われます。続きを読む・・・
カテゴリー
CORO DEEP DEEP103 DJ.taiki MMA RIZIN ROAD FC ボクシング 伊藤裕樹 大原樹里 安谷屋智弘 小金翔 杉山廣平 渋谷カズキ 神龍誠 藤田大和 誠悟 越智晴雄 関鉄矢 駒杵嵩大

【DEEP103】藤田大和に挑戦、伊藤裕樹─01─「良いヤツですよね。もう1回勉強してもらえれば良いかな」

【写真】言葉は丁寧、淡々と受け答えしつつ、言いたいことはズバッという伊藤。ここもファイトスタイルに似通っているか(C)MMAPLANET

23日(木・祝)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されるDEEP103で、DEEP暫定フライ級チャンピン藤田大和に伊藤裕樹が挑戦する。

2年前、2019年9月8日に藤田をRNCで破っている伊藤だが、その後はプロ初黒星を喫すると1年間の引き籠り生活に。この間、藤田は敗北を糧に全局面で進化し、今年2月に同王座を獲得している。

伊藤は3月のRIZINを経て、6月にDEEPで安谷屋智弘を破り挑戦権を手にした。先の藤田戦、安谷屋戦もRNCを極め切り、Road FCからキャリア6勝のうち、5つの勝利は相手と仕留めている。

一発はある。と同時に、流れのなかで極め切る力を優勢、劣性のなかで持っている。この終わらせる感覚はどこから生まれているのか。伊藤に尋ねた。


──Zoomの画面でも左目の周囲が青くなっていることが確認できるのですが……。

「あっ、これは練習中にヒザ蹴りを貰ったもんですね。でも、全然大丈夫です」

──6月に安谷屋選手とのタフファイトをRNCで勝ち切り、タイトル挑戦の権利を手に入れました。

「あの試合はめっちゃしんどかったです。タイトルに関しては、あそこで勝てば佐伯代表から『勝てばタイトルマッチに、かなり近づくから』という風には言ってもらっていたので。そこを意識して戦っていました」

──佐伯さんはその時、神龍誠選手のDEEPカムバックはないと見ていたのかもしれないですね。

「いや、突然試合が発表されてビックリしました。『まだ、やっとんだぁ』って」

──正規王者に復帰については、また後程伺うとして。「しんどかった」と振り返った安谷屋戦、何が「しんどかった」のでしょうか。

「やっぱり組みの展開が多くて……試合前に組みの展開になると厳しくなるとは予想していました。捌きながらチャンスを伺っていたのですが、フィジカル的にもちょっとえらかったです。でも、チャンスに極め切れて良かったです」

──あそでRNCがハマらなかった時は、どうなるのか。それは少し思いました。伊藤選手は終わらせる力を持っている選手ですが、終わらせに行って凌がれるとどうなるのか。

「結構、腕がパンパンでしたしね。3Rまでもつれ込んでいたら……それでも動くことができる体力は残っていました。それに安谷屋選手もミドルとかで削れていることも分かっていたし、3Rになっても何とか勝てたかと。それがあったから、あそこもガムシャラに極めに行くことができたんだと思います」

──試合を終わらせにいくのは、凌がれると相手も気持ちが盛り返すことがありますし、何より自身の体力を消耗します。それでもあのように行けるのは、行けるという感覚があってのことなのでしょうか。

「う~ん、それよりも守りに入るより、常にKOか一本を狙っていきたいという気持ちだと思います。そこで取れなくて形勢逆転されても、一か八かのスリルがめっちゃ好きです」

──そこで行ける伊藤選手なので、愚問かもしれないですが、行ける・行けないの差はどこだと思いますか。

「どうなんですかね。やっぱり気持ち……性格じゃないですか。そこで行かんかったら、僕はあとで後悔すると思います。『あそこで行っておけば』と思うのは嫌いなんです。逝くことができるチャンス、相手に隙があるならガンガン狙って行っちゃいます」

──大したものです。なかなか思い切れないかと思います。

「取りあえず行ったら、なんとかなる。仮に倒すことができなくても、攻めているのはこっちだし次の展開を創れます。だから、思いっきりいきます」

──なるほど、次が頭にあっての思い切りの良さなのですね。

「負ける覚悟をもって、常に勝ちにいくことを意識しています。勝ちに行き、倒しに行くということを。二の矢、三の矢はあるので、またトライすれば良いことです」

──伊藤選手はずば抜けたフィジカルの持ち主でもないし、かといって超スタミナ派でもない。そこは自分でスタミナ配分を考えて戦っているのでしょうか。

「いや、結構すぐにスタミナは切れます(笑)」

──ですよね(笑)。でも、粘る。

「上手く誤魔化して、少し回復させて攻める……みたいな感じですかね。最後まで切らさないというのは、あります」

──少し、伊藤選手が理解できたような気がします。そしてチャンピオン、藤田大和選手です。このところの充実振りは目を見張るものがあると思うのですが、どのような印象を持っていますか。

「2年前に戦った時とは別人になった。そう言って良いぐらい化けています。前はボクシング主体で試合を創っていたのが、今はもう組みも蹴りも使えて『MMAとして格段にレベルが上がっとるな』と思います」

──MMAPLANETのインタビューで、それは伊藤選手に負けたからだと。「ありがとう」という言葉までありました。

「あぁ、読みました。良いヤツですよね(笑)」

──とはいえ、あの言葉は自信の表れかと思います。

「ハイ、まぁもう1回倒して、また勉強してもらえば良いかなって(笑)」

<この項、続く>

■視聴方法(予定)
9月23日(木・祝)
午後5時50分~PPV SPWN

■DEEP103対戦カード

<DEEP暫定フライ級選手権試合/5分3R>
[王者] 藤田大和(日本)
[挑戦者] 伊藤裕樹(日本)

<ライト級/5分3R>
大原樹里(日本)
小金翔(日本)

<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki(日本)
関鉄矢(日本)

<フライ級/5分3R>
越智晴雄(日本)
渋谷カズキ(日本)

<メガトン級/5分2R>
誠悟(日本)
SAINT(米国)

<バンタム級/5分2R>
CORO(日本)
橋本優大(日本)

<フライ級/5分2R>
駒杵嵩大(日本)
杉山廣平(日本)

<フライ級/5分2R>
鮎田直人(日本)
関原翔(日本)

<フライ級/5分2R>
力也(日本)
関原翔(日本)

The post 【DEEP103】藤田大和に挑戦、伊藤裕樹─01─「良いヤツですよね。もう1回勉強してもらえれば良いかな」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP101 MMA 伊藤裕樹 安谷屋智弘

【DEEP101】安谷屋のテイクダウンとグラウンドコントロールを凌いだ伊藤裕樹が残り9秒でRNCを極める

<フライ級/5分2R>
伊藤裕樹(日本)
2R4分51秒 by RNC
安谷屋智弘(日本)

サウスポーの伊藤に対し、前後にステップを踏む安谷屋。低い姿勢から左右フックを振り、ダブルレッグを仕掛けた安谷屋の首を取る伊藤だったが、安谷屋はリフトアップから伊藤に尻もちを着かせる。立ち上がった伊藤の上半身をロックし、グラウンドに持ち込んだ安谷屋は、パウンドを繰り出しながら、反転する伊藤のバックへ。伊藤が立ち上がっても安谷屋はバックをキープする。

ボディでクラッチし、右足をかける安谷屋。正対し、右腕を差し込んでテイクダウンを狙うが、伊藤も耐える。安谷屋のクラッチを切った伊藤は左のヒジ。安谷屋は再びバックに回る。そして、たすき掛けから左足を差し込み、引き倒してグラウンドへ。倒した安谷屋は、そのままバックマウントを奪う。伊藤が反転するも、トップをキープした安谷屋。しかし伊藤が起き上がり、両者は離れる。

距離ができると、左ストレートと右フックを振るう伊藤。安谷屋のダブルレッグをカットし、ボディへ左ヒジを落とした。

最終2R、前に出てくる伊藤に右フックを放った安谷屋は、ダブルレッグへ。両脇を差し、伊藤をケージに押し込み、そのままテイクダウンに成功する。左足を差し込んだままバックに回る安谷屋に対し、伊藤も反転して逃げようとするが、そのまま安谷屋が上になる。相手をケージに押し込み、パンチを浴びせる安谷屋。さらに再びバックマウントへ移行する。

安谷屋がグラウンドでコントロールしながら、伊藤の首に左腕を回す。やや疲れた表情を見せる安谷屋。伊藤は切り返してトップを奪い、さらにバックマウントへ。バックからパンチを放つ伊藤に対し、トップを奪い返した安谷屋だったが、伊藤はすぐに立ち上がる。そして安谷屋のダブルレッグを切ってバックに回った伊藤がRNC。一度は安谷屋も凌いだが、再び伊藤が腕を食い込ませ、安谷屋からタップを奪った。

勝者の安谷屋は、試合後にタイトル挑戦をアピールした。


The post 【DEEP101】安谷屋のテイクダウンとグラウンドコントロールを凌いだ伊藤裕樹が残り9秒でRNCを極める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP101 KINGレイナ MMA RIZIN 伊藤裕樹 住村竜市朗 安谷屋智弘 東陽子 米田奈央 鶴屋怜

【DEEP101】This is 根性=安谷屋智弘戦へ、リスタートを切った伊藤裕樹「今の僕は違います」

【写真】伊藤がいない間に激闘を繰り返してきた安谷屋にとっても絶対に負けられない一戦だ (C)DEEP

本日20日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催されるDEEP101で伊藤裕樹が安谷屋智弘と対戦する。

かつての無敗のホープは、キャリア7戦目の初黒星を喫し、表舞台から姿を消した。そして今年3月にRIZIN名古屋大会で復活──この間、伊藤に何があったのか。

戻ってきた──将来のJ-MMAをリードする候補に、話を訊いた。


──お久しぶりです。もう2度と話を聞く機会がないかもしれないと、今年の始め頃は思っていました。

「アハハハハ。お久しぶりです」

──1年9カ月ほど前にネックス・イチムエ・ジムで「3年後に期待」というインタビューをゴン格でさせていただき、3カ月後の鮎田直人戦で敗北。そこから今年の3月のRIZINにおける杉山廣平戦まで、音沙汰無しだったので実は引退し、MMAから離れてしまったのかなと思っていました。

「12月15日に初めて負けて……直後は普通に敗北を受け入れていたんです。練習もしていましたし。それが正月休みに入ってから、『俺はこのまま中途半端にやっていても、上にもいけない。どうしようかな』と考えてしまって。そこからジムにも行かなくなり、格闘技が嫌いになったわけじゃないのですが、嫌になってしまって。で、11カ月、一切格闘技から離れていました。練習もせず、情報も入れずに」

──11カ月も……ですか。その間は、何をされていたのですか。

「何もせず、家に引き籠っていました」

──……。

「もうずっとNetflixとかで映画を見続けて……。回りも逮捕でもされているんじゃないかとか、変なクスリをやっているんじゃなかって心配されていました(笑)」

──外との接点はなかったのですか。

「そうですね……たまに自分を見つめ直すために神社とかいって、空と話していました」

──……。……。

「飯も暴食したり、全く食べなくなったりして、太ったり痩せたりを繰り返して結果少し太っていて」

──格闘技云々でなく、戻って来られて良かったです。どのようなきっかけでMMAを再びやろうと思ったのですか。

「大塩(昌則)先生から手紙を貰ったんです。なんか……色々と自分の気持ちを考えた言葉をあって、『裕樹がもう1回頑張るなら、いつでも待っているから』って。こんな自分の居場所を大塩先生は残していてくれて……。

LINEとか、メッセージでなく直筆の手紙で。僕も返事を書こうとしたのですが、余りにも字が下手くそで汚いので携帯で書いて、プリントして送りました。

僕、ちょうど手紙でやりとりするアニメがあって、それが大好きだったから……。大塩先生のところ、ネックスイチムエで絶対にやりなおそうと思ったんです」

──良い話です。

「SNSで格闘技の情報を入れて、少しは気にしだしていた時期でもあって。それにきっと僕は仕事が嫌いで。いかに就職しないで生きていくかと考えていたら、格闘技で夢を掴むしかないなって思っていたし(笑)」

──一転、良い子には読んでほしくないインタビューになってしまいました(笑)。

「アハハハ。だからこそ中途半端でなく、本気で頑張ろうという想いになりました」

──本気でということは、以前はそれほどでもなかったということですね。

「ハイ、遊びと格闘技なら遊びに重きを置くような……。それでも勝っていたから。藤田(大和)選手に勝った後は天狗になり、対戦相手の知名度とかに左右されて。ハッキリいって、MMAを舐めていました。

練習への取り組み方も、それが当然なのですが変わりました。食事の仕方も変えましたし。でも体や感覚を戻すのは、時間が掛かりました。いや、そうでもないかな……RIZINの時でも戻りつつあったぐらいで、それが練習を再開して3カ月ぐらいで。

とにかく引きこもる以前とは、気持ちが変わりました。前は試合になると、『腹が痛い。嫌だ』とか思っていたのですが、凄く楽しめたんです。

体の感覚が戻っているというのは、そんなにないけどメンタル的に強くなれて試合が楽しめました。でも本当に回りは心配かけていたようで、『負けても、もう道を踏み外すな』って大塩先生にも言われていて……そんなことは絶対にないって自分では思っています。

今回の試合も5月に向けて気持ちを高めていたので、延期が決まった時は『マジか』とはなりましたけど、すぐに『それだけ練習して、強くなれる。チャンスだ』と集中し直すことができました」

──対戦相手の安谷屋選手は、心が入れ替わる前の伊藤選手だと一番厄介なタイプの相手だったと思います。

「そうですね、本当に気持ちが強いです。中途半端な僕だと嫌な相手だったはずです。でも、今の僕は違います。あの根性の入ったファイトでくるなら、こっちもそれ以上の気持ちでやってやります。

安谷屋選手が来るならくるだけ、打って突き放して。ああいう試合はさせないです。でも、万が一そういう根性勝負になっても自分は負けない。生まれ変わったぐらいでいるので、そういう勝負になっても問題ないです」

──一度は勝った藤田選手が、総合的に力をつけて暫定王者になりました。

「本当に強くなっていると思います。僕も安谷屋選手にちゃんと勝って、藤田選手にまた絡めるようになりたいですし、その自信もあります。引き籠ったことで、僕は変わることができました。アレがなかったら、あのまま中途半端だったと思います。

だからもっと強くなり、結果を残して──『あの引き籠りがあったから、今の俺がある』と胸を張って言えるようになりたいです」

──また期待させていただきます。ところで引き籠っている間に見た映画で一番良かった、おすすめの作品はありますか。

「ハイ、インド映画の『きっと、うまくいく』です」

──押忍、伊藤選手の仕切り直しのMMAファイター人生がきっと、うまくいくことを願っています。

「アハハハハ。ありがとうございます。絶対に前とは違う、新しい伊藤裕樹を見てもらいます」

■視聴方法(予定)
6月20日(日・日本時間)
午後4時50分~PPV SPWN

■ DEEP 101計量結果

<ウェルター級/5分3R>
住村竜市朗:77.55キロ
米田奈央:77.5キロ

<女子64キロ契約/5分2R>
KINGレイナ:62.5キロ
東陽子:63.7キロ

<フライ級/5分2R>
安谷屋智弘:57.15キロ
伊藤裕樹:56.9キロ

<バンタム級/5分2R>
石司晃一:61.5キロ
CORO:61.55キロ

<59キロ契約/5分2R>
ヒロヤ:58.90キロ
関原翔:58.95キロ

<フェザー級/5分2R>
西谷大成:66.2キロ
山本歩夢:66.2キロ

<フェザー級/5分2R>
畠山祐輔:──キロ
佐藤拳駿:65.15キロ

<フライ級/5分2R>
鶴屋怜:56.8キロ
岡崎鷹士郎:61.15キロ

The post 【DEEP101】This is 根性=安谷屋智弘戦へ、リスタートを切った伊藤裕樹「今の僕は違います」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP JEWELS33 DEEP Tokyo Impact DEEP101 J-CAGE Report にっせー グラント・ボクダノフ ブログ 伊藤裕樹 原虎徹 吉村海飛 安谷屋智弘 山本歩夢 平田直樹 神田コウヤ 鈴木琢仁 雅駿介 青野ひかる

【DEEP101, DEEP JEWELS33 & DEEP Tokyo Impact】アマパン&FKTで7連続KOの吉村海飛がデビュー

【写真】アマパン全日本ライト級、FKTフェザー級で優勝、全試合でKO勝ち中の吉村海飛(C)MMAPLANET

4日(火)、DEEPより6月19日(土)と20日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催される2部制のDEEP Tokyo Impact2021、DEEP JEWELS33、そしてDEEP101 Impactの追加カード及び、変更が発表されている。

同プレスリリースのトップで明示されたのが、DEEP Tokyo Impact~1st Round~で3月のフューチャーキングTフェザー級優勝の吉村海飛がプロデビュー戦だ。


山口コウタとの対戦が発表された吉村は、極真空手松井派の山口支部所属時代の2015年に全日本高校生空手道選手権で優勝し、その後はTEAM TEPPENでアマキックを経験後にMMAに転向、和術慧舟會HEARTS所属となった22歳だ。

昨年はアマチュア・パンクラスの全日本でライト級を制覇、そして上記にあるようにフューチャーキングTフェザー級で優勝し、この2つのトーナメントで7試合連続KO勝ちしている。また先週土曜に中継された格闘DREAMERSでも明らかになっているように、オーディション参加中の漆間將生の外敵として4月26日に戦った超注目株だ。

鈴木琢仁やグラント・ボクダノフという柔術家の出場に加え、若き武芸百般──原虎徹、そして吉村のプロデビューと新勢力の戦いが要注目のTokyo Impact第1部だ。また神田コウヤ✖平田直樹のメインの第2部では鬼山班猫✖高塩竜司、竜己✖小森勇輝が新たにラインアップに加わっている。

Jewels33ではアトム級GP準決勝で青野ひかると対戦予定だった村上彩が病欠となり、代役は補欠戦で富松恵美と戦うことが決まっていた──にっせーのトーナメント復活出場が決まった。加えて女子MMAでは目下のところ最重量とされているライト級で、ひしぬまjujcyさやか✖ぽちゃんZが追加された。

さらにDEEP101では国内ムエタイ3冠からMMA転向し、2月のDEEP100でヒロヤから判定勝ちを収めた雅駿介の対戦相手=平松翔が負傷欠場、この試合も中止となっている。その結果、平松の同門、鶴屋怜のプロ2戦目=岡崎鷹士郎戦がオープニングから本戦に昇格となった。2日間、4大会のトリとなる同大会もウルトラノヴァ=鶴屋怜、安谷屋智弘に挑む伊藤裕樹、山本歩夢など若い力の台頭に要・注目だ。

The post 【DEEP101, DEEP JEWELS33 & DEEP Tokyo Impact】アマパン&FKTで7連続KOの吉村海飛がデビュー first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP JEWELS33 DEEP101 HIME J-CAGE News ブログ 伊藤裕樹 安谷屋智弘 藤田翔子 鶴屋怜

【DEEP101&DEEP JEWELS33】安谷屋智弘✖伊藤裕樹=注目のフライ級戦、鶴屋怜のプロ2戦目が決定!!

【写真】一子相伝ではないが、デビュー戦で父・浩が得意としていた首投げを見せた怜 (C)MMAPLANET

31日(水)、DEEPより5月5日(水・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるDEEP101 IMPACTのオープニングファイトに鶴屋怜が出場し、プロ2戦目で岡崎鷹士朗と対戦することが発表された。

2月21日のDEEP100のプロデビュー戦で竜己を相手にTKO勝ちした鶴屋は、メインファイト級の注目を受けて再度オープニングファイトで戦う。


プロデビュー戦は力が入り過ぎた面もあるが、とても18歳とは思えない思い切りの良さと、父親譲りの首投げからのアームロックと狙いと──恐らくは心に秘めていた攻撃まで見せ、勝利後には元チームメイトのDEEPフライ級王者の神龍に「やろうよ」と宣戦布告と、良い意味でプロとして貪欲さを見せていた。

対戦相手の岡崎は3月13日のフューチャーキングTのバンタム級に出場していた選手だ。

また、今回の発表では同日開催のDEEP JEWELS33で藤田翔子とHIMEのストロー級戦が組まれることも明らかとなっている。

両者揃って3月大会に出場しており、DEEP暫定フライ級チャンプ藤田大和の実姉はアミバに圧勝。HIMEの注目度ナンバーワンといっても過言でなかったケイト・ロータスに勝利している。

加えて29日(月)にはDEEP101で安谷屋智弘と伊藤裕樹という非常に興味深いフライ級3回戦が組まれることも発表されている。

安谷屋は20周年記念大会で松場貴志との乱打戦を制し、伊藤は2019年12月に鮎田直人にMMA初黒星を喫し、コロナ以降は先のRIZIN名古屋大会までブランクが空いていた。

喧嘩屋っぽい雰囲気ながら、実はウェルラウンダーの伊藤は藤田大和に一本勝ちを過去に収めており、先の暫定王座決定戦に関しては一物ある安谷屋との一戦は、タイトルコンテンダー争いに大きく影響を及ぼすマッチアップとなりそうだ。

同様に月曜日のリリースではJEWELS33で音波✖竹林エルの51キロキャッチウェイト戦もアナウンスされている。

The post 【DEEP101&DEEP JEWELS33】安谷屋智弘✖伊藤裕樹=注目のフライ級戦、鶴屋怜のプロ2戦目が決定!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP100 J-CAGE Report ブログ 安谷屋智弘 松場貴志

【DEEP100】ノーガードの打ち合いの中、ショートをヒットさせた安谷屋智弘が松場貴志を判定で下す

<フライ級/5分2R>
安谷屋智弘(日本)
Def.3-0:20-18.19-19.19-19.
松場貴志(日本)
※ドロー2者はマスト判定で安谷屋

ともにガードを下げて見合う両者、松場が右ローを繰り出す。安谷屋のフックに対し、バランスを崩した松場は、低い体勢から組み付こうとするも安谷屋が下がる。両者、ケージ際で左右フックを振るい合ったあと、松場が組み付いて安谷屋をケージに押し込む。離れてパンチを放つ安谷屋。すぐに松場が前に出て、安谷屋にケージを背負わせてパンチを繰り出す。さらに首相撲でコントロールしようとする松場だったが、安谷屋がパンチを振るって松場も距離を取る。

ノーガードでパンチを振り回しながら、松場がケージ際に追い込む展開の中で、安谷屋も右ローで応戦。松場の右ローをキャッチした安谷屋が、そのまま足を抱えてケージ際で松場に尻もちを着かせる。すぐに立ち上がった松場が、またも首相撲で安谷屋をケージに押し込んでいく。ケージを背にしながら、右ストレートをヒットさせる安谷屋。さらに右の追撃で松場は一瞬、腰を落とす。立ち上がった松場は、安谷屋の右ローに合わせて組み付くも、テイクダウンを奪うことはできない。最後は安谷屋が松場にケージを背負わせて、ラウンドが終了した。

最終R、大きくステップを踏む安谷屋。それを松場が追う。安谷屋が前に出ようとしたところで、松場は前足に左ロー。安谷屋は距離を取りながら、まっすぐフックを振るいながら前に出る。松場もノーガードの左右フックで応戦するが、ともにクリーンヒットは少ない。安谷屋は前後の動きの中で、離れ際に左フックと右ストレートを当てる。しかしプレッシャーをかけるのは松場。相手にケージを背負わせ、ダブルを仕掛けたがテイクダウンは奪えず。

松場が前に出ると、安谷屋も中に入らせないようパンチを振り回す。足を使う安谷屋に、右ジャブと右ローを当てる松場。さらにワンツーで相手をケージ際に追い込む。安谷屋のダブルをカットした松場は、右ハイを放った後、組み付いて安谷屋をケージに押し込む。松場の右アッパーの打ち終わりに、右フックを当てた安谷屋。その後も互いにノーガードでパンチを放つ場面もあったが、試合終了直前に安谷屋がシングルを狙い、松場の右足を抱えてケージに背中を着けさせて試合終了のゴングを聞いた。

判定は1人のジャッジが安谷屋、残り2人はドローも「マスト判定」で安谷屋を支持し、結果は安谷屋が3-0の判定勝利を収めた。


The post 【DEEP100】ノーガードの打ち合いの中、ショートをヒットさせた安谷屋智弘が松場貴志を判定で下す first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP100 Interview J-CAGE  グラチアン・サジンスキ ブログ 安谷屋智弘 松場貴志

【DEEP100】Grachan&GRAND二冠KY松場に対し、出るか池田メソッド=安谷屋智弘「少しの位置取り」

【写真】どのような位置取りで、どんな打撃を見せることができるのか。非常に楽しみな安谷屋 (C)MMAPLANET

明日21日(日)に東京都文京区のTDCホールで開催されるDEEP100で安谷屋智弘がDEEP初出場の松場貴志と対戦する。

GrachanとGrandのフライ級王者は、持ち前の空気を読まない強さを発揮し、計量後のマイクで延々と方向性の分からない挑発を続けた。

対応に困っていた安谷屋だが、ケージのなかでやるべきことは分かっている。池田浩二氏の指導で修得しつつある、劉衛流空手がベースとなった沖縄空手メソッドが生きた打撃で安谷屋はフライ級タイトル戦線へ殴り込みをかける。


──わけの分からないマイクの相手、ご苦労様でした。

「いえ、アハハハハ。ちょっとリアクションに困りましたね。まぁ、あんなことをやってきても……そんなに思うところもないし、自分は自分で気にしないでいました」

──ただ、アレが松場選手の強さともいえます。まるで空気を読まない。だからプロモーターやお客さんの目もを関係なく試合ができます。

「あぁあ、ずっと上で抑えたり。確かに映像を見て、そんな感じだと思いました(笑)。淡々と戦っていて何かが強いというのもないし、怖さもない。見た感じは全然、負ける気はしないです。でもGrachanやGrandのベルトを持っていて、チャンピオンなのである程度の強さはあるんだろうと思っていないです」

──安谷屋選手は現修斗世界フライ級王者の福田龍彌選手に勝っている試合とか、スルーされている感があります。

「いやぁ、でも一番最近の試合で秋葉太樹選手に負けてしまっているので、立場としては何もデカいこと言えないです。だからこそ、松場選手に負けていられない。こんなところで2回連続で躓けないですからね」

──沖縄では、コロナの影響なく練習はできているのでしょうか。

「ハイ。シマジリアンズでお世話になっていて、それ以外でも体育館を借りてグラップリングをやったり、技術練習をして。曹(竜也)選手とはバチバチにMMAもしています。体育館を借りた時はにっせー選手も合流していますしね」

──おお、闘心メンバーは今も一緒に練習できているのですね。池田(浩二)さんとの打撃練習も続いていますか。

「ハイ」

──池田さんの空手理論、凄く興味深いです。

「力に頼ってガチガチでやっていたのが、今は角度、ポイントを少しずらしただけで、その体の位置で逃げることができたり、相手に見ない位置から強い打撃が打てます。人間の力が入らない位置取り──正面から来る動きは強くても、そこで見えないところから打たれる打撃には脆いですからね。

本当にちょっとした位置取りなんです。その少しの差が、まるで違うという手応えを感じています。例え組んで来ても、そこで反応して同じように少しの違いで有効な攻撃ができると思います」

──それが池田先生の空手なのですね。

「池田さんが修得した劉衛流空手のメソッドをMMAに生かしてもらっています。池田さんは体の仕組みとか、凄く分かっていて。明日の試合で、練習の成果を見せたい──本当にしっかりと勝ちたいです。

今、練習でやってきたことを出し切れば絶対に負けない。KOで勝ちたいです」

──フライ級王座は暫定王者が決まります。この2人でベルトを争うのかという気持ちはなかったですか。

「僕も正直、そこはあります(笑)。だからこそ、自分もそこに名乗りを挙げることができるような試合を明日は見せたいです」

■視聴方法(予定)
2月21日(日)
午後1時45分~PPV SPWN
午後3時~サムライTV

■DEEP100計量結果
<バンタム級/5分3R>
元谷友貴:61.6キロ
昇侍:61.7キロ

<ライト級/5分3R>
北岡悟:70.75キロ
大原樹里:70.6キロ

<DEEP暫定ウェルター級王座決定戦/5分3R>
阿部大治:76.8キロ
レッツ豪太:76.85キロ

<DEEP暫定フライ級王座決定戦/5分3R>
藤田大和:56.65キロ
渋谷カズキ:56.25キロ

<フェザー級/5分3R>
牛久絢太郎:66.2キロ
中村大介:66.1キロ

<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki:66.15キロ
神田コウヤ:65.75キロ

<女子フライ級/5分2R>
杉山しずか:56.8キロ
栗山葵:56.45キロ

<メガトン級/5分2R>
関根シュレック秀樹:──キロ
誠悟:──キロ

<バンタム級/5分2R>
CORO:61.45キロ
東修平:61.55キロ

<バンタム級/5分2R>
ヒロヤ:61.7キロ
雅駿介:61.65キロ

<フライ級/5分2R>
安谷屋智弘:57.05キロ
松場貴志:57.05キロ

<バンタム級/5分2R>
力也:61.65キロ
関原翔:61.1キロ

<フェザー級/5分2R>
高塩竜司:66.05キロ
山本歩夢:66.25キロ

<フェザー級/5分2R>
西谷大成:66.3キロ
井上雄斗:66.05キロ

<フライ級/5分2R>
鶴屋怜:56.5キロ
竜己:56.2キロ

The post 【DEEP100】Grachan&GRAND二冠KY松場に対し、出るか池田メソッド=安谷屋智弘「少しの位置取り」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP100 J-CAGE News  ケイリン・メデイロス ヒロヤ ブログ レッツ豪太 中村大介 元谷友貴 北岡悟 大原樹里 安谷屋智弘 昇侍 松場貴志 牛久絢太郎 竜己 阿部大治 雅駿介 鶴屋怜

【DEEP100】計量終了 DJ.taiki「どの面下げて、下げなくて──」。松場貴志「モンモンしなさぁぁぁい」

【写真】DEEP100、20周年記念大会のメインで戦う元谷と昇侍(C)MMAPLANET

明日21日(日)に東京都文京区のTDCホールで開催されるDEEP100の計量が中野区の中野サンプラザで行われた。メガトン級で出場の関根シュレック秀樹と誠悟、レジェンドによるグラップリングタッグマッチ出場の4人以外の出場の14試合=28選手は全員が体重オーバーなく計量を終えた。

メインから順に計量、撮影、コメントという風に進んだ公式計量。そのメインで対戦する元谷友貴と昇侍、そしてセミで北岡悟と対戦する大原樹里は減量の影響か、やや声がかすれていた。

会場の笑いを一番取っていたのはDJ.taikiで、空気を読まず小芝居を延々と続け不評を買っていたのが──案の定、松場貴志だった。

第1回計量時に計量会場に到着していなかった西谷大成以外、27選手の計量後の抱負は以下の通りだ。

昇侍
「DEEPの100回記念大会にメインイベンターとして出させていただくこと、非常に光栄に思っております。メインイベントに相応しい、DEEPの100回記念大会に相応しい戦いをしたいと思うので、応援よろしくお願いします」

元谷友貴
「DEEP100のメインとして、しっかりと勝ちたいと思います」


大原樹里
「北岡選手、とても尊敬してファンだった選手ですが、それでは勝てないので尊敬と敬意をもって明日しっかりと勝ちたいと思います」

北岡悟
「えぇ、語るべき何かは明日生き残って語りたいと思います」

レッツ豪太
「この度はこのようなDEEP100回記念大会という大きな舞台に、しかも暫定王者決定戦というところに初参戦で迎えられることに感謝しつつ、さらにGLADIATORのチャンピオンなんでグラジエイターのチャンピオンとしての強さをぶつけて、明日はKOで勝ちます」

阿部大治
「明日は真っ向勝負でぶっ倒して、ベルトを獲ります」

渋谷カズキ
「今回は韓国のビョン・ジェウン選手の代役として急遽戦線となったのですが、来るべくして来た今回の戦いだと思っています。明日はしっかりと極めて次に繋げたいと思っております」

藤田大和
「今回、タイトル初挑戦ということでこういう機会を与えて下さった佐伯代表、ありとうございます。ビョン・ジェウン選手に代わって(対戦を受けてくれて)、渋谷選手ありがとうございます。明日は何が何でも獲りに行く心構えでしっかり勝ちに行きます」

中村大介
「フェザー級一発目でチャンピオンとやらせていただき、ありがとうございます。DEEPの記念すべき100大会で全選手のなかで一番楽しんで試合をしたいと思います」

牛久絢太郎
「DEEP100回記念大会で中村選手と戦えることを光栄に思います。明日はインパクトの残る試合をします」

神田コウヤ
「意気込みは扇チャンネルを見てください」

DJ.taiki
「自分は前回のタイトルマッチで凄い情けない試合をして負けてしまって、悔やんでも悔やみきれない、死んでも死にきれない、これはもう死んでも成仏できないんじゃないかと。もしかして俺は既に死んでいて、タイトルマッチでも成仏できない地縛霊なんじゃいかと思うぐらい悔しくて。そんなことを考えたりで……もしかして俺はチャンピオンになれないと成仏できないんじゃないかと。

皆よく対戦相手に対して、引導を渡してやるとか言いますけど、俺は自分自身、自分に対して引導渡してやるつもりで、チャンピオンになって引導を渡すつもりでやいたいと思います。

そして来る2月27日は田村ゆかり姫の45回目のバースデーです。こんなね、試合に負けてどの面下げてバースデーイベントに行くんだって話ですけど、今回はオンラインになってしまったので、どの面は下げないんですけど──勝って無事にオンライン・イベントを視られるように頑張ります」

栗山葵
「ええと年数とか年上とか関係ないと思っているので、今回は大きい大会なんでもっと大きく行こうと思っているんでお願いしまぁす」

杉山しずか
「良いところを出させないのが私の仕事かと思いますし、自分のやりたいことを全部出させてもらおうかと思っています。ホントはこれから伸び盛りの選手にこれからドンドン活躍してもらいたいというのがありますし、私の役目はそういう人たちに引き継いでいくというか──そういう気持ちもなくはないのですが、まぁ乗り越えられるなら乗り越えてみろという試合をしたいと思います」

東修平
「えぇ、CORO選手──明日は宜しくお願いします」

CORO
「記念すべき大会に出られて光栄です。こちらこそよろしくお願いします」

雅駿介
「ムエタイの世界からベルトも全て捨ててこの世界にやってきました。MMAでどの局面でも勝負して勝てるよう準備してきたので、明日は圧倒して勝ちます」

ヒロヤ
「明日は必ずぶち壊します」

松場貴志
「Grachanから来ました。DEEP100参戦させていただき、誠にありがとうございます。そして対戦相手のアニヤ選手、今までの試合映像全て見てきました。そして今日、確信に変わりました。その左のお尻、魚の目できていますね。大きな大きな魚の目できていますね。その大きな大きな見たことないような大きな魚の目、もうそれは魚の目じゃない。

魚だ。目じゃない。そんな相手に僕は本気を出せない。ただ私もフェアに戦いたい。そこでこれを塗ってあげます(天花粉と書かれた瓶を取り出す)。私が塗ってあげます。さぁ、アニヤ!! こっちを向いてモンモンしなさぁぁぁぁぁぁぁい」

安谷屋智弘
「アニヤじゃなくて、安谷屋です。明日はしっかりと勝って、次につなげたいと思います。松場選手、明日は宜しくお願いします」

関原翔
「DEEPは初参戦になりますが、第1試合で会場を盛り上げて他の選手につなげたいと思います」

力也
「明日は自分らしい試合をして盛り上げて、応援よろしくお願いします」

山本歩夢
「対戦相手が急遽代わったんですけど、高塩選手受けていただきありがとうございます。MMAを始めて半年でこんな大きな大会にオープニングファイトではありますが、出場させていただけることを光栄に思います。オープニングファイト一番手、鶴屋怜から良いバトンが回ってくると思いますので、僕もしっかりと勝ってジムの先輩の神田コウヤ選手に良いバトンをつなぎたいと思います」

高塩竜司
「代打出場ということで、自分は代打出場は得意で3回目なんですけど、あとオープニングファイトも自分が覚えているなかでは5試合ぐらいやらせていただいているんですけど、今回でプロの試合としては16戦目になります。ある程度、結果も求められるようになるので、反則以外のどのような手段を使っても絶対に勝ちます。勝ち方に拘らず絶対に勝ちます」

西谷大成──本計量時に間に合わずコメント無し

井上雄斗
「本戦に負けないように頑張ります」

竜己
「明日は一発目の試合なので盛り上げます」

鶴屋怜
「竜己選手、明日は良い試合しましょう」

■視聴方法(予定)
2月21日(日)
午後1時45分~PPV SPWN
午後3時~サムライTV

■DEEP100計量結果
<バンタム級/5分3R>
元谷友貴:61.6キロ
昇侍:61.7キロ

<ライト級/5分3R>
北岡悟:70.75キロ
大原樹里:70.6キロ

<DEEP暫定ウェルター級王座決定戦/5分3R>
阿部大治:76.8キロ
レッツ豪太:76.85キロ

<DEEP暫定フライ級王座決定戦/5分3R>
藤田大和:56.65キロ
渋谷カズキ:56.25キロ

<フェザー級/5分3R>
牛久絢太郎:66.2キロ
中村大介:66.1キロ

<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki:66.15キロ
神田コウヤ:65.75キロ

<女子フライ級/5分2R>
杉山しずか:56.8キロ
栗山葵:56.45キロ

<メガトン級/5分2R>
関根シュレック秀樹:──キロ
誠悟:──キロ

<バンタム級/5分2R>
CORO:61.45キロ
東修平:61.55キロ

<バンタム級/5分2R>
ヒロヤ:61.7キロ
雅駿介:61.65キロ

<フライ級/5分2R>
安谷屋智弘:57.05キロ
松場貴志:57.05キロ

<バンタム級/5分2R>
力也:61.65キロ
関原翔:61.1キロ

<フェザー級/5分2R>
高塩竜司:66.05キロ
山本歩夢:66.25キロ

<フェザー級/5分2R>
西谷大成:66.3キロ
井上雄斗:66.05キロ

<フライ級/5分2R>
鶴屋怜:56.5キロ
竜己:56.2キロ

The post 【DEEP100】計量終了 DJ.taiki「どの面下げて、下げなくて──」。松場貴志「モンモンしなさぁぁぁい」 first appeared on MMAPLANET.