カテゴリー
IRE05 MMA 勅使河原稜太 村田卓実

【IRE05】下になれる村田卓実が勅使河原の掌底しのぎ、スクランブルからバック奪取でRNC極める

【写真】下になれるMMAグラップリング、もしくはスクランブル・ブラップリングという戦い方から村田がしっかりと一本を決めた (C)MMAPLANET

14日(土)に東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。ここでは掌底有りのコンバット柔術70キロ級トーナメント準決勝第2試合──村田卓実✖勅使河原稜太戦の模様をお届けしたい。

<コンバット柔術70キロT準決勝/10分1R>
村田卓実(日本)
Def.6分03秒by RNC
勅使河原稜太(日本)

立ちレスで勅使河原が、ダックアンダーでバックに回る。村田は引き込んでガードを取り、勅使河原が掌底を落とす。足を捌いて掌底を狙う勅使河原に対し、村田は一瞬だが全く無謀に背中を見せると再びガードへ。足をきかせて、殴らせない村田がレッスルアップからシングルで勅使河原をケージに押し込む。

ここで村田が引き込むと同時に勅使河原が離れ、村田が立ち上がってきたところでケージに押し込んでいく。勅使河原のダブルレッグにギロチンをセットした村田だが、背中に金網があり動きを制限される。リバーサルに切り替え、勅使河原のスクランブルに対し、村田ががぶり再びギロチンスイープへ。

ここでも勅使河原がすぐにスクランブルに持ち込んだところで、村田がバックに回り襷で座る状態に。足はフックされていない勅使河原は、後方に掌底を見せる。村田は右手を喉下に差し込み、勅使河原の左肩を掴む。RNグリップを取らせないよう勅使河原が、村田の手首を掴むが、立ち上がりながら左手を抜き、背中乗り直してRNCへ。体を捻って、逃れた勅使河原が立ち上がる。

村田は跳びつきギロチンも、頭を抜いた勅使河原が村田を前方に押し出す。続く立ちレスの展開で、村田が前転して足を狙うが、察知して取らせなかった勅使河原が立った状態で掌底を狙う。

クローズドの中に入りつつ、左右のコンビで頬を張った勅使河原は、村田のハイガード&掌底で頭を叩かれる。続いてハーフバタフライから腹を蹴り上げる村田に対し、勅使河原の掌底の回転数が上がる。勅使河原がガードの中に収まるが、村田がギロチンスイープを決める。

立ち上がろうとする勅使河原の後ろから掌底を入れた村田は、横回転で寝技に持ち込み、ここはしっかりとワンフックに取る。村田は掌底を入れつつRNCの機会を伺い、自らが左手で勅使河原の左手首を掴んで、万全の状態に。RNクリップをセットした村田がタップを奪い──寒河江との同門決勝を決めた。


The post 【IRE05】下になれる村田卓実が勅使河原の掌底しのぎ、スクランブルからバック奪取でRNC極める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
IRE05 MMA ジャッキー・グウェン 勅使河原稜太

【IRE05】ジャッキーの下攻め(足関&掌底)に、上攻めで終始圧した勅使河原がOTで勝利し準決進出

【写真】本戦も攻勢だった勅使河原が、OTでジャッキーのサドルから苦も無くエスケープした (C)MMAPLANET

14日(土)に東京都港区のリバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催されたIRE(Imanari Roll Ecstasy)05。ここでは掌底有りのコンバット柔術70キロ級トーナメント準々決勝第3試合──掌底と足関節の応酬が見られた勅使河原稜太✖ジャッキーの一戦の模様をお届けしたい。

<コンバット柔術70キロT準々決勝/10分1R>
勅使河原稜太(日本)
Def.OT
ジャッキー・グウェン(──)

立ちレスが続き、ジャッキーが自ら肩ヒザをついて掌底で殴っていく。ここから立ちレスとなり勅使河原がダブルレッグでテイクダウンを奪うと、ジャッキーは下から掌底を連続で見せる。

上の勅使河原はケージ際に押し込み、担ぎパスでサイドへ。さらにニーインベリーからマウントに入り、ここで掌底を繰り出す。

頭を引き寄せるジャッキーだが、勅使河原は頭を抜いて左右の掌底を落とし肩固めへ移行する。極めらないと見ると、勅使河原が胸を合わせて抑えつつ掌底攻撃へ。

ジャッキーは下からブリッジ、さらにシザースで足を戻すと外掛けから外ヒールを狙う。

オーバーハンド気味のの掌底を振るう勅使河原に対し、ジャッキーは足を右ワキに抱え直して内ヒールへ。

ヒザを押して抜いた勅使河原が、ハーフでトップを取り左右の掌底から足を捌いてパスの圧をかけるが、ジャッキーも足を戻していく。ハーフで殴られ、Zカードを取ったジャッキーがクローズドに戻る。

ケージに押し込まれ窮屈な状態のジャッキーは、懸命に担ぎパスを防ぐもののハーフで掌底を受け厳しい状態が続く。とはいえ、フィニッシュできなければOTで試合は振り出しに戻る。防御に徹することが許されるコンバット柔術だけに、上の勅使河原も攻め疲れや腕がチアノーゼにならないことに留意しなければいけない。

ジャッキーがマウント掌底、バックからのRNCにも耐え、最後はシザースからの足関という展開に持ち込むも、掌底を受けながらタイムアップとなり。

IRE流OTへ。ジャンケンで勝った勅使河原が、50/50を選択。頭を抱えるジャッキーが48秒でエスケープする。後攻めジャッキーはサドルを選択したが、50/50は勅使河原9秒で足を抜き準決勝進出を決めた。


The post 【IRE05】ジャッキーの下攻め(足関&掌底)に、上攻めで終始圧した勅使河原がOTで勝利し準決進出 first appeared on MMAPLANET.