カテゴリー
J-CAGE Pancrase320 Report ブログ 冨樫健一郎 金田一孝介

【Pancrase320】「ヤン坊君は返上して」──ランク1位の冨樫に勝ち切った金田一が、松本光史戦をアピール

【写真】試合中の挑発行為も勝つためか──。金田一は非常に真面目なマイクに終始した (C)KEISUKE TAKAZAWA

13日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されたPancrase320。

ここではコ・メイン=ライト級の金田一孝介✖冨樫健一郎の模様をお伝えしたい。勝者が話したパンクラスのベルトへの想いとは──。

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
金田一孝介(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.28-29
冨樫健一郎(日本)

サウスポーの冨樫に対し、右オーバーハンド、ハイキックを見せた金田一が大きく距離を取り直す。前足のハイを蹴り、左ジャブを伸ばす金田一は冨樫の左ストレート後に、自らの目を指差し「見えている」と挑発する。

ステップを踏んで左を当て、距離を取り直す金田一は、届かない距離で拳を振るいローを入れる。距離を詰める冨樫に右ロー、右ミドルを蹴り、回りながら挑発する金田一に冨樫が2発、左を当てる。

金田一も右を伸ばし、サイドキックからダブルレッグを一気に決める。冨樫はオモプラッタも、頭を越えた金田一が抑え、スクランブル中もパンチを打っていく。

金田一の右ミドルにワンツーを入れた冨樫は、右ジャブを伸ばす。金田一は右の蹴りを使い、右回り。冨樫は追って右を届かせる。ワンツーを回ってかわした金田一は2票、冨樫が1票という初回になった。

2R、左ストレート、そしてボディを打った冨樫、金田一はスイッチするが左を被弾してオーソに戻す。さらに左を伸ばす冨樫は右ジャブ、ここから左ボディストレートにつなげる。踏み込んだ金田一は右ハイ、続くダブルは切られる。

冨樫は右ジャブ&左ボディ、金田一は右ミドルを蹴っていく。冨樫は金田一の右への移動を先回りしてワンツーをヒットさせる。

金田一はパンチからニータップ、防いだ冨樫が左を入れる。ダブルを切られた金田一は、パンチを被弾する数が増える。残り1分前にもダブルレッグを切った冨樫が、ジャブを当てられ逆にジャブを当て返す。右ハイをかわされた金田一が、左サイドキックを蹴った直後にタイムとなった。

この回はジャッジ1人が金田一、2人が冨樫を支持──も、合計では予測がつかない状況で最終回を迎えた。

3R、シングルレッグでテイクダウンを決めた金田一は、冨樫が立ち上がる際にクリンチからパンチを入れて離れる。金田一はサウスポーで左を当てると、ダブルレッグで倒してパンチをまとめていく。

冨樫が右目の下をカットし、右に回る金田一を追いかけて右を当てる。さらに右ジャブを入れた冨樫だが、前蹴りで前進を阻まれる。

逃げ切りファイトの金田一を追いかけて、ジャブやストレートを伸ばす冨樫は左フックを当てる。金田一はダブル、切った冨樫に前蹴りを続ける。残り30秒、左奥足で前蹴りを連続した金田一が冨樫の反撃を封じ、スプリット判定勝ちを手にした。

「1位の人に勝ったので、誰とやるかとかはパンクラスの関係者の方とかお客さんが決めることですけど、個人的な意見としては松本選手……正規王者が久米さん、RIZINに出ていて、暫定王者がRIZINに行きたいと宣言していて。ベルトを持っている2人が不安定なので、僕と松本さんで次期挑戦者決定戦か、暫定ください。ヤン坊君はRIZINに行きたいなら返してください。僕たち、アレ巻きたくてやっているんで。お願いします」と金田一は試合中の挑発的な態度と違い、真摯な言葉でベルトへの想いを話した。


The post 【Pancrase320】「ヤン坊君は返上して」──ランク1位の冨樫に勝ち切った金田一が、松本光史戦をアピール first appeared on MMAPLANET.