カテゴリー
DWCS S05 Ep01 LFA MMA   カーロス・キャンデラリオ キック ボクシング ヴィクター・アルタミラノ

【DWCS S05 Ep01】動いて、削って、耐えて、疲れる。激闘制したアルタミラノ「これを続けるだけ」

<フライ級/5分3R>
ヴィクター・アルタミラノ(メキシコ)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
カーロス・キャンデラリオ(米国)

遠めからボディや蹴りを見せるアルタミラノが、スピニングバックキックへ。キャンデラリオは近距離でのパンチのコンビから、右ハイを顔面に当てる。直後にシングルレッグからダブルに移行して、テイクダウンを決めたキャンデラリオは、ガードの中から鋭いパウンドを落としていく。アルタミラノは足関節に続き、スイープ狙いからスタンドに戻り、間合を取り直す。アルタミラノのダックにクリンチからダーティーボクシングのキャンデラリオが、左ローを入れる。パンチはスウェイでかわすアルタミラノだが、シングルレッグで下になると、ここも足関節を狙う。

キャンデラリオがスペースを取ると、すかさず立ち上がったアルタミラノがミドルに続きストレートをヒットさせる。キャンデラリオは直後に3度目のテイクダウンに成功し、ワキ腹から顔面にパンチを落とす。ここから顔面に左右のパウンドを連打したキャンデラリオは思い切り左ヒジを見舞っていく。アルタミラノも下からエルボーでカットに掛かるが、下のままでラウンドを終えた。

2R、アルタミラノのローに右を合わせたキャンデラリオが、左ストレートを入れる。さらにワンツーを決めたキャンデラリオは、左ストレート、右ミドルと構えを変えて攻勢を続ける。アルタミラノもダブルレッグをスプロールし、初回のように簡単に下にならないファイトを展開し、左エルボーをヒットさせる。

キャンデラリオは左ストレートからレベルチェンジ、ダブルレッグへ。ケージに押し込みテイクダウンを決める。腰を切り、あるいはハイガードと下から仕掛けるアルタミラノだがケージが窮屈で動きを制限させる。それでもアルタミラノはスクランブルからスタンドに戻ると、疲れを見せながら左を当てる。さらにヒザ蹴りから、ローと攻撃を散らすとキャンデラリオは腹が効いたか、疲れからか動きが落ちる。ハイキックの空振りから離れたアルタミラノは、テイクダウン狙いを切ってバックを伺うも、キャンデラリオも左腕を差して許さない。ここからクリンチの展開になると、ルタミラノが豪快に内股を決めたところでラウンド終了となった。

最終回、「インターバル中、4年間このために戦ってきたんだろ!」とコーナーマンの叱咤激励を受けたキャンデラリオだが、ダブルレッグを切られて左から右ストレートを被弾する。アルタミラノは右ミドルを入れ、ワンツーと攻勢に。サイドキック、右ストレートと手数も精度も上回るアルタミラノは。キャンデラリオの左オーバーハンドをよけてワンツー、左ローという対角線コンビネーションを繰り出す。

ここで組みにいったアルタミラノは、離れて左ボディ、左アッパーを打っていく。キャンデラリオはパンチを打っても姿勢を乱すなど、相当に疲れている。ここにアルタミラノは前蹴りを腹に入れる。一気呵成に前に出たアルタミラノに左を入れたキャンデラリオだが、組みは切られる。右から左ボディを打ち込んだアルタミラノは首相撲に離れ、ワンツーから左ハイを蹴る。

組んでバックに回ったアルタミラノは。RNC狙いから肩固めに移行する際に、キャンデラリオがスタンドに戻る。残り1分、シングルレッグを切られたアルタミラノは左エルボー、右ボディとキャンデラリオを圧倒する。最後の30秒、両者とも疲れるなかキャンデラリオがシングルレッグ、これでは契約は勝ち取れないとスタンドに戻りギロチンから引き込む。頭を抜いたアルタミラノが、パウンドを連打したところでタイムアップとなった。

結果、LFAフライ級正規王者アルタミラノが判定勝ちも──これがDWCSでなければ、喝采ものの激闘であったが、フィニッシュ至上主義のトライアウトの場では評価されるのは難しいか。

それでもアルタミラノは逆転勝ちに、爽やかな笑顔を浮かべて「判定を待つ間にナーバスにもなっていないし、勝ったと思った。楽しんだよ。上になろうが、下になろうがハイペースでアクションを続けた。殴られ、サブミッションも狙った。ただエンジョイした。3Rは特に、2人も疲れていたけどね。ダナが満足できたか? それはダナに聞いてよ。僕はこの結果がどうであれ、これが好きで続ける。ダナが選んでくれると嬉しいけど、そうなららなくても、僕はずっとこれを続けるだけ。それが僕のパッションなんだ」と話した。


The post 【DWCS S05 Ep01】動いて、削って、耐えて、疲れる。激闘制したアルタミラノ「これを続けるだけ」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF DWCS2021#01 GLORY LFA MMA PFL UFC カーロス・キャンデラリオ キック ボクシング ヴィクター・アルタミラノ 堀内佑馬

【DWCS2021#01】国際化目立つコンテンダーシリーズ。LFA王者かつチェロ奏者のアルタミラノに注目!!

【写真】下を厭わないメキシカンストライカー、アルタミラノを始め全試合が楽しみなコンテンダーシリーズだ(C)LFA

31日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDana White’s Contender Seriesの第1週が開催される。

昨年からTuesday Nightが省かれるようになったコンテンダーシリーズだが、現地時間の火曜日の夜に行われUFC Fight Passを通して世界中に配信されることは変化ない。ズッファが行う大会ゆえ、オクタゴンへステップアップの可能性が圧倒的に高いコンテンダーシリーズだが、その一方で出場機会を得ることも困難な状況にある。

強いのは当たり前、UFCのビジネスとして即戦力となるかが問われるコンテンダーシリーズだが、今年は米国以外の出場選手が目立っている。


メインで出場のアザマット・ムルザカノフはキャリア9勝無敗で、BRAVE CF無差別級チャンピオン。そのBRAVEでは元UFCファイターでGLORYキックでも活躍したグト・イノセンチに勝利している。対するマテウス・シェッフェウはブラジルのFuture FCのライトヘビー級王者だ。

フェザー級のディエゴ・ロピスはメキシコのLUX FLのフェザー級王者、対するジョアンデウソン・ブリトはペルーのFusion FCライト級王者から上記のFuture FCを経てLFAからコンテンダーシリーズで戦う切符を手にした。世界各国で上を目指すブラジル人同士の対戦──決してレコードが綺麗でないロピスにとって、UFCへステップアップする最大かつラストチャンスともいえる。

LFAフライ級王者としてコンテンダーシリーズに挑む、ヴィクター・アルタミラノはなかでも要注目のファイターだ。プロデビュー以来、キャリア9勝1敗という戦績でデビューもLFA、全て勝ち星をLFAで得ている。LFA9勝というのはデイモン・ジャクソンと並ぶ最多勝である一方、ジャクソンがUFCやPFLなどステップアップを果たしては、出戻って来るのとは対照的に、まだメジャーにステップアップを果たせていなかった。

チェロ奏者という意外な一面を持つアルタミラノは、フライ級ファイターとしてはスピードはそれほどない。それでも近い距離での上下の打ち分けとヒザ蹴り、遠い距離では蹴りとボディストレートがほぼ同じ位置から放たれるというメキシカン・ストライカーらしいファイターだ。

一方、下になることを厭わない。これは逆にレスリングになると、そこで下を選択するという彼のスタイルを表している。アルタミラノはグラウンド上等、ヒール、腕十字、ダース、RNC、三角絞めと多彩なサブミッションを持つ。

対して今大会2人だけの出場となる米国人選手の1人、キャンデラリオは2017年のコンテンダーシリーズで勝利を挙げているが、UFC行きはならなかった選手だ。4月にLFAで堀内佑馬と対戦予定だったが欠場した結果のコンテンダーシリーズ参戦。堀内としては複雑な心境にもなるあろう。そのキャンデラリオ、キックボクシング&レスリング、スクランブルを消化し柔術の身につけている。いってみると、典型的な北米MMAファイターのキャンデラリオも接近戦でパンチの交換を厭わない選手で、打撃でいえばボクシングの距離で戦え、倒せるパンチを有している。

既にUFCで戦える力を有している選手たちが、篩に落とされる──それだけ質が高く、かつエキサイティングなファイトを2時間というパッケージで収め、かつ人生のハイ&ローまで伝える。コンテンダーシリーズはMMAとして、コンパクトかつ良質。これらの動向を楽しむうえでも、見逃す手はない。

■視聴方法(予定)
9月1日(水・日本時間)、午前9時~UFC FIGHT PASS

■DWCS2021#01 対戦カード

<ヘビー級/5分3R>
アザマット・ムルザカノフ(ロシア)
マテウス・シェッフェウ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
ディエゴ・ロピス(ブラジル)
ジョアンデウソン・ブリト(ブラジル)

<フライ級/5分3R>
ヴィクター・アルタミラノ(メキシコ)
カーロス・キャンデラリオ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
AJ・フレッチャー(米国)
レアンドロ・ダミアニ(イタリア)

The post 【DWCS2021#01】国際化目立つコンテンダーシリーズ。LFA王者かつチェロ奏者のアルタミラノに注目!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA100 other MMA Preview カーリー・ペンギライネン クリスチャン・ナティヴィダッド ネイト・スミス ブログ ヴィクター・アルタミラノ

【LFA100】祝100回大会フライ級王座決定戦=スミス✖アルタミラノ。ペンギライネン&ナティヴィダッドも

【写真】倒されない故、打撃が強いスミスと倒されることは多いが下からの仕掛けもあるアルタミラノ (C)LFA&Zuffa/UFC

19日(金・現地時間)、カンザス州パークシティのハートマン・アリーナでLFA100「Altamirano vs Smith」が開催される。

2017年1月13日の旗揚げから、コロナ・パンデミックを経験しつつも僅か4年と1カ月でイベント開催数が大台に乗るという驚異的なペースで大会を開いてきたエド・ソアレス率いるLFAは、それだけ多くのステップアップファイターを輩出してきた。

そんなLFAにとって記念すべき100大会のメインでLFAフライ級王座決定戦=ヴィクター・アルタミラノ✖ネイト・スミス戦が組まれている。

プロMMAデビューがLFA28だったアルタミラノは、アマチュアでもLFAや前身のLegacy FCで戦ってきたファイターだ。昨年11月にロイド・マッキニーを三角絞めで破り、LFA最多の8勝目を挙げている。

とはいえフィーダーショーのLFAという位置づけを考えると、8勝目も挙げる前にステップアップを果たすのが強者の在り方だ。タイトルも初挑戦ということもあり、それだけアルタミラノも期するものがあるだろう。

対するネイト・スミスはLFAでの1勝も含めキャリア6連勝でコンテンダーシリーズへ進み、LFAフライ級王者のジミー・フリックの肩固めに敗れ今回が再起戦となる。

チェロが趣味だというアルタミラノは、サウスポーからヒザを含めたキックボクシングが得意で柔術的なガードワークと、トップを取り返してもトランジッションもサブミッションも持つ。半面、テイクダウンには脆いという印象も残している。

対するスミスはレスリングベースで、テイクダウンは受けも強いために思い切った打撃勝負ができる。フリックという、トータルMMAの時代にあって一芸が秀でたタイプのファイターにしっかりとはめ込まれて敗れてしまったものの、スミスはアベレージとしてMMAで勝ちやすいスタイルの持ち主だ。アルタミラノがそういう攻撃を仕掛けることはないかもしれないが、とにかくテイクダウン防御能力の高さが必見のスミスだ。

セミで組まれたフライ級ではカーリー・ペンギライネンの勢いがあり過ぎる、ステップインと右オーバーハンドに注目だ。ここで距離を詰めてフックの連打やヒザ蹴り、さらにバックを制してRNCと勝負所の矢継ぎ早な攻撃が、初出場となるLFAのオクタゴンでも見られるか。

セミ前のバンタム級では兄ケビンがLFAからUFCに昇格しているクリスチャン・ナティヴィダッドも、注意したいファイターといえる。

プロ3戦目、過去2試合はどちらも初回KO勝ちのナティヴィダッド、対戦相手のウールジーは1勝1敗の3戦目の選手。それだけに、ナティヴィダッド本人も何を期待されているのか、十分に理解しているだろう。

■視聴方法(予定)
2月20 日(土・日本時間)
午前11時~UFC Fight Pass

■ LFA100対戦カード

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
ヴィクター・アルタミラノ(メキシコ)
ネイト・スミス(米国)

<フライ級/5分3R>
チャールズ・ジョンソン(米国)
カーリー・ペンギライネン(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリスチャン・ナティヴィダッド(米国)
エヴァン・ウールジー(米国)

<ライト級/5分3R>
ジェラルド・スコット(米国)
トミー・アーロン(米国)

<フェザー級/5分3R>
スティーブン・グェン(米国)
ホルヘ・フアレス(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
アンバー・ダニルソンスミス(米国)
エマニュエル・モリヤー(米国)

The post 【LFA100】祝100回大会フライ級王座決定戦=スミス✖アルタミラノ。ペンギライネン&ナティヴィダッドも first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA95 other MMA Report ブログ ヴィクター・アルタミラノ

【LFA95】ヴィクター・アルタミラノ、三角絞めでマッキニーを破りLFA最多8勝目を挙げる

<フライ級/5分3R>
ヴィクター・アルタミラノ(メキシコ)
Def.2R1分57秒by 三角絞め
ロイド・マッキニー(米国)

サウスポーのマッキニーに対し、アルタミラノが左ローを蹴っていく。ハイキックからシングルレッグで尻もちをつかせたマッキニーは、アルタミラノのスイッチをボディロックで潰しにかかる。と、レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドに。マッキニーの左ミドルをキャッチしてテイクダウンを決めたアルタミラノは、ハイガードに立ち上がる。続いてスタンドに戻ったマッキニーはジャブを見せてダブルレッグで、テイクダウンを決める。

ガードの中からエルボーを落としたマッキニーは、腰を上げて足を払うがアルタミラノはクローズドの中に収める。アルタミラノは担ぎパスを許すも、すぐに足を戻す。アルタミラノはガードワークでマッキニーに有効な攻めをさせなかったが、終始下にいたためジャッジ3者がマッキニーに10-9を与えた。

2R、左フックを当てたアルタミラノは、後ろ回し蹴りを当てるが勢いは弱かった。直後にマッキニーがダブルレッグでテイクダウンに成功する。アルタミラノは反則の蹴り上げを見せ、レフェリーがブレイクを命じる。同じ状態で試合はリスタートとなり、アルタミラノはスクランブルにはいかず、三角絞めへ。腕を伸ばしつつ頭を引き寄せ上になったアルタミラノが、もう一度下になり三角をセットしなおす。パンチを落とすマッキニーだが、たまらずタップしアルタミラノが一本勝ちし戦績を8勝1敗、LFAでの勝ち星を8に伸ばした。


The post 【LFA95】ヴィクター・アルタミラノ、三角絞めでマッキニーを破りLFA最多8勝目を挙げる first appeared on MMAPLANET.