カテゴリー
MMA ONE UFC UFN198 エイドリアン・ヤネス カン・ギョンホ スタンプ・フェアテックス タリア・サントス テレンス・マッキニー デイヴィー・グラント ナタン・レヴィ ハニ・ヤヒーラ マイケル・キエーサ ミーシャ・テイト ラファ・ガルシア ルピタ・ゴディネス ローマ・ルックンブンミー

【UFN198】ゴディネス戦へ、ローマ・ルックンブンミー「私がUFC、スタンプがONEで成功するのが夢」

【写真】ローマと右がジョージ・ヒックマン、タイガームエタイMMAチームのヘッドコーチ (C)MMAPLANET

20日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスはUFC APEXで開催されるUFN198:UFN on ESPN+56「Vieira vs Tate」でローマ・ルックンブンミーがルピタ・ゴディネスと対戦する。

ムエタイベース、本来はアトム級だったローマはUFCで戦うために肉体改造に努め、今では減量が必要になるほどに。コロナ禍でも戦い続けるローマに、母国でのMMA人気の上昇、そしてもう1人のムエタイ出身のMMAファイター=スタンプ・フェアテックスについて尋ねた。


──ローマ、ルピタ・ゴディネスと土曜日に試合をします。今の気持ちを教えてください。

「凄くワクワクしていて、今すぐにでも試合がしたいぐらいよ」

──前回の試合前はコーチのジョージ・ヒックマンとガレージで練習するという状況でしたが、今はワクチンパスポートがあればプーケットは隔離無しに観光客を受け入れています。トレーニングの状況も前回とは違いましたか。

「プーケットはもう、ほとんど普通ね。もうコロナの影響もなくて、今回のキャンプは以前のようにコーチと練習仲間と行うことができたわ。米国入国もワクチンパスポートを取得したから、凄くイージーだった」

──では心身ともに前回の試合の時より充実しているということですね。

「フィジカルもメンタルも強くなっている。スポーツ・サイコロジストについてもらって、気持ちの方も万全よ。フィジカルトレーニングも含め、通常通りのトレーニングをこなすことができたから、今はダイエットが上手くいくようにって感じね」

──ストロー級で戦うのに、減量が必要になったのですね!!

「大きくなったの。でもただ食べて大きくなったわけじゃない。しっかりと練習して、ヘルシーな状態に体が大きくなったから、減量が必要になって。そして減量も上手くいっているわ」

──もうストロー級で戦っても、フィジカルでディズアドバンテージがあるとは思わない?

「ストロー級でフィジカルが劣っているとは思ってないわ。フィジカルトレーニングに力を入れて、体を大きくして、パワーもついたし体も強くなったから」

──ではゴディネスの印象を教えてください。

「いつも言っているけど、私は対戦相手のことは考えていなくてベストの状態で戦えるよう準備してきたの」

──ゴディネスはワンツーの強いパンチャーですが、レスリングや柔術もUFCでは見せています。

「私も柔術とレスリングの練習はしっかりとしているし、柔術とレスリングで攻撃してくるなら、そこで対抗できるから楽しみにしているわ」

──ところでパンデミック後、ムエタイの活動も下火です。この間、UFCはショーを続けローマも戦い続けてきました。コロナ禍でタイの人はMMAにさらに興味を持つようになったと思いますか。

「コロナが関係しているか分からないけど、MMA人気は確実にタイで高くなっている。特に若い世代、私のファンも『ローマのようにMMAで戦いたい』というようになっているし」

──ローマがインスパイアしたということですね。

「私のようにMMAを戦いたいとタイの女性が思ってくれることは、凄く嬉しいわ。誰もが夢を持つことが重要だし、夢を掴むために前に進むべきだから」

──ところで日本ではタイの女子MMAファイターといえばローマ、アム・ザ・ロケット、そしてスタンプ・フェアテックスの3人を指すと言っても過言でないです。アムはコロナの影響で試合をしていないですが、スタンプはローマと同様にシンガポールのONEを舞台に戦い続けています。プロモーションは違いますが、スタンプの活躍をどのように捉えていますか。

「私たちは子供の頃にムエタイで試合をしたこともあるの。スタンプは友人の1人で互いにサポートをし合い、モチベーションを与え合って来た仲なの。だから、彼女の活躍は凄く嬉しいわ。スタンプという同じ国の女子選手の頑張りは、私にとってポジティブな影響しかない。同じタイ人として、戦っている場所は違うけど互いの存在が力になっている。

スタンプが勝てば私はとても嬉しいしい、もっと頑張ろうと思えるの。UFCで私が成功を収め、スタンプがONEで成功する。それが私の夢よ」

■視聴方法(予定)
11月20日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFN198対戦カード

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ(ブラジル)
ミーシャ・テイト(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・キエーサ(米国)
ショーン・ブレイディ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
カン・ギョンホ(韓国)

<女子フライ級/5分3R>
ジョジョ・カルダーウッド(英国)
タリア・サントス(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス(米国)
デイヴィー・グラント(英国)

<ライト級/5分3R>
ラファ・ガルシア(メキシコ)
ナタン・レヴィ(イスラエル)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー(タイ)
ルピタ・ゴディネス(メキシコ)

<ライト級/5分3R>
テレンス・マッキニー(米国)
フェレス・ジアム(フランス)

<フライ級/5分3R>
コディー・ダーデン(米国)
アオリーチーラン(中国)

<フェザー級/5分3R>
シャ・イラン(中国)
ショーン・ソリアーノ(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ルアナ・ピニェーロ(ブラジル)
サム・ヒューズ(米国)

The post 【UFN198】ゴディネス戦へ、ローマ・ルックンブンミー「私がUFC、スタンプがONEで成功するのが夢」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Report UFC UFC ESPN23 サム・ヒューズ ブログ ローマ・ルックンブンミー

【UFC ESPN23】ローマ・ルックンブンミー、絶妙のタイクリンチ&崩しでヒューズから3-0判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー(タイ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
サム・ヒューズ(米国)

オクタゴン中央から踏み込んで右ハイを蹴ったローマが、右ローから右前蹴りを見せる。さらに前に出て右ミドル、続いて前蹴りに意を決したようにヒューズが組みついていくが、首相撲で崩されヒザをボディに受ける。絶妙の崩し&ヒザをもう1度見せたローマがボディロックテイクダウンを決めるも、寝技にはこだわらず数発のパンチからスタンドに戻る。直ぐに組んだヒューズは、ボディロックでローマをケージに押し込む。

ここもムエタイ流の崩しで上を取ったローマは、ヒューズが足をきかせてくるとスタンドに戻る。右ミドルを入れたローマに対し、ヒューズもワンツー、左ジャブを当てる。鋭いローを蹴ったローマに対し、ヒューズは左フックから組みつきケージに押し込み、大内刈りを狙ったが、切り返したローマがトップを取り時間に。

2R、前蹴りから組んで、後方に投げを打ったローマ。すぐに立ちあがったヒューズをもう1度崩していったが、ギロチンの仕掛けで上を許しスクランブルでバックを取られる。立ち上がったローマはクラッチを剥がして正対しつつ離れる。ヒューズは右を当て、右オーバーハンドを打っていく。さらに左ジャブも入れたヒューズはスーパーマンパンチに組みつく、崩しにも耐えて両ワキを差す。ローマは崩してヒザをボディに2発突きあげ、続く崩しからは顔面にニーを蹴り込む。

ウィザーでケージを背負ったローマは、シングルレッグ~ダブル~シングルを耐えきる。続く崩しでケージに頭をぶつけたヒューズに対し、ローマはワンツーから力の入ったミドルを蹴り込み、ボディロックテイクダウンを決め2Rを終えた。

最終回、まずローマは前蹴りを繰り出し、右に回る。ヒューズは左ジャブをヒット、続いて右も当てる。さらにヒューズのジャブ、左リードフックを受けたローマは首相撲からヒザ蹴り、続く崩しにヒューズがケージに押し込み。ローマはテイクダウンを許さず、ヒザを入れて時間を使う。残り半分でヒューズは自ら離れ、エルボーで前に出てきたローマに左フックを当て、逆に右エルボーを打ち込む。

再びローマをケージに押し込んだヒューズだが、テイクダウンは取れず離れた時には残り時間は75秒になっていた。右の相打ちから、スーパーマンパンチのヒューズ。直後にローマも右を入れ、前蹴りへ。飛び込んでクリンチのヒューズ、ここは打撃戦が必要だったか……。押し返してきたローマを再度、ケージに運びタイムアップとなり、ヒューズは0-3で敗れた。

巧妙な崩しでトップを奪えるローマ、体力を消耗せずトップゲームができるようになればMMAファイターとしての完成度は圧倒的に上がるだろう。


The post 【UFC ESPN23】ローマ・ルックンブンミー、絶妙のタイクリンチ&崩しでヒューズから3-0判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN16 ジン・ユ・フレイ ブログ ローマ・ルックンブンミー

【UFC ESPN16】首相撲からヒザ蹴り、ヒジ打ち。ローマ・ルックンブンミーが持ち味発揮しフレイに勝利

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー(タイ)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジン・ユ・フレイ(米国)

まず右ローを蹴ったローマ。フレイはそこに左を合わせる動きを見せる。右ハイをガードの上から蹴ったローマは、フレイのクリンチにオーバーフックでヒザを2発突き上げる。左腕を差し込みケージに押し込みたいフレイだが、首相撲に取ったローマがエルボーを入れる。フレイもエルボーを打ち返して離れると、左ストレートをヒット。ローマは右ミドルを蹴り、首相撲からヒザを2発、右エルボーから左エルボー、さらにヒザと見事なタイ・クリンチワークでフレイを攻め込む。

ケージに詰まったフレイはヒザとヒジを受けて離れると、ハイからのワンツーに真っすぐ下がる。組んだフレイだが、ボディロックで崩され首相撲でヒザ、エルボーの連続で受ける。離れたフレイにも踏み込んでエルボー、ワンツーのローマ、フレイも左エルボーを返すが初回は完全に首相撲にやられた。

2R、右頬をカットしたフレイにローマが前蹴り、右ローを入れる。フレイは距離を詰めると首相撲に捕まり、ヒザ&ヒジを受ける展開が続く。ケージに詰まってヒザとヒジの餌食になるフレイは左フックから距離を取り直す。右ハイに下がったフレイは蹴りの距離から詰めると、首相撲が待っており成すすべがない。

それでも左のカウンターを入れたフレイに対し、ローマは落ち着いて足と時間を使って戦う。自らの左ハイでバランスを崩したフレイが立ち上がるのを待っていたローマだったが、ここで左を受ける。ローに右エルボーを合わせようとしたローマが右ミドル、右前蹴り、ロー、フレイはこの回も失った。

最終回、ワンツーのフェイクから思い切って飛び込みテイクダウンを決めたフレイ。ローマはクローズドガードを取る。フレイは腰を上げ、蹴りを捌いてパスしサイドで抑える。スクランブルでバックを譲ったローマは手首を掴んで向き合い──離れる。

一つのテイクダウンがどのような影響を与えるか。ローマはワンツーで前に出て、右ローやミドルを繰り出し、近い距離ではヒジと変わらず攻めの姿勢を貫く。フレイはテイクダウン狙いを続けることがなく、スタンドでローマの間で戦ってしまった。走り込んでローを見せたローマは、左に回りながら右ロー、右ハイを見せる。ワンツーで前に出たフレイは、首相撲からヒザをボディに受けると、ここでようやくダブルレッグを仕掛けてケージに押し込んでいく。

左フックを入れて離れたフレイは、ローに左ストレートを合わせる。前蹴りを2発、右ミドルを入れたローマはタイムアップとともに勝利の雄叫びを挙げた。「フレイが良いファイターだって分かったから、しっかりと準備をしてきたの。これからも成長し続けて、前進していきたい」と勝者は話した。


The post 【UFC ESPN16】首相撲からヒザ蹴り、ヒジ打ち。ローマ・ルックンブンミーが持ち味発揮しフレイに勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC ESPN16 アイリーン・アルダナ アラテンヘイリ カーロス・コンディット ケイシー・ケニー シャルル・ジョーダン ジャーメイン・デランダミー ジュリアナ・ペニャ ジン・ユ・フレイ ブログ ホーリー・ホルム ローマ・ルックンブンミー

【UFC ESPN16】計量終了 アラテンヘイリがケイシー・ケニ―に挑み、ローマはフレイと真っ向勝負

【写真】アラテンヘイリがケイシーを相手に、どかまでやれるのか。日本のファンからすればメインよりもプレリミが興味深いかもしれない大会だ(C)Zuffa/UFC

2日(金・現地時間)、4日(日・同)にUAEはアブダビのUFC Fight Islandで開催されるUFC on ESPN16 「Holm vs Aladana」の計量が行われている。

今大会のメインは女子バンタム級のホーリー・ホルム✖アイリーン・アルダナで、セミ前も同級のジャーメイン・デランダミーとジュリアナ・ペニャ戦と、世界を制した経験のあるファイターに下位ランカーが挑む一戦が用意されている。


プレリミでもカーロス・コンディットやシャルル・ジョーダンという注目すべきファイターが出場しているが、序盤に組まれたアジア勢絡みの試合がやはり気になる。第2試合のLFA2階級制覇からUFCにステップアップし、オクタゴンで3勝1敗のケイシー・ケニーはRoad FCやクンルンファイトで活躍し、佐々木郁矢に勝利、朝倉海に敗れている中国人ファイターのアラテンヘイリと戦う。

UFCで連勝中のアラテンヘイリ、簡単ではないがケニーのテイクダウン込みの打撃と渡り合えることができれば、上位進出も見えてくるカードだ。

また第3試合ではタイのローマ・ルックンブンミーが、元Invicta世界アトム級王者で、そのインヴィクタやRoad FCで浜崎朱加、ハム・ソヒと戦ってきたジン・ユ・フレイと対戦する。

ストロー級としては小さな2人だが、今回の試合は技術的にも真っ向から渡り合えるだけに本領発揮が期待できる。そしてフレイというモノ差しを持つことで、ローマの力がどれほどなのかも図ることができる興味深いマッチアップだ。

■視聴方法(予定)
10月4日(日・日本時間)
午前8時30分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN16計量結果

<女子バンタム級/5分5R>
ホーリー・ホルム: 136ポンド(61.69キロ)
アイリーン・アルダナ: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ヨーガン・デ・カストロ: 261ポンド(118.38キロ)
カルロス・フィリッピ: 263ポンド(119.29キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ジャーメイン・デランダミー: 136ポンド(61.69キロ)
ジュリアナ・ペニャ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<バンタム級/5分3R>
カイラー・フィリップス: 136ポンド(61.69キロ)
キャメロン・エルス: 136ポンド(61.69キロ)

<ミドル級/5分3R>
デクアン・タウンゼント: 186ポンド(84.37キロ)
ドゥスコ・トドロビッチ: 186ポンド(84.37キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カーロス・コンディット: 171ポンド(77.56キロ)
コート・マッギー: 170.5ポンド(77.34キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュア・クリバオ: 145.5ポンド(66.0キロ)
シャルル・ジョーダン: 145ポンド(65.77キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョーダン・ウィリアムス: 182ポンド(82.55キロ)
ナソーディン・イマボフ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー: 116ポンド(52.62キロ)
ジン・ユ・フレイ: 116ポンド(52.62キロ)

<バンタム級/5分3R>
ケイシー・ケニー: 136ポンド(61.69キロ)
アラテンヘイリ: 136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
イエシン・アヤリ: 156ポンド(70.76キロ)
ルイジ・ヴェンドラミニ: 156ポンド(70.76キロ)

The post 【UFC ESPN16】計量終了 アラテンヘイリがケイシー・ケニ―に挑み、ローマはフレイと真っ向勝負 first appeared on MMAPLANET.