カテゴリー
BRAVE CF47 other MMA Report アブディサラム・クバチニエフ ブログ ロランド・ディ

【BRAVE CF47】体重超過のクバチニエフが、ディを立ち技&TDから寝技で寄せ付けず挑戦権手にする

<BRAVE CFライト級次期挑戦者決定戦/5分3R>
アブディサラム・クバチニエフ(キルギス)
Def.2R5分00秒by TKO
ロランド・ディ(フィリピン)

ジャブを伸ばすディが、右から左を振るう。クバチニエフの左ジャブを伸ばし、ステップインに左を合わせていく。ディの思い切りの良い右や左をレベルチェンジでかわして、パンチを伸ばすクバチニエフはローを蹴られる。ディはパンチをバックステップ、スウェイでかわされヒザを狙うが、逆に左から右を打たれる。さらにクバチニエフは左ジャブから右を当てる。

続いて右アッパーを当てたクバチニエフが、左フックを軽く被弾する。ディは左フックにダブルレッグを合わされテイクダウンを許すと、フックガードもエルボーを落とされる。クバチニエフは足を捌いて殴り、両足を束ねていく。足を戻したディだが、すぐにハーフを取られエルボーを受け、背中を見せると後方から思い切りパウンドを打たれる。ディは立ち上がるが、足払いで後方に崩され、それでもスクランブルに持ち込んだが最後は後方への投げを食らった。

2R、初回を圧倒したクバチニエフはロー、左ボディを入れ、右の相打ち後に左を当てる。さらにジャブから右フックを打ち込んだクバチニエフが、パンチを纏めて組みつくとダブルレッグでケージに押し込み、テイクダウン。右手首を引き寄せて背中をつかせ、さらにその腕に左ヒザを置いて固定し、パンチを連打する。スクランブルで胸を合わせて、離れたディが左フックをヒットさせる。

クバチニエフの拳の圧力は高く、殴り合いから組んでケージにディを押し込む。ヒザを突き刺したディに対し、クバチニエフが右エルボーからダブルレッグを決める。ハーフでエルボーを落とし、鉄槌からパンチと攻め続けるクバチニエフ。エルボーの連打に苦し気な表情を浮かべたディは、重く速いパウンドでクバチニエフがこの回も圧倒した。

と、インターバル中にレフェリーが試合終了を宣言し、クバチニエフのTKO勝ちが決まる。体重オーバーはいただけないが、圧倒的な強さを見せたクバチニエフが4月1日に組まれているアミン・アユブ✖アフメッド・アミールの勝者に挑戦する権利を得た。


The post 【BRAVE CF47】体重超過のクバチニエフが、ディを立ち技&TDから寝技で寄せ付けず挑戦権手にする first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF47 News other MMA アブディサラム・クバチニエフ イブラヒム・マネ ヌルスルタン・ルジボエフ ブログ ロランド・ディ

【BRAVE CF47】計量終了 挑戦者決定戦出場のクバチニエフが計量失敗。ルジボエフはガボン人選手と対戦

【写真】挑戦者決定戦の体重オーバーはいただけないクバチニエフだが、リーチの長いボクシング・レスラーというべきタイプの試合は興味深い(C)BRAVE CF

11日(木・現地時間)、バーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBRAVE CF47「Asian Domination」の計量が、10日(水・同)に行われた。

4週連続開催のBRAVE CFの第1弾のメイン=BRAVE CFライト級次期挑戦者決定戦アブディサラム・クバチニエフ✖ロランド・ディ。なんと前者が計量オーバーで20パーセントのファイトマネーの減額のうえ、そのまま挑戦権獲得を賭けて試合は実施されることとなった。


キルギスのWEFでマルキーニョス・ソウザと対戦し、その後はREALで来日が予定されていたが大会自体が実現しなかったウズベキスタンのヌルスルタン・ルジボエフは、アンドレアス・ストールの代役でガボン人ファイターのイブラヒム・マネと戦うことになり両者問題なく計量をパス。

アフガンのフィリピンのラフマトゥル・ユスフザイから、元々はカザフのアス・アルマバエフと対戦予定だったキルギスのリスクルベク・イブライモフと対戦がシャッフルされたフィリピ人UFCベテラン=ジネル・ラウサも体重オーバーで、クバチニエフと同様に20パーセントの減額で契約体重戦を戦うことに。

さらに63キロ契約でアゼルバイジャンのアリ・グリエフと戦うインドのラナ・ルドラは2.1キロのオーバーで、ファイトマネーを40パーセント減額されて試合に臨むなど、体重超過が目立った大会となる。

■視聴方法(予定)
3月11日(木・日本時間)、
午前10時30分~ FITE
午前10時30分~ BRAVE TV

■ BRACE CF47計量結果

<BRAVE CFライト級次期挑戦者決定戦/5分3R>
アブディサラム・クバチニエフ:71.1キロ
ロランド・ディ:70.7キロ

<フェザー級/5分3R>
キム・テキュン:65.9キロ
フセイン・カジマゴマエフ:65.9キロ

<スーパーウェルター級/5分3R>
ヌルスルタン・ルジボエフ:79.6キロ
イブラヒム・マネ:79.7キロ

<68キロ契約/5分3R>
ネマット・アブドラシトフ:67.9キロ
アンゾル・アブドゥルコザエフ:67.8キロ

<フェザー級/5分3R>
アブドゥルアジム・バダクシュ:66.1キロ
アグシン・ババエフ:66.1キロ

<フライ級/5分3R>
ジネル・ラウサ:57.8キロ
リスクルベク・イブライモフ:57.0キロ

<バンタム級/5分3R>
モハメッド・ファハッド:61.2キロ
ウルミ・カリム・シャヒーン:61.6キロ

<63キロ契約/5分3R>
ラナ・ルドラ:65.1キロ
アリ・グリエフ:62.2キロ

The post 【BRAVE CF47】計量終了 挑戦者決定戦出場のクバチニエフが計量失敗。ルジボエフはガボン人選手と対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF47 News other MMA アス・アルマバエフ アブディサラム・クバチニエフ ジネル・ラウサ ヌルスルタン・ルジボエフ ブログ ロランド・ディ

【BRAVE CF47】ASIAN Domination=中央アジアの支配力が高まるのか。ルジボエフ&アルマバエフ参戦!!

【写真】中央アジアから続々とバーレーンにファイターが集まっている (C)MMAPLANET

3月11日(金・現地時間)にバーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBRAVE CF47「Asian Domination」のラインナップが揃っている。

全8試合のラインナップにはキルギス、フィリピン、韓国、インド、パキスタン、アフガニスタン、カザフスタン、ウズベキスタン、インドとアジア全域からファイターが集まっているが、残念ながら日本人の出場はなかった。


メインのライト級次期挑戦者決定戦=アブディサラム・クバチニエフ✖ロランド・ディ、キム・テキュン✖フセイン・カジマゴマエフという既報のマッチアップ以外に決まった6試合、元UFCファイターのジネル・ラウサがBRAVE CFと契約し、ラフマトゥル・ユスフザイと対戦する。

ホゼ・トーレス、アリ・バガウディノフ、ダスティン・オーティスに加えラウサというUFCベテランが加わったBRAVE CFフライ級戦線に、中央アジア=カザフスタンから非常に興味深いファイターが今大会より参入する。それがカザフスタンのNaiza FCフライ級、そしてM-1 Challenge暫定フライ級王者のアス・アルマバエフだ。

キャリア12勝2敗のアルマバエフは、ボクシング&レスリングでテイクダウンの強さを見せる一方で、ここからパウンドで削ってからの絞め、あるいは一瞬の切り返しで極める腕十字など、局面に適した極め力を持っている。8つに試合でフィニッシュし、ギロチンでもペルヴィアンチョークへスイッチなど、やはり臨機応変さが目立つ。

対するリスクルベク・イブライモフも同じ中央アジアのキルギスのファイターで、7連勝中と右肩上がりの状態にある。

我々にはロシアの香りが非常に強い砂漠&ステップ気候の中央アジアが、今やアジア一のパワーハウスであることに気付かないと、日本人選手のアジアでのポジションはさらに下降してしまうだろう。

同じく中央アジアのウズベキスタンからは、ヌルスルタン・ルジボエフが参戦しアンドレアス・ストールと相対する。ルジボエフの名を覚えているファンがいるとすれば、相当なMMA通だ。ルジボエフは2018年11月にキルギスのWEFで日本から遠征したマルキーニョス・ソウザと対戦し、TKO勝ちを収めたファイターだ(※後日、ブレイクのタイミングがルジボエフよりだったとして、NCに変更された)。

マルキーニョス戦後は4勝3敗と調子に乗り切れないルジボエフが新天地BRAVE、そしてスーパーウェルター級という他にない階級で、UFCで2試合を経験しているスウェーデン人選手アンドレアス・ストールを相手に力を証明することができるか。楽しみな一戦だ。

■BRAVE CF47対戦カード

<ライト級次期挑戦者決定戦/5分3R>
アブディサラム・クバチニエフ(キルギス)
ロランド・ディ(フィリピン)

<フェザー級/5分3R>
キム・テキュン(韓国)
フセイン・カジマゴマエフ(スイス)

<バンタム級/5分3R>
モハメッド・ファハッド(インド)
ウルミ・カリム・シャヒーン(パキスタン)

<フライ級/5分3R>
ラフマトゥル・ユスフザイ(アフガニスタン)
ジネル・ラウサ(フィリピン)

<フライ級/5分3R>
アス・アルマバエフ(カザフスタン)
リスクルベク・イブライモフ(キルギス)

<スーパーウェルター級/5分3R>
ヌルスルタン・ルジボエフ(ウズベキスタン)
アンドレアス・ストール(スウェーデン)

<68キロ契約/5分3R>
ネマット・アブドラシトフ(キルギス)
アンゾル・アブドゥルコザエフ(ロシア)

<63キロ契約/5分3R>
ラナ・ルドラ(インド)
アリ・グリエフ(アゼルバイジャン)

The post 【BRAVE CF47】ASIAN Domination=中央アジアの支配力が高まるのか。ルジボエフ&アルマバエフ参戦!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF47 News other MMA アブディサラム・クバチニエフ キム・テキュン フセイン・カジマゴマエフ ブログ ロランド・ディ

【BRAVE CF47】メインでライト級挑戦者決定戦=クバチニエフ✖ロランド・ディ。スイスと韓国の無敗対決も

【写真】フック系でないストレート系を得意とするレスラー、キルギスはこういうタイプの選手も少なくない(C)BRAVE CF

BRAVE CFが3月から4月にかけて開催するバーレーン4週連続イベント、その第1週となる3月11日(木・現地時間)=BRAVE CF47「Asian Domination」のメインイベントを17日(水・同)に発表している。

コンバット・キングダムMMA月間第一弾のメインはライト級挑戦者決定戦=アブディサラム・クバチニエフ✖ロランド・ディに決まった。この一戦の勝者がBRAVE CFライト級王者アミン・アユブへの挑戦権を獲得する。


一方、マニー・パッキャオ以前のフィリピン・ボクシング界の国民的ヒーローであるロランド・ナパレッティを父に持つディ。

PXCバンタム級コンテンダーからフェザー級に階級を上げ、松嶋こよみを23秒でKOしているハードパンチャーだ。

BRAVEで1試合=NCで戦い、UFCにステップアップを果たしたディだが、石原夜叉坊戦を含め1勝3敗と結果は残せずリリースの憂き目に。その後は中東をターゲットとして、UAE WarriorsとBRAVEを行き来し前者ではフェザー級王座に挑戦も敗れている。

昨年9月と11月のBRAVE参戦ではライト級で戦い、減量の少ない階級がフィットしていたのか11月にはライト級チャレンジャー候補のジョン・ブレウィンを倒し、今回の挑戦者決定戦で戦う権利を得た。

リーチの長いクバチニエフがジャブとストレートで封じ込むのか、そこを上回る踏み込みとオーバーハンドをディが打ち込むことができるのか。総合力ではクバチニエフといえる一戦──果たして。

また、この日は韓国とスイスのフェザー級無敗対決が組まれることも18日(木・同)に明らかとなっている。TOP FCからDouble GFCと韓国の実力派パリーグで力をつけ、BRAVEでは現在2連勝中のキム・テキュンが、同じ7勝0敗のスイス人フセイン・カジマゴマエフと戦う。

カジマゴマエフはアマチュアと通算すると25連勝中、プロでも全てフィニッシュ勝利というアグレッシブなボクシング・レスラーだ。キム・テキュンとしては、韓国MMAの軸であるスプロール&ストライキングで削っていきたい。

The post 【BRAVE CF47】メインでライト級挑戦者決定戦=クバチニエフ✖ロランド・ディ。スイスと韓国の無敗対決も first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF44 News other MMA アフメッド・アミール アミン・アユブ クレイトン・シウバ ジョン・ブレウィン ブログ ロランド・ディ

【Brave CF44】計量終了 ライト級タイトル戦=シウバ✖アユブのフェイスオフに招かざる客アミール襲来

【写真】予定調和かアクシデントか。フェイスオフに第3者の乱入はあまり例がいない (C)BRAVE CF

5日(木・現地時間)、バーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBrave CF44の計量が行われた。

今大会のメインはBrace CFライト級王者クレイトン・シウバが、アミン・アユブの挑戦を受ける一戦だ。パンデミック後、MMA界において存在を最もましたプロモーションといっても過言でないBrave CFのライト級の頂点を争う両者がフェイスオフを行った際、思わぬ?!乱入者が現われた。


「おい、お前ら。おれは俺のベルトだろ。そうだろ?」と語気も荒く、アフメッド・アミールがフェイスオフに割って入ってきた。

王者シウバに強めるアミールは関係者に抱えられても、王者と言い合いに発展する。この混乱にさらに輪をかけたのが、今大会でロランド・ディと戦うニュージーランドのジョン・ブレウィンだ。シウバとともに過去にアミールに勝利しているブレウィンは、ディに勝ってタイトル挑戦を確実にしたいところだが、試合もないアミールに割って入られてはたまらない。

そんな状況に王者サイドは笑って受け流し、計量&フェイスオフの御役目を終えている。

今大会はライト級戦線だけでなく、ミドル級次々期挑戦権を巡り、アブドゥル・アブゥラギモフ✖ルイス・グリスマンのキャッチ戦、ミズワディレ・ハロンワの試合も要注目だ。

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)、
午前1時00分~ FITE

■Brave CF40計量結果

<Brace CFライト級選手権試合/5分3R>
[王者]クレイトン・シウバ:70.1キロ
[挑戦者]アミン・アユブ:70.1キロ

<80キロ契約/5分3R>
アブドゥル・アブゥラギモフ:79.6キロ
ルイス・グリスマン:78.9キロ

<ライト級/5分3R>
ジョン・ブレウィン:70.8キロ
ロランド・ディ:70.2キロ

<ミドル級/5分3R>
ドミニク・ショーバー:83.7キロ
ミズワディレ・ハロンワ:83.8キロ

<バンタム級/5分3R>
ジェルソン・ペレイラ:61.3キロ
ビア・シュテピン:61.6キロ

<ライト級/5分3R>
アッバス・ハーン:70.7キロ
ヤン・リアッセ:70.4キロ

The post 【Brave CF44】計量終了 ライト級タイトル戦=シウバ✖アユブのフェイスオフに招かざる客アミール襲来 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF44 other MMA アブドゥル・アブゥラギモフ アミン・アユブ クレイトン・シウバ ジョン・ブレウィン ブログ ルイス・グリスマン ロランド・ディ

【Brave CF44】11月も2連戦、第一弾でライト級タイトルマッチにウェルター、ライト級の注目株ズラリ

【写真】多彩なのは挑戦者のアユブ。それでいて勝負強さは王者クレイトン・シウバか (C)BRAVE CF

9月24日から3週連続でバーレーンはリファーのパーレーン・ナショナル・スタジアムでイベントを開催したBrave CFが11月5日(木・現地時間)と12日(木・同)に同所でBrave CF44 & 45を開催する。

現時点で45大会のカードは発表されていないが、44大会は4試合がアナウンスされておりメインでBrave CFライト級選手権試合=王者クレイトン・シウバ✖挑戦者アミン・アユブが組まれた。


昨年8月に前王者ルアン・サンチアゴとの同朋対決をRNCで勝利してベルトを巻いたシウバは、3月28日に先日のUFN180でマテウス・ガムロを下し、UFC初陣を飾ったグラム・クタテラデスと初防戦を行う予定だったが、クタテラデスが欠場となり前王者とのリマッチに変更された。しかし、同大会はコロナ・パンデミックと中止となり、シウバにとっては7カ月遅れの初防衛戦となる。

挑戦者のアユブは今では活動停止したUAEベースのデザート・フォース及びレバノンがホームのPhoenix FCからUAEW、そしてBrave CFと中東MMAプロモーションと欧州ででキャリアを積んできたフランス人選手だ。キャリアは14勝4敗で、UAEWではウェルター級王者になっている。

現在6連勝中と好調をキープしており、打撃・テイクダウン・寝技とどこでも勝負できる。そんなアユブは打撃では右オーバーハンド、ボディストレート、テイクダウンはベリー・トゥ・ベリー、寝技ではゴゴプラッタ、肩固め、RNC、腕関節と多彩な攻めを持っている。

対して王者シウバは、185センチ以上の長身で胴も長く、一部のブラジル人選手に見られる何もかも長いブラジリアン体形といる。リーチの長さをパウンド、そして絞めに生かし、消耗性にも強いチャンピオン。拮抗した勝負で流れを引き寄せると、パウンドから絞め一気に試合を終わらせることができる。アユブとしては攻めるチャンスは序盤からあるが、そこから一方的に支配するか、勝負を決めなければ反撃に移ってからのシウバは強さが増している。5Rの長丁場でスタミナ配分か、全開ファイトを展開するかも勝負の分かれ目となるだろう。

今大会では元ウェルター級王者アブドゥル・アブゥラギモフが80キロ契約で、7勝1敗&6連勝中のルイス・グリスマンと対戦する。

コロナ禍での活動再開後の第2ステージ=スウェーデン・ラウンドで共に一本勝ちを収めている両者、勝った方がミドル級との2冠を目指す王者ジャラ・フセイン・アルシラウィへの挑戦が近づくことは間違いない。

さらにニュージーランドのジョン・ブレウィン✖フィリピンのロランド・ディ=ライト級戦、キャリア唯一の敗北がUFCで大いに名前を挙げたカムザット・チマエフ戦という南アフリカ人選手のミズワンディレ・ハロンワが、オーストリアのドミニク・ショバーとマッチアップされたミドル級戦が現在決まっている。

現状、UFCへ選手に送り出す一方で、プロモーション内での覇権争いもブラジル、欧州・中東、アフリカ、そしてアジアにオセニアが加わり、激しさを増す一方のBrave CF。国際戦の多さはUFCに次ぎ、ONEに匹敵すると言っても過言でない中東のMMAプロモーション──11月の2連戦も見逃せない。

The post 【Brave CF44】11月も2連戦、第一弾でライト級タイトルマッチにウェルター、ライト級の注目株ズラリ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF42 other MMA Report ブログ マチェク・ギエルシェウスキー ロランド・ディ

【Brave CF41】余りにも攻撃がなかったギエルシェウスキーが、ロランド・ディにスプリット判定負け

<ライト級/5分3R>
ロランド・ディ(フィリピン)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
マチェク・ギエルシェウスキー(ポーランド)

本来は1階級下のディに対し、圧倒的なフィジカルの差を持つギエルシェウスキーが左ジャブを伸ばす。ダブルレッグで組みついたディが、ケージにギエルシェウスキーを押し込む。ウィザーから払い腰を狙ったギエルシェウスキーに対し、耐えたディはシングルレッグもテイクダウンを奪えない。エルボーを入れて離れたディが、ローを蹴られるがワンツーで前に出る。

直後のダブルも切られたディは、左ジャブを当てられる。ギエルシェウスキーは左右のロー、さらに右カーフから右前蹴り、さらに右ハーフを入れる。ディはボディから左フック、ギエルシェウスキーが左ミドルハイを返す。ディは右ミドルハイの直後にダブルレッグへ。ギエルシェウスキーは尻もちをつくが、すぐに立ち上がる。ここでディが左フックをヒットさせ、ギエルシェウスキーのリードフックにも左フックを合わせる。終盤も右を当てたディがダブルレッグを仕掛けたところでタイムアップに。テイクダウンを1度以外はギエルシェウスキーだが、自らの攻撃も右カーフが2発ほどでディのラウンドとなった。

2R、ギエルシェウスキーの左ローに左フックを合わせたディが、右ハイを狙う。ワンツーにも左を被せたディは、ボディを殴りガードの上から右ハイを蹴っていく。ディはギエルシェウスキーのローにフックを合わせ、ワンツーから前へ。右を伸ばしても左を打たれたギエルシェウスキーが、スイッチを織り交ぜローでディのバランスを崩す。

そのローに飛び込むようにパンチを伸ばすディは、前足にダメージの蓄積はないか? 内側、外側、左右から左足を狙うギエルシェウスキーだが、パンチでは数、精度ともにディがリードする。ディのダブルレッグは決まらなかったが、直後にギエルシェウスキーの左に右フックを合わせる。続いて左をヒットしたディはワンツーに左でカウンターを狙う。ギエルシェウスキーはディのステップインにようやく右を当て、左インサイドローでディが前方に姿勢を乱す。左の相打ちからシングルに出たディ、ギエルシェウスキーは切ってエルボーを入れた。

最終回、左ふくらはぎが赤くなっているディが、すぐにダブルレッグへ。ケージを背負ったギエルシェウスキーはヒザをボディに入れる。離れたディはミドルに左フックを繰り出す。ほぼ効果的な攻撃はカーフしかないギエルシェウスキーは、右ジャブを見せるとディの前進に距離を取る。右ボディ、左フックを当てたディは、右ショートを被弾。ギエルシェウスキーは右オーバーハンドから左ロー、組んできたディを突き放す。蹴りの位置を維持するギエルシェウスキー、ディもなかなか踏み込めなくなっている。

ジャブを見せて離れたギエルシェウスキーに、ディが右ハイを2度空振りする。指を差して、全然違うところを蹴っていると嫌らしいアピールをするギエルシェウスキー。ディは残りの30秒でシングルから押し込み、スピニングバックエルボーを狙う。離れたギエルシェウスキーは右ジャブ、ディはフック、ハイキックを放つもクリーンヒットはしない。

リーチの差がありながらカーフ以外で目立った攻撃はなく、最終回はその足への攻撃も減ったギエルシェウスキー──テイクダウンを切り続けることが主体の期待外れのファイトで、スプリット判定負けを喫した。

勝者は「もうフェザー級で戦わない。ライト級の方がコンディションが良かった」と話した。


The post 【Brave CF41】余りにも攻撃がなかったギエルシェウスキーが、ロランド・ディにスプリット判定負け first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF42 News other MMA ショーン・センテーラ ダーヴィド・ヤーコブソン フラービオ・ケイロス ブログ ホゼ・トーレス マチェク・ギエルシェウスキー ロランド・ディ ヴィリムラット・アルカソフ

【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目

【写真】センテーラ✖トーレス、北米フィーダーショーのタイトル戦以上のマッチアップだ(C)BRAVE CF

23日(水・現地時間)、24日(木・同)にバーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBrave CF42の計量が行われた。

コンバット・キングダム・シリーズ02メインとセミで、フライ級第3の核になる可能性すらあるBrave CFフライ級王座決定トーナメント準々決勝が組まれている。


バーレーン王国と王室とも関わりのあるIMMAF世界大会を2連覇した元祖IMMAF上がりのワールドクラスファイターといっても過言でないジョセ・トーレスは、米国フライ級のパイオニア=ショーン・センテーラは、セミで組まれたもう1つの準々決勝で戦うフラービオ・ケイロス、ヴェリムアド・アルカソフと揃って問題なく計量をパス。トーレスとセンテーラは言葉を発することなくフェイスオフを終えている。

今大会はコロナ禍中断から活動再開後のルーマニア&スウェーデンの6大会で飛躍のきっかけを掴んだ2人のファイターが出場するのも注目だ。

8月に8日と24日、16日でキャリア7勝目と8勝目を挙げたヤーコブソンは本来ライト級だが、スクランブル発進ということもあり先のスウェーデン2連戦では74キロキャッチウェイト、そしてウェルター級で出場し、今回はブレイブ特有のスーパーウェルター級=80キロでイブラヒム・マネと戦うこととなった。

ウェルラウンダーながら、左ミドルでKO勝ちもしているヤーコブソンがEFCやBellatorではミドル級で戦っていたマネに体力負けしないかは気になるところだ。

そのヤーコブソンがライト級として対戦を要求していたマチェク・ギエルシェウスキーは、ロランド・ディと対戦する。英国は北アイルランド在住のポリッシュ・ストライカーのギエルシェウスキーは寝技に課題が残るがゆえレコードも綺麗ではない。

それゆえに強引な組みや寝技へのトライで良さを失っていたディが、打撃勝負でいけば手があう。逆にMMAとして総合力勝負をしたときに、穴を広げずに戦った者が勝利に近づくだろう。

■視聴方法(予定)
9月25日(金・日本時間)、
午前1時00分~ FITE

■Brave CF42計量結果

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
ホゼ・トーレス:56.8キロ
ショーン・センテーラ:56.9キロ

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
フラービオ・ケイロス:56.9キロ
ヴェリムアド・アルカソフ:56.8キロ

<バンタム級/5分3R>
ハムザ・コヘジ:63.0キロ
エイデン・ジェイムス:62.7キロ

<スーパーウェルター級/5分3R>
ダーヴィド・ヤーコブソン:79.5キロ
イブラヒム・マネ:79.2キロ

<ライト級/5分3R>
ロランド・ディ:70.7キロ
マチェク・ギエルシェウスキー:70.5キロ

<アマチュア・フェザー級/3分3R>
アリ・ヤコブ:65.7キロ
アリーズ・アフメッド:66.0キロ

The post 【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目 first appeared on MMAPLANET.