カテゴリー
Report UFC UFC266 ニック・ディアス ブログ ロビー・ローラー

【UFC266】期待どおり?の乱打戦は、ローラーがボディ攻撃からの右フックでディアスをマットに沈める

<ミドル級/5分5R>
ロビー・ローラー(米国)
Def.3R0分44秒 by TKO
ニック・ディアス(米国)

開始早々、右バックスピンキックを見せたディアス。ローラーはディアスを上から潰して、パンチを浴びせていく。明らかに動きが鈍いディアスに対し、ローラーがパンチで攻め立てる。ディアスはケージを背負いながら右ボディをヒット、ケージ中央に押し戻し、ワンツーを放っていく。オーソドックスにスイッチしたディアスの右ローは当たらず。サウスポーに戻ったディアスが右ボディを当てる。

ローラーの手数が減り、ディアスの左ストレートが伸びてローラーの顔面を被せる。ディアスの左ストレートと右フックをもらったローラーに対し、ディアスはパンチで攻めていく。コツコツ小さいパンチから右ボディ、ローラーは左ハイを繰り出すもディアスはブロック。ローラーもディアスにケージを背負わせるが、パンチをクリーンヒットさせることはできず、反対にディアスのショートパンチが当たる。

ケージを背にしてパンチを打ち返すディアスが、組み付く素振りを見せるも、ローラーはこれを突き放した。そして再びケージをディアスにケージを背負わせてパンチを連打。ラウンド終了直後、ディアスは疲労の表情を見せた。

2R、距離を詰めるローラーに対し、ディアスは左の前蹴り、そして右ハイ。ディアスをケージに詰めてローラーがパンチを左ヒジを連打すると、ディアスも押し返して打ち合いに臨む。ローラーの左ミドルがボディに突き刺さり、下がるディアス。ケージ際で打ち合う両者、ディアスがローラーの右側に回ってケージ際から脱出するが、すぐにローラーにケージへ詰められてしまう。

パンチとミドルでディアスを追い立てるローラー、ディアスも右のテンカオで迎え撃つが力はない。ディアスの右ボディを食らいながら、ローラーはショートの連打で攻め立てる。またもケージ中央に戻りながら、右ボディを当てるディアスだが、ローラーの前進を止めることはできない。手を止めないローラーに対し、ディアスは首相撲に持ち込むもヒザ蹴りはヒットせず。ケージ際に追い込んでローラーがパンチとヒジを連打する。

ローラーの左ストレート、右フックがヒット。ディアスも右フックを返す。ローラーがディアスをケージに詰めて、パンチを上下に打ち分け、ディアスがケージ際から脱出してラウンドを終えた。

3R、ディアスがボディとアッパーで攻め立てる。ローラーは右フックから左ボディへ。すぐにディアスがケージを背にし、そこにローラーがパンチで攻め立てる。ディアスが前に出てきたところにローラーの右フックがクリーンヒットし、ディアスがマットにヒザを着いた。ローラーはスタンド戦を要求したいのか、その場を離れたが、ディアスは右ヒザを抑えて立ち上がることができない。その様子を見て、レフェリーが試合をストップした。


The post 【UFC266】期待どおり?の乱打戦は、ローラーがボディ攻撃からの右フックでディアスをマットに沈める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA Report UFC UFC266 アレックス・ヴァルカノフスキー ニック・ディアス ブライアン・オルテガ ブログ ロビー・ローラー ローレン・マーフィー ヴァレンチーナ・シェフシェンコ

【UFC266】計量終了 ブライアン・オルテガ「ベルトなんてクソくらえ。お前の首を掻き切ってやる」

【写真】(C)Zuffa/UFC

25日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催されるUFC266「Volkanovski vs Ortega」の計量が行われた。

ベガスの有観客PPVショーはUFC世界フェザー級選手権試合=王者アレックス・ヴォルカノフスキー✖挑戦者ブライアン・オルテガ、UFC世界女子フライ級選手権試合=王者ヴァレンチーナ・シェフチェンコ✖ローレン・マーフィー、ミドル級=ロビー・ローラー✖ニック・ディアスと、ノンタイトル&メインでないディアズ✖ローラー戦も含め、上位3試合で5分✖5Rが組まれている。


セレモニアル・ウェイインで誰よりも大きな歓声を受けたのは、6年8カ月ぶりのファイトとなるニック・ディアス、ずいぶんと大きくなったフレームをロビー・ローラーとのフェイスオフで披露した。

UFC世界女子フライ級王者シェフチェンコに挑戦するマーフィーは「私はこの試合で勝利を手にすることが分かっている。世界にショックを与えるわ。サンキュー・ベガス、ここに居られて本当に幸せよ」とコメント。

6度目の王座防衛戦に挑むシェフチェンコは「アメージングなフィーリングよ。皆のサポート、スピリットからエネルギーとパワーを得ることができるわ。明日は戦いの時、ただ勝利を目指す。レッツゴー」と話し、大きな声援を受けた。

メインのUFC世界フェザー級選手権試合、挑戦者ブライアン・オルテガとアレックス・ヴォルカノフスキーはフェイスオフで、笑顔を浮かべながら挑発をしあい、オルテガの「もう言葉はいらない。ベルトなんてクソくらえ。お前の首を掻き切ってやる」という言葉に大喜びしたファンは、続いてマイクを向けられたヴォルカノフスキーにブーイングを送る。

ヴォルカノフスキーは「ただ、あいつは何も考えずに全力を向かってくれば良いんだよ。オーストラリア、俺はオーストラリアにベルトを持って帰る。レッツゴー」と言葉を返し、ベガスのファンに向かって叫び声を挙げ、ポージングを取った。

■視聴方法(予定)
9月26日(日・日本時間)
午前7時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWライブ

■UFC266計量結果

<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]アレックス・ヴォルカノフスキー: 144.5ポンド(65.54キロ)
[挑戦者]ブライアン・オルテガ: 144ポンド(65.31キロ)

<UFC世界女子フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]ヴァレンチーナ・シェフチェンコ: 124ポンド(56.25キロ)
[挑戦者]ローレン・マーフィー: 125ポンド(56.7キロ)

<ミドル級/5分5R>
ロビー・ローラー: 184ポンド(83.46キロ)
ニック・ディアス: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ヘビー級/5分3R>
カーティス・ブレイズ: 261ポンド(118.38キロ)
ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク: 257ポンド(116.57キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジェシカ・アンドレジ: 126ポンド(57.15キロ)
シンシア・カルヴィーロ: 126ポンド(57.15キロ)

<バンタム級/5分3R>
マルロン・モラエス: 135.4ポンド(61.41キロ)
マラブ・デヴァリシビリ: 135.4ポンド(61.41キロ)

<ライト級/5分3R>
ダン・フッカー: 155.5ポンド(70.53キロ)
ナスラ・ハクパレス: 154.5ポンド(70.08キロ)

<ヘビー級/5分3R>
シャミル・アブドゥラヒモフ: 258ポンド(117.02キロ)
クリストファー・ダカウス: 231ポンド(104.77キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ: 125.5ポンド(56.92キロ)
タイラ・サントス: 125ポンド(56.7キロ)

<ライト級/5分3R>
ウロス・メディッチ: 156ポンド(70.76キロ)
ジェイリン・ターナー: 156ポンド(70.76キロ)

<ミドル級/5分3R>
ニック・マキシモフ: 185.5ポンド(84.14キロ)
コディ・ブランデージ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マシュー・セメルスバーガー: 170.5ポンド(77.34キロ)
マーティン・サノ: 170ポンド(77.11キロ)

<フェザー級/5分3R>
オマー・モラレス: 145.5ポンド(66.0キロ)
ジョナサン・ピアース: 145.5ポンド(66.0キロ)

The post 【UFC266】計量終了 ブライアン・オルテガ「ベルトなんてクソくらえ。お前の首を掻き切ってやる」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+33 UFN175 ニール・マグニー ブログ ロビー・ローラー

【UFN175】ロビー・ローラー、気持ちも切れず、前に出続けたが──マグニーが全てを受け止め判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ロビー・ローラー(米国)

ローラーがアンダードックのコ・メイン。マグニーがまず右ミドルを放つ。左ボディを入れたローラーは右を振って前に出るとダブルレッグへ。股間を抱えて耐えるマグニーは、足首を掴んでテイクダウンを許さず、クォーターネルソンで抑える。バックに回ったマグニー、ローラーは同時に立ち上がるが、ワンフックの状態で胸を合わせることはできない。

RNCを狙いつつ、フックに固執しないマグニーはワンフックから寝技に持ち込もうとするがローラーが足をすくってトップを取り返す。すぐに立ち上がったマグニーがヒザ、エルボーを入れてダブルレッグへ。テイクダウンされたローラーがシングルに出るが、ここでもマグニーはクォーターネルソンで遮断し、ワキ腹にパンチとエルボーを纏める。三角を狙う仕草も見せたマグニーが初回を取った。

2R、待ちの態勢のマグニー、ローラーは左を空振りしミドルを蹴られる。マグニーはシングルからダブル、最後はボディロックでテイクダウンを奪うと、ハーフからスクランブルでバックへ。両足をフックしRNC狙いのマグニーに対し、ローラーがどこまで気持ちを切らさずに戦えるか。

マグニーはワキを殴り、襷から肩固めへ移行し再びRNCへ。アゴを引いて耐えるローラーは、トラックポジションを取られても腰をずらしてツイスターには入れせない。マグニーはバックキープを続け、ワンフックで背中を伸ばしに掛かり、強引に絞めを狙う。後方からネッククランクのマグニーは、ローラーが立ち上がるとヒザを突き刺し、エルボーを打っていく。ここも耐えるローラー、離れると逆転の目は広がるか。マグニーはそうさせまいと左ジャブを伸ばし、ラウンド終了を迎えた。

最終回、左ローから左フックで前に出るローラー。右フックから左を打つと、意外にもマグニーが引き込む。スコアをリードしていることは確かだが、現代MMAでは余り見られない選択だ。両ワキを差して膠着を誘発させたマグニーは、ブレイクからスタンドへ。ここで逆転を掛けるローラーだが、マグニーは右からシングルレッグ、レッグリフトでバックに回る。

胸を合わせられても、ここまでと同じようにヒザとヒジを繰り出すマグニーは、離れてから左、そして右ヒザをローラーの顔面に入れる。ローラーのフックにも首相撲&ヒザで攻勢をキープしたマグニーは、ヒジを入れて離れるとジャブを繰り出す。左ハイに離れたマグニーに対し、ローラーは距離を詰めてクリンチへ。最後の20秒、離れたマグニーのジャブに拳で反撃に出られないローラーは左ハイを連続で見せるも、空を切りタイムアップに。

ジャッジはフルマークでマグニーの勝利を支持した。


カテゴリー
News UFC UFN ESPN+33 UFN175 イオン・クテレバ インパ・カサンガネイ ニール・マグニー ブログ マキ・ピトロ マゴメド・アンカラエフ ロビー・ローラー

【UFN175】計量終了 インパ・カサンガネイ、コンテンダーシリーズでサインから18日でピトロと初陣へ

【写真】ジェフ・ニールに代わり、マグニーと対戦することとなったローラー。日本のファンはローラーの方が大歓迎だろう (C)Zuffa/UFC

28日(金・現地時間)、29日(土・日)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEX開催されるUFN175:UFN on ESPN+33「Smith vs Rakic」の計量が行われている。

イベント名にある通り、アンソニー・スミスがアレクサンドル・ラキッチと対戦するライトヘビー級の一戦がメインの今大会。セミではロビー・ローラーがニール・マグニーと戦うウェルター級の一戦など、11試合が組まれている。


フェザー級注目のザビット・マゴメドシャリポフとジャイー・ロドリゲスの一戦が、ロドリゲスの足首の負傷でなくなるなど、対戦カードの変更がままあり、8月11日のコンテンダーシリーズでアンソニー・アダムスを破り、UFCと契約を果たしたばかりのファイターだ。

カサンガネイはダナ・ホワイトの「8月22日に試合をするか?」という問いかけに「イエス」と即答し、UFCとサイン。その後ピトロ戦が一度は22日に決まっていたが、今大会にリスケとなり──それでもインターバル18日での試合出場となる。

コロナ禍だからこそ、起こりえた契約とデビューかもしれないが、これが今のUFCのノーマル。そのカサンガネイは 185.5ポンドで計量をパスし、明日UFCファイター人生が始まる。

メインカード第1試合のマゴメド・アンカラエフとイオン・クテレバは、8月15日のUFC252で対戦が決まっていたがクテレバが検査で陽性となったためキャンセルされ、今大会で再び組まれた試合だ。

なおオープニングファイトでマロリー・マーチンと戦うハナ・サイファースが2ポンド・オーバーで20パーセントの没収、アレックス・カサレスと対戦するオースチン・スプリンガーにいたっては6ポンドの大量超過でファイトマネーを30パーセントカットされキャッチウェイト戦に臨むこととなっている。

■ UFN175計量結果

<ライトヘビー級/5分5R>
アンソニー・スミス: 205ポンド(92.99キロ)
アレクサンドル・ラキッチ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ロビー・ローラー: 171ポンド(77.56キロ)
ニール・マグニー: 171ポンド(77.56キロ)

<女子フライ級/5分3R>
キム・ジヨン: 126ポンド(57.15キロ)
アレクサ・グラッソ: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス: 145ポンド(65.77キロ)
ビル・アレジオ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マゴメド・アンカラエフ: 205ポンド(92.99キロ)
イオン・クテレバ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ミドル級/5分3R>
マキ・ピトロ: 184.5ポンド(83.68キロ)
インパ・カサンガネイ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ミドル級/5分3R>
ザク・カミングス: 185ポンド(83.91キロ)
アレッシオ・デキリコ: 184ポンド(83.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレックス・カサレス: 145ポンド(65.77キロ)
オースチン・スプリンガー: 151ポンド(68.49 キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)
クリスチャン・アギレラ: 170ポンド(77.11キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
エミリー・ウィットマイアー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ポリアナ・ヴィアナ: 116ポンド(52.62キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
マロリー・マーチン: 115.5ポンド(52.38キロ)
ハナ・サイファース: 117ポンド(53.07キロ)