カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+41 UFN183 ドンテイル・メイス ブログ ロッキー・マルチネス

【UFN183】最終回、組みでなく打撃勝負に行きたかったマルチネス。メイスに敗れ、オクタゴン2連敗

<ヘビー級/5分3R>
ドンテイル・メイス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ロッキー・マルチネス(グアム)

ローを蹴り合った両者、メイスが前蹴りから圧を高める。マルチネスのローに左フックを合わせたメイス。マルチネスも右オーバーハンドを狙う。ローをかわし、右ローを蹴ったマルチネスに対し、メイスがスイッチし左を伸ばす。右フックに左のカウンター、続いて右ローを入れたメイスの左フック、マルチネスは飛び込んでワンツーを打っていく。メイスはロー&縦ヒジのコンビを繰り出し、右フックを当てる。

マルチネスの後ろ回し蹴りを距離が合わず、残り1分に。ケージ際に下がっていたマルチネスに組みついたメイスが、一気にテイクダウンを決める。ハーフから左のパンチを顔面に、右をワキ腹に落としたメイスが、最後はエルボーを入れて初回を取った。

2R、左フックを振って前に出るようになったマルチネスだが、左ボディフックを受ける。ブレイクが掛かり、指を伸ばすなと注意が入る。再開後、ヒザを入れたメイスは左フックを打ってきたマルチネスの腹にワンツーを打ち込む。メイスは左ヒザを再びボディに突き刺し、左フックに右をカウンターで狙う。飛び込んで左エルボーを放ったメイス、マルチネスはボディを返す。

メイスはここでスイッチ&左ストレートを入れ、右フックへ。蹴りからオーソに戻したメイスがボディにアッパーを打ち込み、組んでケージ際へ。ショートのパンチから跳びヒザを見せたメイスがパンチを纏めるが、こういう展開にマルチネスは強い。逆にワンツーを振るって組みつき、メイスをケージに押し込む。右腕を差してきたメイスにシングルを続けたマルチネスだが、自ら腹ばいになり失敗。立ちあがったマルチネスは、アッパーから左フックを振るうも、メイスが左ハイから左右のパンチを振るいこの回も取った。

最終回、インファイトで逆転KOを狙うしか勝利の目が少ないマルチネスに対し、メイスがワンツーで先手を取り左右にサークリングを見せる。飛び込んで左エルボーを放ったメイスが、右フックを振るう。マルチネスは前に出て、右フックから左を打ちヒザ蹴りへ。メイスのシングルレッグは中途半端で、マルチネスのギロチンにヒザをつく。

立ち上がり逆にメイスがマルチネスをケージに押し込み、右を放って離れる。マルチネスは右アッパーを入れ、形勢逆転もここで組んでしまう。ここで1分以上を使ってしまったマルチネスは細かいボディ、鉄槌を太腿に打ち付けるが、ここは離れて勝負に出たい。メイスが離れたことで、ラッシュでパンチを纏めに行ったマルチネスだが、スピニングバックフィストでメイスが印象点を残す。組みから離れたマルチネスは跳びヒザを受けながら、フックを繰り出すが、時間に。両手を挙げたマルチネス、最終回は押し込みより打撃戦を続けるべきだったと思われたが──結果、メイスが3-0の判定勝ちを収めた。


The post 【UFN183】最終回、組みでなく打撃勝負に行きたかったマルチネス。メイスに敗れ、オクタゴン2連敗 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+35 UFN177 アレクサンドル・ロマノフ ブログ ロッキー・マルチネス

【UFN177】ロッキー・マルチネス、投げられ、抑えられ、殴られ。最後はロマノフの肩固めにタップ

<ヘビー級/5分3R>
アレクサンドル・ロマノフ(モルドバ)
Def.2R4分22秒by 肩固め
ロッキー・マルチネス(グアム)

サウスポーのロマノフに右ローを蹴るマルチネス。ロマノフは右サイドキックに続き、左ミドル、そしてシングルレッグでテイクダウンを奪う。潜って足関節を狙ったマルチネスは、切り抜けたロマノフにパウンドを落とされながら立ち上がるも、バックを取られ後方に豪快に投げられる。

圧倒的な迫力で攻めるロマノフは、マウントを奪取するとサイドに回ってスカーフホールド。マルチネスが頭を抜きに掛かると、立ち上がったロマノフが跳びヒザを見せ、クリンチへ。すぐにシングルを決めたロマノフは上腕をアゴに押し付け、エルボーへ。アメリカーナからマウントを取ったロマノフは鉄槌から、パンチを連打する。両手同時のスレッジハンマー、さらにパンチからエルボーを落とすロマノフは、ニーインベリーを取って殴り続ける。

参らないマルチネスは下からパンチを見せるが、クォーターマウントでエルボー、ハイマウントからもパンチを受け続ける。自らハーフ入り、サイドに回ったロマノフは左腕にヒザを置いて右手にアームロックを仕掛ける。ここからマウントを取り直し、思い切りマルチネスを殴って10-7でもおかしくない初回をまとめた。

2R、これだけ殴られても気持ちはまるで折れていないマルチネスは、ダメージも少なそうだ。ロマノフは左ミドル、スピニングバックフィストは空振りになりシングルレッグを即決める。ハーフで抑え、足を抱えてパンチのロマノフに対し、マルチネスはハーフから煽るがロマノフは胸を合わせて動かない。

エルボーを落とし肩固めに入ったロマノフは、ここからもマウントを選択する。腹に乗り不安定な状態で、腕を狙いサイドに回ったロマノフはクルスフィックスもマルチネスが左腕を抜く。ならばとマウントというよりも、腹の上に座ったロマノフはパンチ、エルボーを集中させ、またもサイドに移動する。クルスフィックス、ニーインベリー、マウントとポジションを変えるロマノフの抑えがルーズになると、マルチネスは潜ってロールへ。

察知したロマノフは自ら離れ、すぐにマウントを取り直すと肩固めをセットし体をスライドさせる。ついにはタップをしたマルチネス、タフさは見せたが盟友トレヴィン・ジョーンズのような大逆転を演じることはできなかった。


カテゴリー
News UFC UFN ESPN+35 UFN177 アンジェラ・ヒル アンドレア・リー ブログ ミッシェレ・ウォーターソン ロクサン・モダフェリ ロッキー・マルチネス

【UFN177】計量終了 DEEPメガトン王者マルチネス、身長差10センチ&10勝10決着ののロマノフとUFC初陣

【写真】公称で身長差は10センチ。マルチネス、勝てば人気が出そうな絵面だ (C)Zuffa/UFC

11日(金・現地時間)、12日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN177:UFN on ESPN+35「Waterson vs Hill」の計量が行われた。

COVID19下で初めて行われたUFC249でカーラ・エスパルザに敗れたミッシェレ・ウォーターソンが、その翌週に攻勢に見えたクラウディア・ガデーリャ戦でスプリット判定負けを喫したアンジェラ・ヒルと戦う女子ストロー級がメインの今大会。

出場24選手に計量オーバーがなく、大会当日を迎えることとなった。


7月12日から12月12日まで24週で25大会を開くUFC、次週のAPEX大会を終えると9月27日にからは再び場所をファイトアイランドに移すことになっている。この連戦では谷間のような大会があるのも事実だが、それだけに試合結果によっては頭一つ抜け出すことが可能だ。

そんな性格を持つ今大会にDEEPメガトン王者のロッキー・マルチネスがオクタゴンデビューを果たす。地元グアムのロコ・プロモーションPXCでヘビー級王者に君臨し、アジア太平洋のヘビー級の頂点からRIZINも経験したマルチネスは、同じくUFC初戦となるモルドバのアレクサンドル・ロマノフと戦う。

アンコ型の体格とは対照的に、素早いハンドスピードと真っ向勝負が持ち味のマルチネスは、10勝0敗のフィニッシャー=ロマノフ戦の結果と内容によってはロイ・ネルソン的な人気を得ることもありうる。チームメイトのトレヴィン・ジョーンズが逆転KOでUFC初勝利を飾ったのに続けるか──注目だ。

■UFN177計量結果

<女子ストロー級/5分5R>
ミッシェレ・ウォーターソン: 115ポンド(52.16キロ)
アンジェラ・ヒル: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
カーマ・ワーシー: 155.5ポンド(70.53キロ)
オットマン・アザイタル: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
アンドレア・リー: 125.5ポンド(56.92キロ)
ロクサン・モダフェリ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
エド・ハーマン: 205.5ポンド(93.21キロ)
マイク・ロドリゲス: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ライト級/5分3R>
アラン・パトリッキ: 156ポンド(70.76キロ)
ボビー・グリーン: 156ポンド(70.76キロ)

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ: 145.5ポンド(66.0キロ)
カイル・ネルソン: 145.5ポンド(66.0キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ジュリア・アヴィラ: 135ポンド(61.24キロ)
シジャラー・ユーバンクス: 135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ケビン・クルーム: 154.5ポンド(70.08キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アレクサンドル・ロマノフ: 261ポンド(118.38キロ)
ロッキー・マルチネス: 258.5ポンド(117.25キロ)

<165ポンド契約/5分3R>
ブロック・ウェーヴァー: 164ポンド(74.38キロ)
ジェイリン・ターナー: 163.5ポンド(74.16キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ブライアン・バルベレナ: 170ポンド(77.11キロ)
アンソニー・アイヴィー: 169.5ポンド(76.88キロ)

<女子フライ級/5分3R>
サビーナ・マゾ: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジャスティーン・キッシュ: 125.5ポンド(56.92キロ)