カテゴリー
PFL PFL2021#10 Report ハウシュ・マンフィオ ブログ ロイック・ラジャボフ

【PFL2021#10】ヒザ蹴り、ボディショット。腹攻めでラジャポフを削ったマンフィオがライト級王者に

【写真】ATTの盟友ナタン・シュルチの2連覇に続き、PFL世界王者となったマンフィオ(C)PFL

<ライト級決勝/5分5R>
ハウシュ・マンフィオ(ブラジル)
Def.3-049-46.:48-47.48-47
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)

ラジャポフのローにワンツーを合わせていくマンフィオ。ラジャポフはローを続け、フックを受けそうになる。さらにマンフィオは左ローにワンツーを入れる。ラジャポフは組みを選択するが、押し返され自ら離れる。マンフィオはワンツーを続け、ラジャポフの前進にはバックステップで距離を取る。

ラジャポフは荒いフックで距離を詰め、そのフックを入れて組みつくとボディにパンチを連打する。離れたラジャポフはマンフィオの右ストレートにもジャブで前に出る。マンフィオはワンツー、右ローで体を一回転させたラジャポフが組んでケージへ。体を入れ替えた離れたマンフィオが左ハイからワンツー、ラジャポフも右を返す。ラジャポフの右オーバーハンドに組みついたマンフィオがバックに回り時間となった。

2R、互いにワンツー貴重で前に出るなか、マンフィオがヒザをラジャポフの顔面に入れる。ラジャポフの右オーバーハンドに組んだマンフィオはすぐに離れ、ワンツー、右オーバーハンドを放つ。ラジャポフも右を入れて組みつく。間合いを取り直すと、勢いを増したラジャポフだが、ローで崩される。右ローを続けるマンフィオがワンツー、ラジャポフも右を返す。

ラジャポフの後ろ回し蹴りをかわしたマンフィオも右の振りが大きくなっている。ラジャポフの右カーフをチェックしたマンフィオは、後ろ回し蹴りをしっかりと見ているが、手数が少なくなっている。それでもカーフを効かせたマンフィオが左ミドルを決めて、この回も取った。

3R開始直後の接近戦で首相撲からヒザを見せたラジャポフが、離れてからも右を当てる。ラジャポフも前に出るが、空振りが続く。それでも前に出続け、ケージに詰まったマンフィオに右を打ちこんだラジャポフ。マンフィオは左に回りながらヒザ蹴り、右を見せる。ラジャポフは右と左を連続で決め、軽快に攻めていたマンフィオがスタミナの調整ラウンドとしているか。

2分を切りミドルからフックを入れたマンフィオだが、ついにダブルレッグでテイクダウンを奪われる。スクランブルにもシングルを続けたラジャポフに対し、離れたマンフィオがクリンチを選択しボディにヒザを突き上げる。拳の勢いはラジャポフに移り、守りのマンフィオを足払いで崩して時間となった。

4R、ジャブから右を伸ばす両者。フックを当てて前に出るラジャポフは、ヒザを受けてもダブルレッグを決める。マンフィオがすぐに立ち上がり、左を被弾。それでも左ミドルを連続でいれ、動きが落ちたラジャポフに右を打ち込む。続いて右ストレートボディ、前蹴りと腹を攻められるラジャポフがクリンチにも、ヒザを腹に2つ受ける。さらに右ミドル、ヒザ蹴りと腹攻めを続けるマンフィオは、ラジャポフに右ボディフックから首相撲&ヒザと攻撃の手を緩めない。

腹から顔面に標的を変えてヒザを突き上げるマンフィオが、ケージを背負うラジャポフに右ミドル、首相撲&足払いと一方的に攻める。ガードも下がったラジャポフは左フックを空振りし、歩くようにケージ際まで下がる。マンフィオはヒザ蹴り、ボディショットから足払い。立ち上がったラジャポフに左フックを放つ。マンフィオは首相撲からのヒザ蹴りを続け、限りなく100万ドルに近づく4Rとした。

最終回、ラジャポフが右オーバーハンドを当て、ショートのコンビで前に出る。首相撲で前進の遮断をはかったマンフィオは、離れて左に回る。逆転にはフィニッシュしかないラジャポフは、ここでも腹を攻められるが左右のフックを打ち込む。と、クリンチで大内刈りを決めたマンフィオは、スクランブルでもヒザを突き刺す。互いに足払いのようなローを繰り出し、マンフィオはラジャポフのシングルを切る。

ラジャポフは首相撲にアッパーを返すが、もう逆転を狙うだけの余力が残っていないか。残り1分を切り、マンフィオが右を当てヒザ蹴りからケージに移動し時間の経過を待つ。

残り30秒、最後の力を振り絞れたのはマンフィオで首相撲&ヒザを3発放ちタイムアップを迎えた。当然ジャッジの裁定はマンフィオで、PFL2021年ライト級のベルトを肩に巻き、100万ドルの小切手を手に涙した。 


The post 【PFL2021#10】ヒザ蹴り、ボディショット。腹攻めでラジャポフを削ったマンフィオがライト級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA PFL PFL2021#04 Report アクメト・アリエフ ロイック・ラジャボフ

【PFL2021#04】アリエフを失神に追い込んだラジャポフが希望繋ぐ27秒KO勝ち

<ライト級/5分3R>
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)
Def.1R0分27秒by KO
アクメト・アリエフ(ロシア)

互いにジャブを伸ばす序盤、左リードフックから右を被弾したアリエフの動きが止まる。テイクダウン狙いにアッパーを受けて潰され、パウンドの連打を受けたアリエフが失神──ラジャポフが秒殺KOで、他力本願となるがプレーオフ進出に望みをつなぐ6Pを獲得した。


The post 【PFL2021#04】アリエフを失神に追い込んだラジャポフが希望繋ぐ27秒KO勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
other MMA PFL2021#01 Report アレックス・マルチネス ブログ ロイック・ラジャボフ

【PFL2021#01】TD許し、引き込みも極め切れなかったマルチネスがラジャポフにスプリット判定勝ち

【写真】判定負けにラジャポフはごらんの表情。そしてレフェリーは、シャオリンだ(C)PFL

<ライト級/5分3R>
アレックス・マルチネス(パラグアイ)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)

左ジャブに左ローを蹴ったマルチネス、これが急所に入り試合が中断する。直ぐに再開し、ラジャポフが左フックから組んでボディロックテイクダウンを決める。マルチネスがギロチンに抱えケージを使って立ち上がる。そのまま引き込んだマルチネスだが、ラジャポフはパスをして頭を抜きサイドで抑える。ケージキックから足を戻したマルチネスの蹴り上げを捌き、パス狙いのラジャポフはスクランブルをがぶって許さない。

マルチネスは引き込んでバタフライガード、離れたラジャポフがローを蹴る。立ち上がって組んだマルチネスを小外掛けで倒したラジャポフが、スクランブルでバックを伺うも、正対したマルチネスがシングルレッグでリバーサル──直後のスクランブルでギロチンをセットする。自ら離れたマルチネスは首投げにバックを許し、後方に投げられた。

2R、マルチネスのサイドキックにも距離を詰めるラジャポフは、シングルレッグにニンジャチョークをセットする。嫌がって頭を下げたマルチネスのバックに回ろうとしたラジャポフだが、引き込まれると離れて立ち上がるのを待つ。マルチネスがスタンドに戻り、ラジャポフはボディロックでケージに押し込む。マルチネスはギロチンから引き込み、ロールして上へ。足を抱えて防いだラジャポフは、スタンドに戻るとワンツーを被弾する。

残り1分30秒、ラジャポフのシングルレッグにスイッチもバックを取れなかったマルチネスが引き込む。蹴り上げから三角を狙いのマルチネス、立ち上がったラジャポフが腕を抜き時間に。

3R、マルチネスの内回し蹴りに対し、ラジャポフは左右のフックから組んでいく。マルチネスはここでもギロチンから引き込むが、パスを許しハーフで下になりキムラを仕掛けるが、続かず右のパウンドを被弾する。マルチネスはクローズドから腰を切ってスイープ狙い。トップを維持したラジャポフはハーフから立ち上がる。

立ち上がりつつ組みに行ったマルチネスを押し倒したラジャポフがハーフで抑え、スクランブルでバックへ。胸を合わせに行ったマルチネスは、反応して起き上ろうとしたラジャポフをシングルで座らせる。ここからのギロチンは極まらず、試合はスタンドに戻りマルチネスが右オーバーハンド、スピニングバックフィストも、組まれてボディロックテイクダウンを奪われたところでタイムアップに。と、裁定は下にいることが多かったマルチネスに凱歌が挙がり、ラジャポフが唖然とした表情を浮かべた。


The post 【PFL2021#01】TD許し、引き込みも極め切れなかったマルチネスがラジャポフにスプリット判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News other MMA PFL2021#01  ケイリン・メデイロス アンソニー・ペティス クレイ・コラード ジェイソン・ソアレス ジョニー・ケース タイラー・ダイヤモンド チョ・ソンビン ナタン・シュルチ ブログ マーチン・ヘルド モヴリッド・ハイブラエフ ロイック・ラジャボフ

【PFL2021#01】ペティスがメイン。シュルチ✖ヘルド&パーマー✖ジェンキス。そしてケースは準優勝者と

【写真】メインにアンソニー・ペティス出場。セミでシュルチ✖ヘルドという愉しみなカードが決定した (C)PFL

23日(火・現地時間)、PFLが2021年シーズン第1回大会のラインナップを発表した。過去最高のロースターが集結した今年のPFLは、ライト級とフェザー級のレギュラーシーズンからテイクオフする。

既報の通り 4月23日(金・同)に開幕するPFL2021年シーズン、会場は未発表だがラスベガスで開幕する。

メインはUFCから移ってきたアンソニー・ペティスが、クレイ・コラードと対戦する。コラードのMMA戦績は18勝8敗だが、過去2年間はボクシングを主戦場としており13勝3敗3分という結果を残している。そんな米国ジェネラル層を直撃するメイン以上、MMAファンはメインカード残り3試合に体温が上がるはずだ。


セミも同じくライト級で2度のPFL世界ライト級王者ナタン・シュルチが、マーチン・ヘルドと戦う。ポーランドの足関王はBellatorでブレイクし、UFCでは北米MMAの王道に力を封じ込められながらも、スタイルをアジャスト。不可解な判定負けや、逆転ヒザ蹴りを受けるなど結果的には成功を収めることをオクタゴンではできなかったが、さらなる強さを身につけ、ロシアのACAでも再び切れのある足関節を披露している。

セミ前にはフェザー級が2試合組まれた。まずESPN2オープニングバウトはPFLで負け無し、一時は離脱が決定とも伝わっていたフェザー級連覇中のランス・パーマーと、中東=BRAVE CFフェザー級王者から北米に戻るバッバ・ジェンキンスのマッチアップとなった。

共にレスリングがベースだが、ジェンキンスはペンシルバニア州立大からスアリゾナ州立大に移り、ペンステート時代にNCAA D1の149ポンド級で準優勝、アリゾナでは157ポンドでNCAA D1を制し、この両年にオールアメリカンに輝いている。

一方、パーマーはオハイオ州立大時代に4度のオールアメリカンに輝くも、NCAA D1での最高位が準優勝で、ほかは4位が2度と8位とフォークスタイルの実績ではジェンキンスがパーマーを上回る。パーマーがPFLで比類なき強さを見せてきたのは、テイクダウンを軸とし打撃とサブミッションを使ってきたからだ。このテイクダウンで、ジェンキンスに遅れを取ると、前後にある打撃と極めの無力化する可能性もある。

とはいえMMAはMMA、フォークスタイルレスリングではない。打撃とテイクダウンの融合により、パーマーがジェンキンスをドミネイトすることも十分に考えられる潰し合いの一戦だ。

さらにもう1試合組まれたフェザー級は、モヴィッド・ハイブラエフ✖ジェイソン・ソアレスという激闘必至の超注目カードだ。

ダゲスタンレスラーのハイブラエフとTitan FCフェザー級王者ソアレスはともオールラウンダーだが、後者の方が打撃に寄ってはいる。とはいえEBIなどグラップリング大会に出場するだけの腕も組み技で持つ、ソアレスがハイブラエフを相手にこれまでMMAでは見せなかった──打撃を効かせる前の組技という試合展開に応じることも十分にありうるだろう。

プレリミメインは2019年ライト級準優勝のロイック・ラジャポフがRIZINで活躍したジョニー・ケースと戦う十分にメインカード級の対戦、そして韓国からのチャレンジとなるチョ・ソンビンは、アルファメール所属で11勝1敗──7連調中のタイラー・ダイヤモンドの激突など、見逃せない9試合が決まった。

現状フェザー級が4試合のため、あの2名の追加発表と1試合が今後明らかになるかと思われる。

■PFL2021#01対戦カード

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
カシアス・クレイ・コラード(米国)

<ライト級/5分5R>
ナタン・シュルチ(ブラジル)
マーチン・ヘルド(ポーランド)

<フェザー級/5分3R>
モヴィッド・ハイブラエフ(ロシア)
ジェイソン・ソアレス(米国)

<フェザー級/5分3R>
ランス・パーマー(米国)
バッバ・ジェンキンス(米国)

<ライト級/5分3R>
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)
ジョニー・ケース(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョイルトン・ラターバッバ(ドイツ)
オリヴィエ・オバメルシェ(カナダ)

<ライト級/5分3R>
アクメト・アリエフ(ロシア)
ミハイル・オジンツォフ(ベラルーシ)

<フェザー級/5分3R>
チョ・ソンビン(韓国)
タイラー・ダイヤモンド(米国)

<フェザー級/5分3R>
ブレンダン・ラウネーン(英国)
シェイモン・モラエス(ブラジル)

The post 【PFL2021#01】ペティスがメイン。シュルチ✖ヘルド&パーマー✖ジェンキス。そしてケースは準優勝者と first appeared on MMAPLANET.