カテゴリー
MMA UFN198 ルピタ・ゴディネス

【UFN198】打撃戦を厭わなかったゴディネスが、5度テイクダウン決めフルマークでローマを破る

<女子ストロー級/5分3R>
ルピタ・ゴディネス(メキシコ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ローマ・ルックンブーミー(タイ)

右に回りながら右の蹴りを見せるローマ。ゴディネスは踏み込んでワンツー、そしてローを蹴っていく。そのワンツーに右ミドルを蹴ったローマは、蹴り足をキャッチされ組まれると首投げを決める。すぐに立ち上がった両者、ローマはゴディネスをケージに押し込むも、体を入れ替えられる。ゴディネスが間合を取り直し、ローマが右の蹴りを繰り出す。

ゴディネスはワンツーで前に出ると、左を当ててクリンチに。オーバーフックのローマは小外掛けを防ぎ、腹にヒザを入れる、ボディロロックテイクダウンをケージを使って耐えたローマはボディにニー、顔にエルボーを打っていく。ゴディネスはテイクダウンを諦めて離れると、ローマが飛び込んで右ストレート、続いて右ミドル、そして右ハイを蹴っていく。ゴディネスは左ミドルを蹴り、ハイを見せたローマをローダブルレッグでテイクダウンしトップでラウンド終了を迎えた。

2R、まず右ハイを蹴ったローマはワンツーに真っすぐ下がり、左を被弾する。ゴディネスはレベルチェンジからダブルレッグでテイクダウンを決めると、パスしてサイドへ。反対の足でニーインベリー──というか、ニーオンチェストで殴るゴディネスに対し、ローマはスクランブルに持ち込みスタンドへ戻る。ゴディネスはバックを制したまま、逆側のケージまで移動する。ローマは後方へのエルボーを入れ、前方にゴディネスを落とす形で距離を取り直す。

ヒザを合わされながらテイクダウンを決めたゴディネスは足を束ね、ケージにローマを押し込む。下からのエルボーにも左足を抜いたゴディネスが頭を押しつけ、ローマの背中をマットにつけさせる。ゴディネスはハーフからキムラを狙いつつ、定石通りマウントに。同時に背中を見せたローマは、殴られながら腰を上げるも前方には落とせずゴディネスのラウンドとなった。

最終回、距離を取るゴディネスはローマの前蹴りの直後にシングルを仕掛け、テイクダウンを決める。即サイドで抑えたゴディネスが、立ち上がったローマのエルボーを受けながらヒザ十字をセットしていく。トーホールドに切り替えたゴディネスだが、足を抜いたローマがトップに。クローズドの中でボディを殴るローマに対し、ゴディネスが下からエルボーを入れる。

ローマも細かいパンチ、エルボーを入れるが、ゴディネスは背中を譲りつつスタンドへ。ヒザを後方から蹴るローマは胸を合わせたゴディネスのシングルこそ切るが、続くダブルレッグでテイクダウンを許す。ゴディネスはハーフからマウント、バックマウントへ。ローマが腰を上げ、ゴディネスは自ら着地して正対する。ケージにゴディネスを押し込んだローマはヒザを続けたが、インパクトのある攻撃はできず時間に。

ゴディネスがフルマークで判定勝ちを手にした。


The post 【UFN198】打撃戦を厭わなかったゴディネスが、5度テイクダウン決めフルマークでローマを破る first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA ONE UFC UFN198 エイドリアン・ヤネス カン・ギョンホ スタンプ・フェアテックス タリア・サントス テレンス・マッキニー デイヴィー・グラント ナタン・レヴィ ハニ・ヤヒーラ マイケル・キエーサ ミーシャ・テイト ラファ・ガルシア ルピタ・ゴディネス ローマ・ルックンブンミー

【UFN198】ゴディネス戦へ、ローマ・ルックンブンミー「私がUFC、スタンプがONEで成功するのが夢」

【写真】ローマと右がジョージ・ヒックマン、タイガームエタイMMAチームのヘッドコーチ (C)MMAPLANET

20日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスはUFC APEXで開催されるUFN198:UFN on ESPN+56「Vieira vs Tate」でローマ・ルックンブンミーがルピタ・ゴディネスと対戦する。

ムエタイベース、本来はアトム級だったローマはUFCで戦うために肉体改造に努め、今では減量が必要になるほどに。コロナ禍でも戦い続けるローマに、母国でのMMA人気の上昇、そしてもう1人のムエタイ出身のMMAファイター=スタンプ・フェアテックスについて尋ねた。


──ローマ、ルピタ・ゴディネスと土曜日に試合をします。今の気持ちを教えてください。

「凄くワクワクしていて、今すぐにでも試合がしたいぐらいよ」

──前回の試合前はコーチのジョージ・ヒックマンとガレージで練習するという状況でしたが、今はワクチンパスポートがあればプーケットは隔離無しに観光客を受け入れています。トレーニングの状況も前回とは違いましたか。

「プーケットはもう、ほとんど普通ね。もうコロナの影響もなくて、今回のキャンプは以前のようにコーチと練習仲間と行うことができたわ。米国入国もワクチンパスポートを取得したから、凄くイージーだった」

──では心身ともに前回の試合の時より充実しているということですね。

「フィジカルもメンタルも強くなっている。スポーツ・サイコロジストについてもらって、気持ちの方も万全よ。フィジカルトレーニングも含め、通常通りのトレーニングをこなすことができたから、今はダイエットが上手くいくようにって感じね」

──ストロー級で戦うのに、減量が必要になったのですね!!

「大きくなったの。でもただ食べて大きくなったわけじゃない。しっかりと練習して、ヘルシーな状態に体が大きくなったから、減量が必要になって。そして減量も上手くいっているわ」

──もうストロー級で戦っても、フィジカルでディズアドバンテージがあるとは思わない?

「ストロー級でフィジカルが劣っているとは思ってないわ。フィジカルトレーニングに力を入れて、体を大きくして、パワーもついたし体も強くなったから」

──ではゴディネスの印象を教えてください。

「いつも言っているけど、私は対戦相手のことは考えていなくてベストの状態で戦えるよう準備してきたの」

──ゴディネスはワンツーの強いパンチャーですが、レスリングや柔術もUFCでは見せています。

「私も柔術とレスリングの練習はしっかりとしているし、柔術とレスリングで攻撃してくるなら、そこで対抗できるから楽しみにしているわ」

──ところでパンデミック後、ムエタイの活動も下火です。この間、UFCはショーを続けローマも戦い続けてきました。コロナ禍でタイの人はMMAにさらに興味を持つようになったと思いますか。

「コロナが関係しているか分からないけど、MMA人気は確実にタイで高くなっている。特に若い世代、私のファンも『ローマのようにMMAで戦いたい』というようになっているし」

──ローマがインスパイアしたということですね。

「私のようにMMAを戦いたいとタイの女性が思ってくれることは、凄く嬉しいわ。誰もが夢を持つことが重要だし、夢を掴むために前に進むべきだから」

──ところで日本ではタイの女子MMAファイターといえばローマ、アム・ザ・ロケット、そしてスタンプ・フェアテックスの3人を指すと言っても過言でないです。アムはコロナの影響で試合をしていないですが、スタンプはローマと同様にシンガポールのONEを舞台に戦い続けています。プロモーションは違いますが、スタンプの活躍をどのように捉えていますか。

「私たちは子供の頃にムエタイで試合をしたこともあるの。スタンプは友人の1人で互いにサポートをし合い、モチベーションを与え合って来た仲なの。だから、彼女の活躍は凄く嬉しいわ。スタンプという同じ国の女子選手の頑張りは、私にとってポジティブな影響しかない。同じタイ人として、戦っている場所は違うけど互いの存在が力になっている。

スタンプが勝てば私はとても嬉しいしい、もっと頑張ろうと思えるの。UFCで私が成功を収め、スタンプがONEで成功する。それが私の夢よ」

■視聴方法(予定)
11月20日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFN198対戦カード

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ(ブラジル)
ミーシャ・テイト(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・キエーサ(米国)
ショーン・ブレイディ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
カン・ギョンホ(韓国)

<女子フライ級/5分3R>
ジョジョ・カルダーウッド(英国)
タリア・サントス(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス(米国)
デイヴィー・グラント(英国)

<ライト級/5分3R>
ラファ・ガルシア(メキシコ)
ナタン・レヴィ(イスラエル)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー(タイ)
ルピタ・ゴディネス(メキシコ)

<ライト級/5分3R>
テレンス・マッキニー(米国)
フェレス・ジアム(フランス)

<フライ級/5分3R>
コディー・ダーデン(米国)
アオリーチーラン(中国)

<フェザー級/5分3R>
シャ・イラン(中国)
ショーン・ソリアーノ(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ルアナ・ピニェーロ(ブラジル)
サム・ヒューズ(米国)

The post 【UFN198】ゴディネス戦へ、ローマ・ルックンブンミー「私がUFC、スタンプがONEで成功するのが夢」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
LFA94 other MMA Report ブログ ルピタ・ゴディネス ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA94】What a fight !!!!!! ゴディネス、抜群の打撃を見せ、粘るデモパウロスに2-0で判定勝ち、新王者に

<LFA女子ストロー級選手権試合/5分5R>
ルピタ・ゴディネス(メキシコ)
Def.2-0:49-46.48-47.47-47
ヴァネッサ・デモパウロス(米国)

7月に逆転一本勝ちで王者となったデモパウロスは、コンテンダーシリーズで敗れ仕切り直しの王座初防衛戦に挑む。まずゴディネスはデモパウロスの左ローに右を合わせる。尻もちをついたチャンピオンはすぐに立ち上がる。右フックにワンツーを合わせたゴディネスが、右ストレートもヒットさせる。

打撃で優勢のチャレンジャーは、デモパウロスのワンツーをバックステップでかわしてワンツー、右フックを当てる。さらに前蹴りを捌いて右を入れたゴディネスが右フックを続ける。組んでヒザをボディに入れたデモパウロスだが、ワンツーを被弾しシングルレッグを切られる。ここから右腕を差しあげて、ケージにゴディネスを押し込む。アゴを押して離れたデモパウロスは、そのまま引き込みを見せるがゴディネスは付き合わず、スタンドで待ち受ける。立ち上がったチャンピオンに右ストレートを当て、パンチをまとめたチャレンジャーは左ジャブの相打ちも打ち勝つ。

デモパウロスは右ハイを当てたが、直後にゴディネスがパンチを纏めテイクダウン狙いも切り、逆にケージに押し込む。寝技に持ち込めないばかりか、完全に打撃戦で遅れを取ったチャンピオンは、ジャッジ3者とも9-10をつけ初回を落とした。

2R、デモパウロスが左ロー、ゴディネスが1Rに続き右ストレートをしっかりとヒットさせ、空間を支配する。組んでも倒せないチャンピオンは、右ボディから左を見せ、左フックが相打ちに。直後に右を効かせたゴディネスが、左を打ち込み王者が怯むシーンも。ハイに右を合わしたゴディネスは左ロングフック、そして右を真っすぐ打っていく。パンチだけでなく、そこからローを当てたゴディネスに対し、デモパウロスが引き込んでタイトルを取った時のフィニッシュ──モディファイドを三角を狙う。

しかし、ゴディネスは慌てることなく頭を抜いてスタンドに戻ると、デモパウロスの立ち上がり際に左を入れる。足に来た王者にラッシュをかけたゴディネスは、この回を10-8とした。

3R、デモパウロスがパンチを纏めて、ローを蹴る。さらに組んでダーティーボクシングと、心は折れていないことを示す。しかしゴディネスはワンツーを入れ、組まれても余裕の対処。ワンツーから左、左リードフックを入れるチャレンジャーは、攻め急ぐことなく試合をコントロールする。対してチャンピオンは右目の下をカットし、流血し厳しい状態に。左フックから右ストレートを当てたゴディネスは、蹴り足を掴んで崩す。転がされたデモパウロスは、立ち上がってもボディを打たれる。

ならばと接近戦で打ち合いを仕掛けたデモパウロスだが、ゴディネスは何と組んでテイクダウンを決めてしまう。そして寝技に付き合わないという、デモパウロスにとっては地獄のような展開に。それでも右を当てたチャンピオンだったが、直後にストレートを打たれ3Rを終えてのスコアは30-26✖2、29-27という厳しい状態になった。

4R、デモパウロスのステップインに左フックを合わせ、右ボディを入れたゴディネス。さらに左フックを打ち抜く。組んでエルボーを放つ王者は、イマナリロールに左を合わされる。なぜ殴られたのか、理解できないような表情を見せたデモパウロスはスタンドに戻り左ジャブを被弾する。

さらに左アッパー、右、ローと思うがままに攻めるゴディネスに対し、デモパウロスが笑顔を見せる。直後にヒザをボディに入れたチャンピオンは、どれだけ殴られても戦意が衰えない。よってパンチを被弾する数が増えるが、それでもパンチにヒザを合わせ、ハイキックを決める。ゴディネスもこれで左頬をカットした。

40-36、39-37、38-37と挑戦者優位で迎えた最終回。それでもジャッジ2人は4Rをデモパウロスにつけている。右フックを振るい、前に出るデモパウロス。バランスを崩しても、直ぐに立ち上がって踏み込んでいく。と、デモパウロスは打撃戦のさなかにダブルレッグでテイクダウンを決める。パス狙いの王者に対し、ハーフで二重がらみのゴディネスはここから潜る仕草も見せる。

これだけ打撃ができ、寝技もアベレージ以上のゴディネスはエルボーを被弾しても、スクランブルへ。デモパウロスは立ち上がったゴディネスにジャンピングガ―ド。ケージ際に移動したチャレンジャーが、チャンピオンの背中をマットにつけさせる。残り1分、デモパウロスがケージを蹴り腰を切った刹那、立ち上がったゴディネス。キャリア5戦目とは思えない試合巧者ぶりを5Rになっても見せている。

デモパウロスも勝負を諦めず、前に出てアッパー、フックを振るう。ゴディネスも右を返してタイムアップに。最終回は取り返したチャンピオンだが、ポイント的には逆転には至らない。それでも最後まで諦めない姿勢は、見事。その勢いに乗らされたように、ゴディネスも真っ向勝負の最終局面となった。

ジャッジの裁定は2-0でゴディネスが新ストロー級王者に。「彼女はスーパータフ。本当に驚かされたわ。でも、勝てて嬉しいわ。私がUFC以外ではナンバーワン。UFCに行く、それしか考えていない」とゴディネスは話した。


The post 【LFA94】What a fight !!!!!! ゴディネス、抜群の打撃を見せ、粘るデモパウロスに2-0で判定勝ち、新王者に first appeared on MMAPLANET.