カテゴリー
Grachan48 J-CAGE Report ブログ ルクク・ダリ 桜井隆多 藤村健悟 長岡弘樹

【Grachan48】長岡弘樹が桜井隆多越え。GRANDウェルター級統一王者に。ライト級はダリ、藤村が勝利

【写真】王座統一を果たした長岡弘樹、念願の桜井戦で競り勝った(C)NOB YASUMURA

20日(日)、東京都大田区の大田区産業プラザPIOでGRACHAN48開催され、メインイベントはGRANDウェルター級王座と統一戦で暫定王者・長岡弘樹が正規王者・桜井隆多を破った。
Text by Nob Yasumura


<GRANDウェルター級王座決定戦/5分3R>
長岡弘樹(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
桜井隆多(日本)

1R開始と同時に、桜井が右前蹴り。これをキャッチした長岡はすぐにテイクダウンし、パウンド&ヒジで追い込む。下の桜井は三角絞めから腕十字、オモプラッタを仕掛けていく。

腕を引き抜き脱出した長岡は桜井を抑え込んでパウンドへ。密着して防いだ桜井が、スクランブルに持ち込みギロチンチョークへ。ここで1R終了した。

2R、長岡はパンチを出しながら組み付いて桜井の足を掴んでテイクダウン、パウンドを落としながらそのまま抑え込む。桜井は立ち上がって脱出を狙うものの、長岡は執拗にテイクダウンを仕掛ける。がぶった桜井だが、長岡は密着し続けしつこくテイクダウン狙い。バックに回った長岡だが、桜井が振りほどくとパウンドで反撃に出た。

最終回、長岡の寝技の密着の前に苦戦を強いられた桜井はパンチ勝負へ。長岡を追い込み、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。桜井は抑え込んでボディにパンチを入れ、肩固めを狙うものの長岡が耐えきり──試合終了。判定で長岡が勝利した。

<ライト級/5分2R>
藤村健吾(日本)
Def.3-0
篠原アンジェロ(日本)

セミでウェルター級から階級を変更したルクク・ダリが、笹川JPに判定勝ちを収め、動き始めたライト級戦線で、さらなる成長が期待される藤村が、カルロス・トヨタの教え篠原ジャンジェロと対戦。

初回、篠原の左ハイをバックステップで交わした藤村はシングルレッグへ。がぶった篠原が藤村のバックに回り、RNCを狙う。これを凌いだ藤村は胸を合わせてトップを奪うと、そのままキープし、パウンド、ヒジを落とす。

さらに藤村はアームロックを狙い、腕十字に移行する。腕を抜いた篠原は再び藤村のバックについて、パンチを打っていく。藤村が上を取り返し、1Rが終了した。

最終回、藤村がダブルレッグへ。がぶった篠原はギロチンをセットアップも、頭首を抜いた藤村が抑え込む。フィニッシュの機会を伺った藤村だが、その展開に持ち込めずにタイムアップも判定勝ちを手にした。

The post 【Grachan48】長岡弘樹が桜井隆多越え。GRANDウェルター級統一王者に。ライト級はダリ、藤村が勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Grachan48 J-CAGE News ブログ ルクク・ダリ 岸本篤史 桜井隆多 長岡弘樹

【Grachan48】6月20日はJ-MMA Day。グラチャンで桜井隆多✖長岡弘樹のGrandウェルター級王座統一戦

【写真】暫定王者にとって、念願の統一戦となる (C)MMAPLANET

14日(金)、Grachanより6月20日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIO で開催されるGRACHAN48のカードが発表された。

メインはGRANDウェルター級王座決定戦=正規王者=桜井隆多✖暫定王者=長岡弘樹の一戦が──既に長岡がSNSで公表していたが、正式発表されたこととなる。


この両者は昨年9月大会でチャンピオン桜井に長岡が挑戦予定だったが、桜井の負傷欠場により試合が不成立となり長岡が暫定王者に認定されていた。

グラチャンの規定では防衛戦期限は1年で、桜井は3カ月後までに王座防衛が義務付けられていたが、長岡の強い要望により、今回王座統一戦が行われる運びとなった。

根性の腕十字でルクク・ダリから王座を奪取して以来、1年7カ月──49歳になった鉄人と、同じく根性のスクランブルMMAが信条の長岡。長岡とすれば戦わずに手にしたベルトに魂を混入したい一戦となる。

またルクク・ダリがライト級に転向、4月大会では会場変更の荒波にも動じずメインの大役を担い切り、5大会連続出場となる岸本篤史とのマッチアップも決まっている。

同日はDEEPが東京で大会を開き、修斗は大阪大会が予定される。6月20日はJ-MMAデーだ。

The post 【Grachan48】6月20日はJ-MMA Day。グラチャンで桜井隆多✖長岡弘樹のGrandウェルター級王座統一戦 first appeared on MMAPLANET.