カテゴリー
MMA UFC   カムザット・チマエフ リー・ジンリャン

ニール・マグニーがカムザット・チマエフ戦をアピール「何も恐れるものはない」


 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』でリー・ジンリャンに1Rリアネイキッドチョークで勝利したカムザット・チマエフについてニール・マグニーが以下のコメント。

「試合後に『誰もこいつとは戦いたくない』『トップ10でやろうとする選手はいない』『彼は怪物だし誰もが対戦を避けるために全力を尽くすだろう』などという書き込みを見た。俺は『は? そんなことねーよ。こっちは1年前からやる気満々だったよ』と思った。今もその気持ちに変わりはない。彼は復帰してジンリャン相手に印象的なパフォーマンスをしたが、むしろ火に油を注いだね。去年以上に戦いたくなったよ」

「対戦が延びたのは良かったかもしれない。1年前から100%甘く見ていただろうし、新入りに厳しさを教えてやるかと思ってただろう。だが、ジンリャン戦を見て『ああ、こいつは本物だ。スキルもあるしエキサイティングなことになるな』と思った」

「彼はレスリングのバックグラウンドを活かして相手をコントロールしてフィニッシュすることもできればスタンドでノックアウトすることもできる。そしてジンリャンをボロボロにした。俺もジンリャンと対戦したことがあるが、翻弄されてる姿を見て『こいつのレスリングは相当なものだな』と思った。この試合で彼は本物であることを証明したし、だからこそ俺の実力を試してみたい」

「去年は『こいつは無敵だ』という神秘的なオーラがあって、誰もが彼の名前を出すことを恐れていたが、俺はお構いなしだった。こっちは9年間もUFCのベストファイターたちと戦ってきてるし、今じゃ何も恐れるものはない。エキサイトしてるよ」

「12月18日に試合をするオファーを受けたが、対戦相手がケガをしてしまった。UFCは代打の選手を探しているが、理想を言えばその日に彼と対戦したいね。ジンリャン戦のダメージもゼロのはずだし彼にとっても良い転機になるはずだ」

「チマエフのようなヤツと戦いたいと思ってた。彼を深海に引きずり込んで倒せることは分かってる。だからこそ楽しみにしている」
続きを読む・・・
カテゴリー
Column MMA ONE UFC   カムザット・チマエフ リー・ジンリャン

デイナ・ホワイト「カムザット・チマエフは試合中に私に向かって『俺は誰とでも戦うし、ブロック・レスナーとも戦う』と言ってきた」


 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』でリー・ジンリャンに1Rリアネイキッドチョークで勝利したカムザット・チマエフについてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「彼は試合中私に向かってクレイジーなことを叫んでいた。理由は分からないが、基本的には『俺は誰とでも戦うし、ブロック・レスナーとも戦う、誰でもいいぞ』みたいなことを叫んでいました」

「前回の時点で彼がスペシャルな存在であることは分かっていた。新型コロナウイルスの件は誰もが経験したことのない奇妙なものだ。リスクの高そうな選手が重症化せずに済んだかと思えば、彼のようなグッドシェイプの選手が重症化したりする。とは言え彼は戻って来たし、スペシャルな存在であることは間違いない」

「次のランキング発表で彼がトップ10に入るかと言われると厳しいだろう。彼が早く次の試合がしたいのであれば…長く休んでいたわけだからそうなると思っているが、彼の意向を聞いてからどうするべきかを決めたい」



 ジャック・ハーマンソンがインスタグラムで11月19日にチマエフとレスリングマッチをやることを発表しています。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA News ONE UFC YouTube   イスラム・マカチェフ カムザット・チマエフ コナー・マクレガー ダン・フッカー ネイト・ディアス リー・ジンリャン

デイナ・ホワイト「ネイト・ディアスの契約はあと1試合だ」/カムザット・チマエフ「ネイト・ディアスよ、やろうぜ」

Tony Ferguson accuses 'fragile' McGregor of PED use; Conor replies to 'sad bastard' with death threat(MMAJunkie)

 トニー・ファーガソンがツイッターで「コナー・マクレガーは成長ホルモンを使っているから精神がモロイし足をケガしやすかった。お前が天罰を喰らったのは初めてじゃない。(ファイターじゃなく)一般人やDJを殴るのはどういうわけだ」とコメント。これに対しマクレガーは「メンタルがおかしくなってる悲しいヤツだな。お前が泣きながら自宅を破壊する様子のビデオを奥さんが送ってくれて共有してるよ。悲しいノータリンだ。負け癖がついて自己管理能力も無く、奥さんが恐怖のあまりビデオを送ってくる」と反撃しています。


 するとネイト・ディアスがツイッターにトニー・ファーガソンの写真をアップしています。


 デイナ・ホワイトがネイト・ディアスについて以下のコメント。

「彼はあと1試合やる。我々は彼の試合を組むために動いている。トニー・ファーガソンは候補に入っていない。ネイトの契約はあと1試合残っている」

 その後ネイトはツイッターで「最低でもトップ4とやる。お前らの取引に俺を巻き込むな」とコメントしています。

Dana White: Tony Ferguson not eager to fight right now, but still one of the most talented guys out there(MMAJunkie)

 また、デイナ・ホワイトはトニー・ファーガソンについて「今の彼が戦うことを熱望しているようには見えない。しばらく休んでいるのだと思う」「彼は今でも最も才能のある選手の一人だし、復帰の準備が出来たら試合を組みたい」とコメント。

 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』でイスラム・マカチェフはハファエル・ドス・アンジョスの代打であるダン・フッカーと対戦しましたが、実はフッカーの前にファーガソンにオファーをしたもののショートノーティスということもあり断られたそうです。



 『UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira』でリー・ジンリャンに1Rリアネイキッドチョークで勝利したカムザット・チマエフがネイト・ディアスに対し以下のコメント。

「ヘイ、ネイト・ディアス。やろうぜ。レッツゴー。葉っぱも吸おうぜ。誰が本物のギャングスターなのか決めようぜ」
続きを読む・・・
カテゴリー
ABEMA MMA UFC UFC267 カムザット・チマエフ ブログ リー・ジンリャン

【UFC267】カムザット・チマエフと対戦、リー・ジンリャン「日本人選手もUFC PI上海で一緒に練習を」

【写真】いつだって自信満々、リー・ジンリャン。このメンタルは見習いたい (C)MMAPLANET

本日 10月30日(土・現地時間)にUAEはアブダビのエティハド・アリーナで開催されるUFC267「Blachowicz vs Teixeira」で、アジアの大砲リー・ジンリャンがカムザット・チマエフと対戦する。

キャリア9勝0敗、UFCでは3試合連続フィニッシュ勝利中のチマエフは第二のガビブ・ヌルマゴメドフという見方がされるほど評価を得ている。コロナ感染による引退騒動から、オクタゴンに戻ってきたチマエフとの試合を前にして、リー・ジンリャンはいつも通りに自信に満ち溢れていた。


──土曜日に非常にタフなカムザット・チマエフと戦います。今の気持ちを教えてください。

「凄く良い調子だ。今回の試合のために、6人ものコーチやトレーニングパートナーがアブダビまでやってきてくれた。皆、チマエフは良いファイターだというけど、アイツのこれまでの対戦相手と自分は違う。俺はベリーグッドだ(笑)。より強い相手と戦うということは、良い戦いができるから嬉しい」

──今回の試合に向けて、準備はどこで行ってきましたか。以前は米国でキャンプもしていましたが。

「UFC PI上海で練習してきた。コーチ、設備、練習環境が本当に素晴らしい。今後はもっと多くの国の選手がPIに来て練習してほしいと思う。本当に良い環境だから。セラピスト、栄養士、何から何まで整っている。本当に凄い」

──UFC PI上海があることは、中国人選手のアドバンテージになりますか。

「もちろん。豊かな才能の持ち主が集まっているよ」

──では日本や韓国の選手のように米国のジムに所属する必要性がなくなるかもしれないですね。

「その通りだ。日本や韓国の選手たち……全アジアの国のファイターたちは上海のUFC PIで練習すれば良いと思う。施設の規模が段違いだし、互いに意思疎通が取れて強くなるという目標に向かって良い練習ができるに違いない。それこそがアジアのMMAの成長につながるはずだ」

──なるほど。その一方で今朝(※取材は日本時間で10月27日に行われた)のコンテンダーシリーズでUFC PI上海のUFCアカデミーから出場した3人の中国人選手は揃って敗れ、UFCとの契約を勝ち取るのは簡単ではないと痛感しました。

「彼らはまだ若い。MMAファイターとして生きていると、勝つときがあれば負けるときもある。それが常識だ。この敗北は成功への一歩だ。今回負けたことで、彼らは色々と多くのことを学べたに違いない。この負けが全てじゃない、彼らの将来の成長を見てやってほしい」

──了解しました。シエ・ビン、シャオ・ロン、そしてイェン・チーフエイのこれからを追っていきたいと思います。ところでリー・ジンリャン自身の試合ですが、改めてチマエフの印象を教えてください。

「さっきも言ったけど、UFCでまだ3試合しかしていない。そして、知名度はどんどん上がった。その人気に実力が追いついていることを期待したい。まあ、この試合が終わればファンは自分の力を認めることになるだろう。

キャリアの違い、経験の差を見せたい。この競技を戦ってきた歴史がアイツとは違う」

──リー・ジンリャンはパンチを被弾しても倒れない。そこからの反撃は凄まじいものがあります。アゴが強いのか、ハートが強いのか。あの打たれ強さはどこからきているのでしょうか。

「厳しいトレーニングでメンタルが強くなっていることは間違いないけど、その強さの秘密はシークレットだ(笑)。それは秘密だが、鉄のアゴを持っていることで誰とでもガンガン打ち合える。でも、その秘訣は言えない。なぜ、俺がここまで打たれ強いのかを知りたいなら、もっと俺の試合を注意してチェックして、探り当ててほしい(笑)。1回だけ見てもダメだ。じっくり、何回も見返すんだ。そうしたら、分かって来るだろう」

──心臓が強いことは間違いなさそうですね。

「謝謝!! サンキュー」

──タイトル挑戦に向けて、この試合後に想い描いているプランはありますか。

「そこが問題なんだ。俺の目標はただ一つ。ただし、ダナ・ホワイトは常にファンやメディアの声に耳を傾けている。次の試合がどうなるのか、それは皆が決めることなんだ」

──ところでジャン・ウェイリが既にUFC世界女子ストロー級チャンピオンとなり、中国人初のUFC王者になっています。前世界王者に続く、男子の中国人初のUFC王者誕生に向けてどれほど自信を持っていますか。

「そう急ぐ必要はない。もう少し時間が必要だ。アジア人、中国人ファイターはUFC世界チャンピオンになれるから。俺たちはベストになる。中国にはソン・ヤードン、スムダーチー、ロン・チュウという素晴らしいファイターが揃っている。

彼らは経験も十分に積んでいるし、メンタル的にも成熟している。中国から男子のUFC世界チャンピオンはもう少しすれば生まれる。自信を持ってそう言えるよ」

──それはリー・ジンリャンではなく?

「今、話したのは俺以外の選手で──ということだよ(笑)。もちろん、ザ・リーチ(リー・ジンリャンのニックネーム)は中国人初の男子UFC世界チャンピオンになる!!」

──ザ・リーチ、今日はありがとうございました。最後に日本のファンに一言お願いします。

「応援ありがとう。日本人選手もUFC PI上海に来て、一緒に練習をしよう。そしてアジアのMMAをナンバーワンにしようじゃないか!!」

■視聴方法(予定)
10月30日(土・日本時間)
午後11時30分~UFC FIGHT PASS
10月31日(日・日本時間)
午前3時~PPV
午前3時~WOWOWライブ

■UFC267試合結果

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者] ヤン・ブラボヴィッチ: 205ポンド(92.99キロ)
[挑戦者]グローバー・テイシェイラ: 205ポンド(92.99キロ)

<UFC世界暫定バンタム級王座決定戦/5分5R>
ピョートル・ヤン: 135ポンド(61.24キロ)
コリー・サンドハーゲン: 135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分5R>
イスラム・マカチェフ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ダン・フッカー: 156ポンド(70.76キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アレキサンダー・ヴォルコフ: 263ポンド(119.29キロ)
マルチン・ティブラ: 249ポンド(112.95キロ)

<ウェルター級/5分3R>
リー・ジンリャン: 171ポンド(77.56キロ)
カムザット・チマエフ: 171ポンド(77.56キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マゴメド・アンカラエフ: 205.5ポンド(93.21キロ)
ヴォルカン・オデズミア: 205.5ポンド(93.21キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・ヒーバス: 115.5ポンド(52.38キロ)
ヴィルナ・ジャンジローバ116ポンド(52.62キロ)

<フェザー級/5分3R>
ズベア・トホゴフ: 146ポンド(66.22キロ)
ヒカルド・ラモス: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
アルベルト・デュラエフ: 186ポンド(84.37キロ)
ローマン・コピロフ: 186ポンド(84.37キロ)

<ウェルター級/5分3R>
エリゼウ・カポエイラ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ブノワ・サンドニ: 171ポンド(77.56キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ミハウ・オレキシェイジュク: 206ポンド(93.44キロ)
シャミル・ガムザトフ: 206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
マクワン・アミルカーニ: 146ポンド(66.22キロ)
レローン・マーフィー: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
フ・ヤオゾン: 186ポンド(84.37キロ)
アンドレ・ペトロスキー: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ライト級/5分3R>
ダミール・イスマグロフ: 163.5ポンド(74.16キロ)
マゴメド・ムスタファエフ: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
タジル・ウランベコフ: 125.5ポンド(56.92キロ)
アラン・ナシメント: 126ポンド(57.15キロ)

The post 【UFC267】カムザット・チマエフと対戦、リー・ジンリャン「日本人選手もUFC PI上海で一緒に練習を」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC267   イスラム・マカチェフ カムザット・チマエフ グローバー・テイシェイラ ダン・フッカー ピョートル・ヤン リー・ジンリャン

【UFC】ファイト・アイランドで『UFC267』が開催 メインはヤン・ブラホヴィッチvsグローヴァー・テイシェイラ

548468

49: 実況厳禁@名無しの格闘家 2021/10/29(金) 09:58:54.37 ID:A1jqYsGQ0
UFC 267って土曜日か
しかも土曜の23:30からってことは朝まで夜更かしせんといかんのか
日曜の朝がちょうど良いのに
 2021年10月30日(土)深夜、アラブ首長国連邦・アブダビのUFCファイト・アイランド エティハド・アリーナで『UFC267』が開催される。

(中略)

◆UFC 267: Blachowicz vs. Teixeira

2021年10月30日(土)アラブ首長国連邦アブダビヤス島
エティハドアリーナ

【メインカード】

▼UFC世界ライトヘビー級選手権試合 5分5R
ヤン・ブラホビッチ(ポーランド)28勝8敗
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)32勝7敗

▼UFC世界バンタム級暫定王座決定戦 5分5R
ピョートル・ヤン(ロシア)15勝2敗
コーリー・サンドヘイゲン(米国)14勝3敗

▼ライト級 5分3R
イスラム・マカチェフ(ロシア)20勝1敗
ダン・フッカー(ニュージーランド)21勝10敗

▼ヘビー級 5分3R
アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)33勝9敗
マルチン・ティブラ(ポーランド)22勝6敗

▼ウェルター級 5分3R リー・ジンリャン(中国)18勝6敗
カムザット・チマエフ(スウェーデン)9勝0敗

▼ライトヘビー級 5分3R
マゴメド・アンカラエフ(ロシア)15勝1敗
ヴォルカン・オーズデミア(スイス)17勝5敗

◆WOWOW『UFC -究極格闘技-』放送・配信スケジュール
『UFC‐究極格闘技‐ UFC267 in アブダビ ライトヘビー級ブラホヴィッチ防衛戦&バンタム級暫定王座決定戦』

(全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/56e638ce6c6e42c51ba118ffda0df09646dd5986



続きを読む
カテゴリー
MMA UFC UFC267   イスラム・マカチェフ カムザット・チマエフ グローバー・テイシェイラ コリー・サンドハーゲン ズベア・トホゴフ ダミール・イスマグロフ ダン・フッカー ピョートル・ヤン ブノワ・サンドニ リー・ジンリャン ヴィルナ・ジャンジローバ

【UFC267】計量終了 ピョートル・ヤン人気が高いなかサンドハーゲンは「25分のウォーの準備してきた」

本日 10月30日(土・現地時間)にUAEはアブダビのエティハド・アリーナで開催されるUFC267「Blachowicz vs Teixeira」の計量が29日(金・同)に行われた。

メインではUFC世界ライトヘビー級王者ヤン・ブラボヴィッチがグローバー・テイシェイラの挑戦を受け、コメインは暫定バンタム級王座決定戦としてピョートル・ヤンとコリー・サンハーゲンが相対する。


ライトヘビー級の頂点で戦う両者は、フェイスオフでバチバチに火花を散らしながら、笑顔で握手をかわした。まず前日に42歳になったチャレンジャーのテイシェイラが、2度目の世界挑戦に向けて「素晴らしい誕生日だ。明日は僕へのプレゼントを手にする。全く疑う余地もないよ」とインタビューに答える。

続いて王者ブラボヴィッチは「明日もこのままチャンピオンでいる。良い試合、凄く良い試合になる」と断言した。

サンドハーゲンは「25分のウォーになる。そのための準備をしてきた」と話し、前王者ヤンには「いつもように戦う。そしてもの凄くエキサイティングな試合になる」という通訳の言葉以前にロシア語で話した時点で、会場のファンから大きな歓声が挙がっていた。

ヤン人気の高さからも分かるように、アブダビではロシア人ファイターの人気が高く、出場選手も多い。今回もロシア人ファイターが9名に加え、ダゲスタン系スウェーデン人選手のカムザット・チマエフがコロナウィルス感染による引退発表→撤回から1年2カ月振りに実戦復帰する。

アジアの大砲リー・ジンリャンと向き合ったチマエフは、笑顔を浮かべながらも挑発しあい、ダナ・ホワイトが懸命に割って入った。

上位カードで最大の注目マッチといっても過言でないダン・フッカーとイスラム・マカチェフの両者は、フェイスオフでも過剰な動きはなく両者が微笑をたたえていた。

フッカー✖マカチェフ戦と同様に楽しみだったプレリミのライト級マッチ=ダミール・イスマグロフ✖マゴメド・ムスタファエフは前者が163.5ポンドと8.5ポンドオーバーでセレモニアル計量すら行われず、試合は中止となっている。

■視聴方法(予定)
10月30日(土・日本時間)
午後11時30分~UFC FIGHT PASS
10月31日(日・日本時間)
午前3時~PPV
午前3時~WOWOWライブ

■UFC267試合結果

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者] ヤン・ブラボヴィッチ: 205ポンド(92.99キロ)
[挑戦者]グローバー・テイシェイラ: 205ポンド(92.99キロ)

<UFC世界暫定バンタム級王座決定戦/5分5R>
ピョートル・ヤン: 135ポンド(61.24キロ)
コリー・サンドハーゲン: 135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分5R>
イスラム・マカチェフ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ダン・フッカー: 156ポンド(70.76キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アレキサンダー・ヴォルコフ: 263ポンド(119.29キロ)
マルチン・ティブラ: 249ポンド(112.95キロ)

<ウェルター級/5分3R>
リー・ジンリャン: 171ポンド(77.56キロ)
カムザット・チマエフ: 171ポンド(77.56キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マゴメド・アンカラエフ: 205.5ポンド(93.21キロ)
ヴォルカン・オデズミア: 205.5ポンド(93.21キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・ヒーバス: 115.5ポンド(52.38キロ)
ヴィルナ・ジャンジローバ116ポンド(52.62キロ)

<フェザー級/5分3R>
ズベア・トホゴフ: 146ポンド(66.22キロ)
ヒカルド・ラモス: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
アルベルト・デュラエフ: 186ポンド(84.37キロ)
ローマン・コピロフ: 186ポンド(84.37キロ)

<ウェルター級/5分3R>
エリゼウ・カポエイラ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ブノワ・サンドニ: 171ポンド(77.56キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ミハウ・オレキシェイジュク: 206ポンド(93.44キロ)
シャミル・ガムザトフ: 206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
マクワン・アミルカーニ: 146ポンド(66.22キロ)
レローン・マーフィー: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
フ・ヤオゾン: 186ポンド(84.37キロ)
アンドレ・ペトロスキー: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ライト級/5分3R>
ダミール・イスマグロフ: 163.5ポンド(74.16キロ)
マゴメド・ムスタファエフ: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
タジル・ウランベコフ: 125.5ポンド(56.92キロ)
アラン・ナシメント: 126ポンド(57.15キロ)

The post 【UFC267】計量終了 ピョートル・ヤン人気が高いなかサンドハーゲンは「25分のウォーの準備してきた」 first appeared on MMAPLANET.