カテゴリー
J-CAGE ONE Report Road to ONE04 ブログ リトル 田上こゆる

【Road to ONE04】田上こゆるが終盤に蹴りを効かせてリトルに判定勝ち。プロデビュー以来5連勝に

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
田上こゆる(日本)
Def.3-0
リトル(日本)

ステップを使い回るリトルが、蹴りで距離を測る。田上がガードを高く上げ、距離を詰めていく。リトルが右のバックスピンキック、対する田上も右ハイを返す。田上がプレッシャーを強め、リトルがケージを背負う場面も。田上が右ローを放つと、リトルは右バックスピンキックを繰り出す。ケージ中央で右ローを放っていく両者。リトルが左ハイを打っていくが、これは当たらない。リトルの右バックスピンキックの打ち終わりに、ワンツーを打っていく田上。リトルが低空でシングルを仕掛けると、田上はそれをカットしようと試みるが、リトルはその足を取って極めにいく。

田上が足を抜くと、再びケージ中央での打撃戦へ。ここでリトルがダブルで組み付き、田上をケージに押し込む。カットしながら、リトルの頭にヒジを落とす田上。テイクダウンできないとみるや引き込んだリトルだが、そのまま田上はパウンド。リトルが立ち上がり、またもテイクダウンを狙うが、田上はケージを背にしながら凌いだ。

2R開始早々、リトルが右バックフィスト。田上はそれをブロックする。足を使うリトルに対し、田上は距離を詰めていく。リトルの右に右ヒザ蹴りを合わせた田上。さらに左ローをヒットさせる。前に出ながら右前蹴りを繰り出す田上は、そのままプレッシャーをかけてリトルにケージを背負わせる。リトルの右ローをキャッチした田上。リトルは足を抜いて距離を取る。リトルの右ハイをスウェーでかわす田上、左右のローで相手を追い詰めていく。

リトルは田上の右バックフィストをかわしながら組み付き、バックに回りつつ田上の右足を取ってヒールへ。田上は回転しながら、リトルの顔面に拳を振り落とす。田上が立ち上がると、リトルはアキレスに切り替える。リトルはヒール、あるいはアンクルを狙うが、これは極まらず2R終了のホーンを聞いた。

最終R、距離を詰める田上に対し、右前蹴りを繰り出すリトル。互いに右ローを放ちながら距離を測る。リトルが飛び込んで距離を縮めると、田上はバックステップ。リトルの右ローをキャッチして右を打っていく。リトルは遠い距離からダブルで飛び込むが、田上はカットし、スタンドで距離を詰めていく。リトルの右バックスピンキックをブロックした田上、右飛びヒザで展開を作ろうとするが、リトルは足を使って距離を保つ。

リトルにケージを背負わせ、パンチを放つ田上だったが、完全に詰めることはできない。リトルがグラウンドに持ち込むも、田上はすぐに立ち上がる。距離が近くなり、ヒザを打つ田上。ボディへの前蹴りを効かせるが、リトルはダブルでテイクダウンを狙う。シングル、ボディロックで相手をケージに押し込むも、立ち上がった田上が右ヒザ蹴り。食らったリトルはダウン、田上はすぐにバックを奪いRNCを狙うも極められず。最後はリトルがテイクダウンを狙っていった。

判定は3-0、田上がデビュー以来5連勝を飾った。

The post 【Road to ONE04】田上こゆるが終盤に蹴りを効かせてリトルに判定勝ち。プロデビュー以来5連勝に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview J-CAGE ONE  Road to ONE04 ブログ リトル 田上こゆる

【Road to ONE04】第1試合でリトルと対戦、田上こゆる「アマ修斗の時の打撃の方がずっと良い」

【写真】右ハイからの右ストレート、力強い首相撲、注目したい点はいくらでもある田上だ(C)MMAPLANET

22日(月)、東京都渋谷区TSUTAYA O-EASTでRoad to ONE04「Young Guns」の第1試合で田上こゆるがリトルと対戦する。

2月5日に19歳になったばかり、プロ4勝0敗。卓越した打撃力を誇るティーンエイジ・シューターの歩みが2月24日(水)に発売されるFight & Life Vol.83でレポートされる。

その2日前にプロ5戦、初の修斗以外の舞台でパンクラシストと戦う──5年後の日本格闘技界のために──というテーマを掲げた当大会に相応しいトップバッターの意気込みをここで紹介したい。


──まず昨年12月の永井美自戒戦ですが、2RでKO勝ちも課題の残った試合になりました。

「組まれるのを意識し過ぎて……これまでも相手が組んでくるのは分かっていて、そこを対処して戦えていたのですが、パンチに頼り過ぎました。蹴りも出さなくて、力が入り過ぎて組まれてもテイクダウンを決められましたし。

勝てて良かったですけど……反省点、課題ばかりが残った試合になりました。完全に打撃に頼り過ぎていたから、前に出てこられると固まってしまって。そのせいでケージに押し込まれてしまいましたね」

──及川道場出身、すでに打撃は修斗でもトップクラスといっても過言でないだけに、対戦相手は徹底して組んできます。

「もっとテイクダウン、寝技に力を入れなといけないと実感できました。頭の中では分かっていたことなんですけど、この間の試合であんな風になってしまったので、本当にやらないといけないと思うようになりました」

──組みが強化できると、思い切った打撃が使えるようになるでしょうね。

「ハイ。そのために寝技が必要だと思っています。最近、試合をするほどに自分のしたい打撃ができないと感じています。アマチュア時代の方がずっと自分の打撃を使うことができていました。

プロになってからは、組み技や寝技ができる相手が多くて、そこを避けたいと思う気持ちが強くなっていました。永井選手との試合と、アマチュア修斗の時を比較するとアマ修斗の時の打撃の方がずっと良いです」

──それは相手も警戒していなかったというのはあるかと思います。

「だからこそ、しっかりと組み技と寝技を上達させて、アマ修斗のときのように思い切り打撃を使えるようにしていかないといけないです。

近い距離で打撃を使うと、テイクダウンをされるという風に考えるのが現状なので、そうされても問題ないというぐらいに自信がつけば、気持ちに余裕ができて打撃ももっとできてMMAらしい試合ができるんとちゃうかなって」

──そんななかRoad to ONE04への出場が決まりました。

「オファーがあった時は素直に嬉しかったです。ここは絶対に勝ちたいと思いました」

──ONEルール、グラウンドでのヒザありに関しては?

「グラウンドでヒザが使えるのは、使えないよりは良いと思っています。ONEに出ることを目標にしているので、このルールでもしっかりと戦えるようにしたいです」

──対戦相手のリトル選手はパンクラスを拠点にしている選手です。

「修斗以外の選手と戦うのは初めてですけど、パンクラスだからどうやとかはあまり意識はしていないです。どこで戦っている選手が相手でも勝ちたいですし、1人の相手として勝つことしか考えていないです。

リトル選手はオールランダ―で、何でもできる選手です。打撃も結構デキるというか、使う選手なので立ち技もそうですし、寝技でも気が抜けない相手になります」

──「ガキには未来しかない」。「5年後の日本の格闘技界のため」というテーマの大会で、最年少の出場選手です。とはいえメインは21歳、プロ3戦の平田樹選手です。

「そこは……戦績を重ねて知名度も上げて、いずれ僕がメインで戦えるような選手にならないといけないと思っています」

──では今回の試合、どのような試合をしたいと思っていますか。

「12月の試合と違い、打撃に頼るんではなくて、組んで来られても落ち着いて切って、組みの展開にビビらず、前に出て戦いたいです。それでテイクダウンされたとしても、普段練習をしている寝技をして、練習の成果を試合で出したいです。

試合なので勝たないといけないですが、最近は連勝しているせいでプレッシャーが大きくなってきました。だから、もっと自由に打撃でも組みでも好きなように動いて、打撃して、組みにも対応して戦いたいです」

──同級生で元同門の有井渚海選手と12月に続いて、同じ大会での試合となります。ABEMAの恋愛リアリティTVで人気を博している友人へのジェラシーやライバル心はありますか。

「アハハハ。まぁ、なくはないです。でも、僕は格闘技だけで名前を挙げてやろうと思います」

■視聴方法(予定)
2月22日(月)
午後4時15分~ ABEMA格闘チャンネル

■Road to ONE04 対戦カード

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
平田樹(日本)
中村未来(日本)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
長田拓也(日本)
葛西和希(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
小川徹(日本)
山中憲次(日本)

<キックボクシング54キロ契約/3分3R>
有井渚海(日本)
平松侑(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
吉野光(日本)
野瀬翔平(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
岩本達彦(日本)
中田大貴(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
安芸柊冬(日本)
山北渓人(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
風間敏臣(日本)
前田浩平(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
田上こゆる(日本)
リトル(日本)

The post 【Road to ONE04】第1試合でリトルと対戦、田上こゆる「アマ修斗の時の打撃の方がずっと良い」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News ONE Road to ONE04 ブログ リトル 中村未来 吉野光 奇天烈 安芸柊斗 小川徹 平田樹 田上こゆる 長田拓也

【Road to ONE04】「ガキには未来しかない」5年後のJ-MMAのために。Road to ONEがYoung Guns大会

【写真】ONE本戦契約中の平田、Warrior Seriesと契約している吉野、修斗から安芸、バラエティに富んだ若い力が揃うイベントとなりそうだ (C)MMAPLANET

テーマは「ガキには、未来しかない」──2日(火)、ONE Championshipより22日(月)に東京都渋谷区のTSUTAYA O-EASTでRoad to ONE04「Young Guns」が開催されることが発表され、メインに平田樹が出場することが明らかとなった。

2019年9月に修斗✖パンクラス対抗戦、昨年4月は緊急事態宣言下での無観客&会場非公開の配信大会、そして9月はONE国際大会再開プレ大会的に青木真也がメインで戦うというイベントをRoad to ONEは開いてきた。

今回は5年後の日本の格闘技界を考える──ということをメインテーマに、10代と20代の選手が中心となったYoung Guns大会が行われることになった。


当初、MMAでの参戦は許可が下りないためキックボクシングで若松佑弥が出場という話も聞かれたが、彼の出場がなくなったことは次戦が決まったと捉えて良いはず。ここはONE本隊のアナウンスを待ちたい。

そんな同大会のメインを任されるのは、昨年2月のONEジャカルタ大会以降、試合がなかなか確定しなかった平田樹となった。さらにイベントテーマも彼女が豊富のなかで話した『ガキには、未来しかない!』というもの。

コロナ禍下においてMMAイベントの開催数、試合数とも減少傾向にあり、その影響を多く受けているのが若くキャリアの少ない選手たちだ。結果、今大会はONEという冠を抱く一方でONEへの路という面ではなく、平田の言葉にあるように日本のMMAの未来を見据えたマッチメイクとなった。

18歳の田上こゆるが、35歳のリトルと対戦

ONE WARRIOR契約下の長田拓也、吉野光。

修斗勢では四国は徳島の安芸柊冬、関西発ティーンエイジ・シューターの田上こゆる、奇天烈。

2021年の大会開催の発表がないパンクラスを主戦場にしている小川徹、前田浩平、リトル、岩本達彦らの参戦も決まった。

若手、地方、再生、TTFC的なテイストが詰まったRoad to ONE第4弾に向け、メインで戦う両選手の今回の試合に向けて抱負は以下の通りだ。

平田樹
「ONE本戦での試合を待ち望んでいましたが、何度か決まりかけたカードが流れたりして、気がつけば1年の間隔が空きました。先々の見通しが不透明な中で、日本で、東京で戦える……と聞き、迷わず志願しました。試合することを許可してくれたチャトリCEO、マット・ヒュームさんに感謝しています。そして試合のない時期もずっと声援を送ってくれるファンの皆さん、お待たせしました。2月22日は、圧倒的な試合をします。『ガキには、未来しかない!』」

中村未来
「平田選手は柔道というしっかりとしたバックボーンがあって、気持ちも強く全てにおいて勢いのある選手だと思います。

試合を受けてくれてありがたいのですが、自分は失うものがないので、得意の打撃で、全力で倒しに行くので、よろしくお願いします」

また今大会は選手、セコンドのみならず運営スタッフ及び放送関係者の全てがPCR検査を行い陰性状態であることを確認したうえで、午後8時終了予定の有観客興行として行われる一方で、中継スタッフ等も都内の別スタジオからのリモート中継を導入するなど、感染予防対策に関して最新かつ実験的な視察も含めた大会運営となるとのことだ。

■視聴方法(予定)
2月22日(月)
午後5時~ ABEMA格闘チャンネル

■ Road to ONE04対戦カード

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
平田樹(日本)
中村未来(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
田上こゆる(日本)
リトル(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
安芸柊冬(日本)
山北渓人(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
小川徹(日本)
山中拳治(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
風間敏臣(日本)
前田浩平(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
吉野光(日本)
奇天烈(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
岩本達彦(日本)
中田大貴(日本)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
長田拓也(日本)
葛西和希(日本)

<キックボクシング54キロ契約/3分3R>
有井渚海(日本)
平松侑(日本)

The post 【Road to ONE04】「ガキには未来しかない」5年後のJ-MMAのために。Road to ONEがYoung Guns大会 first appeared on MMAPLANET.