カテゴリー
JJ Globo Report SUG24 アマンダ・ローウェン ブログ ラケル・カヌート

【SUG24】SUGのSは、StuckのS? ローウェンがOTでエスケープ許さずカヌートを下し王座防衛

<SUG女子アブソルート級選手権試合/5分1R>
アマンダ・ローウェン(米国)
OT by Escape time
ラケル・カヌート(米国)

引き込んで、草刈りスイープを仕掛けたローウェン。バランスを崩しながらスタンドをキープしたカヌートのパス狙いに、カウンターの足関へ。枕で固め、足を畳むカヌーとは内ヒールをセットされても、上体を起こしてたえる。足を蹴られ、マットに背中をつけたカヌートは、内ヒールにトーホールドを仕掛けて足を抜く。

右足を絡まれたまま、腕十字に移行したカヌートは足を抜いてリバース三角から腕を伸ばしかかる。さらに上体を起こして足を取りにいくと、ロックしていた足がルーズになりローウェンの頭を抜ける。それでもカヌートはトップからパスを狙い、3/4マウントへ。ローウェンはOT狙いか防御に徹し、ニーシールドで距離を取り、上体を起こしつつ時間に。

OT、先攻のカヌートはシートベルトを選択し、フェイスロック気味にRNCを仕掛ける。極めきれず、組み換えを狙ったところでローウェンは横を向いて自らの手を喉の前におきクロスして防御。カヌートはリストコントロールからRNCを狙うも、残り6秒でローウェンが胸を合わせることに成功した。

後攻のローウェンはスパイダーウェブから、腕十字狙いへ。足をすくい、左腕を伸ばしにかかったローウェンに対し、上を取ったカヌートだが十字は切れない。残り1分、ヒザを胸に置くカヌートを前方に送り、仰向けにさせようとするローウェン──カヌートは守り抜いた。

OT2Rもカヌートはバックを選び、ローウェンは肩をマットにつけて体をずらし、絞めの態勢に入らせない。手首を掴んで絞めは耐えきったローウェンは、腕十字を選択する。カヌートはローウェンの体を跨ぎ、体を平行にしてエスケープを図る。極めることはできなかったローウェンだが、再びエスケープを許さなかった。

OT最終回、3度目の正直とばかりシートベルトのカヌートが、フェイスロックも腕が張っているのか、クラッチを続けることができない。鼻に圧をかけるえげつない仕掛けもローウェルは耐えきり、2分を迎えた。

タップか1分54秒エスケープさせないと王座防衛のローウェンは、スパイダーウェブへ。ここも体を跨いで防御のカヌートが腰を上げる。ヒザで臀部に押し付け、さらに持ち上げえ腕を抜きにかかるカヌートだが、ローウェンは時間まで逃さず王座防衛に成功した。

バックも腕十字も、極めでなくエスケープを許さないという究極のスタックファイト、SUGのSは何の頭文字かと考える一方も、このホールド力の強さには脱帽だ。


The post 【SUG24】SUGのSは、StuckのS? ローウェンがOTでエスケープ許さずカヌートを下し王座防衛 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Report SUG23 ジリアン・ロバートソン ブログ ラケル・カヌート

【SUG23】30秒──ラケル・カヌートがジリアン・ロバートソンにハイエルボーギロチン極める

<5分1R>
ラケル・カヌート(米国)
Def.0分30秒by ギロチンチョーク
ジリアン・ロバートソン(カナダ)

カヌートのアームドラッグに反応したロバートソンが、シングルレッグへ。首を捕えたカヌートが、ハイエルボーギロチンで絞めあげる。パスをして逃れようとしたロバートソンだが、足を絡めなおし支点としたカヌートがタップを奪った。


The post 【SUG23】30秒──ラケル・カヌートがジリアン・ロバートソンにハイエルボーギロチン極める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Preview SUG23 カイル・チェンバース カーロス・コンディット ジェイク・エレンバーガー ジリアン・ロバートソン ブログ メイソン・ファウラー ラケル・カヌート

【SUG23】SUG王ファウラーに10thPlanetのチェンバースが挑戦。コンディット✖エレンバーガーも!!

【写真】本戦勝負か、それともOTか(C)

23日(日・現地時間)、オレゴン州ポートランドでSUG23が開催される。

ケージグラップリング5分✖1R&OTシステムと、サブオンリーでも独自の活動をするチェール・ソネンが率いるグラップリング大会のSubmission Underground。今回のメインはSUG無差別級王者メイソン・ファウラーが、カイル・チェンバースの挑戦を受ける一番だ。


クレイグ・ジョーンズを下しベルトを巻いたファウラーは、その後ヴィニー・マガリャエス、石井慧、ライアン・ベイダー、リッチー・マルチネス、アンディ・ヴァレラを破ってきた。

ポイント有りやサブオンリーでも15分制、もしくはジャッジの裁定がある環境なら、ファウラーはここまで結果を残せていないという見方もあるが、対戦相手もMMAファイターなど他と一線を画しているSUBでは絶対的な存在になっている。

そんなファウラーへの挑戦者カイル・チェンバースは10thPlanetのジオ・マルチネスの愛弟子だ。この道に夢中になったのが、ジオにゴゴプラッタを何度も極められたことだろうチェンバースは、ファウラーを相手にゴゴプラッタを極めると宣言している。

ジオと並び、柔術の手ほどきを受けたリッチー・ブギーマンがファウラーに敗れており、一門としてリベンジを果たしたいチェンバースは、当然のようにラバーガードの使い手だ。

そのうえでアシガラミからの創りも得意で、何よりEBI育ちということもあり、OTにも慣れていることでファウラーは露骨にOT勝負をいう組み立てはできないだろう。

今大会もSUGらしいMMA系の参戦が男女1試合ずつ見られる。そして男子はジェイク・エレンバーガー✖カーロス・コンディットという思わずほくそ笑んでしまうマッチアップが実現する。

悪夢の5連敗から5年5カ月振りの勝利を昨年10月に挙げたコンディットは、今年の1月にマット・ブラウンとのベテラン対決を制し、37歳にしてMMAファイター人生で再浮上中だ。

対して1歳年少のエレンバーガーは、2018年5月にMMAを引退。2019年からSUGに出場しているが、1勝2敗と思ったような結果は残せていない。とはいえ本職グラップラーとの対戦では相手の守りも堅いが、コンディットは攻め重視でくることが予想されるので、瞬発力を生かした組み技が可能になるか。

エレンバーガーとしては、ギロチンを警戒しつつテイクダウンからパスガード、バック奪取とポジションを取りつつ首を狙いたいところだ。対してコンディットはMMAでも下の巧みな攻めを見せているように、テイクダウン&スクランブル中のギロチンだけでなく、下から極めという動きに注目したい。

女子マッチは4月のSUG22に続きジリアン・ロバートソンが出場し、ラケル・カヌートと対戦する。ラケルはハワイアンMMAのパイオニアの1人デヴィッド・パハルイを父の持ち、ロバート・ドライスデールの下でヘナト・カヌートと知り合って結婚、パハルイからカヌートと姓が変わった。

青帯時代から道着もノーギもトーナメントに出場しており、今でドライスデールの黒帯となったラケルは紫帯時代にノーギ・ワールズを制している。ラケルとしては、グラップリングのコンペティション経験値の違いを見せつけたい試合だ。

The post 【SUG23】SUG王ファウラーに10thPlanetのチェンバースが挑戦。コンディット✖エレンバーガーも!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Invicta FC42 other MMA Report ブログ ラケル・カヌート リサ・ヴェルゾサ

【Invicta FC42】ほぼほぼ何も起こらないまま15分終了。ヴェルゾサがカヌートにスプリット判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
リサ・ヴェルゾサ(米国)
Def.29-28.29-28.28-29
ラケル・カヌート(米国)

まず右ローを蹴ったヴェルゾサが、カヌートの左ローに合わせワンツーを打っていく。軽くハイ、サイドキックの繰り出すカヌートが蹴り足を左手で払って右を当てる。ヴェルゾサは足を使って時折りワンツーを繰り出す静かな立ち上がりに。カヌートは前足で左ハイを狙う。カヌートが右ローを蹴り込んだぐらいで、非常にスローな展開となった戦い。蹴り足を取られかけたヴェルゾサが右を一発当て、組みの中でヒザという流れになるが、コンタクトが少ないまま終わった。

初回はヴェルゾサが2票、カヌートが1票を獲得し、2Rに。ヴェルゾサは変わらず左右の回り、時折ワンツーを放つ。カヌートは蹴りを遠い距離で繰り出し、右ローを3連続で当てる。ヴェルゾサも右ローを返すが、組みもなく拳の距離にもならない。残り半分でカヌートが右を当て、組み狙いから再び右をヒットする。ヴェルゾサはローに右を合わせるという変わらぬ動きを見せ、蹴りで誘ってワンツーを届かせる。タイトル挑戦権が掛った試合、両者の動きは少ないまま、ヴェルゾサが右をヒット。緊張感ではなく、弛緩するような流れでこの回も終了した。

2R終了時点で20-18、20-18、19-19とヴェルゾサがリードし、最後の5分へ。組みを切られヒザをボディに入れたカヌートだが、テイクダウンは奪えない。前蹴りを腹に受け、蹴り足をキャッチされてもテイクダウンを許さないヴェルゾサは、サークリング&スイッチでパンチアウト。カヌートは蹴りヲキャッチしたあまりに真正面を向いて、両が揃っている場面もある──が、ヴェルゾサはそこまで横に回る。

カヌートは蹴りからパンチのテンポを速くしたが、ヴェルゾサはテイクダウンは許さない。試合をリードされているカヌートは、ヴェルゾサを追いかけても蹴りの距離まででそれ以上はなかなか距離を詰めることができない。詰まるとヴェルゾサはカウンターを狙うが、ついに残り10秒というところでカヌートがワンツーをクリーンヒットさせる。ヴェルゾサは離れて時間をとり、タイムアップに。ヴェルゾサがスピリット判定勝ちした。