カテゴリー
ABEMA Grachan50 MMA Shooto Shooto2021#06 VTJ VTJ2021 ボクシング ヨシ・イノウエ 宇佐美正パトリック 野村駿太

【VTJ2021】EXFIGHT=宇佐美正パトリック✖BRAVE=野村駿太。若手のパワーハウス勢が激突

【写真】VTJ版Young Blood的なファイトが決まった(C)MMAPLANET

25日(月)、Sustainより11月6日(土)に東京都江東区のUSENスタジオコーストで開催されるVTJ2021で宇佐美正パトリック✖野村駿太というプロ2戦目同士のライト級マッチが組まれることが発表された。

格闘家育成プロジェクト『格闘DREAMERS』を経て、LDHmartialarts契約EXFIGHT所属プロフェッショナルMMAファイターとなったパトリックは、9月20日のShooto2021#06のヨシ・イノウエ戦で1R4分18秒に左ボディKO勝ちでプロ初陣を飾っている。

対して、BRAVE所属の野村は9月5日のGrachan50で前田啓伍を相手に判定勝ちしプロキャリアをスタートさせた。


野村は松山工業高校~自衛隊体育学校と伝統派のポイント空手で活躍してきた選手で、2020年の全日本空手道選手権では、愛媛代表として男子組手で5位(※ベスト8)入賞をしている。

MMA初戦でも伝統派競技空手特有の半身の構えを見せていた野村とパトリックのマッチアップは、空手✖ボクシングという見方を概ねされるだろう。とはいえパトリックはボクシングで高校6冠となる以前に極真空手、正道会館空手、新空手K-3のキッズ部門で蹴り有り、あるいはグローブ着用顔面有りルールで国内のトップとして戦ってきている。

蹴りへの慣れは、プロデビュー戦でのローの切れを見ても分かる通りだ。

既にJ-MMA界有数の拳の攻撃を有しているパトリック。その象徴的な攻撃は左ボディショットだ。

プロデビュー前からDREAMERS内で見られたアマMMAでもその威力を如何なく発揮してきたが、忘れてはならないのはなぜあの距離に入れるのかということだ。

MMAであの距離でボディショットを放つことができるのは、右オーバーハンドや左リードフックの鋭さがあるからに他ならない。

野村がこの2つのパンチの勢いで真っ直ぐ下がるようなことになれば、ケージを背負い腹を抉られる距離になる。

その野村はデビュー戦を見る限り、伸ばせば拳が届く位置で空手特有の構えでアゴを守ることがなく連打を見せていたが、この距離は完全にパトリックの制空権といえる。と同時に野村、構えは左手前貴重でヒザ蹴り後などに足を前方に着地させ、スイッチするとサウスポーからもオーソと同じ攻撃を繰り出すことができる。

ポイント空手の当てる……届かせることを主体にした突きから、ダメージを与えることに軸を置くMMAでは野村のパンチ自体は多分にボクシング化している。よって低い位置にあった拳を一度、肩の位置に持って来るようになる。

溜め、反動、筋力で打つパンチはパトリックが野村を上回ることは否定できないので、この距離になる野村は圧倒的に不利だろう。

と同時に、野村は腰上の位置から繰り出すパンチも見られる。この軌道から伸ばされる突きは、結果として関節の接続で放たれるモノで空手特有だ。

この突きがパトリックの圧力に負けず、その制空権で放たれると勝負はどう転ぶか分からない。そんな一撃、そしてパトリックの詰めをJKA空手のステップで外すことができるのか──小外刈りなど、力以上にタイミング=空手の足払い的な動きが見られるか。この3点に注目すると、より興味深くなるパトリック✖野村のルーキー対決はEXFIGHTとBRAVEというポテンシャルの高い若い選手が集まる、J-MMA界の新パワーハウスのぶつかり合いとなる。

The post 【VTJ2021】EXFIGHT=宇佐美正パトリック✖BRAVE=野村駿太。若手のパワーハウス勢が激突 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA Shooto2021#06 ブログ ヨシ・イノウエ 宇佐美正パトリック

【Shooto2021#06】プロ初陣で初回KO勝ち、宇佐美正パトリック「入場する時はお腹が痛かったです」

【写真】まさに安堵の笑みを浮かべたパトリック(C)MMAPLANET

20日(月・祝)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されたShooto2021#06で、宇佐美正パトリックがヨシ・イノウエから公約通りKO勝ちし鮮烈なデビューをした。

「格闘DREAMERS」からLDH martialartsと契約を果たし、この日にプロMMA初戦を迎えたパトリック。この試合は7月に同じくLDH所属ファイターの中村倫也のKO勝ちに続かなければというプレッシャーとの戦いでもあった。

パトリックの試合後の談話をお届けしたい。


──期待通りの左ボディが決まりました。

「そうっすね。取りあえず、良かったです」

──嬉しいよりも、ホッとしたというところですか。

「(中村)倫也さんに続いて、倒せたというところでホッとしている感じです」

──今日の試合でデキたところ、デキなかったところは?

「テイクダウンを取られてしまった……というところでも、下からちゃんとヒジを入れるころがデキて、相手もカットしていました。タイミングを見て立つところは、ちゃんと立つこともデキたと思います。

ただし、自分のなかではテイクダウンを取られないということを徹底してきていたので、テイクダウンを取られたことには反省して、また磨き直さないといけないです」

──一番良かったと思うところはどこでしょうか。

「最後、倒した瞬間もちゃんと見えていたことです。カーフキックも効いていて、左フックも嫌がっていました。踏み込んだ時にボディががら空きで、そこでしっかりとボディを打ちこめたことは良かったんじゃないかなと思います」

──試合前のインタビューで、「これで倒すというのは決めている」ということでしたが、それで倒せましたか。

「多分、デキていないです」

──では、そこは次回の楽しみにしています。

「ハイ。結果的にKOできて……1RでKOするとはずっと言ってきたので、そこは有言実行できたかなと思います」

──試合後、岡見選手からはどのような言葉がありましたか。

「『取りあえずはホッとしたよ。また走り込みやろうな』って。この言葉は嬉しいことですし、走り込みもやります。でも、チョット休みたいです(苦笑)。やっぱりプレッシャーが凄かったので、自分のなかでも感じていることがあって。入場する時はお腹が痛かったです」

──そこまででしたか。

「プレッシャーで押しつぶされそうだったけど、ケージの中に入った瞬間に『やるぞ』って気持ちを切り替えることができて良かったです」

──その後の試合は観られましたか。

「西川君の試合を見ました。凄かったですね。デキることを常にやっている。常に考えて動いているのは、凄く伝わってきました。こういう時は、こうしたら良いのかって見ていて、凄く勉強になりました。真似ができるモノがあれば真似したいですし、自分も色々と練習しようと思いました」

──次戦、いつぐらいにと考えていますか。

「年末ぐらいじゃないですか。ハイ」

The post 【Shooto2021#06】プロ初陣で初回KO勝ち、宇佐美正パトリック「入場する時はお腹が痛かったです」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA Shooto2021#06 ブログ ヨシ・イノウエ 宇佐美正パトリック

【Shooto2021#06】格闘DREAMERS宇佐美正パトリックがプロデビュー、左ボディでイノウエを沈める

<ライト級/5分2R>
ヨシ・イノウエ(日本)
Def.1R4分18秒 by KO
宇佐美正パトリック(日本)

イノウエが距離を詰めて右ロー、パトリックも蹴りで距離を取る。そして鋭い踏み込みから右スイングを振るうぱちりっく、イノウエが組み付くと、差し替えしてケージ際でパンチを当てる。イノウエは離れるが、パトリックの左ヒザがヒット。さらにパトリックがパンチの連打でイノウエの動きを止める。イノウエはパトリックの右足にシングルを仕掛け、ケージに押し込む。

両腕を差し込んでディフェンスしていたパトリックだったが、イノウエはボディロックから足をすくい上げてグラウンドに持ち込んだ。下になって、自コーナー前に移動したパトリック。イノウエがパンチを連打するなから、パトリックが上半身を起こしかけるが、イノウエが抑え込んでいく。しかしパトリックも立ち上がり、ケージ中央へ。

イノウエが右スイングを放ったところに、右カーフを合わせたパトリック。この一発で後ろに下がるイノウエに、パトリックが左ボディを突き刺した。うずくまくイノウエにパトリックがパンチを浴びせようとしたところで、レフェリーが試合を止めた。


The post 【Shooto2021#06】格闘DREAMERS宇佐美正パトリックがプロデビュー、左ボディでイノウエを沈める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA ONE Shooto2021#06   チャンネル ヨシ・イノウエ 今市凌太 修斗 宇佐美正パトリック 安藤達也 岩本健汰 岩﨑大河 後藤丈治 椿飛鳥 江藤公洋 石井逸人 石橋佳大 西川大和

【Shooto2021#06】計量終了 意地を見せろ、江藤✖グンター!!。パトリック&岩本に負けるな、岩﨑大河!!!

【写真】3回戦、修斗初陣。デビュー戦に試合順で上位を譲った江藤とグンター、意地を見せることができるか (C)THEONE

明日20日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2021#06の計量が、港区KCOLオフィスで行われた。

修斗世界ライト級選手権試合、環太平洋バンタム級選手権試合を筆頭に後藤丈治✖石橋佳大のバンタム級戦、修斗初出場となる江藤公洋✖グンター・カルンダの75キロ契約戦という2つの3回戦に負けないほど注目度の高いクラスB=2回戦が組まれた今大会。

その2回戦でMMAデビュー戦を戦う岩本健汰と椿飛鳥は当日計量のため、それ以外の7試合=14選手は全て計量をクリアしている。


岩本と同様に宇佐美正パトリックのMMAデビュー戦も注目度が高いが、ミドル級で修斗初出場となる岩﨑大河と今市凌太の一戦も忘れてはならない。

北斗旗体重別全日本王者からMMAに転向後4連勝、これまでの岩﨑はコロナ感染予防対策から当日計量で93キロという計量ばかりで、前日で北米ウェイト制のミドル級という計量を始めて経験し、パスしている。

キャリア5戦目、パトリックや岩本に負けないインパクトを残したい岩﨑だ。そんな岩﨑以上に、試合順で3回戦ながら2回戦に上位を譲った江藤は、温厚な人柄であることは重々承知で、この試合順に怒りを覚え、当日のエネルギーに変えてもらいたい。

カルンダとの一戦は、ONE Warrior Seriesで吹っ切ったファイトを見せていた時の江藤──いや、それ以上の江藤が求められる。

椿✖岩本以外の計量結果は、以下の通りだ。

■視聴方法(予定)
9月20日(月・祝)
午後6時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■Shooto2021#06 計量結果

※赤字の選手をクリックすると、インタビューに飛びます
             
<修斗世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]川名TENCHO雄生:70.3キロ
[挑戦者]西川大和:69.6キロ

<修斗環太平洋バンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]安藤達也:61.1キロ
[挑戦者]石井逸人:61.1キロ

<バンタム級/5分3R>
後藤丈治:61.1キロ
石橋佳大:61.2キロ

<ライト級/5分2R>※当日計量
椿飛鳥──
岩本健汰──

<ライト級/5分2R>
ヨシ・イノウエ:70.2キロ
宇佐美正パトリック:69.9キロ

<75キロ契約/5分3R>
江藤公洋:74.6キロ
グンター・カルンダ:74.6キロ

<ミドル級/5分2R>
岩﨑大河:83.8キロ
今市凌太:83.5キロ

<フライ級/5分2R>
内田タケル:56.5キロ
大竹陽:56.7キロ

The post 【Shooto2021#06】計量終了 意地を見せろ、江藤✖グンター!!。パトリック&岩本に負けるな、岩﨑大河!!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA Shooto2021#06   ブログ ヨシ・イノウエ 宇佐美正パトリック

【Shooto2021#06】初陣=ヨシ・イノウエ戦。宇佐美正パトリック「コレで倒すというのは決めています」

【写真】かなり甘いルックスのパトリック。そして今回のインタビューでは、弱冠関西弁に戻っているように感じられた(C)MMAPLANET

20日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2021#06。同大会で『格闘DREAMERS』からLDH martialartsとの契約を勝ち取った宇佐美正パトリックが、ヨシ・イノウエとMMAデビュー戦を戦う。

打撃の強さ、パンチの技術&パワーは既に国内MMAトップレベル。とはいえMMAはMMAだ。組まさないで勝つこともあるだろうが、組まれてから、倒されてからがどれだけ強化されているのか。努力で手にできない──天賦の才=拳の強さに、努力で身につけることができる組の対応が追いつけば、宇佐美正パトリックはJ-MMA界の至宝になる可能性を持つ。デビュー戦を控えたパトリックに話を訊いた。


──輪郭がスッキリしていますね。

「そうですね、体重を落とすと顔が小さくなってきます」

──前日計量の70.3キロも、MMAファイターになって初めてかと思います。

「でもボクシングの時は69キロまで落としていたので。五輪の選考会は75キロ、ミドル級だったのですが、減量が苦しいということはないです」

──MMAを始めて、組み技があることで体つきや筋肉量も変ったかと思うのですが、それでも減量は順調だということですね。

「疲れは多少はありますけど、全然問題はないです。今回、いつ試合が決まっても良いようにずっと調整をしてきていので。本当に無理なく体重を落とせています。無理に落とすと代謝が下がって食事が摂れなくなってしまうじゃないですか、僕は食べながら落としたいので。時間を掛けて1日500グラムを目安に、体重を落とす感じで。練習をすると1.5キロとか2キロ落ちるので、そうしたら500グラム分落とすだけで食事もできますしストレスもなかったです。

もう試合用の練習は上がっているのですが、昨日(※取材は17日に行われた)もランニングをして体は軽かったです。数値的にも、減量前の普段の数字と全く変わっていないですし、メチャクチャ調子は良いです」

──計量まで2日で、問題はなさそうですね。

「もうリミットが見えてきたので、今日は塩抜きをして明日から水抜きをする予定だったんですけど、代謝だけで落ちそうです。普段から三盃(LDH経営の居酒屋)のお弁当を用意してもらって食事しているのですが、試合の1週間前は朝と昼は食べて、夜はサラダという感じにしていました。それに僕は普段から味の薄いモノを食べることが多いです」

──パトリック選手は大阪ですし、東京の味を濃いと感じたことないですか。

「あぁ、ありますねぇ。自炊もしていますけど、やっぱり味は濃くはしないです」

──やはり出汁文化ですね(笑)。自分らのような世代は、関西から来ると東京では『うどんが食べられない』という風だったのですが、それはパトリック選手の世代でも続いているのでしょうか。

「あぁ、分かります。醤油味が濃くて。うどんは自分で創りますね(笑)」

──そんな体調面、食事面も含めてですが、4月にEX FIGHT所属選手ではなくLDH martial arts契約選手となり心構えも変わったでしょうか。

「全然違いますね。この環境が、やはり他と違いますし。ボクシングの時と比較しても、めっちゃ打ちこめています。自分に足らないフィジカル面も、しっかりと指導してもらったので、ヨシ・イノウエ選手と戦ってもパワー負けすることはないはずです。

組技の方もGENでも練習していますし、凄く自信があります。何よりもMMAだけに集中できているので、毎日が発見だらけで楽しくて。分からないことも(中村)倫也さんに尋ねたり、岡見(勇信)さん、髙谷(裕之)さん、石田(光洋)さんに指導してもらって、日々進化していることを実感できています。

それこそ僕は契約選手だから、結果を残して皆の手本にならないといけないので、結果を出すために努力しています。気持ちとしては倫也さんと同じ日にデビューしたかったですけど……」

──いや、改めて4月の最終オーディションでは、指を大怪我していてアレだけ戦っていたと思います。パンチもそうですが、クラッチできないので組みも大変だったかと。

「実はスタンドのギロチンの時も指のことがあったので、組み方が逆だったんです。ホントに倫也さんと同じ日にデビューしたかったですけど、ここまでサポートがあって自分勝手に感情を優先させることはできないですし、このデビュー戦が遅くなった期間分だけ強くなれたと思っています」

──と同時に、これだけの環境が整っているだけに逆にプレッシャーを感じることもあるのではないかと。

「プレッシャーはヤバいです。倫也さんはレスリングで勝つかと思ったら、ハイキックで倒して……仮契約の鈴木崇矢選手が、EXFIGHT-1で格上のプロ選手を左ストレート一発で失神させてKO勝ち。凄いプレッシャーになっています。だからこそ、楽しみたいと思っています。

勝つことしか考えていないですし、勝つイメージもできています。少し様子を見たら倒しに行こうかと思います。コレで倒すっていうのは、もう決めています」

──力強い言葉です。

「向かい合っていないので分からないですけど、ただ殴り合うっていうんじゃなくて、駆け引きが面白い試合になると思います。」

──4月のアママッチを見た時から、パトリック選手のようなパンチを打てる選手は日本のMMA界にはいないと思いました。

「ありがとうございます」

──と同時に、その既に持っているボクシングをどこまで使い切れるのか。組み技があるなか、ボクシングとは距離も角度も違います。現状、MMAのなかでどれだけ自分の打撃を使いこなせるという感覚でいますか。

「正直、最近ではほぼグラップリングの練習しかしていないんです。指のケガが治ってからも。だから壁レスとかもメチャクチャ自身があります。ヨシ・イノウエ選手は四つ組みが強いですけど、もし組まれるようなことがあっても全然大丈夫です。

確かに僕のバックボーンはボクシングです。でも、今はMMAファイターでボクサーじゃないです。ボクサーだからパンチが上手いとかでなく、MMAファイターとしてグラフにしても局面、局面が揃ってきています。組み技も寝技も対応できます。でも試合はパンチで倒します!!」

──そこは殴って勝つと。

「やっぱり、分かりやすいですからね。4月の最終オーディションの試合はレフェリーストップでしたけど、日高(健太郎)選手は半分意識がありました。失神させるか、ガードポジションを取られても仕留めきる。誰が見ても『これは続けたら、ヤバい』と思うような勝ち方をします。

確かに一番大切なことは勝つことで、そこは絶対に拘ります。と同時に試合内容も『コイツ、ヤバいな。マジで野人、野生やな』というようなインパクトを残したいです!!」

■視聴方法(予定)
9月20日(月・祝)
午後6時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■ SHOOTO2021#06対戦カード
             
<修斗世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]川名TENCHO雄生(日本)
[挑戦者]西川大和(日本)

<修斗環太平洋バンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]安藤達也(日本)
[挑戦者]石井逸人(日本)

<バンタム級/5分3R>
後藤丈治(日本)
石橋佳大(日本)

<ライト級/5分2R>
椿飛鳥(日本)
岩本健汰(日本)

<ライト級/5分2R>
ヨシ・イノウエ(日本)
宇佐美正パトリック(日本)

<75キロ契約/5分3R>
江藤公洋(日本)
グンター・カルンダ(コンゴ民主共和国)

<ミドル級/5分2R>
岩﨑大河(日本)
今市凌太(日本)

<フライ級/5分2R>
内田タケル(日本)
大竹陽(日本)

The post 【Shooto2021#06】初陣=ヨシ・イノウエ戦。宇佐美正パトリック「コレで倒すというのは決めています」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2021#06 ブログ ヨシ・イノウエ 宇佐美正パトリック

【Shooto2021#06】中村倫也に続け、職業MMAファイター=宇佐美正パトリックがプロ修斗初陣!!

【写真】パトのプロ修斗デビューの相手はヨイに決まった(C)MMAPLANET

7日(火)、サステインから20日(月・祝)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2021#06の追加カード=ライト級2回戦ヨシ・イノウエ✖宇佐美正パトリックが発表された。

パトリックはLDHmartialarts所属、いや単なる所属選手ではなく格闘家育成プロジェクト=『格闘DREAMERS』を勝ち抜き、契約選手として練習に専念し、試合をすること給料が支払われる職業MMAファイターだ。

既にLDHmartialarts契約選手である盟友、中村倫也が7月25日に論田愛空隆を左KOで破りド派手なプロ初勝利を挙げている。ただしフリースタイルレスリングU23世界王者で組み技の基礎が抜群のレベルで修得できている中村と違い、5歳年下で21歳のパトリックに関しては、LDHmartialartsの髙谷裕之総監督はじっくり育てるということを明言していた。


それでも極真空手、正道会館空手、グローブ空手の新空手K-3ルールのキッズ部門で猛威を振るい、高校ボクシングで6冠という実績を残すパトリックは、最終オーディションで外敵の日高健太郎を左手の指を骨折している状態でKO(※日高はDEEPフューチャーキングT優勝者で、この後プロデビューを果たしている)勝ちしており、アマ修斗を経ずにプロ・ライセンスが下り、いきなりの修斗デビューとなった。

対戦相手のヨシ・イノウエはプロ修斗で1勝2敗1分、2019年のライト級新人王だ。フィリピンのマニラ出身、寝技に課題は残るがバチバチの打ち合い上等ファイター──いきなりプロデビューのダイヤの原石に意地を見せたいはず。

とはいえプロデビュー戦とはいえ、そのパンチに関してパトリックは既にプロMMAファイターの多くを凌駕しているといっても過言でない。特に彼が得意とする左ボディアッパーは、プロMMAの試合で目にすることは早々にない──ない切れと威力を誇っている。

このアーロン・ピコを思わせるボディショットを繰り出せるか否かは、テイクダウンや蹴りに如何に対応できるかにかかっている。最大の武器のボクシングが、プロ修斗のケージの中で通じれば、パトリックは元ボクサーでUFCを目指す新進気鋭のMMAファイターだと誰もが認めることとなる。

修斗世界ライト級選手権試合=チャンピオン川名TENCHO雄生✖西川大和、修斗環太平洋バンタム級選手権試合=チャンピオン安藤達也✖石井逸人、バンタム級の注目ファイト=後藤丈治✖石橋佳太、修斗初参戦の江藤公洋がグンター・カルンダと対戦、2回戦岩﨑大河✖今市凌太、内田タケル✖大竹陽にパトリックのプロ初戦が加わり充実のラインナップとなった。

The post 【Shooto2021#06】中村倫也に続け、職業MMAファイター=宇佐美正パトリックがプロ修斗初陣!! first appeared on MMAPLANET.