カテゴリー
DWCS S05 Ep10 MMA UFC   シャン・チーファー ジャスティン・バーリンソン チオルェン フアン・プエルタ マァフゥシャトゥ ユアン・リネス

『Dana White’s Contender Series 46』試合結果

Dana White's Contender Series 46 results: Two UFC contracts awarded, but not for wheel kick KO(MMAJunkie)
・Maheshate def. Achilles Estremadura via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Yohan Lainesse def. Justin Burlinson via knockout (punches) – Round 1, 1:37
・Erisson Ferreira de Silva def. Qiu Lun via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
・Jonas Bilharinho def. Canaan Kawaihae via TKO (spinning wheel kick) – Round 3, 4:00
・Juan Puerta def. Shang Zhifa via split decision (29-28, 28-29, 29-28)


【DWCS S05 Ep10】フアン・プエルタ、3Rは足を使ってシャン・チーファーに競り勝つ。中国勢は4連敗(MMAPLANET)

【DWCS S05 Ep10】音無しの14分から後ろ回しカカト蹴りでKO。一発必倒のビリャリーニョ、契約なるか(MMAPLANET)

【DWCS S05 Ep10】チオルェンに競り勝ったジ・シウバ。8月に亡くした娘に「全てを彼女に捧げる」(MMAPLANET)

【DWCS S05 Ep10】見事なワンツー、左フックでユアン・リネスがバーリントンからKO勝ち(MMAPLANET)

【DWCS S05 Ep10】マァフゥシャトゥが中国勢から初勝利。リネスと共にオクタゴン行きを勝ち取る(MMAPLANET)


 11月2日にラスベガスのUFC APEXで開催された『Dana White's Contender Series 46』の試合結果。マァフゥシャトゥとヨハン・レイネスがUFCとの契約を勝ち取っています。


 ヨハン・レイネス vs. ジャスティン・バーリンソン ハイライト動画。続きを読む・・・
カテゴリー
DWCS S05 Ep10 MMA アキーリス・エストレメドゥーラ キック マァフゥシャトゥ ユアン・リネス

【DWCS S05 Ep10】マァフゥシャトゥが中国勢から初勝利。リネスと共にオクタゴン行きを勝ち取る

<ライト級/5分3R>
マァフゥシャトゥ(中国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アキーリス・エストレメドゥーラ(カナダ)

左リードフックを連打し、前に出てきたエストレメドゥーラに対し、マァフゥシャトゥが左を当てて右に回る。この一発で勝負が決しておかしくないというぶつかり合いの直後に再びエストレメドゥーラが左フックから前に出る。前蹴りを繰り出す──フレームが一回り大きなマァフゥシャトゥだが、左から右を受けて腰が落ちる。パンチを続け組みついたエストレメドゥーラに対し、マァフゥシャトゥは回って離れる。エストレメドゥーラはケージの前を左右に回るマァフゥシャトゥに飛び込んで右を打ち込む。

マァフゥシャトゥも左を返すが、すぐにフックを被弾し腰がまたも落ちる。クリンチに持ち込んだマァフゥシャトゥ、エストレメドゥーラは押し返されると無理せず離れ打撃の間合いに。飛び前蹴りを繰り出したマァフゥシャトゥは右カーフを蹴る。エストレメドゥーラは間合いを測りながら、飛び込んで右から左を打ち込む。すぐに回って離れたマァフゥシャトゥだが、ワンツーを被弾し体を伸びる。エストレメドゥーラは右を伸ばし、まずはポイントでリードした。

2R、左ジャブを打って前に出たエストレメドゥーラが左フックを放つ。マァフゥシャトゥもフックを返し、距離を取り直す。足を使うマァフゥシャトゥに対し、エストレメドゥーラは踏み込む機会を伺う。マァフゥシャトゥはハイキックを見せ、エストレメドゥーラが組んでくると体を入れ替えてケージに押し込む。離れた両者、左フックと思いきや左エルボーを見せたエストレメドゥーラに対し、マァフゥシャトゥが左跳びヒザを入れる。

ここから連打を放ったマァフゥシャトゥは、たまらず組んできたエストレメドゥーラをケージに押し込みシングルレッグへ。切って離れたエストレメドゥーラは頭を守るあまりにがら空きになったボディに右ミドルを受けた。

この回を制した者が勝利を手にする5分間=最終回、左フックからローを入れるエストレメドゥーラに対し、マァフゥシャトゥが前蹴り、左ミドルを蹴っていく。右を当てたエストレメドゥーラだが、右を受けてケージに詰まるとマァフゥシャトゥがここもフライングニーを狙う。これは距離が合わなかったが、圧を掛けるのはマァフゥシャトゥで三日月から後ろ回し蹴りを見せ、右エルボーを打ち込む。

マァフゥシャトゥはスピニングヒールキック、跳びヒザと手数でエストレメドゥーラを封じ込む。エストレメドゥーラはパンチの威力が落ちるなか、ワンツーをカウンターで入れるがあとが続かない。残り90秒、バックエルボーを繰り出したマァフゥシャトゥが印象点も稼いだか。エストレメドゥーラは右を受けて、ワンツーを打ち返すも踏み込みが甘い。このまま時間となり、3-0の裁定で6人目──最後の中国からの挑戦者マァフゥシャトゥが判定勝ちを手にした。

2021年のコンテンダーシリーズ最終週、ダナ・ホワイトはユアン・リネス、そしてマァフゥシャトゥの2人だけとサイン。ジ・シウバを「私の裁定では負けていた」と切り捨てたのは、驚かされた。


The post 【DWCS S05 Ep10】マァフゥシャトゥが中国勢から初勝利。リネスと共にオクタゴン行きを勝ち取る first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
DWCS S05 Ep10 MMA ジャスティン・バーリンソン ユアン・リネス

【DWCS S05 Ep10】見事なワンツー、左フックでユアン・リネスがバーリントンからKO勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ユアン・リネス(カナダ)
Def.1R1分37秒by TKO
ジャスティン・バーリンソン(英国)

高い位置の蹴りを見せたバーリンソンがダブルレッグへ。ギロチンをセットしたバーリンソンは頭抜かれると引き込んで腕十字を狙う。腕を抜き、担いでサイドを取ったリネスはスクランブルにも上を取り切る。バーリンソンはスタンドに戻り左ヒザから離れる。リネスはローを蹴り、右ジャブを当てる。バーリンソンの右にリネスは右から返しの左フックを打ち込み、この一撃でKO勝ちを決めた。

「バーリントンは良いパンチを持っていたけど、防御がなっていなかった。ガードがいつも下がっていたんだ」とリネスは勝利者インタビューを話した。


The post 【DWCS S05 Ep10】見事なワンツー、左フックでユアン・リネスがバーリントンからKO勝ち first appeared on MMAPLANET.