カテゴリー
MMA UFC   コナー・マクレガー ジリアン・ロバートソン ダスティン・ポイエー メイシー・バーバー

12.11『UFC 269』のメインイベントはチャールズ・オリヴェイラ vs. ダスティン・ポイエーのライト級タイトルマッチ

『UFC 265』で延期となっていたアマンダ・ヌネス vs. ジュリアナ・ペーニャの女子バンタム級タイトルマッチが12.11『UFC 269』で仕切り直し戦(2021年08月31日)

12.11『UFC 269』でメイシー・バーバー vs. モンタナ・デ・ラ・ロサ、ジリアン・ロバートソン vs. プリシラ・カショエイラ(2021年09月02日)

 こちらの続報。


 UFCが12月11日に開催する『UFC 269』(会場未定)のメインイベントがチャールズ・オリヴェイラ vs. ダスティン・ポイエーのライト級タイトルマッチになることをMMAFightingが確認したとのこと。まだ契約にサインしてないものの両者は対戦に同意しているそうです。同大会はアマンダ・ヌネス vs. ジュリアナ・ペーニャの女子バンタム級タイトルマッチが発表されているので2大タイトルマッチになると思われます。

 オリヴェイラは『UFC 262: Oliveira vs. Chandler』で行われたライト級王座決定戦でマイケル・チャンドラーに2R TKO勝ちして以来の試合で現在9連勝中。今回が初防衛戦。

 ポイエーは『UFC 264: Poirier vs. McGregor 3』でコナー・マクレガーに1R TKO勝ちして以来の試合で現在3連勝中。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA UFC   ジリアン・ロバートソン ミランダ・マーヴェリック メイシー・バーバー

12.11『UFC 269』でメイシー・バーバー vs. モンタナ・デ・ラ・ロサ、ジリアン・ロバートソン vs. プリシラ・カショエイラ

『UFC 265』で延期となっていたアマンダ・ヌネス vs. ジュリアナ・ペーニャの女子バンタム級タイトルマッチが12.11『UFC 269』で仕切り直し戦(2021年08月31日)

 こちらの続報。


 UFCが12月11日に開催する『UFC 269』でメイシー・バーバー vs. モンタナ・デ・ラ・ロサの女子フライ級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 バーバーは『UFC on ESPN 27: Sandhagen vs. Dillashaw』でミランダ・マーヴェリックに判定勝ちして以来の試合。

 デ・ラ・ロサは『UFC Fight Night 189: Rozenstruik vs. Sakai』でアリアネ・リプスキに2R TKO勝ちして以来の試合。

Gillian Robertson treft Priscila Cachoeira tijdens UFC 269 op 11 december(MMA DNA)

 同じく『UFC 269』でジリアン・ロバートソン vs. プリシラ・カショエイラの女子フライ級マッチが行われることをMMA DNAが確認したとのこと。

 ロバートソンは『UFC 260: Miocic vs. Ngannou 2』でミランダ・マーヴェリックに判定負けして以来の試合で現在2連敗中。

 カショエイラは『UFC 262: Oliveira vs. Chandler』でジーナ・マザニーに2R TKO勝ちして以来の試合で現在2連勝中。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA UFC UFC ESPN27   キック ミランダ・マーヴェリック メイシー・バーバー

【UFC ESPN27】超接戦、決め手はなかったがバーバーがマーヴェリックをスプリットで破る

<女子フライ級/5分3R>
メイシー・バーバー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ミランダ・マーヴェリック(米国)

サウスポーのマーヴェリックの周囲を左右に回るバーバーが、左を伸ばす。マーヴェリックも右ジャブを伸ばし、左ハイへ。ブロックしたバーバーは左オーバーハンドを空振りする。サークリングを続けるバーバーのワンツーをバックステップでマーヴェリックが外す。互いに相手の踏み込みに距離を取るなかで、バーバーはマーヴェリックの左の蹴りに右を合わせていく。

その左ミドルを入れたマーヴェリックが、ワンツーに左をカウンターで放つ。スイッチを見せたバーバーは、オーソに戻すもジャブから左ハイを受けそうになる。左から前に出たマーヴェリックに、左を当てたバーバーが踏み込みに右を合わせる。マーヴェリックは蹴りで前に出てパンチに繋げようとし、バーバーが距離を取ったところで初回が終わった。

2R、上体を振ってジャブ、サイドキックを伸ばすマーヴェリックのワンツーに対し、バーバーが距離を取る。右ミドルをバーバーが入れ、右を伸ばす。マーヴェリックは右ロー、バーバーはスイッチしてからの左オーバーハンドも距離が合わない。続く左ジャブを当てたバーバーは、マーヴェリックに左ワキを差されてケージに押し込まれる。ボディロックに取ったマーヴェリックだったが、自ら離れる。直後に左を当てたバーバーが、逆に組んでボディロックテイクダウンへ。腹ばいになるがウィザーで耐えた立ち上がったマーヴェリックは、ケージに押し込まれても左腕を差して小外掛けを耐える。

バーバーはワキを潜ってバックに回り、胸を合わせてきたところでパンチを顔面に入れる。残り90秒、両者は距離を取り直す。バーバーの前進に左を当てたマーヴェリックだが、バーバーも右を返す、直後に左にダブルレッグを合わせたマーヴェリックは、スクランブルでバックに乗り両足をフックする。そのままグラウンドに持ち込んだマーヴェリックが、バーバーの背中を伸ばしつつパンチを連打した。

最終回、左を当て、左ローを蹴ったマーヴェリック。バーバーは右ロー、組んでエルボーを入れる。続いて右を当てたバーバーに対し、マーヴェリックはやや疲れてきたか。バーバーのステップインにミドルを合わせたマーヴェリックだが、接近戦ではエルボーを被弾するなど、勢いは明らかに対戦相手にある。と、右を当てて組みついたバーバーは、テイクダウンを決める。立ち上がったマーヴェリックだが、右を被弾してしまう。

バーバーは離れて、再びパンチを纏めて組みつく。ケージに押し込まれウィザーのマーヴェリックは、腕を差し替えるバーバーのテイクダウン狙いを耐え続ける。残り30秒、エルボーを入れて離れたバーバーが前に出るが、クリーンヒットはなく右を差して組んだところで時間となった。

最終回はバーバー、2Rは終盤のテイクダウンからバック奪取でマーヴェリックか。初回も非常に微妙だった試合はスプリットに割れ、バーバーが辛勝した。3連敗を逃れたバーバーは、感極まった表情を見せ「最後は大きな一発が必要だった。私の方が絶対的にスピードはあったけど……。次? ジェシカ・アイと8位の座を賭けて戦いたい」と話した。


The post 【UFC ESPN27】超接戦、決め手はなかったがバーバーがマーヴェリックをスプリットで破る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA MMA TJ・ディラショー UFC UFC ESPN27 YouTube エイドリアン・ヤネス コリー・サンドハーゲン ミランダ・マーヴェリック メイシー・バーバー ランディ・コスタ

【UFC ESPN27】「本当のメイシー・バーバーが帰ってきた」。マーヴェリックと対戦─メイシー・バーバー

【写真】23歳、8勝2敗のメイシー・バーバーが24歳、9勝2敗のミランダ・マーヴェリックと対戦。2人も肩回りと僧帽筋がとてつもなく発達している (C)Zuffa/UFC

24日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで行われるUFC on ESPN27「Sandhagen vs Dillashaw」で、メイシー・バーバーが復活を賭して、ミランダ・マーヴェリックと相対する。

LFAでのプロMMAデビュー以来、アグレッシブかつウェルラウンダーぶりを見せつけたバーバーは、5戦目のコンテンダーシリーズを経て、6戦目でUFCデビューを果たした。オクタゴンでも3試合連続フィニッシュと飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼女だが、2020年1月のロクダン・モダフェリ戦でプロ初黒星、ヒザの負傷もあり1年のレイオフを経験する。

復活を賭した今年の2月のアレクサ・グラッソ戦でも、試合勘の鈍りからが、ヒザの手術が影響したのか、以前の勢いの良さは見られず判定負けを喫した。

初めて壁にぶつかったバーバー。この間にUFCと契約して2連勝中のマーヴェリックとの試合を控えた彼女を初インタビューした。プレッシャーの欠片も感じられない、明るい言葉に終始したメイシー・バーバー、完全復活なるか。


──ミランダ・マーヴェリックと土曜日の夜に戦います(※取材は現地の21日に行われた)。今の調子はいかがですか。

「絶好調よ。スーパーエキサイティング。しっかりと練習してきたし、もう準備はできているわ」

──デビューから8連勝と負け知らずだったメイシーですが、2020年1月ロクサン・モダフェリ戦で敗れ、ACLを負傷しました。そして今年の2月の再起戦でアレクサ・グラッソに敗れ現在2連敗中です。

「最初の敗戦はヒザを捻って、どうしようもなかった。もちろん、初めて負けて精神的にもハードだったし。そこからパンデミックも起こって、また負けて……。でも、この半年間は以前のように練習できるようになったし、この間に私がどう過ごしてきたかをミランダとの試合で見せつけるつもりよ」

──敗北を知り、そこから立ち上がった者が本物のファイターになるという見方もあります。

「その通りね。私にとって貴重な経験になったし、やっぱり無敗でいるって気付かないうちにプレッシャーになっていたって分かったの。また、やり直しだけど楽しみにしているわ」

──ACLの負傷から手術を行い、不安はないですか。

「ヒザは全く問題ないわ。今も、この試合に向けての調整期間も一切気にすることもなかったし。手術前と今の違いは、チョットした時にヒザの回りの皮膚感覚が違うぐらいで。ホント、それ以外は何も変わったところがないから気にならないのよ。痛みでもないし、変な感じってぐらいね(笑)」

──ヒザの影響でファイティング・スタイルが変わることもなかったですか。

「ノー、全くないわ。カムバックしてからも、以前と同じように戦えているわ。ヒザを負傷したことで、変わったのはファイトスタイルよりも気持ちの面ね。以前より、もっと集中するようになったと思う。

今からすると、私はちょっとイージーにトップランクのファイターになってしまっていたみたいで。色々な人が私のことを知って、なんかアイドル的に見られることもあった。自分が自分でないような立場になっていたのよ。

このスポーツのトップで戦うには、フィジカルでもメンタル揃って問題ない状態でないと。今、メンタル的には以前と比較して落ち着いているし、ポジティブよ。凄く穏やかでハッピーだから」

──精神面に関しては、パンデミックという厳しい時を過ごし、米国ではようやく社会がオープンになったことも影響していないですか。

「確かにそれもあるかもね。パンデミックが起こり、ロックダウンになった時は、私もヒザの負傷があったからこそ、家に閉じこもっていることに我慢できていたかな。

でもカリフォルニアでも、徐々に制約が解かれていて、かなりオープンになったし。今回のキャンプは前回の試合の時と違って、パンデミック以前と変わりなくチーム・アルファメールでトレーニングすることができたわ」

──チーム・アルファメールには3人の日本人ファイターが練習していますね。

「テル(石原夜叉坊)も今週末に試合があるわよね。テル、ナミキ(川原波輝)、それと……もう1人……」

──田中路教選手ですね。

「そうね、イエス。きっとそう。アハハハハ。1人だけ分からないなんて問題だから、イエスよ。困らせないでよ(笑)」

──申し訳ありません。今回は同世代のミランダ・マーヴェリックとの試合です。彼女が女子ストロー級で13位、メイシーが14位です。

「ぶっ飛ばすわよ(笑)。そして、私のポジションを取り戻す。アハハハ。まぁ彼女はINVICTA FC上がりでタフよね」

──打撃ではメイシーかと思いますが、テイクダウンが加わると彼女の打撃も相当に有効に感じます。

「う~ん、そのコンビネーションを出させないだけの経験が私にはあると思っているわ。私の方がハイレベルだと、ケージで証明してみせるから。

本当の意味で、メイシー・バーバーが戻ってきた──そういう試合をするから。もう過去2試合のことは過ぎたこと。本当のメイシー・バーバーが戻ってきた……リアルなザ・フューチャーがね。ヘルシーでハッピーなメイシー・バーバーが、ミランダ・メーヴェリックを支配するの。

だから日本のUFCファンの皆も、ザ・フューチャーを応援してね」

■視聴方法(予定)
7月25日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN27対戦カード

<バンタム級/5分5R>
コリー・サンドハーゲン(米国)
TJ・ディラショー(米国)

<バンタム級/5分3R>
カイル・フィリップス(米国)
パウリアン・パイヴァ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
デリック・マイナー(米国)

<女子フライ級/5分3R>
メイシー・バーバー(米国)
ミランダ・マーヴェリック(米国)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス(米国)
ランディ・コスタ(米国)

<ミドル級/5分3R>
プナヘラ・ソリアーノ(米国)
ブレンダン・アレン(米国)

<ミドル級/5分3R>
イアン・ハイニッチ(米国)
ナソーディン・イマボフ(フランス)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガル(米国)
ジョーダン・ウィリアムス(米国)

<バンタム級/5分3R>
フリオ・アルセ(米国)
アンドレ・イーウェル(米国)

<女子フライ級/5分3R>
シジャラー・ユーバンクス(ブラジル)
エリース・リード(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ディアナ・ベルビシャ(ルーマニア)
ハンナ・ゴールディ(米国)

The post 【UFC ESPN27】「本当のメイシー・バーバーが帰ってきた」。マーヴェリックと対戦─メイシー・バーバー first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC258 アレクサ・グラッソ ブログ メイシー・バーバー

【UFC258】もはや他団体と別物。ボクシング&柔術でリードしたグラッソが、バーバーの反撃を振り切る

<女子フライ級/5分3R>
アレクサ・グラッソ(メキシコ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
メイシー・バーバー(米国)

昨年1月にロクサン・モダフェリにキャリア初黒星を喫した試合でヒザを負傷し、13カ月のぶりの復帰戦となったバーバー。対するグラッソは昨年8月にキム・ジヨンを破って以来の試合となる。遠い距離で動くバーバー、グラッソが左ローを蹴る。左を伸ばして組んだバーバー、ケージ際で態勢を入れ替えながら、残り3分20秒で離れてオクタゴン中央に。

グラッソは右ストレートから左フックを打ち込み、バーバーは組んでケージ際の攻防もグラッソが押し込む時間が多い。エルボー&ヒザを入れたグラッソは、縦ヒジ&ヒザをボディに突き刺す。メイシーはエルボーを打ち込んで離れると、ローに合わせて組んでいく。離れて右フックをバーバーがヒットさせるが、グラッソがすぐに右&左フックを打ち返す。最後のグラッソがケージにバーバーを押し込んだ形でタイムアップに。打撃の精度、組み勝ったグラッソのラウンドとなった。

2R、左を当てたグラッソはバーバーのハイをかわしてスイッチ。オーソに戻すと、左オーバーハンドもかわす。右アッパーから左フックと見事なコンビネーションを打ち込んだグラッソ。バーバーはたまらずクリンチへ。エルボーにもワンツーを返したグラッソに対し、バーバーは懸命にクリンチに持ち込む。

ここもケージ際でポジションを入れ替える展開となり、間合を取ったバーバーは右ストレートに続き、左フックをクリーンヒットさせる。さらに左ミドルを入れたバーバーは、グラッソの左ミドルにテイクダウンを合わせる。腕十字から結果的にスイープという形でサイドを取り、肩固めからバックに回ったグラッソがRNCを狙う。そのまま時間となり、この回もグラッソが取った。

最終回、遠い距離に立つ両者。バーバーの踏み込みにカウンターの左フックを狙うグラッソは、組んでケージへ。ボディにヒザを入れ、両ワキを差したグラッソは、ヒザをボディに入れる。バーバーは大内刈りでテイクダウンを決めると、パンチからパスを決める。シングルで立ち上がったグラッソにヒザを入れたバーバーが、パンチを振るって前に出る。

左右のロングフックを打ち込み、ヒザを入れたバーバーは組んで、ヒザ、左フックを入れる。真っ直ぐ下がったグラッソは、組みでも後手を取るようになりバーバーがヒザ、ヒジを入れる。さらに大内で崩し、エルボーを入れたバーバーだったが残り1分でグラッソが体を入れ替える。

押し込んで逃げ切り狙いのグラッソから離れたバーバーは、思い切り振った右フックにカウンターの右を被弾する。直後にバーバーは見事なタイミングでテイクダウンを決めたが、1&2Rに失ったポイントは挽回できず、グラッソが3-0の判定勝ちを手にした。


The post 【UFC258】もはや他団体と別物。ボクシング&柔術でリードしたグラッソが、バーバーの反撃を振り切る first appeared on MMAPLANET.