カテゴリー
ONE ONE NEXTGEN Report ジェレミー・ミアド ブログ ミャオ・リータオ

【ONE NEXTGEN】リーチ、踏み込みの鋭さでミアドがミャオを圧倒。ボディから連打でレフェリーストップ

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
ジェレミー・ミアド(フィリピン)
Def.2R0分15秒by TKO
ミャオ・リータオ(中国)

左ジャブを伸ばすミアドが右フックを打って、左ローを蹴る。さらに鋭い右ローから左ジャブ、アッパー、右クロスを打っていく。ミャオがアイポークがあったと一旦試合が止まり、再開後もミアドがリーチの差を生かすだけでなく、鋭い踏み込みからのパンチでミャオを圧倒する。ミャオもショートのワンツーを返すが、ワンツーから右フック、ヒザ蹴りを受ける。2年前の試合でのKOシーンが思い起こされたシーンにも、胸に当たったため凌げたミャオだが、その後もミアドのパンチを被弾し続ける。

ダブルジャブで下がり、そこに右を受けるミャオは左右のローで前足を削られる。ワンツーに組んだミャオだが、ミアドが即離れてワンツーを入れる。右をミャオが返すも、ミヤドも右を入れてスイッチして、左ローを連続で蹴っていく。オーソに戻して右ローを入れたミヤドが、完全に初回をリードした。

2R、初回と同様にローからジャブを入れるミヤドに対し、眼を抑えてアイポークをアピールしたミャオだがレフェリーは試合を続けろと応じる。ミヤドがボディから左右のパンチを連打すると、ついにミャオは背中を見せて試合を終わった。

「テイクダウンを狙ってくると思ったから驚いたよ。でも、こうなっちゃうよね」と笑顔をミヤドは試合を振り返った。


The post 【ONE NEXTGEN】リーチ、踏み込みの鋭さでミアドがミャオを圧倒。ボディから連打でレフェリーストップ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA ONE ONE NEXTGEN アリョーナ・ラソヒーナ アンダーソン・シウバ オク・レユン キック クリスチャン・リー ジェネリン・オルシム ジュリー・メザバルバ スタンプ・フェアテックス チャンネル デニス・ザンボアンガ ハム・ソヒ ボクシング ミャオ・リータオ リトゥ・フォーガット 平田樹

【ONE NEXTGEN】平田樹欠場の知らせ前に──スタンプ・フェアテックスが話していたこと

【写真】インタビューの翌日に練習風景の写メをスタンプ自身が送って来てくれた (C)STAMP FAIRTEX

明日29日(金・現地時間)に開催されるONE NEXTGENでジュリー・メザバルバと対戦するスタンプ・フェアテックス。女子アトム級ワールドGP準決勝で本来ハム・ソヒと対戦する予定が、欠場でメザバルバと戦うことになったスタンプだが、この変更をそれほど気にする素振りはなかった。

このインタビュー後、平田樹の欠場が決まったが、スタンプが決勝では平田と戦うことになると予想していた。底抜けに明るいスタンプは、何があっても動じない強さが感じられた。


──ジュリー・メザバルバと来週の金曜日に対戦します(※取材は10月22日に行われた)。

「100パーセント、試合に向けて準備はできているわ。あとは体重だけね」

──もともとはハム・ソヒと対戦予定でしたが、3週間ほど前に彼女の欠場が決まり対戦相手が代わったという経緯があります。

「最初、彼女が欠場すると知った時、そのままトーナメントの決勝に行けたらなって思ったわ(笑)。でもジュリーと戦うことになって、ハム・ソヒも彼女もストライカーだから、そんなに違いはないから心配はしていなかったわ」

──体はハム・ソヒより大きく、力も強そうですが。

「確かにそうかもね。ジュリーはもともとストロー級の選手だし、メイ・ヤマグチとの試合では本当にサイズが違っていたわね。あれだけ体格差があれば、メイ・ヤマグチのテイクダウンを切るのも簡単だったと思う。私よりも彼女の方が大きいと思うけど、そんなにパワーは違わないだろうし、いつも男の選手と練習しているからこの練習環境が次の試合に役立つはずよ」

──スタンプは常にMMAらしい試合を心掛けているように見えますが、メザバルバが打撃で来るようだといつも以上にムエタイの技術が使える試合になると思いますか。

「彼女が打撃戦を仕掛けてきても全く苦にならないわ。私はムエタイで戦うだけだから。この試合が決まった時に彼女は私をKOするって言っていたの。彼女の方がキックボクシングが上手くて、私のスピードは彼女の半分しかないんだって(笑)。私は自分がどういう選手か理解しているし、打撃で来るなら大歓迎よ」

──アリョーナ・ラソヒーナとの2試合を終えて、どれだけMMAファイターとして成長できたと思っていますか。

「打撃に自信があるのは絶対よね。でも柔術は自分のレベルがまだ分からないの。ただアリョーナとの1回目の試合と再戦を比較すると、アップグレードできていることは分かった。でも、それがどの程度なのか分からないわ」

──この試合で勝つと、決勝戦です。リトゥ・フォーガットと平田樹選手、どちらが上がってくると思っていますか。

「難しい質問ね……ただイツキ・ヒラタかな。彼女の方がウェルラウンディット・ファイターだから。リトゥはまだ打撃が十分じゃないしね」

──それは優勝するために平田選手の方が組みしやすしということではなく?

「ノー、そういうことじゃないわ。イツキ・ヒラタもリトゥも私にとっては簡単な相手じゃないし。ただ、次にどっちと戦うのかって考えると、イツキかなって思うだけで。リトゥよりMMAファイターとしてバランスが取れているから。彼女と戦うことは私にとっても新しい挑戦で、それが楽しみなの」

──MMAだけでなく、ダンスバトルも楽しみにしています(笑)。

「アハハハハ。彼女がTikTokでよく踊っているのを見るわ。ダンス・コンペティションでも、皆に喜んでもらって私は負けないわ(笑)」

──ところでハム・ソヒ✖デニス・ザンボアンガ、クリスチャン・リー✖オク・レユンという風に裁定にブレが見られると、ゲームプランを立てるのに影響はでないでしょうか。

「とにかく、一つ一つの攻撃、動きで対戦相手を上回り、私の方が上だとクリアに理解できるよう戦うことを心掛けるわ。もちろんKOできれば判定は関係ないけど、3Rが終わった時点で私が文句なしに勝っている──そういう戦いをしようと思っているわ。全てをクリアにするためにね。そういう風に戦える自信もあるわ」

──スタンプ、では最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「オハヨー。全ての私のファンにベストを尽くすことを約束するわ」

■視聴方法(予定)
10月29日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE NEXTGEN対戦カード

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準決勝/5分3R>
スタンプ・フェアテックス(タイ)
ジュリー・メザバルバ(ブラジル)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準決勝/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ジェネリン・オルシム(フィリピン)

<キック・ヘビー級/3分3R>
イラジ・アジスプール(イラン)
アンダーソン・シウバ(ブラジル)

<ヘビー級(※102.01キロ)/5分3R>
キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)
ダスティン・ジョインソン(カナダ)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
ミャオ・リータオ(中国)
ジェレミー・ミアド(フィリピン)

<キック・ヘビー級/3分3R>
ベイブラット・イスアエフ(ロシア)
ボグダン・ストイカ(ルーマニア)

The post 【ONE NEXTGEN】平田樹欠場の知らせ前に──スタンプ・フェアテックスが話していたこと first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ONE アレックス・シウバ ブログ ミャオ・リータオ

【ONE Battler Ground02】サブミッションを防いだミャオだが、TD&ポジション奪取でシウバが勝利

【写真】テイクダウンからポジション奪取、サブミッション・アテンプトとシウバが文句なしの判定勝ちを手にした(C)ONE

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
アレックス・シウバ(ブラジル)
Def.3-0
ミャオ・リータオ(中国)

距離を詰めてジャブを伸ばしたシウバに対し、ミャオが鋭いワンツーを打っていく。シウバはダブルレッグを切られ、ミャオの打撃の圧の前に組んで引き込んでいく。クローズドにとったシウバは、ミャオの左手首を掴み、右はオーバーフックに捕らえてハイガードへ。右腕を取り、オープンから腕十字のシウバがオモプラッタへ。腕を抜き、足関節にも対応したミャオが立ちあがって右フック、そしてヒザを狙う。距離を取り直したミャオに対し、ダブルレッグを仕掛けたシウバはケージに押し込む。

立ち上がったところでボディロック・テイクダウンを決めたシウバは、ハーフからワキ差しパス&マウントへ。ワキをすくって肩固め狙いのシウバに対し、譲らないミャオはエルボーを受けて背中を見せそうになる。ミャオが上を見直すと、シウバはヒジを落としXマウントから腕十字狙いも、ミャオが防いで時間となった。

2R、シングルを切られたシウバだが、続くトライでケージにミャオを押し込み、ダブルに移行して尻もちをつかせる。スクランブルでギロチンを狙ったシウバが、再びダブルレッグを決めると、しっかりと上を取りきりマウントへ。3分に渡り抑えたシウバは、バックマウントに移行して腕十字へ。そのタイミングで腕を抜きながら、胸を合わせたミャオだがシウバが柔術で制したラウンドとなった。

最終回、打撃の攻防のなかで右フック、ヒザをミャオが繰り出す。熱くなったか、シウバはノーガードでフックを振るう。続くテイクダウン狙いを切ったミャオは、右フックからアッパーをヒットさせる。シウバはシングルレッグからボディロックへ移行し、テイクダウン。スクランブルでバックに回り四の字フックにミャオを捕える。

懸命にリストを取って耐えるミャオだが、シウバは後方から殴りマウントへ。ここで前方に落としたミャオは、三角絞めにもオモプラッタにも移行させずハーフでトップに。頭を引き寄せ、右腕をオーバーフックで抱えてパンチを受けないシウバだが、ミャオはエルボーを入れてパンチに繋げる。

逃げ切りに掛かったシウバは、決定打を受けず時間まで守り切り「最初にテイクダウンできなくて……体が温まるのに時間が掛かったし、フィニッシュできなかった。勝ったことは嬉しいけど、フィニッシュしに来たから……。いくつかチャンスはあったけど、できなかった。彼はタフだったよ」と話した。


The post 【ONE Battler Ground02】サブミッションを防いだミャオだが、TD&ポジション奪取でシウバが勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA K-1 MMA ONE ONE Battle Ground02   アレックス・シウバ エドゥアルド・フォラヤン オトゴンバートル・ネルグイ キック ジャン・リーポン チャンネル ボクシング ミャオ・リータオ ラフル・ラジュ

【ONE Battle Ground02】草原の法の番人ネルグイ、ONE初陣へ「機会があれば極真の蹴りを」

【写真】粗いが、パワーと戦意が同等でないとこの粗さを凌駕することは困難だ(C)ONE

13日(金・現地時間)、ONE「Battle Ground02」が放送される。

7月30日にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録された今大会で草原の法の番人ことオトゴンバートル・ネルグイが、ラフル・ラジュを相手にONE本戦デビュー戦を戦っている。

ネルグイといえば2019年10月に東京で開催されたONE Warrior Seriesで長田拓也をギロチンで斬って落としたパワー・ストライカーだ。その後、コロナパンデミックによりモンゴル国内大会への出場がなくなり、ウォリアーシリーズの開催も滞っているままだ。

何より母国で警察のスペシャルフォースの任務に就くネルグイは、国の方針により同僚との接触以外を禁じられMMAの練習自体が許されない時間を過ごしてきた。中国と並びアジアンMMAの新しいパワーハウスから、既にキャリア11年目を迎えるファイターが満を持してアジアの最高峰で戦う──その経緯を尋ねた。


──2019年10月に日本で行われたONE Warrior Seriesで長田拓也選手に大勝して以来の実戦復帰が、ONE本戦デビュー戦となります。今の気持ちを教えてください。

「あの試合が終わって、またすぐにウォリアーシリーズで戦いたいと思っていたけど、コロナ禍の問題もあり試合が組まれなくなった。同時に僕はモンゴルで警察の特殊部隊の一員なのでMMAの練習もストップしていたんだ。警察の勤務を全うするためにね。そんななか今回はONEの本戦と契約できて、凄く嬉しいよ」

──2020年2月に母国のモンゴルFCでムングントスズ・ナンディンエルデンと対戦予定でしたが、大会自体が延期されてしまい、そのまま実戦だけでなく練習からも離れていたということですね。

「あの時は、しっかりとナンディンエルデンとの試合に向けて準備ができていた。それが1週間前にコロナで大会の延期が決まって、そのまま行われないままだった。当時はこの状況がこんなに長く続くことは、これっぽっちも思っていなかった。

その後、警察の上部からMMAへの試合に出ることばかりか、練習もしないようにとお達しがあった。感染を抑えるために、部隊以外の人間との接触を避けなければいけなくなり、その状態が1年以上続いていたんだ。

それがこの夏になって、ワクチン接種が進んだことで政府がコロナ対策方法を見直すことになり、僕も練習することが許されるようになった。それが殆ど、ONEからのオファーと同じタイミングで本当に良かったよ。7月5日にONEで戦えるという話がマネージャーからあり、練習を再開したんだ。

1カ月も準備期間はなかった。ただし、ウェイト・トレは続けていたので筋肉は多くなっている。もし、このオファー後もMMAの練習ができないようだったら、警察本部に嘆願書を出すつもりだった。ONEはMMAの世界で2番目から4番目に大きなプロモーションだし、このチャンスを生かすためにどのような努力もしただろうね」

──なるほど、それだけの想いがあったのですね。ところでネルグイ選手は決してMMAが盛んでなかったモンゴルで、どのようにしてMMAファイターの道を目指したのでしょか。

「2010年にMMAを戦い始めた。MMAのトーナメントが開かれて、警察の特殊部隊からも選手が派遣されることになり、僕が選ばれた。そしてジャダンバ・ナラントンガラグと戦ったんだ」

──MMAデビュー戦がジャダンバだったのですね!! 

「もうジャダンバはK-1のスター選手だった。でも、警察署長は僕が勝てると思ってトーナメントに送り込んだ。結果は思ったようにはいかなかったよ」

──その時は、どのような格闘技歴があったのですか。

強烈無比なオーバーハンドだが、実にニータップに移行できる

「極真空手、キックボクシング、コンバットサンボだよ。デビュー戦前にMMAを始めたばかりのチームで練習するようになった」

──ジャダンバも極真出身ですよね。

「ジャダンバは既にレジェンドだったよ。対して僕はまだ23歳の若造だった」

──デビュー後は2011年にMMAを戦ったものの、それから2018年まで6年10カ月ものブランクがあり、その2018年には米国で4試合を戦い3勝1分です。

「モンゴルにはMMAの大会もそうだし、関係している人間も少ない。僕自身、2014年から2016年の2年間は国連の治安維持軍の一員として南スーダンに駐在していたんだ。帰国後、すぐにでも試合をしたかったけど、モンゴルでは大会数が本当に限られていて。それでも試合は何度か組まれたのに相手のケガなどで結局、戦えないままだった」

──それがいきなり米国で1年に4試合も戦うというのは、どのような環境の変化があったのでしょうか。

「2017年に今のマネージャーが米国からモンゴルに戻ってきて出会ったからなんだ。彼が米国での試合を持ってきてくれて、Tachiパレスとドラゴンハウスでという大会で戦い、ドラゴンハウスではライト級王者になることができた。そのマネージャーがモンゴルFCを主宰するようになり、ようやくモンゴルでも戦うことができるようになったんだ。

それにMMAの試合がなかった相手もコンバットサンボでも世界3位になり、キックでも何度もトーナメントで優勝しているから実戦から離れていたというわけではなかったんだ」

──MMA以外の格闘技の試合で戦ってきたわけですね。

「一番多くの試合に出ていたのは、極真空手のトーナメントだよ。何度もモンゴル国内の王者になり、アジア選手権では2位になっている。極真の試合は海外も含め、相当な数のトーナメントに出てきたよ」

──極真の経験はMMAで生きていますか。

「極真の中段突きと下段蹴りで、相当に鍛えられてきたよ。多くの蹴り技を見につているし、蹴りには自信があるよ」

──ところでONEデビュー戦は凄く大切な試合になりますね。

「初戦は絶対的に重要になってくる。ファンは退屈な試合を求めていないから、エキサイティングな試合をして相手をKOする。米国で試合をしていた時代から、ファンに存在を知ってもらうために、常にフィニッシュを狙って戦ってきたんだ。あの時同じようにKOを狙って戦うよ。機会があれば、極真の蹴りを見せてKOするつもりだ。押忍!!」

■視聴方法(予定)
8月13日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE Battle Ground02対戦カード

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ジャン・リーポン(中国)
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
アレックス・シウバ(ブラジル)
ミャオ・リータオ(中国)

<ヘビー級(※102.01キロ)/5分3R>
トーマス・ナルモ(ノルウェー)
アラン・ンガラニ(香港)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
リュウ・パンシュアイ(中国)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
オトゴンバートル・ネルグイ(モンゴル)
ラフル・ラジュ(シンガポール)

The post 【ONE Battle Ground02】草原の法の番人ネルグイ、ONE初陣へ「機会があれば極真の蹴りを」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA ONE ONE Battle Ground02 ONE Championship ROAD FC   アレックス・シウバ エドゥアルド・フォラヤン オトゴンバートル・ネルグイ ジャン・リーポン チャンネル ミャオ・リータオ ラフル・ラジュ

【ONE Battle Ground02】草原の法の番人=モンゴル特殊警察官オトゴンバートル・ネルグイ、出陣

【写真】とにかく豪快なファイターが多いモンゴルから、また注目の選手がONE本戦出場を果たす。ライト級のファイターは要注意だ(C)MMAPLANET

ONE Championshipが9月3日(金・現地時間)に5月に予定されていたオンリー女子大会=ONE Empowerの開催と今月13日(金・同)に録画中継されるONE Battle Gound02の対戦カードが発表している。

7月30日にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録された同大会、メインとセミでは既報の通りジャン・リーポン✖エドゥアルド・フォラヤン、アレックス・シウバ✖ミャオ・リータオが組まれており、今回は他3試合のMMAマッチが明らかとなっている。


ヘビー級のトーマス・ナルモ✖アラン・ンガラニ、フライ級のエコ・ロニ・サプトラ✖リュウ・パンシュアイ、そしてライト級のオトゴンバートル・ネルグイ✖ラフル・ラジュの3試合、ONE初出場のトーマス・ナルモは周囲がワクチン接種を済ませておらず、単独でシンガポール入りを果たしたという情報も伝わっている。

そんな3試合のなかで注目はモンゴルのオトゴンバートル・ネルグイだ。ONE本戦は初出場のネルグイだが、2019年10月に東京で開催されたONE Warriro Seriesに来日しており、長田拓也を相手に強烈なパンチからギロチンチョークで下している。

ネルグイにとって、その長田戦以来の実戦となる。本来、ネルグイは長田戦の3カ月後──2020年2月1日に母国モンゴルのウランバートルにおけるMongol FCで韓国在住の同朋でRoad FCなどで活躍してきたムングントスズ・ナンディンエルデンと対戦予定だった。しかし、モンゴル政府は中国の武漢からアジアに広まりつつあった新型コロナウィルス感染拡大にいち早く対応を見せ、感染者が出る以前に1カ月間の教育機関の休校と催し物の開催を中止させる決定をした。

3月14日に同大会の延期も決まっていたが、ご存知のようにCOVID19はその後の1カ月半で瞬く間に世界中に広まり、ネルグイの本職は特殊部隊に属する警察官で、部隊内での感染を防ぐためにMMAのトレーニングからも離れる必要があった。デルタ株で感染者が増加傾向にあるモンゴルだが、7月5日から練習許可が下りたことで1年半ぶりにトレーニングに戻り、今回の試合を迎えることになったという。

職業柄ネルグイのフィジカル=強度が落ちることはい。とはいえMMAを戦うには特殊警察の任務とは違うスタミナは不可欠だ。以前に極端はガス欠を試合中に起こしたこともあるネルグイだけに、今回の試合の一番の不安材料は対戦相手のラフル・ラジュではなく、自らのコンディションとなりそうだ。

■視聴方法(予定)※録画中継
8月13日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ ONE Battle Ground対戦予定カード

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ジャン・リーポン(中国)
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
アレックス・シウバ(ブラジル)
ミャオ・リータオ(中国)

<ヘビー級(※102.01キロ)/5分3R>
トーマス・ナルモ(ノルウェー)
アラン・ンガラニ(香港)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
リュウ・パンシュアイ(中国)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
オトゴンバートル・ネルグイ(モンゴル)
ラフル・ラジュ(シンガポール)

The post 【ONE Battle Ground02】草原の法の番人=モンゴル特殊警察官オトゴンバートル・ネルグイ、出陣 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA ONE   オンラ・ンサン キック グスタボ・バラルト チャンネル ボクシング ミャオ・リータオ ヴィクトリア・リー 澤田龍人

【ONE Battle Ground】澤田龍人の次戦=グスタボ・バラルト戦が、録画からライブ中継枠に昇格!!

【写真】愛猫のレオ君、♂と。日本にいては、経験できない日々を澤田は送っている (C)MMAPLANET

30日(金・現地時間)にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE「Battle Ground」に澤田龍人が出場し、グスタボ・バラルトと対戦することが決まった。

当初の予定では澤田は当日収録で、2週間後に放送されるBattle Ground02でバラルトと対戦予定だったが、キックボクシング戦=シッティチャイ・シッソンピーノンと対戦するはずだったタイフン・オズカンの負傷欠場で、澤田の試合がライブマッチ昇格を果たした。

シンガポールのEvolve MMAに在籍。そのシンガポールのコロナ予防対策がフェーズ2に戻り、大会直前にジムが閉められたという澤田にZoomインタビューを行った。


──おっ、いきなりの笑顔ですね。

「やはりライブになったので」

──いつ正式決定したのでしょうか。

「昨日(※取材は26日に行われた)ですね。シアー(バハドゥルサダEvolve MMAヘッドコーチ)から『生放送に繰り上がったから』ということを聞きました」

──そして、その笑顔と(笑)。

「録画中継よりライブ中継の方が、テンションが上がります。録画の試合は、試合があることも報告できないですし、中継されるまでも期間が長くて、その間も試合の勝敗に関わることを話していけないのでしんどかったです」

──10月8日のミャオ・リータオ戦を皮切りにロビン・カタラン、そして4月のミャオ・リータオとの再戦とダークシリーズが続きましたが、たしかカタラン戦は本当に中継が遅かったですね。

「12月中旬に試合をして、放送が2月の最初で3カ月ぐらいタイムラグがありました……」

──そこで勝利したというのに、4月の試合は5日前に試合が決まり、しかも相手は10月に勝ったミャオ・リータオ。受けたからには勝つしかないのですが、これは気の毒な試合でした。

「あれだけ短時間で試合をしたのも初めてで、準備ができていなかったです」

──正直、モチベーションなど上げようがなかったのではないですか。

「そうですね……、リマッチで……気持ち的には、戦える状態ではなかったのかと思います」

──それでも試合を断ることはできない?

「まぁ、Noとは言えないです。ケガをしていなければ……戦います」

──Evolve MMA所属ですしね。シンガポールは再びロックダウンになり、5月大会が延期されました。そして、限定的に解除されていくなかで今大会が決まったのですが、オファーはいつ頃ありましたか。

「1カ月前ぐらいですかね。7月30日に試合をするというのは決まっていました」

──今大会は日本から出場する選手がいないので、なかなか大会があるのか掴めませんでした。でもEvolve MMAの動向から月末にあるのか──と。ただし、そのなかでシンガポール政府が予防対策をフェーズ2まで引き上げて厳しくしました。

「それがあって、今回の大会も本当にあるのかっていう不安はありました。最初はシンガポールか〇〇〇でやるという風に聞いていて」

──現状動いていても、すぐに〇〇〇ではイベント開催は難しいかと。

「ハイ。そうだろうと思っていました。結局、決まっていないですし。そのうえでシンガポールはまたロックダウンですし、大会ができるかどうか半々だなって感覚ではいました」

──日本にいるとピンとこないのですが、そこまでの状況なのですね。練習の方はフェーズ2になって問題なかったですか。

「ありました。試合が決まってからの1カ月間は、人数制限があってもグラップリングのスパーリングもできていましたが、先週の水曜日からジムが使えなくなりました」

──ジムが閉められということですか。

「ハイ。だからジムの前で、グラウンドはなしで対人練習をしたりしてきました」

──えぇ! 警察が来て止めらたりは?

「2人なら大丈夫です。ただ、ジムは完全にクローズされているので中は使えないです」

──それは……えげつない状況がいつまでも続きますね。

「だいぶ自由になっていた時期もあったのですが……感染者が増えると、またロックダウンですね」

──シンガポール政府は完全に抑え込みたいのですね。

「そうみたいです」

──日本は感染者がどんどん増えても、特にこれ以上の対策はないですし。要は個々で頑張れという方針なのですが、死者の数がそれほどでないので緩んだ空気はもう収まらないかもしれないです。

「シンガポールは少し増えただけで、規制が掛かります」

──慣れとか、気の緩みはシンガポールの人々はないのですか。特に若者は重症化率が低いわけではないですか。

「ないですね。罰金とかありますからね。5人以上集まっていても、そうですし。そこは気をつけますよね。ジムもロックダウン中に営業は絶対にできないです」

──シンガポールは監視・管理社会ですしね。

「そこらにカメラがありますからね(笑)。見回りも凄く多いです。ビシビシと、見張られている感はあります」

──最後の1週間で練習に制限が加わったもののも、それでも5日前のオファーを受けた前回よりも仕上がりは良いのではないですか。

「そうですね。ずっと試合のための練習をしていましたし、対策練習、チームメイトと話すこともできたので。それに明日からホテルですし、ホテルに入るとグレーゾーンかもしれないですが、マットスペースもあるので」

──そういうなかでグスタボ・バラルト戦ですONEでは結果が残せていないですが、実力者だと思います。

「そうですね。相性の悪い相手が多かったような気がします。彼の思う様な試合ができてないです……ただ、テイクダウンはとれても寝かせた後のコントロールはそれほど強くないと思います」

──極端に身長が低いです。

「これまでボカン・マスンヤネとロビン・カタランは、僕より背が低かったのですが、バラルトは特別に低いです。あれだけ小さい選手は、なかなかいないです。それでパンチをぶん回してきて。まぁ間合とかは問題ないので、どれだけの圧力が対峙した時にあるか、ですね」

──前回の試合は色々あったとしても、受けて負けたという結果です。バラルトも負けられない状況ですが、どういう試合をしないといけないと感じていますか。

「今回は負けないことです。負けないことを大前提に試合をしたいです──今回に関しては。一発が強い選手なので、そこを警戒して戦います。レスリングも僕より強いでしょうし。どういう風にスクランブルできるか楽しみです。バラルトの攻撃は頭から突っ込んで来て、あまり考えてなさそうです(苦笑)。

前回、負けてしまったのですが、一からやり直すつもりで気持ちを切り替えてやってきました。ランク5位の選手とこれから戦うことがはできるのか──そこが見られる試合だと思うので、しっかりと勝ちたいと思います。日本人選手は今回、僕だけで。オリンピックも始まっているので、その勢いに負けないよい熱い試合を日本の皆さんに視てもらいたいと思います」

■視聴方法(予定)
7月30日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル

■ ONE Battle Ground対戦カード

<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)
[挑戦者] プランチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
オンラ・ンサン(ミャンマー)
レアンドロ・アタイジ(ブラジル)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
澤田龍人(日本)
グスタボ・バラルト(キューバ)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
リン・ホーチン(中国)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
チェン・ルイ(中国)
ジェレミー・ピカティウ(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ヴィクトリア・リー(米国)
ワン・ルーピン(中国)

The post 【ONE Battle Ground】澤田龍人の次戦=グスタボ・バラルト戦が、録画からライブ中継枠に昇格!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Battle Ground01 ONE Battle Ground02 ONE Battle Ground03 アレックス・シウバ エドゥアルド・フォラヤン オンラ・ンサン ジャン・リーポン デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク バンマードォーチー ブログ ミャオ・リータオ ヴィクトリア・リー

【ONE Battle Ground】活動再開=7月30日LIVE&収録大会は「中国✖ワールド」?! ジャン・リーポン出場

【写真】Battle Ground02でONEデビューが決まったジャン・リーポンはUFCで2勝2敗、通算MMA戦績は30勝11敗2分──ドゥアルド・フォラヤンは厳しい試合が続く (C)MMAPLANET

19日(月・現地時間)、ONE Championshipが30日(金・現地時間)にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムでONE「Battle Ground」の開催と対戦カードの発表を行っている。

5月28日のプロモーション史上初となる予定だったオンリー女子イベントが、COVID19対策でシンガポール政府がロックダウン政策を採ったため延期を余儀なくされたONEだが、再開まで2カ月──そして女子大会ではなく、通常のイベントが開かれる。


とはいえシンガポールで最近、夜の街や生鮮市場でクラスターが発生し、7月12日に外食の人数が5人に引き上げたばかりだというのに、19日から2人に再び規制が強化された(例外としてファイザーかモデルナ制のワクチンを接種し、2週間が経過している者と感染から回復し270日以内の者、24時間以内に陰性が確認された者)。

基本は在宅勤務で、MMA練習環境も5人から2人(ワクチンを接種者は5名まで)に数制限が入っているという。そのようなかで、今大会は無観客、隔離措置が実施されパンデミック後のONEのニューノーマルとなっているライブ&ダークシリーズ収録が30日に行われる。

ライブ大会はONEムエタイ世界ストロー級選手権試合=王者サムエー・ガイヤーンハーダオ✖プランチャイ・PKセンチャイムエタイジムをメインに、MMAが4試合、キック1試合と計6試合が確定している。

シンガポールのロックダウン後、ONEでは市場開放と予防対策の狭間になるマーケットを睨み、米国、東南アジア、東アジアでのイベントを開催も模索していたという話も聞かれる。そんななか8月13日放送分= ONE「Battle Ground02」ではライト級=ジャン・リーポン✖エドゥアルド・フォラヤン、ストロー級=アレックス・シウバ✖ミャオ・リータオ。27日放送分=ONE「Battle Ground03」はムエタイ・バンタム級のセーマーペッチ・フェアテックス✖タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム、ストロー級=デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク✖バンマードォーチーと、ダークシリーズとして放送2大会の上2カードが一足先に明らかとなっている。。

元TUFチャイナ優勝でRoad FCでも活躍したジャン・リーポンがONEデビューを果たし、同じくWLFやKLFで13勝1敗の戦績を残すバンマードォーチーもサークルケイジ初陣と、録画大会は4試合発表されたなかで中国人選手が3名、30日のライブ大会にも中国から3人が出場する。今回のBattle Ground Sereisは中国大会開催と「中国✖ワールド」というコンセプトの名残り──というのは考え過ぎだろうか。

■視聴方法(予定)
7月30日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル

■ ONE Battle Ground対戦カード

<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)
[挑戦者] プランチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

<ミドル級/5分3R>
オンラ・ンサン(ミャンマー)
レアンドロ・アタイジ(ブラジル)

<キックボクシング・フェザー級/5分3R>
シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)
タイフン・オズカン(トルコ)

<女子アトム級/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
リン・ホーチン(中国)

<バンタム級/5分3R>
チェン・ルイ(中国)
ジェレミー・ピカティウ(フィリピン)

<女子アトム級/5分3R>
ヴィクトリア・リー(米国)
ワン・ルーピン(中国)

The post 【ONE Battle Ground】活動再開=7月30日LIVE&収録大会は「中国✖ワールド」?! ジャン・リーポン出場 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE TNT03 ONE118 Report ブログ ミャオ・リータオ 澤田龍人

【ONE TNT03】澤田龍人、勝負所で下に。ミャオ・リータオはスクランブル発進とは思えないコンディション

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
ミャオ・リータオ(中国)
Def.3-0
澤田龍人(日本)

ジャブを伸ばす澤田に対し、ミャオはフックを振るう。澤田のダブルレッグに対し、右腕を差して投げを狙ったミャオ。澤田はダブルレッグからリフトアップ。着地したミャオにシングル、再度ダブルに移行してテイクダウンを奪う。倒されてもすぐに立つミャオに対して、澤田はシングルを続ける。尻もちまでいくが、背中をつけることがないミャオ、澤田は残り2分で組みながら下になってしまう。

スイープ狙いから腕十字も、立ち上がって力で腕を振り抜くミャオは担いでサイドへ。澤田もスクランブルに持ち込み、ダブルレッグからバックを制す。ワンフックで背中に取った澤田がグラウンドに持ち込む。ミャオの動きにトップ狙いに切り替えた澤田だったが、ここでミャオが胸を合わせてラウンドと終了となった。

2R、フックから右を伸ばす澤田が、ジャブ&ワンツー。続くダブルを切られ、澤田は離れるのでなくガードを選択する。バタフライガードからフックガード、下でエルボーを使う澤田だが、ミャオはパスのプレッシャーからバックへ。ワンフックのミャオが、亀の澤田に鉄槌を落とす。

澤田は前方に落とし、スクランブルではがぶってヒザを突き刺す。ワンツーの打ち合いで一歩も引かない澤田に対し、間合を取り直したミャオの圧力が高くなる。残り90秒、右に左を合わされた澤田がジャブを当て返す。直後に右を被弾し真っすぐ下がった澤田のフックが大きくなる。待ちの姿勢で、力強いパンチを伸ばすミャオが左リードフックを当てる。澤田はフックにシングルを仕掛けるも、組まされたテイクダウンとなっていた。

最終回、澤田のテイクダウン狙いをスプロールしたミャオ、ケージに詰められてもシングルレッグを許さない。ダブルに切り替え、シングルでミャオを浮かした澤田だが、スクランブルから間合を取り直されてしまう。澤田は左ジャブを伸ばし、ダブルレッグは切られる。ミャオは右フックをヒット、下がってから組みつき──結果、澤田は引き込む。

ここで下になったのは印象点として、致命傷か。5日前の試合合意、テイクダウン狙いで削れてしまったように見える澤田は、最後の2分で動けない。セコンドのシアー・バハドゥルサダの「リュート、アンダーフックだ」という叫び声も届かず、背中を見せた澤田。懸命に右足を取りに行くが、力でグラウンドに持っていかれる。それでも足が掛かっておらず、澤田は上をとりにかかったところで時間に。クリアポジションでなく──異様に元気なミャオとは対照的に、澤田は完全に体力を消耗していた。

結果、澤田は0-3で無常にもミャオにリベンジを許してしまった。「何発が良いパンチを貰ってしまってスローダウンしてしまいました。彼は前回の試合から凄く強くなっていて、僕も一から練習してやり返したいと思います」と澤田は落胆した表情で話した。

対して勝者は「シンジャン・ファイトクラブの皆に感謝している。しっかりと準備できた。連敗していて、この試合に賭けていた」と語った。


The post 【ONE TNT03】澤田龍人、勝負所で下に。ミャオ・リータオはスクランブル発進とは思えないコンディション first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE TNT03 ONE118 ブログ ミャオ・リータオ 澤田龍人

【ONE TNT03】5日前、1度勝った相手との試合を受けた澤田龍人「フィニッシュして次の試合でランカーと」

【写真】これが澤田龍人が下した判断。あとは、もう勝つだけ──だ(C)ONE

22日(木・現地時間)に中継されるONE118:ONE TNT03で、澤田龍人✖ミャオ・リータオ戦が放送される。

昨年10月8日に勝った相手と、試合の6日前になって戦うことが決まったドラゴンボーイ。コロナ禍はコロナ禍以前と状況が違う。負けるとシャレにならないマッチアップだが、それもコロナ禍のMMA、コロナの時代のONEチャンピオンシップだ。

一見、勝っても得の無いファイトを受けることで、澤田龍人は発言力を高めようとしている。


──ミャオ・リータオ……確か昨年10月に判定勝ちを収めている相手との試合です。

「そうですね。ホントに急に決まった形です。試合があるかもという風に話が来たのが、先週の金曜日でした」

──明日が試合で、今日が水曜日(7日)。本当に試合まで1週間前の時点が「あるかもしれない」という状況だったと。

「相手が決まっていなくて、もしかしたらリト・アディワンになるかもという話でした」

──それで返答はイエスだったわけですか。

「正直、厳しいなとは思いましたけど『やる』と返事しました」

──う~ん、いやぁMMAファイターは凄いなと思うのみです。

「コーチのシアーも『やれる。今なら勝てる』という風にいってくれましたし……でも土曜日になってアディワンがシンガポールに来られないということで、ミャオ・リータオに対戦相手が決まりました」

──逆に迷うことはなかったですか。

「相手もショートノーティスですし。同じ条件ですからね。でも、こういうことってあると思っていたんです。試合ができない選手が出てカードがかなり変わっているというのは知っていましたし、僕はシンガポールに居るから話が来るかもなとは思っていました。

実際、上久保選手なんて今日、対戦相手が代わっていましたし(苦笑)。それでもカタランのお兄ちゃんの方とかとできないかなとか考えてはいました」

──現状として、フィリピンはないという風に感じます。それにしてもリータオは良いですよ。前回、澤田選手に負けてリベンジ戦の機会を得たわけですから。対して澤田選手は1度勝っているという部分で戦う必要があるのかと……。

「本当だったらランキングに入っている選手とかとしたかったです」

──体重もキャッチウェイトでなく、普通にストロー級なのですね。

「話がきてから、直ぐに落とし始めました。1週間で4キロほど、水を飲みながら。ハイドレーションは気になりましたけど、2度目のトライでパスしました」

──あのう、これはもう正直に言うと番頭さんから丁稚に『お使い行ってこい』と言われて、『行きません!!』なんて言えないというような感じではないのですか。

「アハハハ。でも、ここで受けたことで勝ってからランカーと戦いたいと言える材料にしようと思っています」

──いや、アッパレです。そこが聞きたくて、いじわるな質問をして申し訳なかったです。自分はもう常時でなく、コロナ禍のMMAファイターは、どんどんチャンスを掴みに行くべきだと思っています。全てチャンスだと思って。

「ハイ。僕もコロナだから試合をするというのはあります。ホント、全ては強くなるためだと思います。1週間のオファーだから、リータオとも戦う感じで。これが1カ月、2カ月時間があれば違う相手と戦いたいと言っていたかと思います。ランカーと戦いたいと。

それに10月にリータオと試合をした時はMMAもグラップリングも練習ができていなかったので、明日は前回より極めに行ける試合になるかと思います。コーチからも下にならないようにと言われていますし、今回は上を取って試合をコントロールしたいですね。

ファイトキャンプはしていないですが、アレックス・シウバやデェダムロン・ソーアミアイシルチョークと週に2度はスパーリングをし、規制なく練習をしてきていたので」

──もう、そうやって想えるということは既に澤田龍人は強くなっていると感じます。

「ありがとうございます。前回、極めきれないで下になってしまう機会が多かったので、明日は絶対にフィニッシュして次の試合でランカーと戦えるようにしたいです」

──個人的にフィッシュは結果論。それよりも、下にならないこと。そこに注目させてもらいます。そして──澤田千優選手、修斗で5月16日のプロデビューが決まりました。

「アハハハハ。ホントに……。お兄ちゃんのメッセージは届かなかったです。ただ、もうやると決めたのだから頑張ってほしいです。しっかりと勝って──修斗でもJEWELSでも勝ち続けてほしいです」

■視聴方法(予定)
4月22日(木・日本時間)
午前9時30分~ ABEMA格闘チャンネル

■ONE TNE03対戦カード

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル)
トロイ・ウォーセン(米国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
若松佑弥(日本)
リース・マクラーレン(豪州)

<キック・ライト級/3分3R>
ニキー・ホルツケン(オランダ)
ウェイン・パー(豪州)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
マラット・ガフロフ(ロシア)
オク・レユン(韓国)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
澤田龍人(日本)
ミャオ・リータオ(中国)

The post 【ONE TNT03】5日前、1度勝った相手との試合を受けた澤田龍人「フィニッシュして次の試合でランカーと」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE TNT03. ONE TNE04 ONE118 オク・レユン ジョン・リネケル トロイ・ウォーセン ブログ マラット・ガフロフ ミャオ・リータオ リース・マクラーレン 澤田龍人 若松佑弥

【ONE TNT03】若松佑弥✖マクラーレンがTNT枠に。澤田龍人が突然のリータオと再戦。オク・レユン初陣も!!

【写真】全米のMMAファンにYuya Wakamatsuの名を浸透させるチャンス到来!! (C)MMAPLANET

14日(水・現地時間)、ONE Championshipから4月22日(木・現地時間)放送のONE118:ONE TNT03大会のラインナップが発表された。

まずメインでジョン・リネケルがトロイ・ウォーセンとのマッチアップの放送が、ついに正式発表となった。明日15日(木)に中継されるTNT02で上久保周哉の対戦相手が、ウォーセンからミッチェル・マーチャルに変更され、ラカイ勢が軒並みカードから消えていることで、この両者の試合が組まれていることはほぼほぼ公然の秘密だった。

嬉しいのは若松佑弥とリース・マクラーレンのファイトがメインカードで、全米プライムタイムの中継枠に入ったことだ。DJ撃破で、一躍注目されるようになった王者アドリアーノ・モライシュへ挑戦権が掛った一戦という見方を全米のファンに与えることができだろう。


(C)ONE

と同時にアディショナルカードにもなかった澤田龍人の名前が見られることに注目だ。

しかも対戦相手は昨年10月9日(※放送は10月16日)に判定勝ちを収めているミャオ・リータオだ。澤田によると大会収録の前の週末に急遽オファーがあり、この一戦に臨むことを決めたという。

(C)DOUBLE GFC

さらにはコアJ-MMAファンには大歓迎されるであろうライト級マッチ=マラット・ガフロフ✖オク・レユンが、アディショナルカードからリードカードに昇格しているのは嬉しい限りだ。

オク・レユンは元HEATライト級王者で、その試合を見た日本のライト級ファイターたちの評価が抜群に高い実力者だ。トム・サントスとの乱打戦で王座を失ったモノの、本来はケージレスリングで相手の削ることができるグラインダーでもある。

コロナ禍で来日は途絶えたが、昨年11月にはDouble GFCライト級王座を賭けてキ・ウォンビンと対戦し判定ながら完勝──UAEWに転じたキム・ギョンピョとともにK-MMAライト級最強の男のONEデビューは楽しみでしかない。

■視聴方法(予定)
4月22日(木・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル)
トロイ・ウォーセン(米国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
若松佑弥(日本)
リース・マクラーレン(豪州)

<キック・ライト級/3分3R>
ニキー・ホルツケン(オランダ)
ウェイン・パー(豪州)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
マラット・ガフロフ(ロシア)
オク・レユン(韓国)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
澤田龍人(日本)
ミャオ・リータオ(中国)

The post 【ONE TNT03】若松佑弥✖マクラーレンがTNT枠に。澤田龍人が突然のリータオと再戦。オク・レユン初陣も!! first appeared on MMAPLANET.